トップページへ (TOP)


ポーランド占領地区

1915.5.12 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

1.第1次発行 Russisch-Polen加刷

 ドイツ軍は、1915年5月からオーストリー軍とともに中部ポーランドに駐留していたロシア軍に対して大攻勢を仕掛けて、9月までにはポーランドとリトアニアからロシア軍を駆逐しました。ロシア軍を撤退させた5月に早くも占領地用の加刷切手が発行されています。加刷の文字は「Russisch-Polen」、つまり(旧)ロシア領ポーランドです。通貨はドイツのものがそのまま使用されました。
 なお、ドイツが郵便業務を行ったのは、ワルシャワ(以下ドイツ名Warschau)、ソスノビエツ(Sosnowice)、ウッジ(Lodz)、チェンストホバ(Czenstochau)、ザビエルチェ(Zawiercie)と、その周辺地域です。

3Pf 3Pfennig
50gまでの占領地区内およびドイツ宛印刷物
5Pf 5Pfennig
占領地区内およびドイツ宛葉書、20gまでの占領地市内用書状(ワルシャワとウッジ)、50gを超え100gまでの占領地区内印刷物
10Pf 10Pfennig
20gまでの占領地区内およびドイツ宛書状
20Pf 20Pfennig
20gを超え250gまでの占領地区内およびドイツ宛書状、書留料
40Pf 40Pfennig
20gを超え250gまでの占領地区内およびドイツ宛書留書状

 


1916.8.1 郵便料金改訂

1916.8.1 (火曜 Dienstag, Tuesday)

2.第2次発行 Gen.-Gouv. Warschau加刷

 1916年8月1日のドイツ国内の料金値上げに呼応する形で、追加額面を加えた新しいシリーズが発行されました。加刷もGen.-Gouv. Warschau(Geneal Gouvernement Warschau:ワルシャワ総督府)に変更されています。

2 1/2Pf 2 1/2Pfennig
加貼り用
3Pf 3Pfennig
50gまでの占領地区内およびドイツ宛印刷物
5Pf 5Pfennig
50gを超え100gまでの占領地区内およびドイツ宛印刷物
7 1/2Pf 7 1/2Pfennig
占領地区内およびドイツ宛葉書、20gまでの占領地市内用書状(ワルシャワとウッジ)
10Pf 10Pfennig
100gを超え250gまでの占領地区内およびドイツ宛印刷物
15Pf 15Pfennig
20gまでの占領地区内およびドイツ宛書状
20Pf 20Pfennig
書留料、20gまでの中立国宛外信書状(1917年10月25日〜)
30Pf 30Pfennig
75kmまでの距離で5kgまでの小包
40Pf 40Pfennig
200Markを超え400Markまでの郵便振替手数料、20gまでの中立国宛外信書留書状(1917年10月25日〜)
60Pf 60Pfennig
75kmを超える距離で5kgまでの小包、配達区域外速達料

・加刷の濃淡と切手の刷色のバラエティがあります。
・戦後、この切手にポーランド郵政がさらに加刷を行って発行したシリーズがあります。


1917.5.

3.第2次発行 Gen.-Gouv. Warschau加刷 追加

 本国で台切手の刷色が変更されたため、発行されました。これは、1916年8月発行の7 1/2Pfennig切手と15Pfennig切手を見ても分かるように、両者の刷色が似ていて、特にランプの下では区別がしにくいためです。

15Pf 15Pfennig
20gまでの占領地区内およびドイツ宛書状

・加刷の濃淡と切手の刷色のバラエティがあります。


トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016