目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 バイエルン
 概説
 A. 民間用
  1.印面なし1870-1872
  2.紋章図案 KREUZER 1873-1875
  3.紋章図案 PFENNIG 1876-1886
  4.数字図案 1883-1910
  5.LUITPOLD図案 1911-1914
  6.紋章図案 1914-1918
  7.加刷 1919
  8.改正図案 1920
 B. 公用
  9.孤児保護団体用 1902-1919
  10.一般用 1916-1920
 C. 印刷物専用
  11.加刷 1906
 D. 記念・特殊・航空葉書
  12.記念・特殊葉書 1882-1914
  13.航空葉書 1912
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [ワンポイント] [次のページ]

1.[印面なし 1870-1872]

最初の印面なし葉書

 上の写真は、1870年7月1日にバイエルン王国で最初に発行された(官製)葉書です。このときの葉書は印面がなく、右上に四角い枠があり、そこに切手を貼り付ける旨の記述があります。現代の私製絵葉書のような形式です。窓口では、ここに1クロイツェル(市内用)または3クロイツェル(市外用)の切手を貼って販売しました。利用者は、切手を貼っていない葉書を購入することも可能で、その場合は50枚あたり9クロイツェルで購入できました。
 同年7月26日から、バイエルン王国はフランスとの戦争(普仏戦争)でプロイセン王国を盟主とする北ドイツ連邦側について戦ったのですが、その戦争に出兵した兵士向けの軍事郵便葉書も発行されました。1872年からは印面のない往復葉書も発行され、さらに様式が変更された葉書も発行され、合計4種類の葉書が存在します。
 いずれも葉書に関する利用上の諸注意が、葉書の下に長々と記述しています。
 なお、印面のある葉書が発行されてからも、1880年代まで、当時の葉書の様式に似せた印面なし葉書が存在しますが、ここでは省略します。


[ワンポイント]
 切手を貼った未使用や使用済はよく見かけますが、上の写真のような切手のない状態の葉書は少ないです。軍事郵便の葉書は、普仏戦争の資料としても貴重です。

このページの先頭に戻ります。

バイエルンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016