目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
 概説
  鷲図案 1873
  数字図案 PFENNIGE 1875-1876
  数字・鷲図案 PFENNIG 1878-1887
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900(続き)
  REICHSPOST 1900-1901
  DEUTSCHES REICH 1902-1920
  バイエルン葉書加刷 1920
  郵便配達夫図案 1921-1922
  鷲図案 1924-1926
  著名人図案 1926-1927
  大統領図案 1928-1932
  絵入り・記念特殊 1899-1932
  航空 1912-1926
  気送管 1876-1929
  印刷物 1902-1910
  額面追加加刷 1916-1920
  公用 1920-1922
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

7.[バイエルン葉書加刷 1920]

1)1920年発行 DEUTSCHES REICH加刷

市内用10ペニヒ葉書

市内用10ペニヒ往復葉書往信部

市内用10ペニヒ往復葉書返信部

市外・外信用15ペニヒ葉書

市外・外信用15ペニヒ往復葉書往信部

市外・外信用15ペニヒ往復葉書返信部

 1920年4月にバイエルン王国郵政がドイツ帝国郵政に組み込まれると、さっそく残品の葉書である市内用10ペニヒ葉書と往復葉書、市外・外信両用15ペニヒ葉書と往復葉書に、それぞれ「Deutsches Reich」の文字を加刷して発行されました。


2)料金改定 DEUTSCHES REICH加刷

国内(市内・市外)用30ペニヒ葉書

国内(市内・市外)用30ペニヒ往復葉書往信部

国内(市内・市外)用30ペニヒ往復葉書返信部

外信用40ペニヒ葉書

外信用40ペニヒ往復葉書往信部

外信用40ペニヒ往復葉書返信部

 前シリーズの発行後の5月6日(木)から、市内用と市外用が同一料金で30ペニヒに、外信用が40ペニヒに値上げされたため、急遽旧額面の図案に書かれている数字を直して、30ペニヒと40ペニヒの葉書と往復葉書が印刷されました。数字を直しただけで印面下に「BAYERN」の文字が入ったままだったので、「Deutsches Reich」の加刷が行われています。従って、この加刷がない台葉書は、存在しません。ある意味、不発行葉書ですが、バイエルン王国時代の不発行葉書ではありません。


3)1920年発行 ゲルマニア図案加刷

国内(市内・市外)用30ペニヒ加刷葉書

国内(市内・市外)用30ペニヒ加刷葉書

同30ペニヒ加刷往復葉書往信部

同30ペニヒ加刷往復葉書返信部

 前のシリーズで新額面の30ペニヒ葉書が登場していますが、その当時、バイエルン王国時代の葉書がまだまだ残っていたので、印面を2本線で消して、ゲルマニア図案の30ペニヒの額面を追加加刷したものが発行されました。外信用葉書の需要が少なかったので、40ペニヒの額面の追加加刷は発行されませんでした。

 印面を消している2本線には、ベタのものと、真ん中が割れている2種類のタイプがあります。

2本線がベタ 2本線とも真ん中が
割れている

[ワンポイント]
 2通りの加刷がありますが、どのシリーズの葉書も旧バイエルン王国以外の地域でも通用しました。葉書の種類が豊富で、集め甲斐があります。専門的には台葉書のバラエティまでからめて集めることが行われます。しかし、未使用なら容易に揃いますが、カタログの評価の割に使用済の入手が難しく、苦労します。

このページの先頭に戻ります。

ドイツの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016