*EVAに関する更に詳しい情報は、よいこのアニメーション内の「EVA研究所」で提供しています。

EVAとは

Extended Vector Animation

■ EVA とは
EVAとは、SHARPが開発したEVAアニメータで描かれたアニメーションです。
GIFは、ほとんどのブラウザでプラグイン無しで表示できるため、アニメーションとしては最も扱いやすいデータ形式です。そのため多くのホームページで、GIFを用いてアニメーションを表示しています。しかし、GIFのようなビットマップを使ったアニメーションでは、大きな画像や複雑な動きをさせるとファイルサイズが大きなるという欠点もあります。
EVAアニメータは、ビットマップではなくベクトル(線の)データで描きます。描いたアニメの場面と場面の間を自動的にパソコンが補間するので、従来のビットマップを使ったアニメーションに比べてファイルサイズが極端に小さく、なめらかなアニメーションを作成できます。

ただしEVAを再生するにはプラグインが必要です。プラグインのダウンロードには少し時間を必要としますが、プラグインは一度インストールすれば以後はEVAアニメータで作られたアニメーションをいつでも再生できます。
■ GIF と EVA の比較
GIF と EVA の違いを比べてみてください。

☆GIFとEVAの比較表
(ファイルサイズが極端に大きくなるのでGIFでは背景を省略しています。)

GIF EVA
実画像
ファイルサイズ 71,781バイト 11,525バイト
拡大時 画質が荒くなる。 画質に変化なし。
大きな画像で確認してください。
色数 最大256色
ファイルサイズを小さくするために減色が必要。
True Color
色数によるファイルサイズの変化はない。
動き ぎこちない。
滑らかに動かすにはコマ数を増やせばよいが、その分ファイルサイズが大きくなる。
滑らか。
コマとコマの間のデータがパソコンの処理速度に適した枚数で自動的に生成されるため、旧式のパソコンでは動きがぎこちなくなる。
プラグイン 不要 必要
Internet Explorer 4.0 以上のユーザには、EVA Active Control の自動インストールで対応できる。

■ 他の特徴
■ おわりに
EVAアニメータはマイナーだけど、機能・表現力は優れています。
また、マイナーであるがゆえに、すこし経験を積めばEVAの世界では一流になれます。
そして、EVA仲間は、皆仲良く助け合って活動しています。
あなたもEVAを始めてみませんか?