1939年のドイツと日本の出来事
1939年
・海軍拡張計画
・ドイツ軍、チェコスロバキア侵攻
・ベーメン・ウント・メーレン保護区設置
・リトアニア、自主的にメーメル地区をドイツに返還
・ポーランドにダンチヒ自由都市とポーランド回廊返還要求。ポーランドは無視
・独ソ不可侵条約締結
・ドイツ軍、ポーランド侵攻(第二次世界大戦勃発)
・ソ連、条約に則り東からポーランドに侵攻
・ダンチヒ自由都市奪還、ポーランド降伏
・総統、イギリス等西欧諸国に和平呼びかけ。各国は無視
・西部戦線停滞
(イタリア、アルバニア占領)
昭和
14年
・ソ連と国境紛争
・欧米諸国の対日貿易制限で物資不足
・物資不足から南進政策主張
・日米通商条約期限切れに際し、南進政策の利害衝突から、米より条約破棄通告
・国民徴兵令

トップページへ (TOP)


1939年に発行されたドイツ切手

※色の表示は目安です。

1939.2.17 (金曜 Freitag, Friday)

1.ベルリン国際自動車博覧会 付加金付き

6+4Pfennig 1885年のベンツの自動車と1886年のダイムラーの自動車
12+8Pfennig 1938年当時の競走用自動車オートユニオンとメルセデスベンツ
25+10Pfennig 1938年当時のフォルクスワーゲン

 2月17日(金)から3月5日(日)までベルリンで開かれた国際自動車博覧会会場の特設郵便局で販売されました。入場券は1Markで、この入場券があれば切手を2セットまで買えました。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.4.4 (火曜 Dienstag, Tuesday)

2.帝国職能競技会

6Pfennig プラカードに使われた鷲と党のシンボル
12Pfennig 同上

 職業を持った人たちが技術を競う大会を記念した切手ですが、どうみても党の宣伝切手に見えるデザインです。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.4.13 (木曜 Donnerstag, Thursday)

3.総統50歳誕生日 付加金付き

12+38Pfennig 生地ブラウナウでの総統

 恒例の誕生日記念切手です。なぜか斜め後ろからのアングルが採用されています。なお、総統の誕生日は4月20日です。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.4.22 (土曜 Sonnabend, Saturday)

4.シュトゥットガルト園芸博覧会 付加金付き

6+4Pfennig 博覧会のパビリオン会場とシュトゥットガルトの紋章
15+5Pfennig 同上

 4月22日(土)から10月31日(火)まで開催予定の園芸博覧会開催記念切手です。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.4.28 (金曜 Freitag, Friday)

5.メーデー 付加金付き

6+19Pfennig 濃茶 演壇上の総統

 メーデー記念ですが、明らかに党の宣伝の切手です。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.5.18 (木曜 Donnerstag, Thursday)

6.ニュルブルクリング カーレース 付加金付き

6+4Pfennig 1885年のベンツの自動車と1886年のダイムラーの自動車
12+8Pfennig 1938年当時の競走用自動車オートユニオンとメルセデスベンツ
25+10Pfennig 1938年当時のフォルクスワーゲン

 5月21日(日)から7月23日(日)にかけて開催されたカーレースの記念切手です。切手は2月に発行されたベルリン国際自動車博覧会記念切手に「NüRBURGRING-RENNEN」の文字を加刷したものです。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.6.18 (日曜 Sonntag, Sunday)

7.ドイツダービー70年 付加金付き

25+50Pfennig 馬上の騎手

 この切手はハンブルクでのみ発売されました。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.7.12 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

8.第6回ブラウンリボン賞競馬 付加金付き

42+108Pfennig 調教師と馬

 恒例のミュンヘン市内のリーム(Riem)で開かれる競馬を記念した切手です。

・有効期限は1940年6月30日です。


1939.7.12 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

9.ドイツ芸術の日 付加金付き

6+19Pfennig 濃緑 デューラーが1505年に描いたヴェネチアの婦人画

 芸術振興のための切手です。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.8.25 (金曜 Freitag, Friday)

10.第11回ニュルンベルク党大会 付加金付き

6+19Pfennig 濃茶 演壇上の総統

 4月に発行されたメーデー記念切手に党大会の文字を加刷したものです。第二次世界大戦開始が目前に迫った時期の切手ですが、戦意高揚の様子は見られません。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.9.15 (金曜 Freitag, Friday)

11.ドイツ帝国郵政の戦友精神 第1集 付加金付き

3+2Pfennig ベルリンのドイツホールでの大集会
4+3Pfennig 灰青 ウィーンでの学術週間の風景
5+3Pfennig 黄緑 職能競技会の様子
6+4Pfennig ツェッセンの宿舎と次代を担う青年の党旗掲揚
8+4Pfennig 技能競技会のパレード風景
10+5Pfennig 濃茶 成績優秀者として選ばれた人と仲間達
12+6Pfennig 悪路を走る自動車
15+10Pfennig 職員の体育競技会の風景
16+10Pfennig オリーブ 武装した職員
20+10Pfennig 工場でグライダーを組み立てる職員
24+10Pfennig オリーブ 古い郵便馬車
25+15Pfennig ケーニッヒシュタインの療養施設

 戦争勃発に対してドイツ帝国郵政職員も貢献していることをアピールする切手です。付加金の金額を増やして刷色を変えた第2集のシリーズと図案を追加した第3集のシリーズがあります。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.9.18 (月曜 Montag, Monday)

12.ダンチヒ自由都市編入

6Pfennig 聖母マリア教会
12Pfennig 跳ね橋

 ポーランド攻撃でダンチヒ(現ポーランド、グダニスク)を奪回したことの記念切手です。この切手の発行の前日17日にソビエトの侵攻を受けたポーランドは、ドイツとソビエトの二方面戦争となり、最後まで抵抗していたワルシャワも27日に陥落し、降伏してしまいます。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.10.1 (日曜 Sonntag, Sunday)

13.ダンチヒ切手DEUTSCHES REICH加刷

(3)Rpf/3Pfennig 紋章図案
4Rpf/35Pfennig 紋章図案
(5)Rpf/5Pfennig 紋章図案
(8)Rpf/8Pfennig 黄緑 紋章図案
(10)Rpf/10Pfennig 紋章図案
12Rpf/7Pfennig 黄緑 紋章図案
(15)Rpf/15Pfennig 紋章図案
(20)Rpf/20Pfennig 緑灰 紋章図案
(25)Rpf/25Pfennig 紋章図案
(30)Rpf/30Pfennig 紋章図案
(40)Rpf/40Pfennig 紫青 紋章図案
(50)Rpf/50Pfennig / 紋章図案
1Reichsmark/1Gulden / 風景図案
2Reichsmark/2Gulden / 風景図案

 奪回したダンチヒ(現ポーランド、グダニスク)自由都市で使用されていた独自の普通切手(通常切手)に、「DEUTSCHES REICH」(ドイツ帝国)の文字と新しい通貨単位「Rpf(Reichspfennig)」「Reichsmark」と一部新額面を加刷したものです。上記の額面で( )がついているものは、同じ額面なのであえて数字を加刷しなかったことを示しています。もともとダンチヒ用の普通切手でしたが、他のドイツ国内でも使用できました。
 2Reichsmark加刷切手に額面抜けが知られています。これはシートの6段目の1行分(5枚)が抜けているものです。

・有効期限は1940年12月31日です。


1939.10.27 (金曜 Freitag, Friday) - 11.9

14.冬期慈善

3+2Pfennig エーゲルのエルボーゲン城
4+3Pfennig 灰青 ライン川右岸の丘陵と古城
5+3Pfennig 黄緑 ゴスラーの宮城
6+4Pfennig グラーツの時計台
8+4Pfennig フランクフルト アム マインの古い議事堂
12+6Pfennig クラーゲンフルトの国会議事堂
15+10Pfennig アウシッヒのシュレッケンシュタイン城跡
25+15Pfennig ザルツブルクの要塞 1939年11月9日(木)
40+35Pfennig ジンゲンのホーエントヴィール城

 恒例の冬期慈善用の付加金付き切手です。名所と建造物がテーマです。

・有効期限は1940年6月30日です。


1939.11.1 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

15.外国宛新聞用切手

5Pfennig 地球の上をかける新聞配達員
10Pfennig 同上

 新聞を外国に送るための切手です。通常の郵便には原則使用できませんでしたが、例外的な使用例が残っています。

・有効期限の指定はありません。


お断り

 1933年11月1日(水)発行の慈善切手から、切手のすかしに当時第一党であった特定の党のシンボルが入れられるようになりました。戦後70年を経過したとはいえ、今も当時を思い出される方々が多数いらっしゃるという事実をふまえ、このシンボルの入った切手の図版を当サイトでは一切公開いたしません。なお、これらの切手の図版を公開しているサイトを何ら否定するものではありません。

トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016