高津本陣 高津本陣 Web Page 〜創作中心個人サークルの総合案内〜

頒布中の本

現在、在庫があって即売会で頒布を行っている作品の一覧です。

部数些少、ジャンル違いなどの事情により、ここに掲載されていてもイベントに持って行かない本がある場合もあります。

発行日の新しい本から順に紹介しています。

一部の本については、書名をクリックすることによって、冒頭をおためしで読むことができます(pdfファイル、300kb前後)。

完売してしまった作品については、作品紹介の項をご覧下さい。

花咲く道の行き先は

女子高生メイド

A6(文庫)・256ページ
頒布価格:600円

都内私鉄沿線のマンションに住むサラリーマンの関山恒義は、通勤途上のある出来事をきっかけに同じマンションに住む高校生の玉井瑞香と交流を持つようになります。

持ち前の人なつこさとある家庭事情から瑞香は恒義の部屋を頻繁に訪ねるようになり、そのたびに家事を手伝うようになっていきます。

更には同級生の凛々子も誘って押しかけるようになり、「メイド」として独身を嘆く恒義の世話を焼くようになっていきます。

わがままな瑞香に振り回されながらも、生活面では助かっている恒義ではあったが、やはりそのような生活を続けることには躊躇を否めないのであったが……。

上に戻る

恋は沿道の花から

お嬢様執事メイド

A6(文庫)・222ページ
頒布価格:600円

山形の名士の娘である莉奈が大学進学のため上京し、独り暮らしをします。

娘の東京暮らしを心配する父親は、執事とメイドを莉奈の住む家に住まわせ、面倒を見させることにしました。

学校生活に慣れた莉奈は、学友と意気投合して仲良くなり、彼女をよく自宅に招くようになります。二人の使用人はこの「お嬢様のご学友」を失礼のないようにもてなすことになりますが、彼女はやがて彼ら使用人に関心を持つようになります。

執事のいる生活も楽しめるメイド小説です。

上に戻る

のどかな道の行き先(上・下)

四姉妹メイド上

A6(文庫)・180ページ
頒布価格:600円

山陰のとある山間の小さな町を舞台にしたスローライフ風の物語です。

ある出来事をきっかけに、東京での官僚の仕事を辞した隆文はその田舎町にある洋館で姉妹である四人の女性の面倒を見ることに。

そのうちの一人は、そのお礼に隆文の身の回りの世話をするからと「メイド」になると言い出すように。宣言通りきちんと家事をこなしてくれるのはよいのだが……。

都会出身の彼女たちも、始めは戸惑いながら少しずつその暮らしに慣れていき、町の人たちとの交流も深めていく。

四姉妹メイド下

A6(文庫)・186ページ
頒布価格:600円

田舎暮らしも徐々に軌道に乗ってきた。隆文と四姉妹はそれぞれここでの暮らしに「自分の居場所」や役割を見いだしていく。

姉妹たちの隆文への気持ちも徐々に変わっていくが、それをそのまま受け止めることは躊躇される。

結末は彼と彼女たちの成長と共に。

上に戻る

想いの一里塚

新店メイド

A6(文庫)・202ページ
頒布価格:600円

東京のとあるメイド喫茶を舞台の中心とした物語です。

メイド喫茶のメイドと常連客、そんな間柄にある二人の微妙な関係。

ところが、ひょんなことからそのメイドがその常連客のの家に住んで、「本当のメイド」として働くことに。「本当のメイド」について学びたい彼女は積極的にその知識を吸収していく。

同時に、芽生えてくる彼への恋心に、どう向かい合っていくべきなのか……。

上に戻る

街道の先に

娘メイド

A6(文庫)・232ページ
頒布価格:600円

地方の小さな町を舞台にした物語です。

遠い親戚の娘である春菜を引き取った元治は、この町で新しい暮らしをしていくことになる。

これまでわがままいっぱいに育ってきた春菜は、元治が思ってもいなかったことを胸に秘めており、それを思い切ってぶつけていく。

元治はそれをどう受け止めるべきなのか、悩まされることになる……。

上に戻る

丘の上の物語・5

学園メイド

A6(文庫)・278ページ
頒布価格:600円

「丘の上の物語」の続きです。

秋の文化祭が過ぎ、周囲が風雲急を告げるようになってきました。

さて、結末は如何に。冬を迎えての堂々の完結です。

上に戻る

丘の上の物語・4

学園メイド

A6(文庫)・266ページ
頒布価格:600円

「丘の上の物語」の続きです。

二学期に入り、大きな「事件」があったものの、その後は順調な学校生活が続きます。

期せずして、麻里や瑠衣子と連続して二人で出掛けることになり、思わず「デート」と意識してしまうためちょっとした出来事が……。

上に戻る

丘の上の物語・3

学園メイド

A6(文庫)・260ページ
頒布価格:600円

「丘の上の物語」の続きです。

今回は主に夏休みの話です。

舞台の学校では少し変わっていまして、夏休みに修学旅行が行われる設定になっています。行き先は北海道。表紙および本文挿絵には、引き続きkonさんに描いていただきました。

上に戻る

丘の上の物語・2

学園メイド

A6(文庫)・270ページ
頒布価格:600円

「丘の上の物語」の続きです。

高校2年生の春、五月の連休明けから夏休み前くらいまでの間のお話です。

高津本陣のメイド小説らしさを残しながらも、高校生が主人公の「学園生活」もお楽しみいただけます。表紙および本文挿絵には、引き続きkonさんに描いていただきました。

上に戻る

丘の上の物語・1

学園メイド

A6(文庫)・248ページ
頒布価格:600円

今回も横浜(や川崎といった神奈川)を舞台にしたメイド小説です。

いつもと趣向を変えて、学園ものの要素も取り込みました。またこれまでよりも話をふくらませ、全5巻のボリュームです。

これまでの高津本陣の要素もいろいろ取り込んだ意欲作です。表紙および本文挿絵には、前回と同じkonさんに描いていただきました。

上に戻る

二人の恋の目的地

ふたりメイド

A6(文庫)・242ページ
頒布価格:500円

現代の横浜を舞台にした、王道のメイドものラブストーリーです。

メイドの舞子は、仕えるご主人様に前から恋心を抱いており、それを本人に伝えたことはあるものの、ずっとはぐらかされ続けており……。

表紙および本文挿絵には、新しくお招きしたkonさんに描いていただきました。

上に戻る

わたしたちの行路、その道標

北海道メイド

A6(文庫)・222ページ
頒布価格:500円

現在の日本とは少し違う世界の、北海道が舞台のメイド小説です。

専門学校を卒業して某地方都市で住み込みで働くことになった美和は、先輩メイドの恵理菜に指導され、時には驚かされ、徐々に慣れていった。

ご主人様の二人の子とも歳が近いせいもあってすぐに打ち解ける。そんな平和なメイドとしての生活が順調に過ぎていったころに……。

上に戻る

夢へ続く並木道

声優メイド

A6(文庫)・304ページ
頒布価格:700円

今回のメイド小説は、これまでと若干、趣が異なっております(詳しいことは読んでのお楽しみということで)。

いろいろな変遷を経て、個人経営の調査事務所を営んでいる主人公・古瀬政人は、電脳街秋葉原を通りかかったときに新作ゲームの発売記念イベントを見かけた。

それから数日後、仕事帰りの政人が町中でたまたま見つけた人間は、以前、別の場所で見たことのある人物だった。

しかし、纏っている雰囲気があまりにも違っていたことが政人の興味を引き、何か導きのようなものがあって、政人はこの人間に声を掛ける……。

上に戻る


(c) 高津本陣・徐 直諒 since 1999.12