目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
 概説
  アメリカ占領地区
  イギリス占領地区
  フランス占領地区
  ソビエト占領地区
  米英ソ共同発行
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

連合軍占領地区

 第二次世界大戦で敗戦国となったドイツは、アメリカ・イギリス・フランス・ソビエトの4カ国に、分割された形で占領されました。(首都ベルリンは4カ国の共同管理化です。)各々の占領地区では、様々な暫定切手や葉書が発行されましたが、やがてフランスを除く3ヶ国共同発行に統合されていきます。ところが、西側が行った1948年6月20日の通貨改革が発端となり、ソビエトと西側三国が決裂し、翌1949年の東西ドイツ分裂を招いてしまいました。ここでは、終戦直後から東西分裂直前までを取り上げます。なお、フランス占領地区で西ドイツ成立後に発行した切手や葉書は便宜上ここに含め、フランス占領地区でもザール地方だけは別枠をもうけています。これはドイツで発行されている葉書のカタログの分類に従ったもので、収集家の間では一般的な分類の仕方です。なお、地方の暫定発行は「地方発行」を参照してください。

[各連合軍占領地区で発行された葉書の解説]
 各地区の詳細については、量が多いので別ページになっておりますので、下記のリンク先をクリックして参照してください。表の下の図版をクリックしても参照できます。
分類 アメリカ占領地区 イギリス占領地区 ソビエト占領地区 フランス占領地区
再利用 旧葉書に加刷
私製葉書に加刷
軍事郵便葉書に加刷
旧葉書に収納印
私製葉書に収納印
軍事郵便葉書に収納印
旧葉書に加刷
旧葉書に加刷 旧葉書に加刷
臨時図案 収納表示の印面 収納表示の印面 収納表示の印面 収納表示の印面
独自図案 楕円型図案
AM POST図案
AM POST図案 数字図案など
統一図案 数字図案、労働者図案(米英ソ地区共通)
通貨改革 統一図案葉書を1/10切り下げ 同左
手押し加刷
3行加刷
新図案 建物図案 著名人図案 風景、人物図案

 こちらからも下記のリンク先をクリックして参照できます。
アメリカ占領地区 click here 戦時中の忌まわしい記憶を抹消するかのように、はさみを使って葉書の印面部分(総統図案)が切り取られた
イギリス占領地区 click here 戦後の物資不足と混乱の中、ありとあらゆる紙を総動員して膨大な種類の臨時葉書が作られた
ソビエト占領地区 click here イギリス占領地区からソビエト占領地区へ移管された地区(メクレンブルク)では、奇しくも3カ国表示の葉書が生まれた
フランス占領地区 click here 戦時中の忌まわしい記憶を抹消するかのように、青インクを使って葉書の印面部分(総統図案)が塗りつぶされた
米英ソ共同発行 click here あくまで独自の道を行くフランスを除いた3国が共同で統一図案の切手と葉書を発行したが、こうした協力関係は長くは続かず、まもなく東西分裂の悲劇を迎える

 消印に標語や広告がある場合や、プライバシーに関わる書き込みがある場合は、それらを画像から削除しています。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016