目 次
ドイツ・ステーツ
概説
 ヴュルテンベルク
 概説
 A. 民間用
  1.八角形数字図案 KREUZER 1870-1872
  2.四角形数字図案 KREUZER 1872-1875
  3.四角形数字図案 PFENNIG 1875-1901
 B. 公用
  4.官庁用 1881-1920
  5.特定官庁用 1884-1919
  6.市町村用 1894-1919
 C. 印刷物専用
  7.加刷 1875
  8.正刷 1875-1895
 バイエルン
 北ドイツ連邦
 バーデン
 ヘルゴラント
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]


6.[市町村用 1894-1919]

 市町村用の公用葉書は、合計20種類の葉書があります。ここでは8つのシリーズに分けます。この公用葉書は、ヴュルテンベルク王国内の市町村宛に使用するためのものです。国外(他のドイツの地域、オーストリー、ハンガリー)宛に使用された公用葉書は、官庁用を参照してください

 1) 1894年発行 紋章なしシリーズ

 公用葉書が最初に発行されてから10年以上も遅れて、国内限定の公用葉書が発行されました。この葉書が発行された時には、官庁用の公用葉書が紋章なしのシリーズに替わっていましたので、最初から紋章がないシリーズで発行されています。国内の場合は無料の郵便があったので、印面にわざわざ、「郵税支払い済みの公用郵便用」という言葉が入れられています。


 2) 1900−1901年発行 料金改定シリーズ

 1900年4月1日から市内料金が2ペニヒに値下げされたことに伴って発行されたシリーズです。最初は上の写真のように従来の用紙(クリーム色紙)に印刷されましたが、1901年から青い用紙に変更されました。


 3) 1908年発行 国名表示なしシリーズ

 印面の左横にはPostkarteの文字だけとなり、その文字を左に寄せたシリーズです。発行後すぐの1908年4月1日から市内便料金が3ペニヒに値上げされたため、2ペニヒ葉書の適正使用例が少なく、苦労します。上の葉書は、その少ない2ペニヒ葉書に、国内限定使用の3ペニヒ公用切手を貼ったものです。


 4) 1908年発行 料金改定・額面追加シリーズ

 1908年4月1日から市内便料金が3ペニヒに値上げされたため、不要となった2ペニヒ葉書を3ペニヒ葉書、あるいは5ペニヒ葉書として再利用するため、額面が追加加刷されました。1900−1901年シリーズのクリーム用紙の2ペニヒ葉書に加刷されたものが難関です。


 5) 1910年発行 縦罫線入りシリーズ

 葉書のやや中央に縦罫線が設けられ、左側に文面が書き込めるように、Postkarteの文字を右に移動したシリーズです。今まで、葉書の左下に入れられていた版の製造年月日が、このシリーズからは製造年月に縮められて右下に移動しています。


 6) 1916年発行 料金改定シリーズ

 1916年8月1日からの料金値上げに伴う、新額面(51/2ペニヒ、71/2ペニヒ)のシリーズです。この値上げは、第一次世界大戦の長期化で不足した軍事費をまかなうための増税と言われています。


 7) 1919年発行 料金改定シリーズ

 戦争末期のインフレに伴い、1918年10月1日から市外便(ドイツ国内、オーストリー、ハンガリー)が10ペニヒに値上げされました。このときの追加発行のシリーズです。


 8) 1919年発行 加刷シリーズ

 第一次世界大戦の敗戦後、王政が廃止されて共和国になったのに伴い、「Volksstaat Württemberg」の文字を加刷した公用葉書が発行されました。上の写真は、1919年7月1日から市内便が51/2ペニヒから71/2ペニヒに値上げされたため、71/2(ペニヒ)を加刷した葉書です。


[ワンポイント]
 料金の変遷に注目して使用例をいろいろ集めるとよいでしょう。1919年発行の加刷シリーズで切手の貼っていない、いわゆる適正使用例が意外に少なく、苦労します。

このページの先頭に戻ります。

ヴュルテンベルクの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016