目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
 概説
  BERLIN加刷 1949
  建物1次 1949-1955
  建物2次 1956-1961
  小型ホイス 1959-1961
  著名人 1961-1963
  建造物1次 1965-1966
  建造物2次 1966-1969
  ハイネマン 1971-1973
  事故防止 1974-1976
  城 1977-1982
  名所 1989-1990
  絵入り・記念 1950-1989
  航空 1953-1957
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

3.[建物2次]

 建物2次図案葉書には、大きく分けて3つのシリーズがあり、全部で13種類あります。

1)郵便番号枠丸枠

市内用8ペニヒ葉書(ノイケルン市庁舎)

市外用10ペニヒ葉書(カイザー・ヴィルヘルム記念堂の廃墟)

外信用20ペニヒ葉書(ベルリン自由大学のヘンリーフォード会館)

 1956年からベルリンの著名な建物の図案を改訂した葉書が発行されました。単なる図案の改訂だけではなく、それまで印面にDEUTSCHE POST(ドイツ郵政)と入れられていたのが、DEUTSCHE BUNDESPOST(ドイツ連邦郵政)と西ドイツと同じ表記になっている点が注目されます。

 市内用8ペニヒ葉書の刷色は、西ドイツの市内用葉書と同じく、灰色に合わせられました。

 上の写真で、8ペニヒ葉書は同じシリーズの7ペニヒ切手を貼った国内航空葉書(15ペニヒ料金)の使用例です。20ペニヒ葉書は15ペニヒ切手を貼った外信航空葉書(35ペニヒ料金)の使用例です。消印は西ドイツのフランクフルト局の1958年5月5日で、オーストリー航空のフランクフルト−ウィーン間初飛行便で運ばれたものです。


2)郵便番号枠丸括弧、Postkarte改訂

市内用8ペニヒ葉書

市外用10ペニヒ葉書

市外用10ペニヒ葉書往復葉書返信部

丸括弧 丸枠

 戦前に郵便番号制度が始まって以来、基本的に丸枠ないし四角などの閉じた図形であった郵便番号枠が、1957年から丸括弧に変更されたシリーズが発行されました。この改訂は、西ドイツと同じ時期に行われています。このシリーズは、郵便番号枠の改訂だけではなく、「Postkarte」の文字の位置も下に移動しています。前のシリーズと比較してください。

 なお、1910年以後戦後も続いて発行されていた目打ち入り葉書が、このシリーズを最後に発行が中止となりました。


 3) 改色

市内用8ペニヒ葉書(ノイケルン市庁舎) セーム革色紙

同 白紙(上と比較して相対的に白い、という意味)

市内用8ペニヒ往復葉書返信部

 1959年に、市内用の8ペニヒの色が灰色から橙色に改色されたシリーズが発行されました。この改訂は、西ドイツでは行われていません。もともと、ベルリンでは8ペニヒ葉書が橙色でしたので、元に戻った形になります。一度灰色にした理由は、赤系統の外信用20ペニヒ葉書と紛らわしいからか、西ドイツの配色に合わせたからと思われますが、それをまた元に戻したのは、ベルリン市内に流通する葉書が灰色では・・・という意見でもあったのでしょうか。

 この葉書には、2種類の用紙があります。初期は、セーム革色紙(暗く、やや赤茶色がかった紙)、後期が白紙と呼ばれる用紙です。見た感じでは、初期が日に焼けたような色、後者はそれより明るい色です。白紙という表現はカタログによるものですが、初期と比べて相対的に白いというだけで、現代人が持つ白紙という感覚からは、ほど遠い色をしています。発売された当時は、もう少し白くて、経年劣化で上のような色になったとも考えられますが、現在市場にある白紙は、みな同じ色をしています。


4)文字改訂シリーズ

改訂後 改訂前

 1961年から差出人住所欄と宛先住所欄にあった「私書箱」の表示であるPostschließfachnummerがPostfachnummerに変更されました。1行目の一番右を見てください。この改訂は西ドイツの葉書にもあり、同じ時期に改訂が行われています。


[ワンポイント]
 建物1次と比べると比較的集めやすいシリーズです。特に一番見かけるのは、郵便番号枠丸括弧シリーズ以降でしょう。しかし、目打ち入り葉書は相変わらず難関です。

このページの先頭に戻ります。

ベルリンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016