トップページへ (TOP)

1954年発行のベルリン切手へ

1956年発行のベルリン切手へ


1955年に発行されたベルリン(西ベルリン)の切手

1Deutsche Mark(ドイチェ・マルク) = 100Pfennig(ペニヒ)

1955.3.12 (土曜 Sonnabend, Saturday)

1.ベルリン号命名式

 1955年1月7日(金)に北ドイツロイド社が、1924年建造のグリプスホルム号を買い取り、「ベルリン号」と改名したことを記念して発行されました。グリプスホルム号は、ディーゼルエンジンで駆動する全長175.1メートル、重量6570トン、乗務員360名、一等客室127、二等客室482、三等客室948の船です。(改造前の数値です。) イギリスのアームストロング・ホイットワース社が建造し、スウェーデンのイェーテボリとアメリカを結ぶ航路で、大西洋を渡る初のディーゼルエンジン駆動船として活躍していました。第二次世界大戦中は、国際赤十字が捕虜交換等に利用していましたが、戦後の1946年3月から再び、イェーテボリ−ニューヨーク間を結ぶ船として使われました。1949年から1950年にかけて、キールのホヴァルトヴェルケ・ドイチェ社の造船所で改造され、1954年に北ドイツロイド社が船の権利の50%を買い取り、2月1日(月)からブレーメン−アメリカ航路に使われましたが、1955年1月7日(金)からは100%権利を買い取って「ベルリン号」と名前を改めました。しばらくの間、ブレーメルハーフェンとニューヨークを結ぶ航路で活躍していましたが、1966年10月15日(土)にその役目を終え、イタリアのラ・スペツィアに売却されました。

10Pfennig
ベルリン号とベルリンの紋章
25Pfennig
同上

・発行枚数は、10Pfennig切手が2186万5千枚、25Pfennig切手が502万枚です。
・有効期限は、1956年12月31日です。


1955.9.17 (土曜 Sonnabend, Saturday)

2.フルトヴェングラー没後1年

 指揮者のヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886生-1954没)の没後1年を記念して発行されました。フルトヴェングラーはベルリンで生まれ、20世紀を代表する指揮者の一人として有名で、残された録音は今なお音楽愛好家に人気があります。戦後は、第三帝国への協力を疑われるも、裁判で無罪となりました。なお、命日は、11月30日です。

40Pfennig
指揮をするフルトヴェングラー

・発行枚数は、150万枚です。
・有効期限は、1956年12月31日です。


1955.10.17 (月曜 Montag, Monday)

3.ドイツ連邦議会

 ベルリンで開かれたドイツ連邦議会を記念して発行されました。

10Pfennig
ドイツ連邦を象徴する鷲と、鷲の胸の部分に配置されたベルリンの紋章
20Pfennig
同上

・発行枚数は、10Pfennig切手が500万枚、20Pfennig切手が100万枚です。
・有効期限は、1956年12月31日です。


1955.10.27 (木曜 Donnerstag, Thursday)

4.切手の日 付加金付き

 切手の日を記念して発行された付加金付き切手です。前年に引き続き、古い時代の郵便配達夫が選ばれています。

25+10Pfennig
1760年頃のプロイセン軍の野戦郵便配達夫

・発行枚数は、75万枚です。
・有効期限は、1956年12月31日です。


1955.11.26 (土曜 Sonnabend, Saturday)

5.ベルリン司教区25年

 ベルリン司教区が設立されて25年を記念して発行されました。

7+3Pfennig
司教オットー・フォン・バンベルク(1060生-1139没)
10+5Pfennig
公妃ヘートヴィヒ・ディー・ハイリゲ(1174生-1243没)
20+10Pfennig
初代ローマ教皇シモン・ペトロ(?-65/67没)

・発行枚数は、各130万枚です。
・有効期限は、1956年12月31日です。

1954年発行のベルリン切手へ

1956年発行のベルリン切手へ

トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016