垂直に登る、垂直を知る

ちょっとワルなアニキ風に訳してみます。元の文章がかなり長いので、勝手に途中で切っちゃいます。

 

Getting Vertical

By Doug Robinson

垂直に登る、垂直を知る

ダグ・ロビンソン

Learning to rock climb is one of those good news, bad news situations. The good news is that getting started is easier than you think. With a few hours of good instructionÑand climbing is definitely too high stakes for a trial-and-error educationÑyou will probably have scaled vertical terrain and made moves as hard as 5.7, which is halfway up the difficulty scale to its current limit at 5.14. You will have earned the right to stride away with the muscles in your shoulders throbbing and a fine little glow in your head. The bad news is that you will know fear.  クライミングを始めるってことは、”グッドニューズ・バッドニューズ”シチュエーションの一つさ。
 つまり、あれだ。「いいニュースがある。それに、悪いニュースも」ってやつ。

 いいニュースってのは、クライミングを始めるのが、オマエが思ってるより簡単だってことだな。
 ほんの2,3時間の悪くない講習 ─クライミングが、行き当たりばったりの試行錯誤で取り付くにはちっとばかしやばすぎると学ぶこと─ さえあれば、垂直な地面にとりついて、5.7くらいの難度の課題に挑むことができるってわけだ。
 5.7。現時点での限界グレード、5.14の半分ってことだな。
 オマエはきっと、肩の筋肉を震わせながらまっすぐ上がって行って、ちょっとした満足感を手に入れるだろうよ。

 で、悪いニュースってのは、オマエが 恐怖 とは何かを知ることになるだろう、ってことさ。

Climbing is strong medicine, compounded of exhilaration and humility. If you keep this upÑand I'll tell you flat out before you start that rock climbing is addictiveÑthen that alchemy of hesitation and afterglow will stick with you. Take last weekend, climbing again like I've been doing for nearly forty years now. Right away the first morning I waltzed onto moves that were hard for me. It didn't take much, actually, since I hadn't touched stone for a few weeks. So there I was, twenty feet up the side of Power Dome, and already sweating it out on a 70o slab. Nowhere to apply force. The challenge was balancing up a series of subtle depressions in the smooth rock. I was close to falling; one leg was already starting to do the Elvis.  クライミングは、絶頂と屈辱を合成して作った強烈なクスリみたいなもんだ。こいつを続けるなら ─オマエがロック・クライミングを始める前にはっきり言っとこう─、 恥辱と栄光の化学がオマエを捕えちまうのさ。

 例えば先週の週末だ。まるでもう40年近く、生まれてからずっとやってたかのように、俺はクライミングをするのさ。最初の朝にはすぐに、ちっとばかりきついムーブに踊りかかる。それほど久しぶりってわけじゃない。もう少し正確に言うなら、俺が石に触れてなかったのは2,3週間さ。
 覆い被さってくるようなパワー・ドームの端を20フィートばかり上がったら、次は70度のスラブの上でもう汗をかいてる。力任せの場所なんてないぜ。滑らかな岩の薄っぺらいくぼみの連続の中を、綱渡りみたいなバランスでじりじりと上がっていく、そんな挑戦なんだ。
 おっと、危うく落ちるとこだった; こっちの足は、エルヴィスみたいに踊れそうなくらいプルプルしてるぜ。

Several others did fall at that spot, sliding five feet to be caught by the rope. The 8000-pound anchor bolts and the nearly three-ton climbing rope hardly noticed. One of them skinned a fingertip. Big deal, the whole enterprise is safer than driving on the freeway. By dark we had climbed 700 feet to the top of the dome, including several more passages that could only be unlocked by finesse and poise, by moves that approached dance. We built a fire, talking and laughing into the night.  他の連中は、よくここでフォールするんだ。ロープが捕まえてくれるまで、5フィート滑り落ちていく。耐荷重8000ポンドクラスのアンカーボルトと、3トン近い荷重に耐えられるクライミングロープについては、心配する必要はないさ。もっとも、指先の皮を持って行かれちまう奴はいるがな。まあ、大まかに言って、高速道路<フリーウェイ>を運転するよりは安全ってことだ。

 暗くなるまでに、俺達は岩山の頂上まで700フィートを上った。巧みな技と絶妙な平衡感覚、それこそダンスみたいに優雅なムーブでもって、ようやく動くことを許されるような場所を通りながら、な。
 俺達は、焚き火を起こし、しゃべったり笑ったりしながら夜を過ごしたさ。

I like climbing because it makes me feel more alive. Humble before the forces of nature, but lighter and more playful among men. More agile emotionally, nimble in thought, and with a broader perspective on life and my place in it. You know that feeling in your body after a good workout. Climbing compounds the sensation, especially in your head. Thanks to the challenge factor, that dose of fear. This wonderfully clear-eyed elation is the closest I usually get to what Rimbaud called supernaturally sober.
 俺は、クライミングが、 今自分が生きている って強く感じさせてくれるから好きなんだ。クライミングには、自然の力の前に謙虚であり、それでいて仲間の間では快活に、積極的に楽しむって姿勢がある。喜怒哀楽をはっきりと出す。抜け目なく考えをめぐらせる。生きているということ、自分が今いる状態についての感受性を豊かにもつこと。そういう要素が、こいつにはあるんだ。

 オマエはきっと、心地よい疲労感の後に、自分自身の身体の内側からそういう感覚を感じ取ることができる。クライミングは、刺激を、特にオマエの頭の中に刺激を与えてくれるからさ。挑戦するっていう、恐怖のカタマリみたいな要素のおかげでな。
 この、最高にスッキリした、目が覚めるようなハイな感覚は、リムバウド、超自然的な覚醒で、 日本でいえばサトリってやつに近いんじゃないかといつも思うよ。

So in the end the bad news is an integral part of the good news. But it doesn't start out that way. I see the fear of heights all the time in my climbing classes, before we even touch stone. No one wants to bring it up, of course; each is sure he's the Lone Ranger. So I talk about my own fear of heights.

to be continued

 だから、結局のところ バッドニューズ<悪い知らせ> は、グッドニューズだって言ったものの中に確固としてある一部分なんだ。

 だからって、いつもそういうやり方で始めなきゃいけないわけじゃない。俺自身にしても、クライミングをしてきた中で、高さについての恐怖ってのはいつだって感じていた。そう、まだ石に触れてもいない時からでさえね。誰も、そんなヤバイところに上がっていきたくなんてないんだ; それはつまり、上っていく奴がいつだって 一人きりの旅人 だってことさ。
 だから、俺は自分自身の高さに対する恐怖を皆の前でも口にするんだ。

〜続く〜

 

戻る。