目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
 概説
  鷲図案 1873
  数字図案 PFENNIGE 1875-1876
  数字・鷲図案 PFENNIG 1878-1887
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900(続き)
  REICHSPOST 1900-1901
  DEUTSCHES REICH 1902-1920
  バイエルン葉書加刷 1920
  郵便配達夫図案 1921-1922
  鷲図案 1924-1926
  著名人図案 1926-1927
  大統領図案 1928-1932
  絵入り・記念特殊 1899-1932
  航空 1912-1926
  気送管 1876-1929
  印刷物 1902-1910
  額面追加加刷 1916-1920
  公用 1920-1922
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

10.[著名人図案 1926-1927]

1)1926年発行

市外用5ペニヒ葉書(シラー図案)

市外用5ペニヒ往復葉書往信部

市外用5ペニヒ往復葉書返信部

外信用15ペニヒ葉書(カント図案)

外信用15ペニヒ往復葉書往信部

外信用15ペニヒ往復葉書返信部

 バイエルン王国の葉書を除いて、初めて人物の図案が葉書に採用されたシリーズです。これ以後は、切手に人物が描かれるのが多くなりますので、必然的に葉書も人物の図案が多くなります。


2)1927年発行 料金改定

市内用5ペニヒ葉書(シラー図案)

市外用8ペニヒ葉書(ベートーベン図案)

市外用8ペニヒ往復葉書往信部

市外用8ペニヒ往復葉書返信部

 市内用葉書料金が3ペニヒから5ペニヒに、市外用葉書料金が5ペニヒから8ペニヒに値上げされたのに伴って発行されたシリーズです。インフレ時代の1922年を最後に、市内用の葉書が発行されていなかったのですが、インフレ後、ようやくの復活です。従来のシラー図案の市外用5ペニヒ葉書は、もちろん、市内用葉書として使われることになりました。5ペニヒ葉書も8ペニヒ葉書も同じ緑色であったため、5ペニヒ葉書の方が黄緑色に変更されました。そして、8ペニヒ葉書の方は、従来の5ペニヒ葉書よりもやや濃いめの刷色になっています。

 なお、市内用5ペニヒ葉書には、往復葉書がありません。これは、需要が見込まれなかったからと思われます。


[ワンポイント]
 短命ではありますが、入手しやすいシリーズです。詩、音楽、哲学などをテーマに集めていらっしゃる方には、最適なシリーズと言えます。この頃になると飛行船郵便、いわゆるツェッペリンカバーが増えてきますので、華やかな使用例もよく見かけます。

このページの先頭に戻ります。

ドイツの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016