FinalDoom

99/03/14
残念ながら下の方法によるTCP/IP対戦は無理のようです
ゆ〜すけさん、わざわざ確認いただきすみませんでした。
さて、どうしたものやら・・・

ちなみに、FinalDoom(Doom95)でスクリーンショットを撮る方法は次の通りです >ゆ〜すけさん
(1)起動時、DOOM95_AT.EXE(DOOM95.EXE)の引数として-devparmを付けます。
  (「ファイル名を指定して実行」で実行すれば良いです)
(2)スクリーンショットを撮りたい場面でF1キーを押します。
これでFinalDoomのフォルダ内にDOOM00.PCXから連番でファイルが作成されていきます。
つまりDOS版のDOOMと同様のやり方ということになります。


glDoomでのTCP/IP対戦にちょっとつまってしまったので、こちらに浮気。

目的はあくまでインターネットで快適なTCP/IP対戦を行うこと。
とりあえず・・・接続試験に協力してくれる方を募集しています(をいをい)


1.FinalDoomを使う場合

起動すると次のようなランチャー画面となります。
[Player Alias](プレイヤー名)は適当に指定します。
[Game Wad file]はPLUTONIAもしくはTNTを選択可能ですが、できれば別途対戦用のWADファイルをインターネットやNiftyserve等から入手し、[Custom WAD File]に指定します。
最初にゲームを起動する人は適当なGame Nameをつけて、[New Game]ボタンを押します。
後から参加する人は[Games Currently Available]に表示されるものを選択して、[Join Game]ボタンを押します(多分)。

次にこのような画面になります。
人数が揃ったら[Start Game Now]ボタンが押せるようになりますので押します。
で、いよいよ死闘スタートです(多分)。

2.シェアウェア版のDOOM95を使う場合

製品版のFinalDoomをお持ちでない方はid.softwareからシェアウェア版をダウンロードしてみましょう。
DOOM 95(Shareware)
(4,355KB)です。
製品版との違いは、外部WADファイル[Custom WAD File]の指定ができない(指定して実行しようとするとシェアウェアではできないと表示される)ことと、標準で利用可能なWADファイル[Game WAD file]がDOOM1シェアウェア版のものだけということです。
製品版のDOOM2.WAD、TNT.WAD、PLUTONIA.WAD等をDOOM95のフォルダにコピーすれば製品版と同様に遊べます(勿論製品版のライセンスが別途必要です)。
しかし外部WADはやはり指定することはできません。
対戦に適したマップはDOOM1ならmap01、DOOM2ならmap07が良いです。
TNTやPLUTONIAで対戦向きなマップは知りません。
ランチャー画面は基本的に製品版と同様なので説明は省略します。

という訳でどなたか接続試験お願いします。