更新随時
パソコン日記(独り言) 元に戻る

H30.10.19 Helixその後
冷却ファンから異音が発生し始めたので、分解してファンに給油
静かになったので、これでしばらく使ってみよう。

分解してみて、無線LANはM.2、SSDはmSATAで接続されていることが判明。簡単にグレードアップできそう。

改めて、10.1インチのThinkPad10と比較。
縦横比が違うので、映像を映すと大きさの差がかなりある。実際の横の長さは40mmくらい違う。
H30.10.14 ThinkPad Helix
2013年に発売された、2in1のPC。半年くらい前からリースアップと思われるものが大量出品されていたので、ずっと狙っていたがなかなか安価で落札できなかった。

やっとのことで、キーボードなしで冷却ファンエラーが出るとの説明のものが激安にて入手できた。

激安の理由は表題にHelixの記載がなく形式番号のみのため、検索でひっかからないので入札者は1人。スタート価格にて落札となった。

土曜日に届いたので早速確認。Helix特有の液晶内部気泡ありだが、左下部分なので、通常使用には全く問題なし。気泡があってもタッチパネルは問題なく反応。冷却ファンのエラーも発生せず。

CPUはCore i5-3337U(1.8GHz)、メモリ4G、ストレージはSSDの128Gbyteである。

OSは入っていないので、いつものようにWindows8を入れ、その後Windows10にアップグレードにて動作OKである。

液晶サイズは11.6インチ。10.1インチのThinkPad10を使用しているので大差ないと思っていたが、かなり大きくて見やすい。

メインで使用しているThinkPad X250の12.5インチとほぼ同じである。液晶の枠が大きいので、全体のサイズはまさにX250の液晶部分と同じである。

使用されているCPUはX250より古く、X230やE130世代のもの。しかし、ThinkPad10に搭載されているAtomとは別格である。

エクスペリエンスの値
Processor値は8.3。X250が8.7なので大差なし。他はX250とほぼ同じである。

内蔵のSSDもかなり速く、M.2のSSDを搭載したX250とこちらもほぼ変わらずの高性能さである。

今回ついてなかったキーボードを入手し、X250と合わせて使っていくつもりである。

2018年7月から9月の日記
2018年4月から6月の日記
2018年1月から3月の日記
2017年度の日記
2016年度の日記
2015年度の日記
2014年度の日記
2013年度の日記
2012年度の日記
2011年度の日記
2010年度の日記
2009年度の日記
2008年度の日記
2007年度の日記
2006年度の日記
2005年度の日記
2004年度の日記
2003年度の日記
2002年度の日記
2001年度の日記
2000年度の日記
1999年度の日記
1998年度の日記

元に戻る