目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
 概説
  BERLIN加刷 1949
  建物1次 1949-1955
  建物2次 1956-1961
  小型ホイス 1959-1961
  著名人 1961-1963
  建造物1次 1965-1966
  建造物2次 1966-1969
  ハイネマン 1971-1973
  事故防止 1974-1976
  城 1977-1982
  名所 1989-1990
  絵入り・記念 1950-1989
  航空 1953-1957
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

2.[建物1次]

 建物1次図案葉書には、大きく分けて3つのシリーズがあり、全部で14種類あります。

1)郵便番号枠右寄り

市内用8ペニヒ葉書(シェーネベルク市庁舎)

市内用8ペニヒ往復葉書返信部

市外用10ペニヒ葉書(クライストパーク)

外信用20ペニヒ葉書(ベルリン工科大学)

 1949年5月から6月にかけてベルリンの著名な建物の図案を使用した葉書が発行されました。まず、5月に10ペニヒ葉書が市内用として、残りは6月に発行されました。6月1日から市外用葉書料金が10ペニヒに値下げされたため、市内用10ペニヒ葉書は市外用に用途が変更されます。

 BERLIN加刷シリーズの台葉書の様式が踏襲されたため、中央やや下に位置する宛名人の住所の郵便番号枠が、中央の罫線に対して右寄りになっています。なお、外信葉書は宛先がドイツではないので、当然この郵便番号枠がないのですが、便宜上この郵便番号枠寄りシリーズに入れられています。

 この葉書には、紙の厚さにバラエティがあって、額面によっては評価が変わります。

 上の写真で、10ペニヒ葉書の消印に見られる広告は、第2回ベルリン国際映画祭(1952年6月12日から25日まで開催)の予告です。


2)郵便番号枠中央

中央 右寄り

 1952年に、それまで右寄りにあった宛名人の住所の郵便番号枠が、罫線に対して中央になるように移動したシリーズが発行されました。中央といっても、実際は微妙に右に寄っていますので、注意してください。完全に中央に位置するものはありません。

 戦後しばらく途絶えていた目打ち入り葉書がこのシリーズから復活しています。西ドイツではこのような目打ち入り葉書は発行されませんでした。


3)差出人氏名欄改訂

改訂後 改訂前

 1955年に、左上の差出人氏名を書く欄に「姓と名前」の両方を書くように追記したシリーズが発行されました。


[ワンポイント]
 郵便番号枠中央シリーズ以降の目打ち入りと往復葉書が難関です。同じ図案の切手の方はベルリン切手の駄物の一つですが、それからは想像がつかないほど難しく、未使用・使用済ともかなり高価で苦労します。ただし、使用済の場合、西ドイツの消印が押されたものは評価が低くなるので、消印に注意が必要です。

 市外用10ペニヒ葉書が、5月の発行当初は市内用だったことが盲点です。まだ前のシリーズであるBERLIN赤加刷シリーズが残っていたので、市内用葉書として通用した例は極端に少なく、珍品として扱われます。

 郵便番号枠右寄りシリーズと中央シリーズを間違えて売られるケースがあります。上記のように、中央といっても微妙に右に寄っているので、こうした誤解を生むようですが、安価な物を高価な物に間違えて売る業者には閉口します。(連続3回、同一業者でそういう経験をしています。意図的行為でしょう。)購入に当たっては十分な確認が必要です。

このページの先頭に戻ります。

ベルリンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016