目 次
ドイツ・ステーツ
ドイツ 1872
ドイツ 1873-1932
ドイツ 1933-1944
ドイツ在外局
ドイツ植民地
ドイツ海軍艦船郵便
第一次世界大戦占領地区
ベルギー軍占領地区
ドイツ住民投票地区
ダンチヒ
メーメル
ザール
第二次世界大戦占領地区
地方発行
連合軍占領地区
西ドイツ
 概説
  建物 1950
  ポストホルン 1951
  ホイス1次 1954-1961
  ホイス2次 1959-1961
  著名人 1961-1963
  建造物1次 1965-1966
  建造物2次 1966-1969
  ハイネマン 1971-1973
  事故防止 1974-1976
  城 1977-1982
  名所 1989
  絵入り・記念 1949-1989
  ロト 1949-1997
ベルリン
東ドイツ
統一後のドイツ

[概説] [前のページ] [ワンポイント] [次のページ]

5.[著名人]

 著名人図案葉書は、4つのシリーズがあり、全部で19種類あります。

1)蛍光塗料なし

市内用8ペニヒ葉書(グーテンベルク)

市外用10ペニヒ葉書(デューラー)

外信用20ペニヒ往復葉書往信部(バッハ)

 1961年から、著名人図案の葉書が発行されました。同じ時期にベルリンでも似た図案の葉書を発行しています。こちらを参照してください。なお、西ドイツ成立後(正確にはそれより以前の英米占領時期以来)初めての市内用往復葉書(8ペニヒ料金)がこのシリーズから発行されました。この8ペニヒ往復葉書の使用済は、戦後の東西ドイツの葉書の中で最難関の一つです。といいますのも、1963年2月末を持って、西ドイツの市内便が廃止されたため、使用例がほとんど残されていないためです。ただし、ベルリンの市内便は残りましたので、ベルリンの8ペニヒ往復葉書の方は容易に入手できます。


2)蛍光塗料あり

市内用8ペニヒ葉書(グーテンベルク)

市外用10ペニヒ葉書(デューラー)

外信用20ペニヒ葉書(バッハ)

 1961年に、蛍光塗料入りの葉書も発行されました。ベルリンの方はこの蛍光塗料入りのみです。こちらの8ペニヒ往復葉書の方も難関ですが、蛍光塗料なしシリーズほどではありません。
 上の写真で、20ペニヒ葉書と他の葉書を見比べてください。20ペニヒ葉書の方は、Postkarteの文字の位置が下の方に移動していて、他の額面と位置が異なっていることがわかります。


3)蛍光塗料あり・書体変更

市外用10ペニヒ葉書(デューラー)

外信用20ペニヒ往復葉書返信部(バッハ)

 1962年から、POSTKARTEを大文字のゴシック体に変更した葉書が発行されました。以後、西ドイツではこの書体が基本になります。なお、このシリーズには、8ペニヒ往復葉書がありません。
 上の写真で20ペニヒ往復葉書の返信部は、ラスパルマスから差し出された航空便の使用例です。左端下に見える四角い印がラスパルマスの消印で、消印が印面にも切手にも押されなかったため、フランクフルトで消印漏れ用の抹消印(いわゆる消印漏れ消印)が押されています。このように、海外からの返信部に消印が押されない例は、よく見かけます。


4)料金改訂

市外用・CEPT加盟国用15ペニヒ(ルター)

市外用・CEPT加盟国用15ペニヒ往復葉書往信部(ルター)

市外用・CEPT加盟国用15ペニヒ往復葉書返信部(ルター)

 1963年から市外用葉書料金が10ペニヒから15ペニヒに値上げされたため、15ペニヒ葉書が発行されました。この市外用葉書料金は、CEPT加盟国にも段階的に適用されたため、その国宛の葉書にも使われました。普通葉書はドイツ語表記ですが、往復葉書は、CEPT加盟国にも通用するよう、UPU規則に則り、フランス語が併記されました。上の15ペニヒ往復葉書の写真を見ていただくと、POSTKARTEの下にフランス語が併記されていることがわかります。


[ワンポイント]
 このシリーズは8ペニヒ往復葉書が難関な他は、それほど難しい物はありません。この往復葉書は難関ですが、切手を貼って市外用、あるいは外信用にしたものは評価が低くなります。また、1966年4月1日から国内葉書料金が20ペニヒになったため、外信用20ペニヒ葉書と往復葉書が国内用の葉書として使用されました。このような使用例も評価が低くなりますので、注意してください。

このページの先頭に戻ります。

西ドイツの先頭のページに戻ります。

トップページに戻ります。

Copyright © S.Stein 1997-2016