目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 バイエルン
 概説
 A. 民間用
  1.印面なし1870-1872
  2.紋章図案 KREUZER 1873-1875
  3.紋章図案 PFENNIG 1876-1886
  4.数字図案 1883-1910
  5.LUITPOLD図案 1911-1914
  6.紋章図案 1914-1918
  7.加刷 1919
  8.改正図案 1920
 B. 公用
  9.孤児保護団体用 1902-1919
  10.一般用 1916-1920
 C. 印刷物専用
  11.加刷 1906
 D. 記念・特殊・航空葉書
  12.記念・特殊葉書 1882-1914
  13.航空葉書 1912
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

8.[改正図案]

 改正図案は、1920年に発行され、細かなバラエティを除いて全部で4種類あります。

 1) 1920年発行

市内用10ペニヒ葉書

市外・外信用15ペニヒ葉書

 1920年3月に発行された、共和国の最初で最後の新図案葉書です。もちろん、バイエルン最後の正刷葉書でもあります。ただし、図案的には単純で、それまでの精緻さが見られません。
 この年の4月1日からドイツ郵政に組み込まれ、葉書は前日の3月31日をもって発売停止、7月1日からは無効になってしまいましたので、短命のシリーズです。5月6日から国内料金が市内/市外ともに均一の30ペニヒ料金になったこともあって、切手を貼り足した使用例がかなりあります。
 管理番号は20の1種類しかありません。


[ワンポイント]
 何と言っても、切手を貼り足していない10ペニヒ葉書の使用例が難関です。適正使用期間が1ヶ月に満たないため、フィラテリックな使用例以外は期待できません。全体に、料金の値上げによる切手の加貼り、ドイツ郵政の切手との混貼りなど、興味の尽きない使用例がたくさんあります。

このページの先頭に戻ります。

バイエルンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016