目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 バイエルン
 概説
 A. 民間用
  1.印面なし1870-1872
  2.紋章図案 KREUZER 1873-1875
  3.紋章図案 PFENNIG 1876-1886
  4.数字図案 1883-1910
  5.LUITPOLD図案 1911-1914
  6.紋章図案 1914-1918
  7.加刷 1919
  8.改正図案 1920
 B. 公用
  9.孤児保護団体用 1902-1919
  10.一般用 1916-1920
 C. 印刷物専用
  11.加刷 1906
 D. 記念・特殊・航空葉書
  12.記念・特殊葉書 1882-1914
  13.航空葉書 1912
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

11.[加刷]

 印刷物用葉書の加刷は、1906年に発行され、細かなバラエティを除いて全部で8種類あります。

 1) 1906年発行

印刷物用加刷葉書

 市内の印刷物料金が2ペニヒから3ペニヒに値上がりしたのに伴い、主に業者からの要望に応えて発行したものです。1ペニヒ切手が発行されなかったので、追加料金を切手で貼り足す訳にもいかず、臨時的に加刷をする事になりました。注文に応じて加刷したので、厳密には、窓口から発行された通常の葉書とは別に分類されます。
 旧シリーズの額面の上から直に加刷を行うやり方は大胆で、ドイツの葉書の中でも特異なものです。上の図では、2ペニヒ灰色の額面の上に直接、3ペニヒ茶色の額面を印刷しています。(写真ではわかりにくいかもしれませんが、茶色の3ペニヒの印面が灰色の2ペニヒの印面の上に重なっています。)
 管理番号を組み合わせると、全部で21種類あります。


[ワンポイント]
 業者や法人関連の印刷物ばかりで、収集家が作った記念品のような使用例以外は、単調な印象があります。1903/1907年シリーズへの加刷以外は数が少なく、入手に苦労します。

このページの先頭に戻ります。

バイエルンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016