1932-33年のドイツと日本の出来事
1932年
・ ジュネーブ軍縮会議
・第2次大統領選挙でヒンデンブルク再選
・ヤング案、正式に破棄
・ローザンヌ賠償会議でドイツの賠償金削減協定調印
・賃金引き下げ案に抗議して各地でストライキ発生
昭和
7年
・外信用風景切手第1次ゲーベル印刷発行
・農村にも恐慌。借金47億円、農家の平均年収を上回る
・リットン調査団来日。満州国を独立国と認めず
1933年
・後の総統、首相に就任
・国会議事堂炎上
・ダッハウに初の強制収容所設立
・新党結成禁止法可決
・ジュネーブ軍縮会議から脱退
・国際連盟脱退
・切手のすかしに党のシンボルを採用
昭和
8年
・国際連盟脱退

トップページへ (TOP)


ワイマール共和国終焉に発行された切手

1932.1.15 郵便料金値下げ

1932.1

1.大統領図案シリーズ 通常切手 追加

 市外用葉書と市外用書状の料金がそれぞれ6Pfennigと12Pfennigに値下げされたため、2種類の額面が追加されました。

6Pfennig
市外用葉書
12Pfennig
20gまでの市外用書状

・有効期限は、エーベルト図案が1934年6月30日、ヒンデンブルク図案が1935年12月31日です。


1932.2.2 (火曜 Dienstag, Tuesday)

2.冬期慈善切手 料金改定

 前年の11月に発行された冬期慈善切手のうち、料金値下げの対象になった2種類の額面の切手について、新額面を加刷して発行されました。

6+4Pfennig/8+4Pfennig ドレスデン宮殿(ツヴィンゲル)
12+3Pfennig/15+5Pfennig ブレスラウ市庁舎

・有効期限は1932年8月31日です。


1932.10.1 (土曜 Sonnabend, Saturday)

3.ヒンデンブルク・メダル図案シリーズ 通常切手

 ヒンデンブルクをコインのデザインにしたような図案の切手が発行されました。まず、従来発行されていた4Pfennig切手から50Pfennig切手までのヒンデンブルク図案の額面から用意されました。エーベルト図案の額面がないことに注意してください。また、ヒンデンブルク図案の切手がすべて変更された訳でもないことに注意してください。

4Pfennig
50gまでの印刷物
5Pfennig
市内用葉書、50gごとの外信印刷物加算料
12Pfennig
20gまでの市外用書状
15Pfennig
20gを超え250gまでの市内用書状、外信葉書、100gを超え250gまでの印刷物
25Pfennig
20gまでの外用書状、20gを超え250gまでの市外用書状
40Pfennig
速達料、配達証明料、250gを超え500gまでの市外用書状、価格表記、20gを超え40gまでの外信書状、他
50Pfennig
外信速達料、他

・有効期限は第二次世界大戦終了の1945年5月です。以後、8月中旬くらいまで、肖像を黒く塗りつぶして使用された例があります。


1932.11.1 (火曜 Dienstag, Tuesday)

4.冬期慈善切手

 5種類の切手が発行されました。切手の図案は、ドイツの名所が使用されています。

4+2Pfennig ヴァルトブルク城
6+4Pfennig シュトルツェンフェルス城
12+3Pfennig ニュルンベルク城
25+10Pfennig リヒテンシュタイン城
40+40Pfennig マールブルク城

・有効期限は1933年6月30日です。


1933.4.12 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

5.ポツダム国会開会記念

 ポツダム国会開会を記念して発行されました。著名人シリーズにも選ばれたフリードリヒ大王の肖像を描いたものです。

6Pfennig フリードリヒ大王
12Pfennig 同上
25Pfennig 同上

・有効期限は1935年12月31日です。


1933.4.-8.

6.ヒンデンブルク・メダル図案シリーズ 通常切手 追加/改訂

 エーベルト図案切手の額面も含めて、すべてヒンデンブルク・メダル図案に改めたものです。切手の刷色も、部分的に変更されています。

3Pfennig
印刷物葉書
4Pfennig
50gまでの印刷物
6Pfennig
市外用葉書
8Pfennig
20gまでの市内用書状、50gを超え100gまでの印刷物
10Pfennig
価格表記保険料、外信葉書(チェコなど特別低額料金適用の隣接国宛)
12Pfennig
20gまでの市外用書状
15Pfennig
20gを超え250gまでの市内用書状、外信葉書、100gを超え250gまでの印刷物
20Pfennig
250gを超え500gまでの市内用重量書状
30Pfennig
書留料、配達証明料、250gを超え500gまでの印刷物
40Pfennig
速達料、250gを超え500gまでの市外用書状、20gを超え40gまでの外信書状、他
50Pfennig
外信速達料、他
60Pfennig
小包、他
80Pfennig
小包、遠隔地宛速達料、他
100Pfennig
小包、他

・有効期限は第二次世界大戦終了の1945年5月です。以後、8月中旬くらいまで、肖像を黒く塗りつぶして使用された例があります。


1933.9.25 (月曜 Montag, Monday)

7.ツェッペリン図案シリーズ 航空切手 アメリカ50往復&シカゴ万博記念

 飛行船ツェッペリンL.Z.127の50回就航とシカゴ万博を記念して、既発行の3種類のツェッペリン図案航空切手の左上に加刷を施して発行されました。

(加刷部分の拡大図) 1Mark-4Mark

・すかしを調べるために使うベンジンで脱色しますので注意が必要です。
・有効期限は1937年12月31日です。


お断り

 1933年11月1日(水)発行の慈善切手から、切手のすかしに当時第一党であった特定の党のシンボルが入れられるようになりました。戦後70年を経過したとはいえ、今も当時を思い出される方々が多数いらっしゃるという事実をふまえ、このシンボルの入った切手の図版を当サイトでは一切公開いたしません。なお、これらの切手の図版を公開しているサイトを何ら否定するものではありません。

1933.11.1 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

8.慈善切手

 ワーグナーの楽劇を題材に、9種類の切手が発行されました。3+2Pfennig切手はタンホイザー、4+2Pfennig切手はさまよえるオランダ人、5+2Pfennigはラインの黄金、6+4Pfennigはマイスタージンガー、8+4Pfennig切手はワルキューレ、12+3Pfennig切手はジークフリート、20+10Pfennig切手はトリスタンとイゾルデ、25+15Pfennig切手はローエングリーン、40+35Pfennig切手はパルジファルの一場面です。

・目打ちは14X13ですが、4+2Pfennig、6+4Pfennig、8+4Pfennig、12+3Pfennig、20+10Pfennig切手には14X14のものがあります。
・有効期限は1934年9月30日です。


1933.11.1 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

9.慈善切手10年記念小型シート

 1924年発行の慈善切手4枚を組み合わせた小型シートです。切手に1923-1933の文字が加刷されています。糊は切手のみ塗られています。額面と付加金に用紙代10Pfennigが加算され、売価3Mark50Pfennigで6万4000枚発行されました。シートの使用済が大変希少で、偽消しに注意が必要です。

・有効期限は1935年6月30日です。

トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016