「生命の海科学館」の新春特別企画展示
「〜舒徳干 教授、最新の成果を語る〜 
カンブリア爆発における新発見より。

ウェツリコリア門(Vetulicolians)の生物たち

Didazoon(地大動物)

Xidazoon(西大動物)

Vetulicola(古虫動物)

 

 ディダズーン

なんというか、いかにも効率の悪い泳ぎをしそうなオタマジャクシ型の生物である。尾ひれを振るたびに前躯も大きく振られてしまいそうだ。

 

 

 シーダーズーン

前回の展示では、系統的な分類が不可能な奇妙な化石ということになっていたが、今回晴れて(?)シーダーズーン属というオリジナルの身分を与えられた。(下の標本は前回撮影のもの)

 

 

 

 ウェツリコラ

今回紹介されている中ではもっとも発達した外殻を持つ。鰓の形状も進化しているという。ただ、生息時期の前後はまだ確定できていないとか。ウェツリコラだけ見ていれば節足動物にも見えるのだが、他の二種と同系統とすると、他の二種が節足動物らしくない以上、節足動物に似た形態に進化した新口動物、ということになる。……ううむ。説得力があるのだろうか? 資料が一般に出回るのを待つとしよう。

 

 

戻る