1920年のドイツと日本の出来事
1920年
・大半のゼネスト終結
・カップ一揆
・国防軍、ルールのゼネストを鎮圧
・国会選挙でワイマール連合内閣敗北
・文部省、学生の自治を承認
・各地に反戦デモ、50万人規模に
・映画「カリガリ博士」上映、表現主義的作品に世界が衝撃
大正
9年
・東京株式市場の相場崩壊、銀行休業(戦後恐慌の始まり)
・普通選挙法反対で議会解散
・国際連盟加盟
・第1回メーデー
・第1回国勢調査

トップページへ (TOP)


1920年に発行されたドイツ切手

1920.1.

1.ゲルマニア DEUTSCHES REICH図案 すかしありシリーズ 改色

 1919年10月1日の料金改定で、それまで市外用書状用であった15Pfennig切手が市外用葉書用になったため、先に刷色を変えた葉書が登場しました。(手元の使用例では1919年12月がもっとも古い。) 切手の方は遅れて1920年1月頃に在庫のなくなった局から徐々に切り替えられました。その後、旧シリーズの刷色や用紙を変えたものが9月頃から発行されました。→改色シリーズ参照  ドイツのミッヘルカタログでは、これらを含めて1つのシリーズにまとめていますが、ここでは時間の流れに合わせて、分けて掲載しています。なお、各切手に発行当時の用途を併記していますが、実際はその後の値上げで様々な用途に使われています。(以下、同じ。)

15Pfennig
20gまでの市内用書状、市外用葉書、外信葉書

・切手帳ペーンがあります。
・有効期限は、1922年10月31日です。


1920.3.15. (月曜 Montag, Monday)

2.DEUTSCHES REICH 高額図案 すかしありシリーズ 追加・改訂

 1919年10月1日の料金改定で小包料金が値上がりし、1.25Mark、1.5Mark、2.5Markの額面が必要になったため、高額切手に新しい額面が追加されました。それまで高額切手は凹版でしたが、このシリーズからオフセット印刷になっています。5月に1Markがこのオフセット印刷に改められて発行されました。→追加発行  ドイツのミッヘルカタログでは、この1Markをここに含めて1つのシリーズにまとめていますが、ここでは時間の流れに合わせて、分けて掲載しています。
 2.5Mark切手に、特徴的な6種類の色があります。

1.25Mark
75kmを超える距離で5kgまでの小包
1.5Mark
75kmまでの距離で5kgを越えて10kgまでの小包
2.5Mark ローズライラック
75kmを超える距離で5kgを越えて10kgまでの小包
2.5Mark ライラックレッド
2.5Mark パープルライラック
2.5Mark 濃いパープル
2.5Mark レッドライラック
2.5Mark ブラウンライラック

・切手シートは20枚です。
・有効期限は、1923年9月30日です。


1920.4.1 バイエルン郵政とヴュルテンベルク郵政がドイツ郵政に統合

1920.4.6. (火曜 Dienstag, Tuesday) - 1920.6.

3.DEUTSCHES REICH加刷シリーズ

 旧バイエルン郵政が発行した最後のシリーズの切手に「DEUTSCHES REICH」の文字を加刷したものです。これはバイエルン地方だけの発行に思えますが、実際はバイエルン地方以外の地域でも使用できました。

5Pfennig-15Pfennig
20Pfennig-40Pfennig
50Pfennig-80Pfennig
1Mark-2 1/2Mark
3Mark-5Mark
10Mark-20Mark

 2 1/2Mark切手に2種類の印刷があります。図案の背景に描かれた白抜きのつぶつぶのぼやけ方から、はっきりと区別することができます。

(左)石版印刷(リトグラフ)
  白抜きのつぶつぶがぼやけている
(右)活版印刷
  白抜きのつぶつぶがはっきりしている

・加刷のDにいろいろなバラエティがあります。
・3Mark以上の切手の加刷は、2つのタイプがあります。
・有効期限は、1923年9月30日です。


1920.5.6 郵便料金値上げ

1920.5.

4.DEUTSCHES REICH 高額図案 すかしありシリーズ 改訂

 従来の1Mark切手の図案を一部変更し、オフセット印刷に変えたものが発行されました。従来の1Mark切手と図案も色がよく似ていることから、時々混同されることがありますので注意が必要です。

1Mark
速達料、1000Markを超え1000Markごとの価格表記保険料、1kgまでの小型小包

・切手シートは50枚です。
・有効期限は、1923年9月30日です。


1920.6.

5.DEUTSCHES REICH 高額図案 すかしありシリーズ 加刷

 従来の1Mark切手と2Mark切手の刷色を変更し、新しい額面を加刷して発行されました。各額面とも刷色は3月に発行されたオフセット印刷のものと同系色ですが、やや濃い印象があります。
 2.5Mark切手に、特徴的な3種類の色があります。

1.25Mark
1.5Mark
2.5Mark ブラウンライラック
2.5Mark ライラックローズ
2.5Mark ライラックブラウン

・切手シートは20枚です。
・有効期限は、1923年9月30日です。


1920.9.-12.

6.ゲルマニア DEUTSCHES REICH図案 すかしありシリーズ 改色

 旧ゲルマニア切手の原版を流用し、刷色を改め、着色用紙を白紙にして発行されました。1Mark以上の高額面も用意され、こちらは2色刷が採用されました。すでに1月に発行されている15Pfennig切手があります。

5Pfennig
加貼り用
10Pfennig
50gまでの国内用印刷物、50gまでの点字印刷物
20Pfennig
50gまでの外信印刷物、50gを超え100gまでの国内用印刷物、50gを超え100gまでの点字印刷物、100gを超える外信印刷物の50gごとの加算料
30Pfennig
国内用葉書
40Pfennig
外信葉書、20gまでの国内用書状、100gを超え250gまでの国内用印刷物、100gを超え250gまでの点字印刷物、250gまでの商品見本
50Pfennig
書留料、配達証明料、代金引換料、他
60Pfennig
20gを超え250gまでの国内書状重量便、250gを超え500gまでの国内用印刷物、250gを超え500gまでの点字印刷物、
250gを超え500gまでの商品見本重量便、100gを超える外信書状で20gごとの加算料
75Pfennig
(1919年2月20日発行の2色刷75Pfennigを1色刷にしたもので、該当料金なし)
80Pfennig
20gまでの外信書状、外信書留料、外信配達証明料、国内用書留葉書、
500gを超え1kgまでの国内用印刷物、500gを超え1kgまでの点字印刷物
1Mark
速達料、1000Markを超えて1000Mkごとの価格表記保険料、1kgまでの小型小包
1 1/4Mark
75kmまでの距離で5kgまでの小包
2Mark
75kmを越える距離で5kgまでの小包、40gを超え60gまでの外信書状
4Mark
75kmを越える距離で5kgを越え10kgまでの小包

・10Pfennig切手、30Pfennig切手、40Pfennig切手、60Pfennig切手に切手帳ペーンがあります。
・30Pfennig切手、40Pfennig切手、50Pfennig切手、75Pfennig切手、80Pfennig切手に、2色刷の版を用いた1色刷印刷のものがあります。
・60Pfennig切手に郵便使用目的の偽造切手があります。
・有効期限は、1922年10月31日です。

トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016