| HOME |
鬼の岩屋





 中国山地のほぼ中央、広島県の東北部に位置する「帝釈峡」は、石灰岩台地を 帝釈川が侵蝕してできた 18kmに及ぶ大渓谷ですが、 「雄橋」,「雌橋」と呼ばれる石灰岩がくりぬかれた天然橋は、 その昔、帝釈天に「橋を造れ」と命じられた、男女の鬼が造ったと伝えられていたり、 「鬼の唐門」,「鬼の岩屋」など、鬼にちなんだ名前の付いた特異なカルスト地形が広がっています。 鬼の岩屋は、多くの心優しい鬼が暮らしていたという伝説が残る鍾乳洞で、 入口を入ると、今でも 赤鬼,青鬼が出迎えてくれます。

付近にある説明板には
鬼 の 岩 屋 (おにのいわや)

 鬼の岩屋は、数億年前、帝釈川の浸食作用によってできた鍾乳洞
です。入口の幅は約2mですが、20〜30m入ると奥行き20m、幅20m
高さ30mの空洞が広がり、その奥には多くの小さな洞窟があります。
 伝説には、「昔この岩屋に多くの鬼が住んでいました。皆心の優
しい鬼で道に落ちた石を取り除いたり、岩屋の広場で踊りをするの
を楽しみに暮らしていました。」とあります。鬼はいつの日にかい
なくなりましたが、現在もこの洞窟には鬼の膳棚・皿・刀掛けと呼
ばれる岩があり、また洞窟の奥の小川は、美しい女が麻の芋をこい
ていたと言うことで“おこぎ川”と名付けられています。


と書かれています。
※SPIRANさんから ご提供頂いた写真を元に作成しました。 サンキュ♪


所   在
  広島県 庄原市 東城町帝釈始終 (旧:比婆郡東城町)
入   洞   自由 (照明はありませんが、通路は整備されています。)
料   金   無 料
交   通
JR芸備線「東城駅」から 備北交通の 「始終」行バスを利用可。 (日/祝運休)
※「岩屋口」バス停でバスを降りたら、中国自動車道をくぐって約2km。
※バスの時刻表は、 備北交通のHP >>路線バス>>路線から検索をクリック でご覧頂けます。
車の場合は、中国自動車道 「東城インター」から 県道23号線を庄原方向へ20分。
駐 車 場
  説明板向かいの退避スペースに数台程度可。 2013年5月現在



 SPIRANさん2006/11/18

 一年ぶりに行ってきました、今度は懐中電灯完備でリトライです。 洞口への道は、いっそう荒れ果ててほとんどただの急斜面です、去年間違えた道も跡形も無く消え去っていました、洞口までに2回滑りこけました、少し危険です。 入口を入ると赤鬼青鬼がお出迎えです、知らないで入ったらかなりびっくりしたでしょうね。

 赤鬼の左側から奥に入って行くと、けっこう広い空間です、2次生成物は入口付近以外はあまり無いようですが、短い穴や複雑な侵蝕が多くあります、ここまでは懐中電灯があれば、おきらく洞窟探検です。 さらに右奥に上り階段があり、そこを上ると地面はどろどろ、おまけに足の踏み場もないほどに大量の跳ねる虫や長い虫がお出迎えです、そこから先には下り坂の穴や下り階段のある狭い穴があったのですが即刻リタイア決定、退散しました。

 ちなみに近くの岸壁にあった穴は今回は見つかりませんでした、場所の記憶違いか、もしくは土砂崩れとかで埋まっちゃったのでしょうか。
 鬼の岩屋に限らず今年はあちこちで大雨があり、山道の中にはかなり荒廃してしまったところもあるようです。 また、年々山の保水力が低下しているとかで、雨の影響がすぐに洞窟内に現れて、水はけが悪いとどろどろ状態が解消されないんでしょうね。 けど、どろどろの洞内は、汚れる覚悟があればなんとかなりますが、足が沢山ある虫や長い虫が、それも大量となると、私もSPIRANさんと同じで、即探検中止かな。 子供の頃は、こういった虫たちと素手で戯れることが出来たんですが、廻りをコンクリートに囲まれて生きていると、全く苦手になってしまうもんですね。 鬼の岩屋を攻めるには、空気が乾いて、虫たちも少なそうな真冬が狙い目なのかも知れませんね。

 兵庫県 森脇さん2006/8/28

 ちょっと迷いましたが、なんとか行き着くことができました。 私の悪い癖で、懐中電灯を車の中に置いたまま上り、入口まで来て気が付きました。 取りに戻っても良かったのですが、ちょっと疲れていたので、そのまま入りました。 入口は、カギはかかっていません。 入口左手に青鬼、中には赤鬼が作られており、かつては観光洞だったことが伺えます。 そんなに奥行きは深くありませんが、説明書きでは奥行きが20メートルほど、上が60メートルほどあるそうです。 さらに小さい洞窟がいくつか伸びているそうです。 このあたりには、帝釈峡馬渡遺跡などの古代遺跡もあり、いろんな石灰岩の浸食も見られます。

 不思議ですねー。 このHPにメールをくれる方の多くが、照明の無い鍾乳洞を訪ねる際に懐中電灯をお忘れになっています。 自宅に忘れる人,車に忘れる人と様々ですが、皆さんよほど穴を目指して急いておられるんでしょうね。 森脇さんの場合、カメラまでは忘れなかったようで、噂の赤鬼,青鬼のお写真をお寄せいただきました。 大きさはそれ程でもなさそうですが、結構リアルなんですね。 森脇さんのHP(帝釈峡探検記)はこちら

 SPIRANさん2005/11/1

 2005/10/30に白雲洞、鬼の岩屋へ行ってきました。 白雲洞は、みなさんのレポートがあるので、鬼の岩屋の情報を少し書かせてもらいます、でも中には入ってませんけど。

 今回は下調べなしで行ったので、賽の河原洞は素通りしてしまいました、駐車場でもらったパンフレットには賽の河原としか書いていなかったので洞窟とは思わず、とっとと帰途に、帰ってからこのHPをよく見ると賽の河原洞とか書いてあるし・・・でも鬼の岩屋へは、たまたま運良く行けました。

 上帝釈から東城インターへ向かう途中に大きな紅葉の木があったので、車を止めて写真を撮っていると目の前に鬼の岩屋←2.0kmの道標が、これって鍾乳洞?ということで行ってみることに。

 途中の分岐には案内がないけど、とにかく直進し川沿いの細い道をしばらく行ってみると岸壁に縦150cm横40cmぐらいの穴を発見、看板もなにも無いけど、これだろうということで、車を停めるために少し行くと、けっこう広い駐車スペースがあり、道の反対側に立派な案内板が。


 でも、さっきの穴とはあきらかに違う方向に道標が向いている、0.12km?近いな〜と道標の方向に行くが無い、もしやと思い、わずかに道らしいもののある急斜面を登ると洞口が!道標は真上に向けとくべきです。

 洞口は高さ2m幅1mぐらいで、照明は無く真っ暗、1mほどの苔むした石段があり、その上には鉄扉、扉は開いているが開けてあるのか壊れて開いているのかわからない、看板が立っているが色あせて無地となっているので立入禁止かどうかわからないといった雰囲気満点の洞窟です。

 伝票綴りのような物が入ったビニール袋が岩壁に吊り下げられているので連絡先を書いて入洞すればいいのかもしれませんが、とても一人で入る気にはなりませんでした、手前の穴も未確認なので、また行ってみたいです。
 入口までとは言え貴重な情報ありがとうございます。 私の情報が古いのかも知れませんが鬼の岩屋は入洞禁止にはなっていないはずです。 観光洞ではありませんので、 再度チャレンジする場合は気をつけて。 ちなみに、賽の河原洞も自由に見学できますが、幻の鍾乳洞は予約制です。




2,3行で構いません。 鬼の岩屋に関する情報や写真,
訪れた際の皆さんの感想を E-mailでお寄せ下さい。 このページに掲載させて頂きます。
じじいが出かける際の参考にもさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

- 2006.1 | HOME | TOP |