目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 概説
 A. 民間用
  1.八角形数字図案 KREUZER 1870-1872
  2.四角形数字図案 KREUZER 1872-1875
  3.四角形数字図案 PFENNIG 1875-1901
 B. 公用
  4.官庁用 1881-1920
  5.特定官庁用 1884-1919
  6.市町村用 1894-1919
 C. 印刷物専用
  7.加刷 1875
  8.正刷 1875-1895
 バイエルン
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]


5.[特定官庁用 1884-1919]

 官庁用の公用葉書と同じ印面ですが、表に宛先が印刷されたり宛先の手押し印が押された葉書があります。こうした宛先を分類すると以下のものになります。
  • Kameralamt(財務局)
  • Medizinalkollegium(保険委員会)
  • Meteorologische Centralstation(気象センター)
  • Statistisches Landesamt(統計局)
  • Straßenmeisteramt(道路管理局)
  • Universitätsbibliothek Tübingen(テュービンゲン大学図書館)
  • Versicherungsanstalt Württemberg(ヴュルテンベルク保険局)
 上の写真は、Kameralamt宛の2ペニヒ公用葉書の使用例です。上にあげた宛名がそのまま印刷されているとは限りませんので、詳しくは専門のカタログをご覧ください。

[ワンポイント]
 それぞれの官庁用に様々な葉書が残されていますが、意外に高価なものが多く、あまりお目にかかる機会がありません。かといって派手な葉書でもないので、大変な苦労をして揃えたところで、誰も感心してくれないという現実もあります。

このページの先頭に戻ります。

ヴュルテンベルクの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016