目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
 概説
  サモア
  カメルーン
  ニューギニア
  トーゴ
  南西アフリカ
  マーシャル諸島
  東アフリカ
  膠州湾
  カロリン諸島
  マリアナ諸島
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

ドイツ植民地 Deutsche Kolonien German Colonies

 植民地政策ではポルトガル・スペインはもちろん、オランダ・イギリス・フランスなど欧州諸国に大きく後れをとったドイツは、列強の隙間を埋めるかのように、アフリカと南洋諸島と中国の山東半島に植民地を建設しました。具体的には、下記の10の地域です。

[各ドイツ植民地の歴史と、そこで発行された葉書の解説]
 ドイツ植民地の歴史と葉書の解説は、量が大変多いので、植民地ごとに別のページになっております。下記の植民地名の文字、または画像をクリックしてください。なお、東アフリカの歴史のみ、ページ数の関係から、さらに別立てになっております。

植民地名 最初の開局日 図版(一例)
サモア 1886年9月21日(火) Click here
カメルーン 1887年2月1日(火) Click here
ニューギニア 1888年2月15日(水) Click here
トーゴ 1888年3月1日(木) Click here
南西アフリカ 1888年7月7日(土) Click here
マーシャル諸島 1888年10月1日(月) Click here
東アフリカ 1890年10月4日(土) Click here
膠州湾 1898年1月26日(水) Click here
カロリン諸島 1899年10月12日(木) Click here
マリアナ諸島 1899年11月18日(土) Click here
※東アフリカではこれに先だって、ラム(1888年11月22日)とザンジバル(1890年8月27日)に在外局が開設されました。分類的には在外局ですが、ここでは東アフリカ植民地に含める通例に従いました。

 プライバシーに関わる書き込みがある場合は、それらを画像から削除しています。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016