目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
 概説
  BERLIN加刷 1949
  建物1次 1949-1955
  建物2次 1956-1961
  小型ホイス 1959-1961
  著名人 1961-1963
  建造物1次 1965-1966
  建造物2次 1966-1969
  ハイネマン 1971-1973
  事故防止 1974-1976
  城 1977-1982
  名所 1989-1990
  絵入り・記念 1950-1989
  航空 1953-1957
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント]

13.[航空]

 航空用葉書は、2つのシリーズがあり、全部で2種類あります。

1)大型図案

航空用15ペニヒ葉書(セーム色紙)

航空用15ペニヒ葉書(クリーム色紙)

 1953年12月17日(木)に最初の航空用葉書が発行されました。市外用葉書料金が10ペニヒ、航空料金が5ペニヒで、合計15ペニヒが航空葉書料金です。この図案の切手は、発行されていません。これは、ベルリンのみならず、東西ドイツを通じて戦後最初の航空葉書です。なお、戦後の航空葉書は、ベルリンのみの発行です。
 用紙の色に2種類、文字のタイプに2種類あり、組み合わせで4種類のバラエティがあります。
 上の写真で、航空用15ペニヒ葉書に10ペニヒ切手を貼り足したものは、アイルランド宛の使用例です。


2)小型図案

 1957年から建造物図案の葉書が発行されました。印面が切手のサイズと同じなので、前シリーズと比べて小振りに見えます。用紙の色が2種類あります。
 上の写真は、航空用15ペニヒ葉書の西ドイツでの使用例です。


[ワンポイント]
 特殊な葉書ではありますが、使用例が多く残されていて、それほど難しくはなく集めやすいシリーズです。海外宛の場合は、宛先の地域によって料金が違うので、そのバラエティを集めるとおもしろいと思います。

このページの先頭に戻ります。

ベルリンの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016