目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
 概説
  BERLIN加刷 1949
  建物1次 1949-1955
  建物2次 1956-1961
  小型ホイス 1959-1961
  著名人 1961-1963
  建造物1次 1965-1966
  建造物2次 1966-1969
  ハイネマン 1971-1973
  事故防止 1974-1976
  城 1977-1982
  名所 1989-1990
  絵入り・記念 1950-1989
  航空 1953-1957
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

11.[名所]

 名所図案葉書は、2つのシリーズがあり、全部で10種類あります。

1)蛍光塗料印面寄り

市内用40ペニヒ葉書(ハンブルクのチリハウス)

市内用40ペニヒ往復葉書往信部

市内用40ペニヒ往復葉書返信部

市外用60ペニヒ葉書(ミュンヘンの女神ババリアの像)

市外用60ペニヒ往復葉書往信部

市外用60ペニヒ往復葉書返信部

外信用80ペニヒ葉書(ドルトムントの関税同盟鉱山II)

 1989年5月から名所図案の葉書が発行されました。西ドイツ側で発行された葉書は、こちらを参照してください。最初のシリーズは、従来のシリーズと同じく、蛍光塗料の帯が印面に接する位置にあるものです。

 上の写真で、市内用40ペニヒ葉書の蛍光塗料の位置が切手に隠れてわかりにくいのですが、次のシリーズにある市内用40ペニヒ葉書の蛍光塗料の位置(20ペニヒ切手のすぐ左に見える黄色い帯)と見比べてください。


2)蛍光塗料左寄り

市内用40ペニヒ葉書

市内用40ペニヒ往復葉書往信部

市内用40ペニヒ往復葉書返信部

市外用60ペニヒ往復葉書往信部

市外用60ペニヒ往復葉書返信部

外信用80ペニヒ葉書

 1990年8月から蛍光塗料の位置を左におよそ2センチメートルほど移動して発行されました。上の写真で、市内用40ペニヒ葉書の使用例のように、印面の左に切手が貼られても大丈夫なように移動したのでしょうか?

 このシリーズがベルリン最後の葉書となりました。これらのシリーズを含めてベルリンの葉書は1991年3月31日まで窓口で売りさばかれ、1991年12月31日まで使用することができました。(1991年4月1日からは、ベルリンの郵便局では統一後のドイツの葉書のみ販売となりました。)


[ワンポイント]
 使用期間が短い割には特に難しいものがなく、集めやすいシリーズです。

このページの先頭に戻ります。

ベルリンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016