1942年のドイツと日本の出来事
1942年
・英米空軍のドイツ本土爆撃開始
・ソビエト軍の冬季反攻退潮に伴い、東部戦線の夏季攻勢開始(イタリア、ルーマニア、ハンガリー、スロバキア、クロアチアの各軍も参加)。重点をソ連南方とし、ヴォルガ河流域の軍需工場とカフカスの油田地帯へ進軍
・ドイツ第6軍ら枢軸軍、スターリングラード包囲
・ソビエト軍、ルーマニア軍の守りを突破し、第6軍ら(約26万人)を逆包囲
・総統、第6軍らの脱出を禁じる。空輸による補給で持久戦
昭和
17年
・太平洋全域に戦局拡大で補給困難に
・ミッドウェー海戦
・シンガポール占領

トップページへ (TOP)


1942年に発行されたドイツ切手

※色の表示は目安です。

1942.1.11 (日曜 Sonntag, Sunday)

1.切手の日 付加金付き

6+24Pfennig 切手のアルバムを整理する収集家と地球儀

 1941年から発行が始まった、切手を通じて世界を知る、という趣旨の切手です。しかし、ドイツで発行される切手は、いずれも国家政策の啓蒙が目的でした。

・有効期限は1942年12月31日です。


1942.3.20 (金曜 Freitag, Friday)

2.戦没者慰霊祭 付加金付き

12+38Pfennig 戦死した兵士とヘルメット

 第二次世界大戦で戦死した兵士の慰霊祭の切手です。通常12Pfennig切手の場合、通常切手(普通切手)と同じ刷色の赤が選ばれますが、切手の趣旨から、色が変更されています。

・有効期限は1942年12月31日です。


1942.4.13 (月曜 Montag, Monday)

3.総統53歳誕生日 付加金付き

12+38Pfennig 軍帽を目深にかぶる総統

 恒例の誕生日記念切手です。なお、総統の誕生日は4月20日です。

・有効期限は1942年12月31日です。


1942.6.16 (火曜 Dienstag, Tuesday)

4.大ドイツ杯3歳馬ブルーリボン賞競馬 付加金付き

25+100Pfennig 騎手を乗せた馬

 6月28日(日)にハンブルクで開催される競馬を記念した切手です。

・有効期限はありませんが、終戦で自動的に使用禁止になりました。以下同じ。


1942.7.14 (火曜 Dienstag, Tuesday)

5.第9回ブラウンリボン賞競馬 付加金付き

42+108Pfennig 鞍を付けていない3頭の馬

 恒例のミュンヘン市内のリーム(Riem)で開かれる競馬を記念した切手です。

・有効期限はありません。


1942.8.8 (土曜 Sonnabend, Saturday)

6.金工芸師組合10周年 付加金付き

6+4Pfennig リューネブルクの銀製宝物にあるライオンの像と、16世紀頃ニュルンベルクの婚礼で使われた杯
12+88Pfennig 同上

 芸術振興の一環として組織された組合の記念切手です。他の切手と違って、なぜ同じ額面の通常切手(普通切手)と異なる刷色が選ばれているのかはわかりません。12Pfennig切手に額面の7倍を越える高額の付加金が付けられているのが特徴です。

・有効期限はありません。


1942.8.8 (土曜 Sonnabend, Saturday)

7.防御戦闘集会

6Pfennig シンボルマーク

 SAによる本土防衛の宣伝切手です。

・有効期限はありません。


1942.8.29 (土曜 Sonnabend, Saturday)

8.ヘンライン没後400年 付加金付き

6+24Pfennig ペーター・ヘンライン(1480または1485?-1542)とニュルンベルクの町並み

 ヘンライン没後400年記念の切手です。ニュルンベルクの錠前職人であったヘンラインが、1500年頃にぜんまいを用いた懐中時計を製作しました。これは小型の卵形の時計で、40時間稼働し、「ニュルンベルクの卵」として金持ちの間で評判となりました。その後の1509年、ヘンラインは錠前の親方(マイスター)になっています。

・有効期限はありません。


1942.10.12 (月曜 Montag, Monday)

9.ウィーン枢軸国郵便会議 付加金付き

3+7Pfennig ポストホルンを吹く郵便配達夫と欧州の地図
6+14Pfennig / ポストホルンを吹く馬上の郵便配達夫と地球
12+38Pfennig / ポストホルンを吹く馬上の郵便配達夫

 戦争状態なので当然欧州郵便会議と言っても枢軸国のみの参加でした。6Pfennig切手の図案の上側が12Pfennig切手の図案に使われています。

・有効期限はありません。


1942.10.19 (月曜 Montag, Monday)

10.ウィーン枢軸国郵便会議批准 付加金付き

3+7Pfennig ポストホルンを吹く郵便配達夫と欧州の地図
6+14Pfennig / ポストホルンを吹く馬上の郵便配達夫と地球
12+38Pfennig / ポストホルンを吹く馬上の郵便配達夫

 10月12日(月)に開催された枢軸国郵便会議で条約が批准されたことに伴い、上記のシリーズに「19.Okt.1942」の文字を加刷した切手が発行されました。

・有効期限はありません。


1942.12.

10.総統図案 通常切手改訂

10Pfennig 濃茶
航空料金、価格表記手数料、他
12Pfennig
市外用書状

 上記の2つの額面が凹版印刷から平版印刷に変えられました。→総統図案シリーズ

・有効期限はありません。


お断り

 1933年11月1日(水)発行の慈善切手から、切手のすかしに当時第一党であった特定の党のシンボルが入れられるようになりました。戦後70年を経過したとはいえ、今も当時を思い出される方々が多数いらっしゃるという事実をふまえ、このシンボルの入った切手の図版を当サイトでは一切公開いたしません。なお、これらの切手の図版を公開しているサイトを何ら否定するものではありません。

トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016