目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 概説
 A. 民間用
  1.八角形数字図案 KREUZER 1870-1872
  2.四角形数字図案 KREUZER 1872-1875
  3.四角形数字図案 PFENNIG 1875-1901
 B. 公用
  4.官庁用 1881-1920
  5.特定官庁用 1884-1919
  6.市町村用 1894-1919
 C. 印刷物専用
  7.加刷 1875
  8.正刷 1875-1895
 バイエルン
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

ヴュルテンベルク Württemberg Wurttemberg 1870-1920

通貨単位:
1875年6月30日まで 1Gulden(グルデン)=60Kreuzer(クロイツェル)=約1.71Mark
1875年7月1日から  1Mark(マルク)=100Pfennig(ペニヒ)=35Kreuzer

[概説]
 ヴュルテンベルクはドイツの南西部に位置し、1806年1月から1918年11月まで112年間続いた王国でした。1851年10月15日(金)に最初の切手を発行し、1871年のドイツ帝国成立後も独自の郵便制度を維持しましたが、1902年4月1日(火)に民間向けの郵便が、1920年4月1日(木)に最後まで残っていた公用の郵便がすべてドイツ郵政に組み込まれました。
 民間の郵便がドイツ帝国郵政の管理下におかれた後も、ヴュルテンベルク王国の市内郵便については1919年まで特別に低額料金が適用され、専用の葉書も発行されました。これらの葉書はヴュルテンベルク王国内でのみ通用したと考えがちですが、実際はヴュルテンベルク以外の各地でも通用し、多くの使用例が残されています。
<最初の葉書について>
 1870年7月1日(日)からドイツの各地で最初の葉書が発行されたとき、切手の貼り付け位置を枠で印刷したいわゆる「印面なし」の葉書であったのに対して、ヴュルテンベルクは初めから印面を印刷した葉書を発行しました。この時代の印面なしの葉書は、官製葉書とはいえ私製葉書のような印象があり、厳密には葉書のフォアランナーとして扱われます。その意味では、ヴュルテンベルクの葉書が、ドイツの最初の葉書といえるでしょう。なお、印面付きの最初の往復葉書もヴュルテンベルクで発行されました。


[分類]
 ここでは、ヴュルテンベルクの葉書を以下のように分類します。種類の数には細かなバラエティを含みません。(画像をクリックしても各ページにジャンプできます。)

A.民間用      
 1.八角形数字図案 KREUZER単位  7種 発行年 1870-1872
 2.四角形数字図案 KREUZER単位 11種 発行年 1872-1875
 3.四角形数字図案 PFENNIG 単位 23種 発行年 1875-1901
B.公用  
 4.官庁用 28種 発行年 1881-1920
 5.特定官庁用 50種 発行年 1884-1919
 6.市町村用 20種 発行年 1894-1919
C.印刷物専用  
 7.加刷  8種 発行年 1875 Now Printing
 8.正刷  9種 発行年 1875-1895

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016