虫めづる姫君

  あるいは、虫愛づる姫君を愛ずる右馬佐の物語。

 

  〜注意書き〜
・話の流れが分かり難くなるので訳出ししていない部分が結構あります。
・解釈で現代風にアレンジした部分が結構あります。
・特に文末、語尾の文法的乱れはお目こぼしを。。。
・修正案、誤りの指摘大歓迎、と。

  蝶めづる姫君の住みたまふかたはらに、按察使の大納言の御むすめ、心にくくなべてならぬさまに、親たちかしづきたまふことかぎ限りなし。    センスのいい女性が多く住むある街の一角に、地位の高いお方の娘が住んでいたのです。親たちはこの姫君を大変可愛がっておりました。  
  この姫君ののたまふこと、「人々の、花、蝶やとめづるこそ、はかなくあやしけれ。人は、まことあり、本地たづねたるこそ、心ばへをかしけれ」とて、よろづの虫の、恐ろしげなるを取り集めて、「これが、成らむさまを見む」とて、さまざまなる籠箱どもに入れさせたまふ。
中にも「烏毛虫の、心深きさましたるこそ心にくけれ」とて、明け暮れは、耳はさみをして、手のうらにそへふせて、まぼりたまふ。
   この姫君のいうことは変わっており、「世間の人は花よ蝶よと綺麗なものばかりありがたがるけれど、そうじゃないと思うのよね。人間は、誠実に、物事の本質を追求してこそ志があるってものじゃない。」といって、たくさんの虫の、しかも気持ちの悪いなものを集めては「成長するのを観察するのよ」と、籠に入れて飼っていたのです。
 特に、「毛虫が、何かを考えていそうなところってすごく惹かれない?」といって、一日中、髪も動きやすいようまとめてしまって、手の上に毛虫を乗せて見守っているありさまでした。
 
  若き人々はおぢ惑ひければ、男の童の、ものおぢせず、いふかひなきを召し寄せて、箱の虫どもを取らせ、名を問ひ聞き、いま新しきには名をつけて、興じたまふ。
「人はすべて、つくろふところあるはわろし」とて、眉さらに抜きたまはず。歯黒め、「さらにうるさし、きたなし」とて、つけたまはず、いと白らかに笑みつつ、この虫どもを、朝夕べに愛したまふ。人々おぢわびて逃ぐれば、その御方は、いとあやしくなむののしりける。かくおづる人をば、「けしからず、ばうぞくなり」とて、いと眉黒にてなむ睨みたまひけるに、いとど心地なむ惑ひける。
   若い侍女たちは気持ち悪がって嫌がるので、そこらの男童を呼び寄せて、籠に飼っている虫の名前を聞いたり、名前を付けたりして面白がるのです。
 「人間はね、変につくろわない方がいいんだってば」と眉も整えず、お歯黒も「面倒だし汚らしいじゃない」と付けないままで白い歯を剥き出しにして笑いながら、虫たちを毎日可愛がっているのです。周りの人たちが我慢できずに逃げ出すと、姫君は怒って叱り付けます。「こんなことで騒いで暴れるなんて、行儀の悪い」といって、太い眉でにらみ付けるので、侍女たちは途方に暮れるのでした。
 
  親たちは、「いとあやしく、さまことにおはするこそ」と思しけれど、「思し取りたることぞあらむや。あやしきことそ。思ひて聞こゆることは、深く、さ、いらへたまへば、いとぞかしこきや」と、これをも、いと恥づかしと思したり。    両親は、「本当に変わり者で困ったもんだ」と思っていましたが、「普通じゃないが、頭の回転は良い娘のことだから、きっと何か考えがあるのだろう。娘のため、と思って説教をしてもいちいち真剣に反論してくるのだから、手がつけられん」と、情けなく思っているのでした。  
  「さはありとも、音聞きあやしや。人は、みめをかしきことをこそ好むなれ。『むくつけげなる烏毛虫を興ずなる』と、世の人の聞かむもいとあやし」と聞こえたまへば、「苦しからず。よろづのことどもをたづねて、末を見ればこそ、事はゆゑあれ。いとをさなきことなり。烏毛虫の、蝶とはなるなり」そのさまのなり出づるを、取り出でて見せたまへり。
「きぬとて、人々の着るも、蚕のまだ羽つかぬにし出だし、蝶になりぬれば、いともそでにて、あだになりぬるをや」とのたまふに、言ひ返すべうもあらず、あさまし。
   「そうはいっても、やっぱり見た目や印象と言うのは大事なのよ。世間の人は、見た目がよければいい印象を抱いてくれるのだから。『気持ち悪い虫にしか興味がない』なんて噂されるのは嫌でしょう」と説いてみても、「気にしないわよ。万物の事象を追求してその行く末を予測するからこそ、その理がわかるのよ。人の噂を気にして思考停止するなんて、低俗なこと。私は、毛虫が蝶になる過程に興味があるの。」と、羽化の様子を取り出して見せるのでした。
 「みんなが着ている絹だって、蚕が幼虫のうちに取り出すでしょう? 羽化してしまってからじゃ、それこそ──袖にもされない、ってわけよ。」と勢いよく述べるので、言い返すこともできず、呆れ果てる、という。
 
  さすがに、親たちにもさし向ひたまはず、「鬼と女とは、人に見えぬぞよき」と案じたまへり。「母屋の簾を少し巻き上げて、几帳いでたて、しかくさかしく言ひ出だしたまふなりけり。   とはいえ、さすがに姫君も両親に面と向かって反論するのは気が引けるのか、「鬼と女は、人に姿を見せないから価値が上がっていいのよ」などといって、少し巻き上げたすだれと立てた几帳越しに、理路整然と理屈を並べるのでした。  
  これを、若き人々聞きて、「いみじくさかしたまへど、いと心地こそ惑へ、この御遊びものは」「いかなる人、蝶めづる姫君につかまつらむ」とて、兵衛といふ人、    こんな姫君の若い侍女たちは、「ホントにあの趣味は何とかならないかしら、おかしくなりそうよ。あのペットたちは…」「もっとおしゃれに興味のあるような姫君に仕えている人たちは、どんな風にしてるのかな」などと愚痴ばかりでした。
 侍女の1人、兵衛が和歌を作って、
 
  いかでわれとかむかたなくいてしがな烏毛虫ながら見るわざはせじ   私だっていつかは姫様を説き伏せてみせるわよ。毛虫だって蝶になるのだから、姫様だっていつまでもあんなふうではいさせないんだから。  
  と言へば、小大輔といふ人、笑ひて、   と言うと、小大輔という侍女が笑って、  
  うらやまし花や蝶やと言ふめれど烏毛虫くさきよをも見るかな   うらやましいわよねー。世間じゃ今年の香水は、とか言ってるのに、こっちは毎日虫の匂いの中で暮らしてるんだから。  
  など言ひて笑へば、「からしや、眉はしも、烏毛虫だちためり」「さて、歯ぐきは、皮のむけたるにやあらむ」とて、左近といふ人、   という和歌を作ります。
他の侍女たちも、「イタイよね、姫様の眉毛も毛虫みたいだし。」「それでさ、歯は白くて皮の剥けた毛虫って感じ。」などと好き勝手なことを言っています。
 左近という侍女も和歌を作って、
 
  「冬くれば衣たのもし寒くとも烏毛虫多く見ゆるあたりは衣など着ずともあらなむかし」   冬が来れば服だけは困らないかもねー、ここには毛虫がいっぱいいるから。着ないでいらしても大丈夫よー、なんてね。  
  など言ひあへるを、とがとがしき女聞きて、「若人たちは、何事言ひおはさうずるぞ。蝶めでたまふなる人も、むはら、めでたうもおぼえず。けしからずこそおぼゆれ。さてまた、烏毛虫ならべ、蝶といふ人ありなむやは。ただ、それがもぬくるぞかし。そのほどをたづねてしたまふぞかし。それこそ心深けれ。蝶はとらふれば、手にきりつきて、いとむつかしきものぞかし。また、蝶はとらわろばやみふれば、瘧病せさすなり。あなゆゆしとも、ゆゆし」と言ふに、いとど憎さまさりて、言ひあへり。   などと言い合っていました。
 そこに、小うるさい侍女がやってきて、「あんたたち、何を言ってるの。おしゃれが好きだからっていっともいいことなんてないんだから。ろくでもないことの方が多いくらいよ。それに、毛虫のことを蝶だ、なんていう人はいませんよ。姫様は、それが脱皮するので、その過程を研究したいといっているの。頭を使うということは、そういうことなの。美容整形だのダイエットだの、体を壊したりろくなことにならないよ。ほんとに品のないことばっかり言って」と叱るので、若い侍女たちはますます憎たらしくなって、悪口を言い合うのでした。
 
  この虫どもとらふる童べには、をかしきもの、かれが欲しがるものを賜へぱ、さまざまに、恐ろしげなる虫どもを取り集めて奉る。「烏毛虫は、毛などはをかしげなれど、おぼえねば、さうざうし」とて、蟷螂、蝸牛などを取り集めて、歌ひののしらせて聞かせたまひて、われも声をうちあげて、「かたつぷりのお、つのの、あらそふや、なぞ」といふことを、うち誦じたまふ。童べの名は、例のやうなるはわびしとて、虫の名をなむつけたまひたりける。けらを、ひきまろ、いなかたち、いなごまろ、あまびこなんどつけて、召し使ひたまひける。    虫を捕まえると、姫君がいろいろな物をくれるので、童たちはいろいろな不気味な虫を集めてきます。姫君は、「毛虫は、毛の様子が面白いけれど、故事や歌に出てこないので頭を使うことがなくてつまらないわね」といって、カマキリやカタツムリを集め、それが出てくる歌や詩を童に大声で歌わせ、それどころか自分まで大声で「かたつむりのぉ、角が、戦うのだ、なんぞ」などと歌うのでした。童の呼び名も、普通のままではつまらないといって、虫の名前を付けていました。ケラ夫、カエル麿、とかげっち、あまびこなどと名づけて召し使っていたのです。  
  かかること、世に聞こえて、いと、うたてあることを言ふ中に、ある上達部の御子、うちはやりてものおぢせず、愛敬づきたるあり。この姫君のことを聞きて、「さりとも、これにはおぢなむ」とて、帯の端の、いとをかしげなるに、蛇のかたをいみじく似せて、動くべきさまなどしつけて、いろこだちたる懸袋に入れて、結びつけたる文を見れば、   こんなことが世間の噂になって、あることないこと広がっていくうちに、さる名家の御曹司で怖いもの知らずの美男子がこの姫君のことを聞きつけ、「いくら毛虫好きとはいってもこれは怖いだろう」といって、立派な着物の帯の端を蛇の形に仕立て、蛇のように動く仕組みまで組み込んで、鱗模様の袋に入れて持っていったのです。

結び付けられた文には
 
  はふはふも君があたりにしたがはむ長き心の限りなき身は   這いながらもあなたのお傍におりましょう。長い心の限りない身なので。  
  とあるを、何心なく御前に拝て参りて、「袋など。あぐるだにあやしくおもたきかな」とて、ひきあけたれば、蛇、首をもたげたり。人々、心を惑はしてののしるに、君はいとのどかにて、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏」とて、「生前の親ならむ。な騒ぎそ」と、うちわななかし、顔、ほかやうに、「なまめかしきうちしも、けちえんに思はむぞ、あやしき心なりや」と、うちつぶやきて、近く引き寄せたまふも、さすがに、恐ろしくおぼえたまひければ、立ちどころ居どころ、蝶のごとく、こゑせみ声に、のたまふ声の、いみじうをかしければ、人々逃げ去りきて、笑ひいれば、しかじかと聞こゆ。    とあり、侍女は「袋で物を贈ってくるなんてどういうことかしら。結構重たいわね」と思いながらも姫君のところへ持っていきます。紐を解いて開けてみると、なんと中から蛇が首をもたげてきました。侍女たちが大騒ぎしているなか、姫君は平静を装って念仏を唱えると、「前世は私の親だったかもしれないのよ。そんなに騒がなくていいわ」と声をかけました。
 しかし、声は震え声、顔はそっぽを向いており、「美しい姿のときだけ親しくするなどというのは、良くないことよ」とつぶやいて近くに引き寄せはするものの、さすがに恐ろしくて、立ったり座ったり、声も裏返っておかしかったり。皆は姫君の元から逃げ出して、離れたところで笑いあっていました。
別な侍女が、屋敷の主人に事の次第を報告します。
 
  「いとあさましく、むくつけきことをも聞くわざかな。さるもののあるを見る見る、みな立ちぬらむことこそ、あやしきや」とて、大殿、太刀をひきさげて、もて走りたり。よく見たまへば、いみじうよく似せて作りたまへりければ、手に取り持ちて、「いみじう、物よくしける人かな」とて、「かしこがり、ほめたまふと聞きて、したるなめり。返事をして、はやくやりたまひてよ」とて、渡りたまひぬ。    主人は、「なんておかしな、腹の立ついたずらだ。そんな蛇がいることを見て、姫がおるのに逃げ出すことも、けしからん」と太刀を引っさげて走ってきました。調べてみれば、大変よくできた贋物で、「大した細工をする奴だ」と、娘には「お前がかしこぶって虫なんて可愛がっていると聞いて、からかってきたんだろう。一応マナーだから返事をして、早く使いの者を返してしまいなさい」と言って父親は戻って行きました。  
  人々、作りたると聞きて、「けしからぬわざしける人かな」と言ひにくみ、「返事せずは、おぼつかなかりなむ」とて、いとこはく、すくよかなる紙に書きたまふ。仮名はまだ書きたまはざりければ、片仮名に、    侍女たちは、作り物の蛇だったと聞いて「嫌なことする奴だね」と言って憎く思いましたが、「返事をしないのは、また噂になってよくないわね。」といって、ひどくごわごわして、色気のない紙を用意しました。
 姫君はまだ幼くてひらがなが書けなかったので、カタカナで、
 
  「契りあらばよき極楽にゆきあはむまつはれにくし虫のすがたは 福地の園に」とある。   ゴエンガアレバ、ゴクラクニイッテカラアイマショウ
ヘビノスガタデハ、イッショニイルノハムズカシイコトデスモノネ

という和歌を、源氏物語の古歌を踏まえて作って見せました。
 
  右馬佐、見たまひて、「いとめづらかに、さまことなる文かな」と思ひて、「いかで見てしがな」と思ひて、中将と言ひ合せて、あやしき女どもの姿を作りて、按察使の大納言の出でたまくるほどに、おはして、姫君の住みたまふかたの、北面の立蔀のもとにて見たまへば、男の童の、ことなることなき、草木どもにたたずみありきて、さて、言ふやうは、「この木に、すべて、いくらもありくに、いとをかしきものかな」と。    右馬佐であるこの男は、返歌を見て「これは珍しい、変わった文だ」と思い、「どうにかしてこの姫君を見たいものだ」と、友人の中将と相談して、主人の出かけたときを見計らって、女装して姫君の邸宅へやってきました。
 姫君の住む建物の北側の囲いのそばにいると、そこらにいそうな童が庭の木々の側に立って、「この木に全部、数え切れないくらいいる虫が、すごいですよ」と言っています。
 
  「これ御覧ぜよ」とて、簾を引き上げて、「いとおもしろき烏毛虫こそ候へ」と言へば、さかしき声にて、「いと興あることかな。こち持て来」とのたまへば、「取り分つべくもはべらず。ただここもと、御覧ぜよ」と言へば、あららかに踏みて出づ。    童が「見てください」と簾を引き上げて、「ほんとに面白い毛虫がいますって」と言うと、姫君がきびきびとした声で「いいじゃない。こっちに持ってきてよ」と言います。
 童が「選ぶことなんてできませんよ。すぐここですから、見てください」と言うと、姫君はあっさりと簾から出てきました。
 
  簾をおし張りて、枝を見はりたまふを見れば、頭へ衣着あげて、髪も、さがりば清げにはあれど、けづりつくろはねぱにや、しぶげに見ゆるを、眉いと黒く、はなぱなとあざやかに、涼しげに見えたり。口つきも愛敬づきて、清げなれど、歯黒めつけねば、いと世づかず。「化粧したらば、清げにはありぬべし。心憂くもあるかな」とおぼゆ。
かくまでやつしたれど、見にくくなどはあらで、いと、さまことに、あざやかにけだかく、はれやかなるさまぞあたらしき。練色の、綾の桂ひとかさね、はたおりめの小桂ひとかさね、白き袴を好みて着たまへり。
   簾を押しのけて虫のついた枝を見ている姿は、着物は頭の方へずれてしまい、髪は額の辺りでは美しいのに、櫛を通していないからか、ばさばさとしています。眉毛は太くはっきりと残っていて、鮮やかできりっとして見えます。口元もかわいらしくて、整っているけれど、お歯黒をつけていないのであまり色気がありません。「化粧をして手入れをしたら、きっと美しいだろうに。惜しいなあ」と右馬佐は思うのでした。
 こんなにだらしない格好をしているのに、醜いということもなくて、それどころか印象的で気品があり、晴れやかな姿なので、もう少し何とかすれば、と。
 なにしろ、年寄りのような地味な色の袿に、おかしなこおろぎの模様の小袿を重ね、男のような白い袴を着ているのです。
 
  この虫を、いとよく見むと思ひて、さし出でて、「あなめでたや。日にあぶらるるが苦しけれぱ、こなたざまに来るなりけり。これを、一つも落さで、追ひおこせよ。童べ」とのたまへば、突き落せば、はらはらと落つ。白き扇の、墨黒に真名の手習したるをさし出でて、「これに拾ひ入れよ」とのたまへば、童べ、取り入る。皆君達も、あさましう「ざいなむあるわたりに、こよなくもあるかな」と思ひて、この人を思ひて、「いみじ」と君は見たまふ。    枝の虫を良く見ようと姫君は身を乗り出して、「ああ、いいじゃない。日差しに照りつけられて、こちら側に来ているのね。ちょっと、これを全部こっちへ追ってきてよ。」と言うので、童が毛虫をぱらぱらと突き落としました。
 姫君は、白い扇に漢字の練習をしたものを差し出して、「これに拾って載せてよ」と言いつけます。童が、その指示に従って順番に毛虫を集めていきます。
 見ている右馬佐や中将たちもあきれ果て、「才学のある家に、このような姫が生まれるものか」と思い、右馬佐は「なんという変わった姫君だろう」とあらためて興味を持つのでした。
 
  童の立てる、あやしと見て、「かの立蔀がもとに添ひて、清げなる男の、さすがに姿つきあやしげなるこそ、のぞき立てれ」と言へぱ、この大輔の君といふ、「あないみじ。御前には、例の、虫興じたまふとて、あらはにやおはすらむ。告げたてまつらむ」とて参れば、例の、簾の外におはして、烏毛虫ののしりて、払ひ落させたまふ。    少し離れた場所に立っていた童が、大輔の君という侍女に、「あの囲いのそばに、格好いい男の人がなんだか変な格好をして立っているよ」と報告しました。大輔の君は、「それはちょっとまずいわね。姫様は、例の虫遊びで外から見えるような場所にいるんじゃないでしょうね。知らせなくちゃ」と姫君の居所へ向かいます。案の定、簾の外に出て、大騒ぎしながら毛虫を払い落とさせているではありませんか。  
  いと恐ろしければ、近くは寄らで、「入らせたまへ。端あらはなり」と聞こえさすれば、「これを制せむと思ひて言ふ」とおぼえて、「それ、さばれ、もの恥づかしからず」とのたまへば、「あな心憂。そらごとと思しめすか。その立蔀のつらに、いと恥づかしげなる人、侍るなるを。奥にて御覧ぜよ」と言へば、「けらを、かしこに出で見て来」とのたまへば、立ち走りていきて、「まことに、侍るなりけり」と申せば、立ち走り、烏毛虫は襟に拾ひ入れて、走り入りたまひぬ。    虫が恐ろしいので近くには寄らず、「姫様、どうか簾の内に入ってください。外から見えてしまいます」と声をかけるものの、姫君は「またやめさせようとして言っている」と思い、「そんなことは恥ずかしくなんてありません」と言い出します。
 大輔の君が「本当に、姫様は…。嘘じゃありませんよ、その囲いの向こうに、立派な男の人がいらっしゃるんですよ。虫は簾の奥で見ればよいではないですか」と言ってもすぐには信用せず、「ケラ夫、ちょっと外に出て見て来なさい」と言っています。
 ケラ夫が走ってのぞきに行き、「本当にいるよ」というと、姫君はぱっと走って毛虫を拾い、袖に入れると、簾の奥に隠れたのでした。
 
  たけだちよきほどに、髪も袿ばかりにて、いと多かり。すそもそがねば、ふさやかならねど、ととのほりて、なかなかうつくしげなり。
「かくまであらぬも、世の常び、ことざま、けはひ、もてつけぬるは、くちをしうやはある。まことに、うとましかるべきさまなれど、いと清げに、けだかう、わづらはしきけぞ、ことなるべき。あなくちをし。などか、いとむくつけき心なるらむ。かばかりなるさまを」と思す。
   右馬佐は、姫君の姿をすっかり見ることができました。
 身の丈もほどよく、髪も袿くらいに伸ばして豊かです。髪の端を切りそろえていないのでふんわりとした感じは足りないのですが、全体として均整がとれていて、かえってさわやかな美しさがあるのです。
 右馬佐は、「これほど容姿が整っていなくても、世間並みの手入れや言葉遣い、振る舞いを身に付けていれば、女としてすばらしいと言われているのに、この姫君はもったいないことだ。確かに、言動はとても受け入れられないが、本当に清廉で気品のあって、それに人を困らせる点では他の女と全然違うなあ。残念だ。なんであんな趣味を持っているんだろうか。あんなにいいものを持っているのに」と思うのでした。
 
  右馬佐、「ただ帰らむは、いとさうざうし。
見けりとだに知らせむ」とて、畳紙に、草の汁して、
   右馬佐は、中将たちに向かって「せっかく噂の女を見に来たのに、このまま帰ってしまうのではつまらない。見たぞ、ということだけでも知らせよう」と、紙に、虫好きの姫君にと草の汁を使って和歌を書き付けました。
 
 
  烏毛虫の毛深きさまを見つるよりとりもちてのみ守るべきかな   毛虫の毛の深い様子を見て以来、とりもちでとって自分の手元に置きたい気持ちですよ。  
  とて、扇して打ち叩きたまへば、童べ出で来たり。「これ奉れ」とて取らすれば、大輔の君といふ人、「この、かしこに立ちたまへる人の、御前に奉れとて」と言へば、取りて、「あないみじ。右馬佐のしわざにこそあめれ。心憂げなる虫をしも興じたまへる御顔を、見たまひつらむよ」とて、さまざま聞こゆれば、言ひたまふことは、「思ひとけば、ものなむ恥づかしからぬ。人は夢幻のやうなる世に、誰かとまりて、悪しきことをも見、善きをも見思ふべぎ」とのたまへば、いふかひなくて、若き人々、おのがじし心憂がりあへり。   として童を呼び、「これを渡してくれ」と預けます。大輔の君は、それを受け取り、「これは、あそこに立っていた人が姫君にといって」と取り次ぎながら、「なんてこと。右馬佐のやったことでしょう。変な虫を面白がっている姫様を見物しにきたんでしょうよ」といってあれこれと嘆いていたところ、姫君がいうには、「人間、悟ってしまえば何も恥ずかしいことなんてありませんよ。人は夢幻のような世に生きているもの。誰が永遠に生きて本当の善悪を定めることができるものですか」と。
 侍女たちはもう何を言う気も失せて、それぞれの心の中で「もうどうにでも」と思うのでした。
 
  この人々、返さでやはあるとて、しばし立ちたまへれど、童べをもみな呼び入れて、「心憂し」と言ひあへり。ある人々は心づきたるもあるべし、さすがに、いとほしとて、    右馬佐たちは、返歌があるだろうと思って立って待っていたけれど、邸内では童までみな屋敷の内に呼び入れて、嘆いています。しばらくたって、ようやく返事をしなければ、と気づいた人もいたようで、待たせっぱなしは良くないだろうと、姫君の代わりに返事を書きます。  
  人に似ぬ心のうちは烏毛虫の名をとひてこそ言はまほしけれ   お名前をいただければ、普通ではない姫様の気持ちを知らせることもできましょう  
  右馬佐、   右馬佐は、  
  烏毛虫にまぎるるまゆの毛の末にあたるばかりの人はなきかな   毛虫のようなあなたの眉毛の、その端に当たるような人もいませんよ。  
  と言ひて、笑ひて帰りぬめり。二の巻にあるべし。   といって笑って帰って行きました。続く。  

TOP