1972年の西ドイツと日本の出来事
1972年
・ソビエトとポーランドとの東方条約批准
・ミュンヘンオリンピック開催
・オリンピック選手村でテロ事件発生。9人の人質救出に失敗し、人質全員死亡の惨事となる
・強力な東方外交で党内外に反発を招いたため、ブラント首相、連邦初の議会解散
・第7回総選挙。社会民主党の大勝利でブラント首相の政策が支持される
・東ドイツと西ドイツとの間で基本条約締結(発効は翌年)
昭和
47年
・札幌冬季オリンピック
・塚原、ミュンヘンオリンピックの鉄棒で月面宙返り
・高松塚古墳発掘
・沖縄返還
・上野動物園でパンダ公開
・全国で豪雨の被害
・土器10円はがき発行
・ニシキゴイ20円封緘はがき発行

トップページへ (TOP)

1971年発行の西ドイツ切手へ

1973年発行の西ドイツ切手へ


1972年に発行された西ドイツの切手

1Deutsche Mark(ドイチェ・マルク) = 100Pfennig(ペニヒ)

1972.1.20 (木曜 Donnerstag, Thursday)

1.ヴィルヘルム・レーエ没後100年

 神学者、牧師のヨハン・コンラート・ヴィルヘルム・レーエ(1808生-1872没)の没後100年を記念して発行されました。なお、実際に亡くなったのは、1月2日です。

25Pfennig
レーエが創設した救恤看護婦養成所の看護婦

・発行枚数は、3000万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.2.4 (金曜 Freitag, Friday)

2.青少年切手 付加金付き

 青少年育成のための基金を目的とした付加金付き切手が発行されました。テーマは、動物保護です。
 西ベルリンでも同じテーマの切手が同じ日に発行されましたが、図案が違うので区別は容易です。

20+10Pfennig
道を横切るカモの親子を車から守る少年
25+10Pfennig
森で動物たちを脅かす少年
30+15Pfennig
ネコから小鳥を守る少女
60+30Pfennig
木の枝で白鳥にいたずらする少年

・発行枚数は、20+10Pfennig切手が546万3000枚、25+10Pfennig切手が556万1000枚、30+15Pfennig切手が595万2000枚、60+30Pfennig切手が522万5000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.3.8 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

3.ハイネマン大統領シリーズ追加 通常切手

 ハイネマン大統領シリーズの第7弾です。

120Pfennig
20gを超え250gまでのベルリン市内用書留書状
160Pfennig
20gまでの外信書留書状

・発行枚数は、120Pfennig切手が4666万1000枚、160Pfennig切手が2662万8000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.3.8 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

4.事故防止シリーズ追加 通常切手

 事故防止シリーズの第3弾です。

10Pfennig 転落防止
20gまでのベルリン市内用書状
30Pfennig 頭上注意
20gまでの市外用書状、20gまでの外信書状、20gを超え50gまでの印刷物、250gを超え500gまでのベルリン市内用書状

・コイル切手と切手帳があります。
・発行枚数は、10Pfennig切手が3億40万5000枚(内100面シートは260万枚)、30Pfennig切手が7億4647万1000枚(内100面シートは260万枚)です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.3.

5.事故防止シリーズ切手帳 通常切手

 事故防止シリーズの切手帳です。10Pfennig切手が4枚、30Pfennig切手が2枚組み合わされて、売価は1Deutsche Mark(=100Pfennig)です。
 この切手帳ペーンを30枚組み合わせた未裁断シートが、収集家窓口から30Deutsche Mark(=3000Pfennig)で2万5000シート発売されました。

1Deutsche Mark

・発行枚数は、2097万3000冊です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.4.14 (木曜 Donnerstag, Thursday)

6.平版印刷175年

 プラハ生まれの俳優、劇作家のアロイス・ゼネフェルダー(1771生-1834没)が最初の平版印刷である石版画(リトグラフ)の原理を発見してから175年を迎えるのを記念して発行されました。ゼネフェルダーは、借金のため自作の戯曲を出版することができず、自力で印刷原板を作るため、石灰岩板を購入。これに油性のクレヨンでメモを書き、後でこのクレヨンを硝酸で洗い落としたところ、板に跡が残ってしまい、そこに油がのっていることに気づきました。試しに、残った跡を油性インクでなぞって紙を押しつけると、紙にインクが転写されることから、ゼネフェルダーは実験を積み重ね、これが後の平版印刷(原板を彫らない印刷)の技術につながりました。その後、ゼネフェルダーは、この技術に関する特許を取得しています。

25Pfennig
ゼネフェルダーの印刷機

・発行枚数は、3000万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.5.2 (火曜 Dienstag, Tuesday)

7.ヨーロッパ切手

 恒例のヨーロッパ切手です。

25Pfennig
ヨーロッパ各国を光の輝きに見立てる図
30Pfennig
同上

・発行枚数は、25Pfennig切手が5000万枚、30Pfennig切手が5120万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.5.18 (木曜 Donnerstag, Thursday)

8.ルーカス・クラナッハ生誕500年

 画家のルーカス・クラナッハ(父)(1472生-1553没)の生誕500年を記念して発行されました。息子も同名で、画家です。なお、実際の誕生日は、10月4日です。

25Pfennig
アルブレヒト・デューラー(1471-1528)が描いたクラナッハの肖像

・発行枚数は、3000万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.6.5 (月曜 Montag, Monday)

9.ミュンヘンオリンピック 付加金付き

 8月26日(土)から9月11日(月)にかけてミュンヘンで開催される夏季オリンピックへ向けての募金を目的に発行されました。

20+10Pfennig
レスリング
25+10Pfennig
ヨット
30+15Pfennig
体操(床運動)
60+30Pfennig
水泳

・発行枚数は、20+10Pfennig切手が710万8000枚、25+10Pf切手が692万3000枚、30+15Pfennig切手が729万6000枚、60+30Pfennig切手が643万8000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.6.5 (月曜 Montag, Monday)

10.ミュンヘンオリンピック小型シート 付加金付き

 オリンピック会場の全景を図案にした小型シートです。7月1日(土)からの郵便料金改定に備えて、通常の付加金付き切手のセットで使われる額面ではなく、料金改定後の額面が使用されていることに注意してください。これは、おそらく、小型シートが売れ残ることを想定していたためと思われます。

25+10Pfennig
自転車競技場(左下)

30+15Pfennig
オリンピックスタジアム(中央左)

40+20Pfennig
多目的ホールと水泳競技スタジアム(中央右)

70+35Pfennig
放送塔(右上)

・発行枚数は、786万5000シートです。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.6.20 (火曜 Dienstag, Tuesday)

11.ハイネマン大統領シリーズ追加 通常切手

 ハイネマン大統領シリーズの第8弾です。7月1日(土)からの郵便料金改定で、書留料とCEPT加盟国以外宛の20gを超え50gまでの外信書状が130Pfennigになるのに備えて、事前に発行されたものです。料金改定前までは、CEPT加盟国以外宛の50gを超え100gまでの外信書状が130Pfennigでしたので、それに使用できましたが、目的外の使用と考えた方がよいと思われます。

130Pfennig
書留料(7月1日(土)から適用)、CEPT加盟国以外宛の20gを超え50gまでの外信書状(7月1日(土)から適用)、CEPT加盟国以外宛の250gを超え500gまでの印刷物

・発行枚数は、2199万5000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.6.20 (火曜 Dienstag, Tuesday)

12.事故防止シリーズ追加 通常切手

 事故防止シリーズの第4弾です。7月1日(土)からの郵便料金改定で、20gまでの市外用書状料金が40Pfennigになるのに備えて、事前に発行されたものです。料金改定前までは、500gを超え1kgまでのベルリン市内用書状と20gを超え50gまでのCEPT加盟国以外宛の印刷物が40Pfennigでしたので、それに使用できましたが、目的外の使用と考えた方がよいと思われます。

40Pfennig 感電防止
20gまでの市外用書状(7月1日(土)から適用)

・コイル切手と切手帳があります。
・発行枚数は、13億1650万4000枚(内100面シートは267万枚)です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.7.1 郵便料金改訂

1972.7.5 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

13.ハイネマン大統領シリーズ追加 通常切手

 ハイネマン大統領シリーズの第9弾です。

150Pfennig
20gまでのベルリン市内用書留書状

・発行枚数は、6770万5000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.7.5 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

14.事故防止シリーズ追加 通常切手

 事故防止シリーズの第5弾です。

20Pfennig 指先注意
20gまでのベルリン市内用書状
100Pfennig つり上げた物の下へは立ち入り禁止
250gを超え500gまでの印刷物

・コイル切手があります。
・20Pfennig切手に切手帳があります。
・発行枚数は、20Pfennig切手が5820万枚(内100面シートは340万枚)、100Pfennig切手が2億2246万枚(内100面シートは286万枚)です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.7.18 (火曜 Dienstag, Tuesday)

15.ハイデルベルクパラリンピック

 8月2日(水)から10日(木)までハイデルベルクで開催される第4回夏季パラリンピックを記念して発行されました。メダル獲得数は、ドイツが金28、銀17、銅24で1位、日本は金4、銀5、銅3で15位でした。

40Pfennig
アーチェリー競技の選手

・発行枚数は、3250万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.8.18 (金曜 Freitag, Friday)

16.ミュンヘンオリンピック小型シート 付加金付き

 6月5日(月)に発行されたミュンヘンオリンピック付加金付き切手と同じ原画作者(ハラー)による別の競技の図案を組み合わせた小型シートです。付加金の額面が下がっていることに注意してください。合計で2Deutsche Mark(=200Pfennig)になるようになっています。これは、次の切手帳を売りやすくするためと思われます。

25+5Pfennig
走り幅跳び

30+10Pfennig
バスケットボール

40+10Pfennig
円盤投げ

70+10Pfennig
カヌー

・発行枚数は、635万8280シートです。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.8.18 (金曜 Freitag, Friday)

17.ミュンヘンオリンピック切手帳 付加金付き

 小型シートの切手を田型に組み合わせた切手帳です。小型シートと同じく、付加金の額面が下がっていることに注意してください。合計で2Deutsche Mark(=200Pfennig)になるようになっています。切手帳ペーンの周囲がうまくカットされず、目打ちの山が切れたものがあります。
 この切手帳ペーンを20枚組み合わせた未裁断シートが、収集家窓口から40Deutsche Mark(=4000Pfennig)で3万5436シート発売されました。切手帳ペーン(田型)が横に5組つながり、それを1列としたとき、下方向に1列ごとにガッターマージンを挟んで4列つながった形になっています。このシートから様々な組み合わせの連刷ができるので、収集家の間で好んで集められています。

25+5Pfennig
走り幅跳び

30+10Pfennig
バスケットボール

40+10Pfennig
円盤投げ

70+10Pfennig
カヌー

・発行枚数は、191万9000冊です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.8.18 (金曜 Freitag, Friday)

18.クルト・シューマッハー没後20年

 戦後の西ドイツを導いた政治家の一人であるクルト・シューマッハー(1895生-1952没)の没後20年を記念して発行されました。なお、実際に亡くなったのは、8月20日ですが、日曜日なので繰り上がっています。

40Pfennig
シューマッハー

・発行枚数は、3967万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.8.18 (金曜 Freitag, Friday)

19.郵便博物館100年

 フランクフルト・アム・マインにある郵便博物館の創立100年を記念して発行されました。はじめは、ベルリンに建てられていました。

40Pfennig
ポストホルンと、ハインリヒ・フォン・シュテファンによる博物館設立の文書

・発行枚数は、3000万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.9.11 (月曜 Montag, Monday)

20.国際図書年

 国際図書年を記念して発行されました。

40Pfennig
開かれた本

・発行枚数は、3057万5750枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.9.29 (金曜 Freitag, Friday)

21.シュッツ没後300年

 作曲家のハインリヒ・シュッツ(1585生-1672没)の没後300年を記念して発行されました。

40Pfennig
シュッツの宗教的合唱曲集(29のモテット)の第4番「恵みもてわれらに平安を与えたまえ」の楽譜

・発行枚数は、3333万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.10.5 (木曜 Donnerstag, Thursday)

22.社会福祉 付加金付き

 恒例の社会福祉の付加金付き切手です。テーマは、チェスの駒です。
 西ベルリンでも同じテーマの切手が同じ日に発行されましたが、図案が違うので区別は容易です。

25+10Pfennig
ナイト(ドイツではシュプリンガー)
30+15Pfennig
ルーク(ドイツではトゥルム)
40+20Pfennig
クイーン(ドイツではダーメ)
70+35Pfennig
キング(ドイツではケーニヒ)

・発行枚数は、25+10Pfennig切手が999万3000枚、30+15Pf切手が1192万枚、40+20Pf切手が1448万5000枚、70+35Pfennig切手が663万9000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.10.20 (金曜 Freitag, Friday)

23.ドイツの観光シリーズ追加

 ドイツの観光シリーズの第7弾です。

30Pfennig
ヘルゴラント島の風景
40Pfennig
ハイデルベルクの風景

・発行枚数は、30Pfennig切手が3228万枚、40Pfennig切手が2909万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.11.

24.事故防止シリーズ切手帳 通常切手

 事故防止シリーズの切手帳です。10Pfennig切手が2枚、20Pfennig切手が2枚、30Pfennig切手が2枚、40Pfennig切手が2枚組み合わされて、売価は2Deutsche Mark(=200Pfennig)です。
 この切手帳ペーンを20枚組み合わせた未裁断シートが、収集家窓口から40Deutsche Mark(=4000Pfennig)で2万5000シート発売されました。

2Deutsche Mark

・発行枚数は、847万2000冊です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.11.10 (金曜 Freitag, Friday)

25.ケルンのカーニバル150年

 ケルンのカーニバル(謝肉祭)が150年を迎えるのを記念して発行されました。

40Pfennig
カーニバルに登場する道化師達

・発行枚数は、2939万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.11.10 (金曜 Freitag, Friday)

26.クリスマス切手 付加金付き

 恒例のクリスマスの付加金付き切手です。
 西ベルリンでも同じテーマの切手が同じ日に発行されましたが、図案が違うので区別は容易です。

30+15Pfennig
東方の三博士の来訪

・発行枚数は、906万4000枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.12.13 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

27.ハイネ生誕175年

 詩人のハインリヒ・ハイネ(1797生-1856没)の生誕175年を記念して発行されました。

40Pfennig
ハイネの肖像

・発行枚数は、2845万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.12.13 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

28.飢餓救済

 1959年からベルリンで始まった飢餓救済運動を宣伝するために発行されました。この運動は、「世界にパンを」を合い言葉に、発展途上国等に食料を送るための寄付金を募るものですが、この切手自体には付加金はありません。ドイツでは、現在でもこの運動が継続されています。

30Pfennig
「世界にパンを」「平和を広げよう」の標語

・発行枚数は、985万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。


1972.12.13 (水曜 Mittwoch, Wednesday)

29.カトリック司教最高会議

 ヴュルツブルクで開催されるカトリック司教最高会議を記念して発行されました。

40Pfennig
1237年から1560年にかけて使用されたヴュルツブルク聖堂を描いた印章

・発行枚数は、3135万枚です。
・有効期限は、2002年6月30日です。

1971年発行の西ドイツ切手へ

1973年発行の西ドイツ切手へ

トップページへ (TOP)

Copyright © S.Stein 2001-2016