目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
 概説
  鷲図案 1873
  数字図案 PFENNIGE 1875-1876
  数字・鷲図案 PFENNIG 1878-1887
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900
  数字・鷲図案 UPU色 1889-1900(続き)
  REICHSPOST 1900-1901
  DEUTSCHES REICH 1902-1920
  バイエルン葉書加刷 1920
  郵便配達夫図案 1921-1922
  鷲図案 1924-1926
  著名人図案 1926-1927
  大統領図案 1928-1932
  絵入り・記念特殊 1899-1932
  航空 1912-1926
  気送管 1876-1929
  印刷物 1902-1910
  額面追加加刷 1916-1920
  公用 1920-1922
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

5.[REICHSPOST 1900-1901] 

1)1900年発行 製造年月あり・すかしなし

市内用2ペニヒ葉書、灰色用紙

市内用2ペニヒ同往復葉書返信部

市内用2ペニヒ葉書、青色用紙

市内用2ペニヒ往復葉書返信部

市外用5ペニヒ往復葉書返信部

外信用10ペニヒ葉書

外信用10ペニヒ往復葉書往信部

外信用10ペニヒ往復葉書返信部

 1900年から、それまでの数字・鷲図案切手からゲルマニア図案切手に変わったのに伴い、葉書も図案が変更されました。市内用2ペニヒ葉書と往復葉書、市外用5ペニヒ往復葉書、外信用10ペニヒ葉書と往復葉書があります。このシリーズに市外用5ペニヒ葉書が入っていないのは、1899年12月26日に1900年記念葉書が発行されていて、その在庫が大量に残っていたためで、登場は次のシリーズになります。

 印面の下の部分にREICHSPOST(ライヒス・ポスト)という文字が入っていることに注意してください。同じ図案で、印面の下の部分にDEUTSCHES REICHと入った別のシリーズがあります。

 市内用2ペニヒ葉書と往復葉書の用紙には、灰色と青色の色違いがあります。灰色とは言っても、青みがかったもので、完全な灰色ではありません。

 このシリーズが、製造年月が入った最後のシリーズとなりました。

  市内用2ペニヒ往復葉書と市外用5ペニヒ往復葉書の往信部は、葉書の左下の「Die angebogene Karte ist für die Antwort bestimmt.」の4行の表示で区別します。葉書の上半分を見ても、普通の葉書とは全く区別が付きません。下の写真は、市内用2ペニヒ往復葉書の往信部の表示です。市外用5ペニヒ葉書も同じ位置にあります。

市内用2ペニヒ往復葉書往信部の表示


2)1900年発行 製造年月なし・すかしあり

市外用5ペニヒ葉書

 製造年月を外してすかし入りの用紙に印刷したシリーズです。市内用2ペニヒ葉書、市外用5ペニヒ葉書があります。このすかしは不明瞭なものが意外に多く、次のシリーズと注意が必要です。


3)1900年−1901年発行 製造年月なし・すかしなし

 製造年月を外してすかしなしの用紙に印刷したシリーズです。市内用2ペニヒ葉書、市外用5ペニヒ往復葉書、外信用10ペニヒ葉書があります。


[ワンポイント]
 ゲルマニア図案の下部に書かれた文字が「REICHSPOST」であることを確認してください。消印の掛かり具合によっては、次の「DEUTSCHES REICH」のシリーズと区別しにくいことがありますが、1875年のPFENNIGEと1879年のPFENNIGほど字が小さいわけではありませんので、区別は難しくはありません。すかしは、数字と英字を組み合わせたもので、たいてい葉書の中央に、上から下に向かって繰り返しているのが見られます。2つの文字と、用紙の裁断で切れた文字が上下に確認できるのが典型的な例です。

 このシリーズは、すかしの有無に注意してください。光りにかざさなくても手にしただけですかしが見えてしまうほど鮮明なものが多いのですが、中にはほとんど判読できないすかしもあります。このほとんど判読できないすかしが入ったものを、「すかしなし」として売られることが残念ながら多いです。特に、売り手の判断のみに頼るのは危険です。また、ここに取り上げませんでしたが、専門的に集めるようになった場合、文字のタイプ違いにも注意してください。この区別は慣れるまで難しく、これまた間違って売られることが多いです。

このページの先頭に戻ります。

ドイツの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016