目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
 概説
  建物 1950
  ポストホルン 1951
  ホイス1次 1954-1961
  ホイス2次 1959-1961
  著名人 1961-1963
  建造物1次 1965-1966
  建造物2次 1966-1969
  ハイネマン 1971-1973
  事故防止 1974-1976
  城 1977-1982
  名所 1989
  絵入り・記念 1949-1989
  ロト 1949-1997
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

西ドイツ Bundesrepublik Deutschland Federal Republic of Germany

通貨単位:
1Deutsche Mark(ドイツマルク)=100Pfennig(ペニヒ)

[概説]
 西ドイツとは、ドイツ連邦共和国を指します。1949年5月23日(月)にドイツ連邦共和国基本法が施行され、9月7日(水)に第一回連邦議会が開催されました。西ドイツになったからといっても、それまでの占領地区の切手や葉書は依然として通用していましたし、まだフランス占領地区の3つの地方(バーデン、ラインラント、ヴュルテンベルク)では独自の図案の切手や葉書が発行されており、これにベルリン(西ベルリン地区)発行の切手や葉書もあるという状況で、必ずしも統一がとれたものではありませんでした。しかし、これらはその後10年をかけて統合が行われます。まず、1949年10月3日(月)からフランス占領地区の切手と葉書が西ドイツ全土で使用できるようになり、さらに1950年1月20日(金)からベルリンの切手と葉書も使用できるようになるなど相互流通が始まりました。そして1951年6月に西ドイツ最初の統一図案の通常切手が(葉書は10月から)、1959年に西ドイツとベルリンとの統一図案の切手と葉書が発行され、ここでようやく西側として統一された形になります。


[西ドイツで発行された葉書の解説]
 ここでは、西ドイツの葉書を以下のように分類します。図版は一例を取り上げています。種類の数には細かなバラエティを含みません。
 これらの詳細な解説や他の図版は、別のページになっておりますので、下記の分類名の文字、または画像をクリックしてください。

分類 種類 発行年 図版(一例)
1.建物  3種 1950年 Click here
2.ポストホルン  5種 1951年 Click here
3.ホイス1次 17種 1954-1961年 Click here
4.ホイス2次 16種 1959-1961年 Click here
5.著名人 19種 1961-1963年 Click here
6.建造物1次  7種 1965-1966年 Click here
7.建造物2次  6種 1966-1969年 Click here
8.ハイネマン  8種 1971-1973年 Click here
9.事故防止  5種 1974-1976年 Click here
10. 12種 1977-1982年 Click here
11.名所  5種 1989年 Click here
12.絵入り・記念  − 1949-1989年 Click here
13.ロト 14種 1949-1997年 Click here

 当時の世相を知るために消印の標語や広告を載せていますが、不適切と思われるものがある場合は、それらを画像から削除しています。また、プライバシーに関わる書き込みがある場合は、例外なく、画像から削除しています。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016