城郭探訪録:関西編



大阪府

大阪城

場所大阪市中央区
形式・指定平城・特別史跡
遺構石垣・堀・大手門・桜門・多聞櫓・千貫櫓・一番櫓・六番櫓・焔硝櫓・金蔵・金明水井戸屋形(すべて重要文化財)
歴史 大坂の陣後、徳川氏によって再築された。天守(5層、昭和6年)が再建されている。詳しくは私のページ「大阪城豆知識」をどうぞ。平成9年の大改修により、天守が奇麗になった。
感想
”城外からは天守閣はビルに隠れて目立たないのだが、いざ昇ってみると見晴らしの良さに驚く。また周りの緑の豊富さにも目を奪われた。正しい比較かは知らないが、ニューヨークでいうセントラルパークみたいなものだろうか。
 もう1つ驚いたのが、外国人の多さだ。自然と耳に入ってきたのは、英語と中国語だ。ともすればここでは日本語が通じないのでは、と錯覚するほどだった。平日でも結構人がいたので結構なことなのだが、天守閣がちょっと正統なものではないということが残念だ。
 何しろ鉄筋コンクリート造りで内部は城郭建築とは異なっており、外観ですら豊臣時代の天守に似せているだけで中途半端だ。それに徳川時代の石垣の上に建造されているということで、言ってみればめちゃくちゃだ。やはり外国人に城郭文化を紹介するなら姫路城や松本城、松山城のほうが数段勝るだろう。'98.5.26”

岸和田城

場所岸和田市岸城町
形式・指定平城・府指定史跡
遺構石垣
模擬天守(昭和29年)がある。櫓等が再建されている。

高槻城

場所高槻市城内町
形式・指定平城・府指定史跡
公園として整備されている。

茨木城

場所茨木市
茨木神社に移築と伝えられる門、茨木小学校に移築された門を復元したものがある。
感想
” 小学校で、新しい立派な門があった。看板の説明を読むと、これが慈光院に移築された門らしい。新たに復元したということだ。古めかしいものの、堂々たるものだった。しかし窮屈そうな場所に建っていた。茨木神社の東門が、茨木城の搦手門を移築したものらしい。かなり大きな門で、これはたしかに城門でも通用しそうだ。”'98.8.17

三宅城

場所摂津市
阪急線路の近くに石碑があるのみである。

郡山城

場所茨木市(浪速少年院付近)
石垣に使われたと思われる石が説明板とともに置かれるのみである。

地黄陣屋

画像[石垣]
場所能勢町地黄(東部小学校)
遺構石垣
感想
“城は石垣がよく残っていた。特に田畑のある側は堀らしき小川があり、良い感じだった。建物があったであろう郭はグラウンドになっており、一角に小規模ながら堀に囲まれた石垣があった。
 …能勢氏古城址だったか、そんな碑があった。昔からある壇なのだろうか。郭を囲んでいる石垣の内側は土塁になっていた。歩こうと思ったら、蛇がいた。
 隅は櫓がありそうな空間があり、入り口とおぼしき場所は少し低くなっていた。もう少し歩くと立派な枡形だ。石も大きめだった。さらに進んで郭を1周した。田畑の反対側は道が通っていたり民家があったりして面影は少なかった。
 城跡を利用してうまく学校が存在しているが、桝形や石垣の残り具合から見て少しは整備されてもいいのではないかと思った。…せっかくの石垣が埋もれてしまうのはもったいない気もする。”'99.10.31


京都府

二条城

場所京都市中京区
形式・指定平城・国指定史跡
遺構二の丸御殿(国宝)・櫓・門・石垣・堀・天守台等

伏見城

場所京都市伏見区
形式・指定平山城
北堀跡が公園になっている。花畑の跡地に模擬天守(5層)が建てられた。

園部城

場所船井郡園部町
形式・指定平山城
遺構櫓・門
園部陣屋ともいう。
感想
“10年以上ぶりだったが、高校の隣に巨大な城郭風建築物があったのには驚いた。存在は知っていたが、まさかこんなに近くだとは思っていなかった。
 多目的施設らしく、自由に入ることができた。一応最上階まで登ったが、せっかくなのに展望室は公開していないみたいだった。…ちなみに建築物は3層5階地階付きだ。プールが堀のようでもある。
 さて肝心の園部城は、看板は文字が判読不能になっていた。残念なことだ。隣のぴかぴかの施設とは大違いだ。門や櫓はきれいだったが、門は閉まっていた。”'.99.10.31

福知山城

画像[石垣]
場所福知山市
形式・指定平山城
遺構石垣・櫓
昭和61年、天守が再建されている。

丹波亀山城

場所亀岡市
形式・指定平山城
遺構石垣
亀岡城ともいう。

淀城

場所京都市伏見区(京阪淀駅に隣接)
形式・指定平城
遺構石垣・堀・天守台
感想
” 石垣は本丸と思われる部分しか残っていなかった。堀も半分が欠けていた。天守台は残念ながら立入禁止だった。結構複雑な形をしていそうだっただけに、入ってみたかった。また以前天守の復原図を見たことがあるのだが、天守の周りに小さい櫓を配置した特異なものだったのを憶えている。だが、確かめようがなかった。”'98.8.31

山崎城

画像[石垣]
場所乙訓郡大山崎町(天王山)
形式・指定山城
遺構石垣
歴史豊臣秀吉築城。
感想
”合戦や秀吉についての大きな絵入りの説明板があちこちにあった。ただ残念だったのは、山崎城についての説明があまりにも少なかったことだ。調査をしていないからだろうか。土塁・堀・石垣が残っているということだったが、どれがそうなのか判断が難しかった。”'98.9.5

勝竜寺城

場所長岡京市勝竜寺(勝竜寺城公園)
形式・指定平城
歴史櫓・門・塀が再建されている。公園として整備されている。
感想
”はっきり言って、整備しすぎである。土塁は新たに植えたであろう芝生に覆われており、古さが感じられない。石垣は、新たに積んだように見えるし、実際どうなのか説明がなかった。塀と櫓が再建されていたが、何を参考にしたのかなど詳しい情報に欠けている。”'98.9.5

周山城

場所北桑田郡京北町周山
遺構石垣
歴史明智光秀築城。
感想
“ …両端に土塁があり、少し登ってとうとう本丸だ。ぼろぼろの看板があった。本丸は周囲を土塁で囲みn、天守台なのか、いくつかに分かれた土壇があった。今まで見たこともないような構成だ。…
 何よりも感動したのは本丸に散らばる苔むした石だ。大量に散らばっており、苔がついているのでまりものようにも見れる。一見すると庭園のように見事だ。このまま放置しておきたい気持ちでいっぱいだが、かつての様子も知りたいところだ。ある地点では瓦が多く落ちていた。…
 …ちょっとした発見だが、1列に石が並べられており階段だと思われる場所があった。
 奥に進むといくつか郭があった。門か何かあっただろうとようやく判別できるほどしか残っていない石垣がいい感じだ。石垣の崩れは相当なものだ。何段かになっており、歩いていると木に「石垣」という札がかかっていた。…城で一番よく残っている石垣ということだった。
 その石垣は歩いている場所のことだった。降りて見てみると、これまでの残り具合とは大きく異なる見事な石垣があった。これまでは断片的すぎてどういう石垣だったか分からなかったが、これで大満足だ。
 ただしかなり荒く、それだけ迫力があった。高さは3メートルはあるだろうか。見事で、立派で、素晴らしい。石の古さが歴史を感じさせる。…
 …
 全然違う場所に出たので歩かなければならなかった。しかし篠山藩周山代官所跡を発見できた。土地があるだけだった。現在は私有地となり駐車場になっている。碑がその歴史を示すのみである。”'99.10.31

舞鶴城

場所舞鶴市
遺構石垣
復興櫓、門がある。


和歌山県

和歌山城

画像[天守と岡口門石垣]
場所和歌山市一番丁
形式・指定平山城・国指定史跡
遺構石垣・堀・岡口門・追廻門
歴史虎臥城や竹垣城ともいう。昭和33年、天守(3層)等が外観復元され威容を取り戻している。

新宮城

場所新宮市丹鶴町
形式・指定平山城・国指定史跡
遺構石垣・天守台
丹鶴城ともいう。

猿岡山城

場所那賀郡粉河町粉河
歴史秋葉山城・粉河城ともいう。藤堂高虎居城。公園となっている。

田辺城

場所田辺市
遺構水門


兵庫県

みどころ:
 世界遺産にも指定されている、姫路城があまりにも有名だが、他にも特色ある城郭が多い。縄張りなら篠山城や赤穂城、建造物は明石城、城下町なら龍野城を勧めたい。
地図:
詳細:

篠山城

画像[石垣]
場所篠山市
形式・指定平山城・国指定史跡
遺構石垣
歴史藤堂高虎が縄張りを行った。方形の曲郭と馬出しが特徴。御殿が復元されている。
参考文献

姫路城

画像[小天守との一門天守るの門石垣]
場所姫路市本町
形式・指定平山城・特別史跡
遺構天守(5層、国宝)・小天守(国宝)・櫓・門・石垣・堀
天守群以下多数残る。世界遺産に登録された。御殿以外は建造物がよく残り、見所が多い。

出石城

場所出石郡出石町
遺構石垣
櫓(2層)が再建されている。

赤穂城

画像[天守台]
場所赤穂市
形式・指定平城・国指定史跡
遺構石垣・天守台
歴史天守は建てられなかった。大手隅櫓(昭和30年)、大手門(昭和30年)、本丸門(平成8年)が再建されている。甲州流軍学による縄張りに注目したい。

洲本城

場所洲本市
形式・指定平山城・国指定史跡
遺構石垣・天守台
天守風展望台がある。

明石城

場所明石市
形式・指定平山城
遺構石垣・3層櫓2基
石垣が積み直しされておりきれいになっている。

龍野城

場所龍野市龍野
遺構石垣
門、櫓が復興されている。本丸御殿が再建されている。

竹田城

画像[石垣1石垣2天守台]
場所朝来郡和田山町竹田
形式・指定山城・国指定史跡
遺構石垣・天守台

三日月城

場所佐用郡三日月町
遺構石垣
乃井野陣屋ともいう。物見櫓が復原されている。

波賀城

画像 []
場所波賀町
櫓が復興されている。

黒井城

場所氷上郡春日町黒井
形式・指定山城
遺構石垣
歴史赤井直正の居城。

柏原陣屋

場所氷上郡柏原町
形式・指定国指定史跡
遺構長屋門・大書院・太鼓櫓(移築)


奈良県

郡山城

画像[]
場所大和郡山市城内町
形式・指定平城・県指定史跡
遺構石垣・堀・天守台
櫓や門が復元されている。
感想
”小学生のときに来て以来のことであり、そのときは真新しかった門や櫓は汚れていて風格が出てきていた。”'97.8.25

高取城

画像 [石垣天守台石垣]
場所高市郡高取町
形式・指定山城・国指定史跡
遺構石垣・天守台

秋山城

場所宇陀郡大宇陀町春日
形式・指定山城・国指定史跡
遺構石垣
松山城ともいう。
感想
” 神社に立派な石垣があった。城と関係があるのかは分からない。神社には立派すぎるように思えた。神社の脇の道を歩き、山に登った。登城というより登山だ。霧山城よりはましだったが、土地の状態はひどかった。
 手入れがしていなくて、草が伸びるままだった。蜘蛛の巣にも何回もかかった。城内は荒れるままだったが、がんばればそれなりに発見ができる。奥の方に行くと、発掘調査中らしく青いシートがかかっていた。遺跡の状態が分からないのは残念だが、結果が楽しみだ。L字型の入り口になっていて、来た道とは別の道があるようだ。
 本丸らしき少し高くなった場所が一番荒れていた。さらに高くなった場所は天 守台なのだろうか。碑が建っていた。天守台脇には石垣で囲まれた凹型の井戸 らしき遺構も認められた。本丸は出口が分からなくなるほど草が生い茂ってい た。整備が望まれるところだ。石垣がところどころに残っていたが、長年放置 され味のあるものになっていた。また打ち込みの石が細かく、特徴ある石垣だっ た。”'99.5.15

小泉陣屋

場所大和郡山市小泉町
遺構堀・門(小泉神社に移築)



目録へ戻る