目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
 概説
  サモア
  カメルーン
  ニューギニア
  トーゴ
  南西アフリカ
  マーシャル諸島
  東アフリカ
  膠州湾
  カロリン諸島
  マリアナ諸島
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

膠州湾 Kiautschou Kiaochow

[概説]

 膠州湾(こうしゅうわん)とは、山東半島のドイツ租借地を指します。1890年からドイツ人宣教師達が山東半島で布教を始めていましたが、1897年11月に2人のドイツ人宣教師が殺害されたことから、11月14日(日)に青島(チンタオ)へドイツの戦艦カイザー、プリンセスウィルヘルム、コルモランなどが派遣され、約700名のドイツ兵が上陸。このとき居合わせた倍の兵力の清国軍が退却したため、そのまま青島を占拠してしまいました。最終的に6隻の戦艦が派遣されています。

 1898年3月6日(日)から北京で行われた交渉で、ドイツは膠州湾を租借地として99年間租借することを認めさせました。これが契機となってロシア、フランス、イギリスは勢力均衡を図るため、旅順、大連、広州湾、威海衛、九竜半島を租借しました。99年の99が中国語の久久(=永久)と同じであることから、これらの租借は永久租借、すなわち、事実上の割譲を意味していました。なお、これらの租借地の中国への返還は、膠州湾が1922年、威海衛が1930年、旅順、大連、広州湾が1945年、そして最後まで残っていた九竜半島−香港等−が1997年に行われています。

 1914年8月の第一次世界大戦勃発後、8月16日(日)に日本から租借地引き渡しの最後通牒を突きつけられたドイツは、これに返答せず、9月5日(土)にドイツ守備隊の10倍の兵力の日本軍が侵攻。11月7日(土)6時23分ドイツの守備隊は白旗をあげて降伏し、ドイツは膠州湾を失います。

[郵便局の開設]

 膠州湾では、以下の郵便局が開設されました。

開 局 日 局  名
1898年1月26日 青島(以下ドイツ語表記 Tsingtau)
1900年7月23日 塔埠頭(Taputur)
1900年10月27日 膠州(Kiautschou)
1901年4月1日 滄口(Tsangkou)
1901年7月5日 高密(Kaumi)
1904年12月7日 李村(Litsun)
1905年4月?日 青島大鮑島(Tsingtau-Tapautau)
1905年9月13日 山労山病院(Mecklenburghaus)
1906年8月1日 四方(Syfang)
1908年2月1日 沙子口(Schatsykou)
1910年1月15日 青島大港(Tsingtau-Gr.Hafen)
1911年7月1日 台東鎮(Taitungtschen)


[葉書]

1)ドイツ海軍艦船郵便加刷葉書、無加刷葉書、China加刷葉書(フォアランナー)

 ドイツ海軍艦船郵便加刷葉書やドイツ本国の外信用10ペニヒ葉書(無加刷)、China加刷葉書が使用されました。これらは、消印で区別します。いずれの葉書も、収集家の間ではフォアランナーとして扱われます。

2)1901年発行 カイザーヨット図案 PFENNIG単位

国内用5ペニヒ葉書

 皇帝の御用戦艦の図案で、全植民地共通図案の葉書です。違いは、船の上に扇形に配置された「KIAUTSCHOU」の文字だけです。全部で4種類あります。


3)1905年10月発行 カイザーヨット図案 CENT単位

国内用2セント葉書

 通貨単位がCENT(セント)になり、「Postkarte」の文字が左に移動したシリーズです。全部で4種類あります。換算比率は、10セント=20ペニヒですが、低額は切り上げた形になっていて、国内用2セント葉書が5ペニヒ葉書、外信用4セント葉書が10ペニヒ葉書に相当しました。同じ時期にドイツ在中国局でもCENT単位の加刷が行われています。

 上の写真は、国内用2セント葉書の使用例です。中央の大きな丸印が差し立て地であるMecklenburghaus(山労山病院)の印で、この葉書はそこから李村へ運ばれ、そこで右側の印面が抹消されています。


4)1911年発行 フランス語表記なし

 外信用4セント葉書のみの改訂で、Postkarteの下にあるフランス語表記がなくなり、さらに宛先の住所を書く欄の点線が短くなったものです。未使用・使用済とも高価で入手に苦労します。


5)1914年発行 縦罫線入り

国内用2セント葉書

 国内用2セント葉書と外信用4セント葉書の改訂で、縦罫線が入ったものです。上の写真で、葉書の中央やや左に、菱形と「DR」の文字がぼんやりと見えるかもしれませんが、それがすかしです。4セント葉書は実際に使用されず、記念押印のみが知られています。


6)不発行

外信用4セント往復葉書往信部

外信用4セント往復葉書返信部

 1914年に膠州湾のすべてのドイツ郵便局が閉鎖された後も、新しい形式の葉書が準備され、不発行となった葉書が4種類あります。1914年から1917年の間に作られ、敗戦後にベルリンの郵趣家窓口から収集家向けに販売されました。戦時中の物資不足のため、粗悪な用紙に印刷されています。

ドイツ植民地の先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016