目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
 概説
  鷲図案 1873
  数字図案 PFENNIGE 1875-1876
  数字・鷲図案 PFENNIG 1878-1887
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900(続き)
  REICHSPOST 1900-1901
  DEUTSCHES REICH 1902-1920
  バイエルン葉書加刷 1920
  郵便配達夫図案 1921-1922
  鷲図案 1924-1926
  著名人図案 1926-1927
  大統領図案 1928-1932
  絵入り・記念特殊 1899-1932
  航空 1912-1926
  気送管 1876-1929
  印刷物 1902-1910
  額面追加加刷 1916-1920
  公用 1920-1922
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

15.[印刷物用葉書 1902-1910]

1)ゲルマニア図案 正刷・加刷

印刷物用3ペニヒ葉書

印刷物用3ペニヒ加刷葉書

 ヴュルテンベルク王国では古くから印刷物専用葉書が使われていて、郵便制度が1902年4月以降ドイツ帝国郵政に移管されても、印刷物専用葉書が発行されました。2ペニヒと3ペニヒがあり、全部で4種類が知られています。


2)注文加刷

印刷物用3ペニヒ加刷葉書

 1906年7月から、業者の注文に応じて、普通葉書を印刷物葉書に変更する加刷が行われました。注文は最低でも300枚必要で、印刷手数料は一枚あたり1ペニヒでした。全部で14種類が知られています。往復葉書で、往信部は印刷物、返信部は普通の葉書、といった例もあります。


[ワンポイント]
 印刷物葉書は使用例も少なく、難しい葉書がいくつもあり、収集に苦労します。印刷物という性格上、華やかな使用例は基本的になく、書留や速達の使用例があっても、いずれもフィラテリックなものです。

このページの先頭に戻ります。

ドイツの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016