目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 バイエルン
 概説
 A. 民間用
  1.印面なし1870-1872
  2.紋章図案 KREUZER 1873-1875
  3.紋章図案 PFENNIG 1876-1886
  4.数字図案 1883-1910
  5.LUITPOLD図案 1911-1914
  6.紋章図案 1914-1918
  7.加刷 1919
  8.改正図案 1920
 B. 公用
  9.孤児保護団体用 1902-1919
  10.一般用 1916-1920
 C. 印刷物専用
  11.加刷 1906
 D. 記念・特殊・航空葉書
  12.記念・特殊葉書 1882-1914
  13.航空葉書 1912
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

7.[加刷]

 加刷葉書は、1919年に発行され、細かなバラエティを除いて全部で13種類あります。

 1) 1919年3月1日発行 Volksstaat/Bayern 加刷

市内用71/2ペニヒ葉書

市外・外信用10ペニヒ葉書

同 用紙桃色

 王政が廃止され、共和国になってからの最初の葉書です。暫定的に旧シリーズの図案の葉書に加刷が行われました。ただし、売れ残りの葉書に加刷したのではなく、バイエルン王国表示である Königreich Bayern の文字を省いた版で印刷したものに加刷していることに注意してください。逆に、加刷のない葉書は発行されていません。
 管理番号は19の1種類しかありません。


 2) 1919年5月発行 Freistaat/Bayern 加刷

市外・外信用10ペニヒ葉書

 加刷の文字が変更されていることに注意してください。
 7 1/2 ペニヒ葉書は切手を貼り足した使用済ばかりです。切手を貼っていない適正使用例はまだ確認されていません。収集家が作為的に作ったものはあります。
 管理番号を組み合わせると、このシリーズは合計5種類になります。


 3) 1919年5月発行 Freistaat/Bayern 加刷

市内用71/2ペニヒ葉書

市外・外信用10ペニヒ葉書

 ドイツ郵政の発行したゲルマニア図案の葉書に加刷したものです。まだバイエルン共和国の郵政が傘下に入ったわけではありません。加刷のバラエティは、専門的になりますので省略します。


 4) 1919年10月16日発行 Freistaat/Bayern 加刷

市外・外信用15ペニヒ葉書

 10月1日に市外用と外信用の料金がともに10ペニヒから5割増しの15ペニヒになり、新しい額面の葉書が発行されました。これも、加刷のない葉書(無加刷葉書)は発行されていません。
 管理番号を組み合わせると、このシリーズは合計5種類になります。


[ワンポイント]
 共和国にふさわしい新図案の葉書が発行されるまでの中継ぎシリーズです。国内使用例がありふれているので、まずそこから集めるとよいでしょう。後は市内便、市外便、外国便の3つについてそれぞれ料金別に集めると面白いと思います。(簡単なようですが意外に難しく、このような使用例をきちんと揃えたコレクションはなかなか見かけないものです。)均一料金の時代が長かっただけに、値上げに次ぐ値上げで変化が多いこの時代の葉書は、いろいろな使用例が楽しめます。

このページの先頭に戻ります。

バイエルンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016