ホーム




△「ヒットマン:エージェント47」(2015/米=英=独) ◆50点
◆原題「Hitman: Agent 47」 ◆読み:ひっとまんえーじぇんとふぉーてぃせぶん ◆鑑賞日2016/11/27 ◆レンタルBD ◆発売日2016/09/02
◆DNA操作による暗殺者育成計画を復活させるため、とある組織が生みの親の科学者を探す手がかりの娘に近づく。娘には危険を察知する能力があった
◆出演ルパート・フレンド/ハンナ・ウェア/ザカリー・クイント ◆監督アレクサンデル・バッハ
◆公式:http://www.foxjapan.com/hitman-agent47
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=alQlJDRnQkE

スクウェア・エニックスの暗殺ステルスゲームが題材のアクション第2弾。今回はA級感がほのかにある。
が、何故か知らんが能力者同士が戦う、よくあるヒーロー漫画系になっていた。「47」は随分とお目々と口元が可愛いんだな。
「47」が主人公じゃなく、同じような能力をもったお姉ちゃんが主役で、終盤バディムービー風。建物のデザインが良い。



○「ゴッド・スピード・ユー!」(2016/伊) ◆60点
◆原題「Veloce come il vento」 ◆読み:ごっどすぴーどゆー ◆鑑賞日2016/11/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/09/02
◆17歳の女性GTレーサーは、チームを支えていた父が急死し借金が残る。優勝しないと家を失う。そんな折り、薬漬けの兄が10年ぶりに帰ってきた
◆出演マチルダ・デ・アンジェリス/ステファノ・アコルシ/ロベルタ・マッテイ ◆監督マッテオ・ロヴェーレ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8861
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=gBye1KgIblk

心離れていた3人兄妹が仲良くなるカーレースアクション。カーレースものの高揚感は及第点。
駄目人間の兄が師匠となって、妹レーサーを成長させるジャッキー・チェンみたいな要素も良かった。
GT選手権のポルシェやランボルギーニがかっこよかった。意味の無い市街暴走や他者が危険な公道レースが駄目。



×「マギー」(2015/米=スイス) ◆20点
◆原題「Maggie」 ◆読み:まぎー ◆鑑賞日2016/11/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/09/02
◆ゾンビ化するウイルスが蔓延しているアメリカ。感染者に噛まれ家出中の16歳の女の子は警察に捕まり特別病棟に収容される。父親が来て家に連れ帰る
◆出演アーノルド・シュワルツェネッガー/アビゲイル・ブレスリン/ジョエリー・リチャードソン ◆監督ヘンリー・ホブソン
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXP000050421/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=AQ5Vz8qE8R8

ゾンビ化中の娘の心境と、父親の娘へのいたわりを描く糞ドラマ。感染者を家に帰す最初のアホ設定で糞が確定。
全国危険なのに幼い子供2人をどこにやったとか、公務執行妨害とか、見ていて納得がいかないところ多数。
感染者の血で包丁を汚染する危機感のなさも酷い。リアルなうんこみたいな料理が出てくるけど、アレってなんだろう。



×「囚われた少女たち」(2015/メキシコ=仏) ◆10点
◆原題「Las elegidas」 ◆読み:とらわれのしょうじょたち ◆鑑賞日2016/11/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/09/02
◆メキシコ。14歳の少女は彼氏ができて幸せ。彼氏は彼女を父親の誕生日パーティに招待する。彼氏の一家は少女を騙して拉致監禁し売春させる組織だった
◆出演ナンシー・タラマンテス/オスカル・トレス/レイディ・グティエレス ◆監督ダビ・パブロス
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2016/post-223.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mYB6shzLuZE

少女が彼氏に騙されて売春組織に監禁される、何が言いたいのかわからない糞まじめ風な糞ドラマ。
途中で助けられ売店の裏に逃げるんだけど、それが一切無かったことになって違う展開になっておわる謎の糞。
少女の何故こうなったのかの鬱的な症状もない糞。彼氏の罪の意識が何故に少女だけにあるのかも理解できない。



△「ヘイトフル・エイト」(2015/米) ◆40点
◆原題「The Hateful Eight」 ◆読み:へいとふるえいと ◆鑑賞日2016/11/23 ◆レンタルBD ◆発売日2016/09/02
◆吹雪が近づく山道。賞金稼ぎと女囚人は馬車で町に向かっていたが、他の賞金稼ぎや保安官と出会い同行する。途中の店で見知らぬ店員が対応する
◆出演サミュエル・L・ジャクソン/カート・ラッセル/ジェニファー・ジェイソン・リー ◆監督クエンティン・タランティーノ
◆公式:https://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/809
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=6_UI1GzaWv0

恩がある店主を殺した犯人を探す人狼ゲーム風なサスペンスドラマ。
ひたすらセリフだけで引っ張るのはタランティーノ監督のお馴染みの手法だが辛かった。
登場人物たちのキャラも弱く、話的なユニークさもなく面白くなかった。上映時間が長すぎ。



×「バチカン・テープ」(2015/米) ◆20点
◆原題「The Vatican Tapes」 ◆読み:ばちかんてーぷ ◆鑑賞日2016/11/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/09/02
◆彼氏が父と一緒に住むことになった誕生日を迎えた女性。彼女はケーキの包丁で指を切る。病院での治療後、バスに乗るとカラスが窓を突き破ってきた
◆出演オリヴィア・テイラー・ダドリー/ダグレイ・スコット/マイケル・ペーニャ ◆監督マーク・ネヴェルダイン
◆公式:http://vaticantapes.com/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Yelog-WwqD4

普通の女の人が終末前に現れると言う反キリスト(偽キリスト)になる糞サスペンス。
悪魔に取り憑かれた感じの女の人の入院の模様をダラダラ垂れ流しているだけの糞でした。
終盤の悪魔祓いは、神と悪魔の戦いではなく、おっさんが立っているだけなので面白くなかった。



△「追撃者」(2014/米) ◆30点
◆原題「Beyond the Reach」 ◆読み:ついげきしゃ ◆鑑賞日2016/11/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/13
◆米南西部モハーベ砂漠でガイドをする青年は大学にいく彼女と別れ地元に残る。青年は大富豪と違法にビッグホーン狩りにいくが誤って人を射殺してしまう
◆出演ジェレミー・アーヴァイン/マイケル・ダグラス/ハンナ・マンガン・ローレンス ◆監督ジャン=バディスト・レオネッティ
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBE000054671/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5qlFGI5n_C8

金持ちのおっさんが、貧乏人の青年を裸にし砂漠を走らせるサスペンス。
おっさんのおかげで青年は彼女と別れたことを反省するおバカなお話。
おっさん金持ちで犯罪者なんだから、最後は殺し屋を雇うとかしろよ。



△「レヴェナント:蘇えりし者」(2015/米=香=台) ◆40点
◆原題「The Revenant」 ◆読み:れう゛ぇなんとよみがえりしもの ◆鑑賞日2016/11/20 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/24
◆1823年。先住民の妻を殺された白人の男は息子と毛皮業者の集団のガイドをしていた。集団は先住民に襲われ逃げる。男は更に熊に襲われ重傷を負う
◆出演レオナルド・ディカプリオ/トム・ハーディ/ウィル・ポールター ◆監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ
◆公式:http://www.foxjapan.com/revenant
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=LoebZZ8K5N0

冥界の土地や川「レテ」を舞台にし、先住民迫害の罪を描く西部劇にも似たロードムービー風復讐ドラマ。
死者が「レテの水」を飲むと生前のことを忘れるんだけど、全部、水に流して忘れろってことでしょうか。
たいした長回しでもないのにカメラが常にゆっくり動いていてイライラくる。上映時間が糞長すぎ。



△「ズートピア」(2016/米) ◆50点
◆原題「Zootopia」 ◆読み:ずーとぴあ ◆鑑賞日2016/11/19 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/24
◆田舎町のウサギは警察官を目指し警察学校を主席で卒業する。が、都会での初任務は駐車違反の取締りだった。そんな折り、詐欺師のキツネと出会う
◆出演ジニファー・グッドウィン/ジェイソン・ベイトマン/イドリス・エルバ ◆監督バイロン・ハワード/リッチ・ムーア
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=lvEzTjuM81A

夢を実現させたウサギの新人警官が、都会の事件を解決するため奔走するCGアニメ。
大きさの異なる動物キャラたちが多数登場するが、スタッフは大小だけが個性と勘違いしている感じ。
主役二人のキャラも普通すぎる。単なる刑事物コメディ・バディムービーじゃ駄目だ。



○「アンブロークン 不屈の男」(2014/米) ◆70点
◆原題「Unbroken」 ◆読み:あんぶろーくんふくつのおとこ ◆鑑賞日2016/11/19 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/24
◆ベルリンオリンピックに出場した男は東京オリンピックを目指すが第二次世界大戦に従軍。爆撃機がエンジンの故障で南太平洋に不時着し漂流する
◆出演ジャック・オコンネル/MIYAVI/フィン・ウィットロック ◆監督アンジェリーナ・ジョリー
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33715
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=XrjJbl7kRrI

不屈の精神で地獄の悪と戦うヒーローを描く実話ドラマ。前半の海を漂流するシーンが面白くなかったが、後半それが生きてきた。
日本の捕虜収容所は宗教的な地獄の描写であり、海はアケロン川(三途の川)だった。当然、七つの大罪や裏切りへの誘惑などあり。
悪役の日本人ミュージシャン・MIYAVIが凄くいい味出していた。アンジェリーナ・ジョリー監督は2作目で才能を伸ばしたな。



△「バットマン vs スーパーマン/ジャスティスの誕生」(2016/米) ◆40点
◆原題「Batman v Superman: Dawn of Justice」 ◆読み:ばっとまんう゛ぁーさすすーぱーまんじゃすてぃすのたんじょう ◆鑑賞日2016/11/13 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/10
◆スーパーマンとゾット将軍との戦いでビルが倒壊し多くの犠牲者がでた。バットマンの会社の社員も多数死んでいた。「マン・オブ・スティール」の続編
◆出演ベン・アフレック/ヘンリー・カヴィル/ジェシー・アイゼンバーグ ◆監督ザック・スナイダー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50083&c=2&p=2
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bha24P9uw-E

訴訟大好きアメリカ人たちが被害者ぶるアクション。両者が戦う理由がピンとこない。
レックス・ルーサーが何故かヒース・レジャー版ジョーカーと瓜二つのキャラになっている。
スーパーマンを糞キリスト化してるな。ワンダーウーマンいらねえ。この監督、かえた方がいいんじゃないのか。



○「ヘルケバブ 悪魔の肉肉パーティー」(2015/トルコ=米) ◆60点
◆原題「Baskin」 ◆読み:げるけばぶあくまのにくにくぱーてぃー ◆鑑賞日2016/11/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/05
◆深夜に警官たちが料理店で下ネタ談笑していたが店員に言い掛かりつけ喧嘩となる。ワゴン車で料理店を後にすると聞き取りにくい応援要請の無線が入る
◆出演マフメット・チェラホグ/デリン・チャンカヤ/ムハレム・バイラク ◆監督ジャン・エヴェノル
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=3009234771&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=y9SfWmXQY3o

近年珍しいヘルレイザー系B級ホラー。事故で全員死んで気付かずに無間地獄に陥るよくある大筋。
序盤は小説朗読のように喋るだけで辛かったが、廃墟探索からやや独自なホラーになり急に面白くなった。
子供を産んだヤギ頭の女性はクトゥルフのシュブ=ニグラスっぽい。小柄な魔導師風の人の皮膚は本物だそうです注意。



△「アルティメット・サイクロン」(2015/米) ◆50点
◆原題「Life on the Line」 ◆読み:あるてめっとさいくろん ◆鑑賞日2016/11/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆とある男の誕生日。電線工事でヘマをやらかしたため監督の兄が電柱に登ると落雷が発生。兄が死に、兄の妻もその日に交通事故で死ぬ。男は姪を引き取る
◆出演ケイト・ボスワース/ジョン・トラボルタ/シャロン・ストーン ◆監督デヴィッド・ハックル
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-404026/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=nEz8Z_G8SBk

電線を張る仕事を美化する実話感動ドラマ。宗教色は無いが、例の如く自己犠牲は素晴らしいことを描いていました。
電線マンは、ここ3〜4年ぐらいで100人以上が亡くなっている危険な仕事だそうです(映画の最後に募金案内あり)。
要は会社のカモになって死ぬ社会の底辺の馬鹿共への苦言ってことです。シャロン・ストーン(58歳)年取ったな。



×「スクリーム・ガールズ〜最後の絶叫〜」(2015/米=加) ◆20点
◆原題「The Girl in the Photographs」 ◆読み:すくりーむがーるずさいごのぜっきょう ◆鑑賞日2016/11/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆田舎街のスーパーで働く女性は死体の写真を発見し警察に行く。一方、LAのファッション写真家が、その写真をみてインスパイアされ田舎街へと出向く
◆出演クローディア・リー/カル・ペン/ケニー・ウォーマルド ◆監督ニック・サイモン
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBE000054673/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=oaUBeKjpeX0

糞B級ストーカーホラー。写真家キャラの喋りなど、登場人物の会話が延々と続きかなり辛い。
写真家は超うざいって設定のキャラだろうが、イライラして嫌悪感を抱く程でもなく中途半端すぎる。
ヒロインが無難な容姿で特徴なく、恋愛模様も微妙で、犯人の異常さもありがちなど見所一切無し。



△「レクイエム」(2009/英=アイルランド) ◆30点
◆原題「Five Minutes of Heaven」 ◆読み:れくいえむ ◆鑑賞日2016/11/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/07/02
◆暴動が続く1975年北アイルランド。義勇軍の青年は、とある男を銃殺するが、その男の弟と鉢合わせし逃げる。33年後にTV番組で対面する
◆出演ジェームズ ネスビット/リーアム・ニーソン/マーク・ライダー ◆監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=1328174337&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uZOE7HgvI3c

家族のために犯人を赦すと、自分も加害者も救われると言う地味なドラマ。
映像的にも、内容的にも70年代の映画の雰囲気が終始続き辛かった。
ストーリーが超ベタすぎて面白みなし。一番の糞の母親に何で制裁ないんだよ。



△「ザ・ホール」(2009/米) ◆40点
◆原題「The Hole」 ◆読み:ざほーる ◆鑑賞日2016/11/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆NYから田舎町に越してきたシングルマザーの家族。兄と弟は家の地下室に錠がいくつもかけられた謎の扉を発見し開ける。そこには底なしの穴があった
◆出演クリス・マッソグリア/ヘイリー・ベネット/ネイサン・ギャンブル ◆監督ジョー・ダンテ
◆公式:http://www.amg-films.jp/product/107
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=b5VGhWJlG5M

ダラダラ展開のファミリー向けホラー。子役の男の子が大げさに演技しすぎる。ヒロインが可愛いのが救い。
突然現れるビックリ手法が数箇所と、トイレの花子さん、チャイルド・プレイ、グレムリンっぽいもののコンボ。
それらが全く恐くないのが難点。恐怖を克服する過程を一切描いていないのに、恐怖が消えるラストも駄目。



○「ぼくとアールと彼女のさよなら」(2015/米) ◆70点
◆原題「Me and Earl and the Dying Girl」 ◆読み:ぼくとあーるとかのじょのさよなら ◆鑑賞日2016/11/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆高校生の男の子は、知り合いの女の子が白血病になったことを知る。最初は親に言われ、しぶしぶ彼女の家にお見舞いに行くが、毎日通うようになる
◆出演トーマス・マン/オリビア・クック/RJ・サイラー ◆監督アルフォンソ・ゴメス=レホン
◆公式:http://www.foxjapan.com/me-and-earl-and-the-dying-girl-movie
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2qfmAllbYC8

目立たないよう過ごしてきた高校生が、友情や様々な人達の助言をもらい成長する初恋青春ほっこりコメディドラマ。
なんでもかんでもダンテの「神曲」に見えてしまう病にかかってるので、これも「神曲」がモチーフってことにしておく。
主人公が万物を構成する根幹「愛」を勉強していた話。古い映画が好きな人はより楽しめる要素あり。



△「リムジン 余命60分」(2014/米) ◆30点
◆原題「Submerged」 ◆読み:りむじんよめい60ぷん ◆鑑賞日2016/11/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/05
◆川底に沈むリムジン内で目覚める数人の男女。元特殊部隊の運転手は、金持ちの娘と友達をリムジンに乗せてディスコへ行く。帰りに何者かに襲われる
◆出演ジョナサン・ベネット/タルラ・ライリー/ローサ・サラザール ◆監督スティーブン・C・ミーラー
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=3009234349&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=w_5dqDMe43U

川に沈んだ車内で若者数人が大騒ぎと、犯人と格闘する2部構成の糞B級ドラマ。
頭をつかった密室脱出劇は一切なし。「七つの大罪」っぽいものもなく内容が無い。
登場人物たちの関係を伝えるのに失敗していて、犯人に対しておまえ誰だよ状態に。



○「ミスター・ノーバディ」(2009/仏=独=ベルギー=加) ◆60点
◆原題「Mr. Nobody」 ◆読み:みすたーのーばでぃ ◆鑑賞日2016/11/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/11/04
◆2092年寿命がなくなった世界で、過去の記憶の無い老人が死を迎えようとしていた。彼は幼い日の両親の離婚や、愛する彼女たちのことを思い出す
◆出演ジャレッド・レト/サラ・ポーリー/ダイアン・クルーガー ◆監督ジャコ・ヴァン・ドルマル
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/mr_nobody/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=brCu_ifpE28

人生の選択は間違いでもあり正解でもある。その愛の行動が全ての世界を形成していると言う多次元ユグドラシル(世界樹)メロドラマ。
3人の女性は北欧神話の運命を支配する3姉妹の女神「ノルン」や、ギリシア神話の運命の三女神クロト、ラケシス、アトロポスっぽい。
水が多数でてくるが、世界樹を育てる泉っぽい。最近では少女役ですぐに素っ裸になる女優ジュノー・テンプルさんが、かなり若く超可愛い。



△「デイライツ・エンド」(2015/米) ◆40点
◆原題「Daylight's End」 ◆読み:でいらいつえんど ◆鑑賞日2016/10/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆謎の感染で人間がヴァンパイア化し、荒廃したアメリカ。一匹狼の男は人間同士の銃撃戦に出くわし女性を助ける。女性は生存者がいる警察署に案内する
◆出演ジョニー・ストロング/ランス・ヘンリクセン/チェルシー・エドムンドソン ◆監督ウィリアム・カウフマン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201608/dvd05.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=C1zzJ4W4JZw

生き残った少人数の人間が籠城する警察署に、多数のヴァンパイアが襲ってくる世紀末アクション。
走ってくるヴァンパイア共に、逃げながら銃をひたすら撃ちまくるだけの内容で途中で飽きた。
主人公が敵の大将を狙う理由、一匹狼にこだわる理由などがいまいち理解できずもやもや。



△「ザ・ラスト・ウォーリアー」(2014/ニュージーランド=英) ◆50点
◆原題「The Dead Lands」 ◆読み:ざ・らすとうぉーりあー ◆鑑賞日2016/10/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆とある部族が対立する部族の夜襲で壊滅。生き延びた族長の息子は復讐を誓い後を追う。怪物がいると恐れられている「死の土地」へと足を踏み入れる
◆出演ジェームズ・ロールストン/ローレンス・マコアーレ/テー・コヘ・トゥハカ ◆監督トア・フレイザー
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-3129?prev=search&keyword=%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BC
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=LKy7Q50tJ84

アマゾン?の部族が他の部族に皆殺しにされ生き残った若者が復讐する「アポカリプト」風なアクション。
双剣アクションがかなり独自性あり。自分を鼓舞したり、相手を挑発したりする動きが素晴らしく必見。
ご先祖様を異常に気にするとか、師匠が説明的にべらべら喋りまくるとか、アクション以外の要素が辛く眠かった。



×「新エイリアン 最終繁殖」(2015/米) ◆20点
◆原題「Thirst」 ◆読み:しんえいりあんさいしゅうはんしょく ◆鑑賞日2016/10/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆宇宙から謎の球体が地球の荒野に落下。発見者はエイリアンに体液を吸い取られる。翌日、荒野のキャンプで高校生達を更生する一行はその球体を発見する
◆出演ジョン・レッドリンガー/ジェス・マッカラン/ライアン・ジマー ◆監督グレッグ・キーファー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201608/dvd08.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=UEFElsBXV5Q

子育てのため地球へきたエイリアンに若者達が広い荒野で襲われる糞B級ホラー・アクション。
エイリアンはケンタウロス風で、間接などが機械っぽい。襲われる恐怖は皆無。若者達が逃げないのが謎。
ドラマも歩きっぱなしダラダラ支離滅裂で辛かった。モンハンみたいなシビレ罠にはちょっと笑った。



△「虹蛇と眠る女」(2015/オーストラリア=アイルランド) ◆40点
◆原題「Strangerland」 ◆読み:にじへびとねむるおんな ◆鑑賞日2016/10/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆砂漠地帯の小さな街に最近越してきた4人家族。娘は地元の青年とセックスをする。幼い息子は夜に出かける癖がある。ある夜、娘と息子が何処か消える
◆出演ニコール・キッドマン/ヒューゴ・ウィービング/ジョセフ・ファインズ ◆監督キム・ファラント
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=CMDD-80832
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=v3Kj1VmbJiw

15歳の娘と幼い息子が行方不明になり、両親が探すだけのドラマ。七つの大罪っぽいのが微妙にあり。
両親の過去に何があったのか思わせぶりだが何も無く、単なる両親の倦怠期への娘の反抗でした。
ニコール・キッドマン(49歳)の全裸あり。かなり遠目で小汚く(罪深く)演出されていたけど。



△「ヴィクター・フランケンシュタイン」(2015/米=英=加) ◆50点
◆原題「Victor Frankenstein」 ◆読み:う゛ぃくたーふらんけんしゅたいん ◆鑑賞日2016/10/23 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/03
◆サーカスでピエロとして虐められているせむし男は人体の構造を勉強していた。ある日、ブランコから落ちた愛しの女性を、観客の自称医師と共に助ける
◆出演ダニエル・ラドクリフ/ジェームズ・マカヴォイ/ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ ◆監督ポール・マクギガン
◆公式:http://www.foxjapan.com/victor-frankenstein-movie
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2vqNOZIbIRM

人間を蘇生させる実験をするフランケンシュタインと、その助手イゴールの友情を描くアクション・ドラマ。
ハリー・ポッターの男優ダニエル・ラドクリフが演じるイゴール役がイケメンすぎるのが見所か。
建物や屋敷内部の美術がしっかりしている。猿の死体とかのグロも適度にあり飽きずに見られました。



△「オートマタ」(2013/ブルガリア=米=西=加) ◆50点
◆原題「Automata」 ◆読み:おーとまた ◆鑑賞日2016/10/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/03
◆2044年。太陽フレアの影響で地球が汚染され砂漠化、人類の99.7%が死滅。ある日、絶対にしないはずの自己修復をするロボットを刑事が発見する
◆出演アントニオ・バンデラス/ビアギッテ・ヨート・スレンセン/ロバート・フォスター ◆監督ガベ・イバニェス
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=2009935
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kyacm2FNSO4

天使に導かれ地獄から抜け出すSFドラマ。B級感はない。女性セックスロボット(天使)と男の感情的繋がりがなさすぎる。
「A.I.」で人類が絶滅しロボットの世界になっていたけど、それの起源風なお話の側面があり、独創性に欠ける。
最初の神ロボットはもう存在しないのに、何が切っ掛けで他のロボットが自我に目覚めたのかが不可解。汚染の設定が無視されている謎。



○「SPY/スパイ」(2015/米) ◆60点
◆原題「Spy」 ◆読み:すぱい ◆鑑賞日2016/10/22 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/03
◆エージェントを無線でサポートするCIA女性職員は、任務中にパートナーが犯人に殺される。顔が知られていない彼女は犯人を追う役目を自ら志願する
◆出演メリッサ・マッカーシー/ローズ・バーン/ミランダ・ハート ◆監督ポール・フェイグ
◆公式:http://www.foxjapan.com/spy-movie
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=YrY3v1eDmQY

デブの女性新米エージェントが、仲間の力を借りて核弾頭売買を阻止するドタバタ成り行きアクション・コメディ。
凸凹コンビなど全てのキャラが立っていた。ターゲットの悪役女性との親友になりそうな関係も良かった。
下ネタもソフトで、「インセプション」等の映画パロディなどもあり楽しかった。ただ、歳のせいか疲れた。



○「マインド・エスケープ」(2014/コロンビア=米) ◆70点
◆原題「Listening」 ◆読み:まいんどえすけーぷ ◆鑑賞日2016/10/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/02
◆妻子のいる青年と祖母と暮らす青年は、考えていることをコンピュータに表示する研究をしていた。処理速度の限界のため、人と人とを接続する
◆出演トーマス・ストロッペル/アーティ・アル/アンバー・マリー・ボリンジャー ◆監督カリル・サリンズ
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=4158
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=AECM7Q1s-08

家族の大切さを再認識し、悪の手先となった親友を助けるB級SFサスペンス。SF要素は薄く地味。
「七つの大罪」あり。家族愛と友情や、人間としての理念の描き方が良かった。俳優陣も魅力的。
地獄から抜け出すがテーマだから、色褪せた古くさい映像で現実世界の地獄を表現。それで最初は糞B級臭かったが最後はOKに。



△「ザ・ブリザード」(2016/米) ◆30点
◆原題「The Finest Hours」 ◆読み:ざぶりざーど ◆鑑賞日2016/10/16 ◆レンタルBD ◆発売日2016/07/06
◆1952年。嵐で巨大タンカーが真っ二つになり機関室がある船尾が残る。一方、彼女から結婚を申し込まれた男にタンカーの救助出動命令がでる
◆出演クリス・パイン/ホリデイ・グレインジャー/ケイシー・アフレック ◆監督クレイグ・ギレスピー
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/bzd.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8I0ifMz5PbQ

馬鹿の沿岸警備隊が無謀な海難救助をして表彰される実話ベースの感動押し売り海洋アクション。
車事故で助けてもらっても礼すらしない糞女が出てくる度に話の腰が折れイライラ。
計器の操作などの無駄なシーンが多い。過去に救助を失敗していたトラウマの描き方が下手。



△「イット・フォローズ」(2014/米) ◆40点
◆原題「It Follows」 ◆読み:いっとふぉろーず ◆鑑賞日2016/10/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/06
◆女性が怯え逃げ惑い海岸の砂浜で変死体となる。一方、映画館でデートをする男女。彼氏は黄色い服の人が彼女には見えないことに気付き逃げる
◆出演マイカ・モンロー/キーア・ギルクリスト/ジェイク・ウィアリー ◆監督デヴィッド・ロバート・ミッチェル
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcbp53508/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HkZYbOH0ujw

性病に恐れおののくB級思春期青春ホラー。まあクトゥルフと言えばクトゥルフだな。怖さやビックリはほぼ無し。
性病を、様々な人の姿となるナイアーラトテップのような存在として描いていました。音楽が独特でそれっぽい。
性病を他の人に移せば治るとかの都市伝説的なものを信じる知識の無い若者達のアホ行動を超まじめ路線でホラー化。



○「ドラゴン・ブレイド」(2014/中=香) ◆60点
◆原題「天將雄師(Dragon Blade)」 ◆読み:どらごんぶれいど ◆鑑賞日2016/10/15 ◆レンタルBD ◆発売日2016/07/06
◆紀元前50年シルクロード。警備隊の隊長らは金の密輸入の罪で辺境の関所に送られる。盲目で病気の子供を運ぶローマ帝国の将軍は関所に攻め込む
◆出演ジャッキー・チェン/ジョン・キューザック/エイドリアン・ブロディ ◆監督ダニエル・リー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=TWBD-80799
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kUs8tWJ0EWM

中国人の任侠を描くスペクタクル風アクションドラマ。エキストラが大人数。大昔に巨大クレーンがあったのか謎。
ラストの最強対決が最近ではかなり成功している部類に入り面白かった。エイドリアン・ブロディの悪役も良かった。
場面が突然切り替わるとか、敵と突然仲良しになるのは大昔からの中国映画の特徴で、そのノリが懐かしかった。



○「砂上の法廷」(2016/米) ◆60点
◆原題「The Whole Truth」 ◆読み:さじょうのほうてい ◆鑑賞日2016/10/15 ◆レンタルBD ◆発売日2016/08/02
◆大物弁護士の男が17歳の息子に自宅で刺し殺された事件の裁判。この家族と付き合いのある弁護士が少年の弁護をするが、少年は一切喋らない
◆出演キアヌ・リーブス/ガブリエル・バッソ/レニー・ゼルウィガー ◆監督コートニー・ハント
◆公式:https://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/812
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=eNjXFdiC1O0

悪魔は何食わぬ顔で堂々と生活していることを描く法廷サスペンス・メロドラマ。「七つの大罪」あり。
無罪になるよう仕向ける極悪少年の策略か、父子を犠牲にして財産をせしめる極悪母親の策略かなど、いろいろ連想できて面白かった。
全てを知っていた頭のいい少年が何故に自己犠牲を選択したのか、その重要な理由が描かれておらず残念。



△「ブラック・スキャンダル」(2015/米=英) ◆30点
◆原題「Black Mass」 ◆読み:ぶらっくすきゃんだる ◆鑑賞日2016/10/10 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/08
◆1975年米サウスボストン。新たに赴任してきたFBI捜査官は、同郷で友人のギャングのボスに、イタリア系マフィアの情報を密告するよう提言する
◆出演ジョエル・エドガードン/ジョニー・デップ/ジェシー・プレモンス ◆監督スコット・クーパー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50423&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=CE3e3hGF2jc

密告者を許さないギャングのボス自身が密告者だった因果応報ドラマ。実話。
それをオチにもってくればよかったんだが、最初に密告者って描いてるから面白くない。
密告者だからボスの行動が全て間抜けな虚勢になってる。ジョニー・デップのハゲカツラメイクだけが見所。



○「エージェント・ウルトラ」(2015/米=スイス) ◆60点
◆原題「Agent Ultra」 ◆読み:えーじぇんとうるとら ◆鑑賞日2016/10/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/24
◆彼女にプロポーズする予定のコンビニバイト青年はパニックの発作でハワイ旅行が中止になる。一方、彼を監視していたCIAが殺し屋を差し向ける
◆出演ジェシー・アイゼンバーグ/クリステン・スチュワート/ウォルトン・ゴギンズ ◆監督ニマ・ヌリザデ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/agent_ultra/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bLGFwkRx2HA

抑圧された世界で青年が自我に目覚め、愛する人と共に敵と戦うラブロマンス・コメディ・アクション。
ややクトゥルフ入ってるかも。彼女が主人公を好きなのはナイチンゲール症候群なのかも。
勢いあり飽きずに見られました。主演男優のジェシー・アイゼンバーグと、嵐の二宮和也って同じ顔立ちだな。



△「ワイルド・ギャンブル」(2015/米) ◆40点
◆原題「Mississippi Grind」 ◆読み:わいるどぎゃんぶる ◆鑑賞日2016/10/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆知人全員に借金をして全部をギャンブルでスル男は、カードで勝負をした若い男と意気投合。若い男から金を借りて二人で各地のカジノを転々とする
◆出演ベン・メンデルソーン/ライアン・レイノルズ/アナリー・ティプトン ◆監督アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201606/dvd02.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Ooca5idaNSk

ギャンブル狂と、そいつを鴨にする詐欺師の友情が芽生えるロードムービー風ドラマ。
若い方(詐欺師)の目的が詐欺なのか何なのか、騙す手口が地味で分かりづらい。
ギャンブルをしてお金が増えたり減ったりしているだけの糞話だが、くだらん自分の人生と同じだな。



○「ディバイナー 戦禍に光を求めて」(2014/オーストラリア=米=トルコ) ◆60点
◆原題「The Water Diviner」 ◆読み:でぃばいなーせんかにひかりをもとめて ◆鑑賞日2016/10/09 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/08
◆1915年第一次世界大戦。トルコのイスタンブルを占領する上陸作戦「ガリポリの戦い」で戦死した3人の息子を追い母が自殺。父は遺体を捜す旅に出る
◆出演ラッセル・クロウ/オルガ・キュリレンコ/イルマズ・アルドアン ◆監督ラッセル・クロウ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BAS-80785
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8CkLC4Zr2Mw

様々な人の助けを得て神の愛を知る実話ロードムービー。ラッセル・クロウ初監督作品。
これもダンテの「神曲」がモチーフ。例の如く回転する風車は至高天だな。
宿屋の女性は「神曲」のベアトリーチェにかなり近い美しさだった。



△「ゾンビスクール!」(2014/米) ◆50点
◆原題「Cooties」 ◆読み:ぞんびすくーる! ◆鑑賞日2016/10/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/06
◆異物混入のチキンナゲットを食べる女の子。一方、小説家を目指す男は、臨時教員として母校の小学校に出勤。女の子が男の子のほほを噛みちぎる
◆出演イライジャ・ウッド/アリソン・ピル/レイン・ウィルソン ◆監督ジョナサン・ミロ/カリー・マーニオン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1979496
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=G_he1HiLy0A

小学生が餓鬼となり先公共を襲うゾンビコメディ。捉えようによっては児童虐待あるかも。
コメディ的には「ショーン・オブ・ザ・デッド」にやや近いノリでまあまあ良かった。
中盤まで勢いがあり飽きずに見られたが終盤はトーンダウン。イライジャ・ウッド製作総指揮&主演。



△「マネー・ショート 華麗なる大逆転」(2015/米) ◆50点
◆原題「The Big Short」 ◆読み:まねーしょーとかれいなるだいぎゃくてん ◆鑑賞日2016/10/09 ◆レンタルBD ◆発売日2016/07/06
◆2005年。格付けAAAのサブプライムローンが焦げ付くことをいち早く察知した投資ファンド会社の若き社長は、空売り商品を大量に買う
◆出演スティーヴ・カレル/クリスチャン・ベール/ブラッド・ピット ◆監督アダム・マッケイ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33396
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=LWr8hbUkG9s

人々を騙すことで成り立つ虚構的な世界経済で、リスクをとって大儲けした人達のドキュメンタリー風ドラマ。
「リスクとは時間である」と言っていたが真理だな。大損した人の裏で大儲けした人がいる、万物の調和「陰陽」がテーマかも。
「空売り」などの専門用語が説明のないまま連発されてるけど、知らない人は大筋すら理解できないのでは。俳優陣が豪華。



△「ラスト・ボディガード」(2015/仏=ベルギー) ◆30点
◆原題「Maryland」 ◆読み:らすとぼでぃがーど ◆鑑賞日2016/10/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆軍人の男は訓練中に鼻血を出す。耳が聞こえにくいなどの症状もでて復帰は絶望的に。ある日、金持ちの家の警備の仕事で、綺麗な奥さんに心奪われる
◆出演マティアス・スーナールツ/ダイアン・クルーガー/ポール・ハミー ◆監督アリス・ウィンクール
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2016/post-219.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=o2FAWPVT1xw

金持ちの屋敷内をうろうろするだけで、ほぼ何も起こらない糞サスペンスドラマ。「七つの大罪」あり。
統合失調症の男が地獄から抜け出せず、軽いストーカー対象の奥さんとの幻覚を見ておわり。もしかすると全部幻覚の可能性あり。
屋敷がでかいのと、シェパードとコリーのハーフみたいな犬がいてほっこりしたので最後まで見られました。



△「テラーハウス」(2012/米) ◆40点
◆原題「House of Horrors: Gates of Hell」 ◆読み:てらーはうす ◆鑑賞日2016/10/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆開業間近のオバケ屋敷に電気業者がきてチェック中に何者かに襲われ炎で焼き尽くされる。気付かないスタッフたちは会議をして準備の仕事をする
◆出演ダニエル・テウェル/ティム・バンチ/コーディ・クレンブラス ◆監督ダニエル・モンロー
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=2979025516&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=URNd9voVxIs

オバケ屋敷にある切断された死体や怪物などの造形物をひたすら見せるだけの糞B級コメディホラー。
超糞B級だが、ホラーの造形物が好きなので、それだけである程度は楽しめました。後半は飽きてきたけど。
体の大きい爆乳の女の人がいたので最後まで見られました。注意:おっぱいポロリ無しで残念。



×「リジェネレーション」(2015/英) ◆10点
◆原題「Brand New-U」 ◆読み:りじぇねれーしょん ◆鑑賞日2016/10/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆男は恋人とポラロイドカメラで写真を撮り夜を過ごす。謎の武装集団が訪ねてきて、恋人が一人を殺すが拉致される。その死体は恋人と同じ顔だった
◆出演ニック・ブラッド/ノーラ=ジェーン・ヌーン/トニー・ウェイ ◆監督サイモン・パンメル
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8542
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=heX6svwhjW8

多次元の自分同士が彼女を奪い合っていると思われる、糞眠くなるB級SFドラマ。
難解と言うより、訳が分からない監督だけが理解できるダラダラストーリー。
「マトリックス」っぽい脳内疑似生活のお話かも。SF映像はポリゴン投影顔だけ。



○「ファースター 怒りの銃弾」(2010/米) ◆60点
◆原題「Faster」 ◆読み:ふぁーすたーいかりのじゅうだん ◆鑑賞日2016/10/02 ◆レンタルBD ◆発売日2011/09/21
◆10年の刑期を終えた男は出所した直後に車を走らせ、とある会社員を撃ち殺す。麻薬中毒の刑事が捜査に加わる。一方、金持ちの殺し屋が男を追う
◆出演ドゥエイン・ジョンソン/ビリー・ボブ・ソーントン/オリヴァー・ジャクソン=コーエン ◆監督ジョージ・ティルマン,JR.
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80161
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Buf4_Crt27c

相手の罪を赦して自分が救われるのかを問う宗教色ある復讐アクションドラマ。俳優陣が豪華。
悪党の罪だけは許してはならない、成敗することで自分も悪党も救われることを描いていました。
主人公、刑事、殺し屋の3人がラストで集結し、それぞれの業が解かれるのはいいが、晴れやかさが足りなかった。



△「ファイナル・デッドパーティー」(2009/米) ◆40点
◆原題「Night of the Demons」 ◆読み:ふぁいなるでっどぱーてぃー ◆鑑賞日2016/10/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/11/02
◆ハロウィンの夜、いわく付きの屋敷で馬鹿騒ぎをする若者達。警察が来て中止になるが、男女7人が出られなくなる。地下で骸骨7体を発見する
◆出演エドワード・ファーロング/モニカ・キーナ/シャノン・エリザベス ◆監督アダム・ギーラッシュ
◆公式:http://www.amg-films.jp/product/162
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=oOHW51q5eMM

悪魔が男女7人に憑依するB級エロティック・ドタバタ・コメディホラー。
女優さんの美人レベルが高いから最後まで見られました。巨乳もいるよ。
前置きエロ描写が異常な長さなのに、肝心のスプラッタシーンは一瞬で終了。



△「COP CAR/コップ・カー」(2015/米) ◆30点
◆原題「Cop Car」 ◆読み:こっぷかー ◆鑑賞日2016/10/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/08/02
◆家出した少年2人は無人のパトカーを発見。サンバイザーにあったキーを使い走り去る。それは悪徳保安官が死体を捨てている最中の出来事だった
◆出演ケビン・ベーコン/ヘイズ・ウェルフォード/ジェームズ・フリードソン=ジャクソン ◆監督ジョン・ワッツ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/bixf-0221
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=p0abWuHBJRg

主人公の少年2人がパトカーを盗む超地味なロードムービー風B級サスペンスドラマ。
少年らにとって家は地獄だったが、外はもっと地獄だって(神が)気付かせたお話かも。
少年らが銃で遊んでいて危ないな〜と思ったから、銃規制を促すのがテーマかも。



○「イントゥ・ザ・シー」(2014/米) ◆70点
◆原題「Against the Sun」 ◆読み:いんとぅざしー ◆鑑賞日2016/10/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆1942年。米兵のパイロットなど3人を乗せた戦闘機は、空母からの誘導電波を見失いさ迷っていた。燃料が尽き不時着。ゴムボートで助けを待つ
◆出演ジェイク・アベル/ギャレット・ディラハント/トム・フェルトン ◆監督ブライアン・フォーク
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=4025
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8MYsgLqtEgk

太平洋をゴムボートで34日間漂流した男3人の軌跡を描く実話ドラマ。危機的状況なのに全体の雰囲気は心和む感じ。
序盤の戦闘機不時着シーンがCG臭いのが難点で損をしている。ラストの足跡が人生の意義を物語っていて素晴らしい。
神(生)への感謝、軽めの「七つの大罪」あり。「ハリー・ポッター」のドラコ・マルフォイ役だったトム・フェルトンが出演。



○「ザ・ウォーク」(2015/米) ◆60点
◆原題「The Walk」 ◆読み:ざうぉーく ◆鑑賞日2016/09/25 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/08
◆子供の頃にサーカスの綱渡りを見て大道芸人となった男は、1974年にワールドトレードセンターの2つのタワーの間での綱渡りを画策する
◆出演ジョセフ・ゴードン=レビット/シャルロット・ルボン/ベン・キングズレー ◆監督ロバート・ゼメキス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80784
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=GR1EmTKAWIw

9・11テロで崩壊したツインタワーが完成する大昔に、忍び込み、違法に綱渡りした犯罪者の大道芸人のサスペンス・ドラマ。
全編コメディタッチで楽しかった。これでツインタワーに命を吹き込んだって、すごい偉人になっているのが一番の笑い所。
ダンテの「神曲」の至高天を見たかのような愛を感じているシーンがあるけど、行ったり来たりしすぎで本当にその域に達したのか疑わしい。



△「クライム・ヒート」(2014/米) ◆30点
◆原題「The Drop」 ◆読み:くらいむひーと ◆鑑賞日2016/09/25 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/03
◆ブルックリンのバーはマフィアの金が集まる金庫だった。ある日、2人の強盗が店を襲う。バーテンダーが犯人は止まった腕時計をつけていたと警察に言う
◆出演トム・ハーディ/ノオミ・ラパス/ジェームズ・ガンドルフィーニ ◆監督ミヒャエル・R・ロスカム
◆公式:http://www.foxjapan.com/thedrop
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Iy_ogNiryZ8

長年孤独を感じている男女が出会い、プレゼントをもらうクリスマス・クライムサスペンス・ドラマ。
切り落とした腕と金を誰が持ってきたのかとか、頭の悪い私にはよく理解できないシーンが数カ所ありました。
ペスト患者の看護に尽くした聖ロクスの犬がいつも側にいて可愛かった。守護天使はいつも側にいますよって話かも。



△「サマー・インフェルノ」(2016/西=米) ◆50点
◆原題「Summer Camp」 ◆読み:さまーいんふぇるの ◆鑑賞日2016/09/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆子供たちのサマーキャンプを明日に控え、指導員の男女4人は準備をしていた。男が狂犬病にかかったと思われる犬に手をかまれる
◆出演ディエゴ・ボネータ/マイアラ・ウォルシュ/ジョセリン・ドナヒュー ◆監督アルベルト・マリーニ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8638
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uUvjk7tHDSs

男女4人がゾンビ化し追いかけ逃げる鬼ごっこホラー。最初から勢いがかなりあり、その点は評価できる。
後半はゾンビ化する原因を描き、勢いが急減。ラストは何故に子供達と一緒に水を飲まないんだよとつっこみ。
男女4人がゾンビ化で襲う→正気に戻り逃げる→ゾンビ化と延々とループしていれば無間地獄だったのに残念。



○「カットバンク」(2014/米) ◆60点
◆原題「Cut Bank」 ◆読み:かっとばんく ◆鑑賞日2016/09/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆平和な田舎町のキャノーラ畑で青年が彼女を撮影している時、郵便配達員が大男に射殺され、車と死体が消える。青年はその映像を保安官に提出する
◆出演リアム・ヘムズワース/ジョン・マルコビッチ/ビリー・ボブ・ソーントン ◆監督マット・シャックマン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-3176?prev=search&keyword=%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uvavIfjTDaE

田舎町に捕らわれた人々が救われる群像劇風なサスペンス・ドラマ。
若者の行動が何かを変える切っ掛けとなると言う話。いぶし銀の俳優陣が良い。
テーマはいいんだが、現場検証をしないで隠者に先を越される保安官って設定がかなりのマイナス点。



△「ゴールデン・アームズ 導かれし者」(2014/米) ◆50点
◆原題「The Golden Cane Warrior」 ◆読み:ごーるでんあーむずみちびかれしもの ◆鑑賞日2016/09/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/24
◆武術の権威である女性の老師は、若い4人の弟子の中から少女ダラを後継者に選ぶ。かねてから師匠に毒を盛っていた兄弟子2人は師匠を殺す
◆出演エヴァ・セリア/ニコラス・サプトラ/レザ・ラハディアン ◆監督シチ・カマルディン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201607/dvd09.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FgwNwlpDB1M

インドネシア産の中国っぽい武術アクション。師匠が殺されカタキを討つ超定番なお話で、懐かしさもあり普通に楽しめた。
が、奥義伝授されるのに基本すらできていなかったのかや、ラストの対決は服の色が同じで敵味方の判別ができない。
等々いろいろ粗も目立つ。2人がシンクロして完成する「エヴァンゲリオン」みたいな奥義に期待したが特徴なく残念。



△「タイム・ラヴァーズ 時空を繋ぐ指輪の物語」(2015/ベルギー=印=オーストラリア) ◆30点
◆原題「The Lovers」 ◆読み:たいむらう゛ぁーずじくうをづぐゆびわのものがたり ◆鑑賞日2016/09/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆2020年、男女が海底で古代の指輪を発見するも男が窒息し重体になる。1778年のインドでは、王国に仕える女が愛する者を裏切ると予言される
◆出演ジョシュ・ハートネット/ビパシャ・バシュ/タムシン・エガートン ◆監督ローランド・ジョフィ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8657
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=0sgAgzTmq0k

男女がお互いを好きになるも、予言に影響されて諦めるドラマ。雰囲気がすごく古くさく、大昔の大作中国映画っぽい感じ。
ラストで未来で生まれ変わった男を助けているんだけど、それが何故ゆえに「愛」になるのか理解できませんでした。
大昔のインドの渦中シーンばかりで、未来との関係を全く描いておらず面白くなかった。ヒンドゥー教の輪廻を描くのに失敗した感じ。



△「アノマリサ」(2015/米) ◆40点
◆原題「Anomalisa」 ◆読み:あのまりさ ◆鑑賞日2016/09/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆接客の本が売れた男は講演のため、飛行機でシンシナティに降り立つ。ホテルにつくとルームサービスをたのむ。11年前に別れた彼女に電話する
◆出演デヴィッド・シューリス/ジェニファー・ジェイソン・リー/トム・ヌーナン ◆監督チャーリー・カウフマン/デューク・ジョンソン
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33306
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=WQkHA3fHk_0

仮面夫婦の男が虚無感に悩むストップモーションアニメ。最初の消えた飛行機を見るシーンで死んでいる可能性あり。
別れた女、現在の妻、行きずりの女との関係で、男の自己中心的な身勝手さを描いていました。
芸者人形は性奴隷の象徴かね。おっさん人形アニメのフルチンとセックスシーンだけはインパクトあり。



△「クリムゾン・ピーク」(2015/米) ◆40点
◆原題「Crimson Peak」 ◆読み:くりむぞんぴーく ◆鑑賞日2016/09/22 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/03
◆病死した母の幽霊が娘に「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」と告げる。成長した彼女の前に、準男爵の称号を持つ男が現れる恋に落ちる
◆出演ミア・ワシコウスカ/トム・ヒドルストン/ジェシカ・チャスティン ◆監督ギレルモ・デル・トロ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=34233
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=oquZifON8Eg

金持ちの女が騙され結婚し、毒を盛られるゴシック・ラブロマンス・ホラー。
話が超ベタな安っぽい昼メロだな。それにあまり役立っていない見た目だけの骸骨幽霊を付け加えただけ。
映像的にも面白み少なく、展開の勢いもなく、女性陣の魅力も薄い。男性陣は良かったけど。



×「ヘブンズ・ベール」(2014/米) ◆20点
◆原題「The Veil」 ◆読み:へぶんずべーる ◆鑑賞日2016/09/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/23
◆1985年、カリスマ的な男がリーダーのカルト宗教メンバー47人が集団自殺を図る。25年後、唯一の生存者の女性がドュメンタリー映画に出演する
◆出演ジェシカ・アルバ/リリー・レーブ/トーマス・ジェーン ◆監督フィル・ジョアノー
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33393
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rOUHGzoP0fw

集団自殺の謎を探るB級ホラー。体は単なる入れ物であると言っていました。
肝心の謎は全くありませんでした。ホラー的なものはミイラ死体だけでした。
なので、すごく眠くなりました。取材形式なのに珍しくPOVじゃなかった。



△「完全なるチェックメイト」(2015/米=加) ◆30点
◆原題「Pawn Sacrifice」 ◆読み:かんぜんなるちぇっくめいと ◆鑑賞日2016/09/22 ◆レンタルBD ◆発売日2016/07/02
◆モスクワに住んだことのあるユダヤ人の母と姉弟は監視されていた。幼い弟はチェスが好きだった。ある日、街のチェスクラブに行き敗北を知る
◆出演トビー・マグワイア/リーヴ・シュレイバー/ピーター・サースガード ◆監督エドワード・ズウィック
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinema_items/detail/1443/lineup
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=xFHvH9FtACg

チェスで一時英雄となったボビー・フィッシャーの一生涯を描く政治ドラマ。大会で勝つ爽快感は皆無。
当時のチェスの世界大会は米ソの戦争であり、国民を駆り立てる道具だったと言っています。
彼の神経質さはプレッシャーによるものと言うより、愛に飢えた子供っぽいわがままに近い描写。



△「エンジェル 哀しき復讐者」(2014/米) ◆50点
◆原題「Wicked Blood」 ◆読み:えんじゃるかなしきふくしゅうしゃ ◆鑑賞日2016/09/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/07/02
◆姉と暮らすチェスが得意な少女は叔父が父親代わり。刑事に叔父を逮捕すると脅され、コカイン密売組織の親戚に囲ってもらう。少女は運び屋になる
◆出演アビゲイル・ブレスリン/アレクサ・ヴェガ/ショーン・ビーン ◆監督マーク・ヤング
◆公式:http://www.twanet.jp/1379Angel-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ho-0qtPDF0I

女の子が糞のファミリーから抜け出そうと画策するB級ドラマ。ビデオ映画。
キャラの描写がしっかりしていて、主役の姉妹や叔父に感情移入しやすい。
話的にはありがちだが、何となくほっこりした。姉役は「スパイ・キッズ」で子役だった人。



△「SPOOKS スプークス/MI−5」(2015/英) ◆40点
◆原題「Spooks: The Greater Good」 ◆読み:すぷーくすえむあいふぁいぶ ◆鑑賞日2016/09/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆英MI5は米CIAから預かったテロリストを護送。渋滞中にバイクの一団に襲われる。一般市民の巻き添えを避けるため、テロリストを解放する
◆出演ピーター・ファース/キット・ハリントン/エリス・ガベル ◆監督バハラット・ナルルーリ
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/16/if16_0815/if16_0815.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=smidRILQBuk

英国機密諜報部の初老の男と、亡くなった同僚の息子が反発しながらも、裏切り者を探るバディムービー。
最善の方法を即座に考え、自己を犠牲にしてでも国を守る精神が宿っている諜報員たちの心意気は良かった。
接触シーンが長い、裏切り者を追い詰めていない、テロ犯が長官をなかなか殺さないなど残念なところがある。



△「X−ミッション」(2015/米=独=中) ◆50点
◆原題「Point Break」 ◆読み:えっくすみっしょん ◆鑑賞日2016/09/19 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/22
◆エクストリームスポーツでスポンサーを得て暮らす男は、バイクで渓谷を飛ぶのに失敗し親友を亡くす。数年後、FBIの採用試験を受ける
◆出演ルーク・ブレイシー/エドガー・ラミレス/レイ・ウィンストン ◆監督エリクソン・コア
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50676
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ncvFAm4kYCo

過激な環境保護団体みたいな犯人たちを追う仮採用FBI捜査官の戦いを描くアクション。
あえて危険に挑み自分自身と戦うエクストリームスポーツが題材で、その迫力は伝わった。
主人公と犯人はお互いの気持ちが分かり合える、いわばヒーローと悪役みたいな関係なのが良かった。



×「キル・オア・ダイ 究極のデス・ゲーム」(2016/露) ◆20点
◆原題「Mafiya: Igra na vyzhivanie」 ◆読み:きるおあだいきゅうきょくのですげーむ ◆鑑賞日2016/09/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆2072年ロシア。「マフィア」という生死を賭けた賞金10億ドルのゲームをリアルタイムで放送する番組が絶大な人気を誇っていた
◆出演ヴァディム・ツァラティ/ユーリ・チュールシン/ヴィチェスラフ・ラズベガエフ ◆監督サリク・アンドレアシアン
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=2949888291&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=g24gN0-al9c

ロシア発祥の「人狼」ゲームを生死を賭けてするB級近未来TVショードラマ。
「人狼」ゲームのルールがよく分からないためか、まったく楽しめなかった。
肝心の会話による心理戦がほぼ無く、ギーガー風なデザインのCGで誤魔化している感じ。



△「ビギニング」(2014/オーストラリア) ◆40点
◆原題「Terminus」 ◆読み:びぎにんぐ ◆鑑賞日2016/09/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆米が中国・ロシアと緊迫状態中。車の修理工場で働く男は娘から誕生祝いの時計をもらう。その後、男が車を運転していると隕石が落ち車が横転する
◆出演ジャイ・コートラエ/トッド・ラサンス/ケンドラ・アップルトン ◆監督マーク・ファーミー
◆公式:http://www.twanet.jp/1378beg-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=eTcO3QhH4x4

核戦争勃発前に大いなる者が謎の物質を地球に投下。その物質を巡る庶民と政府のいざこざB級ドラマ。
人類絶滅→アダムとイヴが残る→人類が繁栄→人類絶滅ってのを繰り返しているのでは?ってお話。
SF的な映像はクトゥルフな物質だけ。宇宙人なし。娘を守りたい貧乏の父親が主人公なので地味。



○「アフガン・レポート」(2014/英) ◆80点
◆原題「Kajaki」 ◆読み:あふがんれぽーと ◆鑑賞日2016/09/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/03
◆タリバンとの戦闘が続くアフガニスタンの山岳地帯。敵が不審な動きをしたため、狙撃できる場所に移動するが、先頭を歩く英兵が地雷を踏み片足を失う
◆出演マーク・スタンリー/デヴィッド・エリオット/ベンジャミン・オマホニー ◆監督ポール・ケイティス
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8551
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ZAP-80toA44

地雷原で9・11テロの消防士と同じような状況になる対テロ実話ドラマ。
敵兵との交戦は一切無し、エンドロールの音が無線交信など特徴あり。
死と生の狭間を表現している狂気と笑いのバランスが絶妙で、かなりの秀作だった。



△「オデッセイ」(2015/米=英) ◆40点
◆原題「The Martian」 ◆読み:おでっせい ◆鑑賞日2016/09/18 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/03
◆NASAの宇宙飛行士6人は火星探査中に嵐にみまわれ脱出を決意。船に乗り込む寸前に植物学者の男が飛んできたアンテナに当たり取り残される
◆出演マット・デイモン/ジェシカ・チャスティン/キウェテル・イジョフォー ◆監督リドリー・スコット
◆公式:http://www.foxjapan.com/odyssey
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ej3ioOneTy8

他者からの様々な救いを得て地獄から天界へと到達するSFドラマ。終盤は何故か知らんがどうでもいいしらけた気持ちでいっぱいになる不思議。
この映画も、愛こそが万物を動かしていると言うダンテの「神曲」がモチーフっぽい。他の映画同様、宇宙船の回転は至高天だな。
ダンテが影響を受けた10年間漂泊する古代ギリシア文学「オデュッセイア」にそっくりだが、裏切り者への報復がないから「神曲」に近い感じがする。



×「フッテージ デス・スパイラル」(2015/米=英) ◆20点
◆原題「Sinister 2」 ◆読み:ふってーじですすぱいらる ◆鑑賞日2016/09/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/02
◆過去の凄惨な事件に関わった元福保安官の男は悪魔の存在を感じていた。一方、母と双子の男の子は、虐待する夫から逃れ、その事件の家に移り住む
◆出演ジェームズ・ランソン/シャニン・ソサモン/ロバート・ダニエル・スローン ◆監督キアラン・フォイ
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinema_items/detail/1440/lineup
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fChx_YZUAR0

子供が殺人者になり家族を殺す糞ホラーの続編。前作を知らないと更に最悪に。
スナッフフィルムを垂れ流すだけの糞は健在。唯一の長所の美人妻のお色気が中途半端。
父親の虐待から逃れた母子が、過去を振り切り、新しい彼氏と再出発って主題が弱すぎる。



×「スナッチャーズ・フィーバー −喰われた町−」(2014/加) ◆10点
◆原題「There Are Monsters」 ◆読み:すなっちゃーずふぃーばーくわれたまち ◆鑑賞日2016/09/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/06/02
◆大学を卒業した先輩のインタビューを撮影することになった男女4人は車で取材に向かう。背を向けて直立する人、奇妙なメイクをした双子に出会う
◆出演クリスティン・ランジール/マシュー・エイミオット/ギィ・ジェルマン ◆監督ジェイ・ダール
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcxp50406/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=drU-ZJuRAj0

「ボディ・スナッチャー」の人が人じゃないをパクッた糞B級POVホラー。終盤はゾンビ。
顔の超ドアップの連続で糞。肝心なところで映像がぼやけたり、真っ白になったりする糞。
後ろを向いている人もどきが急に振り返って変な顔で近寄るビックリ要素だけで怖さが皆無。



△「ザ・ガンマン」(2015/米=西=英=仏) ◆50点
◆原題「The Gunman」 ◆読み:ざがんまん ◆鑑賞日2016/09/17 ◆レンタルBD ◆発売日2016/06/03
◆コンゴ共和国で警備の仕事をする男は、医師の女性と幸せに暮らしていた。男は指令を受け、方針を変えた大臣を暗殺し、女性を残して高飛びする
◆出演ショーン・ペン/ジャスミン・トリンカ/ハビエル・バルデム ◆監督ピエール・モレル
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-403813/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Ug9xufczPVE

「96時間」の監督によるサスペンスアクション。ショーン・ペン (56歳)の筋肉がすごい。
終盤の最強対決や悪党への制裁も普通に良かった。ヒロインも美人だが、何から何まで特徴が無いのが難点。
外国企業の金儲けのせいでコンゴの紛争が絶えないって後付けっぽいのがメインテーマみたいに終わって残念。



○「ウーマン・イン・ブラック2 死の天使」(2015/英=米=加) ◆60点
◆原題「The Woman in Black 2: Angel of Death」 ◆読み:うーまんいんぶらっく2しのてんし ◆鑑賞日2016/09/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/12
◆第二次世界大戦中の英国。教師の女性2人は、戦争孤児となった子供達をバスに乗せ、安全な田舎の屋敷へと移り住む。教師の一人が何かの気配を感じる
◆出演フィービー・フォックス/ジェレミー・アーヴァイン/オークリー・ペンダーガスト ◆監督トム・ハーバー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1939703
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5-a8bWi4LO0

罪のない子供が狙われて死ぬゴシックホラー第2弾。B級感無く、役者や映像、セットなどがしっかりしている感じ。
我が子を探さなかった女、両親を亡くした子供、部下を助けなかった男、3人の救いの物語でメッセージ性がかなりアップ。
急に何かが出てきてビックリさせる手法が多いが、実際に数カ所ビックリしたので成功。何かを探すシーンが多いのが難点。



△「LOST MEMORY B7」(2015/独) ◆30点
◆原題「Boy 7」 ◆読み:ろすとめもりーびーせぶん ◆鑑賞日2016/09/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/04
◆地下鉄で意識を取り戻した青年は警察に逮捕される寸前に逃げる。ポケット入っていた案内カードのレストランに行くと自分が書いたメモ帳を発見する
◆出演デヴィッド・クロス/エミリア・シュレ/ベン・ムンソー ◆監督オズギュル・ユルドゥルム
◆公式:http://chance-in.com/works/lost-memory-b7/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kI5wcChrL6c

大人に操られている男女の若者が、自我に目覚め、管理社会から脱出するB級思春期サスペンス。
最近多いよくある設定だが、SF的な映像もなく、組織壊滅などのすっきり感もなく面白くなかった。
恋愛メインだが好きって感情が伝わってこない。社長のPCを操作しているときに暴露映像を警察に送れよ。



△「白い沈黙」(2014/加) ◆50点
◆原題「The Captive」 ◆読み:しろいちんもく ◆鑑賞日2016/09/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆フィギュアスケートの練習を終えた9歳の娘を車の後部座席に乗せ帰る父親。ダイナーに立ち寄った数分の間に娘が消える。妻は目を離した父親を非難する
◆出演ライアン・レイノルズ/ロザリオ・ドーソン/ケヴィン・デュランド ◆監督アトム・エゴヤン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/HPXR-33
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5z3_vcRbi7k

失踪した幼い娘を探す両親と、担当の刑事、犯人と監禁中の娘の暮らしを淡々と描くドラマ。
父親の執念や、母親のやるせない気持ち、犯人の見た目ではわからない異常性などが超ベタ。
いつのまにか刑事(の何もしない罪への罰)が物語の中心になっているのが特徴で、それも難点。



○「白鯨との闘い」(2015/米=オーストラリア=西=英=加) ◆60点
◆原題「In the Heart of the Sea」 ◆読み:はくげいとのたたかい ◆鑑賞日2016/09/10 ◆レンタルBD ◆発売日2016/05/18
◆1819年、鯨の脂が高値で取引されている時代。捕鯨で生活をする一等航海士の男は船長になるために、由緒ある家柄のボンボンが船長の捕鯨船に乗る
◆出演クリス・ヘムズワース/ベンジャミン・ウォーカー/キリアン・マーフィー ◆監督ロン・ハワード
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50747
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=b_n2CAhgPiA

小説「白鯨」の小説家が、元ネタとなった実在の生存者から事の顛末を聞く話の映画化。
事故に遭い、人肉を食べて生き残るお話って、全部「白鯨」のパクリだったんだな。
クジラは神。神にあらがう人間が、生き残って神の愛を感じるお話。海洋アクション少ないが、海のCGは◎。



○「ロスト・エリア 真実と幻の出逢う森」(2015/加=米) ◆60点
◆原題「The Driftless Area」 ◆読み:ろすとえりあしんじつとまぼろしのであうもり ◆鑑賞日2016/09/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/25
◆放火犯は誰もいないはずの家を全焼させたが女性が亡くなったことを知る。一方、田舎町のバーで働く青年は散策中に古井戸に転落して出られなくなる
◆出演アントン・イェルチン/ズーイー・デシャネル/ジョン・ホークス ◆監督ザカリー・スルーザー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80773
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ZSZmAsBxzL8

天使となった女性に生き返らせてもらった青年が、知人に感謝した後に一緒に天国にいく、ややほっこりするドラマ。
ダンテの「神曲」をモチーフにした感じ。ベアトリーチェ風な人とか、薔薇とかでてくるから。「七つの大罪」が微妙にある。
全ての事象が繋がっていて世の中が動いていることを淡々と描いていました。主演のアントンさんは2016年6月に事故で死去。



△「きみがぼくを見つけた日」(2009/米) ◆40点
◆原題「The Time Traveler's Wife」 ◆読み:きみがぼくをみつけたひ ◆鑑賞日2016/09/04 ◆レンタルBD ◆発売日2010/03/10
◆クリスマスの日に幼い男の子をのせた母親が運転する車がスピンした対向車にぶつかる。男の子は体が消えタイムスリップし、大人の自分と会う
◆出演エリック・バナ/レイチェル・マクアダムズ/テイタム・マッキャン ◆監督ロベルト・シュヴェンケ
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=2798
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=9rUPZBibHAQ

タイムスリップ恋愛ドラマ。いつもふらっとどこかへ行く旦那を生涯愛していましたってお話。
何故にそこにタイムスリップするのか、何故に彼女なのかの理由が描かれておらずもやもやで終了。
ラストは自分の銃弾で死ねばちょっとは意味ありげだったのに残念。母親との再会シーンは良かったけど。



△「モンスターズ/新種襲来」(2014/英) ◆40点
◆原題「Monsters: Dark Continent」 ◆読み:もんすたーずしんしゅしゅうらい ◆鑑賞日2016/09/03 ◆レンタルBD ◆発売日2016/05/11
◆中東でモンスターが大繁殖。米国軍はモンスターと戦っていたが、中東の武力勢力とも同時に戦っていた。幼なじみで親友の米兵たちが派兵される
◆出演ジョニー・ハリス/サム・キーリー/ソフィア・ブテラ ◆監督トム・グリーン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50921&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8cadxeA__v4

対テロ戦争ドラマ。クトゥルフなモンスターとの戦いではなく人間のと戦いメイン。モンスターの存在で地獄を表現。
人間のやるせない怒りがモンスターを生んでいる。それが増幅され悪循環に陥っているテロとの戦いはやめろと言っていました。
モンスターの造形や動きは見ていて楽しいんだけど、大半を占めている人間ドラマに新味なく感情移入もできず退屈だった。



△「ウルフ・コップ」(2014/加) ◆50点
◆原題「WolfCop」 ◆読み:うるふこっぷ ◆鑑賞日2016/09/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/12
◆小さな町の飲んだくれ保安官は、友人から悪魔の儀式をやっている連中がいると通報があり調べに行くが襲われる。起きると聴覚や嗅覚が強くなっていた
◆出演レオ・ファファード/エイミー・マティシオ/サラ・リンド ◆監督ローウェル・ディーン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1905534
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=f_P4C8x9S28

駄目人間の保安官が狼男になって、急に保安官らしくなるB級コメディアクション。
父親のかたきをうつ要素あり。バディ要素ややあり。酒を飲めば飲むほど強くなる「酔拳」要素あり。
狼男への変身シーンはしょぼいが、脱皮で変身するのが目新しい。B級だがそこそこノリもよく楽しかった。



×「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015/米=独=インド) ◆20点
◆原題「Bridge of Spies」 ◆読み:ぶりっじおぶすぱい ◆鑑賞日2016/08/28 ◆レンタルBD ◆発売日2016/05/03
◆米ソ冷戦時代。ソ連のスパイが米国で捕まる。保険専門の弁護士が弁護するが、裁判で有罪となる。一方、米のスパイ航空機がソ連上空で墜落する
◆出演トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン ◆監督スティーブン・スピルバーグ
◆公式:http://www.foxjapan.com/bridgeofspies
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mBBuzHrZBro

米国の弁護士が他国と人質交換の交渉をする実話ドラマ。先が読める単純なお話しなのですごい眠気に襲われる。
友情、交渉術、民衆の糞さなど、どの要素も中途半端。弁護士のハッタリで国家機関が焦って動く痛快さが弱い。
米ソ冷戦や、ドイツの壁の歴史に詳しいと面白いのかも。トム・ハンクス(60歳)がかなり太って違う人みたい。



○「インタープラネット」(2016/オーストラリア) ◆60点
◆原題「Arrowhead」 ◆読み:いんたーぷらねっと ◆鑑賞日2016/08/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/03
◆犯罪者の男は宇宙船アローヘッド号に潜入しデータを盗み転送するが、なんらかの事故があり、とある衛星に不時着する。男は生存者の女性を発見する
◆出演ダン・モール/アレイシャ・ローズ/クリストファー・カービイ ◆監督ジェス・オブライエン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8450
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=UyqJF7WkC-g

地獄に落ちた人間が信仰心により神が与えた苦行を乗り越え、救世主となって地上に戻る難解系B級SF。
主人公は「真・女神転生」みたいな悪魔と人間のハーフになるのが特徴。うざいコンピュータは天使(信仰心)。
序盤の展開が理不尽で、全体にセリフが多いのが難点。主人公の俳優さんがカッコイイ。「七つの大罪」が微妙にあり。



△「エリザベス 神なき遺伝子」(2014/米) ◆40点
◆原題「Closer to God」 ◆読み:えりざべすかみなきいでんし ◆鑑賞日2016/08/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/03
◆博士はクローン技術による自分の新生児で女性の“エリザベス”を誕生させることに成功した。情報が漏れ公表すると、施設の外で反対デモが起こる
◆出演ジェレミー・チャイルズ/シェリーン・ニューマン/シャノン・ホップ ◆監督ビリー・セニース
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201605/dvd04.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sw94qSJX4UQ

人のクローンを創った科学者が、人々からの非難をうけるドラマ。遺伝子SF的な映像は皆無で古くさい雰囲気。
退屈だったが、終盤で呪怨の俊雄くん風な子供が家で次々と人を殺すホラーになってやや持ち直した。
俊雄くんがサタンで、エリザベスが神な感じ。人の未熟さゆえに、人の進化を促す存在はまだ許されないって内容。



×「赤ずきんvs狼男」(2016/米) ◆10点
◆原題「Little Dead Rotting Hood」 ◆読み:あかずきんVSおおかみおとこ ◆鑑賞日2016/08/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/03
◆祖母があやつる狼に襲われ女子高生が死ぬ。死体を剣と赤いローブと共に土に埋め祖母が手を切って血を流し自殺する。行方不明の女子高生を探す彼氏
◆出演エリック・バルフォー/ビアンカ・サントス/パトリック・マルドゥーン ◆監督ジャレッド・コーン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8444
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Bs6LBd43n4Q

人を襲う普通の狼が現れて保安官らが右往左往するのが大半の糞B級アクション。
ちょい有名俳優が登場。訳が分からない支離滅裂なダラダラストーリー。
ゾンビの女の人が弱すぎる。大きい狼人間のCGショボい。



△「クリード チャンプを継ぐ男」(2015/米) ◆30点
◆原題「Creed」 ◆読み:くりーどちゃんぷをつぐおとこ ◆鑑賞日2016/08/21 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/20
◆とある施設で喧嘩をして独房にいれられた少年の元に、とある女性が訪れ少年を引き取る。少年は死亡した元ヘビー級王者アポロの隠し子だった
◆出演マイケル・B・ジョーダン/シルベスター・スタローン/テッサ・トンプソン ◆監督ライアン・クーグラー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50678&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Uv554B7YHk4

ボクシング映画「ロッキー」シリーズ最新作。恋愛色が強すぎる。映画なのに対戦相手の強さを文字だけで表現するってビックリした。
試合が単なる殴り合いでドラマがなくボクシングじゃない。アポロの息子がコンプレックス解消のためにボクシングをはじめるってのも駄目。
プロボクサーが一般人を殴ったのに大騒ぎにならないってすごい設定だな。入場曲は父親の曲かね?、彼女の曲じゃなかったら最悪だな。



△「アクトレス〜女たちの舞台〜」(2014/仏=独=スイス) ◆40点
◆原題「Clouds of Sils Maria」 ◆読み:あくとれすじょゆうたちのぶたい ◆鑑賞日2016/08/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/27
◆大女優は20年前に大抜擢してくれた監督の授賞式に招かれ列車内でスピーチを考える。そんな折、マネージャーから監督が死亡したと知らされる
◆出演ジュリエット・ビノシュ/クリステン・スチュワート/クロエ・グレース・モレッツ ◆監督オリヴィエ・アサイヤス
◆公式:http://actress-movie.com/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Zup27u6tMzY

存在はしているが誰も気にしていないウェイターのような透明になることを恐れる女優が立ち直るドラマ。
若い女性マネージャーが友達や恋人みたいで、かつ終盤でいなくなるが、自分を支える自分っぽい感じ。
台本の練習と、女優の現状をごっちゃにして終始喋りまくるだけなので辛かった。モレッツさんが出演。



△「ラスト ナイツ」(2015/米) ◆50点
◆原題「Last Knights」 ◆読み:らすとないつ ◆鑑賞日2016/08/20 ◆レンタルBD ◆発売日2016/05/03
◆病に蝕まれたバルトーク卿は、帝王の大臣への賄賂を断り大臣に殴られるも反撃し切りつける。帝王はバルトーク卿に忠誠を誓った騎士に卿を処刑させる
◆出演クライヴ・オーウェン/アクセル・ヘニー/伊原剛志 ◆監督紀里谷和明
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0209
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=e44QilQbvB0

お馴染みの忠臣蔵を中世騎士に置き換えたアクション。この監督の持ち味が一切なくなっていた。
「キャシャーン」の漫画風アニメーション実写の躍進を期待したんだが、どうしてこうなった。
隊長以外のキャラ描写がおざなりすぎ。終盤の日本の時代劇風な剣術アクションも迫力なく残念。



○「ウォーリアー」(2011/米) ◆80点
◆原題「Warrior」 ◆読み:うぉーりあー ◆鑑賞日2016/08/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/04
◆アル中の父親から逃れるため母親とともに家を出た男は14年ぶりに父親の元に現れる。男は異種格闘技の試合にでるため父にトレーナー役を依頼する
◆出演ジョエル・エドガードン/トム・ハーディ/ニック・ノルティ ◆監督ギャヴィン・オコナー
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinema_items/detail/1431/lineup
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=I5kzcwcQA1Q

憎み合っていた家族が、ぶつかり合うことで許し合う異種格闘技アクションドラマ。かなりの良作だった。
試合は迫力があり盛り上がりがすごかった。妻が会場に来て死亡フラグを立てるなど上手い演出もあった。
ただ、軍うんぬんがあまり理解できなかった。試合中に知り合いの観客のカット割りが頻繁に入るのも邪魔だった。



△「クライム・スピード」(2014/加=ルクセンブルク) ◆40点
◆原題「American Heist」 ◆読み:くらいむすぴーど ◆鑑賞日2016/08/14 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/22
◆とある男が10年間の刑期を終えて出所。自動車整備の仕事をまじめにする弟に会いに行き、運転手の仕事をたのむ。銃声がして警察車両に追われる
◆出演ヘイデン・クリステンセン/エイドリアン・ブロディ/ジョーダナ・ブリュースター ◆監督サリク・アンドレアシアン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BAS-80778
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=QY_IOn0fsc0

兄弟愛を描く銀行強盗アクション。刑務所にいた理由などをハッキリさせず序盤はもやもやする。
最初から最後までセルフがかなり多く、しかも俺っていいこと言ってるって感じがして臭かった。
が、比べるのも何だが「火垂るの墓」の兄妹愛のようなものは良かった。ヘリ墜落シーンもまあまあ。



△「ヒトラー暗殺、13分の誤算」(2015/独) ◆50点
◆原題「Elser」 ◆読み:ひとらーあんさつ、13ぷんのごさん ◆鑑賞日2016/08/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/05/03
◆1939年。ヒトラーが演説するビアホールに時限爆弾を仕掛けた男が逮捕される。爆弾は爆発するがヒトラーは生存。首謀者を吐かせるため男を拷問する
◆出演クリスティアン・フリーデル/カタリーナ・シュットラー/ブルクハルト・クラウスナー ◆監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/795
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Jdx1yVYyVxs

ヒトラーを爆弾で暗殺しようとした実在の人物ゲオルク・エルザーの半生を描くまじめなドラマ。
当時の政治テロ犯が、今ではジャンヌ・ダルクなどのような「聖人」扱いですってお話。
「七つの大罪」が微妙にある。俳優陣の顔立ちが独特。色男じゃないのに女好きってのが強調されすぎ。



△「エベレスト」(2015/英=米=アイスランド) ◆30点
◆原題「Everest」 ◆読み:えべれすと ◆鑑賞日2016/08/13 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/22
◆1996年。妊娠中の妻がいる登山ガイドの男らはエベレスト登頂ツアーに出発する。エベレストは登山者でごった返していて、進むのも渋滞だった
◆出演ジェイソン・クラーク/ジョシュ・ブローリン/エミリー・ワトソン ◆監督バルタザール・コルマウクル
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33006
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5ZQVpPiOji0

自業自得の馬鹿の団体が、エベレスト登山で判断ミスをしまくって死にまくる実話の糞ドラマ。
勝手に死ぬのはかまわないが、CNNとか持ち出して脅して救助ヘリを要請するってなんだよ。
家族愛や仲間同士の助け合いあるが感動薄い。雪山をみてると体感温度が下がるのだけが利点。



△「グリーン・インフェルノ」(2013/米=チリ) ◆40点
◆原題「The Green Inferno」 ◆読み:ぐりーんいんふぇるの ◆鑑賞日2016/08/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/20
◆企業の森林伐採により原住民の集落が滅びる危機にあった。学生グループは現地に向かい過激な抗議をする。帰りに飛行機がジャングルに墜落する
◆出演ロレンツァ・イッツォ/アリエル・レビ/ニコラス・マルティネス ◆監督イーライ・ロス
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXP000050401/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FcpYPu9M3bw

食人族に襲われるホラー。せっかくキリストと12使徒がいて最後の晩餐までやって裏切りまであるのに聖書要素はそれだけ。
もっと恐ろしい勢いのあるホラーに出来ただろうに、少女に助けられるとか後半のコメディ強調展開が超グダグダ。
手足切断シーンでその後のスプラッターにも期待しすぎた。どうせなら「アダモちゃん」出せよ。数倍マシになるから。



×「ヴィジット」(2015/米) ◆10点
◆原題「The Visit」 ◆読み:う゛ぃじっと ◆鑑賞日2016/08/07 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/08
◆母は若いときに両親と喧嘩し家出をしていた。長らく疎遠だった両親に孫2人を会わせることにする。母は男と旅行に行き、孫2人だけで実家に行く
◆出演オリビア・デヨング/エド・オクセンボウルド/ピーター・マクロビー ◆監督M.ナイト・シャマラン
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33902
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=YfQnRjkuvaY

お爺ちゃんとお婆ちゃんの奇行に孫が困惑するPOVホラー。
目新しさの一切ないPOV。ダラダラ進行だけは一級。
これで家族が精神面で救われるってアホか。男の子に可愛さがなくラップもしらける。



△「I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE」(2015/米) ◆50点
◆原題「The Peanuts Movie」 ◆読み:あいらぶすぬーぴーざぴーなっつむーびー ◆鑑賞日2016/08/07 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/20
◆凧揚げに失敗してばかりのチャーリー・ブラウン。ある日、転校してきた赤毛の女の子に一目ぼれする。1950年の漫画「ピーナッツ」のアニメ映画化
◆出演ノア・シュナップ/ビル・メレンデス/マリエル・シーツ ◆監督スティーヴ・マーティノ
◆公式:http://www.foxjapan.com/peanuts-movie-the
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fVR4E6Q6u5g

何もかもマイナス思考の冴えない少年が転校生の女の子に恋をする3DCGアニメ。
原作の表情などの線を損なわずにCG化したのは○。キャラの特徴など原作はやっぱすごいな。
映画は、話が間延びしていて、スヌーピーの妄想と現実の接点もなく、やや退屈だった。



○「ブレイキング・ゴッド」(2014/オーストラリア) ◆60点
◆原題「The Mule」 ◆読み:ぶれいきんぐごっと ◆鑑賞日2016/08/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/06
◆冴えない男は皆勤賞でフットボールチームのMVPに輝く。幼なじみの男は、チームのタイ旅行で麻薬を運ぶため、冴えない男を運び屋に誘う
◆出演アンガス・サンプソン/リー・ワネル/ヒューゴ・ウィーヴィング ◆監督トニー・マホニー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=TADD-80769
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fl5Pu3b-V6U

善人と悪人がホテルの一室でうんこが出るのを待ち続けるドタバタ・ドラマ。
コメディだが、まじめ風。「七つの大罪」あり。今世紀最大級の汚ない映画だった。
神は土からアダムを創ったと言うが「糞」から創ったんじゃなかろうか。聖書でケツを拭けとかあるし。



△「ミケランジェロ・プロジェクト」(2013/米=独) ◆50点
◆原題「The Monuments Men」 ◆読み:みけらんじぇろぷろじぇくと ◆鑑賞日2016/08/06 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/06
◆第二次世界大戦の終戦間際。ドイツ軍は略奪した美術品をどこかに隠していた。美術品を取り戻すため、芸術に長けた男たちを集めた小隊を編成し探す
◆出演ジョージ・クルーニー/マット・デイモン/ケイト・ブランシェット ◆監督ジョージ・クルーニー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1925015
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=czYqP1jbPTk

おじいちゃん達が激戦地を後から訪問し感傷に浸る反戦ドラマ。ややコメディ風でまったりと進行。
「プライベート・ライアン」から戦闘シーンを無くした感じ。一連の彫刻シーンは感動の押し売りっぽい。
盛りのついた女のあからさまな誘いで全体が台無しに。ただ、家族のクリスマスソングは良かった。



×「ファンハウス」(2015/米) ◆20点
◆原題「The Funhouse Massacre」 ◆読み:ふぁんはうす ◆鑑賞日2016/07/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/06
◆殺人鬼たちを収容している施設に女性記者が訪れ看守らを殺し脱走させる。殺人鬼たちはハロウィンの夜にオバケ屋敷に来た客を殺しまくる
◆出演マット・エンジェル/ルネー・ドリアン/ロバート・イングランド ◆監督アンディ・パルマー
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcbe54668/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=A1CrsJgFqkU

ドラバタコメディの超糞B級オバケ屋敷ホラー。このオバケ屋敷はしょぼいけど実際にあったら楽しいと思う。
他の映画のパロディあるが中途半端。女警官のまじめなシーンが所々に挿入され、コメディの勢いがそがれ残念。
殺人鬼たちのキャラ作りは頑張っているが、独自の突出したキャラがおらず面白みに欠ける。



△「007 スペクター」(2015/英=米) ◆30点
◆原題「Spectre」 ◆読み:だぶるおーせぶんすぺくたー ◆鑑賞日2016/07/31 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/06
◆メキシコの死者の日。ボンドはテロを未然に防ぐが大騒動になり休職を言い渡される。ボンドは犯人から奪った蛸マークの指輪を手がかりに組織を追う
◆出演ダニエル・クレイグ/クリストフ・ヴァルツ/レア・セドゥ ◆監督サム・メンデス
◆公式:http://www.foxjapan.com/007spectre
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=z4UDNzXD3qA

スパイアクション第4弾。前半は景色が綺麗で良かった。後半は何処かで見たようなストーリー展開で面白くなかった。
たこが出てくるからクトゥルフ色が強いと期待したが微妙。義兄がナイアーラトテップっぽいけど威厳が足りない。
嫉みが主題となっており、義兄との関係を自分自身との戦いとして描いておらず中身が無かった。



△「エイリネイト 侵略地区」(2016/米) ◆30点
◆原題「Alienate」 ◆読み:えいりねいとしんりゃくちく ◆鑑賞日2016/07/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆原因不明の飛行機墜落事故が多発する。それは宇宙人の攻撃だった。とある男は出張先のデンバーから、妻のいる自宅のソルトレイクに車で向かう
◆出演ブレイク・ウェブ/テイタム・ラングトン/ジャクリン・ヘイルズ ◆監督マイケル・シャムウェイ
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=3934
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=R5GUMF4w2Ow

離婚の危機にある夫婦が結婚生活を振り返るB級ロードムービー風エイリアン地球侵略ドラマ。
異常にセリフが多く、しかも説教じみたつーか、名台詞自慢のような羅列で辛かった。
しょぼい人型エイリアン+機械に襲われるシーンは少なく、しかもトム・クルーズ版「宇宙戦争」のパクリ。



○「ポルターガイスト」(2015/米=加) ◆60点
◆原題「Poltergeist」 ◆読み:ぽるたーがいすと ◆鑑賞日2016/07/30 ◆レンタルD ◆発売日2016/04/02
◆家族は格安物件を購入し引っ越す。妹が誰もいないのに話しているのを兄が不思議がる。スピルバーグXトビー・フーパーの1982年ホラーのリメイク
◆出演カイル・キャトレット/ローズマリー・デウィット/ジャレッド・ハリス ◆監督ギル・キーナン
◆公式:http://www.foxjapan.com/poltergeist2015
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fhr8d1yxSP8

幼い妹を助ける、幼いお兄ちゃんを母親が誇らしく思う家族愛ホラー。父親いらないな。
怖さの表現は、リメイク元よりも随分暴力的に変わったが、後半は勢いがありかなり楽しめた。
霊能力者の夫婦キャラも良かった。前半はダラダラ展開し、特に金に無頓着な適当父親が駄目だった。



△「ゾンビマックス! 怒りのデス・ゾンビ」(2014/オーストラリア) ◆50点
◆原題「Wyrmwood」 ◆読み:ぞんびまっくすいかりのですぞんび ◆鑑賞日2016/07/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆流星群が目撃された夜にキャンプに来た男の友人がゾンビになる。一方、パンク系の写真を撮影する女性は役者がゾンビになり、妻子と暮らす兄に電話する
◆出演ジェイ・ギャラガー/ビアンカ・ブラッドリー/レオン・バーチル ◆監督キア・ローチ=ターナー
◆公式:http://eiga.com/movie/83682/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Mgo0ZWlK4pk

ゾンビアクション。お姉ちゃんや、科学者などキャラ的にはかなり良かった。
ゾンビを操れる能力が発動したり、ゾンビの血が燃料になるユニークな設定も良かった。
勢いもあり飽きない構成。反面、ストーリーやオチが無しに等しいので勿体無い気持ちになる。



△「恐怖ノ白魔人」(2014/仏) ◆30点
◆原題「Aux yeux des vivants」 ◆読み:きょうふのしろまじん ◆鑑賞日2016/07/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/06
◆妊娠中の妻が息子を殺そうとするが父親が妻を殺して阻止し逃げる。一方、親友の男の子3人は学校を抜け出し、廃墟となった映画の撮影所へいく
◆出演テオ・フェルナンデーズ/ザカリー・シャセリオー/ダミアン・フェルデル ◆監督ジュリアン・モーリー/アレクサンドル・バスティロ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1905494
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=JZrSWeNprAE

白いアルビノ体質の力持ちの人間が人を襲うホラー。怪物ではないで面白くなかった。
「スタンド・バイ・ミー」風な雰囲気で子供たちの家庭事情を嘆くのが本題なのかも。
前半はお洒落風なカット割りを多用してホラーじゃないみたい。終盤の移動の理不尽さも難点。



△「デビルズ・シティ」(2015/米) ◆40点
◆原題「Fire City: End of Days」 ◆読み:でびるずしてぃ ◆鑑賞日2016/07/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆人間界のアパートに住む悪魔。人間からは普通の人間の姿に見える。ある日、アパートの地下で少女が母の恋人に襲われそうになったのを悪魔が助ける
◆出演トビアス・ジェリネック/ダニエル・チャクラン/キーリー・アローナ ◆監督トム・ウッドラフ・Jr
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2016/post-13.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=H0GbrDxteG8

悪魔に少女を救う心が芽生え、神が介入し人間と悪魔の救世主となる超B級ホラー・サスペンス。
設定はエイリアンが人間社会で密かに暮らしていた「ゼイリブ」の悪魔版。セリフがかなり多く辛い。
映像も話しも役者も超B級で古くさいが、やや笑えるシュールな感じ。スタイル抜群の全裸の女の人がでてきます。



○「デッド・ノート」(2014/英=アイルランド) ◆70点
◆原題「Let Us Prey」 ◆読み:でっどのーと ◆鑑賞日2016/07/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆荒波から謎の男が現れる。新人警官の女性は男が車に轢かれるのを目撃するが消えていない。血痕があったため、運転していた青年を警察署に連行する
◆出演ポリアンナ・マッキントッシュ/リーアム・カニンガム/ダグラス・ラッセル ◆監督ブライアン・オマリー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201604/dvd01.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=J5Cskj8Asas

神がのさばらせている外道共をサタンが一ヵ所に集めて成敗するB級ホラー・サスペンス。
謎の男は「サタン」。新人警官は、神が監禁し楽園より追放されサタンの妻となった「リリス」。
サタンがある意味、人を助けているって設定はユニーク。音楽が微妙で残念。



△「グッドナイト・マミー」(2014/オーストリア) ◆30点
◆原題「Ich seh ich seh」 ◆読み:ぐっどないとまみー ◆鑑賞日2016/07/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆トウモロコシ畑や森で遊ぶ9歳の双子の兄弟。家に帰ると、手術で顔に包帯を巻いた母に厳しくされる。兄弟は母親が違う人ではないかと疑う
◆出演スザンネ・ヴェスト/エリアス・シュヴァルツ/ルーカス・シュヴァルツ ◆監督ヴェロニカ・フランツ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201604/dvd03.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HA8-r8e8Khg

子どもが狂って母親を虐待するオーメン系ホラー。お洒落風景多用で淡々と描くゆったりな展開。
序盤は母親が、中盤から子どもが変って手法。オチがかなり早い段階で分かってしまうのが難点
ゴキブリが大量に出てきます。一番恐いのが赤十字の人が家の中に勝手に入るところ。「十の災い」「七つの大罪」あり。



×「カリキュレーター」(2014/露) ◆10点
◆原題「Vychislitel」 ◆読み:かりきゅれーたー ◆鑑賞日2016/07/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/04/02
◆様々な惑星に住む未来の人類。とある惑星で、犯罪者たちが死刑のかわりに都市の外へと追放される。そこには人間を喰う植物のつたのような生物がいた
◆出演エフゲニー・ミロノフ/アンナ・チポフスカヤ/ヴィニー・ジョーンズ ◆監督ドミトリー・グラチェフ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201604/dvd07.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VfXwrfAm98w

管理社会から追放された男女が、ダラダラ歩き喋るだけのSFっぽい糞ロードムービー風。
話的にちんぷんかんぷん。触手みたいなものがタマにでてくるけど人間との合成が残念なレベル。
クトゥルフものかと思ったけど、ヘビやらイナゴやらが出てくるからアダムとイヴものっぽい。



△「サバイバー」(2015/米=英) ◆50点
◆原題「Survivor」 ◆読み:さばいばー ◆鑑賞日2016/07/16 ◆レンタルBD ◆発売日2016/04/06
◆ロンドンの米大使館で米への入国を狙うテロリストたちを阻止する仕事に就く外交官の女性は、医療ガスの専門医を不審者とするが英警察に怒られる
◆出演ミラ・ジョヴォヴィッチ/ピアース・ブロスナン/ディラン・マクダーモット ◆監督ジェームズ・マクティーグ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/HPXR-41
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=yvkhoqo6QQ4

テロに気付いた外交官の女性が、暗殺者に追われるサスペンスアクション。派手さも勢いもないが普通に見られた。
ミラ・ジョヴォヴィッチ(40歳)は普通の女の人役で残念。指名手配されているのに自由に行動しすぎ。
ピアース・ブロスナン(63歳)のターミネーター(ナイアーラトテップ)は適役で「007」より良かった。



△「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」(2015/米=独) ◆40点
◆原題「The Hunger Games: Mockingjay - Part 2」 ◆読み:はんがーげーむふぁいなるれぼりゅーしょん ◆鑑賞日2016/07/16 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/25
◆山の内部にある第2地区の基地を制圧した反乱軍。カットニスは撃たれるが復活。映画撮影部隊と多数のポッドが仕掛けられたキャピトルへと向かう
◆出演ジェニファー・ローレンス/ドナルド・サザーランド/ジュリアン・ムーア ◆監督フランシス・ローレンス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BASL-80770
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=n-7K_OjsDCQ

ジャンヌ・ダルクっぽい女の人が権力者に利用されるアクションの完結編。最後なのにかなりのダラダラ感。
罠が仕掛けてある街に行った目的がよくわかりませんでした。反乱軍が簡単に中心部を攻撃しているのが謎。
すっぴん顔がすごいヒロインの女優さんが、化粧ののりで顔がころころ変わるのが一番の見所か。



△「クリミナル・ミッション」(2015/米) ◆40点
◆原題「Criminal Activities」 ◆読み:くりみなるみっしょん ◆鑑賞日2016/07/10 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/23
◆バスに轢かれ死んだ友人の葬儀で再会した4人の男。インサイダー情報を得てマフィアから借りた金で株を買うが紙クズとなる。マフィアが取引を持ちかける
◆出演ダン・スティーヴンス/エディ・ガテギ/ジャッキー・アール・ヘイリー ◆監督ジャッキー・アール・ヘイリー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BAS-80767
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=QoYfdgskwqg

セリフをダラダラと垂れ流す特徴のないクライム・コメディ。
「シン・シティ」などとかぶっているキャラが多い感じ。
何故こうなったか、誰が勝者かのオチはクライム無関係だが、まあまあだった。



△「リトルプリンス 星の王子さまと私」(2015/仏=加) ◆50点
◆原題「The Little Prince」 ◆読み:りとるぷりんすほしのおうじさまとわたし ◆鑑賞日2016/07/10 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/23
◆名門学校の受験に失敗した9歳の女の子は、その学校の区域に引っ越して入学することに。隣の家には変なおじいさんが飛行機をつくっていた
◆出演ジェフ・ブリッジス/マッケンジー・フォイ/レイチェル・マクアダムス ◆監督マーク・オズボーン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50002&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fEPqgSNLfK8

少女が生と死と愛を学び、信仰心を育み、個性や自我を排除された地獄から抜け出すCGアニメ+ストップモーションアニメ。
原作がどうかは知らないが、この映画はダンテの「神曲」でした。王子はアダム、薔薇は神(信仰心)でした。
原作の素晴らしい独特のデザインが全編アニメーションするのを期待していたんだが、よくあるキャラデザインがメインで残念。



○「ヴィンセントが教えてくれたこと」(2014/米) ◆60点
◆原題「St. Vincent」 ◆読み:う゛ぃんせんとがおしえてくれたこと ◆鑑賞日2016/07/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/03/16
◆ギャンブルで借金漬けの酒浸り老人は、隣に引っ越して来た男の子のベビーシッターをすることに。喧嘩の方法を教え、バーや競馬場に連れていく
◆出演ビル・マーレイ/ジェイデン・リーバハー/メリッサ・マッカーシー ◆監督セオドア・メルフィ
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcbe55210/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=9dP5lJnJHXg

だらしない汚いじじいの人生観に、何も知らない男の子が影響される、やや泣けるコメディドラマ。
ビル・マーレイ (今65歳)が主人公。これって大きくなった息子が、自分の父親の人生を称えるお話だな。
身籠もっている娼婦が実の娘だと更によかったんだが、関係の説明がなく残念。あらゆる人種が登場するが意図伝わらず。



△「ドローン・オブ・ウォー」(2014/米) ◆50点
◆原題「Good Kill」 ◆読み:どろーんおぶうぉー ◆鑑賞日2016/07/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/03/16
◆元F−16戦闘機パイロットの少佐は、無人戦闘機の操縦士になりテロリストの監視とテロ施設の爆撃を遂行していた。ある日、新人が配属される
◆出演イーサン・ホーク/ゾーイ・クラヴィッツ/ブルース・グリーンウッド ◆監督アンドリュー・ニコル
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXE000050600/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pcDB6OZgqzo

遠隔操作で人を殺す能力を手に入れた男が静かに壊れてゆくドラマ。
天界(アメリカ)で神の命令に背き、勝手に人を裁いた天使が下界に追放され救われる話。
若い女とのシーンが全て邪魔で、これがなかったら、かなりマシになったのでは。



△「コードネーム U.N.C.L.E」(2015/米=英) ◆40点
◆原題「The Man from U.N.C.L.E.」 ◆読み:こーどねーむあんくる ◆鑑賞日2016/07/02 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/16
◆第二次世界大戦後の冷戦時代。核弾頭を作れる消えた科学者を探すためCIAとKGBが協力する。TVドラマ「0011 ナポレオン・ソロ」の映画化
◆出演ヘンリー・カヴィル/アーミー・ハマー/アリシア・ヴィキャンデル ◆監督ガイ・リッチー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50087&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=4K4Iv_N9Nno

家柄のことですぐにキレる男と、助こましの男によるややコメディのスパイ・バディムービー。助こましのキャラが印象薄い。
米ソ、東西、南北など対立する国の意地の張り合いを茶化しているのだろうが、その茶化し方がかなり軽く面白くない。
オードリー・ヘプバーン風のヒロイン(顔小さい)とのキスしそうでしない恋あり。終盤がダラダラしていた。



△「グランド・ジョー」(2013/米) ◆40点
◆原題「Joe」 ◆読み:ぐらんどじょー ◆鑑賞日2016/07/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/03/18
◆日々飲んだくれて働かない父親の暴力に耐える15歳の少年は、森林伐採事業を仕切る男と出会い仕事をもらう。父親も参加するがサボって怒られる
◆出演ニコラス・ケイジ/タイ・シェリダン/ゲイリー・プールター ◆監督デヴィッド・ゴードン・グリーン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2952?prev=search&keyword=%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=QbWjxlhmlu0

役に立たない木(人間)は、毒で枯れさせ伐採すればいい。そこに若い木(少年)を植えれば希望となると言うドラマ。
この土地柄で希望も糞もないだろと思った。犬がでているが少年を冥界に来させないように吠えるケルベロスかも。
主人公のおっさんが天使っぽい翼(鷹?)のTシャツを着ているが、少年を異常なほど気遣う理由が解せない。



△「PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜」(2015/米=英=オーストラリア) ◆50点
◆原題「Pan」 ◆読み:ぱんねばーらんどゆめのはじまり ◆鑑賞日2016/06/26 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/09
◆孤児院の玄関に捨てられた赤ん坊。少年になったピーターは母の手紙を発見する。他の孤児たちが消える謎を探るため、ピーターと友人は徹夜で見張る
◆出演リーヴァイ・ミラー/ギャレット・ヘドランド/ヒュー・ジャックマン ◆監督ジョー・ライト
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50008&c=2&p=3
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=tjW1mKwNUSo

ピーター・パンが自分の出生の真実を求める前日譚的な冒険ファンタジー。
「スター・ウォーズ」にほぼそっくり。フックのキャラがもろハン・ソロ。
終盤のクリスタルの世界は綺麗だった。主人公の少年が覚醒する感動が薄いのが難点。



×「トランスポーター イグニション」(2015/仏=中=ベルギー) ◆10点
◆原題「The Transporter Refueled」 ◆読み:とらんすぽーたーいぐにしょん ◆鑑賞日2016/06/26 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/09
◆強盗たちを倒して定年の父を迎えに行く男は運び屋だった。とある女性から依頼が舞い込むが荷物は女2人。断ると父が拘束された映像を見せられる
◆出演エド・スクレイン/レイ・スティーブンソン/ロアン・シャバノル ◆監督カミーユ・ドゥラマーレ
◆公式:http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=2019
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sU5lEfAkOGM

女に翻弄される男を描く糞アクション。
運び屋なのに格闘しかしていない糞。
とにかく全編糞としか言いようがない糞。



△「コンテンダー」(2015/米) ◆50点
◆原題「The Runner」 ◆読み:こんてんだー ◆鑑賞日2016/06/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/02
◆原油流出事故で地元民の救済を訴える下院議員はマスコミに取り上げられて上院議員を目指すことを決める。そんな折り、浮気が発覚し議員を辞職する
◆出演ニコラス・ケイジ/サラ・ポールソン/コニー・ニールセン ◆監督オースティン・スターク
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/HPXR-32
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sG3YXUBoroM

中年男の人生観を描くドラマ。主人公の政治家の浮気とか、マスコミとか、企業の裏工作など総じてくだらない展開。
ただ、本当に愛する人と過ごす幸福感、尊敬する年老いた父との関係、本妻との断ち切れない関係など良い部分もあった。
女優サラ・ポールソン(41歳)がチャーミングつーか、おばさんなのに可愛いのが良かった(乳首有り)。



△「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ3」(2015/米) ◆30点
◆原題「I Spit on Your Grave 3: Vengeance Is Mine」 ◆読み:あいすぴっとおんゆあぐれいう゛3 ◆鑑賞日2016/06/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/03/02
◆前作で外道を皆殺しにした女性は都会で暮らしていた。職場で好意的に話しかける男性も避けていた。ある日、レイプ被害で苦しむ人達のサークルに入る
◆出演サラ・バトラー/ジェニファー・ランドン/ガブリエル・ホーガン ◆監督R.D.ブラウンシュタイン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8247
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=A5wqcM6l624

レイプリベンジ・バイオレンスの第3弾。1作目の正当続編だが、レイプもリベンジも無しってどういうことだよ。
1作目の女の人がPTSDになって、被害者サークルでできた友達が殺され、狂って加害者に制裁を加える話し。
どうでもいい会話が異常なほど多く面白くなかった。制裁もチンコ切断、ケツの穴に鉄パイプだけで面白くない。



×「メイズ・ランナー2」(2015/米) ◆20点
◆原題「Maze Runner: The Scorch Trials」 ◆読み:めいずらんなー2 ◆鑑賞日2016/06/19 ◆レンタルBD ◆発売日2016/03/02
◆巨大迷路を脱出した若者達は、何者かに助けられシェルターへと逃げ込む。そこで違うシェルターから逃げた若者達が名前を呼ばれる順番を待っていた
◆出演ディラン・オブライエン/ローサ・サラザール/エイダン・ギレン ◆監督ウェス・ボール
◆公式:http://www.foxjapan.com/maze-runner-the2
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=-44_igsZtgU

若者達が居場所を求めて奔走するサバイバルアクション第2弾。敵が味方に、味方が敵にの繰り返し。
今回も「アイランド」→ゾンビ→「ターミネーター4」など前作同様パクリのオンパレードで価値無し。
貴重な存在の子ども達を前作で危険な目にあわせて何をしたいのか支離滅裂。短髪女子との恋愛も変。



×「ゲームメイカー 消えたジグソーパズルと巨大迷路の秘密」(2014/アルゼンチン=加=伊) ◆10点
◆原題「The Games Maker」 ◆読み:げーむめいかーきえたじぐそーぱずるときょだいめいきゅうのひみつ ◆鑑賞日2016/06/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/03/02
◆10歳の男の子は誕生日に両親と来た遊園地で楽しめないでいた。帰り際に弓矢の射的ゲームでもらった景品からボードゲームコンテストを知り応募する
◆出演デヴィッド・マズーズ/メーガン・シャルパンティエ/ジョセフ・ファインズ ◆監督フアン・パブロ・ブスカリーニ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8235
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=F66dsn_NLqo

何の楽しみも湧かない少年が、その要因が血筋や家柄にあると妄想する子ども向け冒険ファンタジー。セリフ多く退屈で眠い。
父親と祖父の仲の悪さや、父親からの過度な期待が重荷になっている少年の心境を、やや楽しげに表現していました。
自分を演じる自分(ドッペルゲンガー)につっこんだり、両親を消したいが期待に応えたいなどを描写した軽いホラーでもあった。



△「インシディアス[序章]」(2015/加=米) ◆40点
◆原題「Insidious: Chapter 3」 ◆読み:いんしでぃあすじょしょう ◆鑑賞日2016/06/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/24
◆高校卒業が間近の女の子は、乳がんで亡くなった母親の気配がすると霊媒師を訪ねるが失敗。その後、女の子は演劇学校の面接の帰りに車にはねられる
◆出演リン・シェイ/ステファニー・スコット/ダーモット・マロニー ◆監督リー・ワネル
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80713
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=3HxEXnVSr1w

オカルトホラー第3弾。幽霊が女の子に取り憑き、霊媒師が戦うよくある展開で特徴がなかった。
霊媒師のおばーちゃんが主人公で、人生の目的を再認識して晴々ほっこりする話しはまあまあ。
1作目でユニークだった、ウォークスルーのお化け屋敷っぽいシーンはあるが、あまり楽しくなかった。



○「INFINI/インフィニ」(2014/オーストラリア) ◆70点
◆原題「Infini」 ◆読み:いんふぃに ◆鑑賞日2016/06/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/24
◆90%が貧困者の近未来。瞬時に転送する技術で貧困者を遠くの惑星で労働させていた。ある星で異常事態が発生し帰還した調査隊が狂い基地が全滅する
◆出演ダニエル・マクファーソン/ルーク・ヘムズワース/アンディ・ロドレーダ ◆監督シェーン・アビス
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2951?prev=search&keyword=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%8B
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=s4l_lHGMhlw

地獄の最下層の閉鎖空間で何かに感染した人間が争うクトゥルフSFサスペンスホラー。
クリーチャーは一切出ないが、ショゴスに襲われる「遊星からの物体X」風で面白かった。
役者陣の演技も良かった。ラストに人間がショゴスに説教をするのが人類への戒めでユニーク。



×「ダイバージェントNEO」(2015/米) ◆20点
◆原題「The Divergent Series: Insurgent」 ◆読み:だいばーじぇんとねお ◆鑑賞日2016/06/12 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/19
◆5つの派閥がある世界。博学の女リーダーは全派閥の支配を企む。阻止するために、全ての要素を持つ女性トリスは恋人の教官や弟を助け逃げていた
◆出演シェイリーン・ウッドリー/テオ・ジェームズ/マイルズ・テラー ◆監督ロベルト・シュヴェンケ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/divergent_neo/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=suZcGoRLXkU

近未来の管理社会から救世主が誕生するアクション第2弾。すべての派閥で暴力的な面が目立ちすぎて派閥の意味なし。
パンドラの箱が急にでてくるなど、追う側も追われる側も目的が1つに定まっておらず話がごちゃごちゃになっていた。
支離滅裂な展開を、壁が粉々になる意味の無い派手な映像で誤魔化していた。恋愛要素もほぼ無くなっていいとこ無し。



△「ナイトクローラー」(2014/米) ◆30点
◆原題「Nightcrawler」 ◆読み:ないとくろーらー ◆鑑賞日2016/06/12 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/03
◆不眠症の男はマンホールや金網を盗み売って生計を立てていた。ある日、事故現場で報道映像を売って稼ぐフリーのカメラマンの存在を知り挑戦する
◆出演ジェイク・ギレンホール/レネ・ルッソ/リズ・アーメッド ◆監督ダン・ギルロイ
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/772
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=X8kYDQan8bw

孤独な不眠症の男が天職にめぐり合う「水を得た魚」ビジネスハウツードラマ。金が無いのにスマホを持つは風刺かね。
警察密着24時みたいな映像(しかも映画内の作り話の映像)の長時間の垂れ流しで面白くなかった。
男の性格やオチが予想の範囲内。男が自殺し、その映像が報道され、女が素晴らしいって言えば幾分マシだったのでは。



△「ジョン・ウィック」(2014/米) ◆30点
◆原題「John Wick」 ◆読み:じょんうぃっく ◆鑑賞日2016/06/11 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/17
◆足を洗った殺し屋ジョン・ウィックは愛する妻が亡くなって消沈していた。そんな折り、妻からの最後のプレゼントの子犬が届くが、強盗に押し入られる
◆出演キアヌ・リーブス/ミカエル・ニクヴィスト/ウィレム・デフォー ◆監督チャド・スタエルスキ
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXP000050373/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=C0BMx-qxsP4

人間界で愛を知った死神が、自業自得の逆恨みで地獄に舞い戻り、悪魔共を浄化するアクション。
かなり腕が錆びた設定なのか、撃った弾の数を覚えていないなど主人公の動きに切れが無く残念。
銃を撃って格闘して、カーアクションするだけで、重要な最強対決もなく面白くなかった。ラストの犬泥棒に唖然。



○「エクソシストVSダーク・ウィッチ」(2015/伊) ◆60点
◆原題「Darkside Witches」 ◆読み:えくそしすとばーさすだーくうぃっち ◆鑑賞日2016/06/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/05
◆1500年代に魔女が火あぶりの刑になる。現在。ガーゴイルが人を殺す。魔女たちが復讐で悪魔を降臨するために、包帯の神父の指示で人を殺していた
◆出演バーバラ・ブーシェ/ジェラール・ディーフェンタール/アンナ・オルソー ◆監督ジェラード・ディーファンタル
◆公式:http://www.darksidewitches.com/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=GlaHcZM-sYc

魔女が悪魔を降臨させ、エクソシスト神父が阻止しようとするB級ホラー。CG合成やスプラッタは残念なレベル。
おっぱいを惜しみなく出して、序盤は外国の安物ポルノ映画の雰囲気。その手のやや綺麗な女優さんが勢揃い。
その後は数十年前の良作ホラー映画な展開と雰囲気で楽しめた。悪魔はイフリートっぽい姿をしたベリアルな感じ。



△「ダークフロアーズ」(2008/フィンランド=アイスランド) ◆40点
◆原題「Dark Floors」 ◆読み:だーくふろあーず ◆鑑賞日2016/06/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/01/23
◆赤いクレヨンに固執する病気の娘の治療が進まず業を煮やした父親は、娘を車椅子に乗せて病院を出ようとする。ハードロックバンドLORDiが原案・出演
◆出演ノア・ハントレー/ドミニク・マクエリゴット/スカイ・ベネット ◆監督ピート・リスキ
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=1096568097&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ue8K4WuU6b8

地獄に落とされた数人がパンシーや、ルシファーみたいな化け物に襲われるB級ホラー。
女の子の病気の原因が一切語られていないので、なぜ病院が急に地獄になったのか謎。
怪物が力任せに襲うシーンと、闇が迫るシーンがあり、違う2つの怖さを取り入れ中途半端に。



△「エネミーオブU.S.A」(2009/米) ◆30点
◆原題「Echelon Conspiracy」 ◆読み:えねみーおぶゆーえすえー ◆鑑賞日2016/06/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/03/05
◆コンピューターハード技師の男は、出張先のホテルに謎の携帯電話が届く。メールの指示に従うと航空事故を避けれたり、カジノで大儲けをするが…
◆出演シェーン・ウェスト/エドワード・バーンズ/ヴィング・レイムス ◆監督グレッグ・マルクス
◆公式:http://culture-pub.jp/dvd/suspense/enemy-of-usa.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=79MpCX7mQCM

何者かに携帯で指示される「イーグル・アイ」っぽい、ややコメディの糞サスペンス・アクション。
ちょっとは名の知れた俳優陣を起用し、かつ複数の国でロケをしたかのような感じなのに糞。
超ダラダラ展開が辛い。糞遅いコンピューターなどつっこみ所満載。ラストで謎の大金ゲットで苦笑。



△「メッセージ そして、愛が残る」(2008/独=仏=加) ◆50点
◆原題「Afterwards」 ◆読み:めっせーじそしてあいがのこる ◆鑑賞日2016/06/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/04/08
◆川辺で遊ぶ子供二人。女の子が川に落ちそうになり親を呼びに行く男の子は車にはねられるも助かる。大人になり二人は結婚するが赤子を亡くし別居する
◆出演ロマン・デュリス/エヴァンジェリン・リリー/ジョン・マルコビッチ ◆監督ジル・ブルドス
◆公式:https://www.toho.co.jp/dvd/item/html/TDV/TDV21074D.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5r4lXWD3Y0w

神からの使命を忘れた男に天使が接触し、人生の意義を問い軌道修正させるドラマ。
医師は天使であり信仰心そのもの。告解あり。一夜だけ咲くサボテンの花で人生の儚さを表現。
オチが予想できるのが難点だが、生き返った理由が「運命の彼女を愛するため」だったのは良かった。



△「戦慄病棟」(2015/米) ◆40点
◆原題「Exeter」 ◆読み:せんりつびょうとう ◆鑑賞日2016/05/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/05
◆知的障害や精神異常の子供たちを集めた精神病院では虐待が行われていたため閉鎖される。現在。その廃墟で若者たちがパーティをひらく
◆出演ケリー・ブラッツ/ブリタニー・カラン/スティーヴン・ラング ◆監督マーカス・ニスペル
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=2841032693&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=SBoI-R4mhkg

若者達が大騒ぎする悪魔系ホラー。終盤の顔を切断するスプラッタは良かった。
廃墟、超能力、悪魔祓い、こっくりさんなどホラーの定番が全部入り。主役のおっぱいなし。
ただ、最初から最後まで超大騒ぎで疲れる。大騒ぎしすぎなのにコメディが中途半端。



○「パラドクス」(2014/メキシコ) ◆60点
◆原題「El Incidente」 ◆読み:ぱらどくす ◆鑑賞日2016/05/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/03
◆刑事に追われた兄弟が逃げ込んだ非常階段は1階に辿り着くと、その下は最上階の9階だった。一方、喘息の娘がいる家族はドライブで同じ道を走る
◆出演ハンベルト・ブスト/エルナン・メンドーサ/ハーナン・メンドーサ ◆監督アイザック・エスバン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201602/dvd01.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=UmguoYYgkF4

階段や道路がループして延々と続き抜け出せなくなる無間地獄パラレルワールドSFサスペンス。
途中までよくある展開だが、35年も抜け出せなくなって歳をとって死ぬのが、かなり目新しかった。
序盤の3人と家族の演技が大根でイラっとくるのが難点。ラストの花嫁に若い人がいないとループ終わるけど?。



△「400デイズ」(2015/米) ◆50点
◆原題「400 Days」 ◆読み:400でいず ◆鑑賞日2016/05/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/03
◆4人の宇宙飛行士は、火星探査の前実験のため地下施設で400日を過ごすことになる。キャプテンは、乗組員の医師の女性と別れたばかりだった
◆出演ブランドン・ラウス/ケイティ・ロッツ/デイン・クック ◆監督マット・オスターマン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8156
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=KL0388Pp2DA

B級SFサスペンス・ホラー。宇宙無し。終盤はスプラッタ無しの人喰い村風ホラー。
中盤までが、よくある閉鎖空間での監禁の実験だが、幻覚に悩まされる描写が穏やか。
地上に何があったのかのサスペンスは○。「スーパーマン リターンズ」のハンサム俳優が出ています。



×「私はゴースト」(2012/米) ◆20点
◆原題「I Am a Ghost」 ◆読み:わたしはごーすと ◆鑑賞日2016/05/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/03
◆ゴシック風の家に住む女性は目玉焼きをつくり朝食を食べ、買い物に行き、掃除をすることを繰り返していた。ある日、霊媒師を名乗る声がする
◆出演アンナ・イシダ/ジーニー・バロガ/リック・バーカート ◆監督H・P・メンドーサ
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2936?prev=search&keyword=%E7%A7%81%E3%81%AF%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VrbxEo60DyA

地縛霊が霊媒師に話しかけられて死の秘密を思い出す、糞まじめ風なB級ゴシックホラー。
日系っぽい女優のほぼ一人芝居。同じ事の繰り返しを延々と見せられて退屈。
呪怨の俊雄くんが大きくなって登場。自殺したら天国に逝けず無間地獄に陥る。



△「ザ・リディーマー」(2014/チリ=米) ◆30点
◆原題「Redeemer」 ◆読み:ざりでぃーまー ◆鑑賞日2016/05/22 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2016/02/03
◆砂漠で男が上半身裸の男に1発の弾をこめた銃をわたし、さ迷うか自殺を選択させる。男は助かり、教会で聞いた悪党に制裁を加える旅をしていた
◆出演マルコ・サロール/ロレト・アラベナ/ノア・セガン ◆監督エルネスト・ディアス・エスピノーザ
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2803?prev=search&keyword=%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=KOh9mu8_uhc

人を殺してきた自分の罪滅ぼしで、悪人を殺す格闘アクション・ドラマ。主人公は寡黙系。
コミカルな金持ちや最強対決など、ジャッキー・チェンの格闘映画とほぼ同じ構成。
格闘は立ち技と寝技の応酬で本格的だが見せ方が普通すぎる。キャラ的特徴も薄く総じて面白みに欠ける。



×「フルリベンジ」(2014/米=仏) ◆20点
◆原題「Hidden in the Woods」 ◆読み:ふるりべんじ ◆鑑賞日2016/05/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/03
◆麻薬の保管人の父親に姉が犯され子供を産む。11年後、妹も犯され姉が警察を呼ぶが、父親が警官を殺し刑務所へ。ギャングは麻薬を探すため姉妹を追う
◆出演ジャニーン・カスパー/マイケル・ビーン/ウィリアム・フォーサイス ◆監督パトリシオ・ヴァラダレス
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201602/dvd02.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=UsyCjVtMJlI

逃げる姉妹をチンピラが追う超ダラダラ展開の糞B級ドラマ。復讐なし。はしょりまくる編集が糞。
銃を撃てるのに撃たないなど突っ込み所満載。姉妹は美人だが乳首なし。妹のぷりぷり生尻は○。
個性的な面の役者が勢揃いしているのが唯一の長所。「ターミネーター」のマイケル・ビーンが怪演。



△「監禁/レディ・ベンジェンス」(2015/米) ◆40点
◆原題「Bound to Vengeance」 ◆読み:かんきんれでぃべんじぇんす ◆鑑賞日2016/05/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/03
◆ビデオを撮る彼氏と遊園地で遊ぶシーンを思い出す女性は何者かに監禁されていた。ある日、レンガで犯人を殴り脱出に成功。他の監禁女性の存在を知る
◆出演ティナ・イヴレフ/リチャード・タイソン/ビアンカ・マリノウスキー ◆監督ホセ・マヌエル・クラビオト
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCBE000054663/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=JKFy82lkLnc

監禁された女性が脱出し、犯人を銃で脅し、他の女性を助けまわるリベンジ・サスペンス。
犯人がセリフで「次に行くところがすごい」と期待を煽りまくるのが特徴。
で、到着の度にガッカリするパターンの連続。さっさと警察行けよと最初につっこみ。



○「死霊のいけにえ」(2015/米) ◆80点
◆原題「Hell Fire」 ◆読み:しりょうのいけにえ ◆鑑賞日2016/05/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/03
◆サタンの息子は能力に目覚める。一方、4人娼婦は大金の情報をつかみ、チンピラを襲い皆殺しにする。情報を知るサタンの息子をとある家で拷問する
◆出演ケイトリン・マリー・マーシャル/ジェネス・カーター/J.スコット・グリーン ◆監督マーク・フラット
◆公式:http://www.amg-films.jp/product/1043
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=9B5AMvLNNDk

生まれる前の救世主を守るため、神と悪魔が遣わした使途が、とある家で戦うB級ドタバタコメディ黙示録ホラー。
最初から最後まで女共がギャーギャー喋りっぱなしで超うざいが、うざいを通り越せばかなり楽しい。
色調やハイテンションなノリなどグラインドハウス系。女優陣の演技が良い。チラ見せスプラッタも良い感じ。



○「ギヴァー 記憶を注ぐ者」(2014/米) ◆70点
◆原題「The Giver」 ◆読み:ぎう゛ぁーきおくをそそぐもの ◆鑑賞日2016/05/15 ◆レンタルBD ◆発売日2016/01/20
◆平等で争いもない世界が築かれ、職業も長老委員会によって決められる世界。青年は「記憶を受け継ぐ者」に指名され、人類の真実を知ることとなる
◆出演ブレントン・スウェイツ/オデイア・ラッシュ/ジェフ・ブリッジス ◆監督フィリップ・ノイス
◆公式:http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000OMX7V
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=iJNNugNe0Wo

管理社会から救世主が誕生し人類を解放する近未来サスペンス・アクション。「セフィロトの樹」がテーマ。街の道の模様が「セフィロトの樹」風。
知識、愛などの美、強さ、知恵などを身につけ、今作は「神」ではなく「人間」の完成形となる過程を描いています。禁断の果実もあからさまにあった。
洗脳されていることを表現するモノクロシーンが多くテレビの故障が心配になる。洗脳が解けるのに、みんなと一緒に普段の生活を続けさせる設定が謎。



○「ファンタスティック・フォー」(2015/米) ◆70点
◆原題「Fantastic Four」 ◆読み:ふぁんたすてぃっくふぉー ◆鑑賞日2016/05/15 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/03
◆物質転送装置を発明した少年は、7年かけ友人と共に物質を転送後に戻せることに成功する。とある財団がスカウトし本格的な装置を完成させる
◆出演マイルズ・テラー/ケイト・マラ/ジェイミー・ベル/マイケル・B・ジョーダン ◆監督ジョシュ・トランク
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=15453
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_rRoD28-WgU

ヒーロー4人が出会い、能力を身につける発端を描くアクション。今回はコメディ色が薄く良かった。
幼少期や、転送装置の設計を中盤まで延々とトラブルも無く垂れ流していたが、そこで各キャラをしっかり描いていた。
その後はAKIRAやエヴァ等でお馴染みのサードインパクト人類浄化系で楽しめた。相変わらずゴム人間が一番しょぼいな。



○「コングレス未来学会議」(2013/イスラエル=独=ポーランド=ルクセンブルク=ベルギー=仏) ◆60点
◆原題「The Congress」 ◆読み:こんぐれすみらいがっかいぎ ◆鑑賞日2016/05/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/02/02
◆44歳の女優は引退し、当人のCG俳優がその後も活躍する契約を映画会社と結ぶ。20年後、映画会社は様々な人物になれる薬を開発。彼女は式典に出席する
◆出演ロビン・ライト/ジョン・ハム/ポール・ジアマッティ ◆監督アリ・フォルマン
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcbe55183/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=zkDyKWKNeaE

アイデンティティーを捨て、初老となった元女優が、生と死の狭間で人生を再考する近未来ドラマ。
愛する男性よりも、愛する息子と一心同体となることが、母親としての幸福だと言っています。
話の雰囲気は「インセプション」に近い感じ。独特の絵柄のアニメが大半を占めているのが特徴。



△「ブラック・シー」(2014/英=米=露) ◆40点
◆原題「Black Sea」 ◆読み:ぶらっくしー ◆鑑賞日2016/05/14 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/03
◆妻子と別れた男は11年勤めた海洋サルベージ会社をクビになる。そんな折り、莫大な金塊を積んだUボートが沈んでいるのを発見したとの情報を得る
◆出演ジュード・ロウ/ボビー・スコフィールド/スクート・マクネイリー ◆監督ケヴィン・マクドナルド
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXE000050583/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OwGclAAIpx4

金に目がくらんだ貧乏人どもが、地獄に落ちて閉鎖空間でいがみあう潜水艦ドラマ。
「七つの大罪」がテーマ。ラストは例の如く自己犠牲だが、告解は無かった。
途中から急にみんなで協力するのが中途半端。誰か一人になるまで殺し合えばよかったのに。



△「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015/米) ◆50点
◆原題「Star Wars: The Force Awakens」 ◆読み:すたーうぉーずふぉーすのかくせい ◆鑑賞日2016/05/14 ◆レンタルBD ◆発売日2016/05/04
◆エンドアの戦いから30年後。銀河帝国の残党が新組織を築きレジスタンスと戦っていた。姿を消したルークの居場所の地図を巡り村が襲撃される
◆出演デイジー・リドリー/ジョン・ボイエガ/アダム・ドライバー ◆監督J.J.エイブラムス
◆公式:http://starwars.disney.co.jp/movie/force.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sGbxmsDFVnE

過去作を全部入れてかき混ぜたSF大河ドラマ第7弾。誰が誰の子供かを妄想して楽しむ要素が強い。お馴染みの感動音楽の使い方が微妙。
なんちゃって「スター・ウォーズ」みたいな感じの新キャラの連続でこりゃ駄目だと思ったが、ハン・ソロやレイアが出てきて一安心。
ヒロインが修行もなしに急にフォースを使い出し、あげくソロの息子と対等に戦うってのは駄目。ソロの息子が祖父を崇拝した経緯が謎。



△「ピエロがお前を嘲笑う」(2014/独) ◆50点
◆原題「Who Am I - Kein System ist sicher」 ◆読み:ぴえろがおまえをあざわらう ◆鑑賞日2016/05/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/08
◆殺人の容疑で国際指名手配中の天才ハッカーの青年は、警察に出頭し事の顛末真相を語り出す。バイトのピザ屋の配達先で、とある女性に一目惚れし…
◆出演トム・シリング/エリアス・ムバレク/ハンナー・ヘルツシュプルング ◆監督バラン・ボー・オーダー
◆公式:http://pierrot-movie.com/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ynW6Ys3LLAQ

気の合う仲間と楽しい時間を過ごすハッカー・サスペンス。「ファイト・クラブ」と似ていると思ったら、映画内の部屋にポスター貼ってあった。
真犯人が捕まったのに別人になる必要があるのか疑問だったが、証人保護プログラムって裕福な生活が税金で保証されるそうです。
真犯人が全く出てきていない人だったのでガッカリ。いくらマヌケ扱いでも警察の女性責任者が何も調べず話を鵜呑みにするってのがありえない。



○「チャイルド44 森に消えた子供たち」(2015/チェコ=英=ルーマニア=ロシア=米) ◆70点
◆原題「Child 44」 ◆読み:ちゃいるど44もりにきえたこどもたち ◆鑑賞日2016/05/08 ◆レンタルBD ◆発売日2016/01/06
◆1953年スターリン政権下のソ連。秘密警察の部下の子供が死体で発見されるも事故扱いになる。一方、捜査官の妻にスパイ容疑がかけられる
◆出演トム・ハーディ/ノオミ・ラパス/ゲイリー・オールドマン ◆監督ダニエル・エスピノーサ
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinema_items/detail/1326/lineup
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Uia6y9SRsj4

言論や思想が抑圧された世界で、監視者の長が反逆者となり愛する女性と共に戦うドラマ。俳優陣がやや豪華。
戦争がもたらした悲劇を様々な角度から描き、スターリン主義っぽい地獄から抜け出す様もスリリングだった。
大筋がガンカタ無しの「リベリオン」とそっくりだけど面白かった。ラストの泥だらけの殴り合いは役者の判別がしにくい。



△「ワールド・オブ Z」(2014/イスラエル) ◆40点
◆原題「Another World」 ◆読み:わーるどおぶZ ◆鑑賞日2016/05/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆ゾンビ化した人間と戦う軍人の男と、エンジニアの男は、病院で姉妹と出会い行動を共にする。脇腹にキズのある感染疑いの男を殺さずに逃げる
◆出演カール・マククリスタル/スサンネ・クシュヴェントナー/ザック・コーエン ◆監督エイタン・ルーベン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8060
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OMJJfwzVPfo

黙示録と天地創造を持ち出した糞B級ゾンビアクション。4人の男女が喋るだけのシーンが大半。
科学者フランケンシュタインとかぶる人が、人間の傲慢さと存在意義をセリフで長々と説教するのは悪くなかった。
恐竜が絶滅した理由にウィルス説をあげていたのが面白いと思った。映画は間違い無く糞だけど。



△「アース・トゥ・エコー」(2014/米) ◆40点
◆原題「Earth to Echo」 ◆読み:あーすとぅえこー ◆鑑賞日2016/05/07 ◆レンタルBD ◆発売日2015/12/02
◆高速道路建設のために町全体が退去を迫られていた。親友の少年3人は別れの日に地図が携帯電話に映し出され、深夜に自転車で向かう
◆出演テオ・ハーム/ブライアン・“アストロ”・ブラッドリー/リース・ハートウィグ ◆監督デイヴ・グリーン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1871094
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=YJgIv_hrjdg

子供達が宇宙人を助けるために自転車で奔走するPOV−SF。宇宙人との心の交流度合いは薄い。
「スタンド・バイ・ミー」や「E.T.」、ゲームの「MOTHER」っぽい感じ。
宇宙人はフクロウ+虫みたいな機械生命で、やや可愛い。見所はトレーラーがバラバラになるところだけ。



○「エンド・オブ・オデッセイ」(2013/西=ラトビア=露) ◆60点
◆原題「The Cosmonaut」 ◆読み:えんどおぶおでっせい ◆鑑賞日2016/05/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆1975年ソ連。月面着陸に成功した男は月を飛び立つと地球へ帰還できなくなった。7ヶ月後、ポッドが地球に帰還。男は中にいなかった
◆出演カトリーネ・デ・カンドーレ/レオン・オッケンデン/マックス・ロッツリー ◆監督ニコラス・アルカラ
◆公式:http://www.twanet.jp/1368eoo-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=qfWupfPnFYc

男2人の友情と女性への愛を、米ソの宇宙開発競争になぞって描く三角関係SFラブストーリー。
本当に愛し合う男女は、遠く離れた世界にいても、お互いを感じることができると言っています。
廃墟と化した思い出の場所に彼女が来れば、そこが楽園となろう。エンドロールが長いが音楽はまあまあ。



△「ザ・ファントム」(2014/カザフスタン) ◆30点
◆原題「Hunting the Phantom」 ◆読み:ざふぁんとむ ◆鑑賞日2016/05/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆全世界の人々に行動を常に監視するIDを埋め込んだ近未来。犯罪数は大幅に減少したが、ある日、IDのない武装集団がビルを占拠し金を奪う
◆出演サンザール・マディエフ/ニキータ・プレスニャコフ/クリスタナ・ローケン ◆監督マリーナ・クナロヴァ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8070
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VuIaGl5GHNE

超うんこのカザフスタン製B級近未来アクション。「ターミネーター3」のT−X役クリスタナ・ローケンが出演。
カザフスタンってどこだよ。近未来的な物は透明の操作盤のみ。ヘリのビル激突、大型輸送機の墜落などCGは頑張っていた。
状況の説明不足や無茶苦茶な急展開が連続し、全編で「鳩が豆鉄砲を食ったようになる」のは逆にすごいかも。



○「KINGSMAN / キングスマン」(2014/英=米) ◆60点
◆原題「Kingsman: The Secret Service」 ◆読み:きんぐすまん ◆鑑賞日2016/05/05 ◆レンタルBD ◆発売日2015/12/23
◆どこの国にも属さない国際諜報機関「キングスマン」。身を挺して同僚を爆弾から救った男の息子を、新人候補としてスカウトする
◆出演タロン・エガートン/ソフィア・ブテラ/サミュエル・L・ジャクソン ◆監督マシュー・ヴォーン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLQ-80699
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kl8F-8tR8to

貧乏人が金持ちを一掃する黙示録ブラックコメディ。首の傷は獣の刻印。つまり反キリストとの戦いが題材。
宗教は暴力の歴史ってのを描いているのかもしれんが、暴力で笑いをとる手法の連続は流石に胸糞悪い。
こんな暴力ものを捧げらてれても、監督の亡き母も、ついでにイエス様も草葉の陰で泣いていると思うぞ。



◎「クーデター」(2015/米) ◆90点
◆原題「No Escape」 ◆読み:くーでたー ◆鑑賞日2016/05/05 ◆レンタルBD ◆発売日2016/01/20
◆アジアのとある国でクーデターが勃発。水道の支援事業のために赴任した家族が滞在するホテルに民衆が押し入り外国人が次々殺される
◆出演オーウェン・ウィルソン/レイク・ベル/ピアース・ブロスナン ◆監督ジョン・エリック・ドゥードル
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50573&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VFpK71yBv1s

知らずに悪事に足を突っ込む寸前の家族が、地獄から抜け出し、幸せを実感するホラーアクション。
民衆の暴動がゾンビのようで、かなり恐かった。その描き方は「ブラックホーク・ダウン」に匹敵する感じ。
ラストのアメリカとベトナムの関係も良かった。幼い子供で危険度を煽りすぎなのが許せれば、ホラー的にかなりの秀作。



△「ザ・レジェンド」(2014/中=加=米) ◆40点
◆原題「Outcast/白幽靈傳奇之絶命逃亡」 ◆読み:ざれじぇんど ◆鑑賞日2016/05/05 ◆レンタルBD ◆発売日2016/01/13
◆十字軍の騎士は無益な戦いに疲れ、極東・中国の地でアヘンを依存症に。一方、長男に暗殺された皇帝。新皇帝となった弟と姉が逃げ長男が追う
◆出演ヘイデン・クリステンセン/リウ・イーフェイ/ニコラス・ケイジ ◆監督ニック・パウエル
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50479&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=JZW2lo19MEg

人を殺しまくった男が癒やしを求める、やや西遊記風なロードムービー。
よくあるストーリーや展開で特徴がないのが難点。悪役などのキャラも無難すぎる。
ソードアクションはワイヤーアクションじゃないからか、きれが無く迫力に欠ける。



○「バケモノの子」(2015/米) ◆60点
◆原題「The Boy and the Beast」 ◆読み:ばけもののこ ◆鑑賞日2016/05/04 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/24
◆両親が離婚した後に母親が交通事故で死亡。幼い一人息子は母方の親戚が引き取ることになるが、息子は拒否し一人で生きていくことにする
◆出演役所広司/宮崎あおい/染谷将太/広瀬すず/リリー・フランキー/大泉洋 ◆監督細田守
◆公式:http://www.vap.co.jp/goods/1447312861314/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=BTOWVxi2KC8

人間(=化け物)が渋谷で何かの宗教に誘われて、その宗教心を持つことで救われるアニメ。幼少期の押し問答はかなり楽しかった。
重要な離婚理由の説明がなく父親を憎んでいたのかすら分からない、なぜ急に勉強したくなったのかなど、現実世界の描写がずさんすぎる。
ジャッキー・チェンの修行、あしたのジョーの試合、スター・ウォーズやAKIRA風な暗黒面の描写などのパクリばかりでガッカリ。



△「アントマン」(2015/米) ◆40点
◆原題「Ant-Man」 ◆読み:あんとまん ◆鑑賞日2016/05/04 ◆レンタルBD ◆発売日2016/01/20
◆3年前に窃盗罪で服役し離婚した男は出所するも、前科を秘密にしていたため仕事をクビになる。刑務所仲間と富豪の金庫破りをする
◆出演ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/コリー・ストール ◆監督ペイトン・リード
◆公式:http://marvel.disney.co.jp/movie/antman.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=IEVE3KSKQ0o

泥棒で履歴詐称する生粋の犯罪者が、何も知らない幼い娘を見た目で騙し続けるヒーローアクション・コメディ。
外人の大好きな自己犠牲あり。他の奴が難なく侵入できるのに、アントマンだけ何故に水道管から侵入するのかが謎。
「アベンジャーズ」関連ってのを強調しすぎて、その商法にいい加減イラッとくる。



△「ディアボリカル」(2015/米) ◆30点
◆原題「The Diabolical」 ◆読み:でぃあぼりかる ◆鑑賞日2016/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆幼い息子と娘と一軒家で暮らしている母親は自己破産を考えていた。もうひとつの悩みは、家の中で物が動き、怪人が突然現れることだった
◆出演アリ・ラーター/マックス・ローズ/クロエ・ペリン ◆監督アリステア・ルグラン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1835314
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=WW_uPxP_KVA

我が家に皮膚がただれた人型の何かが急に現れる時空ホラー。終盤までただ現れるだけなので辛い。
金がないのに破格の値段で家を売らず、無職を続け、PCをいじり、業者に依頼するとか悠長すぎる。
子供が家から出られない理由が不可解。真相判明後の母親の行動が意味不明。企業への制裁もなく面白くなかった。



△「ビッグゲーム 大統領と少年ハンター」(2014/フィンランド=英=独) ◆50点
◆原題「Big Game」 ◆読み:びっぐげーむだいとうりょうとしょうねんはんたー ◆鑑賞日2016/05/03 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/21
◆テロリストの地対空ミサイルでアメリカ大統領専用機が墜落。緊急脱出ポッドで避難した大統領と、森で狩りの儀式中の13歳の少年が出会う
◆出演オンニ・トンミラ/サミュエル・L・ジャクソン/レイ・スティーブンソン ◆監督ヤルマリ・ヘランダー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1869474
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=vR-0mwLXiow

アメリカを小馬鹿にして笑いをとるアクション・コメディのバディムービー。
映像的にはA級だが、平目顔の少年の成長が弱く、タコの大統領の間抜けさが中途半端。
どうせなら、もっと徹底的にこきおろしてほしかった。父親もズルしていたんじゃないのかって疑惑残る。



○「ジュラシック・ワールド」(2015/米) ◆70点
◆原題「Jurassic World」 ◆読み:じゅらしっくわーるど ◆鑑賞日2016/05/03 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/24
◆恐竜園「ジュラシック・ワールド」にやってきた兄弟。運営費用がかさみ責任者の女性は遺伝子操作で誕生した新種の恐竜で巻き返しを狙う
◆出演クリス・プラット/ブライス・ダラス・ハワード/ニック・ロビンソン ◆監督コリン・トレボロウ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=32723
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=RFinNxS5KN4

恋愛と兄弟愛をからめた恐竜アクションホラー第4弾。イビルジョー風恐竜が新登場。ペットとの絆がアホ臭いが○。
「プレデター」「エイリアン」シリーズなどを彷彿させるシーンが多々あるのが残念。
なので中盤まで微妙だったが、終盤のアクションはかなり良かった。海の超大型恐竜最高。



○「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」(2015/中=香=米) ◆70点
◆原題「Mission: Impossible - Rogue Nation」 ◆読み:みっしょんいんぽっしぶるろーぐねいしょん ◆鑑賞日2016/05/01 ◆レンタルBD ◆発売日2015/12/09
◆テロ組織「シンジケート」を探るイーサン・ハントは、レコードショップで拉致されるが謎の女性に助けられる。一方、IMFの解散が決定する
◆出演トム・クルーズ/レベッカ・ファーガソン/サイモン・ペッグ ◆監督クリストファー・マッカリー
◆公式:http://paramount.nbcuni.co.jp/search/detail.php?id=9630
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pXwaKB7YOjw

スパイアクション第5弾。今回は運命の女性との出会い的な話で良かった。女優さんも美人で良い。
誰が誰を裏切っているのか、いないかの二転三転や、予想通りになる終盤の駆け引きが面白かった。
中国資本が入ったおかげか、ややジャッキー・チェンを彷彿させるキャラになったが悪くない。



△「ピクセル」(2015/米=中=加) ◆40点
◆原題「Pixels」 ◆読み:ぴくせる ◆鑑賞日2016/05/01 ◆レンタルBD ◆発売日2016/02/03
◆1982年。ビデオゲーム大会で2位の少年は意気消沈。大人になり自分は便利屋、友達は大統領。そんな折、ギャラガが地球に攻撃を仕掛ける
◆出演アダム・サンドラー/ミシェル・モナハン/ジョシュ・ギャッド ◆監督クリス・コロンバス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80717
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=XAHprLW48no

ゲームキャラが降臨し、自信を無くしていた男を救う恋愛・アクション・コメディ。
終始のっぺりした展開。幅広い時代の懐かしのゲームキャラが3Dドット絵で出てくるのだけが取り柄。
感動もなく笑いも少ない。胸が苦しくなる懐かしさを期待したんだが無かった。



×「フェニックス・インシデント 襲来」(2015/米) ◆20点
◆原題「The Phoenix Incident」 ◆読み:ふぇにっくすいんしでんとしゅうらい ◆鑑賞日2016/05/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/25
◆1997年。米アリゾナ州フェニックスの上空で正体不明の光が長時間にわたり目撃された。その時、男性4人が姿を消し未解決事件となった
◆出演トラヴィス・ウィリンガム/トロイ・ベイカー/リアム・オブライエン ◆監督キース・アレム
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201601/dvd03.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=06qqdcEVYMw

糞B級ドキュメンタリー風半POVエイリアンホラー。地上から見る米軍とエイリアンのドッグファイトが売りか。
登場人物の糞長い紹介→大騒ぎ→暗闇の暗視カメラと定番のパターン。「遊星からの物体X」の医師みたいな人が登場。
終盤は「スターシップ・トゥルーパーズ2」みたいに6本足の動物みたいなモンスターに囲まれて苦笑い。



×「カリフォルニア・ダウン」(2015/米) ◆10点
◆原題「San Andreas」 ◆読み:かりふぉるにあだうん ◆鑑賞日2016/04/30 ◆レンタルBD ◆発売日2015/12/23
◆レスキュー隊員の男は崖に宙づりになった車から女性をヘリで救出する。男がヘリで移動中に大地震が発生する。離婚協議中の妻の元に向かう
◆出演ドゥエイン・ジョンソン/アレクサンドラ・ダダリオ/カーラ・グギーノ ◆監督ブラッド・ペイトン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50093&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=yftHosO0eUo

レスキュー隊員が他者を救わず家族を探す大地震パニック。地震を知らない馬鹿が、9・11テロと地震を同一視してビル崩壊ものを作った感じ。
親は公用ヘリを私的に使用し、あげく車やセスナ、ボートを盗む。子供は救急車の備品や、レーザーポインタを盗む。外道一家とその仲間が助かる話。
専門家は政府に相談もなしに発表しパニックを誘発させ、津波の警告すら出さない馬鹿。地面揺らさずに娘のおっぱい揺らしてどうする。



△「奪還者」(2013/オーストラリア=米) ◆30点
◆原題「The Rover」 ◆読み:だっかんしゃ ◆鑑賞日2016/04/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆世界経済の崩壊から10年後。何かをやって逃げる一味の車が横転し立ち往生。一味はお店で休憩中の男の車を奪い逃走。男は追いかける
◆出演ガイ・ピアース/ロバート・パティンソン/スクート・マクネイリー ◆監督デヴィッド・ミショッド
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcbp53436/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OZep1gMi8oE

おっさんと青年のロードムービー。父と子や友達、師弟でもない関係がダラダラと続き辛かった。
見た目は青年だが、物語ではたぶん少年な扱いなのだろう。青年のうじうじした言動に超イライラ。
ただ、10年の孤独を耐えたおっさんが、執拗に車を追う理由は共感できた。そのラストで+10点。



○「マーシュランド」(2014/西) ◆70点
◆原題「La isla minima」 ◆読み:ましゅーらんど ◆鑑賞日2016/04/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆1980年スペイン。湿地帯の小さな町で2人の少女が行方不明になる。都会から派遣された二人の刑事が捜査中に、無残な姿の死体が発見される
◆出演ハビエル・グティエレス/ラウール・アレバロ/ヘスス・カストロ ◆監督アルベルト・ロドリゲス
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-403268/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=GErVX6VnJ2o

田舎で少女連続殺人事件を追う刑事ドラマ。韓国映画「殺人の追憶」にそっくりな、まったりでどろっとした雰囲気。
終盤まで昔に少女を射殺した刑事の罪滅ぼしな感じ。ラストは権力者に操られている疑いで、犯人も身代わり真相は闇な感じ。
オープニングの上空からの河川の映像が脳みそみたいで良かった。美少女率がかなり高い。黄金の瞳を持つ美青年も登場。



×「テッド2」(2015/米) ◆20点
◆原題「Ted 2」 ◆読み:てっど2 ◆鑑賞日2016/04/29 ◆レンタルBD ◆発売日2016/01/20
◆テッドはスーパーのレジの彼女と結婚するも喧嘩ばかり。親友は彼女と別れ長期間女をつくっていない。テッドは子供を育てることを決意する
◆出演マーク・ウォールバーグ/アマンダ・セイフライド/ジェシカ・バース ◆監督セス・マクファーレン
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26522
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=S3AVcCggRnU

喋るクマのぬいぐるみが主人公のコメディ第2弾。前作のテッドは信仰心だったが、今回は人間そのもの。
つまり、普通に成り下がった小さいおっさんが人権を求め提訴する糞話。それにくだらん恋愛を織り交ぜた糞。
どぎつすぎる下ネタや暴力満載で笑いより嫌悪感の方が強く、全く面白くなかった。これコミコンを愚弄してるだろ。



○「暴走車 ランナウェイ・カー」(2015/西) ◆70点
◆原題「El desconocido」 ◆読み:ぼうそうしゃらんなうぇいかー ◆鑑賞日2016/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆銀行の支店長の父親は娘と息子を車に乗せて学校へ行く途中、車内にあった携帯電話が鳴る。「車に爆弾を仕掛けた。金を用意しろ」と脅迫される
◆出演ルイス・トサル/エルヴァイラ・ミンゲス/ポーラ・デル・リオ ◆監督ダニー・デ・ラ・トレ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8066
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=4a0IE_gSMYI

車に爆弾を仕掛けた犯人に、金持ちの家族が翻弄されるも、告解して自己犠牲で救われるサスペンス・アクション。
ワンカット長回しを効果的に使用。爆弾処理のおばさんなどキャラも立っていた。電話だけのやり取りも上手く、かなり面白かった。
警察が例の如くアホ。何故に資産残高を知っているのかが腑に落ちない。娘が彼氏にメールするなどネットを活用しないのは何故?



△「レイプ・オブ・アナ・フリッツ」(2015/西) ◆50点
◆原題「El cadaver de Anna Fritz」 ◆読み:れいぷおぶあなふりっつ ◆鑑賞日2016/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2016/01/06
◆人気絶頂のアイドル女優が急死し死体が霊安室に運ばれる。深夜の病院で働く男は友人2人で酒と大麻をやり、女優の裸を拝みレイプする
◆出演アルバ・リバス/クリスチャン・バレンシア/アルベルト・カルボ ◆監督ヘクトール・ヘルナンデス・ビセンス
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/8056
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jrIM4gy1Ge4

死んだ有名女優を霊安室で犯したら生き返ってあたふたするサスペンス。
植物状態から目覚める「キル・ビル」の序盤風を主に男の立場から描く版。
微妙に「七つの大罪」が入っているかも。死体に勃起するって若いからか?



○「喰らう家」(2015/米) ◆60点
◆原題「We Are Still Here」 ◆読み:くらういえ ◆鑑賞日2016/04/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/04
◆一人息子を亡くした初老の夫婦は、田舎町の一軒家に移り住んだ。写真が倒れたり、物音が聞こえたりして、妻は息子の存在を感じると言い出す
◆出演バーバラ・クランプトン/アンドリュー・センセニグ/ラリー・フェセンデン ◆監督テッド・ゲイガン
◆公式:http://hs-days.com/kurauie_report/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FDJbCMvv9IU

幽霊に襲われるホラー。登場人物や因縁の家など、序盤は大昔のモダンホラーみたいな懐かしい雰囲気。
それが中盤でコメディになり、終盤でスプラッタ祭りになる。そのノリと勢いがユニークで意外と楽しかった。
プレデター風なおっさんが、他人の家でくつろぎすぎるのが、個人的に笑いのツボにはまった。



△「ロスト・リバー」(2014/米) ◆30点
◆原題「Lost River」 ◆読み:ろすとりばー ◆鑑賞日2016/04/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/04
◆ゴーストタウンに暮らす家族。青年はクズ鉄を集め家計のたしにしていた。母は家のローンが支払えず、銀行の支店長からとある仕事を紹介される
◆出演イアン・デ・カーステッカー/シアーシャ・ローナン/クリスティーナ・ヘンドリックス ◆監督ライアン・ゴズリング
◆公式:http://www.transformer.co.jp/movie/051.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=H8ngDiG9V8w

貧乏一家らが金が無くて追い込まれるも希望を抱くドラマ。
展開が淡々としていて、内容もよくわからないので辛かった。
貧乏人共は金持ちに捕食される運命だ。せいぜい青春して夢・幻を求めろって話しかも。



△「サバイバル・ドライブ」(2014/米) ◆50点
◆原題「Curve」 ◆読み:さばいばるどらいぶ ◆鑑賞日2016/04/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/18
◆結婚式を挙げるため恋人のもとへ一人で長距離ドライブをする女性。人気の無い場所で車が故障。偶然、徒歩で通りかかった男性が修理する
◆出演ジュリアン・ハフ/テディ・シアーズ/ドリュー・ラウシュ ◆監督イアン・ソフトリー
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33030
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=KR2tjgJFssc

腕が挟まって動けなくなる「127時間」風+レイプ無しのリベンジ・サスペンス。
やりたいことをやってこなかった人生を後悔しているヒロインに、同乗者が問うて救う描写が少なすぎる。
シートベルトをしていても崖から車が落ちればどうなるか考えない馬鹿女につっこみ。



△「独房の生贄 〜悪霊が棲む213号室〜」(2011/加) ◆30点
◆原題「Cell 213」 ◆読み:どくぼうのいけにえあくりょうがすむ213ごうしつ ◆鑑賞日2016/04/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/18
◆証人を脅して出廷させず勝利を得た弁護士。ある日、殺人犯と刑務所で接見中に殺人犯が弁護士のペンで自殺。弁護士が殺したことになり投獄される
◆出演エリック・バルフォー/マイケル・ルーカー/ブルース・グリーンウッド ◆監督スティーブン・ケイ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33019
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7dQAu6cge3c

罪を犯した者は自己犠牲で救われるダラダラ展開の刑務所ホラー。刑務所で更に人を殺して救われるも糞もない。
調査員の女性が、主人公とあまり接触せず、うろうろしているだけで核心をついておらず意味なし。
投獄された経緯や、薬品や凶器が大量にある死体処理施設で働くってのがリアリティに欠ける。役者陣はまあまあ。



○「エレファント・ソング」(2014/加) ◆60点
◆原題「Elephant Song」 ◆読み:えれふぁんとそんぐ ◆鑑賞日2016/04/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆高名なオペラ歌手の息子は精神病院に入院していた。ある日、その青年の担当医が失踪。行き先を突き止めるため、別の医師が事情徴収をする
◆出演グザヴィエ・ドラン/ブルース・グリーンウッド/キャサリン・キーナー ◆監督シャルル・ビナメ
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0496?prev=search&keyword=%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=lgjrJ1zfAqM

天使(=精神病患者)が、娘を事故で亡くした医者と婦長の元夫婦を救うドラマ。クリスマス映画。
青年が婦長を本当の母親のように感じ、婦長などの関係者たちも我が子のように青年に接していた。その恩返しの話。
話的にはかなり良いが、サスペンス性が薄く、ほぼ執務室での二人だけの会話シーンだけなので面白みに欠ける。



◎「クリーブランド監禁事件 少女たちの悲鳴」(2015/米) ◆90点
◆原題「Cleveland Abduction」 ◆読み:くりーぶらんどかんきんじけんしょうじょたちのひめい ◆鑑賞日2016/04/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆求職中の女性の幼い息子は最悪な家庭環境のため行政の保護下におかれる。女性は息子を取り戻せるかの審査の日に知人の父親に拉致監禁される
◆出演タリン・マニング/レイモンド・クルツ/ケイティ・サリフ ◆監督アレックス・カリムニオス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80653
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Sjm9ppdXnoM

11年間監禁された女性が孤独から抜け出す自己啓発ドラマ。自己犠牲と考え方の転換が泣ける。TVムービー。
実話を現実的に描写しているので、どんなホラーよりも恐い。つーかこれが実話って世も末だな。
彼女の意向なのか、神が最後に犯人を改心させ鍵をかけずに解放を促したと微妙に描いているところがやや残念。



△「マザーハウス 恐怖の使者」(2013/ベネズエラ) ◆50点
◆原題「La casa del fin de los tiempos」 ◆読み:まざーはうすきょうふのししゃ ◆鑑賞日2016/04/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆失業中の夫と、長男と暮らす母親。家で何者かに襲われ、地下に行くと夫が包丁で刺され死んでいた。長男は扉の向こうの暗闇に連れ去られる
◆出演アドリアナ・カルサディーラ/ロスメル・ブスタマンテ/ゴンサーロ・クベロ ◆監督アレハンドロ・イダルゴ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201512/dvd01.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=JZ8eMI5ThG8

我が家で急に謎の人達が出現し家族が襲われる時空ホラー・サスペンス。浮気のメロドラマ要素あり。
終盤の種明かしは、話が練られていてやや面白いが、どうなるか知っているのに包丁に指紋をつけるなど設定に残念な所が多数ある。
母親が浮気を秘密にしていたことで結果的に息子を危険な目にあわせたことを反省しておらず、神が与えた30年の罰に意味が無い。



×「ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ」(2015/米) ◆20点
◆原題「The Final Girls」 ◆読み:ふぁいなるがーるずさんげきのしなりお ◆鑑賞日2016/04/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆伝説のホラー映画の女優だった母が交通事故で死ぬ。その映画の上映会に娘が招待される。映画館で火災が発生。映画の中に娘らが取り込まれる
◆出演タイッサ・ファーミガ/マリン・アッカーマン/アンジェラ・トリンバー ◆監督トッド・ストラウス=シュルソン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80640
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=zreNh78kTjg

娘が亡くなった母親に再会し追悼する糞ホラーコメディ。アホの坂田みたいな顔の黒人さんだけが○。
おっぱいなし。母親とのしんみりした関係ばかりを描いていて、殺人鬼に殺される要素も弱く辛かった。
なんでもありの映画の中なのに、ストーリーを逆手にとるなどの機転もほぼ無しで面白くなかった。



△「闇のバイブル/聖少女の詩」(1969/チェコスロバキア) ◆50点
◆原題「Valerie a tyden divu」 ◆読み:やみのばいぶるせいしょうじょのうた ◆鑑賞日2016/04/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆祖母に育てられた13歳の少女は初潮を向かえる。そんな折、眼鏡の青年が少女から真珠のピアスを盗む。村では結婚のパレードをしていた
◆出演ヤロスラヴァ・シャレロヴァ/ヘレナ・アニェゾヴァ/ペートル・コプリヴァ ◆監督ヤロミール・イレシュ
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2841?prev=search&keyword=%E9%97%87%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AB
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mMntrQRCkOQ

異性(実は生き別れた双子)に恋した13歳乙女が、大人の世界に足を踏み入れる1969年製作のゴシックロリータ不思議ホラー。
「七つの大罪」がテーマっぽい。ヴァンパイア(=実の父)は大人の男性の象徴か。たむろしている女性たちはニンフ (=性欲)だな。
超美少女ヒロイン(当時リアル13歳か?)の裸体乳首があるなど、作者のロリ趣味全開を芸術と捉えていいのか近年だと問題になりそう。



△「ロシアン・スナイパー」(2015/露=ウクライナ) ◆50点
◆原題「Bitva za Sevastopol」 ◆読み:ろしあんすないぱー ◆鑑賞日2016/04/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆1937年ウクライナ。軍人の父に認められない女学生は、ライフルの狙撃能力がずば抜けているため、更なる訓練を受けることになる
◆出演ユリア・ペレシルド/ジョアン・ブラックハム/ニキータ・タラソフ ◆監督セルゲイ・モクリツキー
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7962
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=qh9mTLqW1O4

実在の女性スナイパーの愛を描く第二次世界大戦ドラマ。
常に男性に愛され続け、守られてきた女性ののろけ自慢話。
現代版「ジャンヌ・ダルク」っぽい。ヒロインの端正な顔立ちが○。



△「ミニオンズ」(2015/米) ◆30点
◆原題「Minions」 ◆読み:みにおんず ◆鑑賞日2016/04/09 ◆レンタルBD ◆発売日2015/12/02
◆地球に生命が誕生してから存在する黄色い謎の生物ミニオンたちは、最強で最悪なボスに仕えるのが生きがいだったが、ボスが短命だった
◆出演サンドラ・ブロック/ジョン・ハム/マイケル・キートン ◆監督ピエール・コフィン/カイル・バルダ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26309
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=eisKxhjBnZ0

黄色い謎キャラが悪党の主を探す旅に出るドタバタコメディCGアニメ。後半は拷問とか集団から逃げるとかホラーだった。
2010年アニメ「怪盗グルーの月泥棒」の悪党主人公にミニオンが出会うまでのお話だそうです。
それを見ていないためか全く面白くなかった。ミニオン以外の人間キャラが邪魔で、絵的にも話的にも面白くなかった



△「デッドライジング ウォッチタワー」(2015/米) ◆50点
◆原題「Dead Rising: Watchtower」 ◆読み:でっどらいじんぐうぉっちたわー ◆鑑賞日2016/04/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/02
◆ジャーナリストの男とカメラマンの女が隔離エリアを取材中に、抗ゾンビウィルス薬が効かず再びゾンビとなった人間が蔓延する事態となる
◆出演ジェシー・メトカーフ/ミーガン・オリー/キーガン・コナー・トレイシー ◆監督ザック・リポスキー
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32811.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jsUt3YrbqhE

軍の陰謀のスクープを掴む報道B級ゾンビアクション。カプコンの2006年ゾンビゲームの映画化。
ゲームの特徴の「あらゆる物が武器になる」「着せ替え」等々あるが、どれもあまり活かされていなかった。
ストーリーが無駄に長く辛い。アクションは長回しワンカットあるが超まったりで迫力無し。ゾンビの数が少なすぎ。



△「ハイネケン誘拐の代償」(2014/ベルギー=オランダ=米=英) ◆30点
◆原題「Kidnapping Mr. Heineken」 ◆読み:はいねけんゆうかいのだいしょう ◆鑑賞日2016/04/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/12/22
◆1983年。親友で共同経営者の5人の青年は資金繰りが悪化し会社が破綻。大金を得るため、ビール会社「ハイネケン」のトップを誘拐する
◆出演ジム・スタージェス/サム・ワーシントン/アンソニー・ホプキンス ◆監督ダニエル・アルフレッドソン
◆公式:http://kidnapping.asmik-ace.co.jp/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=He-z_L1rGEA

会社が破綻した時に友情も終わっていた「金の切れ目は縁の切れ目」を描く実話ドラマ。
あらゆるビジネスは賭であり、失敗してもその経験から新たなビジネスが常に生まれてくるとも言っていました。
誘拐したハイネケンと犯人の心理戦は一切無く、犯人たちのドタバタ劇だけで面白くなかった。



×「BAD MAX 怒りのリベンジ・ロード」(2015/伊) ◆20点
◆原題「Infidus」 ◆読み:ばっどまっくすいかりのりべんじろーど ◆鑑賞日2016/04/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/27
◆出所したデブ男は、彼に罪を着せて、スナッフビデオを金持ちに提供する弟に怒る。一方、そのビデオ内で妻を殺された男は金持ちの家を訪れる
◆出演ミノ・ボニーニ/マッシモ・キャラテリー/ステファニーア・ボニーニ ◆監督ジェリオ・デ・サンティ
◆公式:http://www.eclipse-movie.co.jp/title/infidus.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=W5kSN2GDfuY

「アダム・チャップリン」のNECROSTORMによる糞B級スプラッタ復讐アクション。
売りであるはずのグロシーンに何故か赤いフィルターがかかっていて興醒めだった。
おっさんがコーヒーを入れたりする意味なしシーン長すぎ。登場人物も把握しづらくかなりの糞だった。



△「トレマーズ ブラッドライン」(2015/米) ◆30点
◆原題「Tremors 5: Bloodlines」 ◆読み:とれまーずぶらっどらいん ◆鑑賞日2016/04/02 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/26
◆アフリカにモンスターが出現。長年モンスターを追い続ける男は、動物保護局の男の依頼で、モトクロスバイクのカメラマンと退治に向かう
◆出演マイケル・グロス/ジェイミー・ケネディ/パール・スシ ◆監督ドン・マイケル・ポール
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26279
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=It8R5ckIg3I

地中に棲む巨大ワームの怪物に襲われるアクションホラー第5弾。今回はダラダラ糞バディムービーで「トレマーズ」じゃなかった。
「1」で銃マニアだった役者のファン向けの要素が強い。西部劇な雰囲気は大幅に薄れていた。怪物のCGはまともだった。
アクションは「ジュラシック・パーク」「ピッチ・ブラック」「ザ・グリード」「ララ・クロフト」など多数の作品の劣化パクリの連続。



○「パージ:アナーキー」(2014/米=仏) ◆70点
◆原題「The Purge: Anarchy」 ◆読み:ぱーじあなーきー ◆鑑賞日2016/04/02 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/26
◆年に一度の犯罪合法の夜。とある夫婦は帰宅途中に車が故障。とある親子はアパートを襲撃される。二組は武装した一人の男に助けられる
◆出演フランク・グリロ/カーメン・イジョゴ/キーリー・サンチェス ◆監督ジェームズ・デモナコ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26308
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=XzFCDqKE4yA

殺人合法記念日シリーズ第2弾。今回はヒーローアクション+ロードムービー。
出番少ないが装甲を強化した車とか、司法批判など、これが真の「マッドマックス1」の続編な感じ。
ただ、息子を飲酒運転で轢き殺した奴を許す許さないってのが「ソウ3」とかぶって残念。



△「パージ」(2013/米=仏) ◆50点
◆原題「The Purge」 ◆読み:ぱーじ ◆鑑賞日2016/03/27 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/26
◆アメリカで1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる日が制定される。防犯装置を売る男は、金持ちになり豪勢な屋敷に住むが…
◆出演イーサン・ホーク/レナ・ヘディ/リース・ウェイクフィールド ◆監督ジェームズ・デモナコ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26307
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=K0LLaybEuzA

バラバラだった家族がひとつになる殺人合法記念日ホラー。
聖書の「ソドムとゴモラ」が題材っぽい感じ。「七つの大罪」あり。
最初に若者達を中に入れて、浮浪者を探させればよかったのにとつっこみ。



○「インサイド・ヘッド」(2015/米) ◆70点
◆原題「Inside Out」 ◆読み:いんさいどへっど ◆鑑賞日2016/03/27 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/18
◆女の子が生まれる。ヨロコビ、ムカムカ、イカリ、ビビリ、カナシミの感情が頭の中で日々奮闘していた。11才のとある日に引っ越しする
◆出演フィリス・スミス/ケイトリン・ディアス/リチャード・キング ◆監督ピート・ドクター/ロニー・デル・カルメン
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/head.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=seMwpP0yeu4

引っ越しで環境が激変した少女の心境と、親の愛を描くハラハラして泣けるCGアニメ。擬人化された感情キャラのコントが楽しい。
親から受ける様々な感情が、子供の成長を促し性格を形成する。新たな経験が空想などの子供じみた考え方を無くすと言っています。
ただ、少女が盗みや家出をする、ある意味「勇気」「希望」を持っているのに、思い出を簡単に消し、魂が無いとするのはどうかと思う。



×「ターミネーター:新起動/ジェニシス」(2015/米) ◆20点
◆原題「Terminator Genisys」 ◆読み:たーみねーたーしんきどうじぇにしす ◆鑑賞日2016/03/26 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/18
◆スカイネットに勝利したジョンはサラを守るためタイムマシンでカイルを過去に送る。カイルがT−1000に襲われ、サラとT−800に助けられる
◆出演アーノルド・シュワルツェネッガー/エミリア・クラーク/ジェイ・コートニー ◆監督アラン・テイラー
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=33010
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=62E4FJTwSuc

「ターミネーター」シリーズのネタを使った「ターミネーター」じゃない糞アクション。
アクションはどれも既存の映画のパクリ。神となったジョンは「バーチャル・ウォーズ」+「リディック」かよ。
喧嘩したり気遣ったりする夫婦の関係を延々とセリフで見せられても面白くありません。



○「ブック・オブ・ライフ マノロの数奇な冒険」(2014/米) ◆70点
◆原題「The Book of Life」 ◆読み:ぶっくおぶらいふまのろのすうきなぼうけん ◆鑑賞日2016/03/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/06
◆博物館ではみ出し者の子供達に話をするガイド。メキシコの祝日「死者の日」に死者の国の支配者2人は、人間の子供の愛の顛末で賭をする
◆出演ディエゴ・ルナ/ゾーイ・サルダナ/チャニング・テイタム ◆監督ホルヘ・R・グティエレス
◆公式:http://www.foxjapan.com/bookoflife
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=4kCkVDma8Sg

ご先祖様の助言で、自分の道を切り開くCGアニメ・ラブコメディ。「ロミオとジュリエット」っぽいお話し。
3DCGだが、ゲームの「オーディンスフィア」の2D美術な雰囲気があり、見ているだけでかなり楽しい。
キャラデザインは独特で良かったが、「ジーニー」がいるなどキャラの特徴は×。ヒロインに華が無いのも残念。



○「スティーヴン・キング ビッグ・ドライバー」(2014/米) ◆60点
◆原題「Big Driver」 ◆読み:すてぃーう゛んきんぐびっぐどらいばー ◆鑑賞日2016/03/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/04
◆人気作家の女性は講演後、主催者に近道を教えてもらう。その田舎道で釘の出た板を通行しタイヤがパンク。通りかかった大きい車に助けを求める
◆出演マリア・ベロ/ウィル・ハリス/アン・ダウド ◆監督ミカエル・サロモン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7875
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sK2Q_Bnsk28

おばさんがレイプされリベンジするサスペンス。TVムービー。大筋はありきたりだが、切り口がかなりユニーク。
自問自答しながらの行き当たりばったりの行動が、観客には計画的あるいは機転が利いているとうまく誤認させる作り。
カーナビの脳内天使が良かった。ラストの捜し物(スマホ?)と電話(バーの女店主)が分かりづらく残念。



○「誘拐の掟」(2014/米) ◆70点
◆原題「A Walk Among the Tombstones」 ◆読み:ゆうかいのおきて ◆鑑賞日2016/03/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/04
◆1991年、酒浸りの刑事は強盗を撃ち殺す。1999年、刑事を辞め探偵となった男に、依頼「妻を誘拐し殺した犯人を見つける」が舞い込む
◆出演リーアム・ニーソン/アストロ/デヴィッド・ハーバー ◆監督スコット・フランク
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXP000050332/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=0JjRoh13vzY

堕落した男が、神に与えられた悪を滅ぼす使命を思い出し、安らぎを得る探偵ドラマ。「罪と罰と救い」がテーマ。
「七つの大罪」あり。病院で告解し自己犠牲で救われるおなじみの展開だが良かった。相棒の少年は天使だな。
カーチェイスや格闘などの派手さが一切ないのも良かった。ラストのヒーローのイラストは余計だった。



△「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015/米) ◆50点
◆原題「Avengers: Age of Ultron」 ◆読み:あべんじゃーずえいじおぶうるとろん ◆鑑賞日2016/03/19 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/04
◆悪の秘密組織ヒドラ党の基地を襲撃して「ロキの杖」を奪還するアベンジャーズ。トニーは杖を解析して平和維持システムを密かに開発するが…
◆出演エリザベス・オルセン/アーロン・テイラー=ジョンソン/ジェームズ・スペイダー ◆監督ジョス・ウェドン
◆公式:http://marvel.disney.co.jp/movie/avengers.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=tmeOjFno6Do

マーベルヒーロー勢揃いアクション第2弾。愚かな人間たちがホムンクルスで神と悪魔を降臨させる話。
つまらなくはないんだが、淡々としていて、作品との距離が縮まらないモヤモヤ感が終始続く。
「サイボーグ009」の加速装置風なキャラは良かった。スカーレット・ヨハンソンも○。



△「エクストラ テレストリアル」(2014/加=米) ◆30点
◆原題「Extraterrestrial」 ◆読み:えくすとらてれすとりある ◆鑑賞日2016/03/19 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/04
◆電話ボックスに逃げ込んだ女性がボックスごと消える。そんな折、若者たち5人は別荘に向かう。別荘で騒いでいるとUFOが墜落する
◆出演ブリタニー・アレン/フレディ・ストローマ/ジェシー・モス ◆監督コリン・ミニハン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7884
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=AtXj7ZmhPAg

若者たちが大騒ぎしながら宇宙人に拉致される半POVホラー。例の如く前置きが長くイライラ。
玄関ののぞき穴を外からエイリアンが覗いているとかあるのに、コメディじゃない作りで中途半端。
エイリアンはよくあるグレイ系で、動きやデザインの面白さ無し。エイリアンの目的もちんぷんかんぷん。



△「ホーンズ 容疑者と告白の角」(2013/米=加) ◆40点
◆原題「Horns」 ◆読み:ほーんずようぎしゃとこくはくのつの ◆鑑賞日2016/03/13 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/04
◆恋人を殺した容疑者となった青年は、マスコミに追いかけられ、両親には信じてもらえず、堕落していた。ある日、頭に2本の角が生える
◆出演ダニエル・ラドクリフ/ジュノー・テンプル/ジョー・アンダーソン ◆監督アレクサンドル・アジャ
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32784.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=B8s_1UcdoNI

人を信じられずに悪魔となった青年が、人の本音を聞き、恋人を殺した真犯人を探すラブストーリー。
「七つの大罪」がテーマ。ハリー・ポッターの男優ダニエル・ラドクリフがひげ面の主役。
おっぱいをすぐに出す女優ジュノー・テンプルさんが、心が純潔なヒロインってあり得ん。



△「ザ・ガールズ」(2014/加) ◆40点
◆原題「Deeper」 ◆読み:ざがーるず ◆鑑賞日2016/03/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/03
◆バンに乗ってナンパしAV撮影をする男2人。その取材をする男。2人連れの女をナンパし、とある森へと向かうが、女に銃を突きつけられる
◆出演ジェシカ・ハーモン/エリース・ガティアン/アンドリュー・フランシス ◆監督ジェフリー・アンダーセン
◆公式:http://www.twanet.jp/1364TheG-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_5x8OHBzlmo

過去にレイプされた女が、男に復讐するB級アクション。ヒロインのおっぱいなし。
序盤にナンパAV撮影のおっぱいが5人ぐらいあるが、どうでもいい感じ。
男への復讐度は「ホステル」のいたぶりよりも、かなりおとなしく面白くない。



△「レフト・ビハインド」(2013/加) ◆30点
◆原題「Left Behind」 ◆読み:れふとびはいんど ◆鑑賞日2016/03/12 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/03
◆誕生日に実家に戻る大学生の娘は、パイロットの父親が仕事でパーティに参加できないことを知り、空港で待ち伏せする。父は浮気していた
◆出演ニコラス・ケイジ/キャシー・トムソン/ニッキー・ウィーラン ◆監督ヴィク・アームストロング
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50089&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=GrXe8YDbzYs

神を信じていない奴らが、危機に瀕した時にパニックになり、急に告解しまくる宗教ドラマ。
あきれるほど超ダラダラ展開の糞だった。本題の人々が消えるまでが、かなり長く辛かった。
人々が消える見せ方も悪すぎ。街中燃えているのに、爆発がハッキリ見えるなど難点が多数。



△「T.I.M. ティム」(2014/オランダ=デンマーク) ◆50点
◆原題「T.I.M. - The Incredible Machine」 ◆読み:てぃむ ◆鑑賞日2016/03/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/03
◆父と暮らす少年は孤独だった。亡くなった母との思い出が記録された家政婦ロボットが唯一の友達だった。ある日、ロボットが故障する
◆出演ディオン・ウィルケンズ/クラウディア・カネ/アブデルハディ・バアディ ◆監督ロルフ・ヴァン・アイク
◆公式:http://www.twanet.jp/1363TIM-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=YCTosLXY4kI

女の子の友達ができて母親の死から立ち直る少年を描くロードムービー。母を生き返らせてくれる神を求め旅するお話。
海洋散骨をしたからロボットは遺灰だな。追ってくる男2人は死神っぽいので、少年は自殺を考えていた可能性がある。
新しいロボットは父の新しい彼女っぽい。ポンコツロボットがブラウン管で大昔のパソコンがモチーフなのが面白い。



×「100FEET」(2008/米) ◆20点
◆原題「100 Feet」 ◆読み:わんはんどれっとふぃーと ◆鑑賞日2016/03/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/01/22
◆DVを繰り返す警官の夫を殺害した妻は服役し仮釈放される。家に戻ったが、30m離れると通報されるセンサーを足に装着される
◆出演ファムケ・ヤンセン/エド・ウェストウィック/マイケル・パレ ◆監督エリック・レッド
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=1254297507&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=KutBj9AZcl0

超ハッキリと姿を現す幽霊が暴力をふるうドメスティックバイオレンス・ホラー。かなりの糞だった。
足のセンサーで通報されるまで3分も時間があるのに、玄関や地下であたふたするマヌケさに唖然。
結婚指輪をいつまでもつけている、刑事の存在が意味なしなど設定にかなりの無理矢理感がある。



○「カット CARVER」(2008/米) ◆60点
◆原題「Carver」 ◆読み:かっとかーばー ◆鑑賞日2016/03/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/07/04
◆キャンプに来た若者達は、途中のレストランで小屋の荷物を取りに行く仕事を引き受ける。そこで、ホラー映画の8mmフィルムを発見し鑑賞する
◆出演マット・カーモディ/クリスティ・グリーン/エリック・フォンズ ◆監督フランクリン・グエレロ・ジュニア
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2yrbfcmnbxo

マスクをかぶったデブの殺人鬼に若者達が襲われるスナッフフィルムB級ホラー。ビデオ映画。
本編も8mm風な映像。多数のホラーのいいとこ取りで、かつ突っ込み所もあり面白かった。
序盤の糞まみれの超汚い便所シーンが良い。スプラッタは比較的おとなしめだが及第点。



○「命の相続人」(2008/西) ◆70点
◆原題「El mal ajeno」 ◆読み:いのちのそうぞくにん ◆鑑賞日2016/03/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/11/26
◆苦痛に苦しむ患者たちにアンケートをとる医師。ある日、重病を患った妊婦が運び込まれる。医師はその彼氏に銃で撃たれ、その場で彼氏も自殺する
◆出演エドゥアルド・ノリエガ/ベレン・ルエダ/クララ・ラゴ ◆監督オスカール・サントス
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/inochinosouzokunin.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=yJU3X22_Q-4

病人に触れると治癒する能力を得た医者の家族愛ドラマ。その代償がユニーク。
適度に重い、人の命をテーマにした近年のヒーロー物に近い感じがして良かった。
ラストはやや分かりづらいが、自殺の自己犠牲も悪くない。現代版キリストだな。



×「悪霊の棲む館」(2007/米) ◆20点
◆原題「Death of a Ghost Hunter」 ◆読み:あくまのすむやかた ◆鑑賞日2016/02/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/07/10
◆一家虐殺事件の20年後、女性心霊学者は5000ドルでその家の超常現象の調査をする。記者とカメラマンの他、教会から来たという女性が参加する
◆出演パティ・ティンドール/ダヴィナ・ジョイ/リンジー・ペイジ ◆監督ショーン・トレッタ
◆公式:http://www.accessa.co.jp/data/aku/detail2.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=1V600KP_ZVU

家族惨殺の真相を探るダラダラ展開の監視カメラでの霊調査糞B級ホラー。怖さ皆無。
依頼人に電話して女のことを確認しないなど根本設定にかなりの難あり。
調査員が真相に迫っていないのに、ラストに強制的に真相を垂れ流すのが糞。



△「リピーテッド」(2014/英=米=仏=スウェーデン) ◆40点
◆原題「Before I Go to Sleep」 ◆読み:りぴーてっど ◆鑑賞日2016/02/27 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/03
◆事故の後遺症により毎朝目覚める度に前日までの記憶が失われてしまう女性を夫が支えていた。ある日、医師を名乗る男から電話がかかる
◆出演ニコール・キッドマン/コリン・ファース/アンヌ=マリー・ダフ ◆監督ローワン・ジョフィ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/HPXR-19
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OtSzAEvBIK0

自業自得の浮気女が、一番大切な存在を思い出す記憶喪失サスペンス・ドラマ。
記憶が翌朝リセットされるんだが、完全にリセットされていないのがサスペンス的に中途半端。
話もオチも超ありがち。ニコール・キッドマンは痩せたのか老衰なのか、かなり歳をとった感じ。



△「リベンジ・トラップ/美しすぎる罠」(2015/米) ◆40点
◆原題「Return to Sender」 ◆読み:りべんじとらっぷうつくしすぎるわな ◆鑑賞日2016/02/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/11/03
◆執刀医を目指す看護師の女性は、自宅を訪ねてきた男にレイプされ、手が震える後遺症が現れる。収監されたレイプ犯に手紙を送り、面会する
◆出演ロザムンド・パイク/シャイロ・フェルナンデス/ニック・ノルティ ◆監督フォアド・ミカティ
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinema_items/detail/1279/lineup
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=EUa2GZ6eDzc

レイプした男と仲良くなるフリをするリベンジ・ドラマ。メロドラマな要素があり女性向けだな。
レイプでヒロインの内に秘めた凶悪性が出てきて、それをかなりダラダラと描いていました。
ラストのチンコ切りの映像なしで分かりにくい。犬を無理に演出させ、あげく毒殺しているのがむかつく。



○「ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス」(2014/米) ◆60点
◆原題「The Hunger Games: Mockingjay - Part 1」 ◆読み:はんがーげーむふぁいなるれじすたんす ◆鑑賞日2016/02/21 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/23
◆闘技場から救出されたカットニスは、第13地区の地下にある反乱軍の秘密基地に収容される。プロパガンダでシンボルになれと命じられるが…
◆出演ジェニファー・ローレンス/フィリップ・シーモア・ホフマン/ジュリアン・ムーア ◆監督フランシス・ローレンス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLQ-80628
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=C_Tsj_wTJkQ

権力者とレジスタンスの戦いを描くアクションの第3弾の前編。
前2作とは比べものにならないぐらい、しっかりした物語になっていた。
ヒロインの葛藤もまともだった。題材的に他の映画で見た感覚が強いけど。



△「ファイナル・デッドシャッター 本当にあった呪いのカメラ」(2014/米) ◆30点
◆原題「Dead Still」 ◆読み:ふぁいなるでっどしゃったーほんとうにあったのろいのかめら ◆鑑賞日2016/02/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/10/23
◆祖父の遺産を相続した写真屋の男は、祖父の家にあった古い写真機を発見する。結婚式で使うと新郎新婦や招待客が猟奇的な死をとげる
◆出演ベン・ブロウダー/ギャビン・カサレーニョ/レイ・ワイズ ◆監督フィリップ・エイドリアン・ブース
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/final_dead_shutter/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=TtvGyTMYaNE

殺人者の血筋を描くダラダラ展開の糞B級ホラー。カメラの謎や、写ると死ぬ恐怖は皆無。
役者や演技、特殊メイク、カット割りなどの全ての雰囲気が大昔の映画そのもの。
スマホが出てくるのに大昔の映画の雰囲気を完全に再現しているって、ある意味すごい才能だな。



×「デッド・シティ2055」(2015/米) ◆20点
◆原題「Vice」 ◆読み:でっどしてぃ2055 ◆鑑賞日2016/02/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/11/03
◆近未来。アンドロイドに対しどんな犯罪をやっても許される施設を経営する会社があった。ある日、女性型アンドロイドが目覚める
◆出演アンビル・チルダーズ/トーマス・ジェーン/ブルース・ウィリス ◆監督ブライアン・A・ミラー
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32805.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ETtLM0NI-Ug

銃撃戦と逃避行をダラダラ展開するSFっぽい糞アクション。展開的に「アイランド」っぽい。
「毎日記憶をリセットされるが、潜在意識に残っているアンドロイド」って設定が超素晴らしい。
が、その設定を最悪な方向で映画化した糞。その設定をオチにして、違うスタッフでもう一回作り直せ。



△「7500」(2014/米) ◆50点
◆原題「Flight 7500」 ◆読み:ななごーぜろぜろ ◆鑑賞日2016/02/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/21
◆ロサンゼルス発東京行きの旅客機。乱気流で酸素マスクが出現、乗客が慌てるが全員助かる。その直後、謎の木箱を持つ男が血を吐いて死ぬ
◆出演レスリー・ビブ/ライアン・クワンテン/ニッキー・ウィーラン ◆監督清水崇
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/pickup/pcbe54023/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=GCfAgxaCgLY

「呪怨」の清水崇が監督した閉鎖空間サスペンスホラー。怖さ皆無。
日本人にお馴染みの「未練があると成仏できない」がテーマ。
オチが予想できるのが難点だが、超B級感なく普通に見られました。



○「トゥモローランド」(2015/米=西) ◆70点
◆原題「Tomorrowland」 ◆読み:とぅもろーらんど ◆鑑賞日2016/02/14 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/07
◆ロケット・パックを発明した少年が万博へいき、謎の少女からピンバッジを入手。それは未来感がすごい世界へ行くための切符だった
◆出演ラフィー・キャシディ/ブリット・ロバートソン/ジョージ・クルーニー ◆監督ブラッド・バード
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/tomorrowland.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=lWZ7O-RrATY

決して諦めずに夢を追い続ける人々がいる限り、地球の未来は明るいことを描くクトゥルフSFアクション。
異次元の夢の世界は、ドリームランドとカダスだな。TVのニュースは洗脳だと密かに言っていました。
中盤まで「スパイキッズ」みたいなノリで疲れた。が、終盤のロボットの話が手塚治虫な感じでかなり良かった。



○「ゼロの未来」(2013/英=ルーマニア=仏=米) ◆80点
◆原題「The Zero Theorem」 ◆読み:ぜろのみらい ◆鑑賞日2016/02/14 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2015/10/02
◆荒廃した教会にこもり、会社のために数式「ゼロの定理」を解く仕事をし続ける男は、上司が主催した仮装パーティで魅力的な女性と出会う
◆出演クリストフ・ヴァルツ/メラニー・ティエリー/ルーカス・ヘッジズ ◆監督テリー・ギリアム
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0178
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rae7_O_6EtU

死の宣告を電話でうけた初老の男が、日が沈む「死」まで、自分の生きた意味を問い続ける近未来ドラマ。
超エロいヒロインが愛した妻であり、男の子が自慢の息子、上司が親友など人生の重要人物が総登場。
過去の記憶が蘇える様を地獄、煉獄、天国と段階的に描いており、それがダンテの「神曲」そのものでした。



○「セッション」(2014/米) ◆60点
◆原題「Whiplash」 ◆読み:せっしょん ◆鑑賞日2016/02/13 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/18
◆名門音楽大学に入学したドラマーの男は、一人で練習をしていると、最高の指揮者と名高い男がきて、その指揮者のバンドに入ることになる
◆出演マイルズ・テラー/J・K・シモンズ/メリッサ・ブノワ ◆監督デイミアン・チャゼル
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/765
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=zIP_gtjDtfE

意地悪な師匠と辛い稽古をし、自分の可能性を見いだし、価値を高める「ロック」ドラマ。
要は師匠のカタキを討つ要素がない、ジャッキー・チェンの映画みたいなお話。
ドラムがアクションの代わりなのがユニーク。「七つの大罪」あり。まあ実際にやられたら自殺か報復だけど。



○「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(2015/オーストラリア=米) ◆70点
◆原題「Mad Max: Fury Road」 ◆読み:まっどまっくすいかりのですろーど ◆鑑賞日2016/02/13 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/21
◆核戦争後の世界。元警官マックスが水を支配する集団に捕らわれ、白塗りの部下に血を採られる。そんな折、資源を運ぶ女が裏切り逃げる
◆出演シャーリーズ・セロン/トム・ハーディ/ニコラス・ホルト ◆監督ジョージ・ミラー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50004&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=hEJnMQG9ev8

荒廃した世界が舞台のジェットコースター・カーアクション。車のデザインが素晴らしい。
話的にダンテの「神曲」が入っている感じ。キャラ達が「マッドマックス2」に比べやや弱い。
折り返し後が、それまでと代わり映えしないのが最大の難点。マックスが、がに股で主役じゃないのが残念。



×「ブラックハット」(2015/米) ◆20点
◆原題「Blackhat」 ◆読み:ぶらっくはっと ◆鑑賞日2016/02/11 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/08
◆何者かのネットワークへの不正侵入により、香港の原発がメルトダウン。中米の合同捜査チームはハッキングの天才で投獄中の男の力を借りる
◆出演クリス・ヘムズワース/ワン・リーホン/タン・ウェイ ◆監督マイケル・マン
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=32866
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Qn2g9qGbH_k

超ダラダラ展開の糞ドラマ。無意味な基盤内部や、モニタの文字列、移動や風景のシーンが多すぎる。
ノリが安っぽいアジア映画そのもの。ハッカーVSハッカーなのに、全く頭脳戦をやらないってアホか。
ただ、駄目駄目が続いたからか、ラストのたいまつを持って大人数が行進するお祭りでの決着はまあまあだった。



△「ハーモニー・オブ・ザ・デッド」(2015/西=米=ハンガリー=仏) ◆30点
◆原題「Extinction」 ◆読み:はーもにーおぶざでっど ◆鑑賞日2016/02/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/10/07
◆避難バスがゾンビに襲われる。赤ん坊を守る母親が腕を噛まれる。9年後、生き残った男と娘は、隣人の男を避けて、極寒の世界で暮らしていた
◆出演ジェフリー・ドノヴァン/マシュー・フォックス/クィン・マッコルガン ◆監督ミゲル・アンヘル・ビバス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80619
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=vZoSD-riiy0

最初だけゾンビで、その後は白いグールに襲われるダラダラ展開の親子愛ドラマ。
育児放棄した父親と、その子供を育てている友人の男親関係を描いていました。
グールが音を立てないと人に気付かないのに、それを逆手に取らないなど糞の設定が多々有り。



△「メイズ・ランナー」(2014/米=加=英) ◆40点
◆原題「The Maze Runner」 ◆読み:めいずらんなー ◆鑑賞日2016/02/07 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/02
◆上昇するリフトで目覚める記憶喪失の青年。リフトが止まると若者たちに囲まれる。そこは周囲を高い壁に囲まれ森や草地が広がる場所だった
◆出演ディラン・オブライエン/トーマス・ブローディ・サングスター/ウィル・ポールター ◆監督ウェス・ボール
◆公式:http://www.foxjapan.com/maze-runner-the
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=AwwbhhjQ9Xk

謎の巨大迷宮に閉じ込められた若者たちが脱出するサバイバルアクション第1弾。
全体にベタすぎる。設定は怪物を恐れる「ヴィレッジ」の愛無し版と、「CUBE」の迷路変化。
「宇宙戦争」のようなアクション。「ミスト」のような残る残らないの選択などのごった煮。



△「ラスト・リベンジ」(2014/バハマ) ◆30点
◆原題「Dying of the Light」 ◆読み:らすとりべんじ ◆鑑賞日2016/02/07 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/02
◆ベテランCIA捜査官の男が若い職員に正義感について演説する。男は22年前に自分を拷問したテロリストが生きていると信じ探していた
◆出演ニコラス・ケイジ/アントン・イェルチン/アレクサンダー・カリム ◆監督ポール・シュレイダー
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32797.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Q48g1ijnSlI

老衰して余命幾ばくも無い認知症の男が、執念に生きた自分を哀れむCIAアクション。
同じように哀れな病気のテロ犯に、正義感が洗脳されたものだと説教されて、愕然となる様が弱い。
ほぼアクションなく、テロ犯を追い詰めるサスペンスもなく、若い相棒との対比も薄く面白くなかった。



△「リメイニング」(2014/米) ◆40点
◆原題「The Remaining」 ◆読み:りめいにんぐ ◆鑑賞日2016/02/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/10/02
◆結婚式。集まったキリスト教徒の人のみが突然死ぬ。地震で建物が崩れだし、生き残った新郎新婦とその友人は、屋外へと逃げる
◆出演ジョニー・ベイカー/イタリア・リッチ/リズ・E・モーガン ◆監督ケイシー・ラ・スカラ
◆公式:http://mid-ship.co.jp/dvd/horror/remaining/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bkxh8oFMD9Y

恋愛をダラダラメインに描く半POVの黙示録サスペンスホラー。ほぼ恋愛などの告解と探索で退屈。
旅客機が墜落したり、雹が降ったりする派手な演出は最初だけでした。ラストも何のひねりもなく残念。
短髪の女性がユダヤ教のTシャツを着ていたから、やっぱりキリスト教だけ救われるのかね。



○「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」(2014/英=米) ◆80点
◆原題「The Imitation Game」 ◆読み:いみてーしょんげーむえにぐまとてんさいすうがくしゃのひみつ ◆鑑賞日2016/02/06 ◆レンタルBD ◆発売日2015/10/02
◆第二次世界大戦。ドイツ軍の暗号機エニグマを解読するため、とある天才数学者が雇われる。彼は単独を望むが、チームを組めと命令される
◆出演ベネディクト・カンバーバッチ/キーラ・ナイトレイ/マシュー・グード ◆監督モルテン・ ティルドゥム
◆公式:https://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/773
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=S5CjKEFb-sM

自分が何故ゆえに存在するのかの答えを求める男の半生を描くドラマ。「七つの大罪」あり。同性愛あり。
その答えをコンピュータのAI(=亡くなった最愛の親友=神)から求めようと暗号解読機をつくった。
答えは解読機を作る過程で仲間から得られていたと映画では言っていたんだけど、当人は気付いていない感じ。



△「カイト/KITE」(2014/米=メキシコ) ◆30点
◆原題「Kite」 ◆読み:かいと ◆鑑賞日2016/01/31 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/16
◆少女たちが人身売買組織に拉致される崩壊した近未来。両親を殺された少女は犯人を捜し復讐する。日本の1998年18禁アニメ「A KITE」の実写化
◆出演インディア・アイズリー/サミュエル・L・ジャクソン/カラン・マッコーリフ ◆監督ラルフ・ジマン
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/short/sakuhin/PCXE000050555/?REF=VISUAL
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Lm4tyQw2LhA

両親を殺された少女が復讐するアクション。オチが最初から丸わかりの超ベタなお話。残虐描写やエロ無し。
「キル・ビル」のヤクザ女と比べ、よく今ままで生きてこれたなと思うぐらい弱すぎる。
街が汚いのに子供達が小綺麗なのも難点。少女狩りの大人をグールっぽく描いているのは○。



△「ビースト・ストーリー」(2014/仏=加) ◆40点
◆原題「Wolves」 ◆読み:びーすとすとーりー ◆鑑賞日2016/01/31 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2015/06/24
◆アメフト選手の高校生は悪夢に悩まされていた。ある日、狼男に変身し自分が知らぬまに両親を殺してしまい逃げる。バーで人狼の街の事を知る
◆出演ルーカス・ティル/ジェイソン・モモア/メリット・パターソン ◆監督ディビッド・ヘイター
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2673?prev=search&keyword=%E3%83%93%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ZN71HDzBQjU

イケメン若手俳優が主人公の人狼+血統+恋愛アクション。
人狼への変身シーンは「ハウリング」風ではなくあっさり系CG。
終盤に長々とセリフで説明していた真相がちょっと理解できませんでした。



○「チャッピー」(2015/米) ◆60点
◆原題「Chappie」 ◆読み:ちゃっぴー ◆鑑賞日2016/01/30 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/18
◆ヨハネスブルグでAIロボット警官が導入される。犯罪者の攻撃で一体が破損し破棄処分となるが、開発者が独自に考案した新AIの実験体にされる
◆出演シャールト・コプリー/ヨランディ・ヴィッサー/ワトキン・チューダー・ジョーンズ ◆監督ニール・ブロムカンプ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80576
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=QHWbzrCJ4nE

人が神と等しき存在になるための過程を示す「セフィロトの樹」がテーマのロボットアクション。
美、知識、知恵、理性、慈悲、力などを身につけ、永遠の命を手に入れるお話。会社は天界。
チャッピーはそれを布教するメシア、ジャックマンはルシファーな感じ。出来事少なく全体にやや退屈。



△「ラン・オールナイト」(2015/米) ◆40点
◆原題「Run All Night」 ◆読み:らんおーるないと ◆鑑賞日2016/01/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/16
◆マフィアの一員で酒浸りの男は息子と絶縁状態だった。ある晩、マフィアのボスの息子が人を撃ち殺す。現場に居合わせた男の息子の命が狙われる
◆出演リーアム・ニーソン/ジョエル・キンナマン/エド・ハリス ◆監督ジャウム・コレット=セラ
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=50003&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7uDuFh-nC-c

父親を嫌っている息子が、父親と逃げるはめになるマフィア・アクション。街の風景シーン多すぎ。
父親はやっぱり頼りになるとか、父親と息子がわかり合えるとか、親子関係の修復が一切伝わってこない。
殺し屋とライトサーベルで対決とか、マフィアのボスが貫禄無く逃げるとか、残念なシーンの連続。



△「フォックスキャッチャー」(2014/米) ◆50点
◆原題「Foxcatcher」 ◆読み:ふぉっくすきゃっちゃー ◆鑑賞日2016/01/24 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/04
◆1984年五輪金メダリストのレスリング選手は貧乏ながらも兄から稽古を受け次の五輪を目指していた。そんな折、とある財団から声がかかる
◆出演スティーヴ・カレル/チャニング・テイタム/マーク・ラファロ ◆監督ベネット・ミラー
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/foxcatcher/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8361stZ8n0w

母親を憎み、母親が嫌なものをやり嫌がらせをして憂さを晴らす、孤独な金持ちのおっさんを描くドラマ。
南北戦争が出ていたから、金持ちのおっさんにとって選手は奴隷みたいな扱いな感じ。
母親が亡くなると、憂さを晴らす術がなくなったので、憎みの対象が変わって選手を殺したみたいに描いていた。



○「ババドック 暗闇の魔物」(2014/オーストラリア=加) ◆80点
◆原題「The Babadook」 ◆読み:ばばどっくくらやみのまもの ◆鑑賞日2016/01/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/04
◆夫を事故で失ったシングルマザーの女性は、幼い一人息子が日増しに凶暴になっていくことで悩んでいた。ある日、子供が見つけた絵本を読む
◆出演エシー・デイビス/ノア・ワイズマン/ヘイリー・マケルヒニー ◆監督ジェニファー・ケント
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_326.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=k5WQZzDRVtw

シングルマザーの母親が、親子愛により夫の死から立ち直るホラー。ラストの誕生日に涙。
母親の我が子を愛する思いと、夫を奪った「悪魔の子」とする心の二面性を見事に描いていました。
子供が母親の危機を早くから察知していて、最後まで守ろうとする気持ちの描き方も秀逸だった。



△「RE−KILL[リ・キル] 対ゾンビ特殊部隊」(2013/米) ◆50点
◆原題「Re-Kill」 ◆読み:りきるたいぞんびとくしゅぶたい ◆鑑賞日2016/01/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/04
◆とある家で親を探す少女がテレビのチャンネルを切り替える。ゾンビが蔓延する世界で、特殊部隊が感染者を排除する密着番組をしていた
◆出演スコット・アドキンス/ダニエラ・アロンソ/ジャー・クロス ◆監督ヴァレリー・ミレフ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_325.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=26_fGZXseZk

特殊部隊を密着取材するテレビ番組なゾンビPOVアクション。走るゾンビが大量に出てくるのは○。
途中でCMがあるなど「スターシップ・トゥルーパーズ」のようなバーホーベン風の雰囲気。
ストーリーが無いので、そのノリは途中で飽きてくる。爆発とかヘリのCGとか意外としっかりな作り。



○「アナーキー」(2014/米) ◆70点
◆原題「Cymbeline」 ◆読み:あなーきー ◆鑑賞日2016/01/23 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/02
◆麻薬王の娘が側近の青年と結婚する。麻薬王は気に入らなく青年を追放する。想いが募る両者。そんな折、麻薬組織が警察と対立することになる
◆出演ダコタ・ジョンソン/ペン・バッジリー/エド・ハリス ◆監督マイケル・アルメレイダ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0175
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ulaGT6b8tgg

シェイクスピアの戯曲「シンベリン」を現代に舞台を移し映画化した恋愛ドラマ。俳優陣が豪華。
王様と側近、眠り姫、魔法の薬、魔女など、うまく童話みたいなお話を現代に当てはめたのがユニーク。
オチも、みんなが救われる童話にありがちなものだが悪くない。スロー多用が難点。版画の欠けが無いのが気になる。



△「フォーカス」(2015/米=アルゼンチン) ◆30点
◆原題「Focus」 ◆読み:ふぉーかす ◆鑑賞日2016/01/17 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/02
◆ホテルで食事中の男が、とある女と出会う。ベッドイン直後に女の旦那が銃を持って乱入。男は始めから詐欺だと気付いていて軽くあしらう
◆出演ウィル・スミス/マーゴット・ロビー/アドリアン・マルティネス ◆監督グレン・フィカーラ
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4561&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=MxCRgtdAuBo

仕事と恋愛のどちらをとるかで悩む男を描くドラマ。俳優のファン向けで内容は一切無い。
主役キャラに特徴なし。詐欺集団が株式会社みたいな組織ってのを、もっと膨らませれば良かったのに。
デブキャラが下ネタを言いまくるなど、ややコメディなところも中途半端にあるのも難点。



×「呪い襲い殺す」(2014/米) ◆20点
◆原題「Ouija」 ◆読み:のろいおそいころす ◆鑑賞日2016/01/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/02
◆幼い頃に親友と「ウィジャボード」をした思い出のある女子高生は、ボードを暖炉にくべた後に不可解な現象が起こり、首をつって自殺する
◆出演オリビア・クック/ダグラス・スミス/アナ・コトー ◆監督スタイルズ・ホワイト
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=25657
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_T1Jj1inE8M

若手俳優によるダラダラ進行のこっくりさんホラー。後半はこっくりさんが関係なくなっている糞。
ホラー的な演出がかなり少なく、不気味さや怖さが皆無で、展開に勢いがないなど、面白くありませんでした。
終わったと思ったらまだ続くってのが3回ぐらいあって、もういいから早く終われよと思ってしまう。



△「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(2014/米) ◆50点
◆原題「Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」 ◆読み:ばーどまんあるいは(むちがもたらすよきせぬきせき) ◆鑑賞日2016/01/16 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/02
◆ヒーロー映画「バードマン」で一躍スターになった男は、今では落ちこぼれ。自ら脚色・主演したブロードウェイの舞台で成功を夢見るが…
◆出演マイケル・キートン/エマ・ストーン/エドワード・ノートン ◆監督アレハンドロ・G・イニャリトゥ
◆公式:http://www.foxjapan.com/birdman
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uJfLoE6hanc

人は誰でも偽りの人生を演じていてることを描くまじめなドラマ。バードマンは死神だな。「七つの大罪」あり。
自分には凄い才能(超能力)がある、自分は死ぬ間際に家族とわかり合えるとか、人は都合の良いことばかり考えていると言っていました。
全編ワンカット長回しと、俳優が主人公、ブロードウェイ舞台の裏方が舞台ってのに、やや拒絶反応。



○「スティーヴン・キング ファミリー・シークレット」(2014/米) ◆60点
◆原題「A Good Marriage」 ◆読み:すてぃーう゛んきんぐふぁみりーしーくれっと ◆鑑賞日2016/01/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/02
◆初老の妻は子供も独立し夫と二人で仲睦まじく暮らしていた。妻は夫の出張中にガレージの隠し壁に連続殺人事件で殺された女のカードを見つける
◆出演ジョーン・アレン/アンソニー・ラパリア/カーラ・ブオノ ◆監督ピーター・アスキン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7706
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=CjOnIbXU--M

相手を偽りながら過ごす夫婦の関係と、善と悪の対決のドラマ。ホラーでもサスペンスでもなかった。
序盤に初老の夫婦のSEXとか、恋人みたいに仲の良い所を描いていたので、ドン引きした。
ただ、主演の女優さんの演技のおかげか、妻のヒーローっぽい気質が静かに現れてくる様は良かった。



△「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」(2014/ノルウェー) ◆50点
◆原題「Kraftidioten(In Order of Disappearance)」 ◆読み:ふぁいてぃんぐだでぃいかりのじょせつしゃ ◆鑑賞日2016/01/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/07/03
◆ノルウェー山間部で除雪業を営む男は市民栄誉賞を受賞。一方、息子が誘拐されヘロインを過剰に打たれ殺される。警察は中毒と判断し捜査を放棄
◆出演ステラン・スカルスガルド/ポール・スヴェーレ・ハーゲン/ブルーノ・ガンツ ◆監督ハンス・ペーター・モランド
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/inorderofdisappearance.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=G0tMPcv3a3I

息子を殺された初老の父親が麻薬マフィアに復讐するアクション。B級では無い。
序盤は手下を急に殴ったり殺したり、除雪車も意味ありげな雰囲気で良かった。
が、その後は半コメディになって、なんじゃこりゃ状態。敵キャラの個性を無理矢理作りすぎ。



×「モンスター 変身する美女」(2014/米) ◆20点
◆原題「Spring」 ◆読み:もんすたーへんしんするびじょ ◆鑑賞日2016/01/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/02
◆父親に続けて母を癌で亡くした青年は職場で喧嘩をしてクビになる。単身イタリアへ旅行にいく。赤い服を着た美女と出会い恋に落ちるが…
◆出演ルー・テイラー・プッチ/ナディア・ヒルカー/ジェレミー・ガードナー ◆監督ジャスティン・ベンソン/アーロン・ムーアヘッド
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2699?prev=search&keyword=%E5%A4%89%E8%BA%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E7%BE%8E%E5%A5%B3
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=668ZdEbXlPY

人生の目的を見失っている青年が旅先で恋をするドラマ。不老不死の人魚との恋と同じ内容。
普通の男女の出会いと恋愛を、普通にダラダラと生真面目に描いていてかなり辛かった。
女性の変身シーンが所々あるが、注射ですぐに元に戻り、何も起こらないから面白くない。



△「はじまりのうた BEGIN AGAIN」(2013/米) ◆30点
◆原題「Begin Again」 ◆読み:はじまりのうたびぎんあげいん ◆鑑賞日2016/01/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/10/07
◆街の酒場で女性がギターを片手に歌う。それを聞いていた男が名刺を差し出す。男は自分の会社をクビになり酒浸りの元音楽プロデューサーだった
◆出演キーラ・ナイトレイ/マーク・ラファロ/ジェームズ・コーデン ◆監督ジョン・カーニー
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe53407/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uTRCxOE7Xzc

ひとりぼっちの男と女が出会い、仲間とセッションすることで再生してゆくドラマ。サクセス無し。金があるのか無いのか謎の設定。
中盤までは段々と人が集まって、いつの間にか大勢で踊っているミュージカルアニメな感じをダラダラやっていました。
状況や感情を歌の歌詞で言っていたのが、途中からセリフを大量に垂れ流す手法に激変し辛かった。数々の歌も辛かったけど。



△「オールマイティ・ソー 神々の伝説」(2015/米) ◆40点
◆原題「Dark Universe(God of Thunder)」 ◆読み:おーるまいてぃそーかみがみのでんせつ ◆鑑賞日2016/01/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/09/04
◆フードをかぶった謎の男が手をかざし人の魂を抜き取り操る。一方、カップルは、雷が落ちた場所で男を発見し、家のベッドに寝かす
◆出演マックス・アリア/ジャッキー・ホーランド/マイク・ミリアン ◆監督トーマス・シャピロ
◆公式:http://www.amumo.jp/movie/almighty.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ELYcAX-zNu0

記憶喪失の雷神トールが地球で女の人と逃げ回るB級アクション。女優は美人だが乳首なし。
「ボディ・スナッチャー」された地球人からの逃避行が延々と続き退屈でした。女の人との色恋も中途半端。
終わり頃にやっとハンマー入手で「スーパーマン」になり、シスの暗黒卿風のロキと対決。それはまあまあ。



○「オデッセイ2001」(2001/米) ◆60点
◆原題「Epoch」 ◆読み:おでっせい2001 ◆鑑賞日2016/01/03 ◆DVD ◆発売日2001/11/23
◆ブータンに突如現れた巨大物体は死者を蘇らせ怪我を治すが、世界各地を停電にした。米調査団が調べると40億年前の物質と判明、内部へ向かう
◆出演デヴィッド・キース/ステファニー・ニズニック/ブライアン・トンプソン ◆監督マット・コッド
◆公式:http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=0081557536&pT=null
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=f138Yo7G3Pw

人類を絶滅させ新たな生態系を誕生させようとするB級SF。2001年TVムービー。とある有名映画のパクリ元を発見。
リドリー・スコットの「プロメテウス」のパクリ元でした。エイリアンは出てきませんがそっくりです。タコは出てくる。
マスクを突然外す、球体が空洞を進む、丸い3D映像、妊娠できないのに妊娠した等々、何から何までそっくり。ひどい世の中になったな。



△「ホステージ 人質奪還作戦」(2011/米) ◆40点
◆原題「Junction」 ◆読み:ほすてーじひとじちだっかんさくせん ◆鑑賞日2016/01/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/10/02
◆ドラッグ中毒の男女4人は友人の麻薬売人からテレビを要求され、とある留守宅に押し入る。屋根裏で児童虐待のビデオを大量に見つけ激怒する
◆出演ニール・ブレッドソー/トム・ペルフリー/アンソニー・ルイヴィヴァー ◆監督トニー・グレイザー
◆公式:http://www.twanet.jp/1362HOS-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=4jjwVfBnqk0

「人は見た目で判断できない」ことを描くB級サスペンス。刑事に裏があるようで何も無しが駄目。
序盤はアホ4人組による泥棒コメディっぽかったのに、直ぐにまじめな感じになり違和感。
犯人の一人が少女や仲間を救うメシアみたいな存在になったのに、最後の糞オチで台無しに。



△「アノマリー」(2014/英) ◆30点
◆原題「The Anomaly」 ◆読み:あのまりー ◆鑑賞日2016/01/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/20
◆元兵士の男は目覚めるとバンの後部に拉致された少年と一緒にいた。少年と一緒に逃げるが、10分後に意識がなくなる。また目覚めると…
◆出演ノエル・クラーク/イアン・サマーハルダー/アレクシス・ナップ ◆監督ノエル・クラーク
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2511?prev=search&keyword=%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FlHu7zT-Zfs

SF風アクション。たまに10分だけ正気に戻る一人「ボディ・スナッチャー」。エイリアン無し。
スローと倍速を交互に繰り返す格闘が何度もあり、何故に格闘するのかもわからず退屈。
ヒロインがナイスバディなんだが、肌を見せるが乳首だけ見せないって何の罰ゲームだよ。



△「脳内ニューヨーク」(2008/米) ◆50点
◆原題「Synecdoche, New York」 ◆読み:のうないにゅーよーく ◆鑑賞日2015/12/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/07/21
◆舞台の監督の男は、目の瞳孔が開く病気になり病院へ行く。小さい絵を描く妻は個展を開くため、幼い娘をつれドイツに行くが帰ってこない
◆出演フィリップ・シーモア・ホフマン/サマンサ・モートン/ミシェル・ウィリアムズ ◆監督チャーリー・カウフマン
◆公式:http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=757
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=XIizh6nYnTU

老衰で死んだ直後の男が、自分の人生を振り返り感傷にひたる年寄り向けドラマ。
その人生の舞台化の演出や稽古を脳内で延々やっている描写がユニークだが難点でもある。
愛する女性らとのなれそめと別れがメイン。女優エミリー・ワトソンのおっぱいあり。



△「チェイシング/追跡」(2008/米) ◆40点
◆原題「Tenderness」 ◆読み:ちぇいしんぐついせき ◆鑑賞日2015/12/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/04/22
◆両親を殺した青年は大量の精神薬を飲んでいたため、無罪となる。一方、店長に唇を売る16才の少女はニュースを見て青年に会いに行く
◆出演ジョン・フォスター/ソフィー・トラウブ/ラッセル・クロウ ◆監督ジョン・ポルソン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/chasing_tsuiseki/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mZcXq0N_rRw

殺人の衝動を抑えられない青年が、天使の少女に救われる思春期ロードムービー。
青年を追う刑事(ラッセル・クロウ)は父親みたいな存在。
アクションなどない一本調子な超地味な展開のドラマなのでやや辛い。



△「バトルフィールド」(2014/英) ◆30点
◆原題「Sword of Vengeance」 ◆読み:ばとるふぃーるど ◆鑑賞日2015/12/27 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/02
◆1066年イングランド。王族と対立するサクソン人。放浪者に王族の兵士が通行料を求めるが、兵士が殺される。王族は放浪者を探す
◆出演スタンリー・ウェバー/エドワード・アクロート/カレル・ローデン ◆監督ジム・ウィードン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4520&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=C31NDeJnBu4

復讐が生きがいの死神を受け入れてしまう蛮族を描くケルト神話系アクション。この作品に女いらないな。
灰色っぽい映像にスロー多用、しかもストーリーがほぼ無しでかなり辛かった。
キャラ的に眼帯の人が幾分マシだったが、主役には怒りや哀しみが感じられず残念な出来。



△「クライモリ デッド・ホテル」(2014/米) ◆40点
◆原題「Wrong Turn 6: Last Resort」 ◆読み:くらいもりでっどほてる ◆鑑賞日2015/12/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆森の温泉に入っていた男女が殺される。一方、山奥のホテルを相続した青年は、友人達と見学にくる。宿泊客の老婆が従業員らに殺される
◆出演アンソニー・イロット/アクィーラ・ゾール/セイディー・カッツ ◆監督ヴァレリー・ミレフ
◆公式:http://www.foxjapan.com/wrong-turn-6-last-resort
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=e2erC2okix8

奇形に襲われるB級スプラッターホラー第6弾。ダラダラ会話だけを長時間垂れ流し辛い。
襲われるシーンがほぼ無しってどういうことだよ。女優全員のおっぱいがあったのが救い。
ホテルが舞台とか血統云々など、もろにラヴクラフトの「インスマウスの影」が題材。



△「シンデレラ」(2015/米) ◆50点
◆原題「Cinderella」 ◆読み:しんでれら ◆鑑賞日2015/12/26 ◆レンタルBD ◆発売日2015/09/02
◆動物と話す女の子は「勇気と優しさ」を忘れずに裕福な家庭で育つ。ある日、母が亡くなる。父は再婚し亡くなる。義母らに家事を押し付けられる
◆出演リリー・ジェームズ/ケイト・ブランシェット/ヘレナ・ボナム=カーター ◆監督ケネス・ブラナー
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/news/20150701_01.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=20DF6U1HcGQ

いじめられていた娘が幸せになることにより、毒親らに復讐を果たす、おなじみの童話の実写化。
「許す」のセリフが何様だよと思う。後付臭い「家を守る」って目的があるのに家を出るなよ。
「アナ雪」のショートムービーがあったけど、そっちの方が100万倍楽しかった。これで+10点。



△「バトル・オブ・モンスターズ」(2012/フィリピン) ◆30点
◆原題「Tiktik: The Aswang Chronicles」 ◆読み:ばとるおぶもんすたーず ◆鑑賞日2015/12/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/08/26
◆妊娠し実家に帰った恋人を追ってきた青年は、母親にどやされる。恋人の父親と、恋人の誕生日を祝うための子豚を買いにある集落へと向かう
◆出演ディン・ドン・ダンテ/ロビ・ポー/レイモン・ボーティスタ ◆監督エリック・マッテイ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201509/dvd10.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Xk2rccJ_vl0

男と家族が、妊婦の娘を怪物から守る立てこもりB級アクション。フィリピン産です。
字幕では吸血鬼と言っているが、人狼っぽいグールが集団で襲ってくるお話でした。
全編が超CG臭いクッキリ画像。ノリ的に「カンフーハッスル」をダラダラにした感じ。



○「インヒアレント・ヴァイス」(2014/米) ◆60点
◆原題「Inherent Vice」 ◆読み:いんひあれんとう゛ぁいす ◆鑑賞日2015/12/23 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/19
◆私立探偵の男の家に、不動産王の愛人になった元彼女がきて、不動産王の妻の悪だくみを暴いてほしいと言う。その後、不動産王と元彼女が消える
◆出演ホアキン・フェニックス/ジョシュ・ブローリン/キャサリン・ウォーターストン ◆監督ポール・トーマス・アンダーソン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4570&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=wZfs22E7JmI

愛する女を救うために奔走する男を描くややコメディ風の探偵ドラマ。セリフ多し。警察署は天界だな。
元彼女もたぶん死んでいるし、刑事も最後で死んで会いに来るなど、人との縁と哀愁と救いがテーマ。
この手の探偵ものって、どうしても松田優作の「探偵物語」などを思い出してしまうんだよな。



△「イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち」(2014/米) ◆40点
◆原題「In Your Eyes」 ◆読み:いんゆああいずちかくてとおいこいびとたち ◆鑑賞日2015/12/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/08/05
◆少女がソリで木にぶつかると同時に、教室で男の子が倒れる。二人は大人になり、離れていても会話でき、相手が見ているものが見えることに気付く
◆出演ゾーイ・カザン/マイケル・スタール=デヴィッド/ニッキー・リード ◆監督ブリン・ヒル
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2015/post-197.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=cs_Z2OyqW5A

幼い頃から繋がっていた感じがしていた男女が、大人になってテレパシー能力に気付き会話する恋愛ドラマ。
インターネットでのチャットデートそのまんまで面白くありませんでした。一般人がキモがるのも同じ。
チャットセックス、リアルに会いに行くで終わるが、どんでん返しもなく面白くありませんでした。全て脳内の話にしとけ。



△「サン・オブ・ゴッド」(2014/米) ◆50点
◆原題「Son of God」 ◆読み:さんおぶごっど ◆鑑賞日2015/12/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/05
◆ローマ帝国支配下のユダヤ人。王になると預言された子が誕生しイエスと名付けられる。成長したイエスは弟子をとりエルサレムへと向かう
◆出演ディオゴ・モルガド/グレッグ・ヒックス/ダーウィン・ショウ ◆監督クリストファー・スペンサー
◆公式:http://www.foxjapan.com/son-of-god
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=-Hsl5UG9O_c

イエスが弟子をとり、数々の奇蹟や、十字架はりつけ、復活、弟子たちが何も学んでいなかった等をそのまま描く福音書ドラマ。
メル・ギブソン版「パッション」は自分の代わりに罰を受けられている感覚になるが、今作はただの可哀想な人のお話になっていた。
とにかく「パッション」とは同じセリフ一つとっても全く違う感じだった。今作のイエスのえびす顔はオウム真理教の教祖を思い出してしまう。



△「ドライブ・ハード」(2014/加) ◆40点
◆原題「Drive Hard」 ◆読み:どらいぶはーど ◆鑑賞日2015/12/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/12
◆元レーサーの男は結婚し娘が生まれたため現役を引退し車の教習所の教官をしていた。ある日、受講者の男が5分待ってくれと言い銀行を襲撃する
◆出演トーマス・ジェーン/ジョン・キューザック/クリストファー・モリス ◆監督ブライアン・トレンチャード・スミス
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4510&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5knw74WsGpI

ややコメディのロードムービー。カーアクションもお笑いもショボい。
倦怠期で悩む夫の元に、天使がやってきて、家庭を救うよくあるお話。
見所は「ミスト」のお父さん役が、主役のロン毛元レーサーで出てたぐらいか。



○「ジュピター」(2015/米=オーストラリア) ◆60点
◆原題「Jupiter Ascending」 ◆読み:じゅぴたー ◆鑑賞日2015/12/19 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/05
◆便所掃除をして生計を立てる女性は、父の形見の望遠鏡を手に入れるため、卵子を売ろうと決意。手術室で宇宙人に殺されそうになる
◆出演ミラ・クニス/チャニング・テイタム/エディ・レッドメイン ◆監督ラナ・ウォシャウスキー/アンディー・ウォシャウスキー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4511&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=t4ZzMkDLjWI

ギリシア神話をベースにしたSFラブロマンス・アホアクション。母親への愛憎の描き方は○。
なんとなく「千と千尋の神隠し」を彷彿させるつくり。アクションは「スパイダーマン」風。
貧乏人が実はお姫様だったとか、結婚式阻止とか、色々な要素のごった煮感がすごい。



×「鮮血ピエロの惨劇」(2014/米) ◆1点
◆原題「Mockingbird」 ◆読み:せんけつぴえろのさんげき ◆鑑賞日2015/12/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/08/05
◆懸賞で業務用ビデオカメラが当たった夫婦と、大学生の女性、無職の男。カメラは常に録画状態になっていて、「撮り続けろ」と書かれていた
◆出演トッド・スタシュウィック/アレクサンドラ・ライドン/バラク・ハードリー ◆監督ブライアン・ベルティノ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=25647
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=3hybX6zxvU4

超B級の糞POVサスペンス。ホラーではない。早送りしたいと考えながら見たの久しぶり。
怖がったり、メソメソしたり、はしゃいだりする4人をダラダラと映しているだけの糞。
カメラを壊さないとか、外に早く逃げろとかでイライラより怒りが増大。オチも予想通りの糞だった。



△「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」(2014/米=英) ◆30点
◆原題「Night at the Museum: Secret of the Tomb」 ◆読み:ないとみゅーじあむえじぷとおうのひみつ ◆鑑賞日2015/12/13 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/05
◆NY自然史博物館でプラネタリウム設立パーティ。エジプト王の石板が魔力を失い、展示物たちが狂ったため大失敗に終わる。館長が首になる
◆出演ベン・スティラー/スカイラー・ギソンド/ロビン・ウィリアムズ ◆監督ショーン・レヴィ
◆公式:http://www.foxjapan.com/night-at-the-museum-secret-of-the-tomb-1
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=i0vTJeYLRnA

博物館の展示物が動き出すドタバタ・コメディ第3弾。その動く面白さがかなりパワーダウン。
過去作の主要キャラが出ているが、どれも面白くなかった。やや笑えるのがウルヴァリンのシーンだけだった。
子離れできない父親が息子の成長に気付く話を、おまけみたいに付け足していたのも駄目だった。



×「ドミニオン」(2014/米) ◆20点
◆原題「Dominion」 ◆読み:どみにおん ◆鑑賞日2015/12/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/08/05
◆砂漠化した地球で無数の胎児の繭が発見される。現在。UFO研究者は、ある男の話をきく。凶悪な異星人が5日後に地球を攻撃するという
◆出演バリー・リンチ/トラヴィス・ハマー/クリスティーン・ジョエル ◆監督リチャード・ロウリー
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-402782/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=m4FxagOwpC8

おっさんがひたすら会話するだけの超糞B級SF。ドミニオンとは黙示録で人類を滅ぼす天使のことです。
人間が一番凶悪だと言いたいのか、凶悪なはずの異星人すら、話し合いで解決できるほどすごいお人好し。
最初の胎児の繭がなんだったのか謎など支離滅裂。動画や資料を公開しても今時信じる馬鹿いないだろ。



○「スティーブン・キング 血の儀式」(2014/米) ◆60点
◆原題「Mercy」 ◆読み:すてぃーぶんきんぐちのぎしき ◆鑑賞日2015/12/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/08/05
◆祖母が大好きな少年は、怖がらずに立ち振る舞うことを祖母から教えられた。ある日、祖母が認知症になり、入った施設を1年後に追い出される
◆出演チャンドラー・リッグス/シャーリー・ナイト/フランシス・オコナー ◆監督ピーター・コーンウェル
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=25648
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VLoRVEFQGaA

「闇に囁くもの」に自ら取り憑かれたばーちゃんが、愛する孫を救い、自分も孫に救われるホラー。
展開もクリーチャーもかなり地味。クトゥルフの元ネタ「ハスター」や「黄衣の王」がでてきます。
一番恐いのが、自分が認知症(痴呆症)になり、家族や他人に迷惑をかけてしまうことだな。



△「スターリングラード 史上最大の市街戦」(2014/露) ◆50点
◆原題「Stalingrad」 ◆読み:すたーりんぐらーどしじょうさいだいのしがいせん ◆鑑賞日2015/12/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/08/05
◆第二次世界大戦スターリングラード。ドイツ兵のヴォルガ川進行を阻止するため、ロシア兵たちはとあるアパートに陣取るが、少女を発見する
◆出演マリヤ・スモルニコヴァ/ビョートル・フョードロフ/トーマス・クレッチマン ◆監督フョードル・ボンダルチュク
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80577
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fRbOx5OITP0

国ではなく、女性を愛し守ると言う人生の目的を見いだした男たちが、心癒され救われる戦争ドラマ。
史上最大の市街戦になる前のお話。だからか、戦闘シーンがかなり少なく面白みに欠ける。
父親5人って言ってたのに5人以上登場するのが謎。スローを多用していて、カメラも常にゆっくり動いていてイライラ。



△「死霊の棲む森」(2008/米) ◆30点
◆原題「Solstice」 ◆読み:しりょうのすむもり ◆鑑賞日2015/12/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/06/04
◆双子の妹の死を悲しむ女性は、友達と高校の卒業旅行をかねて、湖畔にある彼女の別荘に出かける。手が泥まみれになり爪が折れる夢を見る
◆出演エリザベス・ハーノイス/ショーン・アシュモア/アマンダ・セイフライド ◆監督ダニエル・マイリック
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/10/IA10-0596/IA10-0596.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=YHsbF4eh4X4

2008年のホラーっぽい青春ドラマ。当時の若手俳優が出演しているのが特徴。見所はアマンダ・セイフライドか。
双子の妹の追悼と、その霊か何かの気配がするってのを、終盤までビックリするほど超ダラダラ展開。
終盤からは急展開するが、時既に遅し。鍵が何の鍵が意味不明(自転車の鍵?)。



○「ブランクスレーター FBI捜査官アンの彷徨う記憶」(2008/米) ◆60点
◆原題「Blank Slate」 ◆読み:ぶらんくすれーたーえふびーあいそうさかんあんのさまようきおく ◆鑑賞日2015/12/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/12/18
◆記憶喪失の女性は死刑執行中に突如中止され、死者の記憶を生者の脳に転送できるFBI新技術の被験者となる。飛び降り自殺事件の真相を探る
◆出演リサ・ブレナー/エリック・ストルツ/クランシー・ブラウン ◆監督ジョン・ハリソン
◆公式:http://enet-dvd.com/2010022044/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HJDfKs26BWU

記憶喪失の死刑囚が心霊FBI捜査官になり、裏では陰謀がある超ベタな2008年TVムービー。
もろTVムービーって感じの安っぽい作りだが、全体にまとまっていて普通に面白かった。
バディムービーや、家族愛、自分が誰なのかなどの要素が、そつが無く展開され良かった。



△「ビッグ・アイズ」(2014/米=加) ◆50点
◆原題「Big Eyes」 ◆読み:びっぐあいず ◆鑑賞日2015/11/29 ◆レンタルBD ◆発売日2015/08/04
◆大きな目の子供の絵を描く女性は、娘を連れて夫と別居する。ある日、露店で画家の男性と出会う。娘の親権を剥奪する通知で、画家と速攻で結婚する
◆出演エイミー・アダムス/クリストフ・ヴァルツ/ダニー・ヒューストン ◆監督ティム・バートン
◆公式:https://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/759
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2xD9uTlh5hI

騙し騙され、自分の判断で自らを偽りながらも、相手から利益を得る夫婦の関係を描くドラマ。
何不自由なく暮らせて、巨万の富を得られたのは夫のおかげであり、絵のおかげではない。
商才や人脈のある夫がいなければ絵は売れないままだった可能性もある。それを承知で夫から全てを奪うのが妻。



○「プリデスティネーション」(2014/オーストラリア) ◆70点
◆原題「Predestination」 ◆読み:ぷりですてぃねーしょん ◆鑑賞日2015/11/29 ◆レンタルBD ◆発売日2015/07/15
◆爆弾を処理する男は顔に重度の火傷を負う。手術をするが別人の顔になる。1970年。酒場のバーテンダーになって、青年の数奇な話を聞く
◆出演サラ・スヌーク/イーサン・ホーク/ノア・テイラー ◆監督マイケル・スピエリッグ
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4443&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ayAt1BZmJH0

個人にとって、最も憎むべき者と、最も愛している者とは誰かを描くSFドラマ。
両性具有は天使。ウロボロスは完全・永遠・不滅の象徴。新たなヒーローの誕生映画でした。
2人で延々と喋っているだけなので体調によっては辛いかも。主役のお姉ちゃんははまり役。



△「イントゥ・ザ・ウッズ」(2014/米=英=加) ◆40点
◆原題「Into the Woods」 ◆読み:いんとぅざうっず ◆鑑賞日2015/11/28 ◆レンタルBD ◆発売日2015/07/17
◆子供が欲しいパン屋の夫婦は、魔女の呪いを解く4つのアイテムを探しに森へと行く。1987年ブロードウェイ・ミュージカルの映画化
◆出演メリル・ストリープ/アナ・ケンドリック/エミリー・ブラント ◆監督ロブ・マーシャル
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/woods.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7pjy5MK1X70

お馴染みのホラー童話のキャラが勢揃いするミュージカル。森=人生。
前半はそのお話そのもので、話がわかっているので安心してみられる。
後半は「七つの大罪」がテーマの説教を長時間垂れ流しでかなり辛かった。



△「地下に潜む怪人」(2014/米) ◆40点
◆原題「As Above, So Below」 ◆読み:ちかにすむかいじん ◆鑑賞日2015/11/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/07/08
◆不死の力を得る石の存在を研究する女性は、石版の裏の手がかりから、友人らと共にパリのカタコンベ(地下墓地)を探索する
◆出演パーディタ・ウィークス/ベン・フェルドマン/フランソワ・シヴィル ◆監督ジョン・エリック・ドゥードル
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=25451
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uiTPqZkTTN8

「七つの大罪」がテーマの大騒ぎしながら暗闇を進むよくあるPOV。「ディセント」風。
宝探し+ホラーってのが特徴。謎を解くと頭の中で「ゼルダの伝説」の音が鳴る。
ワンシーンだが、歯茎むき出しの口が数カ所ある地面はよかった。ラストの地獄の出口も○。



○「アメリカン・スナイパー」(2014/米) ◆60点
◆原題「American Sniper」 ◆読み:あめりかんすないぱー ◆鑑賞日2015/11/22 ◆レンタルBD ◆発売日2015/07/08
◆家族を守るため「番犬」になれと父親から教えられ育った男は9・11テロをテレビで見て国を守るために戦うことを決意。シールズへ入隊する
◆出演ブラッドリー・クーパー/シエナ・ミラー/カイル・ガルナー ◆監督クリント・イーストウッド
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4480&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5bP1f_1o-zo

実在のスナイパーを救世主に祭り上げた対9・11ドラマ。最後の晩餐とかヘビとか聖書の描写あり。
追悼でエンドロールに音楽一切なし。地獄から生還し身体が救われ、殺されることで魂も救われる話。
報復とは、家庭(=国家)を内面から崩壊させることに繋がると密かに訴えていました。



△「タイム・チェイサー」(2013/加) ◆40点
◆原題「I'll Follow You Down」 ◆読み:たいむちぇいさー ◆鑑賞日2015/11/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/07/03
◆物理学者の男が妻と幼い息子を残し突如失踪する。12年後、母は薬を大量に飲み自殺。祖父は父がタイムスリップを研究していたと告げる
◆出演ハーレイ・ジョエル・オスメント/ジリアン・アンダーソン/スザンナ・フルニエ ◆監督リッチー・メタ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1666577
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=NDmccCnGlAg

今まで歩んできた人生の貴さを考えるタイムマシン・ドラマ。タイムパラドックスが凄いが並行世界に行ったなら説明がつく。
嫌な過去をなくし父と母を救うのと、妻との思い出と我が子の未来を天秤にかけ悩んでいたのに、急にアレになるってひどすぎだろ。
「シックス・センス」の子役のオスメント君(今27歳)が登場するのだけが見所。顎髭があるが表情は当時と全く変わっていない。



△「クラウン」(2014/米=加) ◆50点
◆原題「Clown」 ◆読み:くらうん ◆鑑賞日2015/11/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/07/03
◆息子の誕生日に呼んだピエロが来られなくなった。中古住宅のセールスマンの父親は売家の地下で見つけたピエロの衣装を身につけ息子を喜ばす
◆出演アンディ・パワーズ/ローラ・アレン/ピーター・ストーメア ◆監督ジョン・ワッツ
◆公式:http://www.vap.co.jp/goods/1428893242936/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=3iw4ZeNoTbg

父親が謎のピエロの服と鼻とカツラをつけたとたん、徐々に怪物に変身してゆくB級ホラー。
ジョジョの石仮面みたいなアイテムだな。子供だけが狙われるので、その惨殺死体とかあり。
所々ビックリするシーンがあったのでホラーとしてはいいんだが、B級映画としては個性が弱すぎる。



△「アンリミテッド」(2015/米) ◆30点
◆原題「Tracers」 ◆読み:あんりみてっど ◆鑑賞日2015/11/21 ◆レンタルBD ◆発売日2015/05/08
◆中国系マフィアからの借金を返すためNYで自転車便をしている青年は、パルクールをしている女性と事故で出会う。青年はその女性を探すが…
◆出演テイラー・ロートナー/マリー・アヴゲロプロス/ラフィ・ガヴロン ◆監督ダニエル・ベンマヨール
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1678694
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=nSfZahdXxU4

青春恋愛ドラマ。走っている二人がぶつかって恋が目覚めるみたいなって何の漫画だよ。恋愛はダラダラ。
忍者みたいに飛んだり跳ねたりして道以外を走る「パルクール」が見所だが、映画なのに普通すぎる。
「パルクール」のシーンって結局やってることはジャッキー・チェンの劣化パクリな感じ。



△「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」(2015/英=米) ◆40点
◆原題「Mortdecai」 ◆読み:ちゃーりーもるでかいかれいなるめいがのひみつ ◆鑑賞日2015/11/15 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/19
◆破産寸前のお金持ちの男は、中国人に壺を売ろうとするが銃撃戦になる。ある日、ゴヤの名画が盗まれ、MI5の友人が情報を得るため男を訪ねる
◆出演ジョニー・デップ/グウィネス・パルトロウ/ポール・ベタニー ◆監督デヴィッド・コープ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BASL-80570
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Eh6nYOhItOM

仲の良い夫婦を描くコメディ。主役は金持ちの甘えん坊キャラ。錬金術ストーリーが面白くない。
下ネタ、ゲロ、ゲイ、他国や他人を馬鹿にする笑い。それをしつこいほど繰り返す手法。
マンコぺろぺろを想像して嘔吐くのがそんなに面白いのか。外人って本当にこんなの大好きなのか。



○「13の選択」(2014/米) ◆60点
◆原題「13 Sins」 ◆読み:13のせんたく ◆鑑賞日2015/11/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/07/03
◆障害者の弟と暮らし、結婚を控えるまじめな男は多額の借金があった。会社をクビになった夜に、ハエを殺せば1000ドル振り込むと電話がかかる
◆出演マーク・ウェバー/ロン・パールマン/プルイット・テイラー・ヴィンス ◆監督ダニエル・スタム
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/15/IS15_0776/IS15_0776.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=dLaBxTeRHV4

世の中は金持ちが貧乏人を人参をちらつかせて操っていることを描くB級サスペンス。
家族を想う善人ほど詐欺に騙されやすい。善人は人間社会では馬鹿と同義だ。
馬鹿をもてあそぶと愉快だと言っていました。題材は良いが、罪悪感と力を得た高揚感が物足りない。



△「シン・シティ 復讐の女神」(2014/米) ◆50点
◆原題「Sin City: A Dame to Kill For」 ◆読み:しんしてぃふくしゅうのめがみ ◆鑑賞日2015/11/14 ◆レンタルBD ◆発売日2015/07/02
◆ギャンブラーの青年は上院議員にポーカーで大勝するが指を折られ足を銃で撃たれる。資産家の妻がDVを受けていると元恋人の探偵に相談する
◆出演ジョシュ・ブローリン/ジェシカ・アルバ/ジョセフ・ゴードン=レビット ◆監督ロバート・ロドリゲス/フランク・ミラー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0168
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=nqRRF5y94uE

アメコミ風のオムニバス・バイオレンス・アクションの続編。前作のキャラのその後とか前のお話。
前作のキャラが全て良かったので、何か違和感があり楽しめず。全て新登場キャラにすれば良かったのに。
カラーの色使いも微妙になったり、ストーリー的に正義っぽさとか、信念を貫く男の格好良さがかなり薄れて残念。



○「アナベル 死霊館の人形」(2014/米) ◆60点
◆原題「Annabelle」 ◆読み:あなべるしりょうかんのにんぎょう ◆鑑賞日2015/11/14 ◆レンタルBD ◆発売日2015/07/02
◆妻にビンテージ人形をプレゼントする夫。ある日、隣人が悪魔崇拝の娘に殺され妻も襲われる。呪いの人形の実話を元にした「死霊館」の前日譚
◆出演アナベル・ウォーリス/アルフレ・ウッダード/ウォード・ホートン ◆監督ジョン・R・レオネッティ
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4481&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=paFgQNPGlsg

呪いの人形ホラー第2弾。テーマは自己犠牲。「仄暗い水の底から」や「呪怨」などの日本ホラー的な雰囲気がある。
妊婦さんが何となく危ないを中盤まで、赤ちゃんが何となく危ないを終盤までダラダラ描いていました。
子供の絵で危険を知らせるなど天使側の存在も描いているのが良かった。人のために死ぬ事で救われるってのが多いが洗脳だな。



△「ジャッジ 裁かれる判事」(2014/米) ◆40点
◆原題「The Judge」 ◆読み:じゃっじさばかれるはんじ ◆鑑賞日2015/11/08 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/24
◆金のために有罪者を弁護する弁護士の男は、母親が亡くなり20年ぶりに実家に戻る。葬式の翌日に父の車にぶつかった跡があることを発見する
◆出演ロバート・ダウニーJr/ロバート・デュヴァル/ヴィンセント・ドノフリオ ◆監督デヴィッド・ドブキン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4424&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ZBvK6ni97W8

老いゆく父と息子の関係を色濃く描くドラマ。それに法定と恋をおまけみたいに加えた感じ。上映時間が長すぎる。
父が息子の幸せを願い下した判決に、異議を唱え続けていた息子が、ぶつかってわかり合うというよくある話。
父も人であるってことを言いたいのだろうが、判決に私情を挟むのは仕方が無いとして、流石に犯罪を犯したら駄目だろ。



○「デビルズ・ノット」(2013/米) ◆60点
◆原題「Devil's Knot」 ◆読み:でびるずのっと ◆鑑賞日2015/11/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/26
◆1993年。3人の少年が手足を縛られ川に沈められた遺体で発見される。ある少年の証言から悪魔崇拝者の青年らが逮捕され自供する
◆出演コリン・ファース/リース・ウイザースプーン/ジェームズ・ウィリアム・ハムリック ◆監督アトム・エゴヤン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/devilsknot/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=lLG_RokHHRI

実在の事件が冤罪だったのかを問うまじめなドラマ。ある意味「天使と悪魔の戦い」だった。
警察や証言した奴などは悪魔に取り憑かれているって超地味に表現。雰囲気が事件当時に合わせた色褪せた感じ。
死刑宣告された悪魔崇拝の青年は、自己犠牲でありキリストっぽく描かれていました。



○「ダークハウス」(2015/米=英) ◆60点
◆原題「Demonic」 ◆読み:だーくはうす ◆鑑賞日2015/11/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/13
◆幽霊屋敷として知られる廃屋で若者達の死体が発見される。通報を受けた刑事が生き残った青年をみつけ、精神分析官の女性が真相を聞く
◆出演ダスティン・ミリガン/コディ・ホーン/マリア・ベロ ◆監督ウィル・キャノン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2610?prev=search&keyword=%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pvyPmbBpBWw

半POVホラー。警察の捜査を交互に見せるサスペンス調が奏功し飽きない構成。
人影とか恐い顔の人が一瞬だけ見えるビックリ手法を多用しているが、悪くない出来。
全員死ぬと悪魔が降臨するとか言ってたのに死んでいないので、話がよく分からないのが難点。



△「コルト45 孤高の天才スナイパー」(2014/仏=ベルギー) ◆50点
◆原題「Colt 45」 ◆読み:こると45ここうてんさいすないぱー ◆鑑賞日2015/11/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/10
◆優秀な射撃能力を持つ警官は武器庫管理室で勤務する。ある日、同レベルの射撃能力を持つ警官と意気投合し、強力な弾丸を開発していることを話す
◆出演イマノル・ペルセ/ジェラール・ランヴァン/ジョーイ・スタール ◆監督ファブリス・ドゥ・ウェルツ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9456
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=hb-dRRZ8UFw

清廉潔白な青年が自分の選択のせいで同僚が死に、ある種の悪の道へと進む警察ドラマ。
射撃の天才と言う設定があまり活かされていないのが残念。キャラ的にも普通すぎる。
ラストで政府にハッキリと敵対していれば良かったのに。銃の弾「ミョルニル」は北欧神話の雷神トールのハンマーのことです。



△「プロジェクト・アルマナック」(2014/米) ◆30点
◆原題「Project Almanac」 ◆読み:ぷろじぇくとあるまなっく ◆鑑賞日2015/10/31 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/10
◆幼い頃のビデオ映像に現在の自分の姿を発見した青年は、友達と家の地下にある今は亡き父の作業場からタイムマシンの一部と設計図を発見する
◆出演ジョニー・ウェストン/ソフィア・ブラック=デリア/サム・ラーナー ◆監督ディーン・イズラエライト
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9427
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8Yih-CxTWsw

タイムトラベル青春ドラマ(POV)。前置きが異常に長い糞POVと同じ構成。妹役が可愛いのが救い。
機械いじりとか実験を延々とやっているのが辛かった。その後のたんなる大騒ぎも辛い。
ライブのもう一人の自分はどこに行ったとか、未来に撮った映像が残っているなど矛盾多し。



○「ミュータント・タートルズ」(2014/米) ◆60点
◆原題「Teenage Mutant Ninja Turtles」 ◆読み:みゅーたんとたーとるず ◆鑑賞日2015/10/31 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/10
◆悪の犯罪組織が暗躍するNY。特ダネを狙うお天気TVレポーターの女性は組織の犯罪を何者かが阻止したところを目撃するが誰も信じてくれない
◆出演ミーガン・フォックス/ウィリアム・フィクトナー/ウィル・アーネット ◆監督ジョナサン・リーベスマン
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9421
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=dwXFsrp6WBs

ドーピング・カメ忍者のアメコミが題材の実写+CGアクション。
懐かしいが実写だとややキモい。アクションの構図や迫力はかなり良かった。
師匠がやられるとか、毒を塔からまくとか、よくある話の連続が残念。



×「コードネーム:プリンス」(2014/米=英) ◆10点
◆原題「The Prince」 ◆読み:こーどねーむぷりんす ◆鑑賞日2015/10/31 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/10
◆ある組織のボスの妻子が車の爆発で死ぬ。現在。自動車整備をする男の娘が行方不明になる。男は娘の知り合いの女に行きそうな所を案内させる
◆出演ジェイソン・パトリック/ジェシカ・ロウンズ/ブルース・ウィリス ◆監督ブライアン・A・ミラー
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4414&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=XdZuyp6DpnI

自業自得を描く糞アクション。糞B級のレベルにすら届いていない糞。
名の通った大昔の役者が売りだけの糞。「ピ」のキャラが古くさく糞。
不要なシーン多すぎ。地元だから相棒の女いらないだろなど話的にも糞。



○「ザ・ギャンブラー/熱い賭け」(2014/米) ◆80点
◆原題「The Gambler」 ◆読み:ざぎゃんぶらーあついかけ ◆鑑賞日2015/10/31 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/24
◆大学教授の男はギャンブル依存症。マフィアからの借金総額24万ドルを7日以内に返済することになる。1974年映画「熱い賭け」のリメイク
◆出演マーク・ウォールバーグ/ブリー・ラーソン/マイケル・ケネス・ウィリアムズ ◆監督ルパート・ワイアット
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9548
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Y5gPQXbFs9Y

自分のために生きてきた男が、他人のために生きることを選択し救われるドラマ。
高利貸しのヤクザは全員、主人公を救う天使だった。「七つの大罪」あり。
人生観の描き方も良いし、ややコメディ風も良い。登場人物のキャラも良い感じ。



△「ランダム 存在の確率」(2013/米=英) ◆30点
◆原題「Coherence」 ◆読み:らんだむせいぞんのかくりつ ◆鑑賞日2015/10/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/03
◆ミラー彗星が地球に最も接近する夜。男女8人が集まる家。スマホが壊れ、停電する。唯一明かりのある近所の家に電話を借りに行く
◆出演エミリー・バルドーニ/ヒューゴ・アームストロング/エリザベス・グレースン ◆監督ジェームズ・ウォード・バーキット
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201506/dvd08.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sEceDz1Rodc

平行世界が交差し、違う次元の自分を見て恐ろしくなる糞サスペンス。
ほぼ家の中で男女が喋りまくっているだけの糞でかなり辛かった。
映像的にもSF要素がない糞。停電でいちいち騒ぐな。何もするなとつっこみ。



○「ブラックフット」(2014/加) ◆60点
◆原題「Backcountry」 ◆読み:ぶらっくふっと ◆鑑賞日2015/10/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/03
◆シーズンオフのカナダの山奥へ彼女とキャンプに向かう男。最初の晩に、ガイドをしていると言う男と出会い一緒に夕食をとるが喧嘩腰になる
◆出演ミッシー・ペリグリム/ジェフ・ループ/エリック・バルフォー ◆監督アダム・マクドナルド
◆公式:http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=303
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=46uwmzTf5nA

恋人二人が熊に襲われるサスペンス。「オープン・ウォーター」の山版な雰囲気。
熊に襲われるシーンは少ないが、ややスプラッタありでリアル。
見終わると「ゼロ・グラビティ」と似た感覚にもなる。彼氏が馬鹿すぎる。



△「スパイ・レジェンド」(2014/米=英) ◆50点
◆原題「The November Man」 ◆読み:すぱいれじぇんど ◆鑑賞日2015/10/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/03
◆ロシアの大統領有力候補の過去の犯罪を知るものが次々と殺される。その証拠を盗んだ元恋人を助けるため、元CIAの男が現地へと向かう
◆出演ピアース・ブロスナン/ルーク・ブレイシー/オルガ・キュリレンコ ◆監督ロジャー・ドナルドソン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/spylegend/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jREIRTyj9Mk

師匠と弟子の関係を描くCIAアクション。教育の一環ってセリフで言っていたのが残念だが、その関係はまあまあ。
カーチェイスや、逃避行の連続で途中で飽きる。全てのキャラに突出した特徴なし。恋人のカタキをとったスッキリ感なし。
ボンド役で有名なピアース・ブロスナン(今62歳)は、しわが多くなったけど元気でなにより。動きものろくなかった。



△「ザ・ストレンジャー 感染者」(2014/チリ) ◆30点
◆原題「The Stranger」 ◆読み:ざすとれんじゃーかんせんしゃ ◆鑑賞日2015/10/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/05
◆母と2人で暮らす少年の家に男が女性を訪ねてきた。女性は死んでいたことを知る。男がベンチに座っていると、警官が父の不良少年に殺される
◆出演クリストバル・タピア・モント/ニコラス・デュラン/アーロン・バーンズ ◆監督ギジェルモ・アモエド
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_318.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Swdjj9OTHcA

父と息子の関係を描く生真面目風なヴァンパイア・ドラマ。
スタイリッシュ、アクション、スプラッタなど一切なし。
終盤の速攻で追いつき見つけるとか、消防服が超まぬけ。



△「ジェサベル」(2014/米) ◆30点
◆原題「Jessabelle」 ◆読み:じゅざべる ◆鑑賞日2015/10/18 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/03
◆妊娠中の女性が交通事故で彼氏と子を失い、自身も足が動かなくなり車椅子生活。父が暮らす実家に戻る。亡き母の部屋でビデオテープを見つける
◆出演サラ・スヌーク/マーク・ウェバー/ジョエル・カーター ◆監督ケヴィン・グルタート
◆公式:http://jessabelle.jp/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=CoBCEdt_BC8

全く恐くない出生の秘密ホラー。主役のお姉ちゃんが太ってぶさいくで目つき悪いのが一番の難点。パケ絵は素晴らしい。
母にも父にも愛されていないんだが、同級生は唯一愛してくれているって話。なので最初の彼氏が邪魔だな。
同級生とは双子の兄妹ってことにしておけばよかったのに。展開やオチ、映像のどれもがパケ絵の期待を裏切る作り。



△「ディスコード/ジ・アフター」(2014/米) ◆30点
◆原題「The Pact II」 ◆読み:でぃすこーどじあふたー ◆鑑賞日2015/10/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/03
◆2年前に銃で撃たれ死んだ猟奇殺人鬼“ジューダス”の模倣犯が現れFBI捜査官がくる。一方、被害者の娘は殺人現場の清掃の仕事をしていた
◆出演カミーラ・ラディントン/パトリック・フィッシュラー/スコット・マイケル・フォスター ◆監督ダラス・リチャード・ハラム
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201506/dvd10.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bJNB7MZffek

殺人鬼が普通の家の隠し部屋に長年暮らしていたホラーの続編。こっくりさん無しなど前作に比べホラー要素が大幅ダウン。
奔走するだけのシーンが大半だから面白くない。殺人鬼と一緒、幽霊が助けるなど前作がらみの要素が少しだけある。
タンクトップのヒロインが巨乳じゃないのでかなり残念。セル/レンタルDVDには前作が丸ごと入ってます。



△「オキュラス/怨霊鏡」(2013/米) ◆50点
◆原題「Oculus」 ◆読み:おきゅらすおんりょうかがみ ◆鑑賞日2015/10/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/03
◆オークションスタッフの女性が探していた古い鏡と出会う。一方、弟は精神病院から退院する。姉と弟はその鏡を家に運び何かの検証を始める
◆出演カレン・ギラン/ブレントン・スウェイツ/アナリース・バッソ ◆監督マイク・フラナガン
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/15/IS15_0773/IS15_0773.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=dYJrxezWLUk

家族愛を描くホラー。過去と現在が重なる無間地獄。スプラッタなし。
「悪魔の棲む家」「光る眼」「ミラーズ」など色々なホラーのごった煮。
話的にまとまっていて、構図など絵的に良かった。子役の女の子がかなり良い。



△「トラッシュ!−この街が輝く日まで−」(2014/英=ブラジル) ◆30点
◆原題「Trash」 ◆読み:とらっしゅこのまちがかがやくひまで ◆鑑賞日2015/10/17 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/03
◆何者かに拉致された男が寸前で財布を投げ捨てる。財布はゴミ収集車でゴミ埋立地に運ばれる。ゴミを拾って生活している少年が財布を見つける
◆出演ヒクソン・テヴェス/エドゥアルド・ルイス/ガブリエル・ワインスタイン ◆監督スティーヴン・ダルドリー
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26280
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=wPXyZD_QDC0

貧乏な子供3人が、金持ちを失脚させるカギとなる謎を解くため奔走する、よくあるアクション。
「ダ・ヴィンチ・コード」のような感じ。たいした謎じゃないのに長々とやるので辛い。
大型トラックを神の乗物「ケルビム」として描くなど、ユニークな宗教的描写あり。



×「REC/レック4 ワールドエンド」(2014/西) ◆20点
◆原題「[REC] 4: Apocalipsis」 ◆読み:れっく4わーるどえんど ◆鑑賞日2015/10/11 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/02
◆アパートでのウイルス感染事件で助かったTVリポーターの女性と隊員2名は、ウイルスを研究する貨物船で目覚める。リポーターの女性が逃げ出す
◆出演マニュエラ・ヴェラスコ/パコ・マンザネド/エクトール・コロメー ◆監督ジャウマ・バラゲロ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0165
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=v1o1KJT7Fgg

ウイルス系ゾンビホラー第4弾。1作目からの続き。ゾンビシーンがかなり少ない。
「エイリアン1〜3」の展開をパクッた糞。フェイスハガーから最後の爆発まで全く同じ。
人物紹介とか船の内部の説明とかのシーンが多すぎでダラダラ。1作目の監督ゆえに落胆大きい。



△「ドッペルゲンガー 凍てつく分身」(2014/独) ◆40点
◆原題「Stereo」 ◆読み:どっぺるげんがーいてつくぶんしん ◆鑑賞日2015/10/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/06/03
◆バイク修理工の男は、恋人の子供を幼稚園に迎えに行くなど幸せな日々を送っていた。ある日、他人には見えない男が現れつきまとう
◆出演ユルゲン・フォーゲル/モーリッツ・ブライブトロイ/ペトラ・シュミット=シャラー ◆監督マキシミリアン・アーレンヴァイン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7208
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Pk0qUKPkeeI

失敗した犯罪者が過去の記憶を封印し普通の生活を夢見るドラマ。
主人公が何をどう失敗したのかが描かれておらず、感情移入ができませんでした。
前半は幻覚の人と話す「統合失調症」をダラダラ。後半はよくある地獄からの脱出。



△「エクソダス:神と王」(2014/英=米=西) ◆50点
◆原題「Exodus: Gods and Kings」 ◆読み:えくそだすかみとおう ◆鑑賞日2015/10/10 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/03
◆紀元前1300年。古代エジプトの王子と兄弟同然に育てられたモーゼは、戦で王子を助ける。その行為は後の指導者となると予言されていた
◆出演クリスチャン・ベール/ジョエル・エドガートン/マリア・バルベルデ ◆監督リドリー・スコット
◆公式:http://www.foxjapan.com/exodus-gods-and-kings
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=t-8YsulfxVI

兄弟の関係を描くドラマ。宗教のいざこざって、最近じゃアルカーイダと同じようで、それが永遠に繰り返されてる気がする。
モーゼが「ビューティフル・マインド」で有名な幻覚を見る病気「統合失調症」と同じって描写は良かった。
「十戒」の糞映画化だったが、ラストの「弟に捧ぐ」で、監督の弟へのある種の愛を描くものに激変し+10点。



○「天才スピヴェット」(2013/仏=加=オーストラリア) ◆70点
◆原題「The Young and Prodigious T.S. Spivet(L'extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet)」 ◆読み:てんさいすぴう゛ぇっと ◆鑑賞日2015/10/10 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/02
◆10歳の少年が永久機関を発明。スミソニアン学術協会からベアード賞を受賞。授賞式に出席するため単身でアメリカ大陸を横断する旅に出る
◆出演カイル・キャトレット/ヘレナ・ボナム=カーター/カラム・キース・レニー ◆監督ジャン=ピエール・ジュネ
◆公式:https://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/747
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=V8X8OCwwxTo

少年が双子の弟の死から立ち直るポップなロードムービー。少年にとって今の全てが地獄だった。
で、そこから抜け出すために旅を開始。地獄から天国へいき神の愛(今作は=親の愛)を悟るダンテの「神曲」がモチーフな感じ。
地獄(田舎)の異様な美しさと、天国(都会)の無機質さの落差が面白い。監督の持ち味が最大限にでている作品。



×「デイ・ウォッチ」(2006/露) ◆10点
◆原題「Dnevnoy dozor」 ◆読み:でいうぉっち ◆鑑賞日2015/10/04 ◆レンタルBD ◆発売日2008/07/04
◆大昔に名将が願い事が叶うチョークを手に入れ絶対に失敗しないと言う伝説をつくる。現在。人間の老女が何者かに襲われる連続事件が起こっていた
◆出演コンスタンチン・ハベンスキー/マリア・ポロシナ/ガリーナ・チューニナ ◆監督ティムール・ベクマンベトフ
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12896
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8S6-VlssdUI

闇と光の平和協定存続の鍵となる異種の奮闘を描く「ナイト・ウォッチ」の続編。前作知らないと無理。上映時間が異常に長い。
しかも前作同様、ダラダラ展開し意味不明のシナリオ。どこかで見た「色恋」要素が強すぎるのも面白くない理由。
ロシア特有のつまらないコメディも多くかなり辛かった。異種の能力が「X−MEN」パクリ風でいいところ一切なし。



○「H.P.ラヴクラフト DAGON」(2001/西) ◆70点
◆原題「Dagon」 ◆読み:HPらぶくらふとだごん ◆鑑賞日2015/10/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2003/06/16
◆金持ちになった青年らが乗るヨットが嵐で座礁。知人は足が挟まり動けなくなる。近くの港町に助けを求めに行くが人がいない。教会へ入るが…
◆出演エズラ・ゴッデン/ラクエル・メロノ/フランシスコ・ラバル ◆監督スチュアート・ゴードン
◆公式:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%BD%B1
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=-yAnVNy27co

ラヴクラフトの「インスマウスの影」が原作の半人半魚+宗教団体クトゥルフ・ホラー。
原作とはちょっと違う、「悪魔のいけにえ」などの要素を追加したアレンジな感じ。
まぬけなシーンもあるが、街の様子、住民の影や、その徘徊などの描き方がホラー的に美しい。



△「THE BAD」(2008/米) ◆50点
◆原題「The Maiden Heist」 ◆読み:ざ・ばっど ◆鑑賞日2015/10/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/12/17
◆美術館の年老いた警備員は、長年見守っていた絵画に特別な愛着を持っていた。ある日、展示物が一新されることになり、同じ思いの同僚に相談する
◆出演クリストファー・ウォーケン/モーガン・フリーマン/ウィリアム・H・メイシー ◆監督ピーター・ヒューイット
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBBF-8715
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=UOWUwTlnxhM

長年いつも見ているものの価値に気付くコメディ。
予想通りになるお笑い要素が多いが楽しかった。
奇抜さや汚物、ホモなどがほぼ無いコメディは珍しい。



△「ザ・ゲスト」(2014/米=英) ◆40点
◆原題「The Guest」 ◆読み:ざげすと ◆鑑賞日2015/09/27 ◆レンタルBD ◆発売日2015/06/02
◆戦争で長男を亡くした一家。ある日、長男の戦友で彼の最後の言葉を伝えにきたと言う男がやってきた。母親は長男の部屋に泊めるが…
◆出演ダン・スティーヴンス/マイカ・モンロー/ブレンダン・マイヤー ◆監督アダム・ウィンガード
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0163
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=y0E2Qh6wLS4

子供の願いを叶えるために現れた怪物によるハロウィーン・ホラー。
よくあるホラーの怪物を、好青年風な容姿に置き換えただけ。
スプラッタはおろか、ビックリ音すらなく全く恐くない。



△「マンホール」(2013/加) ◆50点
◆原題「Septic Man」 ◆読み:まんほーる ◆鑑賞日2015/09/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/27
◆原因不明の水質汚染が発生し死者がでる。政府は避難命令を出す。ある組織が、身ごもった妻のいる配管工に大金をつみ原因究明と修理を頼む
◆出演ジェイソン・ディビッド・ブラウン/モリー・ダンズワース/ジュリアン・リッチングス ◆監督ジェシー・T・クック
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201506/dvd09.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=JuMHK9A-BO0

下水施設の一室に閉じ込められた男のB級脱出ホラー。ある意味、救世主の物語。
クトゥルフが題材。太陽とか言ってたから主人公はヨグ=ソトース、依頼者がその使者か。
うんこ、ゲロ、ドブネズミ、死体(赤ん坊あり)、吹き出物などの連続で汚い。



×「薄氷の殺人」(2014/中) ◆20点
◆原題「白日焔火/Black Coal, Thin Ice」 ◆読み:はくひょうのさつじん ◆鑑賞日2015/09/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆1999年、15ヵ所の石炭工場で死体の断片が発見される。刑事は容疑者と銃撃戦になり同僚が死ぬ。2004年、刑事は警備員になっていた
◆出演リャオ・ファン/グイ・ルンメイ/ワン・ジンチュン ◆監督ティアオ・イーナン
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201500000074&DSP_SKHKETSEQ=002&SITKBN=S
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mihJgsYKLqo

殺人に関係する女を愛した刑事のドラマ。シナリオに目新しさが無くつまらない。
最初に同僚が死んで自暴自棄になった刑事の感情と、女性との出会いでの再生が描き切れていない。
映像や構成に特徴がなく、ダラダラ展開なので眠くなる。役者は「演技している」感じがする。



○「西遊記〜はじまりのはじまり〜」(2013/中) ◆70点
◆原題「西游 降魔篇/Journey to the West: Conquering the Demons」 ◆読み:さいゆうきはじまりのはじまり ◆鑑賞日2015/09/26 ◆レンタルBD ◆発売日2015/05/02
◆とある村。川で父親が娘の目の前で何かに襲われ死ぬ。ある男が巨大なエイを退治するが、半人前の妖怪ハンターの青年が別の妖怪がいると警告する
◆出演ウェン・ジャン/スー・チー/ショウ・ルオ ◆監督チャウ・シンチー
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32749.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Z3bvlF2T1-0

痛みを知ることで、はじめてその真理が分かる妖怪退治コメディ。それを教えてくれたのが孫悟空。
特徴のあるキャラが次から次へと登場して超楽しい。締めの音楽にビックリ。
某漫画やゲーム、ジャッキー映画のパクリ寄せ集め。この監督ってパクリしかしてないな。楽しいけど。



○「多重人格ストリッパー フランキー&アリス」(2010/加) ◆60点
◆原題「Frankie & Alice」 ◆読み:たじゅうじんかくすとりっぱーふらんきー&ありす ◆鑑賞日2015/09/21 ◆レンタルBD ◆発売日2015/05/08
◆1973年ロス。人気ストリッパーの黒人女性は、買ってないドレスがクローゼットにあったり、男に暴力を振るったり、覚えの無いことが連続する
◆出演ハル・ベリー/ステラン・スカルスガルド/フィリシア・ラッシャッド ◆監督ジェフリー・サックス
◆公式:http://frankie-alice.jp/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=r8e-dsIUHfg

患者の再生と共に、初老の精神科医も人生の空虚感から再生してゆくドラマ。多重人格の理由が悲しい。
ほとんど医者が患者を診ているだけで、サスペンスやアクションがほぼ無い今時珍しい生真面目な作り。
終盤に人格が次々と現れるのはややホラー的で盛り上がった。人種差別問題がかなり色濃い。



△「リターン・トゥ・アース 宇宙に囚われた1027日」(2014/加) ◆40点
◆原題「Projet-M」 ◆読み:りたーんとぅあーすうちゅうにとらわれた1027にち ◆鑑賞日2015/09/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆近未来。ある企業が、木星の衛星エウロパへの有人飛行を計画。実験で優秀な4人が地球の軌道上の宇宙ステーションで1000日間を過ごす
◆出演ジャン=ニコラ・ヴェロー/ジュリー・ペロー/ナディア・エサデイキ ◆監督エリック・ピコリ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7094
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fMdvZ_ShnMU

登場人物が家族との過去を思い出し、それの反省や感傷にひたる宇宙ステーション長期滞在SFサスペンス。
段々と何かが狂ってくるよくあるお話ではなく、地球で急に核戦争が勃発して焦っているだけで面白くなかった。
その核戦争が勃発した理由が理解できない。隊長がひとりで脱出しようとする精神状態の描き方が適当すぎ。



△「愛を複製する女」(2010/独=ハンガリー=仏) ◆40点
◆原題「Womb」 ◆読み:あいをふくせいするおんな ◆鑑賞日2015/09/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆海辺の小さな田舎町。幼い男女が出会い愛情が芽生えるが、少女は東京へと引っ越す。12年後、大人になった女性が町に戻り、男性を訪ねるが…
◆出演エヴァ・グリーン/マット・スミス/ハンナ・マリー ◆監督ベネデク・フリーガウフ
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-402428/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=N8Oujip3nJQ

愛しているのに、相手からは母親としてしか見られていないジレンマを描くクローン・ドラマ。
普通のまじめな恋愛ドラマでSFっぽくない。乾いた感じのお洒落っぽい風景シーンが多く眠い。
宗教的にはリリスとアダムの関係にそっくり。一度離れて戻り子リリムを生む。子は悪魔って説と、人類って説がある。



△「不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼」(2012/オーストラリア) ◆50点
◆原題「Jack Irish: Bad Debts」 ◆読み:ふりょうたんていじゃっくあいりっしゅししゃからのいらい ◆鑑賞日2015/09/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆弁護士の男は事務所でクライアントに妻を殺される。その後、弁護士を辞めて探偵になる。引き逃げ犯の元クライアントが留守電に会う約束を入れる
◆出演ガイ・ピアース/マルタ・デュッセルドープ/アーロン・ペターゼン ◆監督ジェフリー・ウォーカー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201505/dvd09.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=IApMh9sEFi0

事件に巻き込まれながら巨大な陰謀を暴く探偵ドラマの1作目。現在3作目まである。TVムービー。
登場人物の繋がりをほぼセリフだけで説明しまくっていて、人物関係が途中でどうでもよくなる。
喫茶店でたむろしているおじいさん達のキャラが良かった。主人公キャラは、よくあるとぼけた感じ。



△「悪魔の存在を証明した男」(2014/米) ◆30点
◆原題「The Possession of Michael King」 ◆読み:あくまのそんざいをしょうめいしたおとこ ◆鑑賞日2015/09/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆妻を事故で亡くした男は、その原因が占い師の間違ったアドバイスにあると思い込む。それを否定するため、自らを実験台にした悪魔の降臨実験を進める
◆出演シェーン・ジョンソン/エラ・アンダーソン/カーラ・ピフコ ◆監督デビッド・ジャン
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/15/IS15_0770/IS15_0770.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rIZbq7V2xvs

悪魔を自分に取り憑かせようと試みる男を描く、全く恐くない糞POVホラー。
「蟻の悪魔」ってのが聞いたことがないので、たぶんこの映画独自のものなのだろう。
急に大きな音がでたり、男が段々凶悪化してくる、よくある展開。映像的な面白さも無し。



△「アクア・クリーチャーズ」(2014/米) ◆30点
◆原題「Blood Lake: Attack of the Killer Lampreys」 ◆読み:あくあくりーちゃーず ◆鑑賞日2015/09/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆ウミヤツメが人間に食いつき殺す。夏の観光だけが財源の田舎町の湖にウミヤツメが大量に発生したため、家族を連れて調査にきた生物局の男
◆出演ジェイソン・ブルックス/シャナン・ドハーティ/クリストファー・ロイド ◆監督ジェームズ・カレン・ブレザック
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/7075
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FuAiSgk5vSM

鋭い歯がいっぱいあるヒルみたいな「ウミヤツメ」に襲われる糞B級パニックホラー。TVムービー。
ややコメディで、つっこみどころ多数あり。バック・トゥ・ザ・フューチャーの博士の役者(今76歳)が出演。
「ウミヤツメ」ってのが実在しているってこと自体にビックリした。映画は普通の王道な糞B級。



○「パワー・ゲーム」(2012/米=インド=仏) ◆60点
◆原題「Paranoia」 ◆読み:ぱわーげーむ ◆鑑賞日2015/09/12 ◆レンタルBD ◆発売日2015/05/02
◆スマホ会社で働く生年は、会議で社長にケチをつけチームごとクビになる。その後、社長に呼ばれてライバル会社のスパイになれと命令される
◆出演リアム・ヘムズワース/ゲイリー・オールドマン/ハリソン・フォード ◆監督ロバート・ルケティック
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0164
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=0bdZWrW6HnA

貧乏人の青年が金持ちの罠にはまり右往左往するサスペンス。
神と悪魔が人間をつかって対立しているみたいな構図は良かった。
「サベイランス−監視−」などのパクリっぽいが、割と好きなパターンなので良しとする。



△「人造人間13号」(2013/加) ◆50点
◆原題「13 Eerie」 ◆読み:じんぞうにんげん13ごう ◆鑑賞日2015/09/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆法医学の学生たちは担当教授らと人里離れた元刑務所の廃墟で、本物の死体を使った現場検証の研修を行う。用意された死体とは別の死体を発見するが…
◆出演キャサリン・イザベル/ブレンダン・フェア/ブレンダン・フレッチャー ◆監督ローウェル・ディーン
◆公式:http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=299
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_ZiuxGNpCSA

B級グール+ゾンビホラー。目が死んでいないが、特殊メイクはまあまあ。
法医学の学生たちが主人公なのに法医学があまり活かされていない。
中盤までダラダラ感がややあるが、B級なりの勢いや、つっこみ面白さあり。



△「ベイマックス」(2014/米) ◆40点
◆原題「Big Hero 6」 ◆読み:べいまっくす ◆鑑賞日2015/09/06 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/24
◆ロボット格闘で金を稼ぐ少年は、兄のケア・ロボットを見せてもらい大学に行くことを決意。様々な形状になる小型ロボットの集合体を発明する
◆出演ライアン・ポッター/ダニエル・ヘニー/スコット・アドシット ◆監督ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/baymax.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bT8qmoCgxZg

日本のアニメと、アメコミが大好きな人が作ったって感じのロボット+ヒーローCGアニメ。
「マジンガーZ」「AKIRA」「幻魔大戦」「スパイダーマン」など、何処かで見たシーンや設定が多数。
歌舞伎仮面はナイアーラトテップか。兄(=ベイマックス)の死を乗り越え独り立ちする感動が弱すぎる。



△「アバウト・タイム 愛おしい時間について」(2013/英) ◆30点
◆原題「About Time」 ◆読み:あばうとたいむいとおしいじかんについた ◆鑑賞日2015/09/06 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/24
◆紫色が好きな妹をもつ彼女のいない青年とその両親らは仲良し家族。21歳の時、父親から一家の男は代々、過去に戻れる能力あると告げられる
◆出演ドーナル・グリーソン/レイチェル・マクアダムズ/ビル・ナイ ◆監督リチャード・カーティス
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26206
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=T7A810duHvw

掛け替えのない人生の素晴らしさと家族の支えを描く恋愛ドラマ。終始、ヒロインが若いミラ・ジョヴォヴィッチような表情。
能力がいまいち謎な適当設定。過去に戻って一からやり直せるのか、過去に戻って何かを変えて現在に戻れるのかあやふや。
終盤は能力がかなり適当で???。父親は癌で死ぬはずないだろ。死ぬ前に過去に戻れば不死身のバンパイア並の永遠を得られるから。



×「96時間/レクイエム」(2014/仏) ◆10点
◆原題「Tak3n(Taken 3)」 ◆読み:きゅうじゅうろくじかんれくいえむ ◆鑑賞日2015/09/05 ◆レンタルBD ◆発売日2015/05/02
◆ある金持ちの男に金庫を開けさせるロシア人たち。一方、元妻がブライアンのところに来て、夫とは冷めたと相談する。その後、元妻が殺される
◆出演リーアム・ニーソン/フォレスト・ウィテカー/マギー・グレイス ◆監督オリヴィエ・メガトン
◆公式:http://www.foxjapan.com/taken-3
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HUJZjUaNzgw

娘を守る父親を描くアクション第3弾。アクションもストーリーもかなりの糞。
警察とのやりとりメインで、敵のアジトを突き止め、追い詰めることをしない糞。
高速道路の事故で一般人を巻き込むなど、最強の父親キャラを完全にぶちこわした。



△「マッド・ナース」(2013/米) ◆50点
◆原題「Nurse 3D」 ◆読み:まっどなーす ◆鑑賞日2015/09/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆夜のクラブの屋上で言い寄ってきた既婚男性の大動脈をメスで切断し突き落とす女。その女は看護婦だった。新人看護婦を教育しようとするが…
◆出演パス・デ・ラ・ウエルタ/カトリーナ・ボウデン/ニエシー・ナッシュ ◆監督ダグラス・アーニオコスキー
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53309/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=t-uhnGvSK-o

殺人鬼の看護婦が新人ナースをはめ込むホラーサスペンス。おっぱい、セックスあり。
最初の世直しナースは良かったんだが、終盤には単なるいかれた女キャラになっていて残念。
レンタルに下半身のぼかし、腕の切断にぼかしありで落胆。女優の目つきが大竹しのぶ風で◎。



○「美女と野獣」(2014/仏=独) ◆60点
◆原題「La belle et la bete」 ◆読み:びじょとやじゅう ◆鑑賞日2015/08/30 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/17
◆嵐で船が3隻沈み破産した商人は、雪が降る森で、謎の城を発見する。商人はバラを盗むと野獣があらわれ末娘を差し出せと要求する
◆出演レア・セドゥ/ヴァンサン・カッセル/アンドレ・デュソリエ ◆監督クリストフ・ガンズ
◆公式:http://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?__z=2.1.1&_ACTION[search_detail]=1&cont_id=3438
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=837XlTf8b6g

妻を誤って殺し、引きこもっている孤独な男が、女性に過去を知ってもらうことで救われる告解ドラマ。
雰囲気は中世ダークファンタジーな感じ。城の敷地は脳内世界っぽく「ザ・セル」に話的にも近い感じ。
これじゃ「真実の愛」が「同情」になってしまうな。薔薇は聖母マリアを連想させるから、恋愛じゃないのかも。



○「ホビット 決戦のゆくえ」(2014/米=ニュージーランド) ◆70点
◆原題「The Hobbit: The Battle of the Five Armies」 ◆読み:ほびっとけっせんのゆくえ ◆鑑賞日2015/08/30 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/22
◆竜に襲われる燃え上がる港町。黒い矢を放ち竜を討ち取るスマウグ。町の再建のため報酬を貰いにドワーフ王トーリンのところへ行くが断られる
◆出演マーティン・フリーマン/リチャード・アーミティッジ/エヴァンジェリン・リリー ◆監督ピーター・ジャクソン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4405&c=2&p=2
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ZSzeFFsKEt4

「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚で3部作の第3弾。ドワーフ王が金の呪縛から立ち直るシーンが弱い。
ラストの戦いなど、ゲームのムービー中にボタンを押すQTEみたいなところがあり、ちょっと落胆。
多人数スペクタクル風などの戦闘の連続で飽きずに見られた。確立されたキャラを効果的に使用していたのは良かった。



○「インターステラー」(2014/米=英=加) ◆70点
◆原題「Interstellar」 ◆読み:いんたーすてらー ◆鑑賞日2015/08/29 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/08
◆地球が砂漠化し作物が徐々に育たなくなって、このままでは人類が死滅する近未来。元宇宙飛行士の幼い子供が本棚に幽霊がいると言うが…
◆出演マシュー・マコノヒー/アン・ハサウェイ/マッケンジー・フォイ ◆監督クリストファー・ノーラン
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4366&c=2&p=0
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Lm8p5rlrSkY

人類の進化の可能性と、愛との関係を描く宇宙SF。「七つの大罪」あり。砂嵐はイナゴで「十の災い」も入っているかも。
ロボットは例の如く天使だな。ワームホールの先は地獄、ブラックホールの先は天国で、ダンテの「神曲」っぽさがある。
ワームホールなどを作ったのが「未来人」だって言わず濁していたら良かったのに、何でもかんでも説明してもったいない。



△「ブラック・ハッカー」(2014/西=米) ◆50点
◆原題「Open Windows」 ◆読み:ぶらっくはっかー ◆鑑賞日2015/08/29 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/08
◆ある女優のファンの青年は彼女との会食に当選し、ホテルで彼女の新作映画発表会をWEBでみていた。WEB電話で会食は中止だと告げられる
◆出演イライジャ・ウッド/サーシャ・グレイ/ニール・マスケル ◆監督ナチョ・ビガロンド
◆公式:https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=4363&c=2&p=2
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_Qz7DDvTA-I

PCの画面だけを写し続ける新手のPOVサスペンス。終盤でそれがなくなり残念。
主人公が見知らぬ人の指示に従ってばかりいるのが、かなり不自然でイライラ。
ヒロインのエロおっぱいシーンは良かった。ハッカーはナイアーラトテップか?



○「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」(2014/米) ◆60点
◆原題「If I Stay」 ◆読み:いふあいすていあいがかえるばしょ ◆鑑賞日2015/08/22 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/15
◆チェロが得意の女子高校生は、憧れのバンドリーダーの先輩にデートに誘われ交際がはじまる。ある雪の降る日、家族でドライブ中に事故に遭う
◆出演クロエ・グレース・モレッツ/ジェイミー・ブラックリー/ミレイユ・イーノス ◆監督R・J・カトラー
◆公式:http://www.foxjapan.com/if-i-stay
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=aE_4mxeWI2A

家族や恋人、友人にどんなに愛され、理解され、見守られ、逆に愛していたかを知る青春ドラマ。
一点の曇りもない良い話しで、俗世で汚されたすさんだ心が洗われる。所々涙腺も緩む。
が、家族の死と順風な青春の両極端すぎる人生観は違和感あり。モレッツさんの清楚な感じの演技が良い。



△「ザ・トランスポーター」(2014/スペイン) ◆30点
◆原題「El Nino」 ◆読み:ざとらんすぽーたー ◆鑑賞日2015/08/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆ジェットスキーで長距離を移動する青年は、お金が欲しくて親友とともに麻薬の運び屋を始める。一方、刑事は港で麻薬組織の捜査をしていた
◆出演ヘスス・カストロ/ルイス・トサル/マリアム・バチル ◆監督ダニエル・モンソン
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_316.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=v_Ci0z2rLLs

麻薬の運び屋の青年の恋愛と、刑事の違う件での捜査を描くB級アクション。
青年たちの会話のノリが大昔の香港映画。アクションはヘリとボートの接近だけで面白くない。
女性陣の独特な美しさと、コンテナを運ぶ機械と、刑事の眉毛がすごい太くゲジゲジなのが見所。



△「ドラキュラZERO」(2014/米=日) ◆40点
◆原題「Dracula Untold」 ◆読み:どらきゅらぜろ ◆鑑賞日2015/08/22 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/08
◆少年の時に徴兵されムチで打たれ調教され殺人兵器となった男は、敵を串刺しにして晒す悪魔となった。その後、領主となり妻子と平和に暮らすが…
◆出演ルーク・エヴァンス/ドミニク・クーパー/サラ・ガドン ◆監督ゲイリー・ショア
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=26204
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=hZFZxEnB7ws

ヴァンパイアになって、皇帝から家族を守る領主を描くスペクタクル風糞アクション。
妻が死に際に夫に「人間に戻って」じゃなく「ヴァンパイアになれ」って煽るのが糞。
なぜ妻に血を飲ませなかったのか謎。中途半端に恋愛を強調し、息子の存在がおざなりに。



△「マダム・マロリーと魔法のスパイス」(2014/インド=アラブ首長国連邦=米) ◆30点
◆原題「The Hundred-Foot Journey」 ◆読み:まだむまろりーとまほうのすぱいす ◆鑑賞日2015/08/22 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/08
◆インド人一家は暴動で家が壊され母親が死に仏に移民する。向かいにミシュラン1つ星レストランがある物件を買い、インド料理店をオープンする
◆出演マニシュ・ダヤル/ヘレン・ミレン/オーム・プリー ◆監督ラッセ・ハルストレム
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/spice.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=h6H8pAKKkgQ

違う民族でも仲良くなれることを描くドラマ。レストランの前の道は国境なんだろうね。
仏でなぜ英語?。終始、つんけんしたり、怒ったりしているので、「七つの大罪」が主題かもしれん。
料理対決無しで、青年のサクセスの過程もいい加減で面白くない。故郷の味で母親を思うのだけがマシだった。



△「アメリカン・マッスル」(2014/米) ◆30点
◆原題「American Muscle」 ◆読み:あめりかんまっする ◆鑑賞日2015/08/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/03
◆10年間刑務所で過ごした男は、出所と同時に、兄への復讐を開始する。恋人をヤク漬けにし、強盗をしたときに裏切ったからだ
◆出演ニック・プリンチペ/トッド・ファーマー/ロビン・シドニー ◆監督ラビ・ダール
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201504/dvd02.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=vQFHoK8pDls

思い出だけが生きがいの、がたいの大きいおっさんによる糞B級復讐アクション。
最初から最後まで女のおっぱいや尻ばかり出ています。アクションとかシナリオは、かなりの糞。
特徴も無し。銃は使わずにプロレス技だけで相手を殺しまくれば、ちょっとはマシになったのでは。



△「クレイジー・ドライブ」(2014/米) ◆50点
◆原題「Stretch」 ◆読み:クレイジーどらいぶ ◆鑑賞日2015/08/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆コカインをやっていて交通事故にあい死ななかった男は、加害者の女とつきあい1年後に別れる。リムジンの運転手をしていたが社長に呼び出される
◆出演パトリック・ウィルソン/クリス・パイン/エド・ヘルムズ ◆監督ジョー・カーナハン
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=25245
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=RFMFk5m_jS0

「人間万事塞翁が馬」を描くコメディ。ほぼ運転中だからロードムービ風。
これってクリス・パインが主役かもしれん。キンタマ袋が笑える。
ハリウッドが舞台だから微妙につまらない。これに尽きる。



×「スケルトン・ツインズ 幸せな人生のはじめ方」(2014/米) ◆20点
◆原題「The Skeleton Twins」 ◆読み:すけるとんついんずしあわせなじんせいのはじめかた ◆鑑賞日2015/08/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/29
◆10年疎遠の二卵性双生児の姉とゲイの弟。弟が風呂場で手首を切り自殺未遂。姉も睡眠薬をのみ自殺をしようとした時、病院から電話がかかる
◆出演ビル・ヘイダー/クリステン・ウィグ/タイ・バーレル ◆監督クレイグ・ジョンソン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80554
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=fQJ6vb-Pzb8

コメディほぼ無しのまじめなドラマ。昔の二人の思い出が一番よかったって話。
シナリオ的に、17歳の女の子と、その友達が主役のよくありそうな泥沼青春な感じ。
それを双子(ゲイの男と、浮気ばばあ)に置き換えただけの糞で、かなり辛かった。



△「ザ・キャピタル マネーにとりつかれた男」(2012/仏=英) ◆50点
◆原題「Le capital」 ◆読み:ざきゃぴたるまねーにとりつかれたおとこ ◆鑑賞日2015/08/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/05/02
◆巨大銀行の頭取が癌で倒れる。側近の男が指名され頭取に就任。筆頭株主のヘッジファンドから株価を上げるよう要求され、大規模リストラを実行する
◆出演ガド・エルマレ/ガブリエル・バーン/リヤ・ケベデ ◆監督コスタ・ガブラス
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201505/dvd08.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jPerkLt6cQ8

資本主義の世の中を操って大満足している大人どもを描くドラマ。観客に話しかけてイラっときた。
人生は、テレビゲームを一心不乱にやっている子供と変わりないってのは良かった。
たいした駆け引きもなく、主役にカリスマもなく、見た目の浮き沈みもないので、面白みに欠ける。



△「DEBUG/ディバグ」(2014/加) ◆30点
◆原題「Debug」 ◆読み:でぃばぐ ◆鑑賞日2015/08/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/03
◆巨大宇宙貨物船内で女性が血の粒子となり死ぬ。無人となったその貨物船のシステムを復旧するため、送り込まれてきたハッカーの囚人たち
◆出演ジーナン・グーセン/ジェイソン・モモア/エイドリアン・ホームズ ◆監督デビッド・ヒューレット
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201504/dvd08.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Txz-ho3UCDA

AIに支配された宇宙船で男女がうろうろするB級SF。七つの大罪っぽいのもあり。
話がよくわからない、AIに神々しさが足りない、宇宙船などがCG臭いなどB級。
かなり眠いが、ルーシー・リュー似の女の人のタンクトップおっぱいがあって助かった。



○「ブライトン・ロック」(2010/英=仏) ◆60点
◆原題「Brighton Rock」 ◆読み:ぶらいとんろっく ◆鑑賞日2015/08/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/03
◆1964年英。ギャングのボスは敵対するギャングの下っ端に殺される。部下の青年は下っ端を殺す。証拠の写真を持つウェイトレスに青年が近づく
◆出演サム・ライリー/アンドレア・ライズブロー/ヘレン・ミレン ◆監督ローワン・ジョフィ
◆公式:http://2010.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=5
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sB6Q--LfbW8

本心を言わない男心を描く相思相愛の恋愛ドラマ。
名優が揃っていていい感じ。ヒロインが相田翔子っぽい。
ラストが超ベタで予想通りだが悪くない。音楽がややしつこい。



△「ゴーン・ガール」(2014/米) ◆50点
◆原題「Gone Girl」 ◆読み:ごーんがーる ◆鑑賞日2015/08/08 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/03
◆結婚5周年の記念日。夫が帰宅すると、妻の姿が無い。ガラスのテーブルが割れていたので警察を呼ぶ。失踪したとして、人々に公開するが…
◆出演ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス ◆監督デヴィッド・フィンチャー
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14628
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2-_-1nJf8Vg

猟奇的な妻が夫に復讐をする、なんのひねりも無い糞サスペンスホラー。
で、普通に見るとかなりの糞なんだが、例の如く宗教に置き換えると幾分マシになる。
双子の夫はキリスト(ホスチアを与える動作をする)、妻は聖職者(人)、日記は聖書、観衆は人々。



×「ハープ・プロジェクト」(2013/独) ◆20点
◆原題「Lost Place」 ◆読み:はーぷぷろじぇくと ◆鑑賞日2015/08/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/03
◆高校三年生の男女4人はインターネットで見つけた「GPSを使った宝探し」をする。森の侵入禁止区域に入り、湖の中に箱を見つける
◆出演フランソワ・ゲシュケ/ヨゼフィーヌ・プロイス/アナトール・トーブマン ◆監督ソルステン・クライン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201504/dvd06.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_dOQX58zkjA

電磁波実験の敷地内に入った若者4人が右往左往する糞サスペンス。
どこが危険とか、何をするのか、全編すごい曖昧で、かつ理不尽すぎる。
建物などは地獄を表現しているのだろう。映像や俳優はB級感なく普通だった。



△「ランナーランナー」(2013/米) ◆50点
◆原題「Runner Runner」 ◆読み:らんなーらんなー ◆鑑賞日2015/08/02 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/02
◆学費を稼ぐため学内カジノを運営するが大学に見つかる。全財産をオンライン・カジノにつぎ込むが失敗。が、そのカジノが詐欺だと気付く
◆出演ジャスティン・ティンバーレイク/ベン・アフレック/ジェマ・アータートン ◆監督ブラッド・ファーマン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2082
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=dyboDr1e2xI

「地獄の沙汰も金次第」と「蛙の子は蛙」を描くドラマ。地獄に落ちた青年が主人公。
どんでん返しもなく、お話が普通すぎる。貧乏と金持ちの落差がかなり弱い。
序盤の遊園地みたいな派手な地獄ってのは良かったけど。おっぱい無しってのは駄目。



△「サボタージュ」(2014/米) ◆30点
◆原題「Sabotage」 ◆読み:さぼたーじゅ ◆鑑賞日2015/08/01 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/03
◆麻薬取締局の特殊部隊9人は、アジトへ潜入し見つけた1000万ドルを下水に流し横領するも、何者かが金を横取りする。内部調査が入るが…
◆出演アーノルド・シュワルツェネッガー/オリビア・ウィリアムズ/ミレイユ・イーノス ◆監督デヴィッド・エアー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0161
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8HDArXZgrsE

仲間の裏切りを描くB級ドラマ。誰が裏切っているのか不安ってのが無い。アクションもほぼ無し。
何故かバラバラになった死体とか、ホラー並のSFXにかなり力が入っている。
キャラを説明する時間がかなり長く退屈。女性刑事のキャラだけはマシだった。



○「誰よりも狙われた男」(2013/英=米=独) ◆60点
◆原題「A Most Wanted Man」 ◆読み:だれよりもねらわれたおとこ ◆鑑賞日2015/08/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/03
◆ドイツの港湾都市ハンブルクから密入国する男。テロ対策チームが、イスラム過激派の彼を発見。あえて泳がせ、彼を利用し大物を獲ようとするが…
◆出演フィリップ・シーモア・ホフマン/グレゴリー・ドブリギン/レイチェル・マクアダムズ ◆監督アントン・コービン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0420?prev=search&keyword=%E8%AA%B0%E3%82%88%E3%82%8A%E3%82%82%E7%8B%99%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%94%B7
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OUyYBrlF_W8

誰もが救われる最善策に意義があるのかを問う宗教ドラマ。泥色の水から入国した男は生き返ったキリストっぽい。
テロ対策の組織(組織の建物が天界っぽい)を天使達として置き換えると、神は人を絶対に許さないって意味になりますな。
歴史上、一番人を殺しているのは神(父)である。ヘロインの過剰摂取で亡くなったフィリップ・シーモア・ホフマンの遺作。



△「レジェンド・オブ・ヴィー 妖怪村と秘密の棺」(2014/露=ウクライナ=チェコ) ◆40点
◆原題「Viy (Forbidden Empire)」 ◆読み:れじぇんどおぶう゛ぃーようかいむらとひみつのひつぎ ◆鑑賞日2015/08/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/03
◆正確な地図が書ける機械と共に旅立つ男。ある村では地主の娘が遺言を残し湖で死ぬ。遺体は教会に安置され、司祭が3日間お祈りするが…
◆出演ジェイソン・フレミング/アレクセイ・チャドブ/エマ・セルナ ◆監督オレッグ・ステプチェンコ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_315.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Wsp0CPYXvo4

ファンタジー宗教ホラー。主人公不在で、核となる目的も曖昧で話がよく分からない。
3Dを異常に意識した映像。常に3〜5秒ぐらいでカット割りがありイライラ。
ただ、サタンや、人間が変身する悪魔などの造形だけはデル・トロ風で良かった。



△「スガラムルディの魔女」(2013/西=仏) ◆40点
◆原題「Las brujas de Zugarramurdi」 ◆読み:すがらむるでぃのまじょ ◆鑑賞日2015/07/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/02
◆ある森で魔女がタクシーとともにやってくる生け贄を予言する。一方、コスプレ大道芸人が「金」買い取りの店に、子連れで強盗にはいる
◆出演ウーゴ・シルバ/カロリーナ・バング/カルメン・マウラ ◆監督アレックス・デ・ラ・イグレシア
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1599557
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=f3uBdsog0no

魔女ホラーコメディ。B級感はないが、とんがったキャラが一人もいない残念なレベル。
若い魔女との恋愛が唐突で、一目惚れだとしてもキチンと描かれていなかった。
終盤の儀式が規模的に大きいのがマシだった。その後の胴体切断マジックは○。



○「刺さった男」(2012/西=仏=米) ◆70点
◆原題「La chispa de la vida」 ◆読み:ささったおとこ ◆鑑賞日2015/07/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/02
◆コーラの有名なキャッチコピーを考えた元広告業の男は、再就職先を探していたが雇ってもえず。ある日、新婚旅行で訪れたホテルへと行くが…
◆出演ホセ・モタ/サルマ・ハエック/フェルナンド・テヘロ ◆監督アレックス・デ・ラ・イグレシア
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1599694
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2I45RrYNP2o

キリストを茶化す半コメディのサスペンス。七つの大罪あり。勢いがあって面白かった。
鉄筋(イバラの冠)が頭に刺さり、はりつけになった男はキリストそのもの。
有名になるため、大金を得るために(布教するために)はりつけになったってことだな。



×「ザ・バッグマン 闇を運ぶ男」(2013/バハマ=米) ◆20点
◆原題「The Bag Man」 ◆読み:ざばっぐまんやみをはこぶおとこ ◆鑑賞日2015/07/26 ◆レンタルBD ◆発売日2015/04/02
◆ボスからバッグをあるモーテルの13号室に届ける仕事を引き受けた男。バッグの中身は決して見てはいけないと言われるが…
◆出演ジョン・キューザック/レベッカ・ダ・コスタ/ロバート・デ・ニーロ ◆監督デヴィッド・グロヴィック
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32739.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mKBLfwVEKP8

聖書を揶揄する超低予算な感じの糞サスペンス。終始ダラダラ進行で内容無く超辛かった。
キューザックはアダム、デ・ニーロは神かサタン、娼婦はイヴかリリスな感じ。
バッグの中身はイヴかリリス。人が神かサタンかどちらか知らんが、拒否する話と思われる。



△「ファイナル・デッドクルーズ」(2008/英) ◆50点
◆原題「Donkey Punch」 ◆読み:ふぁいなるでっどくるーず ◆鑑賞日2015/07/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/04/02
◆豪華クルーザーでドラッグを楽しむ男女7人の若者。セックスで逝く寸前に女の後頭部を殴り気絶させると気持ちいいと聞き実行するが女が死ぬ
◆出演ニコラ・バーリー/トム・バーク/ロバート・ボールター ◆監督オリヴァー・ブラックバーン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1648736
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Pzoh5XvVVjE

若い男女が密室クルーザー内で次々死んでゆく「七つの大罪」っぽいB級サスペンス。
殺人鬼や悪魔などがいないのに、何故か次々死んでゆくのが特徴。序盤に乱交セックスあり。
どうしてこうなったって言う絶望感に欠ける。フィッシュバーン似などの俳優陣は良かった。



×「ランニング・マン」(2013/米) ◆10点
◆原題「The Jogger」 ◆読み:らんにんぐまん ◆鑑賞日2015/07/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/04
◆妻と2人の娘がいる平凡な男。ある日、ジョギング中に謎の車に出くわす。その車から刃物をもったフード姿の人がでてきて襲いかかってきた
◆出演デレク・フィリップス/ジェイソン・ワイルズ/キャメロン・リチャードソン ◆監督ジェフ・ロビンソン/ケイシー・トゥエンター
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6841
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uL30MY9G7u8

ジョギング中に何者かに襲われ逃げる男を描くB級サスペンス。アメリカの糞テレビドラマみたいな雰囲気。
その何者かが、よくある自分自身の糞。何故そうなったのか、内に秘める本当の理由を描いていないので面白くない。
くだらん浮気や、同僚との話し合い、近所付き合いと、逃避シーンが交互にダラダラ続き、かなり辛かった。



△「ザ・レイド GOKUDO」(2013/インドネシア=米) ◆40点
◆原題「The Raid 2: Berandal」 ◆読み:ざれいどごくどう ◆鑑賞日2015/07/19 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/06
◆悪の組織にいた兄を殺された警官の弟は、マフィアへ潜入捜査をすることになる。刑務所に入ってボスの息子に接触。暴動で息子を助け信用を得る
◆出演イコ・ウワイス/アリフィン・プトラ/ティオ・パクサデウォ/松田龍平 ◆監督ギャレス・エヴァンス
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/theraid2/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=F_gI4p8LDaU

新米警官が悪の組織と戦うアクション第2弾。前作とは全く別物になっていてかなり落胆した。
タランティーノ+「インファナル・アフェア」+「マトリックス リローデッド」が続編って間違ってる。
格闘シーンは演舞を順序よく披露している感じでしらける。主人公が最強すぎるのも面白くない要因。



△「FURY/フューリー」(2014/英=米=中) ◆50点
◆原題「Fury」 ◆読み:ふゅーりー ◆鑑賞日2015/07/18 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/11
◆1945年4月。独と戦う米。ある戦場で1台の戦車だけが生き残る。その戦車に新兵が配属される。新兵は独兵を殺すことを拒否するが…
◆出演ブラッド・ピット/ローガン・ラーマン/シャイア・ラブーフ ◆監督デビッド・エアー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLQ-80550
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=DNHuK1rteF4

家(=戦車)と家族を守る父親と、その息子たちを描く戦争ドラマ。
死ぬ間際まで我が家にいたいって、年老いた人達と同じ心境だな。
光線銃の撃ち合いのような戦闘に困惑。生き残った奴のその後無しかよ。



○「ハネムーン」(2014/米) ◆70点
◆原題「Honeymoon」 ◆読み:はねむーん ◆鑑賞日2015/07/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/04
◆湖畔にある父親の別荘に新婚旅行にきた若い夫婦。ある夜、全裸でたたずんでいるのを森で発見する。内ももに何かに刺された跡があった
◆出演ローズ・レスリー/ハリー・トレッダウェイ/ベン・ヒューバー ◆監督リー・ジャニアック
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400001750&DSP_SKHKETSEQ=001
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5iZLPNFWLxk

妻だけ「ボディ・スナッチャー」なクトゥルフホラー。
長年一緒にいた妻が老いてボケることを考えたら哀しくなった。
中盤までかなり退屈って結婚生活そのまんまだな。



△「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」(2014/米=仏) ◆40点
◆原題「The Expendables 3」 ◆読み:えくすぺんだぶるず3わーるどみっしょん ◆鑑賞日2015/07/12 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/18
◆傭兵部隊エクスペンダブルズは、初期メンバーのドクを列車での護送中に救出。直ぐにCIAの依頼で武器の密売組織のボスを殺す仕事にとりかかる
◆出演シルベスター・スタローン/メル・ギブソン/ハリソン・フォード ◆監督パトリック・ヒューズ
◆公式:http://expendables-movie.jp/product/index.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=4xD0junWlFc

お馬鹿筋肉アクション第3弾。のはずが、お馬鹿も筋肉もトーンダウン。
死を意識した筋肉老人のシナリオにパワーなんぞあるわけない。
若造共って邪魔な存在なだけなのに、このシリーズに必要あるのか疑問。



△「思い出のマーニー」(2014/日) ◆50点
◆原題「When Marnie Was There」 ◆読み:おもいでのまーにー ◆鑑賞日2015/07/12 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/18
◆誰の輪にも入ろうとしないスケッチ好きの少女は、喘息のため、ひとりで海辺の町にいく。そこで、とある大きな屋敷に見覚えがあることに気付く
◆出演高月彩良/有村架純/松嶋菜々子/寺島進/根岸季衣 ◆監督米林宏昌
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/ghibli/1295.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=lO79qkKDUNY

祖先の呪いにより卑屈になっている女の子が出生の秘密を知るホラーアニメ。
親や使用人、娘から受けた仕打ちを、赤ん坊に毎日ささやき潜在意識にすりこませるババア。
ヒロインが、血の繋がっていない両親に愛され育てられたため逆に助かったって話。



○「キラーファング・アタック」(2014/米) ◆60点
◆原題「Dead Sea」 ◆読み:きらーふぁんぐあたっく ◆鑑賞日2015/07/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/06
◆手の平を切って血を流し湖に飛び込む父を見る息子。数年後、湖で男女が何かに襲われる。無数の魚の骨も打ち上げられ、地元出身の女性が調査する
◆出演アレクシ・イアコノ/JW・ワイズマン/ブランドン・スラングル ◆監督ブランドン・スレイグル
◆公式:エプコット(2015年3月2日に破産しました)
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=X5g_Y1MeLLU

ある種の閉塞感からの脱出を描く超生真面目なドラマ。モンスターほぼ無しだが、村人が追いかけてくるとかクトゥルフな感じ。
アホ・モンスターパニックを期待していると肩透かしを食うが、クトゥルフとしては、いままでにない切り口かも。
父親が娘とわかり合えて「もう何も恐くなくなった」ってのが良かった。とにかく独特な雰囲気のクトゥルフもの。



×「レッド・スカイ」(2013/米) ◆20点
◆原題「Red Sky」 ◆読み:れっどすかい ◆鑑賞日2015/07/11 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/18
◆海軍のエースパイロットは訓練中に無線で命令を受け、味方の化学兵器工場を爆破し死人が出る。軍法会議にかけられ不名誉除隊となる。数年後…
◆出演キャム・ギガンデッド/レイチェル・リー・クック/ビル・プルマン ◆監督マリオ・ヴァン・ピープルズ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BAS-80552
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_1D_s4t1aRs

理不尽な糞B級戦闘機アクション。セリフだらけのシーンが多くかなり辛い。
どうでもいい三角関係をダラダラ展開。ドッグファイトはCG臭く短い。
穴が開いてるのに急上昇、牢屋で引火性の液体をどうやって手に入れたのかなど糞だらけ。



△「ブラッディ・ローラ 殺戮の催眠美少女」(2008/米) ◆40点
◆原題「Parasomnia」 ◆読み:ぶらっでぃろーらせんいつのすいみんびしょうじょ ◆鑑賞日2015/07/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/02/19
◆病院に薬物依存症の友人の見舞いに来た青年は、ベッドで眠り続けている女性を発見する。隣には催眠術で人を殺す男が拘束されていた
◆出演ディラン・パーセル/シェリリン・ウィルソン/パトリック・キルパトリック ◆監督ウィリアム・マローン
◆公式:http://www.amg-films.jp/product/152
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=M4w52JVmL6U

運命の人である「眠り姫」を誘拐して結ばれる悪との対決B級ホラー。ヒロインのおっぱいあり。
終盤までダラダラ進行で、ホラー的な要素もなく、役者の演技も微妙でかなり辛い。
終盤のからくり人形の世界観で盛り返した。孔雀の羽の天使ってのが新鮮だった。



○「プリズン・サバイブ」(2008/米) ◆60点
◆原題「Felon」 ◆読み:ぷりずんさばいぶ ◆鑑賞日2015/07/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/02/19
◆妻子と幸せな日々を送っていた男は、自宅に入った泥棒を屋外で誤って殺してしまう。裁判の長期化を避けるため、軽い刑を容認し刑務所に入るが…
◆出演スティーヴン・ドーフ/マリソル・ニコルズ/ヴァル・キルマー ◆監督リック・ローマン・ウォー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=RDD-52440
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=X78CcPc2B0c

愛する者を守ることが生きるための糧だと刑務所で再認識する3人の群像劇なドラマ。
ラスト付近の妻(内縁)との面会に目頭が熱くなった。親友の自己犠牲も良かった。
毎日プロレスが看守に命令されたのか、自発的に対立しているのか不明瞭なのが残念。



△「悪童日記」(2013/ハンガリー=独=オーストリア=仏) ◆40点
◆原題「Le grand cahier」 ◆読み:あくどうにっき ◆鑑賞日2015/06/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/04
◆第二次世界大戦末期のハンガリー。双子の男の子は、人里離れた祖母の家に置き去りにされる。祖母は乱暴で他人からは「魔女」と呼ばれていた
◆出演アンドラーシュ・ジェーマント/ラースロー・ジェーマント/ピロシュカ・モルナール ◆監督ヤーノシュ・サース
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6872
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=0DPfzdQ-SFQ

双子の兄弟が、ばーちゃんに一人で生きる術を教えてもらう戦争ドラマ。
「聖書」や「七つの大罪」大好き、それを揶揄するの最高って話もう飽きてきたな。
双子キャラの魅力が微妙。ばーちゃんが、マツコ・デラックスにそっくりってのが唯一の見所か。



△「MISSING ミッシング」(2008/香) ◆40点
◆原題「Missing/深海尋人」 ◆読み:みっしんぐ ◆鑑賞日2015/06/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/04
◆精神科医の女性は、親友の兄で海洋写真家の男と知り合い、恋に落ちる。与那国島に沈む海底遺跡にスキューバダイビングに行くが、彼氏が死ぬ
◆出演アンジェリカ・リー/グオ・シャオドン/チャン・チェン ◆監督ツイ・ハーク
◆公式:http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/A312301
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=-kYCzqQ8zew

死んだ人は愛する人の幸せを第一に願っていると言うホラーっぽい恋愛ドラマ。
終わったと思ったらまだ続くってのが3回ぐらいあって、体感的に話が長い。
このオチだと、白髪の女の人って結局なんだったのか訳かわかめなんだが。



△「イコライザー」(2014/米) ◆50点
◆原題「The Equalizer」 ◆読み:いこらいざー ◆鑑賞日2015/06/27 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/25
◆ホームセンターで働く男は不眠症で、夜は24時間営業の喫茶店で本を読んでいた。そこで毎日同じ時間に居合わせる娼婦が顔にあざを作ってきた
◆出演デンゼル・ワシントン/マートン・ソーカス/クロエ・グレース・モレッツ ◆監督アントワン・フークワ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80449
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VjctHUEmutw

正義のおっさんアクション。序盤のこいつ何者かって感じが素晴らしく良かった。
が、中盤から超グダグダに。最強対決が無く、かつてない尻すぼみ感がすごかった。
ホームセンター内の商品で地味に戦うって、何秒で倒せるか計算する強烈キャラどこいったんだよ。



△「グレース 呪われた純潔」(2014/米=加) ◆40点
◆原題「Grace」 ◆読み:ぐれーすのろわれたじゅんけつ ◆鑑賞日2015/06/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/04
◆妊婦が何者かと契約し苦しみながら赤子を産み死ぬ。18年後。大学に進学した女性はルームメイトを突き落とすなどの幻覚をみるようになる
◆出演アレクシア・ファスト/リン・シェイ/ジョエル・デヴィッド・ムーア ◆監督ジェフ・チャン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80601
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=TfiAdwsiddw

一人称視点のPOV悪魔憑依系ホラー。スタッフが映像を自負しすぎているのが編集に出ている感じ。
中盤まで若者たちの大学生活のはじまりをダラダラ描いていて面白くなかった。
実家に帰ってややマシになった。神父と対決する超能力っぽいシーンだけは盛り上がった。



○「記憶探偵と鍵のかかった少女」(2013/米=西=仏) ◆60点
◆原題「Mindscape(Anna)」 ◆読み:きおくたんていとかぎのかかったしょうじょ ◆鑑賞日2015/06/21 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/04
◆他人の記憶に潜入する特殊能力を持つ記憶探偵の男は、最愛の妻の死から立ち直れないでいた。金がつきたため、会社に仕事がないかと訪ねるが…
◆出演マーク・ストロング/タイッサ・ファーミガ/アントニア・クラーク ◆監督ホルヘ・ドラド
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=16324&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=DB8UfVLsZd4

超能力者を利用して檻から脱出する悪魔を描くオーメン系少女サスペンス。
彼女は最終的に超能力者を救っているから、完全な悪魔ってわけでもない謎な存在。
雰囲気は最初から最後までA級。嘘と真実が絡み合っていて辻褄を考えるのが面倒になるのが難点。



△「ラスト・デイズ・オン・アース」(2014/英) ◆50点
◆原題「Beyond」 ◆読み:らすとでいずおんあーす ◆鑑賞日2015/06/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/04
◆約3年後に地球に衝突する可能性がある隕石が発見される。男は酒屋で強盗に説教し店員が撃たれる。男はパーティで、ある女性と意気投合する
◆出演リチャード・J・ダヌム/ジリアン・マグレガー/ポール・ブラニガン ◆監督ジョセフ・ベイカー/トム・ラージ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201503/dvd07.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=c0gThYUHRTs

死んでもいいと思っていた男が、子供が生まれるのと重傷が重なったため改心するSFっぽいドラマ。
彼女との喧嘩や、会社解雇や、ノルウェーの女性との失恋などの過去が走馬灯のようにってやつ。
妄想オチでやや落胆。宇宙船は死者の国から男を向かえに来た乗り物っぽい。



△「ドム・ヘミングウェイ」(2013/英) ◆50点
◆原題「Dom Hemingway」 ◆読み:どむへみんぐうぇい ◆鑑賞日2015/06/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/02/04
◆金庫破りのプロは12年の刑務所暮らしを終えて出所。司法取引を断りボスを助けた見返りに、大金を貰いにボスのところへと行くが…
◆出演ジュード・ロウ/リチャード・E・グラント/マダリーナ・ゲネア ◆監督リチャード・シェパード
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14805
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=u1izaIH269E

刑務所に長年入ってた男が告解し救われるコメディ風な反省ドラマ。つまらなくは無い。
金庫シーン適当すぎで笑。主役のキレるキャラ設定が最初と最後で一貫していないのが難点。
娘と孫の影響で丸くなったのなら、その過程が描き切れていない。終わり方も尻切れ。



△「ケープタウン」(2013/仏=南アフリカ共和国) ◆40点
◆原題「Zulu」 ◆読み:けーぷたうん ◆鑑賞日2015/06/20 ◆レンタルBD ◆発売日2015/03/04
◆南アフリカ・ケープタウンで裕福な家庭の若い娘が殴られて殺され放置される事件が発生。捜査する刑事は新種の麻薬がからんでいることを知る
◆出演フォレスト・ウィテカー/オーランド・ブルーム/コンラッド・ケンプ ◆監督ジェローム・サル
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0419?prev=search&keyword=%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=T0P4eW-DLiI

南アフリカの貧困の差と、イギリス人移民の影響が引き起こす悲劇を描く刑事ドラマ。
すごくまじめな作り。刑事たちが軽率な行動ばかりしているのが目立って面白くない。
キャラも特徴なく微妙。砂漠を長時間歩き続けるシーンだけは悲哀が感じられ良かった。



△「ガンズ&ゴールド」(2013/オーストラリア) ◆40点
◆原題「Son of a Gun」 ◆読み:がんずあんどごーるど ◆鑑賞日2015/06/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/13
◆刑務所に入った若者は、同じ独房の男がカマを掘られ自殺。若者が次のターゲットになるが、ある男に助けられ、出所後に脱獄などを手伝う
◆出演ブレントン・スウェイツ/ユアン・マクレガー/アリシア・ヴィキャンデル ◆監督ジュリアス・エイヴァリー
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/gunsandgold/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rKIrkpCpPsU

父と息子の関係のようなものを超薄っぺらく描いている犯罪ドラマ。
若造が愛する女性と出会い成長していく過程も弱い、キャラも濃くなく特徴なし。
脱獄、銃撃アクション、カーチェイスはあるが見応えなく、終始退屈だった。



△「プロミスト・ランド」(2012/米=アラブ首長国連邦) ◆50点
◆原題「Promised Land」 ◆読み:ぷろみすとらんど ◆鑑賞日2015/06/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/03/03
◆エネルギー会社の社員は田舎町の地下にあるガスの採掘権利を農場所有者に大金をちらつかせ契約していた。町長に賄賂を渡すが、教師が異論を唱える
◆出演マット・デイモン/フランシス・マクドーマンド/ジョン・クラシンスキー ◆監督ガス・ヴァン・サント
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54498/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=0RtyEVzoOIk

やっぱり大企業はあくどい事をしていた!と貧乏人の観客を騙し満足させるためのドラマ。
エコとか環境問題ってのは人を騙すのに最適ってこと。主人公も何故か良い人ってことになってるし。
まあ、東日本大震災のメルトダウンと、各所の原発を誘致した利権地元民のことが頭をよぎるわな。



△「やさしい本泥棒」(2013/米=独) ◆40点
◆原題「The Book Thief」 ◆読み:やさしいほんどろぼう ◆鑑賞日2015/06/13 ◆レンタルBD ◆発売日2015/01/07
◆1938年共産主義排除のドイツ。列車内で亡くなった赤子の弟を埋葬するとき、墓守が落とした本を弟の形見とした少女は、里親の家に到着する
◆出演ソフィー・ネリッセ/ジェフリー・ラッシュ/エミリー・ワトソン ◆監督ブライアン・パーシヴァル
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14702
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=92EBSmxinus

子供をつくって長生きしろ、それが戦争被害者への弔いだと言うドラマ。ナチスでなく市民側から描く反戦映画っぽい内容。
ユダヤの青年は、死にそうになったり、いなくなったり、忘れそうになったりするから「信仰心」そのものな感じ。
主役の女の子に何も起こらないので面白くない。「七つの大罪」を犯さない人を、あからさまに描いているのが珍しい。



△「パトリック 戦慄病棟」(2013/オーストラリア) ◆30点
◆原題「Patrick」 ◆読み:ぱとりっくせんりつびょうとう ◆鑑賞日2015/06/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/25
◆郊外の昏睡患者専門の病棟。赴任してきた看護婦は、青年の患者と唾はきで会話できることに気付く。1978年「パトリック」のリメイク
◆出演シャーニ・ヴィンソン/ジャクソン・ギャラガー/チャールズ・ダンス ◆監督マーク・ハートリー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1566454
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=P6DAsjuEGMw

昏睡状態の青年が、電波で人を操り、物を動かす超能力ホラーサスペンス。おっぱいあり。
題材的に凄く面白そうなのに話も映像も残念なレベル。単純な復讐にすればよかったのに。
突然現れるビックリを3、4回連続させるのを多用。自分の体を能力で動かせとつっこみ。



○「ヘラクレス」(2014/米) ◆70点
◆原題「Hercules」 ◆読み:へらくれす ◆鑑賞日2015/06/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/25
◆金で雇われる傭兵として戦うヘラクレスとその仲間。ある日、トラキア国王の娘から、国をケンタウロスから救って欲しいとの依頼が来る
◆出演ドゥエイン・ジョンソン/ジョン・ハート/イアン・マクシェーン ◆監督ブレット・ラトナー
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9310
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=GFqY089piQ4

英雄ヘラクレス御一行様の友情を描く、ややスペクタクルのアクション。
復讐などをからめたストーリーが単純明快で楽しめた。大人数の戦闘も○。
ヘラクレスやその他のキャラもそこそこ良かった。エンドロールの絵も○。



△「ボーグマン」(2013/オランダ=ベルギー=デンマーク) ◆30点
◆原題「Borgman」 ◆読み:ぼーぐまん ◆鑑賞日2015/06/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/25
◆キリストの牧師らは、土の中で隠れ暮らしている浮浪者を退治しようとするが逃がしてしまう。浮浪者は高級住宅地で風呂を貸してくれと家を訪ねる
◆出演ヤン・バイヴート/ハデヴィック・ミニス/イェロン・ペルセヴァル ◆監督アレックス・ファン・ヴァーメルダム
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1565835
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pHrsIhV3eX8

来訪者が家庭を狂わせる、悪魔のインキュバスを描いているのかもしれんサスペンスドラマ。
聖書の「旅人をもてなす」とどうなるかの皮肉の可能性もある。よくわからない内容。
奥さん役のぽちゃりおばさんハデヴィック・ミニスさんのおっぱいが大きく、歩くとゆれていた。



△「トランストリップ」(2013/チリ=米) ◆30点
◆原題「Magic Magic」 ◆読み:とらんすとりっぷ ◆鑑賞日2015/06/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/25
◆チリにきた少女。いとこの少女と、その彼氏、彼氏の姉と、彼氏の友達の男の子の5人で、とある島に行く。道中、いとこが試験のため帰る
◆出演ジュノー・テンプル/エミリー・ブラウニング/マイケル・セラ ◆監督セバスティアン・シルバ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1566395
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=elU_AlgW6Lw

鬱病の少女を描く思春期ドラマ。鬱病の理由とか、何もかもがよくわからない。
友達の見え透いた嘘とか、ふざけたなれ合いなど、全てが嫌になる時期ってことか?
ジュノー・テンプルさん(25歳)っておっぱい出す少女の役が多いな。



△「ラスト・デイズ・オン・マーズ」(2013/英=アイルランド) ◆50点
◆原題「The Last Days on Mars」 ◆読み:らすとでいずおんまーず ◆鑑賞日2015/06/06 ◆レンタルBD ◆発売日2015/01/09
◆2036年火星。男女8名は地層を採取し研究する任務の最終日、バクテリアが存在した証拠を発見。その現場が崩れ一人が穴の底へと落ちる
◆出演リーヴ・シュレイバー/イライアス・コティーズ/オリヴィア・ウイリアムズ ◆監督ルアイリ・ロビンソン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0437?prev=search&keyword=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=F6JiCJ5x3Qw

死の恐怖から逃れようとするSFサスペンスホラー。穴は地獄。途中から急にゾンビものになって落胆した。
たぶん、主人公のせいで事故が起きて、主人公以外の全員が最初から死んでいるんじゃなかろうか。
宇宙に漂いながら、主人公の罪の意識が幻覚を見せている感じ。宗教的表現が太陽の十字架と裏切りぐらいしかなかった。



△「NY心霊捜査官」(2014/米) ◆40点
◆原題「Deliver Us from Evil」 ◆読み:にゅーよーくしんれいそうさかん ◆鑑賞日2015/05/31 ◆レンタルBD ◆発売日2015/02/04
◆海兵隊3人は戦場で何かを発見。一方、NY市警の刑事は、ゴミ箱に捨てられた赤子や、動物園で子供をライオンの檻に投げた女などの事件を対応する
◆出演エリック・バナ/エドガー・ラミレス/クリス・コイ ◆監督スコット・デリクソン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80447
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=YWDM_p68HAQ

告解すると悪魔が心からいなくなり救われると言うホラーっぽい刑事ドラマ。
終盤のエクソシスト悪魔祓いは流石に盛り上がったが、その他が退屈。
恐いシーンが全くない。チャバネゴキブリだらけの部屋が、生理的に唯一恐かった。



×「モンスター・トラック」(2014/米) ◆10点
◆原題「Dark Haul」 ◆読み:もんすたーとらっく ◆鑑賞日2015/05/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆1735年。13番目に生まれた親が13人目の子供を生む。それは双子で、一方は悪魔そのもので、一方は人の赤子に悪魔のしっぽがついていた
◆出演エバレナ・マリー/トム・サイズモア/リック・ラヴァネロ ◆監督ダニエル・ワイズ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201503/dvd04.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=eGndT09Vwfo

兄妹愛を描く糞B級悪魔アクション。TVムービー。最初の悪魔の双子誕生以外は全て糞。
人同士のいざこざで超ダラダラ展開。何がどうなっているのか全く把握できないシーン多数。
騒ぎの原因が悪魔ヒロインにあるのに、野放しになっているってのが理解できない。



△「アップルシード アルファ」(2014/日=米) ◆40点
◆原題「Appleseed Alpha」 ◆読み:あっぷるしーどあるふぁ ◆鑑賞日2015/05/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/25
◆第5次非核大戦後の荒廃した世界。デュナンとブリアレオスは地下鉄で襲われ、双角の依頼に失敗。双角から治療の代償に自動兵器の駆除を押し付けされる
◆出演小松由佳/諏訪部順一/玄田哲章/悠木碧/高橋広樹 ◆監督荒牧伸志
◆公式:http://www.aniplex.co.jp/lineup/anime/appleseedalpha/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=DzFU4sqdbNo

回を重ねるごとに糞になって逝くSF−CGアニメ。今回はストーリーも内容もなしの糞で面白くなかった。
もやは人間の動きや表情、質感をCGで再現できているかどうかを観客に強制チェックさせている感じ。
車などの動きが最悪。「APPLESEED」を見直したけど、何もかもかなりの糞に成り下がっているってどういうことだよ。



○「サベージ・キラー」(2013/米) ◆60点
◆原題「Savaged」 ◆読み:さべーじきらー ◆鑑賞日2015/05/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆ろうあの女性は恋人の待つ町まで一人で長距離ドライブ。人を轢きそうになるが間一髪よける。女性は白人が米先住民を追いかけているのを助けるが…
◆出演アマンダ・エイドリアン/ロドニー・ローランド/トム・アーダバニー ◆監督マイケル・S・オヘダ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201502/dvd06.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=TmPvyw-Qyuk

暴行された女性によるリベンジホラー。普通のリベンジものじゃなく、オカルト要素が強くてユニークだった。
悪役どもの顔つきやキャラがかなり良かった。映像や音声が古い乾いた感じで話と調和していた。
が、後半は怪物に次々と襲われる普通のホラーと同じになって飽きてきた。恋愛はイザナミとイザナギがモチーフかも。



○「猿の惑星:新世紀(ライジング) 」(2014/米) ◆80点
◆原題「Dawn of the Planet of the Apes」 ◆読み:さるのわくせいしんせいきらいじんぐ ◆鑑賞日2015/05/25 ◆レンタルBD ◆発売日2015/02/04
◆猿インフルエンザが全世界に広がり人類は争い文明が崩壊。知性をもった猿たちは森に逃げ文明を築く。ある日、人間と遭遇し仲間の猿が撃たれる
◆出演アンディ・サーキス/ジェイソン・クラーク/トビー・ケベル ◆監督マット・リーヴス
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14558
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=3sHMCRaS3ao

平和を願う始皇帝の心境を描くアクション。「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。
他者を常に見下していることで争いが起こると言っています。銃を悪魔の魅力みたいに描いていたのがユニーク。
男と男の最強対決が定番的で良かった。前作同様「戦国自衛隊」アクションあるが、今回は良かった。



△「ゾンビ・リミット」(2013/西=加) ◆30点
◆原題「The Returned」 ◆読み:ぞんびりみっと ◆鑑賞日2015/05/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆幼いときに両親をゾンビウイルスで亡くした女性医師は、感染している恋人のために不足しているワクチンを同僚から違法に金で買っていた
◆出演エミリー・ハンプシャー/クリステン・ホールデン=リード/ショーン・ドイル ◆監督マヌエル・カルバージョ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1532094
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=B6h5vtY5qZU

治療薬が見つかったゾンビ病への差別を描くドラマ。エイズ差別みたいなもん。
ゾンビアクションとか一切無しで、退屈な人間関係の描写が最後まで続く。
予想通りのオチだが、哀しみや落胆が伝わってこない。ヒロインが綺麗な顔立ちすぎる。



△「復讐少女」(2012/英) ◆50点
◆原題「The Seasoning House」 ◆読み:ふくしゅうしょうじょ ◆鑑賞日2015/05/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆1996年。軍による民間人への武力制圧が続くバルカン半島。軍に母親を目の前で射殺された少女は売春宿へと連行され、他の女の世話係となる
◆出演ロジー・デイ/ショーン・パートウィー/ケヴィン・ハワース ◆監督ポール・ハイエット
◆公式:http://www.twanet.jp/1344hs-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rnmt2IJtbYY

優しいお姉さんの思い出が、生きる糧となる少女リベンジドラマ。
ヒロインや男共のキャラはいいんだが、シナリオに特徴が無いのが難点。
皮膚に刃物を刺したりする特殊メイクの出来はかなり良かった。



×「GODZILLA ゴジラ」(2014/米=日) ◆10点
◆原題「Godzilla」 ◆読み:ごじら ◆鑑賞日2015/05/23 ◆レンタルBD ◆発売日2015/02/04
◆15年前に日本の原子力発電所が謎の大振動に見舞われメルトダウン。現在、採掘現場で謎の巨大生物の化石を発見。タマゴがあり何かが海へと逃げた
◆出演アーロン・テイラー=ジョンソン/渡辺謙/エリザベス・オルセン ◆監督ギャレス・エドワーズ
◆公式:https://www.toho.co.jp/dvd/item/html/TBR/TBR25054D.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=vIu85WQTPRc

恋仲を邪魔するストーカー怪獣を描く糞。糞な家族愛などダラダラ糞長い人間シーン多すぎ。
ミサイルとかが通用しないのにタマゴは燃えるのか。そんな危険な所に生むはずないだろカス。
ゴジラを使って、核実験など人間の罪を正当化しているのも腹が立つ。何もかもひどすぎる。



△「ファーナス/訣別の朝」(2013/米=英) ◆50点
◆原題「Out of the Furnace」 ◆読み:ふぁーなすけつべつのあさ ◆鑑賞日2015/05/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/03
◆田舎町の製鉄所で働く男は、飲酒運転で事故り相手方を死なせ刑務所に入る。恋人とは別れ、イラク戦争から帰還した弟はボクシング賭博に出場する
◆出演クリスチャン・ベール/ケイシー・アフレック/ウディ・ハレルソン ◆監督スコット・クーパー
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/furnace/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Gw0qH34cbRE

人の一番の罪とは「何もしない」ことだと言う兄弟愛ドラマ。終始淡々。
弟と同じ“説明できない何か”を持っていた兄が救われる物語だった。
いつどこで何が変わったのか、変わっていないのか、説明できない人の罪。



×「パラノーマル・エクスペリメント」(2013/独=米) ◆10点
◆原題「Banshee Chapter」 ◆読み:ぱらのーまるえくすぺりめんと ◆鑑賞日2015/05/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆1960年代にCIAが行っていた生体実験。その薬物を入手し試しに飲んで失踪する男。友人でジャーナリストの女性は男の行方を調べる
◆出演カティア・ウィンター/テッド・レヴィン/マイケル・マクミリアン ◆監督ブレアー・エリクソン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6762
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=lhrYDiaSo_s

糞B級POVホラー。カメラマンいないのにPOVってのが唯一の特徴。
暗闇で急に何かが出てくるのが3、4ヵ所あるだけで全く恐くも面白くもない。
ラブクラフトがどうのと「クトゥルフ」のことを言うこと自体が汚すも同然。



○「複製された男」(2013/加=西=仏) ◆60点
◆原題「Enemy」 ◆読み:ふくせいされたおとこ ◆鑑賞日2015/05/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/24
◆大学の歴史講師の男は、同僚からある映画を薦められる。鑑賞すると、その映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。その俳優を探すが…
◆出演ジェイク・ギレンホール/サラ・ガドン/メラニー・ロラン ◆監督デニ・ビルヌーブ
◆公式:http://www.vap.co.jp/category/1412326807923/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FJuaAWrgoUY

今の繰り返しの人生は、誰かに支配されているからだと違和感を持つクトゥルフ・ドッペルゲンガーホラー。
密かに思い描いていた人生を送る「別次元の自分」になれるとしたら。ある意味「マトリックス」に近いかも。
指輪の跡が無いって言ってたから二重人格じゃないんだよな。見終わった後は不思議な感覚になる。



△「ゲッタウェイ スーパースネーク」(2013/米=ブルガリア) ◆30点
◆原題「Getaway」 ◆読み:げったうぇいすーぱーすねーく ◆鑑賞日2015/05/16 ◆レンタルBD ◆発売日2015/02/03
◆元レーサーの妻が誘拐される。犯人の要求は改造車を運転し、車載電話の指示通りに行動することだった。人通りの多い公園を走れと命令れされる
◆出演イーサン・ホーク/セレーナ・ゴメス/ジョン・ボイト ◆監督コートニー・ソロモン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0159
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7ZF4jzMJ1oI

カーアクション・バディムービー。車載カメラ映像を垂れ流す新手のPOVだな。
大筋は「イーグル・アイ」と「ダイ・ハード4.0」を足した感じだが面白くない。
同じようなカーアクションの連続で飽きる。女の子の設定や犯人の目的が適当すぎる。



○「モーガン・ブラザーズ」(2013/オーストラリア) ◆70点
◆原題「100 Bloody Acres」 ◆読み:もーがんぶらざーず ◆鑑賞日2015/05/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/02/04
◆田舎道。ラジオCMを流している肥料業者の男は、車の単独事故の死体を見つけ荷台に載せる。一方、若者3人は車が故障してヒッチハイクをする
◆出演デイモン・ヘリマン/アナ・マクガハン/ジェイミー・クリスティアン ◆監督コリン・ケアンズ/キャメロン・ケアンズ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1535197
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ukVETY6ptJM

男の子の成長を描く軽いノリのコメディ・ホラー。ヒロインが垢抜けていて、いい感じ。
兄弟が「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のマーティとビフのキャラそのまんまで楽しい。
不思議の国やラストの展開も良かった。最近のオーストラリアのホラーって面白いの続くな。



△「フルスロットル」(2014/仏=加) ◆40点
◆原題「Brick Mansions」 ◆読み:ふるすろっとる ◆鑑賞日2015/05/10 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/17
◆2018年デトロイト。政府は無法地帯を壁で隔離していた。麻薬を風呂に流す男は逃げる。一方、潜入捜査官は麻薬組織のボスを追い詰める
◆出演ポール・ウォーカー/ダヴィッド・ベル/RZA ◆監督カミーユ・ドゥラマーレ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=16119&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=n-kIpUSByUM

貧乏人が金持ちをギャフンと言わせるバディアクション。2004年「アルティメット」のリメイク(未見です)。
他の映画でたまに出てくる体操選手もビックリの超人的な身体能力の人って「アルティメット」のパクリだったんだな。
まあ、そのアクションも往年の香港映画の延長だけど。爆弾を爆発させる手段ならいくらでもあるだろって突っ込みなどシナリオが大味。



○「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014/米) ◆60点
◆原題「Guardians of the Galaxy」 ◆読み:がーでぃあんずおぶぎゃらくしー ◆鑑賞日2015/05/10 ◆レンタルBD ◆発売日2015/01/21
◆1988年地球。母を亡くした男の子は謎の宇宙船に拉致される。26年後、間欠泉の惑星でオーブを発見し、悪党の追撃をかわし、売ろうとするが…
◆出演クリス・プラット/ゾーイ・ザルダナ/ブラッドリー・クーパー ◆監督ジェームズ・ガン
◆公式:http://marvel.disney.co.jp/movie/gog.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=d96cjJhvlMA

仲間がいれば宇宙の危機すらも救えることを描くSFコメディアクション。
全てのキャラが抜群に立っていた。特に世界樹のキャラが秀逸だった。
戦艦など宇宙船のデザインが全て良かった。シナリオがかなり平凡なのが残念。



△「バトル・オブ・24h」(2012/オランダ) ◆50点
◆原題「Black Out」 ◆読み:ばとるおぶ24h ◆鑑賞日2015/05/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/23
◆婚約者からの電話で目を覚ました男は、ベッドの隣で男の射殺体が横たわっていることに気付く。遺体をバッグに詰め、かつての相棒と処分するが…
◆出演レイモンド・シリー/バス・カイザー/レニー・フォッカー ◆監督アルネ・トーネ
◆公式:http://chance-in.com/works/bo2.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=BXJJ0ZjD6-k

麻薬にかかわる犯罪者たちによるポップなドタバタクライムコメディ。
何となく「シン・シティ」っぽいノリで展開し、雰囲気は良かった。
キャラ的にも良かったが、婚約者がほとんど蚊帳の外ってシナリオが微妙。



△「サード・パーソン」(2013/ベルギー=米=仏=英=独) ◆30点
◆原題「Third Person」 ◆読み:さーどぱーそん ◆鑑賞日2015/05/09 ◆レンタルBD ◆発売日2015/01/06
◆ホテルで執筆中の作家は子供を死なせ妻と別居中。元女優は息子を危険な目に遭わせ親権を争っていた。スーツの男は地元女性に目が釘付けになる
◆出演リーアム・ニーソン/エイドリアン・ブロディ/ミラ・クニス ◆監督ポール・ハギス
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0154
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HzOl3dOVIcw

やましいことがある男女の欲望と愛と救いを描く群像劇。
結局はダラダラなメロドラマ。「許す」がテーマな感じ。
3組の男女がラストで交差せず、現実逃避だったってのは許せないな。



○「フライト・ゲーム」(2014/英=仏=米) ◆60点
◆原題「Non-Stop」 ◆読み:ふらいとげーむ ◆鑑賞日2015/05/09 ◆レンタルBD ◆発売日2015/01/06
◆旅客機に客を装って乗りテロを警戒する航空保安官の男は、毎日酒を飲み、適当に勤務していた。20分毎に機内の誰かを殺すというメールが届く
◆出演リーアム・ニーソン/ジュリアン・ムーア/ミシェル・ドッカリー ◆監督ジャウメ・コレット=セラ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0155
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jiHDJ19A3dk

告解すると救われるテロ犯探し航空密室サスペンス。いつも離陸(=罰)を恐れているが良い。
今度こそ娘を助けるってシーンは胸を打つが、なんとなく後付け感がしてならない。
犯人に意外性が無く、動機もしっくりこない。穴があるなど都合良すぎな展開多し。



△「スウィング・オブ・ザ・デッド」(2012/米) ◆40点
◆原題「The Battery」 ◆読み:すうぃんぐおぶざでっど ◆鑑賞日2015/05/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/28
◆野球選手だった男二人は、ゾンビのいない地を求めて旅を続けていた。ある日、トランシーバーで生存者の声を受信する
◆出演ジェレミー・ガードナー/アダム・クロンハイム/アラナ・オブライエン ◆監督ジェレミー・ガードナー
◆公式:http://www.curiouscope.jp/product/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%89/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=TO3_WO2YfGo

二人の男の友情を描くロードムービーメインで軽いコメディありのゾンビドラマ。
二人で長旅をして事故に遭ったって感じで、ゾンビはオマケみたいなものだった。
いくら友達でも四六時中一緒って、中高校生ぐらいなら我慢できるが大人じゃ無理。



×「her/世界でひとつの彼女」(2013/米) ◆20点
◆原題「Her」 ◆読み:はーせかいでひとつのかのじょ ◆鑑賞日2015/05/06 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/03
◆妻と別居し1年。離婚届へのサインを拒み続ける男は、他人の手紙を代筆する仕事をしていた。ある日、最新の人工知能型OSを使ってみるが…
◆出演ホアキン・フェニックス/スカーレット・ヨハンソン/エイミー・アダムス ◆監督スパイク・ジョーンズ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15955&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=XsQqMwacZQw

自分自身が彼女(話し相手)になって大満足するエアセックスドラマ。SF的な映像や面白さは一切なし。
何も無い普通の生活を会話だけでダラダラ展開し、上映時間が糞長く感じられ辛かった。
アダムとイヴがベースかも。OS(イヴ)は主人公(アダム)の一部から生まれ、知恵の実を食るお話。



△「MONSTER モンスター」(2014/米) ◆40点
◆原題「Lizzie Borden Took an Ax」 ◆読み:もんすたー ◆鑑賞日2015/05/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆1892年。資産家の次女は万引きをし、他人の財布から懐中時計や金を盗んでいた。ある日、ソファで仮眠中の父が殺されているのを次女が発見する
◆出演クリスティーナ・リッチ/クレア・デュヴァル/スティーヴン・マクハティ ◆監督ニック・ゴメス
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201412/dvd01.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=yJBO66pNNf4

娘が父親を殺したかどうかの大昔の実話法定ドラマ。TVムービー。
証拠も無しに裁判ってひでえな。何のひねりも無いシナリオってのが今時珍しい。
音楽が作風と一致していない。主役のお姉ちゃんの目力だけはすごい。



△「イントゥ・ザ・ストーム」(2014/米) ◆40点
◆原題「Into the Storm」 ◆読み:いんとぅざすとーむ ◆鑑賞日2015/05/05 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/23
◆高校の卒業式を撮影する兄弟と教師の父。特別仕様の装甲車で竜巻の撮影をしている男と同行する気象学者の女性。ユーチューバーの2人の馬鹿
◆出演リチャード・アーミティッジ/サラ・ウェイン・キャリーズ/マット・ウォルシュ ◆監督スティーヴン・クエイル
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=16113&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=A_kj8EKhV3w

親子愛を描く竜巻ディザスターパニック。ほぼPOV。
常にカメラで撮影している馬鹿たちを、カメラで撮影する馬鹿。
竜巻系での大作は「ツイスター」以来だが、牛が舞うのはそれのオマージュかね。



△「イントゥ・ザ・スペース」(2013/米) ◆40点
◆原題「Dark Space」 ◆読み:いんとぅざすぺーす ◆鑑賞日2015/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆レンタル宇宙船で若者6人がある惑星にバカンスに向かう。途中で速度リミッターを外すとワープし小惑星に衝突、未知の惑星に不時着する
◆出演アラナ・ディエッツ/スティーヴ・ウエスト/トーニャ・ケイ ◆監督エメット・カリナン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6538
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rwray-OXN5M

地球に似た惑星で何かに襲われるSFサスペンス風B級森ホラー。超安っぽい宇宙船に苦笑。
展開的に馬鹿の若者達が何かに襲われる定番ホラーと同じ。中盤まで超ダラダラ。
プレデターみたいな兵士がでてきて定番ホラーでなくなり幾分マシになった。



○「ブロークン」(2012/英) ◆80点
◆原題「Broken」 ◆読み:ぶろーくん ◆鑑賞日2015/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/26
◆若年性糖尿病の少女は向かいの青年と気さくに話をする。ある日、隣人のグレた娘が、厳格な父親に言い訳するため青年にレイプされたと嘘をつく
◆出演エロイーズ・ローレンス/ティム・ロス/ロバート・エムズ ◆監督ルーファス・ノリス
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/broken/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=cfQlRks4fuo

娘を愛している親を不安にさせる思春期ドラマ。こりゃホラーだ。
中盤からの誰も悪くない負の連鎖がリアルでかなり恐い。
登場人物全てが魅力的。なかでも主役の女の子は別格だな。



△「タイムシャッフル」(2014/米) ◆50点
◆原題「Time Lapse」 ◆読み:たいむしゃっふる ◆鑑賞日2015/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆居住区の管理人の青年の彼女は、向かいの老人の安否確認のため家に入る。そこには自分たちが写った無数のポラロイド写真と巨大なマシンがあった
◆出演マット・オリアリー/ダニエル・パナベイカー/ジョージ・フィン ◆監督ブラッドリー・キング
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201412/dvd06.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=9LQtQgFt1_4

友情が崩れる未来予告SFサスペンス。微妙にホラーっぽい。
漫画「恐怖新聞」(つのだじろう)に通じるものがある。
映像的にも演出的にも俳優陣も古くさい雰囲気だが、悪くない。



△「トランスフォーマー/ロストエイジ」(2014/米=中) ◆30点
◆原題「Transformers: Age of Extinction」 ◆読み:とらんすふぉーまーろすとえいじ ◆鑑賞日2015/05/04 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/10
◆もうすぐ高校を卒業する娘を溺愛する発明家の男はお金に困っていた。古いトラックを安価で手に入れるが、それがオプティマスプライムだった
◆出演マーク・ウォールバーグ/ニコラ・ペルツ/スタンリー・トゥッチ ◆監督マイケル・ベイ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9220
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=dYDGqmxMZFI

子供向け変形ロボットSFアクション第4弾。内容なしの糞。上映時間も糞長い。
移動して、戦って、銃で撃ちまくるだけ。スローモーション多用。
最後の恐竜は、どうせならタカラトミーの「ゾイド」にしろよ。



○「シンティラ・プロジェクト」(2014/英) ◆60点
◆原題「Scintilla」 ◆読み:しんてぃらぷろじぇくと ◆鑑賞日2015/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/09
◆刑務所で拷問をうける傭兵の男は、自由と引き替えに旧ソ連内の地下研究施設から、とある科学者と実験体を拉致するミッションを命じられる
◆出演ジョン・リンチ/ネッド・デネヒー/アントニア・トーマス ◆監督ブライアン・オブライエン
◆公式:http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/A312001
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=4AfwLJuc07c

悪魔誕生SFアクション。長時間の敵地潜入がダラダラで辛かった。その後は地味だがやや面白くなる。
隕石から見つかった遺伝子は、地獄の最下層で氷漬けになっていたサタンの遺伝子だな。複眼ってのもポイント。
エレベーターのシーンが地獄の階層を示していて良かった。七つの大罪あり。主役のおっさんに存在感無し。



×「イントゥ・ザ・ミッション」(2014/伊) ◆10点
◆原題「2047 - Sights of Death」 ◆読み:いんとぅざみっしょん ◆鑑賞日2015/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/09
◆2047年。世界中に放射性物質が拡散。政府に抵抗するレジスタンスは落ちた監視衛星のデータを回収する途中で大量の死体の山を発見する
◆出演スティーヴン・ボールドウィン/ルトガー・ハウアー/マイケル・マドセン ◆監督アレッサンドロ・カポーネ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201501/dvd04.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=s3YYvc4eiF0

一昔前なら超豪華だった俳優陣による糞Z級アクション。こんなのによく出演する気になったな。
超ダラダラな展開。セリフだらけ。お粗末なアクション。支離滅裂のシナリオ。全編が超絶な糞。
ダリル・ハンナのこれじゃない感がすごい。ヒンドゥー教の神っぽいお姉さんと、マドセン悪魔ってラストも糞すぎる。



△「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」(2013/英) ◆50点
◆原題「Under the Skin of Design」 ◆読み:あんだーざすきんたねのほしょく ◆鑑賞日2015/05/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/17
◆ワゴン車を運転し男に道を聞くふりをして誘う女。男を真っ暗な家にいれると女は脱ぎながら歩く。男は全裸になり歩くが地面の中へと沈む
◆出演スカーレット・ヨハンソン/ジェレミー・マクウィリアムス/ポール・ブラニガン ◆監督ジョナサン・グレイザー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2081
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7S1yhSp5jaI

マネキン(アンドロイド)が人になれると勘違いする定番SF。
マネキン役が似合うスカーレット・ヨハンソンの全裸は必見。
ヨハンソンの体が官能的で良いが、その他はすごく退屈で辛い。



○「LUCY/ルーシー」(2014/仏) ◆80点
◆原題「Lucy」 ◆読み:るーしー ◆鑑賞日2015/05/02 ◆レンタルBD ◆発売日2015/01/16
◆ブリーフケースを韓国マフィアに届けた女は、中に入っていた新種の麻薬を腹に入れられ強制的に運ぶことになる。腹を蹴られ麻薬が漏れ覚醒する
◆出演スカーレット・ヨハンソン/チェ・ミンシク/モーガン・フリーマン ◆監督リュック・ベッソン
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=24974
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=6Vu081NOorA

人の進化と宇宙の真理を描く女版「AKIRA」。友情以外は「AKIRA」と全く同じ瓜二つ。
暴力→薬で覚醒→自分は何でも出来る→クトゥルフ化+機械と融合→光に包まれる(今作は黒)→最後に何か残る。
で、完全なパクリなのに何が良かったかと言うと、チェ・ミンシクとヨハンソンの存在。テンポも宇宙CGも良し。



△「ON AIR 殺人ライブ」(2013/独) ◆50点
◆原題「Radio Silence」 ◆読み:おんえあさつじんらいぶ ◆鑑賞日2015/05/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/09
◆海賊ラジオを放送するDJの男は、連続殺人鬼ナイトスラッシャーについてリスナーから意見を募集していた。すると殺人鬼当人から電話がかかる
◆出演マルクス・クヌーフケン/チャールズ・レティンハウス/ジャスミン・ロード ◆監督マルコ・J・リードル
◆公式:http://www.twanet.jp/1342oa-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=QUKseYZuOlM

偽善者が他人のために自分の罪を告解するふりをするB級殺人鬼ホラーサスペンス。
殺人鬼が同じ穴の狢を手玉に取り楽しむシナリオが、かなり練られていて好感が持てる。
縛られる女の人は可愛い系の美人。ラジオDJがそこまでする理由がラストまで不可解なのが難点。



△「ザ・ヘラクレス」(2014/米) ◆40点
◆原題「The Legend of Hercules」 ◆読み:ざへらくれす ◆鑑賞日2015/04/29 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/17
◆王の侵略好きを阻止すべく王妃は女神ヘラに嘆願する。ゼウスの子供を授けると告げられ、王妃は妊娠し男の子を産むが、王様が誰の子だと怒る
◆出演ケラン・ラッツ/ガイワ・ワイス/リアム・ギャリガン ◆監督レニー・ハーリン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=16116&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=g0GMzQwO2l0

英雄ヘラクレスの恋愛をメインに描くギリシア神話アクション。神が20年間も放置ってのが凄いな。
その20年間で、王様がどんな悪政をやっていたのかすらも描いていないので、誰にも感情移入できない。
奴隷剣闘士の時の強さの過程がいい加減。お父さん信じるから助けてって何なんだよ。隊長の息子どうなった。



△「ヒットマン:ザ・バトルフィールド」(2013/伊) ◆50点
◆原題「Hotel Inferno」 ◆読み:ひっとまんざばろるふぃーるど ◆鑑賞日2015/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/26
◆リゾートホテルにやってきた殺し屋。彼は依頼人である謎の大富豪から、カメラ内蔵眼鏡で録画しながら連続殺人鬼カップルを殺せと依頼を受ける
◆出演マイケル・ホーウェ/レイナー・バートン/ジェシカ・キャロル ◆監督ジェリオ・デ・サンティ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/hitman_the_battlefield/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=hCklKATj4oQ

全編が一人称視点でワンカットのB級POVホラー。「テーター・シティ 爆・殺・都・市」の会社が制作。
雰囲気が「バイオハザード」などのホラーゲームに近い感じで、これならPOVでも許せる。
スプラッタも満載だが、今回はかなり作り物っぽい。それが逆にゲームっぽく良かった。B級だけど。



△「アイ・フランケンシュタイン」(2014/オーストラリア=米) ◆30点
◆原題「I, Frankenstein」 ◆読み:あいふらんけんしゅたいん ◆鑑賞日2015/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/07
◆人造人間は博士とその妻を殺す。ある山奥で悪魔に襲われ天使に助けられる。200年後、人造人間は隠れて暮らすも、悪魔から逃げられないでいた
◆出演アーロン・エッカート/ビル・ナイ/ミランダ・オットー ◆監督スチュアート・ビーティー
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/ifranken/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=NXc5epxOH_c

天使と悪魔の戦いにフランケンシュタインが巻き込まれるアクション。有名俳優起用。
内容無し。ほとんどガーゴイル(天使)が飛ぶシーンだけで、かなり辛かった。
敵のやられ方が、火の粉を出しながら消滅する「ブレイド」のパクリ。



○「MEGA SPIDER メガ・スパイダー」(2013/米) ◆60点
◆原題「Big Ass Spider!」 ◆読み:めがすぱいだー ◆鑑賞日2015/04/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2015/01/07
◆害虫駆除業者の男は虫に刺された腕を治療する為、病院を訪れていた。そこで遺体安置室に潜む毒グモの駆除を頼まれる。警備員と一緒に探すが…
◆出演グレッグ・グランバーグ/ロイド・カウフマン/クレア・クレイマー ◆監督マイク・メンデス
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/15/IF15_0762/IF15_0762.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=WeRW_dClNkI

半コメディのB級巨大蜘蛛パニック。恋愛あり。B級にしてはCGがかなり頑張っている感じ。
キャラがサイモン・ペッグとニック・フロストのコンビとかなりかぶっているんだが悪くない。むしろ◎。
ラストはまんま「キングコング」。子蜘蛛のワラワラ無しは残念。美人巨乳あるが一瞬だけなのも残念。



×「ザ・ホスト 美しき侵略者」(2013/米=スイス) ◆10点
◆原題「The Host」 ◆読み:ざほすとうつくしきしんりゃくしゃ ◆鑑賞日2015/04/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/03
◆エイリアンに寄生された人類。抵抗する者たちは岩場に潜んでいた。ある日、人間の女性がビルから飛び降りて強打するも何故か助かるが寄生される
◆出演シアーシャ・ローナン/マックス・アイアンズ/ダイアン・クルーガー ◆監督アンドリュー・ニコル
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15958&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=SRKjf8b4f2E

二重人格の女の子が二人の青年とキスをしまくる小学生の恋愛メインの内容無しSFドラマ。
寄生エイリアンに人類が事実上殺されているのに全員が他人事ってシーン多すぎ。
とにかく全編が支離滅裂。ラストの自己犠牲の経緯も全く理解できない。



△「復讐鬼 マイ・ジャスティス」(2010/米=加) ◆40点
◆原題「The Tortured」 ◆読み:ふくしゅうきまいじゃすてぃす ◆鑑賞日2015/04/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆自宅の庭で父親が目を離した隙に6歳の息子が拉致される。息子は逮捕された犯人宅から遺体で発見される。裁判で禁固25年と軽い判決がでる
◆出演エリカ・クリステンセン/ジェシー・メトカーフ/ビル・リッピンコット ◆監督ロバート・リーバーマン
◆公式:http://www.twanet.jp/1340hu-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=1_apzqC5Be4

息子を殺した犯人を監禁していたぶるB級サスペンス。序盤が退屈。
スプラッタあり。残念なことに肉体的苦痛の与え方が生温い。
ラストの意味不明感がすごい。記憶喪失シーンだけはかなり良かった。



○「バトルフロント」(2013/米) ◆70点
◆原題「Homefront」 ◆読み:ばとるふろんと ◆鑑賞日2015/04/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/02
◆麻薬潜入捜査官の男の手引きで、組織のボスを逮捕する時に、ボスの息子が死んでしまう。捜査官は辞め、亡き妻が希望していた田舎で娘と暮らすが…
◆出演ジェイソン・ステイサム/イザベラ・ヴィドヴィッチ/ジェームズ・フランコ ◆監督ゲイリー・フレダー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0153
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=tjSOj8b804U

愛する娘を守る強い父親を描くアクション。サスペンス性もほどよくある。
単純明快なお話なので、何も考えずにハラハラドキドキ見られました。
全ての俳優が役柄にマッチしていて、かなり良かった。ステイサムのロン毛が○。



△「ポンペイ」(2014/加=独=米) ◆40点
◆原題「Pompeii」 ◆読み:ぽんぺい ◆鑑賞日2015/04/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/02
◆ローマ軍に一族を皆殺しにされたケルト人騎馬族の男の子は、奴隷となり剣闘士として成長。ポンペイに護送されるときに脱輪した馬車を助ける
◆出演キット・ハリントン/エミリー・ブラウニング/キーファー・サザーランド ◆監督ポール・W・S・アンダーソン
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/736/comingsoon
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=t6TRwfxDICM

姫と奴隷の恋愛+ローマへの復讐+ディザスターパニック。神のお怒りなどの宗教的な描写はほぼ無し。
雰囲気は「パイレーツ・オブ・カリビアン」のパクリ。話はほぼ「グラディエーター」のパクリ。
終盤は「2012」、ラストは「タイタニック」のパクリ。いかにもパクリ常習犯の監督らしい大味な映画。



○「トランセンデンス」(2014/英=中=米) ◆80点
◆原題「Transcendence」 ◆読み:とらんせんでんす ◆鑑賞日2015/04/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/02
◆AIの発展が人類の脅威になると危惧するテロ組織に科学者が一斉に殺される。撃たれた科学者は余命1ヶ月と宣告され、脳をコンピュータに転送する
◆出演ジョニー・デップ/レベッカ・ホール/ポール・ベタニー ◆監督ウォーリー・フィスター
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/transcendence/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=VCTen3-B8GU

SFサスペンス+神誕生+夫婦愛。根底のテーマが「ヱヴァンゲリヲン破」に近い感じ。
ラストの愛する者同士が、相手の願いのために行動し続け生きることの素晴らしさにうるっときた。
中盤まで単調で辛らく「ボディ・スナッチャー」とかパクリっぽくなるが、ラスト良ければ全て良しに。



△「ある過去の行方」(2013/仏=伊=イラン) ◆30点
◆原題「Le passe(The Past)」 ◆読み:あるかこのゆくえ ◆鑑賞日2015/04/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/02
◆妻と別居して4年。男は正式な離婚手続きをとるために空港におりたち、迎えに来た妻と車で家に向かう。途中、娘の学校に行くがいなかった
◆出演ベレニス・ベジョ/アリ・モサファ/タハール・ラヒム ◆監督アスガー・ファルハディ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0149
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Z2-_lt4kwXE

浮気で自殺がどうの、離婚がどうの、前の夫と今の彼氏を会わすなど、くだらないことを延々とやるメロドラマ。
家族構成が複雑で、誰の子供なのかなかなか理解できない。小さい女の子が誰の子供か最後までわからなかった。
妻を最低のクズ女に仕立て上げて、メロドラマ好きの主婦(観客)を怒らせる典型的な手法。ラストもアホくさい。



△「闇のあとの光」(2012/メキシコ=仏=独=オランダ) ◆50点
◆原題「Post Tenebras Lux」 ◆読み:やみのあとのひかり ◆鑑賞日2015/04/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆メキシコのとある村。牛や馬、犬がいる牧場で元気に走る女の子は、雷が鳴り、あたりが暗くなり不安になる。家では赤く光る悪魔が扉を開ける…
◆出演アドルフォ・ヒメネス・カストロ/ナタリア・アセベド/ルートゥ・レイガダス ◆監督カルロス・レイガダス
◆公式:http://net-broadway.com/shop/shop/detail.cgi?code=BWD-2724
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=zYeXnNzJ89Y

「十の災い」「七つの大罪」をあからさまに描く宗教ドラマ。無垢な子供が可愛いのが唯一の救いとも言っていました。
大衆サウナでの多数のチンコや、おっぱい、マン毛シーンなど、全編で地獄を表現していた。三途の川もあるし。
世界樹を切り倒すのは、神を怒らせて楽しむためとか、人の罪と罰を描きまくっていました。ストーリーなしで退屈。



△「マレフィセント」(2014/米=英) ◆50点
◆原題「Maleficent」 ◆読み:まれふぃせんと ◆鑑賞日2015/04/19 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/03
◆人間の国と妖精の国は対立していた。妖精の少女と人間の子は出会い恋に落ちる。時は流れ心が離れる。そんな折り、人間が妖精の国に攻め込む
◆出演アンジェリーナ・ジョリー/サム・ライリー/エル・ファニング ◆監督ロバート・ストロンバーグ
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/maleficent.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=w-XO4XiRop0

生みや育ての親よりも守護天使第一を描くファンタジードラマ。アンジーのファン向け。
いかんせん、真実の愛ってのが最初から丸わかりなんだよな。
よく考えると眠っている少女にキスするって、すごい犯罪だよな。



○「アメリカン・ドクターX」(2012/加) ◆70点
◆原題「American Mary」 ◆読み:あめりかんどくたーえっくす ◆鑑賞日2015/04/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆携帯電話を止められた金欠の女性医大生は、ストリップバーでのバイト面接の時に違法の手術を請け負う。それから違法の手術をたびたびするが…
◆出演キャサリン・イザベル/アントニオ・クーボ/トリスタン・リスク ◆監督ジェン・ソスカ/シルビア・ソスカ
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/14/ECLR_0096/ECLR_0096.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=MJtVBD6DlX8

人の本性を描くサッキュバス+人体改造手術系のB級ホラー。性的表現が中心。
七つの大罪がテーマ。人形みたいな整形が「虚飾」でハッキリしていて面白い。
乳輪などの人体切り刻みがリアル。愛情表現も良かったし、終わり方も良かった。



○「グランド・ブダペスト・ホテル」(2013/英=独) ◆70点
◆原題「The Grand Budapest Hotel」 ◆読み:ぐらんどぶたべすとほてる ◆鑑賞日2015/04/12 ◆レンタルBD ◆発売日2014/11/12
◆寂れたホテル。客の一人がホテルの所有者の話を聞く。所有者が若いとき、ヨーロッパ最高峰と謳われた、このホテルのロビーボーイだった
◆出演レイフ・ファインズ/トニー・レヴォロリ/シアーシャ・ローナン ◆監督ウェス・アンダーソン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14308
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=1Fg5iWmQjwk

富豪になったホテルマンのいきさつを描く、サスペンス風で小粋なドラマ。豪華キャスト勢揃い。
師匠であり、友であり、兄弟であるってジャッキー・チェンの映画みたいなお話だな。
話的には目新しさが無く面白みは薄いが、雰囲気やキャラがポップで某仏映画みたいな感じ。



△「エクスペンダブル・レディズ」(2014/米) ◆50点
◆原題「Mercenaries」 ◆読み:えくすぺんだぶるれでぃず ◆鑑賞日2015/04/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/12/03
◆米大統領の娘がテロ組織に拉致される。テロ組織のリーダーは女性しか信用しない女。CIAは素性がバレない囚人4人を救出に向かわせるが…
◆出演ゾーイ・ベル/クリスタナ・ローケン/ブリジット・ニールセン ◆監督クリストファー・レイ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6542
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=RBQcj8jNNXY

わけありの女性4人が政府に依頼されテロ組織を壊滅するB級アクション。
ゾーイ・ベルは相変わらずカッコいいが、格闘などの見せ方が悪く残念。
西部劇を彷彿とさせるシーンも中途半端。最強対決がおざなり。爆発は少く全てCG。



◎「かぐや姫の物語」(2013/日) ◆100点
◆原題「The Tale of Princess Kaguya」 ◆読み:かぐやひめのものがたり ◆鑑賞日2015/04/11 ◆レンタルBD ◆発売日2014/12/17
◆山里で竹を取って暮らす年老いた夫婦。ある日、翁は光るタケノコからこびとを見つけ家に持ち帰ると人間の赤子へとかわる。その子は成長が早かった
◆出演朝倉あき/高良健吾/地井武男/宮本信子/クロエ・グレース・モレッツ(英語版) ◆監督高畑勲
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/ghibli/1281.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=9lDrkokymLQ

娘の誕生から若くして死ぬまでを描く宗教アニメ。親が病気の娘を、愛するがゆえに病院に閉じ込めてしまう話と同じ。
何のために生まれたのかを自問し、過去を悔やみ、世の中を恨み、自分を憎むが、全ての事象、すなわち生きて感じることそのものが幸せだったのだと悟る。
七つの大罪、輪廻転生あり。幼なじみとの純愛(相思相愛)もあり。セリフでべらべら感情を喋っているのがちょっと残念だった。



△「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014/米=加) ◆40点
◆原題「Edge of Tomorrow」 ◆読み:おーるゆーにーどいずきる ◆鑑賞日2015/04/11 ◆レンタルBD ◆発売日2014/11/12
◆エイリアンの侵略で人類は滅亡寸前。ある女性兵士の活躍で初の勝利を得たため、一斉反撃の作戦を決行する。広報担当の少佐はその最前線に送られる
◆出演トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ブレンダン・グリーソン ◆監督ダグ・ライマン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15786
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=vw61gCe2oqI

自己陶酔SF戦争アクション+恋愛。同じ時を繰り返すと次に何が起こるか知っているから、自分が強くなっていると錯覚しているだけ。
敵は「マトリックス」のセンチネルみたいなクトゥルフ系。戦闘は「プライベート・ライアン」みたいな感じだが、足下にも及ばない。
農場ヘリで切羽詰まったが、やれることいっぱいあるだろ。ループ能力が消えた時の恐怖感とか、人間心理の描写が一切なしってのが駄目。



○「メモリー・キーパーの娘」(2008/米) ◆70点
◆原題「The Memory Keeper's Daughter」 ◆読み:めもりーきーぱーのむすめ ◆鑑賞日2015/04/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/08/05
◆妻の出産で双子を自らの手で取り上げた医師の男は、娘をダウン症だと診断。妻に「娘は死産だった」と嘘をつく。看護婦に娘を施設に預けるよう頼む
◆出演ダーモット・マロニー/グレッチェン・モル/エミリー・ワトソン ◆監督ミック・ジャクソン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-57322
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Nq6q_j8QEVE

家族を裏切ってきた男が死ぬことで、自分も家族も救われるドラマ。TVムービー。
罪を犯した日に全てが終わっていた感じと、その罰の描き方がもの哀しく秀逸。
障害のある子を中絶あるいは施設に預けるのが、本当に最善の方法なのかも問うています。



△「フローズン・リバー」(2008/米) ◆50点
◆原題「Frozen River」 ◆読み:ふろーずんりばー ◆鑑賞日2015/04/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/12/10
◆新しいトレーラーハウスを買うお金を夫に持ち逃げされた女性は、子供2人をかかえ、食事も満足にとれないほどの暮らしをしていた
◆出演メリッサ・レオ/ミスティ・アッパム/チャーリー・マクダーモット ◆監督コートニー・ハント
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.co.jp/official/frozen_river/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=B5pPQdLN4mg

貧乏人は危ない橋を渡ると救われることを描くドラマ。クリスマス映画。凍った川は「三途の川」だな。
約3万円でテレビをレンタルしているなど、貧乏人は馬鹿だがら貧乏だってことも言っていました。
ダンプ松本みたいな、インディアンの超太った女の人が準主役なんだが、なぜか知らんがイラっとくる。



○「ヘンリー・プールはここにいる 〜壁の神様〜」(2008/米) ◆70点
◆原題「Henry Poole Is Here」 ◆読み:へんりーぷーるはここにいるかべのかみさま ◆鑑賞日2015/04/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/03/25
◆中古の家を言い値で購入した男は、酒とピザでダラダラする生活を送っていた。近所のおばさんが、壁にあるシミをキリストの顔だと言い出す
◆出演ルーク・ウィルソン/ラダ・ミッチェル/モーガン・リリー ◆監督マーク・ペリントン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-60463
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=1j712noIM-A

隣人愛で自らも救われる信仰ハートフル・ドラマ。コメディは序盤にちょっとあるだけ。
全ての人々が、いわばキリストのような人の心を救う救世主であると言っていました。
ド近眼の人が急に完治するってのだけが、あり得ないので、これがなければ完璧だったのに残念。



△「ダイバージェント」(2014/米) ◆30点
◆原題「Divergent」 ◆読み:だいばーじぇんと ◆鑑賞日2015/03/29 ◆レンタルBD ◆発売日2014/10/24
◆近未来。戦争で生き残った人類は、シカゴで5つの共同体(無欲・平和・高潔・博学・勇敢)と落ちこぼれの異端者をつくり生活していた
◆出演シャイリーン・ウッドリー/テオ・ジェームズ/アシュレイ・ジャッド ◆監督ニール・バーガー
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/divergent/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sutgWjz10sM

近未来+管理社会+恋愛アクション。これじゃ様々な派閥がある世界で若造がのし上がるヤクザ映画を見た方がいい。
序盤の「全ての要素をもった救世主」な煽りが良く、期待値が一気に上昇したが、そこから超グダグダに。
スパルタ特訓と銃撃戦だけの内容なし。母親も全ての要素をもっていれば、親子関係の深みが増したのに。



○「スリー・モンキーズ」(2008/トルコ=仏=伊) ◆60点
◆原題「Three Monkeys」 ◆読み:すりーもんきーず ◆鑑賞日2015/03/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/07
◆政治家が人を車ではね死なせてしまう。大金と引き替えに運転手が身代わりとなり服役。運転手の妻は息子に車を買い与えようと政治家の事務所に行く
◆出演ヤヴズ・ビンゴル/ハティジェ・アスラン/アフメト・ルファト・シェンガル ◆監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/maymun.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7wBznN7c8YE

夫が牢屋にはいってるうちに妻が浮気して息子が怒る昼メロドラマ。主婦が大喜びな内容。
映像的に乾いたお洒落な風景画な感じで、内容とのミスマッチ的な面白さがある。
家庭崩壊の原因はどこにあるのかを思い巡らし自らの罪深さを悲しむのが良かった。



△「ラストミッション」(2014/米=仏=ギリシア=露) ◆40点
◆原題「3 Days to Kill」 ◆読み:らすとみっしょん ◆鑑賞日2015/03/28 ◆レンタルBD ◆発売日2014/11/19
◆テロリストを仕留める一歩手前で倒れたCIAエージェントは、脳の腫瘍で余命わずかだと知る。5年間疎遠だった元妻と娘に会いにパリに行く
◆出演ケビン・コスナー/ヘイリー・スタインフェルド/トーマス・レマルキス ◆監督マックG
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0393?prev=search&keyword=%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=yswZKfnmf7c

余命いくばくも無いと知った父親が、急に娘と元妻との交流を行う反省CIAアクション。
父親であるスタッフたちが、娘と過ごした昔を自身がなつかしむために作った感じ。
バディコメディ、銃撃戦、カーアクション、格闘などまんべんなくあるが、どれも低水準。



×「パニッシュメント・ゲーム」(2013/米) ◆20点
◆原題「The Gauntlet (Game of Assassins)」 ◆読み:ぱにっしゅめんとげーむ ◆鑑賞日2015/03/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/07
◆多数の死体のある焼却炉で目覚めた刑事の男は、急に襲いかかってきた男と和解し出口を探すため建物内を探索。途中で女性と子供に出会う
◆出演ウォーレン・コール/ジェイミー・レイ・ニューマン/バイ・リン ◆監督マット・エスカンダリ
◆公式:http://shop.epcott.co.jp/i-shop/product.asp?cm_id=306462&cm_large_cd=5
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=gc6XfryOmts

建物(地獄)に閉じ込められた男女数人がうろうろするダラダラ糞B級サスペンス。
人生を反省するロードームービー風で、「ソウ」っぽい感じの選択あるが面白くない。
よく調べてから装置を動かさないなど、行動に必然性がないのでイライラ。



△「エンドレス・フィアー」(2013/米) ◆40点
◆原題「Terrible Angels」 ◆読み:えんどれすふぃあー ◆鑑賞日2015/03/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/05
◆薬物依存で売人の女性は、二人の我が子のせわもろくにしない。金が無いので売春婦となった女性は声をかけた男に車で連れ去られ森に監禁させられる
◆出演ウナ・ジョー・ブレイド/ハンク・カートライト/マイケル・マドセン ◆監督アンソニー・ピアース
◆公式:http://www.twanet.jp/1339ef-shosai.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ZNqTjET1ukQ

薬物依存症の女性が、何者かに監禁されることで改心し救われるサスペンス。
人間は死ぬ一歩手前で愚行に気付く。子供達との普通の生活が一番の幸せだったと悟る話。
ラストで全ての接触者は天使かもって考えてた所に、あの糞オチで落胆。オチが無い方がよかった。



△「ギャラクシー・ウォーズ」(2013/米) ◆50点
◆原題「Thrillseekers the Indosheen」 ◆読み:ぎゃらくしーうぉーず ◆鑑賞日2015/03/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/05
◆2138年。帝国軍は米軍と宇宙規模で戦争をしていた。米軍の男は女性を助ける時に両脚を失い、バーチャルゲームのテストプレーヤーに転職する
◆出演ベン・シートン/マッケンナ・メルヴィン/モナ・リー・ゴス ◆監督ロバート・プフィッツナー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201411/dvd01.php
◆予告:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201411/dvd01.php

B級SFアクション。ゾンビへの銃乱射シーンが糞長いなど、ゲームが大好きな人達が作りましたって感じがする。
全編、一昔前のゲームムービ風なCGとの合成映像。それが、逆にバーチャル世界な感じになっていて段々と違和感無しに。
主人公がクリスチャン・ベールにちょっと似ている色男。現実なのかゲーム内なのかってのも良い。糞B級だけど。



△「バトル・オブ・アース 闇の種族と光の戦士」(2014/米) ◆40点
◆原題「Jinn」 ◆読み:ばとるおぶあーすやみのしゅぞくとひかりのけんし ◆鑑賞日2015/03/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/07
◆遙か昔、守護者との戦いでジン族が姿を消す。現代。カーデザイナーの男は亡き父からのビデオで、自分が守護者の血を引き継いでいることを知る
◆出演ドミニク・レインズ/セリンダ・スワン/レイ・パーク ◆監督アジマル・ザヒール・アーマッド
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_305.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=0bXFnUl7XhM

誘惑や恐怖などに打ち勝ち、人生を歩むクトゥルフ系アクション。
人は父親や親戚の愛、神の愛などに守られていることも描いていました。
映像的にはしっかりしている。妻がなぜ妊娠したのかなど疑問点あり。



△「バトル・オブ・バミューダトライアングル」(2014/米) ◆30点
◆原題「Bermuda Tentacles」 ◆読み:ばとるおぶばみゅーだとらいあんぐる ◆鑑賞日2015/03/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/05
◆バミューダ海域でエアフォース・ワンが墜落。大統領の乗った脱出ポッドが深海に消えた。救出に出動した米艦隊は、巨大な触手を持つ謎の生物と遭遇
◆出演トレヴァー・ドノヴァン/マイア・マリア・ハリソン/リンダ・ハミルトン ◆監督ニック・ライオン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6453
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=g3t5DtWKpNU

超Z級の糞SFアクション。TVムービー。展開がかなり支離滅裂。CG合成がかなりむごい。
常に2〜3秒でカット割していて全く状況把握ができない。セリフも多く何もかも糞で最悪。
ただ、「ターミネーター」の女優リンダ・ハミルトン(今58歳)が出演。ファンは必見。



○「ニード・フォー・スピード」(2014/米=フィリピン=アイルランド=英) ◆70点
◆原題「Need for Speed」 ◆読み:にいーどふぉーすぴーど ◆鑑賞日2015/03/16 ◆レンタルBD ◆発売日2014/11/05
◆凄腕ドライバーのトビーの小さな自動車修理工場が経営難に陥る。そんな折り、ライバルのディーノがマスタングのチューニングの仕事をもってきた
◆出演アーロン・ポール/ドミニク・クーパー/イモージェン・プーツ ◆監督スコット・ワウ
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/others/1256.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=u3wtVI-aJuw

ロードムービー風な復讐公道レースアクション。EAの同名ゲームの映画化。
全キャラ立っているが、ヒロインのキャラがすごい魅力的なのが素晴らしい。
スーパーカーやその音に大興奮。やや中弛みするシーンが数カ所あったのがもったいなかった。



△「レッドファクション 地球防衛軍 VS 火星反乱軍」(2011/米) ◆30点
◆原題「Red Faction : Origins」 ◆読み:れっどふぁくしょんちきゅうぼうえいぐんVSかせいはんらんぐん ◆鑑賞日2015/03/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/05
◆2125年。人が住める火星。地球防衛軍EDFが統治していたが市民は圧政に苦しんでいた。反乱組織が立ち上がり解放し十数年の時が経った
◆出演ブライアン・J・スミス/ダニエル・ニコレット/ロバート・パトリック ◆監督マイケル・ナンキン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201411/dvd06.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=CESsM9ia-rk

民族の和解を描く超B級SF。同名TPSゲームの映像化。TVムービーなのでCMのところで真っ暗になる。
展開が超ダラダラ。人間らが言い争ったり、格闘したりするシーンがほとんどでSF的映像の面白さ無し。
小型機に全く気付かない戦艦など設定に難あり。安室奈美恵に微妙に似ている人など女優陣の容姿はよかった。



△「X−MEN:フューチャー&パスト」(2014/米=英) ◆40点
◆原題「X-Men: Days of Future Past」 ◆読み:えっくすめんふゅーちゃーあんどぱすと ◆鑑賞日2015/03/14 ◆レンタルBD ◆発売日2014/11/05
◆ロボット軍隊がミュータントを殺ろす2023年。その起源のミスティークによる博士暗殺を阻止するためウルヴァリンの精神を1973年に送る
◆出演ヒュー・ジャックマン/ジェニファー・ローレンス/ジェームズ・マカヴォイ ◆監督ブライアン・シンガー
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14353
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pK2zYHWDZKo

過去に戻って今までの人生(前作までの設定)を全てリセットするSFアクション。
ある意味、夢オチだな。漫画だから何でもありになったんだな。
おなじみのキャラの若い時代を誰が演じているかだけの映画だった。



△「オールド・ボーイ」(2013/米) ◆30点
◆原題「Oldboy」 ◆読み:おーるどぼーい ◆鑑賞日2015/03/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/05
◆1993年。泥酔した男は気付くとモーテルのような部屋に閉じ込められる。テレビに妻を殺した犯人と報道される。20年後、突然解放される
◆出演ジョシュ・ブローリン/エリザベス・オルセン/サミュエル・L・ジャクソン ◆監督スパイク・リー
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400001102&DSP_SKHKETSEQ=002
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=WKz_AUF0GcU

2003年韓国映画(愛と復讐の哀愁バイオレンスドラマ)の糞リメイク。テーマの孤独が、かなりないがしろになっていた。
韓国版は主人公もヒロインも(主犯も)長年孤独になっていて、孤独だった二人が必然的に愛し合い救われるのが主題だったんだがな。
トンカチシーンもまじめにやり過ぎて駄目。韓国版とはすごい雲泥の差でした。ヒロイン役の演技の頑張りとおっぱいは良かったけど。



×「オープン・グレイヴ−感染−」(2013/米) ◆10点
◆原題「Open Grave」 ◆読み:おーぷんぐれいう゛かんせん ◆鑑賞日2015/03/08 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2014/11/05
◆大量の死体が無造作に山積みされた穴の中で男が目覚める。女性がロープを投げ入れ助ける。近くにあった家に入ると男女数名が言い争っていた
◆出演シャールト・コプリー/ジョシー・ホー/ジョセフ・モーガン ◆監督ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
◆公式:http://avexnet.jp/artist_detail.php?artist_cd=OPNGR
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=CID6KYVxl6I

記憶喪失サスペンス+ゾンビ。最初の目覚めはキリスト復活っぽい感じ。
その後は記憶喪失に困ってる様子を延々とダラダラやる糞。開かずの扉に意味なし。
中国?の女性が絵で伝えないってのが超理不尽。焼却処理しない能無し政府。等々全編糞。



△「バック・イン・クライム」(2013/仏) ◆30点
◆原題「L'autre vie de Richard Kemp」 ◆読み:ばっくいんくらいむ ◆鑑賞日2015/03/07 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2014/11/05
◆ジョギング中の女性が川辺で死体を発見。死体は両手を縛られ鼓膜が破れていた。刑事は20年前に担当した未解決の連続殺人事件を思い出し捜査する
◆出演ジャン=ユーグ・アングラード/メラニー・ティエリー/フィリップ・ベロド ◆監督ジェルミナル・アルヴァレス
◆公式:http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/A311701
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=MKMQlZH6Kt8

突如、過去に戻った刑事が、トラウマ解消のため迷宮入りした連続殺人犯を探すドラマ。
時間軸をいったりきたりしないので面白くない。妙に冷静な主人公に苦笑。
運命の女性と結ばれる説得力の無いありきたりなオチ。微妙に「ペイチェック」っぽい。



△「MI5:消された機密ファイル」(2011/英) ◆40点
◆原題「Page Eight」 ◆読み:MI5けされたきみつふぁいる ◆鑑賞日2015/03/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆英国機密諜報部のベテラン諜報員の男は、長年の親友でもある上司から機密ファイルを渡される。そんな折り、隣人の女性と知り合いになる
◆出演ビル・ナイ/レイチェル・ワイズ/マイケル・ガンボン ◆監督デビッド・ヘア
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201410/dvd10.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=C1hGHdPVXlE

地味な老人版「007」なドラマ(TV映画)。テーマは「人を信じる」。娘とのシーンは○。
アクションやハイテク機器は一切無しで、セリフも異常に多く辛かった。
恋愛の過程も大味で、オチもすっきりしない。俳優の魅力だけって感じ。



△「エヴァの告白」(2013/米) ◆30点
◆原題「The Immigrant」 ◆読み:えう゛ぁのこくはく ◆鑑賞日2015/03/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/11/05
◆1921年。戦火のポーランドから米へ移住してきた姉妹。妹は結核と診断され島の病院に隔離される。姉も送還されるところを、売春斡旋の男が助ける
◆出演マリオン・コティヤール/ホアキン・フェニックス/ジェレミー・レナー ◆監督ジェームズ・グレイ
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/733
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Yq5Xji4mRLg

普通に見たら移民の女性が男に助けられるノワール風なドラマ。終始地味に展開し辛かった。
見方を変えると、船旅で悪魔となった女が男を魅了し地獄に落とす話になるんだが、それでも地味。
テーマは三途の川も金しだい。金でなんでもできるし、他人や自分が救われもする。



×「ブルージャスミン」(2013/米) ◆10点
◆原題「Blue Jasmine」 ◆読み:ぶるーじゃすみん ◆鑑賞日2015/02/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/24
◆旅客機のファーストクラスで一人喋りまくる女性。大金持ちの夫が犯罪で自殺し破産したため、妹のアパートに居候する
◆出演ケイト・ブランシェット/サリー・ホーキンス/アレック・ボールドウィン ◆監督ウディ・アレン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/bluejasmine/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=tWLtj4LY5CA

自己中心的な女がみんなに嫌われるのをほくそ笑む糞ドラマ。
微妙なコメディ(ブラック?)が入っているが、全く笑えない。
浮気がどうとか、ダラダラセリフを垂れ流す内容が一切無い糞。



△「殺人の啓示〜死を誘う男〜」(2014/米=加) ◆50点
◆原題「The Calling」 ◆読み:さつじんのけいじしをさそうおとこ ◆鑑賞日2015/02/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/08
◆田舎街の女性警部補は酒浸りの毎日を送っていた。ある日、一人暮らしの老女が首を切られ死んでいるのを発見する。老女は末期の癌だった
◆出演スーザン・サランドン/トファー・グレイス/クリスティン・ブース ◆監督ジェイソン・ストーン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80414
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bNxMo9xAy1c

何も残していない人生を送ってきたと思っている者に救いがあるのかを描く再生ドラマ。
お年をめいた名優陣もよかったし、腫瘍の子供の母親など脇役の俳優陣も良かった。
全体の雰囲気も地味だが良かった。ただ、主人公が生きるを選択した理由が、腰痛完治と受け止められるのが残念。



△「スコッターズ 〜不法占拠者〜」(2013/米) ◆50点
◆原題「Squatters」 ◆読み:すこったーずふほうせんきょしゃ ◆鑑賞日2015/02/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/08
◆若い男女はビーチでホームレス生活を送っていた。男は金持ちが家の暗証番号をメイドに喋っているのを聞く。男女は家を突き止め不法侵入するが…
◆出演ガブリエラ・ワイルド/トーマス・デッカー/リチャード・ドレイファス ◆監督マーティン・ワイズ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80403
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_yGBf1818YE

浮浪者の女の子が理想の家族を見つけるシンデレラドラマ。Vシネマ。
全編TVCMやプロモーションビデオな感じのお洒落映像の垂れ流し。
見た後はやや穏やかな余韻が残る。弾道スローモーションとSEXシーンが超残念。



△「ザ・サスペリア 生贄村の惨劇」(2013/米) ◆40点
◆原題「Jug Face」 ◆読み:ざさすぺりあいけにえむらのさんげき ◆鑑賞日2015/02/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/22
◆森の中にある村では地面の穴に住民の生け贄を捧げる風習があった。焼いた壺が次の生け贄の顔になる。兄と性交している娘は自分の顔になった壺を隠す
◆出演ローレン・アシュリー・カーター/ラリー・フェセンデン/ショーン・ブリジャース ◆監督チャド・クロウフォード・キンクル
◆公式:http://chance-in.com/works/tsi.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=WGSvhDcimJg

村八分大好きなおまえら人間社会を風刺したホラーっぽいコメディな感じ。糞B級の一歩手前。
ヨハネの黙示録のラッパとか、キリストの鞭打ちとかを彷彿させるシーンあり。
スプラッタホラーでも魔女ホラーでもなくホラー的に面白くないんだが微妙な味がある。



△「300<スリーハンドレッド> 〜帝国の進撃〜」(2014/米) ◆30点
◆原題「300: Rise of an Empire」 ◆読み:すりーはんどれっどていこくのしんげき ◆鑑賞日2015/02/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/10/22
◆アテナイの将軍テミストクレスは一般人を率い、ギリシアに恨みを持つペルシア王の側近の女性アルテミシアは大艦隊を率いて戦う
◆出演サリバン・ステイプルトン/エヴァ・グリーン/ジャック・オコンネル ◆監督ノーム・ムロ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15781&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2zqy21Z29ps

ペルシア戦争アクション第2弾。今回は海戦。ペルシア王のイメージなど、前作で築いたものを全てぶち壊していた。
ホコリなどが常に宙を舞っている、血しぶきが異常に出るなど3Dをキチガイみたいに意識した演出がうざい。
主人公のカリスマが弱い。一般人が何故か筋肉もりもり。これじゃ敵の女との恋愛メインだった方がマシだったのでは。



○「トカレフ」(2014/米=仏) ◆60点
◆原題「Rage」 ◆読み:とかれふ ◆鑑賞日2015/02/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/10/08
◆裏社会から足を洗い娘と新妻とで幸せに暮らす男。ある日、同級生の男友達と家で留守番をしていた娘が誘拐される。男は昔の仲間と犯人探しをする
◆出演ニコラス・ケイジ/マイケル・マグレイディ/パシャ・D・リチニコフ ◆監督パコ・カベサス
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15653&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=KoREt4C6l3k

因果応報ドラマ。終盤ぐらいまでの奔走劇に内容がなく辛かった。
ロシア人のボスが表情的にもキャラ的にも良く、登場したとたん急にマシになった。
ラストで告解して救われるのが近年よくあるパターンだが、ここだけ凄く良かった。音楽が良い。



△「恐怖ノ黒鉄扉」(2013/西) ◆50点
◆原題「Los inocentes」 ◆読み:きょうふのくろとびら ◆鑑賞日2015/02/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆昔、いじめでボイラー室に閉じ込められ火傷で死亡した少年。現在、若者たちがガソリンスタンドで酒を買い、廃墟のホステルでパーティをするが…
◆出演マリオ・マルゾ/シャルロッテ・ベガ/ディアナ・ゴメス ◆監督カルロス・アロンソなど12名
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1365515
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=uRoKds0Ukv4

若者が次々と殺されるホラー。映像や役者が狙ったような70年代の雰囲気。
おっぱいポロリや、薄着のお姉ちゃんの乳揺れなどのお色気があって良かった。
途中で急にカメラを取り出して10分ぐらいPOVになったのが大きくマイナス点。



△「ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!」(2013/英=米=日) ◆50点
◆原題「The World's End」 ◆読み:わーるずえんどよっぱらいがせかいをすくう ◆鑑賞日2015/02/14 ◆レンタルBD ◆発売日2014/10/08
◆学生時代に友達とハシゴ酒をしたのが人生の頂点だった男は、その時の仲間を誘って、同じようにハシゴ酒をしようと故郷で待ち合わせをするが…
◆出演サイモン・ペッグ/ニック・フロスト/マーティン・フリーマン ◆監督エドガー・ライト
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=25162
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=n__1Y-N5tQk

ロードムービー風SFパクリコメディ。俳優陣の魅力だけって感じ。
「ボディ・スナッチャー」を主軸に、いろいろなSFのパロディ。
パロディやリスペクトつーより他をパクリまくっている糞映画のうちのひとつ。



△「ザ・アブノーマル」(2011/フィリピン) ◆40点
◆原題「The Road」 ◆読み:ざあぶのーまる ◆鑑賞日2015/02/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆新米警官が優秀さを評価され表彰される。一方、姉妹と彼氏の3人は無免許でドライブし脇道に入るが、出口がなくループしていることに気付く
◆出演バービー・フォルテーサ/TJ・トリニダッド/ライアン・ラモス ◆監督ヤム・ララナス
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6372
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ARhkFa5VmcA

3つのお話で構成された、もろアジアなホラー。中盤は少女拉致監禁。終盤は母親からの虐待。
この2つが怖さも薄く、見た目的なショックも弱いため、異常に長く感じられ面白くなかった。
序盤の「サイレントヒル」や「千と千尋の神隠し」のような迷い込んだ感じは良かったけど。



△「ダーク・ハーツ 紅く濡れた裸婦」(2012/米) ◆30点
◆原題「Dark Hearts」 ◆読み:だーくはーつあかくぬれたらふ ◆鑑賞日2015/02/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆若き画家の男は絵が売れず困っていた。ある日、酒場で歌うパンクシンガー風の女に目を奪われ誘う。元恋人や酒場の支配人と一悶着するが…
◆出演カイル・シュミット/ソニア・キンスキー/ジュリエット・ランドー ◆監督ルドルフ・ブテンダッハ
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-401452/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=RUVM48D775A

血液で絵を描くことに取り憑かれるダラダラなドラマ。ヒロインはリリスっぽい。
兄弟愛あるが中途半端。おしゃれな構図を意識しすぎる駄目映画の典型。
漫画みたいな絵画が売れるとか、なんの風刺だよ。画廊の女性の目つきが良い。



△「肉」(2013/米=仏) ◆40点
◆原題「We Are What We Are」 ◆読み:にく ◆鑑賞日2015/02/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆絶食で「先祖が神に救われた日」を待つ家族。手が震え頭痛がする母親が買い物帰りに転倒し頭を打ち死ぬ。父親と娘2人と幼い息子は絶食を続ける
◆出演アンビル・チルダーズ/ジュリア・ガーナー/ビル・セイジ ◆監督ジム・ミックル
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_303.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kPG9kZmEwcs

父親からの抑圧から逃れたいと願う子供達を描く人肉喰いホラー。
父親が発覚を恐れているのか、神の啓示を遂行しているのか中途半端。
終始モダンホラー風で眠い。ラストのグールオチで雰囲気が急変したのだけマシ。



△「誰でもない女」(2012/独=ノルウェー) ◆30点
◆原題「Zwei Leben」 ◆読み:だれでもないおんな ◆鑑賞日2015/02/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆1990年、ベルリンの壁が崩壊。第二次世界大戦中にドイツ兵の子を出産した女性を迫害したノルウェー政府に対し訴訟を起こそうと弁護士が訪れる
◆出演ユリアーネ・ケーラー/リブ・ウルマン/スヴェーン・ノルデイン ◆監督ゲオルク・マース
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/zweileben.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=W9lzGwTWlDg

実の娘と偽って母を騙し続けていた自己中心な女を描くドラマ。
最後に母に偉そうなセリフを吐く女。そいつに対する罰がないのが難点。
孤児とか養子とかならば女に共感できるのかも。全編内容が無くかなり辛い。



△「プリズナーズ」(2013/米) ◆50点
◆原題「Prisoners」 ◆読み:ぷりずなーず ◆鑑賞日2015/02/08 ◆レンタルBD ◆発売日2014/10/02
◆感謝祭の日に集まった2組の家族。幼い娘2人の姿が忽然と消えてしまう。近所に一時停車していたキャンピングカーの男が逮捕されるが…
◆出演ヒュー・ジャックマン/ジェイク・ギレンホール/ポール・ダノ ◆監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400000822&DSP_SKHKETSEQ=003
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bpXfcTF6iVk

愛する娘のために罪を犯す父親と、優秀な刑事が、事件解決の早さを競うドラマ。
父親やその家族と、刑事の心の繋がりが一切ないので、物語の重みが薄い。
父親の罪を、あたかも神が容認しているような印象を観客に与え同調させていました。



△「カニバル」(2013/西=ルーマニア=露=仏) ◆40点
◆原題「Canibal」 ◆読み:かにばる ◆鑑賞日2015/02/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/02
◆車を逆走し、急ハンドルで相手の車が横転。大けがの助手席の女性を山小屋に運び解体し、街に戻って冷蔵庫に入れる仕立て屋の男
◆出演アントニオ・デ・ラ・トレ/オリンピア・メリンテ/マリア・アルフォンサ・ロッソ ◆監督マヌエル・マルティン・クエンカ
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400000784&DSP_SKHKETSEQ=001
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=NGZf7EMtZAM

人を殺し、女性だけを捌いて喰う紳士的な風貌の殺人鬼の恋愛ドラマ。
内面の変化が乏しい、気取った文芸風なヴァンパイア映画っぽい感じ。
愛する人は殺せないと悩み、最後には孤独になる凄く普通の内容なので面白くない。



△「パラサイト・クリーチャーズ」(2013/オーストリア) ◆30点
◆原題「Blutgletscher (The station)」 ◆読み:ぱらさいとくりーちゃーず ◆鑑賞日2015/02/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆山小屋で地球温暖化の調査をしている科学者の男女と管理人の男は、氷山の一角が赤く染まっているのを発見。調べると未知の生命体だった
◆出演ゲアハート・リーブマン/エディタ・マロヴチッチ/ピーター・クナーク ◆監督マーヴィン・クレン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2369?prev=search&keyword=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%BA
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=Uho-yr-3EPU

クトゥルフものB級ホラー。クリーチャははく製ぬいぐるみみたいな、すごい残念なレベル。
外に出るなと言ってるのに出まくるや、薄着の女が唐突にでてくるなど、展開に難あり。
登場人物がいがみ合うのも拙速すぎる。ただ、ラストのダミアン誕生みたいなのは良かった。



○「ミック・テイラー 史上最強の追跡者」(2013/オーストラリア) ◆80点
◆原題「Wolf Creek 2」 ◆読み:みっくていらーしじょうさいきょうのついせきしゃ ◆鑑賞日2015/02/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/10/03
◆オーストラリア。スピード違反取り締まりの警官に因縁をつけられた男はその警官を殺す。一方、ドイツ人の男女はヒッチハイクで各地を観光していた
◆出演ジョン・ジャラット/ライアン・コール/シャノン・アシュリン ◆監督グレッグ・マクリーン
◆公式:http://shop.toei-video.co.jp/products/detail.php?product_id=15253
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=s4bqeT5edbs

田舎の普通の外人おっさんが殺人鬼のホラー「ウルフクリーク」の続編。
広大な大地を舞台に逃げ回るってのが、ロードムービーな意味合いもありユニーク。
クイズシーンもいいし、ラストのオバケ屋敷な感じもいい。オーストラリアまじ怖い。



△「ニューヨーク 冬物語」(2014/米) ◆30点
◆原題「Winter's Tale」 ◆読み:にゅーよーくふゆものがたり ◆鑑賞日2015/02/01 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2014/08/02
◆赤子の時に船の模型に入れられ、両親に海に捨てられた男は、街を牛耳るボスに追いかけられる。逃げる途中、盗みに入った家の娘に一目惚れ
◆出演コリン・ファレル/ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/ラッセル・クロウ ◆監督
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15610
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=DBSj1MKwx6A

人は愛する者から救われるのを待つために輪廻転生をしていると言うメルヘンチックな恋愛ドラマ。
「コンスタンティン」みたいな天使と悪魔が人間に介入していて、更にペガサスなどのギリシア神話を混ぜた世界観。
ルシファー役がウィル・スミスで苦笑。オリオン座とか出てくるから海に捨てられた主人公はポセイドンの子供っぽい。



△「ウソ発見器 −YES or NO 生死を賭けた選択−」(2013/英) ◆30点
◆原題「Shame the Devil」 ◆読み:うそはっけんきいえすのーせいしをかけたせんたく ◆鑑賞日2015/02/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/12
◆嘘発見器とショットガンを組み込んだ椅子に縛られているスーパーの店長は、嘘をついてしまい射殺される。中年の刑事が捜査を開始するが…
◆出演サイモン・フィリップス/ジュリエット・ベネット/ピーター・ウッドワード ◆監督ポール・タンター
◆公式:http://www.imdb.com/title/tt1753967/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=LN-UOZeCap4

B級犯人捜しサスペンス。序盤だけ「ソウ」みたいな感じ。その後はセリフだらけで超ダラダラな刑事物語。
既に見た映像のフラッシュバックを多用する糞。なぜ子供を堕ろしたのか、肝心な理由を言ってなかった気がする。
他国で不法侵入し銃で人を殺して逮捕されないなど、根本的な設定が難点だらけ。



△「ノア 約束の舟」(2014/米) ◆50点
◆原題「Noah」 ◆読み:のあやくそくのふね ◆鑑賞日2015/01/31 ◆レンタルBD ◆発売日2014/09/17
◆アダムとイヴの子孫のノアは神のお告げで水没で人類絶滅の夢を見る。動物たちを助けるため、我が子や天使たちと協力して巨大な船を造る
◆出演ラッセル・クロウ/レイ・ウィンストン/エマ・ワトソン ◆監督ダーレン・アロノフスキー
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9126
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=6qmj5mhDwJQ

罪深き男ひとりを救うための洪水ドラマ。七つの大罪あり。全知全能の神が、人が何をするかも全てお見通しに決まってるだろ。
何が「神は人を試している」だよ馬鹿か。勝手に決めつけるな。人の分際で思い上がるのもいい加減にしろ。
人のために動物を犠牲にする神って結局、人と同じだろ。洪水じゃ魚類は絶滅しないけどな。うっかりさん。



○「ロードキラー デッド・スピード」(2014/米) ◆60点
◆原題「Joy Ride 3」 ◆読み:ろーどきらーでっどすぴーど ◆鑑賞日2015/01/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/17
◆カナダのカーレース大会に参加するチームとレースクイーンは急ぐため、人が消えるとの噂の近道を車で走る。途中、トラックを面白半分で煽る
◆出演ジェシー・ハッチ/ケン・カージンガー/カーステン・プラウト ◆監督デクラン・オブライエン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14182
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=e25BD1SNyy4

トラック殺人野郎に襲われるホラー「ロード・キラー 」の正統第3弾。スプラッタあり。
車が急に割り込んできたら超むかついて、後ろから煽りまくったりする人間の性。
クレーンゲームみたいな巨大な機械が良かった。人物をどこかに行かせるのが説明的で残念。



△「ウルフ・オブ・ウォールストリート」(2013/米) ◆50点
◆原題「The Wolf of Wall Street」 ◆読み:うるふおぶうぉーるすとりーと ◆鑑賞日2015/01/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/05/28
◆ウォール街の証券会社に就職した青年は電話営業から証券ブローカーになった日にブラック・マンデーで失業。未上場株売買の田舎証券会社に再就職する
◆出演レオナルド・ディカプリオ/ジョナ・ヒル/マーゴット・ロビー ◆監督マーティン・スコセッシ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8868
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=iszwuX1AK6A

ローマ帝国の繁栄と衰退みたいな感じで、成功した証券マンを描く半コメディのドラマ。
何でも成功するバブル状態の絶頂感を伝えるのに失敗。もうだめだ死のう状態もなし。
上映時間が糞長い。ディカプリオの映画ってどれも同じような中途半端なノリだな。



△「そのネズミ、凶暴につき」(2013/加) ◆30点
◆原題「Torment」 ◆読み:そのねずみきょうぼうにつき ◆鑑賞日2015/01/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/05
◆母親を亡くした幼い男の子と父親は、新しい恋人とともに別荘を訪れる。誰かが住んでいた形跡があり、保安官を呼ぶが何もしてくれない
◆出演ロビン・ダン/キャサリン・イザベル/ピーター・ダクーニャ ◆監督ジョーダン・バーカー
◆公式:http://www.amumo.jp/movie/sononezumi.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=UAA5ztlyzuA

本当に家族を愛しているかを自問する、3人家族VS覆面の3人家族ホラー。
自分自身に襲われていることにしておけば良かったんだが、途中から違う方向へ。
犯人達の顔を公開し全てが台無しに。残虐シーンやスプラッタほぼ無しで面白みも薄い。



△「エイリアン・インフェクション」(2013/加=英) ◆40点
◆原題「Stranded」 ◆読み:えいりあんふぃくしょん ◆鑑賞日2015/01/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/10
◆月面の鉱石採掘場に隕石群が落ち、施設が破壊される。従事する男女4人は、修復作業中に隕石を発見、調べると謎の菌が存在していた
◆出演クリスチャン・スレーター/エイミー・マティシオ/マイケル・テリュー ◆監督ロジャー・クリスチャン
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9037
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HQaEb6gaoHI

人類を滅ぼす神が誕生するB級ドッペルゲンガーSF。最初から糞B級の雰囲気ありあり。
展開は「サンシャイン2057」「エイリアン」「ボディ・スナッチャー」などのごった煮。
スレーター以外の役者がまあまあで、定番の受胎やカウントダウンなどもあり、B級にしては楽しめた。



×「昔々、アナトリアで」(2011/トルコ=ボスニアヘルツェゴビナ) ◆10点
◆原題「Bir zamanlar Anadolu'da」 ◆読み:むかしむかしあなとりあで ◆鑑賞日2015/01/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/05
◆人気の無い湧き水のある場所に、殺人容疑者を連れ、遺棄された死体の捜索にやってきた警察官、検察官、検死医、発掘作業員たち
◆出演ムハンメト・ウズンエル/ユルマズ・エルドアン/タネル・ビルセル ◆監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/birzamanlaranadoluda.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7V8R9LngPV8

七つの大罪がテーマのドラマ。照明でクッキリしたミニチュアみたいな背景が特徴。
登場人物がいろいろ話しながら車で移動するシーンが延々と続くだけで辛い。
「自殺するのは誰かに罰を与えるためだ」ってセリフだけが良かった。上映時間長い。



○「リーガル・マインド 〜裏切りの法廷〜」(2013/米) ◆60点
◆原題「The Trials of Cate McCall」 ◆読み:りーがるまいんどうらぎりのほうてい ◆鑑賞日2015/01/18 ◆レンタルBD ◆発売日2014/09/03
◆アルコール依存症の女性弁護士は、娘の養育権を取り戻すため、酒をやめ、殺人事件で冤罪と訴える再審の国選弁護を引き受け株を上げようとする
◆出演ケイト・ベッキンセール/ニック・ノルティ/アヴァ・コルカー ◆監督カレン・モンクリーフ
◆公式:http://avexnet.jp/artist_detail.php?artist_cd=REGMD
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8ABTpHvw670

前半全てが、警察と検察をやっつける風な、どうでもいい法廷ドラマでやや辛い。
馬鹿のヒロインが騙されているって気付く後半からの人生観が損得を考えるなと言っていて良かった。
憎しみの塊ってセリフが心に突き刺さる。ケイト・ベッキンセールって相変わらず美人だな。



△「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014/米) ◆50点
◆原題「Captain America: The Winter Soldier」 ◆読み:きゃぷてんあめりかういんたーそるじゃー ◆鑑賞日2015/01/17 ◆レンタルBD ◆発売日2014/09/03
◆ある船がテロに乗っ取られ人質を救出するが、仲間の女性が船のコンピュータからデータを盗むのを目撃する。その後、シールドの長官が殺される
◆出演クリス・エヴァンス/スカーレット・ヨハンソン/ロバート・レッドフォード ◆監督アンソニー・ルッソ/ジョー・ルッソ
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/marvel/1254.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=7SlILk2WMTI

ヒーローアクション第2弾。敵キャラ(メタルギアの雷電っぽい)が良い。
前作よりも随分マシになったが、母国を守るって要素が欠けているけどいいのか?。
基本、多数の映画のパクリ寄せ集め。近頃の映画人は映画やアニメしか見ない人だらけなんだろうね。



△「汚れなき祈り」(2012/ルーマニア=仏=ベルギー) ◆50点
◆原題「Dupa dealuri/Beyond the Hills」 ◆読み:よごれなきいのり ◆鑑賞日2015/01/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/05
◆幼少時代を同じ孤児院で過ごした二人の女性。ヴォイキツァは修道院に入り長らく離ればなれになる。アリーナは修道院を訪ねるが…
◆出演コスミナ・ストラタン/クリスティナ・フルトゥル/ヴァレリウ・アンドリウツァ ◆監督クリスティアン・ムンジウ
◆公式:http://www.magichour.co.jp/kegarenaki/intro-story.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=cL_5U73udXM

汚れきった世の中を嘆くエクソシスト要素がちょっとあるドラマ。
悪魔がついているとされた女性はキリスト、修道院がおまえら人間共と言うベタな内容。
七つの大罪あり。映像や展開が古くさく、構図も下手くそなのが残念。



△「キャプテンハーロック」(2013/日) ◆40点
◆原題「Space Pirate Captain Harlock」 ◆読み:きゃぷてんはーろっく ◆鑑賞日2015/01/17 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/21
◆地球居住権を巡る戦争で地球は聖域となる。100年後、ハーロックをスパイするためガイア政府高官の弟はアルカディア号に乗組として潜入する
◆出演小栗旬/三浦春馬/蒼井優/古田新太/福田彩乃/森川智之 ◆監督荒牧伸志
◆公式:http://harlock-movie.com/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=FAch4diQRgY

この世は全て幻であり、無間地獄でもあると言うSF−CGアニメ。原作をおとしめる糞。
建造物などのCGが良かった以外は、シナリオやアクション、テンポなど、ほぼ糞まみれ。
ハーロック含む全ての人物の顔や動作が、どこかのタレントにそっくりで反吐が出る。



△「ザ・マシーン」(2013/英) ◆50点
◆原題「The Machine」 ◆読み:ざましーん ◆鑑賞日2015/01/11 ◆レンタルBD ◆発売日2014/09/03
◆近未来。英国は戦闘アンドロイドを開発していた。そこでは第一人者の男が脳の病気の娘を助けるため、脳が負傷した兵士を再生させる研究をしていた
◆出演ケイティ・ロッツ/トビー・スティーヴンス/プーネ・ハジモアンマディ ◆監督カラドッグ・W・ジェームズ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15486
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=e9oa93BrNuw

アダムとイヴの間に生まれたのは紛れもない人であることを描くB級SFアクション。難解系。
人とアンドロイドに違いがあるのかを問い、人とは何かを考えるSF定番のテーマが懐かしい。
透明板にタッチするよくあるコンピュータ操作以外は映像的な見所なし。銃乱射など大味な部分あり。



×「モンスター・オブ・レジェンド」(2013/米=加) ◆20点
◆原題「Scarecrow」 ◆読み:もんすたーおぶれじぇんど ◆鑑賞日2015/01/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/03
◆街はかかし祭りの準備中。教師は生徒数人をバスに乗せ、去年の祭り会場のトウモロコシ畑にやってきた。更生のため、かかしを回収する仕事を命じるが…
◆出演レイシー・シャベール/ロビン・ダン/ニコール・ムニョス ◆監督シェルドン・ウィルソン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201409/dvd07.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=3tKUal_UmaU

樹木系のCG生物に襲われるダラダラ糞B級ホラー。黒髪の清楚っぽい女の子の容姿だけが取り柄。
トウモロコシ畑は序盤だけで意味なし。先人がどうやって封印したのかを完全に放棄していて意味なし。
仲間が突然出てくる手法を多用。火でも水でも死なないのに船の爆破で終了って、これ考えた奴は馬鹿。



×「ワールド・フォー・スピード」(2013/米) ◆10点
◆原題「Channeling」 ◆読み:わーるどふぉーすぴーど ◆鑑賞日2015/01/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/03
◆アイキャスト社が開発した超小型カメラ内蔵コンタクトレンズでライブ中継をする若者たち。盗難車で公道レース中継をする弟が何者かに襲われ死ぬ
◆出演テイラー・ハンドリー/ケイト・フレンチ/スカイラー・デイ ◆監督ドリュー・トーマス
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6250
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=PG4D98_1Arg

ユーザー生放送中に殺された弟の敵をうつ半POVの糞。その兄弟愛がかなりおろそか。
カーアクションは序盤のつかみだけで、後はダラダラ支離滅裂なドラマを展開する糞。恋愛も台本なのか不明瞭。
ただ、生放送やツイッター、LINE、2chなどをやるのが、どれだけ無駄なことなのかがよくわかる。



○「ハード・パニッシャー」(2013/英) ◆60点
◆原題「Vendetta」 ◆読み:はーどぱにっしゃー ◆鑑賞日2015/01/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/03
◆イギリス軍人の男はアフガニスタンから帰国し両親を殺した犯人を捜す。父がある女性を助けたために、チンピラが家を襲撃し母と共に殺された
◆出演ダニー・ダイア/ヴィンセント・リーガン/ジョセフ・アルティン ◆監督スティーヴン・レイノルズ
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-401345/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=J9X0pEsJshU

街のチンピラに両親を殺された男が復讐するよくあるアクション。パニッシャー系ではまあまあの出来。
チンピラ共のボスが一番最初に死ぬってのが新しいが、そのせいでその後が微妙に。しかも炎で殺さないし。
奥さんとの関係や、幼なじみの警官の上司に対する態度が良かった。エンドロールで続編を匂わすのも悪くない。



◎「エアフォース・ワン」(1997/米) ◆90点
◆原題「Air Force One」 ◆読み:えあふぉーすわん ◆鑑賞日2015/01/04 ◆LD ◆発売日1998/05/29
◆アメリカ大統領はモスクワでテロには決して屈しないことを宣言。帰りの大統領専用機が大統領警護官の手引きでテロリストにハイジャックされる
◆出演ハリソン・フォード/ゲイリー・オールドマン/グレン・クローズ ◆監督ウォルフガング・ペーターゼン
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/others/0275.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jPYnVOIfNiU

空中閉鎖空間サスペンスアクション。今見ても馬鹿っぽくてすげえ面白かった。
前半はもろ「ダイハード」なんだが、主人公が大統領ってトンでも設定に脱帽。
強いて欠点をあげるなら、最初の名前の文字だけのシーンが長いってぐらい。



△「ディファイアンス」(2008/米) ◆50点
◆原題「Defiance」 ◆読み:でぃふぁいあんす ◆鑑賞日2015/01/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/09/02
◆第二次世界大戦。ナチスに村を襲われ両親を殺されたユダヤ人の3人兄弟は逃げる。森に身を隠していると、逃げてきた人々が次々と合流する
◆出演ダニエル・クレイグ/リーヴ・シュレイバー/ジェイミー・ベル ◆監督エドワード・ズウィック
◆公式:http://tohotowa.co.jp/bru-raydvd/index2.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=n-9eUXSzZNk

ナチスから逃れるユダヤ人たちを描く反戦ロードムービー。
モーセが大勢を引き連れて旅をする感じ。人間模様はギリシア神話っぽい。
ナチスもユダヤも結局は人間で「同じ穴の狢」だと言っていました。



△「エイリアン・ライジング」(2007/米) ◆40点
◆原題「Unearthed」 ◆読み:えいりあんらいじんぐ ◆鑑賞日2015/01/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/08/02
◆タンクトレーラーが飛び出してきた何かを避けようとして事故って炎上。車を走らせていた若者らは、ガソリンが無いスタンドで立ち往生するハメになるが…
◆出演エマニュエル・ヴォージア/ルーク・ゴス/トナンツィン・カルメロ ◆監督マシュー・レウティラー
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/08/IA08-0496/IA08-0496.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=8fGYPYYDIJI

荒野の田舎で数人が怪物に襲われるB級ホラー。怪物のデザインはギーガーのエイリアン+カマキリな感じ。
序盤の雰囲気や登場間際のキャラ(特に女性陣)は良かったんだが、途中からその雰囲気が無くなってグダグダで終了。
もろCGの怪物の姿が判明してから急に糞になった。内蔵やら頭が割れている死体のSFXは良かったよ。



○「ウォー・ゲーム」(1983/米) ◆70点
◆原題「WarGames」 ◆読み:うぉーげーむ ◆鑑賞日2015/01/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2002/12/09
◆コンピュータ好きの高校生は盗んだパスワードで落第を無効にする。ある日、新作ゲームを盗むため、その会社のネット接続を探しまくるが…
◆出演マシュー・ブロデリック/アリー・シーディ/ジョン・ウッド ◆監督ジョン・バダム
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13277
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=hbqMuvnx5MU

核戦争は無益で、核の保有すら笑える事だと訴えるアクション・サスペンス。
逃避行や密室からの脱出など、テンポや展開的にお手本となる作品。
今見てもかなり楽しめるんだが、電話BOXやドアの暗証番号などつっこみ所もある。



△「サバイバー」(2014/米) ◆50点
◆原題「Survivor」 ◆読み:さばいばー ◆鑑賞日2014/12/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/09/03
◆2067年。汚染された地球を離れ住める惑星を探す人類。ある星からの信号を受信。ワープするが失敗し宇宙船が大破。その星に破片が散らばる
◆出演ダニエル・チャクラン/ケビン・ソーボ/ロッキー・マイヤーズ ◆監督ジョン・ライド
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201410/dvd04.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=bKx9ZoGiaG4

B級SFアクションロードムービー。ただ走るだけで内容は薄いが、ロケ地が美しい。
展開は「アフター・アース」や「パンドラム」などを足したパクリ。
「エルフ物語」でもそうだったが主演のお姉ちゃんがいい感じ。監督も「エルフ物語」から進歩していた。



△「グランドピアノ 〜狙われた黒鍵〜」(2013/西) ◆40点
◆原題「Grand Piano」 ◆読み:ぐらんどぴあのねらわれたこっけん ◆鑑賞日2014/12/28 ◆レンタルBD ◆発売日2014/09/02
◆5年前に弾き間違えトラウマとなったピアニストは、恩師の追悼コンサートで復帰。演奏中の楽譜に「1音でも間違えたらお前を殺す」と書かれていた
◆出演イライジャ・ウッド/ジョン・キューザック/ケリー・ビシェ ◆監督エウヘニオ・ミラ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0139
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=nEoM7bM7KVw

劇中の演奏がBGMになっているのが最大の特徴で長所のサスペンス。
途中までまあまあだったが、終盤、急にアクションに切り替わって糞になった。
トラウマ解消も微妙。ピアノを壊して宝を取り出したら駄目なのかなど設定も微妙。



○「アメイジング・スパイダーマン2」(2014/米) ◆60点
◆原題「The Amazing Spider-Man 2」 ◆読み:あめいじんぐすぱいだーまん2 ◆鑑賞日2014/12/27 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/22
◆スパイダーマンとして平和を片手間に守る男は恋人の父との約束のため距離を置いていた。そんな折り、オズコープ社で働く電気技師が感電する
◆出演アンドリュー・ガーフィールド/デイン・デハーン/ジェイミー・フォックス ◆監督マーク・ウェブ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80400
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=nbp3Ra3Yp74

ヒーローアクション第2弾。主役とヒロインの俳優自体に魅力が皆無で、2人のシーンになるたびに腰が折れイライラ。
それでも前作よりも格段に良くなったんだが、その理由が皮肉にも「最大の苦痛のひとつがラストで解消する」ことにある。
2人以外のキャラやアクションは結構よかった。所々チャラいコメディがあるんだが、いっそのこと全部コメディにすればいいんじゃね?



△「ローン・サバイバー」(2013/米) ◆30点
◆原題「Lone Survivor」 ◆読み:ろーんさばいばー ◆鑑賞日2014/12/27 ◆レンタルBD ◆発売日2014/09/02
◆米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの4人が、タリバン指導者のひとりを暗殺するためアフガニスタンの山に赴く。偵察中に山羊飼いに遭遇する
◆出演マーク・ウォールバーグ/エミール・ハーシュ/ベン・フォスター ◆監督ピーター・バーグ
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400000661&DSP_SKHKETSEQ=001
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=yoLFk4JK_RM

米軍の馬鹿さを称える対タリバンアクション。敵地で人に出会ったらどうするか予め教えとけ。
ヘリや徒歩で移動するシーンと、バンバン撃ち合うシーンと、ごろごろ転がるシーンだけの糞。
いたいけな子供を使ってのプロパガンダが一番鼻につく。募金などで子供を利用して宣伝している手法と同じ。



△「シャドウハンター」(2013/米=独=加) ◆30点
◆原題「The Mortal Instruments: City of Bones」 ◆読み:しゃどうはんたー ◆鑑賞日2014/12/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/20
◆母と二人で平穏な生活を送ってきた少女は、無意識に謎のマークを書くようになる。そんな折、家が荒らされ母が消え、謎の生物になった犬と戦う
◆出演リリー・コリンズ/ジェイミー・キャンベル・バウアー/ロバート・シーハン ◆監督ハラルド・ズワルト
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15483&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=hc4CiTvQ-YE

女性向け恋愛青春アクション。イケメン若手俳優陣の魅力だけが特徴。
ヴァンパイア、狼男、「物体X」風クトゥルフ生物が登場しとりとめ無し。
イケメンにひたすら同行する若い女を描くだけの面白くない話で、かなり辛かった。



△「変態小説家」(2012/英) ◆50点
◆原題「A Fantastic Fear of Everything」 ◆読み:へんたいしょうせつか ◆鑑賞日2014/12/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/08
◆破産寸前の小説家は犯罪者を研究するうちに恐くなり外に出られなくなっていた。出資者に会うためコインランドリーで服を洗濯しようとするが…
◆出演サイモン・ペッグ/アラン・ドレイク/クレア・ヒギンズ ◆監督クリスピアン・ミルズ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1291432
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kk85_E4XUPM

トラウマを受けたところに行って、トラウマを克服するコメディ。クリスマス映画。
人生終わりな妄想のホラー風サスペンス後に、ハートフルなクレイアニメと無理矢理ハッピーエンドに。
「ショーン・オブ・ザ・デッド」などのサイモン・ペッグ主演。彼のファン向けだな。



△「リディック:ギャラクシー・バトル」(2013/米=英) ◆40点
◆原題「Riddick」 ◆読み:りでぃっくぎゃらくしーばとる ◆鑑賞日2014/12/20 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/08
◆ネクロモンガーの王となったリディックは、家臣に騙され、とある無人の星に置き去りにされてしまう。星から脱出するための方法を探るが…
◆出演ヴィン・ディーゼル/ジョルディ・モリャ/ケイティ・サッコフ ◆監督デヴィッド・トゥーヒー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1289553
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=zH3O-CeZckE

クールな犯罪者の生き様を描くSFアクション第3弾。リディックのキャラが丸くなり何か違う感じ。
わらわら生物が出てきて1作目「ピッチ・ブラック」に近い感じだが、ストーリーの面白さ皆無。
相棒がかなりいい感じだが、死んでから展開の期待値が激減。リディックが深手を負うのも解せない。



△「アンノウン・コール」(2013/米) ◆40点
◆原題「Unknown Caller」 ◆読み:あんのうんこーる ◆鑑賞日2014/12/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/08
◆環境破壊が懸念される法案を進める男は妻と娘と別居していた。豪邸に最新のセキュリティシステムを導入した日に、爆弾を仕掛けたと電話がかかる
◆出演デイヴィッド・チザム/ルイーズ・グリフィス/アサフ・コーエン ◆監督アマリヤ・オルソン/オービン・オルソン
◆公式:http://shop.epcott.co.jp/i-shop/product.asp?cm_id=300364
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pao0rYs97Ek

「七つの大罪」がテーマのサスペンス。B級じゃない雰囲気。終盤の展開が少しなげやり。
自分の家(=ありきたり告解室)が舞台。家の内装のデザインが良かった。
外に出たら死ぬ設定の説得力や緊迫感にかなり欠ける。犯人の正体で拍子抜け。



◎「ファイティング・タイガー」(2013/米=中=香) ◆90点
◆原題「Man of Tai Chi(太極侠)」 ◆読み:ふぁいてぃんぐたいがー ◆鑑賞日2014/12/13 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2014/08/06
◆600年の歴史ある寺で太極拳を学ぶ青年は、老朽化した寺を再開発の魔の手から守るため、闇の格闘試合に出場し金を稼ぐことを決意する
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=23422
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=HIKQCZDYfEI
◆出演タイガー・チェン/キアヌ・リーブス/カレン・モク ◆監督キアヌ・リーブス

陰陽の思想から人生を学ぶ異種格闘アクション。監督はキアヌ・リーブス。
キアヌとの最強対決は自分自身との戦いで、内にある悪との調和を表現していて良かった。
悟った時は「無」より「空」の方がしっくりくる。ワイヤーアクションがあからさますぎ。



×「メトロ42」(2013/露) ◆20点
◆原題「Metro」 ◆読み:めとろ42 ◆鑑賞日2014/12/13 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/06
◆地下鉄の壁から水が漏れていることを点検員が発見し報告するが無視される。一方、妻が浮気をしていると知っている医者の男は娘と電車で学校に向かう
◆出演セルゲイ・プスケパリス/アナトリー・ビェリー/スヴェトラーナ・コドチェンコワ ◆監督アントン・メゲルディチェフ
◆公式:http://metro42.jp/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OKh17zFt8-E

地下鉄が水没する七つの大罪ディザスター。「ポセイドン・アドベンチャー」を糞まみれにした感じ。
ロシア映画特有のつまらない笑いが、細切れでそこかしこに挿入されていてイライラ。
どうでもいい糞の金髪女優が出てくるたびにイライラ。尺が長く全体がダラダラでイライラ。



△「キリングゲーム」(2013/米=ベルギー=ブルガリア) ◆50点
◆原題「Killing Season」 ◆読み:きりんぐげーむ ◆鑑賞日2014/12/13 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/06
◆ボスニア紛争で地獄を見た元アメリカ軍人の初老の男は、人里離れた山小屋で独りで暮らしていた。一方、セルビア人の男は初老の男を捜し当てる
◆出演ロバート・デ・ニーロ/ジョン・トラボルタ/エリザベス・オリン ◆監督マーク・スティーヴン・ジョンソン
◆公式:https://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?__z=2.1.1&_ACTION[search_detail]=1&cont_id=3341
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=_yseYEtQoJQ

反戦アクションドラマ。長年苦しんだ二人が告解で救われる定番のテーマ。
父親の言うことは何もかも正しいってのは伝わった。殺せるのに殺さない生煮え状態多し。
トラボルタのオーラが無くなり、雰囲気ががらりと変わっていたのには驚いた。



△「凍える夜に、盲目の殺し屋トポ」(2013/米) ◆40点
◆原題「Cold Comes the Night」 ◆読み:こごえるよるにもうもくのころしやとぽ ◆鑑賞日2014/12/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/06
◆夫を亡くし幼い娘がいる女性は売春モーテルで住み込みで働いていた。役所は、このまま劣悪な環境だと娘を強制的に養子に出すことになると言うが…
◆出演アリス・イヴ/ブライアン・クランストン/ローガン・マーシャル=グリーン ◆監督ジー・チュン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80330
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=G3mPQnO7-HI

金さえあれば今の生活苦から抜け出せることを描くドラマ。たぶんクリスマス映画。
主役は、歳をとって弱視になった殺し屋じゃなく、子持ちの若い母親だった。
「プロメテウス」に出演していたハンサム男優ローガンさんを、別作品で初めて見た。



△「エージェント:ライアン」(2014/米=露) ◆30点
◆原題「Jack Ryan: Shadow Recruit」 ◆読み:えーじぇんとらいあん ◆鑑賞日2014/12/07 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/06
◆アフガニスタンの戦場から帰還しリハビリ中のライアンは医学生と恋に落ちる。そんな折り、CIAにスカウトされ、不審な経済活動を監視する
◆出演クリス・パイン/キーラ・ナイトレイ/ケネス・ブラナー ◆監督ケネス・ブラナー
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=9262
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=K9KAnx4EvaE

テロ阻止アクション。他の「ジャック・ライアン」シリーズと比べるとかなりの糞。
彼女が浮気を疑うシーンと、テロ阻止シーンが交互にあり、彼女が出てくる度にイライラ。
9・11テロの直前に株式の売りが実際に増えたんだけど、そのまんまの話でシナリオ的にも面白くない。



△「俺たちスーパーマジシャン」(2012/米) ◆50点
◆原題「The Incredible Burt Wonderstone」 ◆読み:おれたちすーぱーまじしゃん ◆鑑賞日2014/12/07 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/06
◆いじめられっこの男の子は誕生日に手品セットをプレゼントされる。学校で披露すると友達ができて、一緒にアイディアを出し合う。30年後…
◆出演スティーヴ・カレル/スティーヴ・ブシェミ/オリヴィア・ワイルド ◆監督ドン・スカーディノ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15232&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=kn1wR1V9dqs

友情や先人を尊ぶ等のハートフルをちりばめた、ありがちコメディ。
下ネタほぼなし。笑えるところも少ない。ジム・キャリーがおとなしすぎる。
おまえら観客共は全員騙されている馬鹿って終わり方は良かったけど。



○「ラッシュ/プライドと友情」(2013/英=独) ◆80点
◆原題「Rush」 ◆読み:らっしゅぷらいどとゆうじょう ◆鑑賞日2014/12/06 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/04
◆1970年。F3で二人のレーサーが競いF1を目指していた。イギリス出身でプレイボーイのハントと、オーストリア出身で裕福な親元を離れたニキ
◆出演クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/アレクサンドラ・マリア・ラーラ ◆監督ロン・ハワード
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/rush/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=dA3XN54J8nY

好敵手と出会いお互い切磋琢磨して人生を歩むF1ロードムービー。
主人公二人が人間的にかなりカッコイイ。妻への愛など泣けるシーンも多数。
ラストの飛行場シーンをエンドロール中に流せばよかったのに。



△「ラグナロク オーディン神話伝説」(2013/ノルウェー) ◆30点
◆原題「Ragnarok」 ◆読み:らぐなろくおーでぃんしんわでんせつ ◆鑑賞日2014/12/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆二人の子供をもち、妻に先立たれた考古学者の男は、バイキング船を研究していた。ある日、助手がルーン文字が刻まれた大きな石を発見する
◆出演ポール・スヴェーレ・ヴァルハイム・ハーゲン/ニコライ・クレーヴェ・ブロック/ソフィア・ヘリン ◆監督ミケル・ブレネ・サンデモーセ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201408/dvd08.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=U2sBa6-hEHo

子供向け怪物ホラー。大部分がダラダラ探索するだけ。巨大生物に終盤になってやっと襲われる。
助手や子供が何かを発見し、肝心の主人公の父親が無能。父親の威厳も糞も描いてないので面白くなかった。
イカダを速攻で作るなど?なシーンあり。北欧神話に無理矢理こじつけると、キャラ的に父親がトール、助手がロキか。



△「スパイラル −危険な関係−」(2011/米) ◆50点
◆原題「The Details」 ◆読み:すぱいらるきけんなかんけい ◆鑑賞日2014/11/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆セックスが6ヶ月ない夫婦は、幼い息子のために違法な子供部屋の増築工事を無許可でする。庭には芝生を敷くがアライグマに荒らされる
◆出演トビー・マグワイア/ローラ・リニー/エリザベス・バンクス ◆監督ヤコブ・アーロン・エステス
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_300.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=KszmY8rhMGA

浮気をすると人生おわりになるメロドラマ。夫婦はアダムとイヴっぽい。
男がどつぼに嵌まっていく過程を、軽いノリで描いていました。
自己犠牲や、車内で告解すると救われるワンパターンな内容。



×「ヘンゼル&グレーテル 〜呪いの森の魔女〜」(2013/米) ◆20点
◆原題「Hansel & Gretel Get Baked」 ◆読み:へんぜる&ぐれーてるのろいのもりのまじょ ◆鑑賞日2014/11/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆兄ヘンゼルが家に帰ると、妹グレーテルと彼氏が麻薬の草でハイになっていた。麻薬をお菓子に混ぜて食べるため恋人は入手先の老婦人宅を訪れる
◆出演ララ・フリン・ボイル/モリー・クイン/マイケル・ウェルチ ◆監督マーク・モーガン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201408/dvd02.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=gxX5KYygsBc

魔女が家に訪れた若者を捕まえ、若さを吸う中途半端ホラー。舞台は普通の街。
最初にスプラッタがあるんだが、グロ路線かと思いきや違う方向に。
若者のダラダラ会話や、魔女との言葉のやり取りが延々と続き辛かった。



◎「鑑定士と顔のない依頼人」(2013/伊) ◆90点
◆原題「La migliore offerta (The Best Offer)」 ◆読み:かんていしとかおのないいらいにん ◆鑑賞日2014/11/29 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/02
◆美術品のオークションを仕切る鑑定士の男は、友人と共謀し肖像画を安値で落札し収集していた。ある日、誰とも会わない女性から鑑定の依頼がくる
◆出演ジェフリー・ラッシュ/シルビア・ホークス/ジム・スタージェス ◆監督ジュゼッペ・トルナトーレ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2070
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rAvyBSxv_c0

出会いから結婚、妻の死までを、男性の視点から描く夫婦ドラマ。結婚すれば妻に全てを奪われるってのは真理。
途中で女性が消えるのは妻の病気を示し、ラストで誰も居なくなるのが妻の死を表現。機械屋の青年は天使(神)。
「妻を愛し一緒に過ごした掛け替えのない時間」と言う宝物が残ったラストが◎。妻がいつまでも若いままってのも◎



×「ゾンビ・ナイト」(2013/米) ◆10点
◆原題「Zombie Night」 ◆読み:ぞんび・ないと ◆鑑賞日2014/11/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆ある夜。自動車事故があり渋滞のなか車で徐行する父と娘と友達。事故現場の死体が動くのを娘が見る。父は脇道に出て車を走らせるが人を轢く
◆出演アンソニー・マイケル・ホール/ダリル・ハンナ/レイチェル・G・フォックス ◆監督ジョン・ギャラガー
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/6137
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=eW-KkbO1dpo

糞ゾンビホラー(TV映画)。ワンシーンを切り取ると、どこも絵的にいい感じ。
が、家族が逃げ惑うだけでストーリーなし。ゾンビ発生の理由もなし。
子供が鍵を開ける、避難部屋が一番安全なのに外に逃げるなど展開が超理不尽。



○「LIFE!/ライフ」(2013/米) ◆60点
◆原題「The Secret Life of Walter Mitty」 ◆読み:らいふ ◆鑑賞日2014/11/24 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/02
◆雑誌「LIFE」の写真管理部に所属する男は、職場の女性に恋心を抱き、常に妄想していた。そんな折り、雑誌が廃刊となることが決定した
◆出演ベン・スティラー/クリステン・ウィグ/ショーン・ペン ◆監督ベン・スティラー
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14196
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QD6cy4PBQPI

おまえら何もしていないようで、実は他人に影響を与えて生きていると言うドラマ。
世界を常に見ている写真家は神。つまり、神の存在を認めたときに人は救われるって話。
表紙の写真がなんなのか、どこにあるのかがベタで予想通りだったのが残念。



○「ナイトライダー」(2009/露) ◆80点
◆原題「Chernaya Molniya」 ◆読み:ないとらいだー ◆鑑賞日2014/11/23 ◆レンタルBD ◆発売日2014/08/02
◆街の地下に大量にあるダイヤモンドの採掘に必要な新エネルギーを探す大企業の男。そんな折り、閉鎖された研究所から盗まれた車を青年が入手するが…
◆出演グレゴリー・ドブリギン/エカテリーナ・ヴィルコワ/ヴィクトル・ヴェルズビツキー ◆監督ティムール・ベクマンベトフ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201408/dvd01.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=a_SFxJGXl5w

空飛ぶ車(天使の羽根だな)を手に入れた青年の決意を描く青春ヒーローアクション。
ヒロインも可愛いし、悪役も古典的で良い。布石も上手く、幸せな家族の描写も素晴らしかった。
サム・ライミ「スパイダーマン」のテーマや展開と瓜二つだが、良く言えばヒーロー映画の集大成。



△「ノンストップ 救出」(2012/加=南アフリカ) ◆30点
◆原題「Inescapable」 ◆読み:のんすとっぷきゅうしゅつ ◆鑑賞日2014/11/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆元シリアの諜報部員の男はカナダ人となり家族4人で暮らしていた。ある日、カメラマンの長女が父親のルーツを探るためシリアに行き行方不明になる
◆出演アレクサンダー・シディグ/マリサ・トメイ/オデット・フェール ◆監督ルバ・ナッダ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201408/dvd07.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YadOlYY_3ko

シリアで行方不明になった娘を救出しようと奔走する父親を描くドラマ。
全体的にまじめな作りなんだが、父親に特殊能力や特徴が無く面白くなかった。
人間の力関係がメインで、父親の娘を愛するがゆえの行動力がおろそかになっていた。



×「兵器人間」(2013/米) ◆10点
◆原題「Army of Frankensteins」 ◆読み:へいきにんげん ◆鑑賞日2014/11/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆青年はプロポーズしようと待つが彼女は来ない。彼女の勤務先のスーパーへと行くと、店長とキスをしていたのを目撃。外に出ると男2人に襲われる
◆出演ジョーダン・ファリス/クリスティアン・ベルガルト/エリック・ゲセカス ◆監督ライアン・ベルガルド
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_299.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=v9wTWwEwwEQ

糞B級タイムスリップ南北戦争・フランケンシュタイン・ホラー・恋愛コメディ。
雰囲気が学芸会レベル。フランケン以外は西遊記キャラがベースな感じ。
演出が悪いせいか、大多数の役者が大根。その影響か子役の演技が光って見える。



×「キッズ・リベンジ」(2012/米) ◆20点
◆原題「The Aggression Scale」 ◆読み:きっずりべんじ ◆鑑賞日2014/11/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/08/02
◆金を奪われたマフィアのボスが、子分に対象を殺して金を取り返し写真に撮れと命令する。一方、4人家族は郊外の大邸宅に引っ越してきた
◆出演ライアン・ハートウィグ/ファビアン・テリース/ダナ・アッシュブルック ◆監督スティーブン・C・ミーラー
◆公式:http://www.twanet.jp/1332kr-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ElXVL8-up8c

殺し屋VS精神がいかれた男の子のB級アクション。「ランボー」と「ワナオトコ」を足した感じ。
家族関係がよく分からず、子供達の過去をキチンと描いていないので、感情移入できない。
これって冷酷な子供による殺人ホラーにしたら大化けしたんじゃなかろうか。



△「パッション」(2012/仏=独) ◆30点
◆原題「Passion」 ◆読み:ぱっしょん ◆鑑賞日2014/11/16 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆広告会社で働く女性は、ジーパンの後ろポケットにスマートフォンを入れる広告のアイディアを思い付き絶賛されるが、上司の女性に手柄を奪われる
◆出演レイチェル・マクアダムズ/ノオミ・ラパス/カロリーネ・ヘルフルト ◆監督ブライアン・デ・パルマ
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400000601&DSP_SKHKETSEQ=002
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=-YhHeO1BuAI

女共のねちねちした性格を描くサスペンス。
内容一切なし、どんでん返しなし、エロほぼなし。
女優の魅力だけなので、ファンじゃないと辛い。



△「ホビット 竜に奪われた王国」(2014/米=ニュージーランド) ◆50点
◆原題「The Hobbit: The Desolation of Smaug」 ◆読み:ほびっとりゅうにうばわれたおうこく ◆鑑賞日2014/11/15 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/09
◆竜に襲われ国を追われたドワーフ一族の王の末裔らが、王の証である宝石を竜から取り戻すため、ホビット族のビルボとガンダルフと共に旅をする
◆出演マーティン・フリーマン/イアン・マッケラン/リチャード・アーミティッジ ◆監督ピーター・ジャクソン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15114&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fnaojlfdUbs

「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚で3部作の第2弾。
全体が間延びしすぎて辛い。エルフの格好良さは良かったよ。
終盤のドラゴンのシーンは流石に見応えがあったが、ドラゴン喋りすぎ。



○「アナと雪の女王」(2013/米) ◆70点
◆原題「Frozen」 ◆読み:あなとゆきのじょうおう ◆鑑賞日2014/11/15 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/16
◆王家の幼い姉妹の姉は雪や氷を自在につくれる能力をもっていた。ある日、その力で誤って妹を傷つけてしまう。王は姉を世間から隔離させる
◆出演クリステン・ベル/イディナ・メンゼル/ジョシュ・ギャッド ◆監督クリス・バック/ジェニファー・リー
◆公式:http://www.disney.co.jp/movie/anayuki.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TbQm5doF_Uc

姉妹愛を描くCGアニメ。姉に対する親の仕打ちがひどすぎ。序盤はミュージカルだったが、後半おざなりに。
氷の城の美しさや、ハラハラさせるシーンなどの連続で全く飽きない構成。主要キャラは立っていて良い。
が、雪だるまキャラが主役を食い過ぎ。(宗教が推奨している)「自己犠牲」が連続すぎてラストの感動が弱い。



△「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」(2013/米=英) ◆30点
◆原題「Kick-Ass 2」 ◆読み:きっくあすじゃすてぃすふぉーえばー ◆鑑賞日2014/11/09 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆キック・アスはヒーローを辞めて退屈な日を送っていた。なりきりヒーローが次々誕生する中、復活したいとヒット・ガールに持ちかけ特訓を受ける
◆出演クロエ・グレース・モレッツ/アーロン・ジョンソン/モリス・チェスナット ◆監督ジェフ・ワドロウ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=24564
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Td921lYSBIA

青春ヒーローごっこアクションの続編。コメディが一切なくなった。人殺しあり。
今回もクロエ・グレース・モレッツだけの映画。幼い頃と同じ面影を強調した演技が良い。
最強対決のもっていき方と、父から既に受け継いでいるってのも良い。あとの大部分が糞。



×「ガーディアン」(2012/独) ◆10点
◆原題「Schutzengel」 ◆読み:がーでぃあん ◆鑑賞日2014/11/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/07/02
◆高級ホテルのルームサービスで夕食を届けに来た従業員と恋人の浮浪者の女。女は客のPCを持ち出そうとするが、客がきて従業員が撃ち殺される
◆出演ティル・シュヴァイガー/ルナ・シュヴァイガー/モーリッツ・ブライプトロイ ◆監督ティル・シュヴァイガー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201407/dvd05.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mc1LmX6i2IM

父と娘みたいになって逃避行する糞ドラマ。ヒロインがぶさいく大声大根役者でイライラ。
ヒロインに個人的な事を話しすぎる。それを異常なほどダラダラセリフで繰り返す。
アクションは銃撃戦のみ。これもスローやカートリッジセットなどのシーンで無駄に長い。



△「少女生贄」(2013/米) ◆50点
◆原題「Nothing Left to Fear」 ◆読み:しょうじょいけにえ ◆鑑賞日2014/11/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/07/04
◆引退するキングズマン牧師の代わりを勤めるため、田舎町にやってきた牧師とその家族。羊の首を切り血を抜き取っていた青年と長女がデートをする
◆出演レベッカ・ブランデス/イーサン・ペック/クランシー・ブラウン ◆監督アンソニー・レオナルディIII
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_297.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=uUzp7vMzGZI

少女がアンデッドの「リッチ」のようなものに取り憑かれるB級ホラー。
VFXはけっこう良いんだが、動きが「呪怨」の貞子と同じ感じ。
前半のあまり意味の無い恋愛話が糞長い。主演俳優が男女共にオーラあり。



○「消えた来客」(2004/西) ◆60点
◆原題「El habitante incierto」 ◆読み:きえたらいきゃく ◆鑑賞日2014/11/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/07/04
◆一軒家に住む建築家の男は恋人と別れひとりになる。夜に見知らぬ男が電話を貸して欲しいと訪れ了承。別室に行っている間に男の姿は消えていた
◆出演アンドニ・ガルシア/モニカ・ロペス/フランセスク・ガリード ◆監督ギリェム・モラレス
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/elhabitanteincierto.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=zKyzVNvzG2M

「七つの大罪」がテーマのサスペンス。ある意味ループもの。
後半はシュールなコメディになっていて独特で面白かった。でも地味。
消えたおっさんが、ラストであそこにいた理由をいくら考えても理解できず。



○「アメリカン・ハッスル」(2013/米) ◆80点
◆原題「American Hustle」 ◆読み:あめりかんはっする ◆鑑賞日2014/11/01 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆クリーニング店を営む傍ら、絵画の贋作を売る男は、あるパーティで知り合った女性とパートナーになり、融資詐欺を繰り返す。が、FBIに捕まる
◆出演クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/ブラッドリー・クーパー ◆監督デヴィッド・O・ラッセル
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0134
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ST7a1aK_lG0

人生の謳歌を描く、群像劇な感じのドロドロしたメロドラマ。
テンポが良く最後まで飽きずに見られる。俳優陣の豪華さも見所。
全てのキャラに感情移入してしまう演出が上手く心地良い。



△「悪魔の起源 −ジン−」(2013/アラブ首長国連邦) ◆50点
◆原題「Djinn」 ◆読み:あくまのきげんじん ◆鑑賞日2014/11/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/07/02
◆赤子を亡くした夫婦はショックから立ち直れずアメリカからアラブへ帰国。会社が用意した霧で包まれた高級マンションに住むことになるが…
◆出演ラザーヌ・ジャマル/カリッド・ライト/アイーシャ・ハート ◆監督トビー・フーパー
◆公式:https://www.facebook.com/pages/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%B5%B7%E6%BA%90-%E3%82%B8%E3%83%B3/257879671045258?ref=hl
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Kw6rj4k85Ek

人気の無い高級マンションが舞台の悪魔系ホラー。スプラッタなし。
恐くもなくビックリもしないが、オーソドックスな作りでそれなりに見られる。
「千と千尋の神隠し」みたいな設定や「呪怨」みたいな影など独自性皆無。



△「スパークス」(2013/米) ◆50点
◆原題「Sparks」 ◆読み:すぱーくす ◆鑑賞日2014/11/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/07/02
◆1920年に隕石が落下。生存者13人に特殊能力が備わるが隠れる。28年後、幼少時に事故で生き残った男は町の悪党と戦うヒーローになっていた
◆出演チェイス・ウィリアムソン/アシュリー・ベル/マリーナ・スケルチアティ ◆監督トッド・バロウズ/クリストファー・フォリノ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201407/dvd01.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=nBJPJQxrs_k

B級ヒーローサスペンス。愛する女を一途に追う男の半生を描く恋愛メイン。
「ディック・トレイシー」「X−MEN」「キック・アス」を合わせた感じ。
冒頭の隕石云々の設定は良かったが、段々狭い世界の話になっていき消沈。



△「ロボコップ」(2014/米) ◆40点
◆原題「RoboCop」 ◆読み:ろぼこっぷ ◆鑑賞日2014/11/01 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆2028年。世界各国でロボット警官の配備が進む中、米の世論だけが反対していた。ある企業の社長は、感情のあるロボット警官を作ろうとするが…
◆出演ジョエル・キンナマン/ゲイリー・オールドマン/マイケル・キートン ◆監督ジョゼ・パジーリャ
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14170
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=INmtQXUXez8

SF刑事アクション。自分が何者なのかを問うヴァーホーヴェン版と比べて超絶糞。
身体障害と家族と医者と企業の関係だけを描く、前半の糞ダラダラさは異常。
ロボコップに魅力無し。犯罪者逮捕のシーンが遅すぎる。悪役が曖昧なのも最悪。



△「デンジャラス・バディ」(2013/米) ◆30点
◆原題「The Heat」 ◆読み:でんじゃらすばでぃ ◆鑑賞日2014/10/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆同僚たちに嫌われ、友人もいない女性FBI捜査官は、昇進のためボストンの麻薬組織の捜査をする。地元の粗暴な女性警官とコンビを組むが…
◆出演メリッサ・マッカーシー/サンドラ・ブロック/マーロン・ウェイアンズ ◆監督ポール・フェイグ
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14525
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=J0HWlvP1xdk

デブとのっぽの凸凹コンビを描くコメディ・バディムービー。見て疲れた。
デブの「そんな警官いいねえよ」的な勢いは最初だけで尻すぼみ。
のっぽがデブに感化され成長する様も弱い。小気味良さ無し。お涙無し。



×「武器人間」(2013/オランダ=米=チェコ) ◆20点
◆原題「Frankenstein's Army」 ◆読み:ぶきにんげん ◆鑑賞日2014/10/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆第二次世界大戦末期。ソ連の小隊がドイツ領土を偵察していたが、無線で仲間のSOSを受信。その場所へ行ってみると教会の中は工場だった
◆出演ジョシュア・ザッセ/カレル・ローデン/ルーク・ニューベリー ◆監督リチャード・ラーフォースト
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BAS-80350
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=PMUQ2IMuz8o

ギャーギャー言って走り回るまんねり糞POVのコメディホラー。
死体やら脳みそ取り出しやらSFXは頑張っていたが内容が糞。
改造人間の造形や動作の馬鹿馬鹿しさがメインだったら良かったのに。



△「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013/米) ◆40点
◆原題「Thor: The Dark World」 ◆読み:まいてぃそーだーくわーるど ◆鑑賞日2014/10/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆遙か昔にダークエルフが宇宙を闇にするため、惑星直列の時にエーテルを使うが、アスガルド軍が阻止。現在、封印したエーテルを人間が発見する
◆出演クリス・ヘムズワース/クリストファー・エクルストン/トム・ヒドルストン ◆監督アラン・テイラー
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/marvel/1224.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=npvJ9FTgZbM

北欧神話の雷神トールが主人公のアクション第2弾。悪者に襲われるだけのストーリーが単純すぎる。
ロキの出番も魅力も大幅減。登場人物の人間的な感情の描写がほとんどなくなっていたのも残念。
ほぼ乗り物の飛行とワープのシーンだけで構成されており、今時、そんなCGだけじゃ面白くなるはずない。



△「エージェント・スティール」(2013/加=米) ◆50点
◆原題「The Art of the Steal」 ◆読み:えーじぇんとすてぃーる ◆鑑賞日2014/10/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/07/02
◆ロシア人から絵画を盗むのに失敗。弟が逮捕される。弟は兄を裏切り居所を吐き減刑。兄は刑務所に入る。兄は出所しバイクスタントで生計をたてる
◆出演マット・ディロン/カート・ラッセル/ジェイ・バルチェル ◆監督ジョナサン・ソボル
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201407/dvd03.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=muafk6mRd3c

ある意味リアルな兄弟愛を描くポップなコメディドラマ。
テンポは良い。どんでん返しあり。セリフ多すぎ。
カート・ラッセルの魅力が無くなっているのがよく分かる作品。



△「大脱出」(2013/米) ◆30点
◆原題「Escape Plan」 ◆読み:だいだっしゅつ ◆鑑賞日2014/10/18 ◆レンタルBD ◆発売日2014/07/02
◆刑務所に入り脱獄ができるか実際に実行してセキュリティを検証する民間会社の男は、秘密の刑務所で脱獄ができるかを検証する仕事を引き受ける
◆出演シルベスター・スタローン/アーノルド・シュワルツェネッガー/ジム・カヴィーゼル ◆監督ミカエル・ハフストローム
◆公式:http://v.ponycanyon.co.jp/escape/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CI4EjV_x_PQ

刑務所脱出アクション。最新刑務所のはずなのに管理体制がかなりずさん。
ペンをどこから入手したのか謎。囚人を監視しない、持ち物検査しないなど従業員が全員馬鹿。
ラストも大乱闘、銃撃戦で誤魔化す糞。仲間が死ぬんだが、極悪人なので同情できない。



△「ハウンター」(2013/加=仏) ◆50点
◆原題「Haunter」 ◆読み:はうんたー ◆鑑賞日2014/10/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆霧に覆われた家。弟のモーニングコールで目覚めた少女は、誕生日の前日が毎日繰り返されていることに気付く。両親に話すも信じてもらえず…
◆出演アビゲイル・ブレスリン/スティーヴン・マクハティ/ピーター・アウターブリッジ ◆監督ヴィンチェンゾ・ナタリ
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2238?prev=search&keyword=%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=sClAdBHrZNg

家族を助けるために頑張る少女を描くホラー。恐くもなくビックリもしないのが難点。
悪循環から抜け出すには、みんなの力が必要だ、自己犠牲は素晴らしいと言っていました。
「アザーズ」や「悪魔の棲む家」など色々な要素のごちゃまぜな感じで、独自性がない。



◎「スノーピアサー」(2013/韓=チェコ=米=仏) ◆90点
◆原題「Snowpiercer」 ◆読み:すのーぴあさー ◆鑑賞日2014/10/18 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/06
◆2014年。地球温暖化を防ぐための化学薬品により地球は氷河期になる。生き残った人類の唯一の生存場所は全世界を1年かけて走り続ける列車だった
◆出演クリス・エヴァンス/ソン・ガンホ/ティルダ・スウィントン/コ・アソン ◆監督ポン・ジュノ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/snowpiercer/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=r6UmqNuMdY4

地獄に迷いこんだ人間が天国を目指すダンテの「神曲」そのものだった。
全てのキャラが立っていて良かった。各車両内のデザインが楽しい。テンポも良い。
人にとっての天国とは何処かを再認識。終盤の地獄の様をセリフで説明していたのが残念。



△「アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者」(2011/伊) ◆30点
◆原題「Adam Chaplin」 ◆読み:あだむちゃっぷりんさいきょうふくしゅうしゃ ◆鑑賞日2014/10/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/30
◆街を裏で牛耳るボスが、借金の返済が滞った女性にガソリンをかけ焼き殺す。夫は怒り悪魔が憑依する。復讐のためボスを探すが…
◆出演エマニュエル・デ・サンティ/ヴァレリア・サンニノ/ジェリオ・デ・サンティ ◆監督エマニュエル・デ・サンティ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/adamchaplin/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QuSL7JpyD-I

糞B級復讐アクション。不要なカットが多すぎる。グロシーン少なすぎ。
見所は「北斗の拳」のアタタタタの連打シーンの再現だけ。
「テーター・シティ」がクソ面白かったので期待したが残念。



○「風立ちぬ」(2013/日) ◆80点
◆原題「The Wind Rises」 ◆読み:かぜたちぬ ◆鑑賞日2014/10/12 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/18
◆1920年代の日本。飛行機の設計士を目指す少年は飛行機が戦争に使われる不安と、高名な設計者の助言の夢を見る。零戦の設計者・堀越二郎がモチーフ
◆出演庵野秀明/瀧本美織/西島秀俊/西村雅彦/風間杜夫/竹下景子 ◆監督宮崎駿
◆公式:http://www.disney.co.jp/studio/ghibli/1265.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=a3PBiLDXawU

滅びと再生をテーマに、日本人の戦争責任を問うアニメ。
戦争と、その資金投入による技術や経済躍進の関係も描いていました。
お決まりのパターンで超ベタな、猫娘との純愛にほろり。



△「MUD −マッド−」(2012/米) ◆40点
◆原題「Mud」 ◆読み:まっど ◆鑑賞日2014/10/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/06
◆川岸に家がある少年は、友達とボートで近くの島に行く。木に引っ掛かっているエンジンの無い船を見つけ秘密基地とした。が、誰かが住んでいた
◆出演マシュー・マコノヒー/リース・ウィザースプーン/タイ・シェリダン ◆監督ジェフ・ニコルズ
◆公式:http://www.earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4988104083555
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2m9IFlz2iYo

いろいろな愛の形があることを描くドラマ。子供が主人公なんだが青春色は薄い。地味。
子供が、ある二人の愛を知ることで、真実の愛が一種類じゃないことを悟っていました。
親(義父含む)が子を見守る愛なども描いていました。主要人物が全員救われる話でもあった。



△「サバイバル・デッド・アイランド」(2013/加) ◆30点
◆原題「Solo」 ◆読み:さばいばるでっどあいらんど ◆鑑賞日2014/10/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/27
◆サマーキャンプの指導員の仕事をすることになった女性。無人島で2日間一人で過ごすテストをする。その島は昔に少女が行方不明になっていた
◆出演アニー・クラーク/ダニエル・カッシュ/スティーブン・ラブ ◆監督アイザック・クラビット
◆公式:http://shop.epcott.co.jp/i-shop/product.asp?cm_id=299753
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=C4zx50D_4cY

17歳の女性が会ったばかりの同僚やおっさんを疑う閉鎖空間+森ホラー。基本設定に難がある。
ヒロインが疑い深すぎる。おっさんが昔を懐かしく思い来たって言えば何も起きなかっただろ。
しかし糞映画でも犬が登場するだけで、ある程度マシになるって犬の力ってすごいな。



○「テーター・シティ 爆・殺・都・市」(2012/伊) ◆90点
◆原題「Taeter City」 ◆読み:でーたーしてぃばくさつとし ◆鑑賞日2014/10/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/27
◆近未来。脳の構造に問題がある人間が犯罪を犯すことが判明。ある種の電波でその人間を自害させ警察が回収、その人肉を食料として流通させていた
◆出演モニカ・ムノズ/リカルド・ヴァレンティニー/ウィルバー・ジィモサー ◆監督ジェリオ・デ・サンティ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/teater_city/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_Y6IjP_74GA

最近よくある題材(民衆を洗脳コントロールする人肉食料社会)の糞B級SF。
全編スプラッタでクソ楽しすぎる。本物か、作り物か判別できないシーンが一部ある。
ノリとかテンポもいいし、アニメの絵柄もいい。普通の人にしてみれば超絶糞だから見るの禁止。



△「スノー・エンジェル」(2007/米) ◆30点
◆原題「Snow Angels」 ◆読み:すのーえんじぇる ◆鑑賞日2014/10/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/10/08
◆中華料理店で働く女性は夫と別れ、娘と2人で暮らしていた。元夫は絨毯屋の仕事を見つけ、よりを戻そうとする。元妻は同僚の夫と浮気をする
◆出演ケイト・ベッキンセール/サム・ロックウェル/マイケル・アンガラーノ ◆監督デイビッド・ゴードン・グリーン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13972&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=R1MH_8F0A24

死ぬと苦しみから解き放たれることを描く群像劇。
最後までテーマがわからない作品。家庭不和死ねってことか?
役者らが頑張ってるのに、カメラの動きが最悪。



○「シャドウ・ワールド」(2007/オーストラリア) ◆60点
◆原題「Gabriel」 ◆読み:しゃどうわーるど ◆鑑賞日2014/10/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/10/22
◆天国と地獄の間にある人の魂がさまよう煉獄の世界。そこは人間の姿になった天使と堕天使がサシで戦い、光と闇のどちらかが支配できるシステムだった
◆出演アンディ・ホイットフィールド/ドゥエイン・スティーヴンソン/サマンサ・ノベル ◆監督シェーン・アビス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=RDD-46545
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ni0uq6ajGpc

ダンテの「神曲煉獄篇」(七つの大罪)が舞台のダーク系天使VS堕天使アクション。ガン=カタあり。
どうせならタワー攻略型にすれば良かったのに。ラストの二人とも自己犠牲ってのが面白い。
アクションに一貫性がない。終始、人間の姿なので映像的に地味。タイマン時に目を青く戻してほしかった。



△「ジョシュア 悪を呼ぶ少年」(2007/米) ◆50点
◆原題「Joshua: Aku wo yobu sh?nen」 ◆読み:じょしゅあ ◆鑑賞日2014/10/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/05/02
◆高級マンションに住む家族に娘が誕生。そんな折り、9歳の息子ジョシュアは、自分が赤ん坊の時に母親が育児ノイローゼになっていたビデオを発見する
◆出演ヤコブ・コーガン/ベラ・ファーミガ/サム・ロックウェル ◆監督ジョージ・ラトリフ
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=9083
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TpeTkVEJqDE

第2子が生まれた幸せな家族が崩壊する過程を描くホラーっぽいサスペンスドラマ。
その原因が母親なのか、息子なのか、赤ちゃんなのか、誰なのかって感じで進む。
オーメンみたいな悪魔とかオカルトは一切無しのサイコパス描写だが、恐怖度がかなり弱い。



○「リバイアサン」(1989/米=伊) ◆60点
◆原題「Leviathan」 ◆読み:りばいあさん ◆鑑賞日2014/10/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2006/09/22
◆海底4800mの資源採掘施設で働く8人の男女。任期終了まであと数日に迫った日、爆破の衝撃で崖下に転落したクルーがロシアの沈没船を発見する
◆出演ピーター・ウェラー/アマンダ・ペイズ/リチャード・クレンナ ◆監督ジョルジ・パン・コスマトス
◆公式:http://www.jhv.jp/title/DVD/foreign_film/GNBF-7285.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=lV5NBQWa0ko

閉鎖空間で何かに感染する恐怖を描くクトゥルフもの。深海はほぼ関係無し。
「エイリアン」と「遊星からの物体X」、「ザ・フライ」の混合パクリ。
一歩間違えば糞B級。今見てもイライラせずに普通に見られたので+10点。



△「AAAH!ゾンビーズ!! 俺タチだって生きている」(2007/米) ◆30点
◆原題「Wasting Away」 ◆読み:あーはぞんびーずおれたちだっていきている ◆鑑賞日2014/09/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆米軍が超兵士を作るための人体実験に失敗。薬を廃棄するためトラックで運ぶが、何者かに襲撃される。薬のドラム缶がボウリング場の裏手まで転がる
◆出演マシュー・デイヴィス/マイケル・グラント・テリー/ベッツィ・バトラー ◆監督マシュー・コーネン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201405/dvd02.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fm22DkHX6U4

楽しく適当に暮らせればいいじゃないかと言うB級ゾンビコメディ。
ゾンビになったことに気付かないゾンビ側ではカラー、人間側は白黒の独特手法。
ズラの笑いだけがマシ。軍人の愛国心などその他の笑いが辛い。



△「マラヴィータ」(2013/米=仏) ◆50点
◆原題「The Family」 ◆読み:まらう゛ぃーた ◆鑑賞日2014/09/28 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/03
◆ある家族は南フランスからノルマンディーの田舎に引っ越してくる。父親は元マフィアでFBIの証人保護を適用中だった。娘と息子は学校に行くが…
◆出演ロバート・デ・ニーロ/ミシェル・ファイファー/ジョン・ディレオ ◆監督リュック・ベッソン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0077
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=nwZNypYmPFE

元マフィアのボスの昔は良かったとか、家族愛を描くコメディ・ドラマ。
ブチ切れそうになる時の表情が良かった。ワンコが可愛かった。
映画の質は安定しているが内容は無い。ラストもバンバン打ち合うだけ。



○「ザ・イースト」(2013/米=英) ◆70点
◆原題「The East」 ◆読み:ざいーすと ◆鑑賞日2014/09/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/11
◆環境汚染や健康被害をもたらす大企業に制裁を下す環境テロリスト集団の情報を探るべく、テロを未然に防ぐ民間会社の女性が潜入捜査をする
◆出演ブリット・マーリング/アレキサンダー・スカルスガルド/エレン・ペイジ ◆監督ザル・バトマングリ
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=14300
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7z54r8jvGj8

自らの行いを悔い改めると、世界が救われると言うサスペンスドラマ。
キリストと、その使途の役割そのものを、環境テロ集団に置き換えて描いていました。
最後の晩餐での拘束具シーンは、自己本位な自分には思いもよらないことが起き衝撃的だった。



×「ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛」(2013/米=仏) ◆20点
◆原題「The Last Exorcism Part II」 ◆読み:らすとえくそしずむ2あくまのちょうあい ◆鑑賞日2014/09/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/11
◆悪魔崇拝のカルト教団に悪魔の赤ん坊を生まされるも、逃げた女性が保護される。全ては幻だとして更生施設に入居。恋もして幻だと思い始めるが…
◆出演アシュリー・ベル/ジュリア・ガーナー/スペンサー・トリート・クラーク ◆監督エド・ガス=ドネリー
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8877
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0h8eyHaoNMA

悪魔憑きホラーの続編。前作は「REC」丸写しPOVだったが、今作はPOVじゃなくなり特徴もなくなった。
超ダラダラ展開。オチも途中で読めてしまい、早く悪魔になって皆殺しにしろよとイライラ。
ラストは案の定ショボかった。ヒロインが年寄り臭い顔。「アンブレイカブル」の男の子役が青年になって登場。



△「エンド・オブ・ザ・アース」(2013/米) ◆40点
◆原題「Rapture-Palooza」 ◆読み:えんどおぶあーす ◆鑑賞日2014/09/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/11
◆世界の終末が訪れた。クリスチャンは地上から突如消え天国に行った。サタンになると言う男が世界を支配する。カップルは父とサタンの家を訪れるが…
◆出演クレイグ・ロビンソン/アナ・ケンドリック/ジョン・フランシス・デイリー ◆監督ポール・ミドルディッチ
◆公式:http://www.earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262283424
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=9oaS_N1zsqo

下ネタセリフを連発するキモイおっさんキャラがメインのコメディ。
終末をポップ?な感じで描く、食傷気味な雰囲気。
超つまらんのだが、「ハングオーバー!」のケン・チョン登場で救われた。



△「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(2013/英=独=ギリシャ) ◆30点
◆原題「Only Lovers Left Alive」 ◆読み:おんりーらう゛ぁーずれふとあらいう゛ ◆鑑賞日2014/09/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆吸血鬼でミュージシャンの男はデトロイトに住み、アンティークギターを収集していた。遠く離れた地で暮らす恋人の吸血鬼が彼の元を訪れる
◆出演トム・ヒドルストン/ティルダ・スウィントン/ジョン・ハート  ◆監督ジム・ジャームッシュ
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV24277D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ycOKvWrwYFo

堕落した人間共をさげしむ奴の始祖は同じだと言うヴァンパイアドラマ。
アダムやイヴなど登場人物が聖書そのまんまの役どころ。“血”は禁断の果実。
現代人の血によって死ぬ老ヴァンパイアは、忘れられた神を表現。退屈。



○「MAMA」(2013/加=西) ◆70点
◆原題「Mama」 ◆読み:まま ◆鑑賞日2014/09/23 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/04
◆会社経営に失敗した男は妻を殺害し、2人の娘を乗せ車で逃走。雪道でスリップして崖から転落。近くに小屋を見つけ暖をとり、娘を殺そうとするが…
◆出演ジェシカ・チャスティン/メーガン・シャルパンティエ/イザベル・ネリッセ ◆監督アンディ・ムスキエティ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=24565
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7Am7i7uM9r0

母性愛を描くホラー。幽霊もヒロインも対象が本当の子供じゃないってのがミソ。
急に出てきてビックリさせる手法メインだが、それが超一級でマジビックリ恐い。
ただ、展開はありきたり。2人の子供のうち、どちらか一方だけでいいってのも難点。



△「ブロークンシティ」(2012/米) ◆50点
◆原題「Broken City」 ◆読み:ぶろーくんしてぃ ◆鑑賞日2014/09/23 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/03
◆犯人を撃ち殺し罪に問われた刑事は予審で無罪となる。が、証拠がでてきて、市長が辞職を提案。7年後、私立探偵となった元刑事が市長に呼ばれる
◆出演マーク・ウォールバーグ/ラッセル・クロウ/キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ◆監督アレン・ヒューズ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0108
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Q3HgYu1atOo

利用されるだけの貧乏人が、悪徳金持ちを成敗するドラマ。
おまえら貧乏人も根っこは同じと言っていました。
悪徳金持ちが何故に主人公を殺さないのかなど難点あり。



○「オンリー・ゴッド」(2013/デンマーク=仏) ◆80点
◆原題「Only God Forgives」 ◆読み:おんりーごっど ◆鑑賞日2014/09/23 ◆レンタルBD ◆発売日2014/05/14
◆タイ。男が少女を殺す。少女の親は刑事に命じられ、男を殺害する。男の弟は、少女の親を探し出すも事情を聞き許す。長男を殺された母が激怒
◆出演ライアン・ゴズリング/ヴィタヤ・パンスリンガム/クリスティン・スコット・トーマス ◆監督ニコラス・ウィンディング・レフン
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8848
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YqAeVosG4zI

ヒンドゥー教の三神一体論を描く暴力ドラマ。母親は神ではありません。雰囲気が物静か。
主人公が刑事(神)を理解するためのガチのタイマンが良かった。
セリフが少ないのもいい。どうせなら母親だけ喋らせればよかったのに。



△「インシディアス 第2章」(2013/米=加) ◆30点
◆原題「Insidious: Chapter 2」 ◆読み:いんしでぃあすだいにしょう ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/04
◆悪霊から父親が子供を救った時に霊媒師の女性が死ぬ。家族は夫の母の家に引っ越すも怪奇現象が続く。夫は幼いときに幽体離脱し何かを見ていた
◆出演パトリック・ウィルソン/ローズ・バーン/バーバラ・ハーシー ◆監督ジェームズ・ワン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80339
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fBbi4NeebAk

オカルトホラーの続き。あらゆる面でごちゃごちゃしすぎ。
「シャイニング」に理由を無理矢理付け足した感じで面白くなかった。
真っ暗な廃病院の探索や、幽霊が急に出るなど定番的な怖さが多く退屈。



○「セブン・サイコパス」(2012/英) ◆60点
◆原題「Seven Psychopaths」 ◆読み:せぶんさいこぱす ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/05/02
◆脚本家の男は映画の脚本の執筆が進まず、親友の男優のアイディアを採用する。その男優と老人は犬を誘拐し、見つけたと偽って返し謝礼を稼いでいた
◆出演コリン・ファレル/サム・ロックウェル/クリストファー・ウォーケン ◆監督マーティン・マクドナー
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0322?prev=search&keyword=%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%91%E3%82%B9
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=jsHR77oQKEY

人生の脚本のラストは自分の理想通りにできることを描く群像劇。
猟奇的な人々の人生観から、生と死の在り方についてのヒントを得ていました。
ややコメディな雰囲気。クリストファー・ウォーケンの目力が凄い。



△「エイリアン・クロール」(2014/米) ◆30点
◆原題「Crawl or Die」 ◆読み:えいりあんくろーる ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/03
◆唯一妊娠可能な女性を第2の地球に護送する部隊は、謎の生物と戦闘になり、地下シェルターへと逃げるが、扉が壊され生物が中に入ってきた
◆出演ニコール・アロンソ/トリイ・バーン/トミー・バル ◆監督オクラホマ・ウォード
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=3213
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ROqQFOpOHXY

糞B級SFサスペンス。ダラダラ。設定や展開など全てが意味不明。怪物の造形は蟻っぽい。
薄着のお姉さんが、すごい狭い空間でハアハア言いながら、延々と這いずるだけ。
お姉さんがカッコイイ系で洗濯板なので一部のフェチに大受けだろうと思う。一般人には超絶糞。



○「エグザイル」(2012/米) ◆70点
◆原題「Being Flynn」 ◆読み:えぐざいる ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆父親と少年期から会っていない青年はホームレス・シェルターで働くことになる。タクシー運転手の父親はアパートを追い出され、ホームレスになる
◆出演ポール・ダノ/ロバート・デ・ニーロ/ジュリアン・ムーア ◆監督ポール・ウェイツ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201406/dvd03.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=sXdl0sIZ3cg

人生につまずいていた青年が、父の生き方や考え方、愛し方を理解し、我が道を歩むドラマ。
父親とは最も軽蔑する人物であり、最も尊敬する人物でもあると言っていました。
父のジャケットから羽毛が舞う守護天使の演出が、あからさまだが良かった。



×「パニック・トレイン」(2013/英) ◆10点
◆原題「Last Passenger」 ◆読み:ぱにっくとれいん ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆医師の男は幼い息子と深夜の列車で、急患がいる病院に向かっていた。隣の席に女の人が座り話をする。後ろでは喫煙する男を車掌が注意していた
◆出演ダグレイ・スコット/カーラ・トイントン/イド・ゴールドバーグ ◆監督オミッド・ノーシン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2112?prev=search&keyword=%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%B3
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=grI0gJyxhw8

止まらない列車の中で6人がうろうろする超ダラダラ展開の糞B級サスペンス。
危ないドアがあるのが不思議だが、知っているのに子供を近づける馬鹿に唖然。
サスペンス性皆無。「七つの大罪」を描く演技でイラっとくる。糞のラストに呆然。



△「ザ・スリル」(2013/米) ◆30点
◆原題「Cheap Thrills」 ◆読み:ざすりる ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/06
◆妻子がいる男は家賃を払えず立退きの通知を受ける。自動車整備の仕事もクビになる。独りバーで酒を飲んでいると、かつての友達に遭遇する
◆出演パット・ヒーリー/サラ・パクストン/デヴィッド・ケックナー ◆監督E・L・カッツ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_294.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fPiw3GDDgcc

金持ちが貧乏人共を操っていることを描くサスペンス(コメディ)。
○○やったら幾らやるってのを延々やってるので面白くない。
金持ちの真の目的やら、どんでん返しやら何も無しで辛かった。



○「クリムゾン・プロジェクト」(2013/仏=ベルギー) ◆60点
◆原題「La marque des anges - Miserere」 ◆読み:くりむぞんぷろじぇくと ◆鑑賞日2014/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/07
◆聖歌隊の指揮者が教会で死亡する。引退した刑事は単独で犯人捜査に乗り出す。一方、孤児売買の捜査をするインターポールは3人の名前を追っていた
◆出演ジェラール・ドパルデュー/ジョーイ・スタール/エレナ・ノゲラ ◆監督シルバン・ホワイト
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1231532
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=uM7xpES1NI4

自分の人生が無駄じゃ無かったことを故人に報告するバディムービー。
ややSFが入っているが、かなりしっかりした作りの刑事ドラマ。
カーチャイスや格闘の見せ方も良かった。俳優がもっと有名だったらよかったのに。



△「インファナル・ディール 野蛮な正義」(2014/米) ◆50点
◆原題「Bad Country」 ◆読み:いんふぁなるでぃーる ◆鑑賞日2014/09/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆1983年。刑事は宝石を違法取引する組織を壊滅させるため、ある犯罪者の男を逮捕し、終身刑の代わりに組織の情報を密告するよう持ちかけるが…
◆出演マット・ディロン/ウィレム・デフォー/ニール・マクドノー ◆監督クリス・ブリンカー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80338
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=12eihkTBukU

どんな犯罪者でも、愛する妻と子供ができれば改心することを描く組織崩壊ドラマ。
有能な刑事の苦悩、FBIの無能さ、復讐、銃撃戦など全部入りだが、かなり地味。
役者陣も有名どころが勢揃いしているのだが地味。特徴がないが、悪くもないどっちつかず。



△「バイオレンス・マウンテン 陵辱の山」(2013/オーストリア=米) ◆40点
◆原題「Autumn Blood」 ◆読み:ばいおれんすまうんてんりょうじょくのやま ◆鑑賞日2014/09/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆山奥の農場で暮らす親子4人。父(義父?)は銃で撃たれて亡くなる。成長した娘が川で身を清めているとレイプされ、同じ日に母は病気で死ぬ
◆出演ソフィー・ロウ/グスタフ・スカルスガルド/ピーター・ストーメア ◆監督マーカス・ブランダー
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5787
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Js0G0jWNhfY

男3人にレイプされた女の子が、雄大な大自然の中、逃げるサスペンス。ラストの唐突の全裸が理解不能。
結局、鹿狩りと全く同じことをやっているんだが、神が放任している人間の罪深さを伝えるのに失敗。
他人(神)をもっと頼っていれば、こんなことにならなかったと、もしかしたら被害者をあざけるよう仕向けているのかも。



△「ファーザーズ・デイ 野獣のはらわた」(2011/米=加) ◆30点
◆原題「Father's Day」 ◆読み:ふぁーざーずでいやじゅうのはらわた ◆鑑賞日2014/09/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/14
◆子供のいる父親をレイプして殺すファックマンが現れる。神父は、子供の時に目の前でファックマンに父を殺された片目の男を訪ねるが…
◆出演アダム・ブルックス/コナー・スウィーニー/マシュー・ケネディ ◆監督アダム・ブルックス
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-212/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=z3Fg_K08YIA

糞B級コメディ・ホラー。「マンボーグ」と同じ制作会社でノリもほぼ同じ。
多数のおっぱい天使が後ろにいるなど、終盤の地獄と天国のシーンは良かった。
終盤以外のテンポが悪い。グロやエロ描写がふんだんにあるが、笑いに繋がっていない。



×「ジャッジメント・フライ」(2013/米) ◆20点
◆原題「Chariot」 ◆読み:じゃっじめんとふらい ◆鑑賞日2014/09/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆7人の男女が飛行中の旅客機内で目覚めた。どうやって搭乗したのか記憶が無い。偶然見つけたスマートフォンに米都市が核攻撃されるニュースが流れる
◆出演アンソニー・モンゴメリー/ブリーナ・パレンシア/レスリー・ヒッペンスティール ◆監督ブラッド・オズボーン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201405/dvd07.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QK_AD1mSYVo

飛行機の中で数人が大騒ぎする糞B級密室サスペンス。
全部ババアのせいなのに他人事になっていてむかつく。
お涙頂戴の臭いシーンでしらける。尻切れのラストも最悪。



○「サドンデス」(2013/米) ◆80点
◆原題「Raze」 ◆読み:さどんです ◆鑑賞日2014/09/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆格闘技をかじった女性が目覚めると、赤い壁の通路に居た。進むと見知らぬ女性と出会う。丸い部屋に着くと扉が閉まり、見知らぬ女性が襲ってきた
◆出演ゾーイ・ベル/レベッカ・マーシャル/ダグ・ジョーンズ ◆監督ジョシュ・C・ウォーラー
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5800
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Id29tVGhbFA

金持ちの興行のため、拉致された女同士が格闘で殺し合うサスペンス。
よくあるシチュエーションだが、単純明快で面白かった。
格闘の見せ方や、役者陣の顔つきなど、ラスト以外は全て良かった。



△「チェインド」(2012/加) ◆50点
◆原題「Chained」 ◆読み:ちぇいんど ◆鑑賞日2014/09/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆ホラー映画を見終わった母と少年はタクシーで家に帰ろうとするが、そのタクシーの運転手は女性を郊外の自宅に拉致して強姦し殺す異常者だった
◆出演ヴィンセント・ドノフリオ/エイモン・ファーレン/ジェイク・ウェバー ◆監督ジェニファー・リンチ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201405/dvd08.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Uney3BbKyjU

父と子の関係を描く少年監禁飼育+女性拉致殺害ホラー。ある意味、青春ものだった。
警察は何をやってるんだって疑問は横に置いておく。監督はデヴィッド・リンチの娘。
今作も全体的にいい味出しているんだが、シナリオが綺麗にまとまりすぎてトゲが無かった。



×「ハウ・トゥ・エスケイプ?」(2012/米) ◆10点
◆原題「Detour」 ◆読み:はうとぅえすけいぷ ◆鑑賞日2014/09/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆目覚めると男は、土砂に埋まっている車中に閉じ込められていた。カーラジオは何も聞こえない、スマートフォンの電波も届かない状況だった
◆出演ニール・ホプキンス/ブレア・グラント/ジョン・フォレスト ◆監督ウィリアム・ディッカーソン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201406/dvd09.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=uPsawQo69Ww

土砂に埋まった車内からアイテムを使用して脱出する密室サスペンス。腹が立つほどつまらなかった。
ほぼ一人芝居はいいんだが、サスペンス性が皆無。特に終盤に何もないのが辛い。
「七つの大罪」あるが微妙。車内は告解室で、たいしたことじゃないのに懺悔すると救われる話。



△「ブラインド・フィアー」(2013/米) ◆40点
◆原題「Penthouse North」 ◆読み:ぶらいんどふぃあー ◆鑑賞日2014/09/13 ◆レンタルBD ◆発売日2014/06/04
◆戦場カメラマンの女性はアフガニスタンで兵士と同行中に戦闘になり爆発で失明する。3年後、NYの高級アパートの最上階で恋人と暮らしていた
◆出演ミシェル・モナハン/マイケル・キートン/バリー・スローン ◆監督ジョセフ・ルーベン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=15073
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=rZKLfWC5zC4

盲目の女性が殺人犯に軟禁させられる閉鎖空間サスペンス。
展開的にかなりのB級。女優ミシェル・モナハンの華の無さがすごい。
全体に微妙だが、妹の出産がどうなったか分からないなどラストが特に糞。



△「UNIT7 ユニット7 麻薬取締第七班」(2012/西) ◆30点
◆原題「Grupo 7」 ◆読み:ゆにっと7まやくとりしまりだいななはん ◆鑑賞日2014/09/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆1987年。万国博覧会の開催が1992年に控えるセビリアの街。麻薬を取り締まる刑事らは、暴力や麻薬横領をするようになり…
◆出演マリオ・カサス/アントニオ・デ・ラ・トレ/ルシア・ゲレーロ ◆監督アルベルト・ロドリゲス
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201406/dvd08.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=loxMhurgeT0

刑事ドラマ。大昔の話なのか雰囲気や展開は古くさい。
捜査部分は、なんとなく「太陽にほえろ!」っぽい感じ。
野心や孤独や家族などを描いてはいるが、どれも印象深くない。



×「トリック」(2012/オランダ) ◆20点
◆原題「Steekspel」 ◆読み:とりっく ◆鑑賞日2014/09/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/06/04
◆ポール・ヴァーホーヴェン監督は最初の数ページだけの脚本を公表して、残りの章を公募。それを順次映像化し50分の映画をつくるが…
◆出演ポール・ヴァーホーヴェン/ハイテ・ヤンセン/ロベルト・デ・ホーフ ◆監督ポール・ヴァーホーヴェン
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2014/post-15.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=-VrTQcEoi2Q

美人な女優さんのおっぱいだけが見所の糞。後半が陳腐な糞メロドラマ。
前半がDVDのオマケによるある監督インタビューやらのメイキング映像。
監督のポール・ヴァーホーヴェンが何をしたいのか不明。自画自賛か?



△「監禁調教」(2011/加) ◆30点
◆原題「Night Vision」 ◆読み:かんきんきょうちょう ◆鑑賞日2014/09/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆勢いのあるテレビプロデューサーは同じ女とは2度寝ない主義。ある晩に帰宅すると見知らぬ女が現れる。一度は追い返すも家の中でセックスをする
◆出演ノエル・デュボワ/ダリル・ドハティ/アリ・アダチア ◆監督ナサニエル・ウォルシュ
◆公式:http://chance-in.com/works/kkt.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ITAq-dq6_gM

女にイケメンの男が椅子に拘束され、あれやこれやする糞B級サスペンス。
ややぽっちゃり系ヒロインのおっぱいとセックス、娼婦みたいな踊りあり。
ナイスバディじゃないのでしょんぼり。過激ないたぶりじゃないのも残念。



△「エンダーのゲーム」(2013/米) ◆50点
◆原題「Ender's Game」 ◆読み:えんだーのげーむ ◆鑑賞日2014/09/07 ◆レンタルBD ◆発売日2014/05/21
◆異星人が地球に襲来し戦闘となる。戦闘機が敵の船に突っ込み勝利する。50年後、次の戦争に備え、適性能力のある子供を探し養成していた
◆出演エイサ・バターフィールド/ハリソン・フォード/ヴィオラ・デイヴィス ◆監督ギャヴィン・フッド
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1237&pid=30000000003909
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=2UNWLgY-wuo

クソガキ共はいつまでもゲーム感覚で過ごしているなと言う軍隊入隊SFアクション。
自分の行動に責任をもて、他人に操られるなクソガキ共と、じじいの説教みたいな映画でした。
顔が判別できないなどの訓練シーン長すぎで微妙。超優秀な大人がいるなら、そいつがやれ。



○「くもりときどきミートボール2」(2013/米) ◆60点
◆原題「Cloudy with a Chance of Meatballs 2」 ◆読み:くもりときどきみーとぼーる2 ◆鑑賞日2014/09/06 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/23
◆水を食べ物に変えることができる機械を発明したが、食べ物が巨大化し大惨事となった島。後処理のため全ての住民が一時的に都会へと移住するが…
◆出演ビル・ヘイダー/アンナ・ファリス/ジェームズ・カーン ◆監督コディ・キャメロン/クリス・パーン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80325
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=jw6dECrl-BE

友情コメディCGアニメ。食べ物をモチーフにした生物が可愛く良かった。
前作を見ていないとキャラ的な面白さ半減。恋愛要素がほぼ無くなった。
「ジュラシック・パーク」や「アバター」などのパクリってのが駄目。



△「セイフ ヘイヴン」(2013/米) ◆50点
◆原題「Safe Haven」 ◆読み:せいふへいう゛ん ◆鑑賞日2014/09/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/05/02
◆握っていた血だらけの包丁を捨てて近所の家に駆け込む女性は、長距離バスに乗る。刑事は追いかけるが見失う。女性は港町で下車し、そこで暮らす
◆出演ジュリアン・ハフ/ジョシュ・デュアメル/デヴィッド・ライオンズ ◆監督ラッセ・ハルストレム
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53170/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mj6i_Z1Srsw

恋愛ドラマ。そうまでして、どんでん返しにしたいのかってちょっとイラっとくる。
癌で亡くなった母親の子供達への手紙が良かった(内容じゃなく渡し方)。
が、その手紙を陳腐なオチに使用して台無しに。ヒロインの笑顔がちょっと魅力的。子役が可愛い。



△「REDリターンズ」(2013/米=仏=加) ◆40点
◆原題「RED 2」 ◆読み:れっどりたーんず ◆鑑賞日2014/09/06 ◆レンタルBD ◆発売日2014/05/02
◆元CIAの初老の男は、恋人と買い物をしたスーパーの駐車場で車が爆発し同僚だった友人が死ぬ。友人の葬式が終わるとCIAに身柄を拘束される
◆出演ブルース・ウィリス/ジョン・マルコヴィッチ/メアリー=ルイーズ・パーカー ◆監督ディーン・パリソット
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1232&pid=30000000003840
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=sCM3HhGUJsM

老人が世界を救う半コメディ・アクション。世界の都市観光要素あり。前作と別監督。
前作の「お爺さん、お婆さんは凄い元気」ってテーマが微塵もなくなった。
アンソニー・ホプキンスがハンニバルっぽいキャラで登場したのが良かった。



△「オーバードライヴ」(2013/米) ◆30点
◆原題「Snitch」 ◆読み:おーばーどらいぶ ◆鑑賞日2014/09/06 ◆レンタルBD ◆発売日2014/05/02
◆友人から大量の麻薬の錠剤を預かることになったが逮捕される。父親で運送会社社長は息子を助けるため麻薬組織に接触し運び屋の仕事をする
◆出演ドウェイン・ジョンソン/スーザン・サランドン/ジョン・バーンサル ◆監督リック・ローマン・ウォー
◆公式:http://www.nikkatsu.com/movie/32626.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rieI5g9fgRc

愛するバカ息子のために危険を冒す大馬鹿の父親を描くアホドラマ。実話がベースとのこと。
失敗した時のことを考えてなかったバカの話。証人保護で会社もたたむことになり真性のアホ。
「見事な攻撃だ」に爆笑。「マッドマックス2」の超劣化版カーチェイスあり。



×「デッドゲームシティ」(2013/英) ◆10点
◆原題「The Deadly Game(All Things to All Men)」 ◆読み:でっどげーむしてぃ ◆鑑賞日2014/08/30 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/23
◆男はホテルの一室で銃を買う。男は宝石強盗だった。刑事3人はマフィアのボスの息子を捕まえ、マフィアのボスに金庫泥棒をしろと持ちかける
◆出演ルーファス・シーウェル/ガブリエル・バーン/トビー・スティーヴンス ◆監督ジョージ・アイザック
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=22823
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=pGcg3bk_OMI

悪徳警官とマフィアと泥棒が出てくる、まじめな作りの裏切りドラマ。
あらゆる設定が説明不足で、早い段階でどうでもよくなる。
主人公が存在していないのも難点。って言うかどうでもいい。



○「ハートレス−悪魔と契約した男−」(2009/英) ◆60点
◆原題「Heartless」 ◆読み:はーとれすあくまとけいやくしたおとこ ◆鑑賞日2014/08/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/04
◆顔にハート型の大きなアザがあるカメラ好きの青年は他人との関わりを避けていた。建物の写真の窓にフードをかぶった何かが写っていることに気付く
◆出演ジム・スタージェス/クレマンス・ポエジー/ジョゼフ・マウル ◆監督フィリップ・リドリー
◆公式:http://shop.epcott.co.jp/i-shop/product.asp?cm_id=294079&cm_large_cd=5
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=RGcPi6bWv_k

世の中や人を信用できなくなった青年の葛藤と成長を描く青春ドラマ。
内面に巣くう恐怖を描くクトゥルフもの。全体に地味なのが難点。
ラストの世界樹の下での父親との会話が秀逸で、終わりよければ全て良しに。



○「ザ・コール 緊急通報指令室」(2013/米) ◆70点
◆原題「The Call」 ◆読み:ざこーるきんきゅうつうほうしれいしつ ◆鑑賞日2014/08/30 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/19
◆911緊急通報指令室のベテラン・オペレーターの女性は、若い女性からの不法侵入者の通報の対応をミスって、若い女性を死なせてしまう
◆出演ハル・ベリー/アビゲイル・ブレスリン/マイケル・エクランド ◆監督ブラッド・アンダーソン
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201400000063&DSP_SKHKETSEQ=002
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=w-z17SaIOUA

誘拐犯追跡サスペンス。電話対応だけでどうするのか、サスペンス性がかなり高く面白かった。
一介の電話対応員が警察に介入しすぎるや、約束しないと言いながら約束しまくるなどの粗はあるが、まあ許せる範囲。
犯人は定番的で良かった。いかんせんラストが、犠牲者など全てを台無しにするほどの糞だった。もったいない。



△「マンボーグ」(2011/加) ◆50点
◆原題「Manborg」 ◆読み:まんぼーぐ ◆鑑賞日2014/08/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/16
◆地獄の門が開き、地獄のものVS人類の戦争が勃発。人類は負ける。戦死した男は、何者かの手で改造手術を受け人造人間となり目覚める
◆出演マシュー・ケネディ/メレディス・スウィーニー/コナー・スウィーニー ◆監督スティーヴン・コンスタンスキ
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-196/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=mBHau4HeTZY

糞B級クトゥルフSFアクション。「ロボコップ」や「スター・ウォーズ」などいろんな要素有り。
ド素人の学生が狙って作った風なものを、狙って作りましたって感じ。前後の予告が狙いすぎて長い。
キャラもテンポも良かったし、近年の糞B級の中じゃ、かなり面白い部類に入るかもしれん。



△「ゴースト・エージェント R.I.P.D.」(2013/米) ◆40点
◆原題「R.I.P.D.」 ◆読み:ごーすとえーじぇんとあーるあいぴーでぃー ◆鑑賞日2014/08/24 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/23
◆彼女と幸せに暮らす警官は押収した金塊を庭に埋めて隠す。突入現場で相棒に殺される。が、人間界に居座る幽霊を逮捕する組織の面接が始まる
◆出演ジェフ・ブリッジズ/ライアン・レイノルズ/ケビン・ベーコン ◆監督ロベルト・シュヴェンケ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=24296
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=X07xNrVd7DU

SFアクションコメディ「メン・イン・ブラック」の亜流。ノリも全く同じ。
主人公は不死身なので、危機的状況の演出に意味が無いってシーンが多い。
唯一の特徴は、一般人には、綺麗な女の人と中国の老人に見えるって事ぐらい。



○「ゼロ・グラビティ」(2013/米) ◆80点
◆原題「Gravity」 ◆読み:ぜろぐらびてぃ ◆鑑賞日2014/08/23 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/23
◆スペース・シャトルの船外で宇宙望遠鏡の修理中にロシアが人工衛星をミサイルで破壊。その多数の破片が全ての人工衛星を破壊しながら向かってきた
◆出演サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー/エド・ハリス ◆監督アルフォンソ・キュアロン
◆公式:http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/dvd/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=OiTiKOy59o4

自分が今現在、存在している意義を描く奇蹟の連続SFアクション。自殺時に現れた天使のセリフが説明的で一切必要なくかなり残念。
生命の源である地球の素晴らしさ、美しさが良かった。火災は火山活動、寒さは氷河期、破片は精子や細胞分裂、生命が海から地上へ等々。
船内到達時の胎児を表現したシーンがかなり印象的。衛星の高速破片はイナゴと受け取れるなど「十の災い」もきっちり描いていました。



△「ハンガー・ゲーム2」(2013/米) ◆50点
◆原題「The Hunger Games: Catching Fire」 ◆読み:はんがーげーむ2 ◆鑑賞日2014/08/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/18
◆独裁国家が毎年開催する殺し合いゲームで、偽りの愛を演じて生き残った男女二人は、それに気付いた国民が反乱を起こすことを懸念する大統領
◆出演ジェニファー・ローレンス/ジョシュ・ハッチャーソン/フィリップ・シーモア・ホフマン ◆監督フランシス・ローレンス
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/hungergames2/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=EAzGXqJSDJ8

貧乏人どもを支配している特権階級を悪者にするアクションの続き。前作と別監督。
キャラが確定したためか、前作よりかなりマシに見られる映画になっていた。
バトルロワイヤルシーンが短い。次作に続くぶった切りエンディング。



△「ワイルド・ファイト エックス」(2011/加) ◆30点
◆原題「Forced to Fight」 ◆読み:わいるどふぁいとえっくす ◆鑑賞日2014/08/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/23
◆異種格闘技の賭け試合の選手は、ボスから命じられた八百長に反し勝って逃げフルボコ。足を洗っていた兄が、弟の借金を返すため異種格闘技に出場する
◆出演ゲイリー・ダニエルズ/アーキー・リース/ピーター・ウェラー ◆監督ジョナス・カステル
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201405/dvd09.php
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=5aI4OSx80F8

ヤクザには関わるなと訴えるB級格闘ドラマ。ピーター・ウェラーを久しぶりに見た。
兄弟愛や家族愛がよくある感じ。兄がすごい機嫌が悪くなっていく理由に無理がある。
格闘は見せ方が悪く、敵の強さが分からず、必殺技も明確じゃないので微妙。



△「危険なプロット」(2012/仏) ◆40点
◆原題「Dans la maison」 ◆読み:きけんなぷろっと ◆鑑賞日2014/08/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/02
◆高校が私服から制服になる。制服に反対する国語教師の男は学生の表現力の無さを嘆いていた。ある日、宿題の日記を小説風に書いてきた生徒がいた
◆出演エルンスト・ウンハウアー/ファブリス・ルキニー/エマニュエル・セニエ ◆監督フランソワ・オゾン
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV24196D.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=eegoZpxQCzc

老人が若者とかつての自分とを重ね感情移入してしまう青春ドラマ。
ド素人ライトノベル以下の糞小説風文章を延々とセリフで読んでいるのが辛い。
他人を徐々に支配している感じがあるが、メインは「他人の観察は面白い」で残念。



○「サプライズ」(2011/米) ◆80点
◆原題「You're Next」 ◆読み:さぷらいず ◆鑑賞日2014/08/16 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/16
◆人里離れた別荘地。動物の仮面をかぶった何者かに男女が殺される。隣の別荘では、両親の結婚35周年を祝うために家族ら10人が集まった
◆出演シャーニ・ヴィンソン/AJ・ボーウェン/ジョー・スワンバーグ ◆監督アダム・ウィンガード
◆公式:http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=1113
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=ufUQWpEkbf0

別荘に集まった一家が、何者かに殺されるサスペンス・ホラー。学生じゃないのが珍しい。
次にこうなるって観客が予想しているって事を、うまく利用した展開が良い。
「ワナオトコ」の要素があるなど反撃でスッキリできて面白かった。序盤がうるさすぎる。



△「コン・ティキ」(2012/英=ノルウェー=デンマーク=独=スウェーデン) ◆50点
◆原題「Kon-Tiki」 ◆読み:こんてぃき ◆鑑賞日2014/08/16 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/09
◆1947年。人類学者は自説「ポリネシア人の祖先は南米から海を渡ってやってきた」を証明すべく、1500年前の材料でイカダを作り、航海する
◆出演ポール・スヴェーレ・ヴァルハイム・ハーゲン/アンドレス・バースモ・クリスティアンセン/アグネス・キッテルセン ◆監督ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=262482&item_id=1183412
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=rUnmjQJHRP4

イカダで海を漂う実話ドラマ。雰囲気は「オープン・ウォーター」っぽい穏やかな怖さ。
十の災いと、七つの大罪が入っていて、信仰がどうの言っています。最後の初子のなくし方が独特。
神の部分は「ライフ・オブ・パイ」と全く同じの瓜二つ。宇宙探求の期待感は良かったよ。



○「47RONIN」(2013/米) ◆60点
◆原題「47 Ronin」 ◆読み:ふぉーてぃんせぶんろーにん ◆鑑賞日2014/08/16 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/09
◆日本。行き倒れていた頭部に傷跡がある「鬼の子」の少年は、助けてくれた藩主に忠誠を誓う。時は進み、隣国の藩主が魔女と共に侵略を企てる
◆出演真田広之/キアヌ・リーブス/柴咲コウ/菊地凛子/浅野忠信 ◆監督カール・リンシュ
◆公式:http://db2.nbcuni.co.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=23950
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=j8cKdDkkIYY

忠臣蔵がモチーフのSF時代劇アクション。忠義の描き方が良かった。舞台が日本っぽくない。
外人が大好きな人種差別や、貧富の差の問題を取り入れたが、主人公の活躍が薄いのが難点。
鎧の大男との最強対決無しや、九尾の女狐じゃなく神聖な白龍だった終盤が最悪。全体的にはまあまあ。



△「黒いスーツを着た男」(2012/仏) ◆40点
◆原題「Trois mondes」 ◆読み:くろいすーつをきたおとこ ◆鑑賞日2014/08/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/02
◆自動車販売・修理工場の社長令嬢との結婚を10日後に控えた青年は、深夜に同僚らを乗せた車で人を轢くが逃げる。それを女性が目撃していた
◆出演ラファエル・ペルソナーズ/クロティルド・エスム/レダ・カテブ ◆監督カトリーヌ・コルシーニ
◆公式:http://mid-ship.co.jp/dvd/suspense/blacksuit/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=-Msj9bAsGDk

自分の今までの人生が偽りの連続と虚像だったと、人を轢き殺して気付くドラマ。
貧乏人が上層階級になったのが、そもそも間違っていたと言っていました。主人公の演技が微妙。
シナリオがかなり普通で面白くない。ガンホーの森下一喜社長のそっくりさん登場。



△「ザ・ドア 〜交差する世界〜」(2009/独) ◆40点
◆原題「Die Tur」 ◆読み:ざどあこうさするせかい ◆鑑賞日2014/08/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/12
◆近所の女性と不倫中に最愛の娘が自宅のプールで溺れ死ぬ。妻と別れる。5年後、自殺をするが親友に助けられる。そんな折り、不思議な洞窟を発見する
◆出演マッツ・ミケルセン/ジェシカ・シュワルツ/ヴァレリア・アイゼンバルト ◆監督アノ・ソウル
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-100468/
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=U9gAxHy4u6g

タイムスリップ・ドッペルゲンガー・ホラーサスペンス。「ボディ・スナッチャー」の亜流。
昔に戻って何もかもやり直したい人が大勢いることを描いていたが、シナリオに穴がありすぎる。
現在に戻ると安全な理由や、デブの男が出入り口を厳重に管理していない理由などが描かれていない。



○「ウェア WER」2013(/米) ◆60点
◆原題「Wer」 ◆読み:うぇあ ◆鑑賞日2014/08/09 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/04
◆フランスの森で休暇中のアメリカ人一家が獣に襲われ殺される。近所の大男が証拠もなしに逮捕される。担当する女性弁護士は知人の動物学者を呼ぶ
◆出演A.J.クック/サイモン・クォーターマン/セバスチャン・ロッシェ ◆監督ウィリアム・ブレント・ベル
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV24152D.html
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=RXxYZ4VsOV0

ほぼPOVの狼男ホラーアクション。えぐられた痕がある死体がリアルだった。
ラストの対決は定番的でいいんだが、格闘の見せ方が悪くもったいなかった。
変身シーンが短すぎて残念。警察の作戦に一介の弁護士が関わるなどシナリオが微妙。



△「シークレット・パーティー」(2012/米) ◆30点
◆原題「Generation Um...」 ◆読み:しーくれっとぱーてぃー ◆鑑賞日2014/08/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/09
◆NY。二人の娼婦を車で送迎する運転手の男は誕生日を迎える。フラフープパフォーマーの取材班から業務用ビデオカメラを盗み、街の撮影を始める
◆出演キアヌ・リーブス/ボヤナ・ノヴァコヴィッチ/アデレイド・クレメンス ◆監督マーク・マン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2152?prev=search&keyword=%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC
◆予告:https://www.youtube.com/watch?v=nqZqtwpkwww

糞の人生でもカメラ越しでは美しくなると言う内容無しドラマ。
カメラで撮るだけで、その辺の物がオシャレになっちゃう。不思議〜。
人はカメラの前では何でも告白しちゃう。馬鹿か。クレメンスの乳首あり。



△「THE ICEMAN 氷の処刑人」(2012/米) ◆40点
◆原題「The Iceman」 ◆読み:ざあいすまんこおりのしょけいにん ◆鑑賞日2014/08/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/02
◆1960年代。ポルノ映画のダビングをする男はビリヤードの賭で難癖をつけた奴を密かに殺す。マフィアのボスが性格を見抜き、殺しの依頼をする
◆出演マイケル・シャノン/ウィノナ・ライダー/レイ・リオッタ ◆監督アリエル・ブロメン
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32655.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CJIXOx2-GZ8

最も大切なのは家族であると言いうが、その家族を欺いてきた殺し屋の顛末を描く実話ドラマ。
仕事をやるのは、自分を押さえ込むためなのか、家族(金)のためなのか散漫になっていた。
殺し屋のクールさが徐々に無くなっていったり、アクションほぼ無しのノワールな感じも中途半端。



○「エウロパ」(2012/米) ◆60点
◆原題「Europa Report」 ◆読み:えうろば ◆鑑賞日2014/08/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/02
◆木星の第2衛星エウロパ。氷が溶け水が存在することが判明。民間企業が生命体の生存を調べるため、6人のスペシャリストがエウロパへと向かう
◆出演ダニエル・ウー/アナマリア・マリンカ/ミカエル・ニクヴィスト ◆監督セバスチヤン・コルデロ
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=3167
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=XhdRYk1Y8VA

木星の氷衛星に人類が降り立つSF。クトゥルフものだが、恐怖感が弱く、希望感の方が大きい。
糞B級感は一切なく、宇宙などのCGもかなりの高水準。宇宙船が未来的なデザインじゃないのもいい。
ただ、出来事がありきたりで新味に乏しいのが難点。監視カメラ映像切り替え方式。



△「デッドマン・ダウン」(2013/米) ◆40点
◆原題「Dead Man Down」 ◆読み:でっどまんだうん ◆鑑賞日2014/08/02 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/02
◆犯罪組織のボスに脅迫状が送られ、心当たりのある所へ行くと銃撃戦になる。一方、交通事故で顔に傷を負った女性は、向かいに住む男に声を掛ける
◆出演コリン・ファレル/ノオミ・ラパス/ドミニク・クーパー ◆監督ニールス・アルデン・オプレヴ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14959&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6WKmnAcMTKM

好きな人ができると、復讐心やらのキズが薄れてくることを描くアクション。
女優の口半開きが気になる。全体に「インファナル・アフェア」臭がプンプンする。
そのパクリはまあいいとして、他のシーンが大味。特にラストの適当さに唖然。



△「オープンウォーター サスペクト」(2013/ベルギー=仏) ◆30点
◆原題「Let Me Survive」 ◆読み:おーぷんうぉたーさすぺくと ◆鑑賞日2014/08/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/02
◆海を漂流していた女性が救助される。夫と娘は死亡したと言う。喉が切られた遺体を漁師が発見。女性に殺人容疑がかけられ、刑事が事情聴取する
◆出演カーストン・ウェアリング/クレイグ・フェアプラス/サム・ローウィック ◆監督エドゥアルド・ロソフ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5646
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4C1O2_4x17Y

糞の夫に再三騙される女が、夫を殺したかどうかを問う実話漂流ドラマ。
展開的に虎と漂流する「ライフ・オブ・パイ」のCG無しパクリ風な感じ。
ヒロインの顔つきが凄いきつくて恐い。古くさい雰囲気の映像や演技も難点。



○「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」(2013/米) ◆60点
◆原題「Pain & Gain」 ◆読み:ぺいんあんどげいんしじょうさいていのいっかくせんきん ◆鑑賞日2014/07/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/26
◆筋トレジムのトレーナーとして働く男は、ジムを人気店にする。ある日、同僚らとともに、金持ちの客を誘拐して全財産を奪う計画をたてるが…
◆出演マーク・ウォールバーグ/アンソニー・マッキー/ドゥエイン・ジョンソン ◆監督マイケル・ベイ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8829
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=SEQ8jyvmYtw

筋肉バカ全開の拉致監禁犯3人組をコメディでポップな感じに描いた実話ドラマ。
何か行動しないと、人生は何も変わらないと言っていました。
犯人の人生をある意味、賞賛していました。テンションが一本調子で疲れる。



○「キャプテン・フィリップス」(2013/米) ◆70点
◆原題「Captain Phillips」 ◆読み:きゃぷてんふぃりっぷす ◆鑑賞日2014/07/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/21
◆コンテナ船がソマリア海域に入ると、海賊の船が2隻接近してきた。船長は速度を上げたり、放水などで対応するが…。2009年の海賊事件を映画化
◆出演トム・ハンクス/バーカッド・アブディ/ファイサル・アメッド ◆監督ポール・グリーングラス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80324
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_3ASoBrFGlc

貨物船が4人の海賊に襲われる密室監禁・実話サスペンス。緊迫感はかなりのもの。
海賊が出るとの情報があったのに、ほとんど何も対策していないってのが謎。
なので船長と船会社は乗組員とその家族、米国民に誤るべきなんだが、描いていなかった。



△「寄生体X」(2012/仏) ◆30点
◆原題「Dead Shadows」 ◆読み:きせいたいえっくす ◆鑑賞日2014/07/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/04/02
◆遠い宇宙から謎の隕石が地球にやってきた日に、父親が母親を殺すのを目撃した少年。10年後、彗星が接近するためパリは大騒ぎになっていた
◆出演ファビアン・ウルフロム/ブランディン・マーミゲール/ルーリク・サル ◆監督デビッド・ショレワ
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/14/IF14_0736/IF14_0736.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=nFnIS7jZI-Y

寄生SFっぽい糞B級アクション。たぶんクトゥルフもの。状況の説明不足がすごい。
「物体X」っぽいものが出てくるが、一瞬見せてすぐに違うシーンになるのが駄目。
虫とか蜘蛛女とかの面白いシーンよりも、意味不明のドラマと格闘シーンに力が入ってた。



△「悪の法則」(2013/米=英) ◆50点
◆原題「The Counselor」 ◆読み:あくのほうそく ◆鑑賞日2014/07/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/04/02
◆弁護士の男は、麻薬の取引で巨額の利益を得る話にのる。男は愛する女性にダイヤの指輪を贈りプロポーズする。麻薬を運ぶ車が盗まれる
◆出演マイケル・ファスベンダー/ハビエル・バルデム/キャメロン・ディアス ◆監督リドリー・スコット
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13986
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6ML50I0mVHY

女に与えるお金を稼ごうとしたために、全てを失う男たちの顛末を描くドラマ。
セリフで長々と人生観か何かを力説しているんだが、全く頭に入らず。
展開が超のんびりしているのが短所でもあり長所でもある。役者らを見る分には良かったよ。



△「サイド・エフェクト」(2013/米) ◆30点
◆原題「Side Effects」 ◆読み:さいどえふぇくと ◆鑑賞日2014/07/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/08
◆車を壁に激突させて自殺を図った女性は、病院で精神科医の診断を受け、新薬の抗うつ剤を処方される。副作用の夢遊病中に夫を包丁で刺し殺すが…
◆出演ジュード・ロウ/ルーニー・マーラ/キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ◆監督スティーブン・ソダーバーグ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1172235
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QGe2ZE0prGg

地位のある者がどん底にたたき落とされた後に、反撃するドラマ。
反撃のやり方が予想通りに展開し、痛快さが無く面白くなかった。
主人公の絶望感や、女の焦りなどの心理描写が、かなり残念なレベル。



○「ミッシング・ポイント」(2012/米=英=カタール) ◆60点
◆原題「The Reluctant Fundamentalist」 ◆読み:みっしんぐぽいんと ◆鑑賞日2014/07/20 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/07
◆パキスタンでアメリカ人が誘拐される。物書きのアメリカ人は現地の大学の教授に話を聞く。10年前、教授はウオール街で一流企業に就職するが…
◆出演リズ・アーメッド/ケイト・ハドソン/リーヴ・シュレイバー ◆監督ミーラー・ナーイル
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2108?prev=search&keyword=%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7SQs2Y8drP8

9・11テロを切っ掛けに、物の見方が変わった青年の人生観を描くドラマ。
自分の事しか考えていない人間により、若者の未来が閉ざされていると言っていました。
表面上だけ信用しているふりのクズ共があふれているのは、資本主義のせいだとも言っていました。



△「キャリー」(2013/米) ◆50点
◆原題「Carrie」 ◆読み:きゃりー ◆鑑賞日2014/07/19 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/12
◆いつも一人の女子高校生は、体育の授業後のシャワーで初潮があり、知識が無くパニックに。同級生が動画を拡散。同名映画 (1976/米)のリメイク
◆出演クロエ・グレース・モレッツ/ジュリアン・ムーア/ポーシャ・ダブルデイ ◆監督キンバリー・ピアース
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13963
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=SdoVioPv0fs

青春+学園+超能力ホラー。1976年版を見直したが、ほぼ同じ展開だった。
いじめの微妙さや、豚の血で長時間引っ張るダラダラ感、すっきり感の無さもほぼ同じだった。
皆殺しシーンは流石に今作の方が見られるが、旧作同様に地味。青春は旧作の方がかなり上。



△「グランド・イリュージョン」(2013/仏=米) ◆40点
◆原題「Now You See Me」 ◆読み:ぐらんどいりゅーじょん ◆鑑賞日2014/07/19 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/20
◆しがない手品師4人にタロットカード招待状が渡される。指定場所へ行くと立体映像が出る。1年後、4人はラスベガスで大掛かりな手品ショーをする
◆出演ジェシー・アイゼンバーグ/マーク・ラファロ/モーガン・フリーマン ◆監督ルイ・レテリエ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/now_you_see_me/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4OtM9j2lcUA

どんでん返し系アクション。テンポは良いし、演出も派手だが、全シーンどうでもいい感じ。
金庫施設や現金輸送車の台の下に難なく入れるなど、かなりの部分が都合良く進む。
主犯の人とその他の人との関係や、犯行を手伝う理由がほぼ描いていないのが最大の難点。



△「ヒューマン・レース」(2013/米) ◆50点
◆原題「The Human Race」 ◆読み:ひゅーまんれーす ◆鑑賞日2014/07/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆突然、見たこともない場所で意識が目覚めた老若男女80人は、ルールを破ると頭が爆発し死ぬマラソンを強制的にやらされるが…
◆出演エディ・マギー/ドミツィアーノ・アルカンジェリ/トリスタ・ロビンソン ◆監督ポール・ハフ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201403/dvd08.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QWBh-hMIfn4

最後の一人になるまで何かをする、よくある設定のサスペンス。糞B級感はなし。
マラソンにより、他人を蹴落として生きている我々の人生観を描いていた。
誰が何のためにやっているのか種明かしされるのだが、よくあるオチでガッカリ。



△「新アリゲーター 新種襲来」(2013/米) ◆40点
◆原題「Ragin Cajun Redneck Gators」 ◆読み:しんありげーたーしんしゅしゅうらい ◆鑑賞日2014/07/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆都会から帰省した女性は父親らと共に、しっぽにトゲがある新種のワニをしとめる。一方、ある住民は化学物質を混ぜた密造酒を沼に捨てていた
◆出演ジョーダン・ヒンソン/ジョン・クリス/クリストファー・ベリー ◆監督グリフ・ファースト
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201403/dvd07.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=DE0vg6slnYE

B級コメディ・ワニパニック。人間がワニに変貌する狼男ホラーな要素がありユニーク。
全体的に「トレマーズ」のようなウェスタン風ノリで良かったが、終盤には飽きてきた。
ワニはもろCGっぽいところがチラホラありしょぼい。俳優陣の顔つきが良かった。



×「アウトブレイク2014」(2013/米=ニュージーランド) ◆10点
◆原題「The Cure」 ◆読み:あうとぶれいく2014 ◆鑑賞日2014/07/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆製薬会社の地下を進み外に出て車と落ち合う男。1年後。幼い頃に父親をガンで亡くした女性は、その製薬会社で恋人と抗ガン剤を研究していた
◆出演アントニア・プレブル/ダニエル・リッシング/スティーヴン・ロヴァット ◆監督デヴィッド・グールド
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5553
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=M7ZUxJD0Lbg

閉鎖空間で約3人が右往左往する糞B級アクションドラマ。ヒロインの目が完全に日本ホラーで恐い。
状況説明がまるで出来ていない酷いシナリオ。ウィルスと癌の治療を同一視している糞。
娘が4日間も昏睡状態なのに、遠い田舎でのんびり暮らしている母親などつっこみどころ満載。



○「メトロマニラ 世界で最も危険な街」(2013/英=フィリピン) ◆70点
◆原題「Metro Manila」 ◆読み:めとろまにらせかいでもっともきけんなまち ◆鑑賞日2014/07/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆フィリピン。作物が不作で生活費を稼ごうと首都マニラに来た家族。着くなり有り金をだまし取られる。夫は現金輸送車の警備員の面接を受けるが…
◆出演ジェイク・マカパガル/ジョン・アルシラ/アルセア・ヴェガ ◆監督ショーン・エリス
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5535
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Qfk3zA_vUeI

人は「貧乏」ゆえに罪を犯し、人は「お金」で救われると言うドラマ。警察バディムービー風の佳作。
何をしようが大金を得られれば、末代まで尊敬されるって考えは、貧乏だから生まれるとも言っていました。
因果応報、自己犠牲での救いなどやや宗教あり。音が所々途切れるのは借りたDVD固有の問題か?



△「こわれゆく世界の中で」(2006/英=米) ◆50点
◆原題「Breaking and Entering」 ◆読み:こわれゆくせかいのなかで ◆鑑賞日2014/07/05 ◆レンタルBD ◆発売日2007/09/19
◆治安の悪い街の再開発を担う建築家は、恋人とその連れ子で心の病を抱える娘と暮らしていたが、破局感が漂っていた。ある日、事務所に泥棒がはいる
◆出演ジュード・ロウ/ジュリエット・ビノシュ/ロビン・ライト・ペン ◆監督アンソニー・ミンゲラ
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=781&pid=30000000000047
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=g2Ekg4rYSKE

何でも正直に打ち明ければ、わだかまりが解け、全てが良い方向に行くと言う交流ドラマ。
「嘘も方便」をうまく使うと、自分も愛する人も人生バラ色になるとも言っていました。
子供は大人の精神状態の映し鏡だとも言っていました。七つの大罪あり。全員善人面なのが難点。



△「デス・ロード 染血」(2007/米) ◆40点
◆原題「Wind Chill」 ◆読み:ですろーどせんけつ ◆鑑賞日2014/07/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/06/25
◆クリスマスのため実家に帰省することになった大学生の女性は、同じ大学の男性の車に同乗し帰省することにする。近道をしようと本道から外れ事故る
◆出演エミリー・ブラント/アシュトン・ホームズ/マーティン・ドノバン ◆監督グレゴリー・ジェイコブス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-44887
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=q5k4a39lhWQ

身勝手な女性が、自己犠牲的な愛を知ることで成長するB級ループサスペンス。ループは3〜4回。
七つの大罪っぽいのあり。終盤まで若い男女のドライブと、事故後の言い合いだけで退屈。
何故に車の中にとどまり続け、大通りまで歩いて助けを求めないのかが最大級のアホ。



△「ランナウェイ/逃亡者」(2012/加) ◆30点
◆原題「The Company You Keep」 ◆読み:らんなうぇいとうぼうしゃ ◆鑑賞日2014/07/05 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/05
◆1969年にベトナム戦争反対を訴えた過激派グループの女が、30年の逃亡生活の末、自首直前でFBIに捕まる。新聞記者の男が調べるとスクープを掴む
◆出演ロバート・レッドフォード/シャイア・ラブーフ/ジュリー・クリスティ ◆監督ロバート・レッドフォード
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14863&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UELonDEqAMw

逃走ドラマ。ロードムービー風だけど、次々と昔の知人に会うだけで人生の描き方が薄い。
愛する人を助けるために30年間逃げていたんだろうが、最初の娘のことはどうでもいいって感じなのが最悪。
マスコミは他人の人生を平気で踏みにじる「テロ」である、屑共はよく考えて記事にしろと言っていました。



△「エイリアンVSエクソシスト」(2011/伊) ◆40点
◆原題「6 giorni sulla Terra」 ◆読み:えいりあんばーさすえくそしすと ◆鑑賞日2014/07/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆精神体エイリアンが人類に取り憑いていることを研究している教授は、ある女性に後退催眠をかけ調べると、ヘクサボルと名乗る者が憑依していた
◆出演マッシモ・ポッジオ/ラウラ・グラヴァン/マリーナ・カザンコヴァ ◆監督ヴァロ・ヴェントォーリ
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/14/ECLR_0082/ECLR_0082.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=h9T-gWBdqB4

エイリアン(って言うかえせ神)に憑依された女性を助けるため教授が奔走するB級アクションサスペンス。
中盤の銃で人が死んでから、全く何をやっているのか訳が分からない展開に。題材的に面白いのにもったいない。
取り憑かれた女性がマネキンみたいな美貌で+10点。髪を切るとミラ・ジョヴォヴィッチの若い時のような感じ。



×「THE LOOP ザ・ループ 〜永遠の夏休み〜」(2012/米) ◆10点
◆原題「Mine Games」 ◆読み:ざるーぷえいえんのなつやすみ ◆鑑賞日2014/06/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆卒業旅行のため車で森の別荘へと向かう若者達。道に迷い人を轢きそうになり急回避。しばらく進むと車が故障する。車を置いて歩くと別荘を発見する
◆出演アレックス・メラズ/ジョセフ・クロス/レベッカ・ダ・コスタ ◆監督リチャード・グレイ
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/14/IF14_0733/IF14_0733.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=902zMX7f-V8

自分の死体を発見するアイデアだけの支離滅裂な糞サスペンス。若者達が無間地獄に陥るのだが、理由描写なしの糞。
男を閉じこめる理由が全く理解できない糞。生きている女を発見したのに何が起こったか聞かないって馬鹿か。
壁の文字が消えていたり、穴がふさがっていたり、なぜそうなるのかを全く描いていない全編ご都合主義の糞。



○「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」(2013/米) ◆60点
◆原題「Percy Jackson Sea of Monsters」 ◆読み:ぱーしーじゃくそんとおりんぽすのかみがみまのうみ ◆鑑賞日2014/06/28 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/05
◆かつて4人がサイクロプスに襲われたとき、1人が犠牲となり訓練所を守るバリアを張る大木へと姿を変える。時は流れ、その大木に毒が注入される
◆出演ローガン・ラーマン/ダグラス・スミス/アレクサンドラ・ダダリオ ◆監督トール・フロイデンタール
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13957
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5KoOtiuSjuI

ギリシア神話が題材のロードームービー風子供向けアクション第2弾。青春なし。
役者が成長したのか、前作と監督が違うためか、キャラの描き方が前作と比べかなりマシになった。
海馬が綺麗で良かった。ただ、どこかで見たシーンの寄せ集めって感じがあるのが残念。



△「ブラッドショット:ヴァンパイア・エージェント」(2013/米) ◆30点
◆原題「Blood Shot」 ◆読み:ぶらっどしょっとう゛ぁんぱいあえーじぇんと ◆鑑賞日2014/06/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/12
◆悪党を殺しているヴァンパイアを追っている刑事は、妻や同僚、上司にも信じてもらえず孤立していた。そんな折り、テロリストがアメリカに入国する
◆出演ブレナン・エリオット/マイケル・ベイリー・スミス/ブラッド・ドゥリフ ◆監督ディートリッヒ・ジョンストン
◆公式:http://klockworx.com/bluraydvd/p-100465/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ptxMcN3kV1c

CIAに属するヴァンパイアの生き残りがテロリストからアメリカを守る糞B級アクション。
編集、テンポ、アクションなど全てが30年ぐらい前の糞B級映画のノリ。役者陣がなにげにすごい。
ほぼバディムービーなんだが、接点を描くのが少なすぎる。登場する女性が美人揃いなのが救い。



△「追撃車」(2011/スウェーデン) ◆50点
◆原題「Forsvunnen」 ◆読み:ついげきしゃ ◆鑑賞日2014/06/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆兄の自殺から立ち直れない女性は、どこかへ引っ越すことにする。荷物を牽引する車で長距離を移動していると、黒いジープにつきまとわれていた
◆出演ソフィア・レダルプ/キェル・ベルキビスト/ビョルン・カイェルマン ◆監督マティアス・オルソン/ヘンリック・JP・オーケソン
◆公式:http://www.twanet.jp/#/1320tu-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=-Z49uHneaZE

社会や人生の空虚を感じた女性が徐々に再生するロードームービー風女性監禁逃走サスペンス。
夢の中か、既に死んでいるのか、犯人の動機、ヒロインとの関係等々色々考えてしまうのが○。
最初の犯人との会話が変、広大な森で都合良く鉢合わせ、ヒロインの行動が軽率などつっこみどころ多し。



△「レッド・ドーン」(2012/米) ◆30点
◆原題「Red Dawn」 ◆読み:れっどどーん ◆鑑賞日2014/06/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/05
◆北朝鮮のパラシュート部隊がアメリカの街を占拠。車で山小屋へ逃げた学生たちがゲリラ戦に挑む。「若き勇者たち」(1984/米)のリメイク
◆出演クリス・ヘムズワース/ジョシュ・ペック/コナー・クルーズ ◆監督ダン・ブラッドリー
◆公式:http://reddawn-film.com/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UoqlBHSePw0

北朝鮮とソ連がアメリカ全土を占拠し、学生のゲリラが反撃するアホ・アクション。青春色薄い。
メリケンの若造どもとベトコンを同一視するって、どんなコメディなんだよ。七つの大罪あり。
つっこみどろこ満載。民衆を野放しにしているってのが一番笑える。登場人物全てがキャラ的に弱いのも難点。



×「ロード・オブ・セイラム」(2012/米=英=加) ◆20点
◆原題「The Lords of Salem」 ◆読み:ろーどおぶせいらむ ◆鑑賞日2014/06/21 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/04
◆1692年に7人の魔女が異形の神を誕生させる儀式をするが失敗。現代。深夜のラジオ局のDJをする女性宛てに木箱に入った分厚いレコードが届く
◆出演シェリ・ムーン・ゾンビ/ブルース・デイビソン/メグ・フォスター ◆監督ロブ・ゾンビ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/bixf-0107
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Y606RoSur8o

魔女伝説+クトゥルフのホラー。ババアの全裸あり。映像は今風だが、大昔のホラーの展開そのまんま。
昔は得体の知れない触手のSFXだけで面白かったんだけどな。それだけじゃもう通用しないだろ。
画面の隅っこに女の人が居てビックリさせる手法を多用し恐さ無し。メガネお姉ちゃんの容姿は○。



△「ビザンチウム」(2012/英=米=アイルランド) ◆30点
◆原題「Byzantium」 ◆読み:びざんちうむ ◆鑑賞日2014/06/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/04
◆秘密の物語をノートに書き、マンションの外に丸めて捨てる少女。それを読んだ老人は血を少女に差し出し死ぬ。一方、娼婦の母親は何者かに追われていた
◆出演シアーシャ・ローナン/ジェマ・アータートン/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ ◆監督ニール・ジョーダン
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201300002310&DSP_SKHKETSEQ=002
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_zu2cW7AhO8

何もかもさらけ出すと、人生が進展することを描くヴァンパイア要素のあるドラマ。
母親との関係や、身体的な悩み、彼氏に嫌われる不安感などを表現した青春がメイン。
全体にメリハリが無く退屈。なぜか終盤、糞B級アクションに急変した。ヒロインだけが○



△「最愛の大地」(2011/米) ◆30点
◆原題「In the Land of Blood and Honey」 ◆読み:さいあいのだいち ◆鑑賞日2014/06/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/04
◆1992年、ボスニア・ヘルツェゴビナで内戦が勃発。ムスリム人の男達は射殺され、女達はセルビア軍の基地に連行されレイプや下働きをさせられていた
◆出演ザーナ・マリアノヴィッチ/ゴラン・コスティッチ/ラデ・シェルベッジア ◆監督アンジェリーナ・ジョリー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBBF-8885
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=wDBU8CqU0dg

非人道的な行為が横行していたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争を描くドラマ。微妙なレイプシーンあり。
敵民族の恋人を助ける要素が入っているが、愛の描き方が情熱的でなく、かなり退屈。
戦闘シーンもほぼ無しで反戦を描くのに失敗。最後の晩餐や七つの大罪あるが、宗教的にも微妙。



△「2ガンズ」(2013/米) ◆40点
◆原題「2 Guns」 ◆読み:つーがんず ◆鑑賞日2014/06/15 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/21
◆銀行強盗を企む男2人は、向かいのダイナーに火を放つ。時はややさかのぼり、男2人はメキシコの組織に偽造パスポートの報酬としてコカインを要求する
◆出演デンゼル・ワシントン/マーク・ウォールバーグ/エドワード・ジェームズ・オルモス ◆監督バルタザール・コルマウクル
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80318
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=AK6EbfdnTHg

男2人の友情を描く半コメディ・アクション。
主役2人のキャラが良かった(特にウインクする方)。
ストーリーが全く面白くなく、痛快でもないのが致命的。



△「スティーラーズ」(2013/米) ◆50点
◆原題「Pawn Shop Chronicles」 ◆読み:すてぃーらーず ◆鑑賞日2014/06/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/21
◆アメリカ南部の街にある質屋にショットガンを質に出す男。男は仲間の車に轢かれ重体になる。一方、プレスリーのものまね芸人が街の祭りでやってきた
◆出演ポール・ウォーカー/ブレンダン・フレイザー/マット・ディロン ◆監督ウェイン・クラマー
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV24153D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=dfg6V4tyfDY

神は必ずおまえら糞共を救ってくださる。今があるのも神のおかげで、ありがたく思えと言う群像ドラマ。
拉致された女性達も、犯罪者の男に愛されていて実は救われている、全ては神の思し召しだと言っていました。
タランティーノの「パルプ・フィクション」風なオムニバス形式。神をたたえる賛美歌「アメイジング・グレイス」が良い。



○「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2」(2013/米) ◆70点
◆原題「I Spit on Your Grave 2」 ◆読み:あいすぴっとおんゆあぐれいう゛2 ◆鑑賞日2014/06/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/03/05
◆NY。モデルを夢見る女性は、エージェントからプロが撮った写真が必要と言われる。店の掲示板に貼ってあった無料の写真撮影の現場へと行くが…
◆出演ジェマ・ダーレンダー/ジョー・アブソロム/ヤヴォル・バハロフ ◆監督スティーヴン・R・モンロー
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5545
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Vcp1kTOGwl4

強姦リベンジ・バイオレンスの第2弾。聖書を意識した作り。前作と監督が同じ。
今回は都会が舞台で、強姦犯罪が現実にありそうな感じで恐い。
それが相まって後半の反撃も良かった。ヒロインの演技も良かった。



○「天使の処刑人 バイオレット&デイジー」(2011/米) ◆60点
◆原題「Violet & Daisy」 ◆読み:てんしのしょけいにんばいおれっとあんどでいじー ◆鑑賞日2014/06/14 ◆レンタルBD ◆発売日2014/03/04
◆修道女の格好で仕事をした殺し屋の若い女2人。新作ドレスがほしいため、新しい依頼を引き受ける。二人はうっかり夕一ゲットの部屋で寝てしまう
◆出演シアーシャ・ローナン/アレクシス・ブレーデル/ジェームズ・ガンドルフィーニ ◆監督ジェフリー・フレッチャー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0106
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=C7CdL8xXmxE

父と娘の関係と、女同士の友情を描く、独特な雰囲気の青春ドラマ。
怖いものなしの若い年頃の女の子を、「殺し屋」として比喩。男共はいじめっこ達。
全編シュールなコメディ風で、ほぼ室内の会話だけで構成されているのでやや退屈。



○「アフターショック」(2012/米=チリ) ◆60点
◆原題「Aftershock」 ◆読み:あふたーしょっく ◆鑑賞日2014/06/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/05
◆チリで、金持ちの息子含む男3人が観光。3人の美女と知り合い、一緒にディスコなどに行って楽しむ。そんな折り、地震が起こりパニックに
◆出演ニコラス・マルティネス/イーライ・ロス/アンドレア・オスバルト ◆監督ニコラス・ロペス
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1155292
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ax5yTUi-wvY

罪深き人間共を苦しませ皆殺しにし裁きを下す地震スペクタクル風ホラー。
中盤まで「ハングオーバー!」そっくりのキャラたちによるコメディ。
その後は鬼畜ホラー。ラストは何故か「ディセント」。震災が題材で後味悪すぎる。



△「ロスト・ボディ」(2012/西) ◆50点
◆原題「El cuerpo (The Body)」 ◆読み:ろすとぼでぃ ◆鑑賞日2014/06/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/11
◆法医学研究所の警備員が突如、外に飛び出し車に轢かれ重体になる。そこで大金持ちの女の死体が消え警察が捜査。夫が呼び出されるが、浮気をしていた
◆出演ウーゴ・シルバ/ベレン・ルエダ/ホセ・コロナード ◆監督オリオル・パウロ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1155254
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=V0vCyRHs3k8

メロドラマ+因果応報サスペンス。序盤は軽いホラー風で一粒で三度おいしい。
主人公の行動も理不尽だが、警察の行動がかなり理不尽すぎる。
ラストのどんでん返しは良いが、伏線を思い出すと粗ばかりなのが難点。



△「恐怖ノ黒洋館」(2012/加) ◆40点
◆原題「The Last Will and Testament of Rosalind Leigh」 ◆読み:きょうふのくろようかん ◆鑑賞日2014/06/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/05
◆骨董品を売る無神論者の男は、長年疎遠になっている母親が死亡したため相続した屋敷を訪れる。そこで初めて骨董品の買い手は母親だったことを知る
◆出演アーロン・プール/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/ジュリアン・リッチングス ◆監督ロドリゴ・グディノ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1158472
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=H6FWJOjBLEY

宗教の本質をねじ曲げ、我が子にトラウマを与えた親の魂の行き場所を描くホラー。
骨董品が無数に置いてある家の中を写すシーンが多く、興味なければイライラすること必至。
館の謎は思わせぶりで何も無いシーンが多い。登場人物がほぼ一人ってのが唯一の見所。



○「フローズン・グラウンド」(2013/米) ◆60点
◆原題「The Frozen Ground」 ◆読み:ふろーずんぐらうんど ◆鑑賞日2014/06/07 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/19
◆1983年アラスカ。手錠につながれ叫ぶ17歳の娼婦が警察に保護される。一方、森の中で少女が遺体で発見され、辞める直前の刑事が捜査を開始する
◆出演ニコラス・ケイジ/ジョン・キューザック/ヴァネッサ・アン・ハジェンズ ◆監督スコット・ウォーカー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/bbxf-2054
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=PKKfUcGrLDU

連続殺人を追う実話刑事ドラマ。デコ禿げ率高い。インパクト的に導入部分が弱く損をしていた。
ニコラス刑事が亡くなった妹と、被害者の女性をダブらせ助けようとしているのは良かった。
近年、警察の証拠無し逮捕が問題になっているが、極悪人に対しては、これも正義だと思ってしまう。



△「ウォーム・ボディーズ」(2013/米=加) ◆40点
◆原題「Warm Bodies」 ◆読み:うぉーむぼでぃーず ◆鑑賞日2014/06/01 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/07
◆ゾンビの青年は、いつもように空港を徘徊していたが外へと行く。一方、人間の若者らは壁の外へと行く。鉢合わせしゾンビ青年が人間の女に一目惚れ
◆出演ニコラス・ホルト/テリーサ・パーマー/ジョン・マルコビッチ ◆監督ジョナサン・レヴィン
◆公式:http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=1101
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=07s-cNFffDM

恋をすると生き返ることを描くゾンビドラマ。ゾンビは老人で、ガイコツが死神と考えるとしっくりくる。
老人が爆発的に増えたため、若者や一部の権力者とは違い肩身の狭い思いをしている少子高齢化社会が舞台。
痴呆ジジィが若い女に一目惚れして、拉致監禁してデートしてウキウキする、滅茶苦茶な風刺のお話でした。



△「ファントム 開戦前夜」(2012/米) ◆30点
◆原題「Phantom」 ◆読み:ふぁんとむかいせんぜんや ◆鑑賞日2014/06/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/07
◆1968年冷戦下のソ連。年老いた艦長と、老朽化した潜水艦に極秘兵器の実験のための緊急の任務が与えられる。出航と同時に指揮官が拳銃で自殺する
◆出演エド・ハリス/ウィリアム・フィクトナー/デヴィッド・ドゥカヴニー ◆監督トッド・ロビンソン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/phantom/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fv0NlYLrRaM

核ミサイルを搭載したソ連潜水艦が同胞に乗っ取られるドラマ。緊迫感がかなり薄い。
核戦争は無いって史実を知っているのが要因か、全く面白くない。ソ連なのに英語はないだろ。
ちょっとした名優が勢揃いしているのに全体に冴えない。ラストの死人が言う台詞に苦笑。



△「パニック・マーケット」(2012/オーストラリア=シンガポール) ◆30点
◆原題「Bait 3D」 ◆読み:ぱにっくまーけっと ◆鑑賞日2014/05/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/08
◆ライフセーバーの青年の恋人の兄がホオジロザメに食い殺される。時が経ち、恋人と別れ、スーパーの店員に転職した青年が出勤すると、津波が街を飲み込む
◆出演ゼイヴィア・サミュエル/シャーニ・ヴィンソン/ジュリアン マクマホン ◆監督キンブル・レンドール
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1138153
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5W27GkULkfw

糞B級閉鎖空間サメアクション。元は3D立体視なので輪郭がクッキリ。津波と死体あり注意。
芝居臭い人情ドラマや自己犠牲が中心でダラダラ展開し超辛かった。溺れ死んだ奴アホすぎ。
七つの大罪あり。そのうちの「暴食」がサメで、人間じゃないってのが唯一面白かったところ。



○「エンド・オブ・ウォッチ」(2012/米) ◆80点
◆原題「End of Watch」 ◆読み:えんどおぶうぉっち ◆鑑賞日2014/05/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/08
◆ギャングの抗争がある地区をパトロールする白人警官と相棒のメキシコ系警官はカメラで常に撮影をしていた。ある日、不振な車を止めると発砲される
◆出演ジェイク・ギレンホール/マイケル・ペーニャ/アナ・ケンドリック ◆監督デヴィッド・エアー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1138117
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mf2K9GzgiF0

兄弟を超えた親友との良き思い出を描く、正義の警官バディムービー。半分POV。
キャラの立ち上げ方や、家族との幸せの描き方が上手く、かなり面白かった。
一介の警官が、かなりの頻度で重大な犯罪現場に遭遇するってのが難点。



×「トランス」(2013/米=英) ◆10点
◆原題「Trance」 ◆読み:とらんす ◆鑑賞日2014/05/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/05
◆名画のオークション会場に強盗が押し入る。競売人の男は強盗に電気ショックを与えるが、逆に殴打され記憶喪失になる。競売人は多額の借金を負っていた
◆出演ロザリオ・ドーソン/ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル ◆監督ダニー・ボイル
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13919
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YjHWzrzdM3U

記憶喪失の男の治療を延々描く糞ドラマ。本当にダニー・ボイルの作品か疑う。
終盤まで何もない近年まれに見る超ダラダラ展開の糞。オチも予想通りで糞。
女優ロザリオ・ドーソンの全裸パイパンもろ見せが唯一の特徴って糞にも程がある。



△「死霊館」(2013/米) ◆50点
◆原題「The Conjuring」 ◆読み:しりょうかん ◆鑑賞日2014/05/25 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/05
◆古い一軒家を購入し引っ越してきた7人家族。時計が3時7分で止まり、死臭が漂い、幽霊を目撃する。心霊現象を解決して来た夫婦に助けを求めるが…
◆出演ベラ・ファーミガ/パトリック・ウィルソン/リリ・テイラー ◆監督ジェームズ・ワン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ejMMn0t58Lc

家族と暮らした幸せな日々を思い出す事が、生きる力となることを描くホラー。
死体みたいなのが突然出てくる手法を多用し、あんまり怖くないのが難点。
子供が犠牲になるのではとの不安感を煽りまくって、ほぼ何も起こらないのも微妙。



△「ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト」(2012/米) ◆40点
◆原題「Hellbenders」 ◆読み:へるべんだーずじごくのえくそしすと ◆鑑賞日2014/05/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/07
◆七つの大罪を犯すエクソシスト集団。悪魔を憑依させ、自殺することで一緒に地獄に行くための行為だった。ある日、監禁されていた悪魔の首輪を取るが…
◆出演クリフトン・コリンズ・Jr/クランシー・ブラウン/ロビン・リクーン ◆監督J・T・ペティ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_285.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Ig3UC0oFfWw

キリスト教のエクソシストが、北欧神話のスルトを退治するコメディ。
異端エクソシストが勢揃いって面白そうな設定だが、キャラ的にかなり中途半端。
テンポも悪く、笑いもかなり少ない。悪魔憑依やラスボスなどの映像的な見所も皆無。



△「ナイトメアは欲情する」(2012/リトアニア=仏=ベルギー) ◆50点
◆原題「Vanishing Waves(Aurora)」 ◆読み:ないとめあはよくじょうする ◆鑑賞日2014/05/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/05
◆ある研究所で昏睡状態の患者の意識に潜入する実験を行っていた。研究者の男が潜入すると女性が現れセックスをしてしまうが、責任者に報告しなかった
◆出演マリウス・ヤンポルスキス/ユルガ・ユタイテ/シャルナス・バルタス ◆監督クリスティーナ・ブオジッテ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5417
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ZqVAn5TpaME

真実の愛によって、人は孤独から解放されることを描くドラマ。脳内全裸シーンぼかし大きすぎ。
「ザ・セル」と「トーク・トゥ・ハー」の基本設定を足したような感じ。七つの大罪あり。
終盤では彼女の昏睡状態の理由をあかすことがメインになっていて、愛が二の次になっていた。



×「ハロウィン・チェーンソー・キラー ビギニング」(2012/米) ◆20点
◆原題「Hayride」 ◆読み:はろうぃんちぇーんそーきらーびぎにんぐ ◆鑑賞日2014/05/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/24
◆凶悪犯を護送するパトカーが事故り脱走する。一方、大学生の男は恋人とともに、毎年恒例のハロウィンイベントのため、故郷に帰省する
◆出演ジェレミー・アイヴィ/リチャード・タイソン/ジェレミー・サンデ ◆監督テロン・R・パーソンズ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201402/dvd10.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=BkjxkdWJbQs

糞B級ホラー。大多数のシーンがしゃべっているだけの糞。ホラー要素、スプラッタもほぼ無し。
ジジィの糞長い説教などを、わざと狙ってやりましたとセリフで言っていました。
唯一の収穫は、アメリカのアニメキャラみたいに、主人公の青年の額と鼻が真っ平らに繋がっていてたこと。



△「ディープ・ウォーター」(2012/スウェーデン) ◆50点
◆原題「Morkt Vatten」 ◆読み:でぃーぷうぉーたー ◆鑑賞日2014/05/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/05
◆不動産会社に勤務する男は、社長の妻と浮気していた。売却前の高級別荘で週末を楽しむ二人。そこへ家の修理を行っている男が現れる
◆出演ヘレーナ・アフ・サンデバリ/スベリル・グドナソン/アンジェイ・ヒラ ◆監督ラファエル・エドホルム
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201402/dvd02.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ItNyf3ZTEQo

別荘で浮気している男女に、謎の男が介入するドラマ。全裸セックスシーンあり。
リンゴ、七つの大罪が入っていました。森へ逃げる、プールに飛び込む、戻るなどアホな行動あり。
神の代弁者のような謎の男の正体を謎のままにしておけば、もう少し面白くなったのでは。



×「エリジウム」(2013/米) ◆20点
◆原題「Elysium」 ◆読み:えりじうむ ◆鑑賞日2014/05/17 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/05
◆2154年。地球の大気は汚染され人口が激増。富裕層がスペースコロニーに暮らし貧乏人は地球で働いていた。ある男が工場で事故に遭い余命が5日になる
◆出演マット・デイモン/アリス・ブラガ/ジョディ・フォスター ◆監督ニール・ブロムカンプ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRS-80316
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=EJ-bYOyQ46Y

キリスト(生き返る追っ手の男)を殺し、神の国(コロニー)を人間の国にする、凄いアホなお話のSFドラマ。
やっぱ神の国より、人間の国の方が素晴らしいだろと、根拠も描かずに訳の分からないことを言っていました。
体の装置がなんなのか序盤で説明不足。異常なほどダラダラ展開。乗り物が飛んで、銃を乱射するだけのアクションも糞。



△「ダウンフォール」(2011/米) ◆30点
◆原題「No Saints for Sinners」 ◆読み:だうんふぉーる ◆鑑賞日2014/05/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/05
◆元IRA兵士の男は相棒と共に、ギャング組織の車を盗んだ子供の家に押し入る。相棒は子供を銃殺しようとするが、言い合いになり相棒を殺し逃げる
◆出演リック・クロフォード/ケイト・トムリンソン/コリン・サットン ◆監督ネーザン・フランコフスキー
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/cont/downfall/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Cf3towNMVzQ

ギャング組織から逃げた男が、大切な人ができるB級ドラマ。
話的にありきたりで、テンポも悪い。顔的にいい感じの役者が揃っているのが救い。
主人公がなにも考えない行き当たりばったりの馬鹿ってのが一番の難点。



○「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」(2012/米) ◆70点
◆原題「The Place Beyond the Pines」 ◆読み:ぷれいすびようんどざぱいんずしゅくめい ◆鑑賞日2014/05/11 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/07
◆サーカスのバイクショーで働く男は、以前に関係した女性と出会い家まで送る。男は女性が自分の子供を密かに生んでいたことを知り、サーカスを辞めるが…
◆出演ライアン・ゴズリング/ブラッドリー・クーパー/デイン・デハーン ◆監督デレク・シアンフランス
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0097
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=zhb2F5df4Vg

父親の我が子を愛する想いは最終的に息子に伝わり、それで父親が救われることを描くドラマ。
息子は、父親と同じ道を歩むことこそが、その愛に応えられる唯一の方法だとも言っていました。
罪を犯した者には、神から罰が与えられ(長期間の苦しみ)、告解すれば許されることも描いていました(森は告解室)。



×「スパイ・コード 殺しのナンバー」(2012/英=米=ベルギー) ◆10点
◆原題「The Numbers Station」 ◆読み:スパイコード ◆鑑賞日2014/05/11 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/10
◆CIA諜報員の男は暗号数字から、ある人物の抹殺指令を受け実行する。女性に目撃されるが殺すのをためらう。居合わせたボスが女性を射殺。男は転属
◆出演ジョン・キューザック/マリン・アッカーマン/リーアム・カニンガム ◆監督カスパー・バーフォード
◆公式:http://www.tsutaya.co.jp/tty_cate/dvd/tcm/20131220/spy-code.html?top=topics_dvd_21
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eQaCMv0rdBU

諜報員が殺人を平気でやれるようになったことを理由も描かずに急に反省する糞ドラマ。
密室サスペンス風だがサスペンスが一切無い。長時間違う時間の録音を聞いているだけ。
自分にはほぼ何も起こらない糞。主人公がマヌケで、ヒロインが先に重要事項に気付く糞さ。



△「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」(2013/米) ◆40点
◆原題「Odd Thomas」 ◆読み:おっどとーますしにがみときみょうなきゅうせいしゅ ◆鑑賞日2014/05/10 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/29
◆死者の霊が見える青年は、殺された少女の霊が教えてくれた犯人を捕まえる。ダイナーの厨房で働いていると、ある客に多数の死神が集まってきた
◆出演アントン・イェルチン/アディソン・ティムリン/ウィレム・デフォー ◆監督スティーブン・ソマーズ
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV24148D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CV_7tOWGvio

よくある街を救うヒーローもの。恋愛もよくある感じで、ラストも予想通り。
ポップな感じの雰囲気が最初は良かったが、展開が単調で途中で飽きてくる。
死神が大量にでてくるだけじゃ映像的にも面白くない。ヒロインが美人。



△「The Child’s EYE チャイルズ・アイ」(2010/香) ◆50点
◆原題「童眼/The Child's Eye」 ◆読み:ちゃいるずあい ◆鑑賞日2014/05/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/25
◆香港からタイへ旅行にきていた6人の男女は、暴動が起り空港が閉鎖され、汚い安ホテルに泊まることになる。そこで3人の子供と女幽霊を見る
◆出演レイニー・ヤン/ショーン・ユー/エレイン・コン ◆監督オキサイド・パン/ダニー・パン
◆公式:http://all-in-ent.com/ippan/1401/06.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5w8v8E9Qo2s

カップルは初心を思い出し、いがみ合わないで仲直りしなさいと言うホラー。
若いアイドルたちを起用した感じや、3D立体視を極度に意識したシーンが難点。
人面犬の逆の「犬面人」が登場するなど、コメディ日本風ホラーとして見るとまあまあ面白い。



×「マニアック」(2012/仏=米) ◆20点
◆原題「Maniac」 ◆読み:まにあっく ◆鑑賞日2014/05/10 ◆レンタルBD ◆発売日2014/02/04
◆マネキンの修復師をしている男は、出会い系サイトで知り合った女性を殺し、髪の毛を頭皮ごと剥がす。1980年ホラー映画のリメイク
◆出演イライジャ・ウッド/ノラ・アルネゼデール/ミーガン・ダフィ ◆監督フランク・カルフン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0105
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=uD02QssnO7w

異常殺人者POV。カメラじゃない、殺人者の目から見た映像(一人称視点)を全編使用。
ターゲットに近づき殺すだけを数回やる内容無しの糞。終盤で急に喋りまくる犯人に唖然。
最大の難点は、犯人役のイライジャ・ウッドの表情がほぼ分からないこと。



×「ディアトロフ・インシデント」(2013/米=英=露) ◆10点
◆原題「Devil's Pass」 ◆読み:でぃあとろふいんしでんと ◆鑑賞日2014/05/06 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/15
◆大昔にあった9人の登山グループが遭難し死亡する事故のドキュメンタリー映画を撮影する学生たち。同じ雪山を登っていくと大きい足跡を発見するが…
◆出演ホリー・ゴス/ルーク・オルブライト/ジェマ・アトキンソン ◆監督レニー・ハーリン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14739
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Mbq3dR-SEr4

雪山登山+SFの糞POV。糞POVのワンパターンな特徴を完全網羅した糞の集大成。
前置きが異常に長く、ダラダラ展開する。危機的状況で何故に撮影を続けるのか聞き答える。
暗視カメラになる。ギャーギャー騒ぎ走りまくる。唐突にド素人がうんちくを言いまくる。糞の集大成。



△「偽りの人生」(2012/アルゼンチン=西=独) ◆50点
◆原題「Todos tenemos un plan(Everybody Has a Plan)」 ◆読み:いつわりのじんせい ◆鑑賞日2014/05/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆小児科医の男は養子をとることを拒み離婚する。そんな折り、双子の兄が癌なので殺してくれと訪ねてくる。兄を殺して、兄になりすまし故郷へと帰るが…
◆出演ヴィゴ・モーテンセン/ソフィア・ガラ・カスティリオーネ/ダニエル・ファネゴ ◆監督アナ・ピターバーグ
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54358/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=D8RZUFrLzqU

生まれ故郷で生涯を送ることが、人生最良の選択だったと気付くドラマ。
虚無感のある人は、地元に帰って愛する人を見つけなさいと言っていました。
その愛する人を守るために行動することで、自分が救われると言っていました。



○「ポーカーフェイス」(2012/西) ◆60点
◆原題「Impavido」 ◆読み:ぽーかーふぇいす ◆鑑賞日2014/05/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆彼女と車泥棒をした男は捕まり服役する。出所後、彼女と連絡がとれない。刑務所で知り合った男と車泥棒で生計をたてるが、ポーカーで多額の借金を負う
◆出演ジュリアン・ヴィラグラン/マノロ・ソロ/ナチョ・ビダル ◆監督カルロス・セロン
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/cont/pokerface/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=rOtp_Gw1bRc

犯罪者たちのコメディ群像劇。テンポが良く、キャラは個性的、お姉ちゃんも美人で良かった。
「人間万事塞翁が馬」と「運が悪けりゃ死ぬだけさ」を足したようなシナリオ。
ラストの銃撃戦のはじまり方が不自然。最初から最後まで同じ調子なのでちょっと飽きる。



△「アップサイドダウン 重力の恋人」(2012/加=仏) ◆30点
◆原題「Upside Down」 ◆読み:あっぷさいどだうんじゅうりょくのこいびと ◆鑑賞日2014/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/29
◆富裕層が住む「上の世界」と貧困層の住む「下の世界」に別れる二重引力の双子惑星。下の少年と、上の少女が出会うが引き離される。10年後…
◆出演ジム・スタージェス/キルスティン・ダンスト/ティモシー・スポール ◆監督フアン・ソラナス
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/upside_down/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=XtixqUXid9A

貧乏人が金持ちの娘に恋をして逢瀬を重ねる恋愛ドラマ。乗り越える障害が少なすぎて面白くない。
世界観は「ガンダム」コロニー風で目新しくない。同じ場所の風景ばかりが出てくるのも頂けない。
上の世界にある物質が何故に上の世界で発火するのか解せない。終盤の展開が都合よすぎで投げやり。



○「報復のカウントダウン」(2011/オーストラリア) ◆70点
◆原題「Vanished」 ◆読み:ほうふくのかうんとだうん ◆鑑賞日2014/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆公園で目を離した隙に息子が誘拐される。犯人は身代金を要求してきたが、息子は死体で発見される。一方、3人家族は楽しくドライブをしていた
◆出演キャロリン・ボック/カサンドラ・マグラス/スティーブン・キャラッチャー ◆監督マイケル・アダンテ
◆公式:http://www.twanet.jp/#/1317cd-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4JVNIJ41h7U

憎しみがもたらす人の狂気を描く復讐サスペンス。ややホラーあり。
ストーリーが単純明快で、中弛みもなく、サスペンス性も適度にあった。
役者の顔つきや演技も良かった。拾い物のB級映画だった。



○「ローン・レンジャー」(2013/米) ◆70点
◆原題「The Lone Ranger」 ◆読み:ろーんれんじゃー ◆鑑賞日2014/05/05 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/15
◆凶悪犯が列車で護送中に襲撃され脱走する。保安官らは追跡するが、待ち伏せに遭い全滅。瀕死の保安官の弟を、インディアンと白馬が助けるが…
◆出演アーミー・ハマー/ジョニー・デップ/ウィリアム・フィクトナー ◆監督ゴア・ヴァービンスキー
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1193&pid=30000000003742
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=JjFsNSoDZK8

ドタバタコメディが入ったロードムービー風の復讐+白人批判+西部劇アクション。
孤独な主人公に親友ができるお話がメインなんだが、それが地味に良かった。
終盤の音楽に合わせたアクションが心地良い。正義の心は子供達に受け継がれているってのも良い。



△「コレクター」(2012/米=加=仏) ◆50点
◆原題「The Factory」 ◆読み:これくたー ◆鑑賞日2014/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/10
◆娼婦失踪連続事件が起こり3年、捜査を打ち切るNY市警。そんな折り、新たな失踪事件が発生。その後、担当する刑事の娘が娼婦と間違われ誘拐されるが…
◆出演ジョン・キューザック/ジェニファー・カーペンター/メイ・ホイットマン ◆監督モーガン・オニール
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV24054D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6ixbx7lp4Es

娘には娼婦みたいなアホな格好をさせるなと言っている犯人捜し+拉致監禁ホラー。
娘役が太っていて明らかにミスキャスト。助かろうがどうでもいい感じ。
犯人の動機が不明。何故に妊娠に異常にこだわるのか、肝心な事が描かれていない。



△「スター・トレック イントゥ・ダークネス」(2013/米) ◆40点
◆原題「Star Trek Into Darkness」 ◆読み:すたーとれっくいんとぅだーくねす ◆鑑賞日2014/05/04 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/08
◆ある惑星の火山の噴火を沈静化させるカークとスポックは現地人に目撃されたため降格。一方、地球のロンドンでは難病の娘を救うため爆弾テロが実行される
◆出演クリス・パイン/ザカリー・クイント/ベネディクト・カンバーバッチ ◆監督J・J・エイブラムス
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8797
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=r5gdbUC9mWU

SFアクション第2弾。知人が死ぬときの感情がテーマだが、哀しみや苦しみ、怒りが伝わってこない。
いろいろな映画のパクリ詰め合わせな感じの新鮮味がない連続アクションがしつこく逆に飽きる。
アクション以外は、カークと乗組員のどうでもいい掛け合い漫才が延々と続き、ほとんど内容がない。



○「iPS −イントリュージョン・オブ・プレデター・ステムセル−」(2012/独=米) ◆60点
◆原題「Errors of the Human Body」 ◆読み:いんとりゅーじょんおぶぷれでたーすてむせる ◆鑑賞日2014/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/10
◆奇病で幼い息子を亡くした博士は、その病の研究を続けている。ある研究施設に着任すると、かつての教え子から体組織が急速に再生する研究の手助けを頼まれる
◆出演マイケル・エクランド/カロリーネ・ヘルフルト/トーマス・レマルキス ◆監督エロン・シーアン
◆公式:http://chance-in.com/works/ips.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=jFGjlZ0f16U

生きるという地獄が延々と続く男の顛末を描くドラマ。ややSFあり。
テーマは因果応報。罪の意識に耐えきれず逃げて告解する一連のシーンが良かった。
男が全てを偽り続け、何の罪を犯していたかが、かなり分かりづらいのが難点。



○「終戦のエンペラー」(2012/米=日) ◆60点
◆原題「Emperor」 ◆読み:しゅうせんのえんぺらー ◆鑑賞日2014/05/04 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/21
◆原爆が投下され日本が降伏、第二次世界大戦が終結。マッカーサー元帥は、天皇の戦争責任の有無を調べるため、日本の文化に精通する部下に調査を命じる
◆出演マシュー・フォックス/羽田昌義/初音映莉子/トミー・リー・ジョーンズ ◆監督ピーター・ウェーバー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1124954
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=X-Is8hvLPHk

終戦後に残る哀しみを描く反戦ドラマ。アメリカは侵略を繰り返すなとも言っていました。
戦争を始めたのは天皇の御心ではない。天皇の御心に反していたから敗戦した。
天皇が自己犠牲で国民を守ろうとするなど、天皇の神化がある意味すごかった。



○「ホワイトハウス・ダウン」(2013/米) ◆80点
◆原題「White House Down」 ◆読み:ほわいとはうすだうん ◆鑑賞日2014/05/04 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/08
◆議員の警護をする男は、大統領を警護するシークレットサービスの面接で落ちる。その後、娘とホワイトハウス観光に参加するが、テロ集団に占拠される
◆出演チャニング・テイタム/ジェイミー・フォックス/ジョーイ・キング ◆監督ローランド・エメリッヒ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80310
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4AXbiCdmXgw

娘に格好いいところを見せたい父親が奮闘する閉鎖空間アクション。
娘の存在が面白さの肝だった。「ダイハード」っぽいのが難点だがアクションは一級。
懐中時計や旗振りなどの伏線を超ベタに使用しているのも逆に良かった。



△「悪霊のはらわた」(2012/スウェーデン) ◆40点
◆原題「Wither」 ◆読み:あくりょうのはらわた ◆鑑賞日2014/05/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆週末をすごすため森の一軒家にやって来た男女7人。先に家に入った女性は地下室を見つけ探索するが、邪悪な存在と対峙し取り憑かれる
◆出演パトリック・アルンクヴィスト/リサ・ヘンニ/パトリック・サクセ  ◆監督ソニー・ラグーナ/トミー・ヴィクルンド
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5297
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QzNhp1P15Ks

ゾンビホラー。最初のお姉ちゃんの悪霊憑き演技が「死霊のはらわた」風で秀逸だった。
家に入ってからの雰囲気も80年代ホラーなダラダラな「間」を、ワザと狙ってやっていて良かった。
が、その後は段々と何か違う感じになって、単なる糞ゾンビものにすり替わっていた。武器多すぎには笑った。



△「コロニー5」(2013/加) ◆50点
◆原題「The Colony」 ◆読み:ころにー5 ◆鑑賞日2014/05/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/20
◆氷河期の地球。生き残った数十名が暮らすコロニー内では風邪を引くと追放か銃殺される規定があった。ある日、別のコロニーからの連絡が途絶える
◆出演ケヴィン・ゼガーズ/ローレンス・フィッシュバーン/シャーロット・サリヴァン ◆監督ジェフ・レンフロー
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-2016?prev=search&keyword=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%83%BC
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ZENI7UC3WQo

人類滅亡寸前の氷河期に人食い人間に襲われるアクション。
展開的にはSF要素をかなり薄くした「パンドラム」と同じ。
極限状態になると人は他人を支配しようと行動すると言っていました。



△「コンプリート・ブロンド」(2012/米) ◆40点
◆原題「Concrete Blondes」 ◆読み:こんぷりーとぶろんど ◆鑑賞日2014/05/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆ルームメイトの女性3人。確定申告会社で働く女は顧客が忘れた大麻をマフィアに格安で売る。一方、2人の女は300万ドルの大金を拾ってくるが…
◆出演カーリー・ポープ/サミーラ・アームストロング/ディオラ・ベアード ◆監督ニコラス・カリコワ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5330
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CARJ03Cbt38

女3人かしまし娘を描くコメディ風ドラマ。
もろにアメリカのテレビドラマな雰囲気。
時間軸が前後して誤魔化している単調なシナリオ。



○「ウルヴァリン:SAMURAI」(2013/米=英) ◆70点
◆原題「The Wolverine」 ◆読み:うるう゛ぁりんさむらい ◆鑑賞日2014/04/29 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/08
◆カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは毒矢をつかって熊を瀕死の状態にした男に怒る。そんな折り、かつて命を救った矢志田の使者が訪れる
◆出演ヒュー・ジャックマン/福島リラ/岡本多緒/真田広之 ◆監督ジェームス・マンゴールド
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13877
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Rh1LdTFkm7I

愛する人の死を受け入れ、老いて死ぬ人生の意義を悟るロードムービー+アクション。
テーマ的にかなり良かった。忍者は出るが、そんなに変な日本じゃない外国映画って珍しい。
無数のひも付き槍で刺されるシーンは捕鯨批判だな。ラストが想像通りで物足りない。



△「ダーク・ラビリンス」(2012/米) ◆30点
◆原題「Ghoul」 ◆読み:だーくらびりんす ◆鑑賞日2014/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/10
◆仲良し3人組の少年は、墓地の近くにある穴を秘密の隠れ家としていた。ある日、グールの夢をみる少年の、いつも味方だったおじいちゃんが亡くなる
◆出演ノーラン・グールド/トレヴァー・ハーカー/ジェイコブ・ビラ ◆監督グレゴリー・M・ウィルソン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201401/dvd07.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=F2Jh0tAMWm0

大人をグールにみたてた子供の探検ホラー。子供虐待があるのに雰囲気は子供向け。
子供たちが頑張って演技しています的な臭さがプンプンしていました。TVムービー。
主役の男の子だけが普通の家庭で、そのことに感謝しろって訳が分からないことを言っていました。



○「ビューティフル・クリーチャーズ 光と闇に選ばれし者」(2013/米) ◆60点
◆原題「Beautiful Creatures」 ◆読み:びゅーてぃふるくりーちゃーずひかりとやみにえらばれしもの ◆鑑賞日2014/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/10
◆母親を亡くした男子高校生は毎晩同じ夢を見る。謎の女性に近づこうとすると雷に打たれる夢。そんな折り、悪魔崇拝者との噂の女の子が転校してきた
◆出演オールデン・エアエンライク/アリス・イングラート/ジェレミー・アイアンズ ◆監督リチャード・ラグラヴェネーズ
◆公式:http://earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262283196
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=r9rjhB7KWEc

魔術師一家の魔女との青春恋愛もの。雰囲気的に「アダムス・ファミリー」な感じが一部有り。
若いときにダラダラとデートすることが、掛け替えのない時間だってのが良かった。
キャラ的にも立っていて、特に母親のキャラが良かった。魔導書の内容がこじつけっぽいのが難点。



×「クリミナルズ」(2011/加) ◆20点
◆原題「La peur de l'eau」 ◆読み:くりみなるず ◆鑑賞日2014/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆小さな島で市長の娘が死体で発見される。モントリオールの警察に捜査を要請。一方で、地元の巡査部長は独自に捜査をするが…
◆出演ピエール・フランソワ・ルジャンドル/ブリジット・ポゴナ/ノーマン・ダモア ◆監督ガブリエル・ペルティエ
◆公式:http://www.twanet.jp/#/1316cr-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7XX_CshYVHY

田舎のパッとしないおっさん刑事が殺人犯を捜すドラマ。終始ダラダラ展開。
容疑者が浮上し、すぐに外れるので面白くない。犯人の動機も意味不明。
主役のおっさんと、年増婦警の初々しい恋愛がありイライラ。



○「フライトナイト2」(2013/米) ◆60点
◆原題「Fright Night 2 : New Blood」 ◆読み:ふらいとないと2 ◆鑑賞日2014/04/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/01/08
◆課外授業でルーマニアにやってきた学生たち。彼女との復権を願う学生は、特別講師の女性がある男といちゃつくのを目撃。その男が行方不明になる
◆出演ウィル・ペイン/クリス・ウォーラー/ジェイミー・マーレイ ◆監督エドゥアルド・ロドリゲス
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13823
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HuVHiZu7nGs

B級女ヴァンパイアホラー。ややコメディあり。女ヴァンパイアの目的が説明不足だが、全体に及第点。
スタイル抜群の全裸おっぱいは良かった。ヒロインや女ヴァンパイアのおっぱいは無しで非常に残念。
ラストは友達が再度出て助けてくれれば、もっと評価が上がったのに。実に惜しい。映像高速点滅あり注意。



△「オーガストウォーズ」(2012/露) ◆30点
◆原題「August. Eighth (Avgust. Vosmogo)」 ◆読み:おーがすとうぉーず ◆鑑賞日2014/04/26 ◆レンタルBD ◆発売日2014/01/07
◆正義のロボットと共に悪者から光る何かを奪った妄想をする息子をもつシングルマザーは、新しい恋人と会うため息子を父親の元へと送るが、戦争になる
◆出演シュトラナ・イワノワ/マクシム・マトヴェーエフ/ユゴール・ベロエフ ◆監督ジャニック・ファイジエフ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2053
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=zzwT5YEcwS8

「母をたずねて三千里」の母子を逆にしたような子供向けロードムービー。ロボット物ではなく戦争物。
母役の若いヒロインのプロモーションみたいな感じあり。中盤までただ移動するだけで辛かった。
バス横転や床が崩れるなどのアクションはあるが見せ方が超下手くそ。終盤の戦争で幾分マシになったけど。



×「カレ・ブラン」(2011/仏=ルクセンブルク=スイス=ベルギー) ◆20点
◆原題「Carre Blanc」 ◆読み:かれぶらん ◆鑑賞日2014/04/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/06
◆人肉処理場で働く女性は、何かに気付き息子に助言する。息子は首つり自殺をするが助かる。大人になった息子はある企業の能力テスト官として働くが…
◆出演サミ・ブアジラ/ジュリー・ガイエ/ジャン=ピエール・アンドレアーニ ◆監督ジャン=バディスト・レオネッティ
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-172/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=lSRJb1z1Wow

おまえらは家畜と同じだ、早く気付けと訴えるSFっぽいドラマ。エサは人肉だった。
会社に言われるままに動く、何も考えない産業用ロボットと同じだと言っていました。
それを終盤付近でセリフで言うって監督はアホか。意味のない無機質な映像が眠気を誘う。



△「アイアン・フィスト」(2012/米) ◆40点
◆原題「The Man with the Iron Fists」 ◆読み:あいあんふぃすと ◆鑑賞日2014/04/20 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/20
◆19世紀の中国。争いが絶えない時代。皇帝から金塊の輸送を命じられた老師を弟子が殺し金塊を奪う。老師の息子は復讐のため村へと向かうが…
◆出演RZA/リック・ユーン/ラッセル・クロウ/ルーシー・リュー ◆監督RZA
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=23266
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VOCVE9ykh9Y

漫画的な復讐アクション。「仮面ライダー」と「北斗の拳」を適当に足した感じ。
ジャパンアクションクラブの方がアクションは上。ストーリーもキャラもかなり微妙。
漢字と舞台が中国っぽいってところ以外は、カンフーすらまともにやらないグダグダな世界観。



○「パラノイド・シンドローム」(2012/米) ◆60点
◆原題「The Letter」 ◆読み:ぱらのいどしんどろーむ ◆鑑賞日2014/04/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/06
◆脚本家で舞台監督の女性は誰かに見られている感覚を抱いていた。ある日、新作舞台の俳優らの食事会で新任の男が女優に秘密を隠していると言うが…
◆出演ウィノナ・ライダー/ジェームズ・フランコ/ジョシュ・ハミルトン ◆監督ジェイ・アナニア
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCED-1971?prev=search&keyword=%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A0
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=kxW-897DkSk

自分が大好きだと死んだ後に再確認するメロドラマ。主要な登場人物は全て自分自身。自分が自分を見ている。
浮気などをした人生を、後ろめたいような気がするため後悔するが、最後にはそれも良しとしていました。
主演のウィノナ・ライダーのイメージにぴったりのシナリオだった。凄いおばさんになっていたけど。



欲望のバージニア
◆原題「Lawless」 ◆読み:しゅうせんのえんぺらー ◆鑑賞日2014/04/19 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/23
◆1931年アメリカ。禁酒法が発令され、バージニア州フランクリンに特別捜査官がやってきた。密造酒を売るボンデュラント3人兄弟は賄賂を拒否するが…
◆出演シャイア・ラブーフ/トム・ハーディ/ガイ・ピアース ◆監督ジョン・ヒルコート
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail/TCBD-0289?prev=search&keyword=%E6%AC%B2%E6%9C%9B%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4Zl7S1LaPMU

政府が決めたことに反発する3人兄弟を描く、落ち着いたドラマ。
自分の信念を貫く男の格好良さと、青春、復讐の3軸で展開。
全体に可もなく不可もないが、完全に予想通りに進展するので面白みにやや欠ける。



×「コード・レッド」(2013/米) ◆20点
◆原題「Code Red」 ◆読み:こーどれっど ◆鑑賞日2014/04/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/20
◆第二次世界大戦で生化学兵器が使われ死人がゾンビ化した証拠が見つかる。ブルガリアの武器庫を調査するが、武器を横領していた将校に邪魔される
◆出演マナル・エル=フェイトゥリー/ポール・ローガン/マイア=レシア・ネイラー ◆監督ワレリー・ミレフ
◆公式:http://www.tsutaya.co.jp/tty_cate/dvd/tcm/20131220/code-red.html?top=topics_dvd_23
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=9QKgT3Wa5y4

登場人物がうろうろ移動するだけのB級ゾンビアクション。冒頭の戦争と特殊メイクは及第点。
空気感染なのかキズ感染なのか不明瞭。父が娘を守る描写が中途半端。悪人がいるのに成敗が無い。
掃討作戦で主要人物だけ殺されない、軍事車両がガス欠など、つっこみどころ満載でイライラ。



○「ウォールストリート・ダウン」(2013/加) ◆70点
◆原題「Assault on Wall Street」 ◆読み:うぉーるすとりーとだうん ◆鑑賞日2014/04/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/05
◆米金融危機。警備員の男は真面目に働いて生きてきた。妻の脳腫瘍を完治させるための薬代がかさむため、全財産を投資ブローカーにまかせるが…
◆出演ドミニク・パーセル/エリン・カープラック/エドワード・ファーロング ◆監督ウーヴェ・ボル
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201402/dvd05.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=8Y-NqShTj5w

投資大損復讐ドラマ。何もかも失い絶望のどん底に突き落とされる人生終わった感がすごい。
奥さんのキュートさが拍車を掛ける。投資をやっている人は、かなり感情移入できると思う。
銃乱射の復讐シーンはおまけみたいな感じ。大損は自分の責任じゃない、全部他人が悪いにしたくなるよな。



○「コード60 老女連続殺人事件」(2011/西) ◆60点
◆原題「Codi 60」 ◆読み:こーど60ろうじょれんぞくさつじんじけん ◆鑑賞日2014/04/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/07
◆バルセロナで3人の老女が殺される。いずれも濡れタオルによる絞殺という手口から、同一犯の犯行と断定。殺人課は、捜査の応援を窃盗課へ頼む
◆出演アナ・アレン/ナチョ・フレスネダ/メルセデス・カストロ ◆監督C・マルティン・フェレーラ
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/codi60.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=tasJOrIXri0

女達の恐ろしさを描く刑事ドラマ。殺人と軽いメロドラマが平行して展開。
犯人像は日本映画「黒い家」よりも劣るが、同じような感じで怖い。
高齢者の身内がいる人は感情移入しやすいと思う。死体発見早すぎ、警察が無能などの難点あり。



○「道化死てるぜ!」(2012/アイルランド) ◆60点
◆原題「Stitches」 ◆読み:どうかしてるぜ! ◆鑑賞日2014/04/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/05
◆だらけた男は、ある子供の誕生日パーティーでピエロの仕事をするが、受けが悪くいたずらされる。それが要因で転び包丁が顔に刺さり死ぬ。6年後…
◆出演トミー・ナイト/ジェマ=リア・デヴェロー/ロス・ノーブル ◆監督コナー・マクマホン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1155296
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=tGk38QjM5zQ

青春色が強いB級コメディ・スプラッタホラー。若手役者らのキャラは○。
「ピエロ」のキャラは、おとなしめで微妙。全体にダラダラ展開。猫虐待あり。
シーンは多くないが、スプラッタの出来が近年のB級ホラーで一番良かったのが長所。



△「ホーリー・モーターズ」(2012/仏=独) ◆50点
◆原題「Holy Motors」 ◆読み:ほーりーもーたーず ◆鑑賞日2014/04/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/05
◆白いリムジンに乗る金持ちの男は次の「アポ」を確認する。物乞いの老婆、片目が白い男、娘を迎えに行く父親…。次々と変装して演技をこなすが…
◆出演ドニ・ラヴァン/エディット・スコブ/エヴァ・メンデス ◆監督レオス・カラックス
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-192/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=NWu9WjEcdbk

自分も他人も人生の全ては演技であり、偽りであると言うドラマ。
人は常に撮影されている自覚を持っているが、観客は居ない。
その虚無感を淡々と描く、ある意味ホラー。ゴジラのテーマソングあり。



△「キック・アス」(2010/米=英) ◆40点
◆原題「Kick-Ass」 ◆読み:きっくあす ◆鑑賞日2014/04/06 ◆レンタルBD ◆発売日2011/03/04
◆冴えない高校生はコミックのヒーローを実践することを決意する。通販サイトで買った緑色のウェットスーツとマスクを着用し、街に繰り出すが…
◆出演アーロン・ジョンソン/クロエ・グレース・モレッツ/マーク・ストロング ◆監督マシュー・ヴォーン
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TBR/TBR23523D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mcKIMqRF5Gc

青春コメディ。コメディが中途半端。恋愛が都合良すぎ。アクションが微妙。
他のヒーロー映画のセリフを肯定したり否定したりするだけで、内容もない。
クロエ・グレース・モレッツ(凄い小さい)のしかめっ面などのキュートさだけの映画。



△「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」(2010/米) ◆50点
◆原題「I Spit on Your Grave」 ◆読み:あいすぴっとおんゆあぐれいう゛ ◆鑑賞日2014/04/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/10/05
◆小説家の女性は新作執筆のため森の奥の別荘に1ヶ月住むことに。地元の男たちが侵入し強姦される。1978年映画「発情アニマル」のリメイク
◆出演サラ・バトラー/ジェフ・ブランソン/チャド・リンドバーグ ◆監督スティーヴン・R・モンロー
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/1267
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2zU3U-9B3fE

強姦リベンジ・バイオレンス。強姦の描写と犯人への憎しみの描き方が弱い。
スプラッタも弱いせいか、反撃の仕方が生温くものたりない。
女性が一人で大男を移動させるって出来るものなのかとつっこみ。



△「光のほうへ」(2010/デンマーク) ◆40点
◆原題「Submarino」 ◆読み:ひかりのほうへ ◆鑑賞日2014/04/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/01/13
◆母親が泥酔して暴力をふるう家庭。幼い兄弟は、あやしていた赤子の末っ子が不注意で亡くなりショックをうける。兄弟は大人になり疎遠になる
◆出演ヤコブ・セーダーグレン/ペーター・プラウボー/パトリシア・シューマン ◆監督トマス・ヴィンターベア
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/hikarinohoue/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=RXQsSStHI5c

幼少時の劣悪な家庭環境のトラウマに悩む大人を描くドラマ。
生きる意義を見いだせない男と、泥沼から抜け出せない男の兄弟愛がメイン。
悪循環から抜け出し、他者を救う唯一の方法は死であると言っていました。



○「消えた天使」(2007/米) ◆80点
◆原題「The Flock」 ◆読み:きえたてんし ◆鑑賞日2014/04/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2007/12/21
◆性犯罪登録者の素行を調べる監察官は、登録者への過度な態度でクビを宣言され、引き継ぎのために新人女性と同行する。一方、少女の誘拐事件が起こる
◆出演リチャード・ギア/クレア・デインズ/ケイディー・ストリックランド ◆監督アンドリュー・ラウ
◆公式:http://www.imdb.com/title/tt0473356/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4J4ewFfwMvc

被害者の哀しみを一身に背負う正義のヒーローを描く犯人捜しサスペンス。
展開は「セブン」、人の罪と罰は「ソウ」、ヒーロー像は「ダークナイト」に匹敵。
志を受け継ぐ者を育て、託す要素も入っていて、かなり面白かった。



○「モネ・ゲーム」(2012/米) ◆80点
◆原題「Gambit」 ◆読み:もねげーむ ◆鑑賞日2014/03/30 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/02
◆大企業の社長に見下されながらも仕える美術鑑定の男は、テキサス女を使いモネの名画の贋作を売りつける詐欺を企てる。1966年「泥棒貴族」のリメイク
◆出演コリン・ファース/キャメロン・ディアス/アラン・リックマン ◆監督マイケル・ホフマン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2052
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cBkR43TSzZ4

お金持ちを騙し大金を得るために、ドタバタするコメディ。
私的にホテルでの一連のコントがツボにはまって大爆笑。
下ネタだらけだが露骨じゃないのがいい。変な日本人ネタあり。



△「ワールド・ウォーZ」(2013/米) ◆50点
◆原題「World War Z」 ◆読み:わーるどうぉーぜっと ◆鑑賞日2014/03/29 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/20
◆元国連職員の男は、妻と2人の娘を乗せ車で移動中に渋滞になる。そこへ暴走トラックがきて他の車をなぎ倒す。ゾンビが人々を襲い始めるパニックに
◆出演ブラッド・ピット/ミレイユ・イーノス/ダニエラ・ケルテス ◆監督マーク・フォースター
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/world_war_z/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HcwTxRuq-uk

治療法を探して世界を奔走するゾンビアクション。最初からかなり勢いがある。
ゾンビがアリの大群のようで面白い。世界を救う感は皆無。家族愛は一応あるが薄い。
飛行機墜落後は勢いが無くなり辛かった。ラストのナレーションも意味不明。



○「グランド・マスター」(2013/香) ◆70点
◆原題「代宗師(The Grandmaster)」 ◆読み:ぐらんどますたー ◆鑑賞日2014/03/29 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/05
◆1930年台。中国の北でクンフーの教えを広めた偉大な師匠は引退を決意する。南にも教えを広めるため、南の代表者をテストするが…
◆出演トニー・レオン/チャン・ツィイー/チャン・チェン ◆監督ウォン・カーウァイ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1103153
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UHWIKi4fBk0

クンフーの理念と、それを紡ぐ人々の人生の交差を描く群像劇ドラマ。
ドラマ部分が重厚で、ゆったりとした映像美と相まってかなり良かった。
いかんせん肝心の格闘が「マトリックス」で作品の質をおとしめていた。残念。



△「エビデンス−全滅−」(2013/米) ◆30点
◆原題「Evidence」 ◆読み:えびでんすぜんめつ ◆鑑賞日2014/03/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2014/02/04
◆有名になることを目指すカメラ女性は、友達の女優を撮り続ける。求婚をしてきた男を女優は振る。3人で一緒にバスでラスベガスへと向かうが事故る
◆出演ラダ・ミッチェル/ケイトリン・ステイシー/スティーブン・モイヤー ◆監督オラトゥンデ・オスンサンミ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/bbbf-8881
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=tV3_j_drHHY

廃墟探索+殺人鬼ホラー+犯人捜しのPOV。
登場人物の紹介が糞長いPOVの特徴にイライラ。
犯人の体つきと動きで正体バレバレ。オチが無理矢理すぎる。



×「マン・オブ・スティール」(2013/米) ◆10点
◆原題「Man of Steel」 ◆読み:まんおぶすてぃーる ◆鑑賞日2014/03/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/18
◆爆発寸前の惑星クリプトンでゾッド将軍によるクーデターが勃発。科学者は生まれたばかりの赤子を宇宙船に乗せて地球へと脱出させるが…
◆出演ヘンリー・カヴィル/マイケル・シャノン/エイミー・アダムス ◆監督ザック・スナイダー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14733&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=T6DJcgm3wNY

父親に引きこもれと命令された子供が、うじうじする糞アクション。
前半はドカーン、ボカーン、バキューンが長時間続くだけの糞。
後半はゲーム風格闘とドカーンが長時間続くだけの糞。ひどすぎる。



○「ペインレス」(2012/西=仏=ポルトガル) ◆60点
◆原題「Painless(Insensibles)」 ◆読み: ◆鑑賞日2014/03/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/06
◆内戦時代のスペイン。痛覚を持たない子供たちが数人発見される。治療法がないので施設に監禁する。一方、交通事故で妻が死に、夫と赤子が助かる
◆出演アレックス・ブレンデミュール/トーマス・レマルキス/デレク・デ・リント ◆監督フアン・カルロス・メディナ
◆公式:http://earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262282977
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0PTSPjspxEM

自分の出生の秘密を追い求め、虐待と愛による運命が交差するサスペンス。終始スローペースで辛い。
が、ラストの純粋な愛がつむぐ救いと開放感が素晴らしく、終わりよければ全てよし状態に。
「真・女神転生3」人修羅の模様みたいなものが体にあるのも微妙に良かった。



○「パシフィック・リム」(2013/米) ◆80点
◆原題「Pacific Rim」 ◆読み:ぱしふぃっくりむ ◆鑑賞日2014/03/21 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/11
◆深海から突如出現した巨大な怪獣。人類は結託して、2人のパイロットが同時に操縦する巨大ロボット「イェーガー」を開発。怪獣と戦い撃退に成功するが…
◆出演チャーリー・ハナム/菊地凛子/イドリス・エルバ/芦田愛菜 ◆監督ギレルモ・デル・トロ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14674&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5guMumPFBag

人と人との絆を描く怪獣撃退ロボット・アクション。巨大なロボットと怪獣の動きやデザインは見ているだけで楽しい。
「ヱヴァンゲリヲン」をメインに日本アニメや日本特撮ものをパックっただけの模造品だが、勢いや、盛大さがあるからか許せる。
音楽も単純なフレーズの繰り返しで良い。ヒロインとのシンクロ率が高い理由に、愛の他、オカルト的なものが入っていれば完璧だったと思う。



△「7BOX セブン・ボックス」(2012/パラグアイ) ◆50点
◆原題「7 Cajas(7 Boxes)」 ◆読み:せぶんぼっくす ◆鑑賞日2014/03/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/06
◆切積一輪車で荷物を運ぶ仕事をする少年は姉が持っていた高価な携帯電話を欲しがる。携帯ショップの店員から、7つの箱を運ぶ仕事を頼まれるが…
◆出演セルソ・フランコ/ラリ・ゴンサレス/ヴィクター・ソーサ ◆監督フアン・カルロス・マネグリア/タナ・シェムボリ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_282.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Y4FcFxYQkLE

貧乏少年がテレビドラマの主人公になる夢を叶える逃走アクション。
青春ロードムービー風な感じで、少年らへの感情移入度も、そこそこ高い。
切積一輪車のカーチェイスが某香港映画風で懐かしい。全体的に平凡な感じが難点。



○「エルフ物語〜ゴス・アズールの化身〜」(2013/米) ◆60点
◆原題「SAGA: Curse of the Shadow」 ◆読み:えるふものがたりごすあずーるのけしん ◆鑑賞日2014/03/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/04
◆戦士で若い女エルフは賞金首のドワーフを仕留めるが、手首に闇の刻印が浮かび上がる。闇の勢力の阻止を神に命じられた騎士は、女エルフを利用するが…
◆出演ダニエル・チャクラン/リチャード・マクウィリアムス/ポール・D・ハント ◆監督ジョン・ライド
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/13/IA13_0725/IA13_0725.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=bMW-ja_Rkdw

異なる種族間の友情を描くB級ファンタジー・ロードムービー。衣装が素晴らしい。
役者も全員が魅力的。特にエルフ役のお姉ちゃんの顔つきが凄く良くて惚れ惚れする。
が、剣術アクションシーンが超もっさり。ラスボスもしょぼく残念。実に惜しい作品。



×「キャビン・フィーバー ペイシェント・ゼロ」(2013/米) ◆20点
◆原題「Cabin Fever: Patient Zero」 ◆読み:きゃびんふぃーばーぺいしぇんとっぜろ ◆鑑賞日2014/03/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/06
◆体が溶けるウィルスに免疫をもつ男が発見され研究室に監禁される。一方、結婚を翌日に控えた男は、弟や親友らと無人島へバカンスに訪れる
◆出演ジリアン・マーレイ/ブランド・イートン/ライアン・ドノフー ◆監督カーレ・アンドリュース
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_281.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QGZ1-NqZpxE

ゾンビホラー。前2作は体が腐るホラーだったんだが、ゾンビものに変わっていました。
良かったところを強いてあげるなら、ゾンビVSゾンビのシーンだけ。その他は全て糞。
特に展開が超ダラダラで辛かった。POV風なのも糞。光源を観客に向ける手法を多用し糞。



×「ホワイトアウト フローズン・リベンジ」(2010/露=アイルランド=独=英) ◆10点
◆原題「Pryachsya」 ◆読み:ほわいとあうとふろーずんりべんじ ◆鑑賞日2014/03/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/04
◆雪山の気象観測所で働く全従業員3人が消える。刑事がその観測所に泊まり捜査を開始する。それは観測所に一組の男女が訪問してからはじまった。
◆出演ピョートル・ロガチェフ/セルゲイ・ガルマッシュ/アントン・シャギン ◆監督ジョニー・オライリー
◆公式:http://www.twanet.jp/#/1315wo-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=sQs788mW_QQ

虐げられている若造が、最終的に年配者を見下した感じになる糞サスペンス。
後付けな感じの幼少時の事件や、来客の設定など話自体が糞。
布石を見せたと思ったら直ぐにそれを使用するのも面白くない。



△「死霊の囁き」(2008/英) ◆50点
◆原題「Reverb」 ◆読み:しりょうのささやき ◆鑑賞日2014/03/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/04
◆コールセンターで働く男と女は、深夜にスタジオを借りて曲の編集をしていた。ネットで見つけた曲に「助けて」と声が入っていることに気付く
◆出演エヴァ・バーシーストル/レオ・グレゴリー/ルーク・デ・ウルフソン ◆監督エイタン・アルッシ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5169
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=B9BZiKTjngU

死に際の音を求めるミュージシャンの思念が、人を狂わせるホラー。「シャイニング」風。
B級だが糞B級感は無く、むしろ巨匠らが若いときに作った作品みたいな雰囲気がある。
俳優陣の容姿や演技も及第点。ミュージシャンの思念が題材ってありがちなようで珍しいかも。



×「クロニクル」(2012/米) ◆20点
◆原題「Chronicle」 ◆読み:くろにくる ◆鑑賞日2014/03/09 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/04
◆父親に虐待されている高校生男子は、カメラで日常を撮影し続けることにする。あるパーティの日に、イトコらが発見した洞窟の奥にいってみるが…
◆出演デイン・デハーン/アレックス・ラッセル/マイケル・B・ジョーダン ◆監督ジョシュ・トランク
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13779
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=i-M5Qx57_UU

超能力+青春POVアクション。POVってだけでイライラくる。
「AKIRA」の友情を薄くして、超能力を実写で劣化再現しただけのパクリ糞。
「AKIRA」が好きな人ほど眉をひそめ、鑑賞後には超ムカムカすることになる。



×「エンド・オブ・ヒューマン 人類滅亡の日」(2012年/英=ポーランド) ◆10点
◆原題「The Warning」 ◆読み:えんどおぶひゅーまんじんるいめつぼうのひ ◆鑑賞日2014/03/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/04
◆とある病院で、赤ちゃんが行方不明になり、看護師が窓から飛び降り自殺する。刑事は、カメラマンと共に撮影しながら捜査するが…
◆出演サイモン・フィリップス/ピーター・バレット/リタ・ラムナニ ◆監督アレクサンダー・ウィリアムス
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/13/ECLR_0075/ECLR_0075.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=a2fPuGg52Fo

病院内だけが舞台の糞POVホラー。悪魔とかマヤ宗教とか言ってるが説得力なし。
刑事が悪魔を信じるのが早計。無駄に走り回って大騒ぎするシーンも多すぎる。
物が突然落ちてビックリするなど、全てが昔やってたテレビのどっきりレベル。



○「イノセント・ガーデン」(2013/英=米) ◆70点
◆原題「Stoker」 ◆読み:いのせんとがーでん ◆鑑賞日2014/03/08 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/04
◆良家で優等生の少女が18歳を迎えたとき、父親が急死する。葬儀の日、音信不通だった叔父が突然現れ、しばらく家に泊まることになるが…
◆出演ミア・ワシコウスカ/マシュー・グード/ニコール・キッドマン/ ◆監督パク・チャヌク
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13783
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=JNpDG4WR_74

少女が素質を活かし、様々なことに影響され、自分で考え大人になるホラー風思春期ドラマ。
ピアノセックスの一体感と高揚感が素晴らしい。シャワーシーンは露骨すぎでいまいち。
母親の娘に対する感情は、愛や嫉妬などが入り交じっていて良かった。



△「セール・オブ・ザ・デッド」(2008/米) ◆30点
◆原題「I Sell the Dead」 ◆読み:せーるおぶざでっど ◆鑑賞日2014/03/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/12/04
◆殺人の罪で男がギロチンにかけられる。牢屋で処刑を待つ相棒は、訪ねてきた神父に、自分は死体泥棒で殺人はしていないと事のいきさつを語るが…
◆出演ラリー・フェセンデン/ドミニク・モナハン/ロン・パールマン ◆監督グレン・マクエイド
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201312/dvd13.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=psfPNVTZjzc

男二人のベストコンビ具合を描く超B級ホラー風コメディ。
超ダラダラでストーリー無し。アンデッドクリーチャーはオマケ程度。
20年ぐらい前の懐かしい感じの笑いは、ちょっとだけ良かった。



△「ペーパーボーイ 真夏の引力」(2012/米) ◆50点
◆原題「The Paperboy」 ◆読み:ぺーぱーぼーいまなつのきゅういんりょく ◆鑑賞日2014/03/02 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/03
◆1969年のフロリダ。保安官殺人事件の犯人の冤罪を調べる地元出身の新聞記者は、弟を運転手として雇う。犯人の女と共に刑務所へ面会に行くが…
◆出演ザック・エフロン/ニコール・キッドマン/ジョン・キューザック ◆監督リー・ダニエルズ
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32633.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=m2GMwWaDSr0

初恋が成就すれば、みんなが幸せになれたのにと悔やむドラマ。
米版日活ロマンポルノかも。外人の大好きな黒人差別ネタと、SMゲイネタあり。
ニコール・キッドマンの似合わないビッチぶりだけが見所。



○「ダークスカイズ」(2013/米) ◆80点
◆原題「Dark Skies」 ◆読み:だーくすかいず ◆鑑賞日2014/03/02 ◆レンタルBD ◆発売日2013/12/04
◆妻と2人の息子と暮らす建築デザイナーの男は失業中。ある日、冷蔵庫を荒らされたり、写真が無くなっていたりしたため、家の中に監視カメラを設置する
◆出演ケリー・ラッセル/ジョシュ・ハミルトン/ダコタ・ゴヨ ◆監督スコット・スチュワート
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14691&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=K8iLp1xQtPQ

我が子に訪れる「死」を受け入れ、乗り越える夫婦を描く、哀しいSFホラー。
宇宙人っぽいのが出てくるが、死者を天国へと導く天使(幾何学模様は天使を示す)。
女の子とのキスや、過去の思い出を語るシーンなど、息子への愛があふれている。



○「エンド・オブ・ホワイトハウス」(2013/米) ◆60点
◆原題「Olympus Has Fallen」 ◆読み:えんどおぶほわいとはうす ◆鑑賞日2014/03/01 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/22
◆アメリカ大統領は別荘から帰る途中に事故り妻が死ぬ。シークレットサービスの男は悔やみ現場から退く。1年半後、ホワイトハウスが何者かに占拠される
◆出演ジェラルド・バトラー/アーロン・エッカート/リック・ユーン ◆監督アントワーン・フークア
◆公式:http://www.digital-voice.net/detail.shtml?id=1087
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=vwx1f0kyNwI

ジェラルド・バトラー版「ダイ・ハード」。それなりに面白いが、「またか」感が強い。
大騒ぎするだけの無能アメリカと、それにすがる忠犬韓国を強調するストーリーは良かったよ。
大型機領空侵犯をいとも簡単に行うなど北朝鮮を絶賛していました。モーガンさん何も無しで残念。



△「サイレントヒル:リベレーション」(2012/仏=米=加) ◆30点
◆原題「Silent Hill: Revelation 3D」 ◆読み:さいれんとひるりべれーしょん ◆鑑賞日2014/03/01 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/02
◆18歳の娘と父親は、何かから逃げるように各地を点々と移り住んでいた。ある日、父親が消え、壁に血文字で「サイレントヒルに来い」と書かれていた
◆出演アデレイド・クレメンス/ショーン・ビーン/キャリー=アン・モス ◆監督マイケル・J・バセット
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0092
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=KMWrZmD0AN4

世界が表と裏に変化するホラーの続編。監督は別人。内容無しの糞。
前作が超傑作だっただけに、すさまじく落胆し放心状態になった。
世界観やクリーチャーの見せ方が最悪。ヒロインがいちいち驚き、その声など全てがうざい。



○「アフター・アース」(2013/米) ◆70点
◆原題「After Earth」 ◆読み:あふたーあーす ◆鑑賞日2014/02/23 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/20
◆環境が破壊された地球から遠い惑星に移住して1000年。その星の先住民との戦いが続いていた。ある日、将軍と息子が乗った宇宙船が地球に不時着する
◆出演ジェイデン・スミス/ウィル・スミス/ソフィー・オコネド ◆監督M.ナイト・シャマラン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRS-80306
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CZIt20emgLY

家族を失うことが最大の恐怖だ、その他の恐怖は取るに足らないと訴えるSFロードムービー。
自然と動物と人間の共存の道を探る「ジャングル大帝」(手塚治虫)そのままな感じ。
息子の成長と、老衰(=骨折)していく父との関係が良かったが、ラストの現実逃避が非常に残念。



○「ラストスタンド」(2013/米) ◆60点
◆原題「The Last Stand」 ◆読み:らすとすたんど ◆鑑賞日2014/02/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/02
◆国境付近の町の保安官は大型トラックを不振がる。そいつらに農場主が殺される。一方、ラスベガスで移送中の麻薬王が脱走。スーパーカーで逃走する
◆出演アーノルド・シュワルツェネッガー/ピーター・ストーメア/フォレスト・ウィテカー ◆監督キム・ジウン
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53087/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=oc0x-jiewTE

マカロニ・ウェスタン風田舎町決戦アクション。シュワちゃんの動きが昔と同じで懐かしい。
ドンパチで血が出て人が死ぬが、全体的にややコメディ風なのが良かった。車も良かった。
ラストの対決がプロレス風なのも良かった。女への制裁が生温いのが残念。FBIシーン必要なし。



△「バレット」(2012/米) ◆40点
◆原題「Bullet to the Head」 ◆読み:ばれっと ◆鑑賞日2014/02/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/09
◆女子供は殺さない主義の殺し屋は、依頼主に裏切られ、相棒が酒場で刺され死ぬ。一方、他州からきた刑事は、他の犯罪捜査のため、殺し屋に接触する
◆出演シルベスター・スタローン/サン・カン/ジェイソン・モモア ◆監督ウォルター・ヒル
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1085232
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=RDiaXZiIJOQ

殺し屋と刑事が仲良く行動するバディムービー。 中だるみが多い。
刑事が木偶の坊で魅力無しなのが致命的。ラストの最強対決も邪魔してた。
ちょっとだけしか見せなかったが、スタローンの筋肉だけは素晴らしい。



△「黒い血の記憶」(2013/スウェーデン) ◆30点
◆原題「Den som soker」 ◆読み:くろいちのきおく ◆鑑賞日2014/02/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/08
◆女性の両親が交通事故で死亡。遺品の整理をしていると机の引き出しから自分が養子だったことを示す書類がみつかる。幼い娘と、本当の親を捜す旅にでる
◆出演ジョセフィーヌ・ボンナブッシュ/ビヨルン・グラナート/クライス・ユングマーク ◆監督ヨアン・ルンド
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/densomsoker.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CJgkerYsV2g

DNAが近いと惹かれ合うことを描く子供虐待ドラマ。
ラストに一緒にいた男の人って肉親なんだろ?意味不明。
自分探しの旅でもなく、ホラーでもなく、内容なしで苦痛。



○「インポッシブル」(2012/西) ◆60点
◆原題「The Impossible/lo Imposible」 ◆読み:いんぽっしぶる ◆鑑賞日2014/02/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/08
◆ある夫婦と3人の息子たちはタイの海辺にあるリゾート地を訪れ楽しんでいた。そんな折り、大津波に呑まれる。母親と長男は命からがら助かるが…
◆出演ナオミ・ワッツ/ユアン・マクレガー/トム・ホランド ◆監督J・A・バヨナ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=1085212
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Bgw394ZKsis

スマトラ島沖地震の津波で被災した家族の愛を描く実話ドラマ。人には親切にしようがテーマ。
津波の再現度がかなり凄い。セットのリアルさも凄いので、東日本大震災を思い出して心が痛む。
が、家族が無意味にすれ違ったり、音楽が急に止まったり、テーマが感動的なだけに非常に残念な所が目立つ。



△「ザ・エンド」(2012/西) ◆40点
◆原題「Fin」 ◆読み:ざえんど ◆鑑賞日2014/02/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/08
◆イラストを描く男が駅のホームで、電車から降りてきた男に声をかける。数日後、旧友たちは山の別荘に数年ぶりに集まるが、夜空が光り停電になる
◆出演ダニエル・グラゴ/クララ・ラゴ/カルメン・ルイス ◆監督ホルヘ・トレグロサ
◆公式:http://www.screamfest2013.net/lineup.html#m2
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TC3b9eVPHgc

友達が次々と消えて居なくなる、人生とは何かを問う仏教がテーマっぽいSFドラマ。
よくあるB級の展開を、ちょっとだけB級じゃない雰囲気にしてみましたな感じ。
「消える」は友人や我が子の「死」の比喩。予言者のイラストに意味がない。オチも無しで拍子抜け。



○「ハングオーバー!!! 最後の反省会」(2013/米) ◆70点
◆原題「The Hangover Part III」 ◆読み:はんぐおーばー3さいごのはんせいかい ◆鑑賞日2014/02/11 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/06
◆自称犯罪王のチャウが刑務所から脱走。一方、大人子供のアランの父親が急死。アランを更生させようとフィル、ステュ、ダグと共に車で施設に向かうが…
◆出演ザック・ガリフィアナキス/ケン・チョン/ブラッドリー・クーパー ◆監督トッド・フィリップス
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14514&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=KLAkxSjs8ZY

男同士の友情を描くドタバタコメディ第3弾。前2作で確立されたキャラが総登場。
今回は下ネタが少ない。二日酔い無し。ハラハラする展開が増えて、コメディ以外でも楽しめるようになった。
ドリフのコントみたいな要素もあり面白かった。チャウがちょっと全面に出過ぎなのがやや不満。



○「サリー 死霊と戯れる少女」(2012/英) ◆60点
◆原題「When the Lights Went Out」 ◆読み:さりーしりょうとたわむれるしょうじょ ◆鑑賞日2014/02/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/06
◆中古の一軒家を購入し引っ越してきた家族。娘は霊の存在に気付き、両親に訴えても妄想だとして耳を貸さない。そんな折り、電球がゆれ、停電になる
◆出演ターシャ・コナー/ハンナ・クリフォード/ケイト・アシュフィールド ◆監督パット・ホールデン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201311/dvd11.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GYKz11JtD0A

ポルターガイスト+悪魔払いホラー。主役の女の子2人が演技的にいい感じ。
幽霊が家族に速攻で認識されることや、幽霊がいるのに引っ越さないのが新鮮。
1970年代が舞台で、服や髪型などが古いが、雰囲気すらも古い感じ。



△「パーフェクト・プラン 完全なる犯罪計画」(2011/米) ◆30点
◆原題「Thin Ice」 ◆読み:ぱーふぇくとぷらんかんぜんなるはんざいけいかく ◆鑑賞日2014/02/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/02
◆保険代理店を経営する男はライバルに雇われたという男をヘッドハント。その男から、骨董品を相続した老人の話を聞き、家財保険の契約を取りに家に行く
◆出演グレッグ・キニア/アラン・アーキン/リー・トンプソン ◆監督ジル・シュプレッヒャー
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_279.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=gfaFTKugPrY

信用できない奴多数の職業の保険外交員があたふたするだけのドラマ。男優陣キャラに魅力が無い。
B級っぽくは無いが特徴無し。予想通りのオチで、どんでん返しが無く、ちっとも面白くなかった。
伏線でバレバレなんだよな。最後は詐欺師に転向したような感じだがハッキリしないのも駄目。



×「悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」(2013/米) ◆20点
◆原題「Texas Chainsaw 3D」 ◆読み:あくまのいけにえれざーふぇいすいっかのぎゃくしゅう ◆鑑賞日2014/02/08 ◆レンタルBD ◆発売日2013/11/02
◆レザーフェイスの犯行が発覚し、ソーヤー一家は村人らに惨殺される。20年後、ソーヤー家生き残りの女性が大豪邸を相続し、友達らとテキサス州へ向かう
◆出演アレクサンドラ・ダダリオ/ダン・イェーガー/スコット・イーストウッド ◆監督ジョン・ラッセンホップ
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32621.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=75TvtJIbbNY

糞ホラー。ホラーと言うより糞アクション。
スプラッタもあるが見せ方が悪く面白くない。
シナリオや音など全てが糞。3D意識しすぎも駄目。



○「1800cc」(2011/米) ◆60点
◆原題「The Bleeding House」 ◆読み:せんはっぴゃくしーしー ◆鑑賞日2014/02/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/02
◆田舎の一軒家。父親は弁護士の仕事を断られ続け、娘は心を開かず母親にほぼ監禁状態にされていた。ある日、車が故障し一晩の宿を求める男が訪れる
◆出演パトリック・ブリーン/アレキサンドラ・チャンド/ニーナ・リサンドレロ ◆監督フィリップ・ゲラット
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5085
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Bb-RKHOvNzg

人は自分の快楽のためだけに、殺人でも何でも行っていると言うB級ホラー。
犯人にキリストを彷彿させる背中の傷あり。その犯人キャラが柔らかい物腰で良かった。
救いの天使みたいな最初の訪れ方も良かった。血抜きは物語のポイントじゃないのが残念。



×「コールド・ブラッド」(2012/加) ◆10点
◆原題「Cold Blooded」 ◆読み:こーるどぶらっど ◆鑑賞日2014/02/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/02
◆宝石泥棒の男は警察に追いつめられて、殴られ捕まるが意識不明となる。病院に運ばれ、女性警官一人が夜の見張りをするが、泥棒の仲間がやってきた
◆出演ゾーイー・パーマー/イアン・ロビンズ/ウィリアム・マクドナルド ◆監督ジェイソン・ラペール
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/cont/coldblood/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=oL9cl0HSzt0

閉鎖空間で警官の女性と犯罪者たちがうろうろする糞B級ドラマ。
整合性のないシナリオに恐れ入った。レンコン以上の穴だらけってある意味すごい。
ヒロインの顔つきがかなり良かったんだが、糞作品で女優さんが可哀想。



◎「偽りなき者」(2012/デンマーク=スウェーデン) ◆90点
◆原題「Jagten(The Hunt)」 ◆読み:いつわりなきもの ◆鑑賞日2014/02/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/04
◆離婚し失業した男は幼稚園教員に就く。子供達にも慕われ恋人もできる。ある日、親友の娘にキスをされ、たしなめたら、娘は性的悪戯をされたと園長に言う
◆出演マッツ・ミケルセン/トマス・ボー・ラーセン/アニカ・ヴィタコプ ◆監督トマス・ヴィンターベア
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/itsuwarinakimono/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=9Umv4CyxTdg

人間による集団暴力がエスカレートする様を淡々と描く村八分ドラマ。子役の演技が素晴らしい。
苦悩する主人公への感情移入度が秀逸。最初の子供への誘導尋問が外道すぎる。
本当は気付いていた親友との関係が泣ける。キリスト教の隣人愛を忘れるな的な描写はいらなかった。



○「トールマン」(2012/米=加=仏) ◆60点
◆原題「The Tall Man」 ◆読み:とーるまん ◆鑑賞日2014/02/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/13
◆鉱山が閉鎖された町で、子供が行方不明になる事件が相次いでいた。ある晩、看護婦は自宅で何者かに子供を連れ去られ、追いかけるが森で見失う
◆出演ジェシカ・ビール/スティーヴン・マクハティ/イヴ・ハーロウ ◆監督パスカル・ロジェ
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-127/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=bQiZ-llvYwM

子供失踪サスペンス。終盤まで種明かしが一切無いのでサスペンス感がすごかった。
オチをあれやこれや考えさせられる、二転三転する構成が上手い。
が、オチがボストンが舞台の某映画のパクリ。最後に観客に問い掛けるとかも残念すぎる。



△「ハード・ラッシュ」(2012/米=英=仏) ◆30点
◆原題「Contraband」 ◆読み:はーどらっしゅ ◆鑑賞日2014/02/01 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/23
◆愛する妻と二人の息子のため、運び屋から完全に足を洗った男は、コカインの密輸に失敗した義弟のせいで家族が脅迫され、ニセ札密輸計画を実行する
◆出演マーク・ウォールバーグ/ケイト・ベッキンセール/ベン・フォスター ◆監督バルタザール・コルマウクル
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=21239
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=thQlU8wdCZE

足を洗った犯罪者が家族を守るために復帰し楽しむアホサスペンスアクション。
内容なし。頻繁にカットを切り替えて飽きさせない構成。
主人公が犯罪者なので面白くない。肝心な奴への制裁がないラストに驚愕。



△「ブラックリスト」(2013/英) ◆40点
◆原題「The List」 ◆読み:ぶらっくりすと ◆鑑賞日2014/02/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/11/02
◆悪徳政治家や経営者をネット投票で決めるランキングサイトを立ち上げた男は一躍有名になる。ある日、1位の者が殺害される動画が公開されるが…
◆出演アンソニー・フラナガン/シエンナ・ギロリー/ナイジェル・プレイナー ◆監督クラウス・フットマン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/5089
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=50AYVih7w_Q

話題の人がマスコミと権力者と賛同者に潰されそうになり、家族の大切さを再認識するサスペンス。
ホリエモンの事件と「デスノート」を足したような感じだった。理不尽な行動が多々あり。
もう一工夫すればサスペンス性が上がって面白くなったのにってところも多々あった。



△「アンチヴァイラル」(2012/加) ◆50点
◆原題「Antiviral」 ◆読み:あんちう゛ぁいらる ◆鑑賞日2014/01/26 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/11
◆セレブが感染した病原菌を培養しファンに注射して売る会社で働く青年は、自らの体に注射して外部に持ち出し、闇マーケットに横流していた
◆出演ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/サラ・ガドン/ジョー・ピングー ◆監督ブランドン・クローネンバーグ
◆公式:http://culture-pub.jp/movie/roadshow/antiviral.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=XIZb50HiBCo

神を近くに感じようと求める人間達と、神を利用する人間達の滑稽さを描く、ややSFが入ったドラマ。
神を有名人に置き換えて描いていて、その設定がかなりユニーク。が、終始退屈で進展も遅く辛かった。
監督はデヴィッド・クローネンバーグの息子。だからか、雰囲気は「裸のランチ」などに似ている。



△「バタフライルーム」(2012/伊=米) ◆40点
◆原題「The Butterfly Room」 ◆読み:ばたふらいるーむ ◆鑑賞日2014/01/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/23
◆アパートで独り暮らしの老女は、隣人の娘を家に招き、蝶の標本を見せ親しくなる。ある日、老女はショッピングモールで泣いていた少女に声をかける
◆出演バーバラ・スティール/エリカ・リーセン/ジュリア・パットナム ◆監督ジョナサン・ザラントネロ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201311/dvd10.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=w_bAbKXhJAk

子供好きだが、子供に超厳しいババァが犯罪を犯すホラーサスペンス。
一昔前のような古ぼけた映像、ありがちなシナリオなどB級臭が強い。
主役ババァのバーバラさんの顔が超怖いなど懐かしい俳優陣だけが唯一の長所。



○「華麗なるギャツビー」(2013/豪=米) ◆70点
◆原題「The Great Gatsby」 ◆読み:かれいなるぎゃっつびー ◆鑑賞日2014/01/25 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/09
◆1922年NYは空前の好景気に沸いていた。証券会社で働く作家志望の男は、毎週盛大なパーティを催していた隣に住む億万長者から招待状を貰う
◆出演レオナルド・ディカプリオ/トビー・マグワイア/キャリー・マリガン ◆監督バズ・ラーマン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14428&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4w8lohkQtbY

男は女性を愛し追い求めることが、充実した人生の原動力となることを描く恋愛ドラマ。
情熱的な愛と、保守的な愛のどちらの愛も捨てられない女性の強欲さも描いていました。
世の中は利己主義で成り立っている。それが糞だと言う奴も、結局は利己だと言っていました。



△「チャイルドコール/呼声」(2012/ノルウェー=独=スウェーデン) ◆30点
◆原題「Babycall」 ◆読み:ちゃいるどこーるよびごえ ◆鑑賞日2014/01/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/16
◆母親と幼い息子は父親の暴力から逃れるため、保護監視プログラムによりアパートに引っ越してきた。不安な母親は、監視用音声モニターを買うが…
◆出演ノオミ・ラパス/クリストッフェル・ヨーナル/ヴェトレ・オーヴェンニル・ヴァリング ◆監督ポール・シュレットアウネ
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-170/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=yz-3cXgw18I

我が子の側にずっといて見守りたいと願う母親の想いを描く、子供虐待がテーマのサスペンスドラマ。
結末が分かっても過程が納得できずスッキリしない内容。現実と妄想に「過去」が入り交じっているのが要因。
女優ノオミ・ラパスさんの口がいつも半開きなのが、気になってしょうがありませんでした。



○「死霊のはらわた」(2013/米) ◆60点
◆原題「Evil Dead」 ◆読み:しりょうのはらわた ◆鑑賞日2014/01/18 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/09
◆森で女性が捕らえられ、小屋の地下の柱に縛られる。女性には悪魔が乗り移っていたので父親が油をかけ燃やす。その後、小屋に5人の男女がやってきた
◆出演ジェーン・レヴィ/シャイロ・フェルナンデス/ルー・テイラー・プッチ ◆監督フェデ・アルバレス
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BPBH-692
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=FKFDkpHCQz4

兄妹愛と自己犠牲を描くスプラッタホラーアクション。暴力的なスプラッタが多く、ホラー的にはまあまあ。
が、多数の既存ホラーの要素を順番に見せているだけの、「死霊のはらわた」じゃないものになっていた。
オリジナルのサム・ライミ版を見ることを強くお勧めする。独特の怖さがあり、今見ても面白いから。



○「コズモポリス」(2012/加=仏=ポルトガル=伊) ◆70点
◆原題「Cosmopolis」 ◆読み:こずもぽりす ◆鑑賞日2014/01/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/09
◆若くして巨万の富を築き上げた青年は「元」の取引で破産寸前だった。オフィス代わりにしているハイテク装備の白いリムジンで床屋に行こうとするが…
◆出演ロバート・パティンソン/サラ・ガドン/ケヴィン・デュランド ◆監督デヴィッド・クローネンバーグ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1069732
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=q3ZmIwteUAY

実益のない人生を歩んできた男の空虚感を描くロードムービー。セックス描写あり。
目まぐるしく変化する時代に、自分の世界だけに閉じ籠もっている無能人間への説教でした。
「カオス理論」や「七つの大罪」あり。車内で助言している人は天使でラストは自分自身。



△「オブリビオン」(2013/米) ◆50点
◆原題「Oblivion」 ◆読み:おぶりびおん ◆鑑賞日2014/01/18 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/04
◆エイリアンの攻撃で月は粉々、地球は放射能に汚染され壊滅。人類は勝利したがタイタンへの移住。2077年、男女は地球を監視する仕事をしていた
◆出演トム・クルーズ/アンドレア・ライズブロー/オルガ・キュリレンコ ◆監督ジョセフ・コジンスキー
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=20923
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=dQ3Mt9yiz6k

恋愛の三角関係を描くSFアクション。映像が鮮明すぎる。小型機がユニーク。
最初の年代説明で自分が何者かなど、オチが全て予見できるのが難点。
ラストの敵内部での出来事に苦笑。敵が自分を「神」と言っていたのもアホくさい。



×「ザ・スティール」(2008/米) ◆20点
◆原題「Selfless」 ◆読み:ざすてぃーる ◆鑑賞日2014/01/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆空港の搭乗待合所で似顔絵を描く売れっ子建築デザイナーの男は、向かいにいた厳つい男の似顔絵を客室乗務員の女性に見せる。厳つい男が激怒する
◆出演ジョシュア・レンガート/モー・ガリーニ/ジェニファー・ホン ◆監督ヤコブ・パンダー
◆公式:http://www.twanet.jp/#/1311ts-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2G9Ig4kRXZY

仕事だけの男が、全てを失って自分の傲慢さに気付く糞B級サスペンスドラマ。
終始ダラダラ。展開的にはマイケル・ダグラスの映画「ゲーム」と全く同じ。
女優がぶさいく、犯人の目的が不明、犯人に気付くのが唐突など糞すぎる。



△「ワールド・コード 陰謀の支配者たち」(2012/加) ◆20点
◆原題「The Conspiracy」 ◆読み:わーるどこーどいんぼうのしはいしゃたち ◆鑑賞日2014/01/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/04
◆ドキュメンタリー映画作家は、多くの戦争やテロ、事件などが陰謀によるものだと主張する陰謀論者の男に取材していた。ある日、陰謀論者が消える
◆出演アーロン・プール/ジェームズ・ギルバート/アラン・C・ピーターソン ◆監督クリストファー・マクブライド
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_278.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=a9_Q05w_CG8

陰謀論の取材をするドキュメント風B級ドラマ。終盤は宗教団体に襲われる森ホラー。
ケネディ暗殺や9・11テロ、要人の演説などの実際の映像を使い期待したが、それ以外はグダグダ。
金持ちが貧乏人を、恐怖を植え付けて操っていると、誰でも気付いていることを言っているだけでした。



△「プリズナー」(2007/米) ◆30点
◆原題「Take」 ◆読み:ぷりずなー ◆鑑賞日2014/01/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆囚人の男は死刑が執行される寸前だった。その男に人生を狂わされた女性は、愛する知的障害の息子と共に、車で刑務所へと向かっていた
◆出演ジェレミー・レナー/ミニー・ドライバー/ボビー・コールマン ◆監督チャールズ・オリバー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201310/dvd07.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=BnZ1uXfW4j0

人生の全ては神の思し召しで、それを悟った者だけが救われるとのたまうドラマ。
見た目で勝手に相手の人生を想像して、勝手に同情し哀れむことが救いに繋がると言っています。
ガソリンスタンドのいじめで、知的障害の子供は幼くして死ぬことが幸運なんだと訴えています。



×「裏切りのスナイパー」(2012/仏=ベルギー=伊) ◆10点
◆原題「Le guetteur」 ◆読み:うらぎりのすないぱー ◆鑑賞日2014/01/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/04
◆銀行強盗を繰り返す犯罪組織を追う警視は、次の襲撃を予想し的中。犯人たちを包囲するが、ビルの屋上にいたスナイパーに次々と刑事が撃たれる
◆出演マチュー・カソヴィッツ/オリヴィエ・グルメ/ダニエル・オートゥイユ ◆監督ミケーレ・プラチド
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_277.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4EKiRWJgk1o

戦争経験者は犯罪者になることを描くアクション。冒頭の展開の理不尽さに苦笑。
登場人物が多すぎなのと、編集が悪いので、誰が誰なのか全く把握できない糞。
シナリオもスナイパーから、女性監禁の犯罪者の話にすり替わって支離滅裂。



△「キャビン・イン・ザ・ウッズ」(2012/米) ◆30点
◆原題「Resolution」 ◆読み:きゃびんいんざうっず ◆鑑賞日2014/01/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/04
◆男はドラッグ中毒の親友を助けるため手錠をかけ小屋に監禁し「薬抜き」を開始。近くの石碑で見つけた写真やスライドには悪い結末が写っていた…
◆出演ピーター・シレラ/ヴィニー・カラン/ザーン・マクラーノン ◆監督ジャスティン・ベンソン/アーロン・ムーアヘッド
◆公式:http://chance-in.com/works/cjt.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=O9Em0uf1Ktg

男同士の友情を描く超超超B級サスペンス。ややSF要素あり。
人生とは自分が信じて願えば、その結果通りとなると言っていました。
男二人が汚い小屋でひたすら喋っているだけの糞だった。



○「ファインド・アウト」(2012/米) ◆60点
◆原題「Gone」 ◆読み:ふぁいんどあうと ◆鑑賞日2014/01/04 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/02
◆女性は夜勤明けに帰ると、妹の姿が無く警察に駆け込む。女性は1年前に森で発見され、拉致監禁されたと訴えたが妄想だとして精神病院に入れられていた
◆出演アマンダ・サイフリッド/ジェニファー・カーペンター/ダニエル・サンジャタ ◆監督エイトール・ダーリア
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14436&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5Vg4e344DdQ

他人は一切信用するなと訴える監禁犯捜しサスペンス。なので後味が悪いのが難点。
終盤までの展開は、自分にかけられた容疑を晴らすため奔走する映画「推定無罪」とほぼ同じ。
ヒロインは街に監禁されていたとか、ヒロインが親しい人以外には嘘しか言わないのがユニーク。



△「エイリアンズ・レポート」(2011/伊) ◆40点
◆原題「Report 51」 ◆読み:えいりあんずれぽーと ◆鑑賞日2014/01/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆車が突然エンストし口論する4人の男女は、撮影していたビデオに謎の光が映っていたことに気付き、UFOなら金になるとビデオ片手に現場を探索するが…
◆出演ミケーラ・ブルーニ/ルカ・ガスティーニ/ヴィオラ・グラジオージ ◆監督アレッシオ・リグオーリ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/4919
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=hpxRKySF5Ow

エイリアン遭遇B級POVホラー。エイリアンの造形は定番。ラストの「プロメテウス」みたいな設定は良かった。
が、登場人物がギャーギャーわめいて、理由もなしにあっち行ったり、こっち行ったりするだけの内容は駄目。
エイリアンの透明、光が弱点などの特徴が、いつのまにか無しになっているのが笑える。出産シーン無しが残念。



△「オフィサー・ダウン」(2013/米) ◆30点
◆原題「Officer Down」 ◆読み:おふぃさーだうん ◆鑑賞日2014/01/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆刑事は連続強姦魔を逮捕したが同僚の警官だった。署長は事件をもみ消す。そんな折り、かつて撃たれた自分を助けてくれた男が娘を救ってくれと頼みにきた
◆出演スティーヴン・ドーフ/ウォルトン・ゴギンズ/ジェームズ・ウッズ ◆監督ブライアン・A・ミラー
◆公式:http://mid-ship.co.jp/dvd/action/officerdown/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=hvvusI6Sh64

改心すれば救われることを描く刑事ドラマ。アクションはほぼ無し。
刑事がはめ込まれて犯人を探す話なんだが、その本題に入るのが終盤で遅すぎた。
白黒の回想シーンが異常なほど多く、映像的にも地味。綺麗なお姉ちゃんばかりなのが救い。



○「ディセント ザ・ダークサイド」(2013/米) ◆60点
◆原題「Living Dark: The Story of Ted the Caver」 ◆読み:でぃせんとざだーくさいど ◆鑑賞日2014/01/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆父親の墓参りにきた兄弟。兄が転び、木の蓋で隠された縦穴を発見する。二人は下におりてみると、人がいた形跡があり、風が通る小さな穴もあった
◆出演クリス・クリーブランド/マシュー・アラン/サーカス・スザルースキー ◆監督デヴィッド・ハント
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201310/dvd01.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=02955vEDwDg

兄弟愛と人生がテーマのB級地底人ホラー・サスペンス。監督の力量かサスペンスは及第点。
途中まで得体の知れない闇の恐怖を描く、クトゥルフみたいな感じでかなり良かった。
もろ地底人じゃなく、人っぽい影のままだったら傑作になっていたかも。実に惜しい作品。



×「ヘンゼル&グレーテル」(2013/独=米) ◆10点
◆原題「Hansel & Gretel: Witch Hunters」 ◆読み:へんぜるあんどぐれーてる ◆鑑賞日2013/12/29 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/19
◆夜中に父親に連れられ森に捨てられた幼い兄妹は、お菓子の家を発見。入ると魔女に捕まるが反撃し焼き殺す。15年後、二人は魔女ハンターになっていた
◆出演ジェレミー・レナー/ジェマ・アータートン/ファムケ・ヤンセン ◆監督トミー・ウィルコラ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8732
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=9246msCh7x4

魔女をやっつけるスプラッタホラーアクション。
結局はヴァンパイアハンターの亜流で新味なし。
最初から最後まで暴力しかない内容無しの糞映画。



×「リクイッド・ウッズ 樹海」(2010/米) ◆20点
◆原題「Yellowbrickroad」 ◆読み:りくいっどうっずじゅかい ◆鑑賞日2013/12/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆1940年に森に入った人々が一人を残して全員死ぬ事件が発生。2010年。真相を調べる作家とカメラマンら計8人がその森へと入るが…
◆出演マイケル・ラウリノ/キャシディ・フリーマン/クラーク・フリーマン ◆監督アンディ・ミットン/ジェシー・ホーランド
◆公式:http://www.twanet.jp/#/1310lw-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=oeGMxE2vYlg

仲間が次第に暴力的になるB級ロードムービー風ホラー。展開は超ダラダラ。
人生とは出口のない樹海だと言っていました。暴力表現と狂気演技が中途半端。
オチが「マウス・オブ・マッドネス」と同じ感じな映画館なのも頂けない。



○「ポゼッション」(2012/米=加) ◆60点
◆原題「The Possession」 ◆読み:ぽぜっしょん ◆鑑賞日2013/12/28 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/20
◆妻と離婚し、週末ごとにふたりの愛娘と一緒に過ごしている男。ある日、立ち寄ったガレージセールで末娘がアンティークな木箱に心奪われ購入するが…
◆出演ジェフリー・ディーン・モーガン/ナターシャ・カリス/キラ・セジウィック ◆監督オーレ・ボールネダル
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2050
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0gBeG31fX40

我が子の異変を救えるのは、血が繋がった親だけだと言う悪魔系ホラー。話はB級だが、雰囲気的にはA級っぽい。
「ロード・オブ・ザ・リング」の指輪に魅入る要素と、「ポルターガイスト」の子供がなんだかおかしい要素、
「エクソシスト」の悪魔払いを全て足した感じ。蛾は「羊たちの沈黙」を連想させる。不安感や恐怖感が薄いのが難点。



×「フリア よみがえり少女」(2012/西) ◆20点
◆原題「Dictado(Childish Games)」 ◆読み:ふりあよみがえりしょうじょ ◆鑑賞日2013/12/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/10/02
◆小学校教師の男は子供が欲しい同僚の女性と暮らしていた。ある日、子供時代に一度会ったきりと言う男が現れ、娘を見てほしいと言い、風呂場で自殺する
◆出演ファン・ディエゴ・ボト/バルバラ・レニー/マヒカ・ペレス ◆監督アントニオ・チャバリアス
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53084/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ZXrYxeuLAvE

母親の言動が子供に多大な影響を与えていることを描くトラウマドラマ。
終盤まで何もなく退屈。ひたすら男女が孤児の少女をどうするかを語っているだけ。
少女が、大昔に死んだ妹じゃないかと思わせるシーンが少なすぎるのも駄目。



△「ジャッキー・コーガン」(2012/米) ◆30点
◆原題「Killing Them Softly」 ◆読み:じゃっきーこーがん ◆鑑賞日2013/12/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/02
◆金に困っている男は、賭博場への強盗の話に乗る。賭博場のボスは殺し屋を雇う。昔に狂言強盗をした支配人が犯人として疑われ、暴行をうけるが…
◆出演ブラッド・ピット/レイ・リオッタ/スクート・マクネイリー ◆監督アンドリュー・ドミニク
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0086
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=tDyaNnrgdp4

アメリカは昔から何も変わっていないことを描く、貧乏人のひがみドラマ。
金持ちが貧乏人を言葉巧みに操っていて、実質、奴隷にしていると言っていました。
酔ったクズリーマンみたいな奴や、めそめそした若造にご立腹しているジジィのたわごとみたいな話。



△「フッテージ」(2012/米=英) ◆40点
◆原題「Sinister」 ◆読み:ふってーじ ◆鑑賞日2013/12/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/10/02
◆作家の男は、小説の題材にしようと一家首吊り事件が起こった家に、家族と引っ越す。屋根裏にフィルムを発見し再生すると首吊りの様子が記録されていた
◆出演イーサン・ホーク/ジュリエット・ライランス/クレア・フォーリー ◆監督スコット・デリクソン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0084
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=pgYxydrVlDk

スナッフフィルムを垂れ流すだけの悪魔系ホラー。B級臭くない雰囲気だけは○。
怖い要素は、暗闇やフィルムに何かが紛れ込んでいるだけのお粗末さ。
いくら悪魔の所業とはいえ、子供を殺人者にするオチがキチガイすぎる。



○「G.I.ジョー バック2リベンジ」(2013/米) ◆60点
◆原題「G.I. Joe: Retaliation」 ◆読み:じーあいじょーばっく2りべんじ ◆鑑賞日2013/12/21 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/27
◆機密部隊G.I.ジョーは核弾頭を回収する任務を成功させ、砂漠で待機するが、奇襲攻撃を受け全滅する。生き残った3人は復讐のため黒幕を捜す
◆出演ドウェイン・ジョンソン/エイドリアンヌ・パリッキ/イ・ビョンホン ◆監督ジョン・M・チュウ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8641
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=V2YMu52MfqA

悪と戦う正義の特殊部隊を描くアクション第2弾。前作と監督が違う。善と悪が明瞭なのがかなり良かった。
前作と比べSF色が極度に薄くなり残念。他の映画の寄せ集めなのは前作と同じだが、もうやっちゃいかんだろ。
白忍者と黒忍者の最強対決があっけなく終わって、もっと見たかった。お姉ちゃんが美人でうっとり。



×「ザ・パック 餌になる女」(2010/仏=ベルギー) ◆10点
◆原題「La meute」 ◆読み:ざぱっくえさになるおんな ◆鑑賞日2013/12/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/09/03
◆車を走らせる女性は、たちの悪いバイカーに目をつけられる。そんな折り、ヒッチハイクをしている男を拾う。ダイナーに寄るが、男がトイレで行方不明になる
◆出演エミリー・ドゥケンヌ/バンジャマン・ビオレ/ヨランド・モロー ◆監督フランク・リシャール
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=2869
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HVraQ3cFvjg

グールっぽいのが出てくるB級ホラー。前半は監禁、後半はモンスターパニック。
銃があるのならババァを殺して直ぐに逃げろ等々、つっこみどころ多数でイライラ。
なぜ血を抜くのかを描いていないなど話的にも難あり。ヒロインは可愛いがおっぱい無し。



△「ゴーストライダー2」(2011/米=アラブ首長国連邦) ◆50点
◆原題「Ghost Rider: Spirit of Vengeance」 ◆読み:ごーすとらいだー ◆鑑賞日2013/12/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/03
◆バイクに乗る黒人が少年の安否を確認しに僧侶が守る城にくるが、何者かに襲われる。少年と母親は逃げる。黒人はゴーストライダーを訪ね助けを求める
◆出演ニコラス・ケイジ/キアラン・ハインズ/ファーガス・リオーダン ◆監督マーク・ネヴェルダイン/ブライアン・テイラー
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcxg50128/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qtrLGZI9Ov0

燃えるドクロヒーロー第2弾。前作よりもやや面白かったが今作も大味。
「T2」的な親子描写あり。火だるま採掘マシーン攻撃がゲーム的な派手さがあり楽しめた。
その後は超眠くなるほどつまらなかった。敵との対決があっけなさすぎた。



△「ザ・マスター」(2012/米) ◆40点
◆原題「The Master」 ◆読み:ざますたー ◆鑑賞日2013/12/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/06
◆第二次世界大戦。戦地で暇をもてあましていた兵士の男は酒の調合に夢中になる。終戦後に写真の仕事をするも客にイラつき、ある船のパーティに忍び込む
◆出演ホアキン・フェニックス/フィリップ・シーモア・ホフマン/エイミー・アダムス ◆監督ポール・トーマス・アンダーソン
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TBR/TBR23239D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fJ1O1vb9AUU

ヒーローと悪役の関係みたいな、男同士の友情を描くドラマ。正直よく分からなかったが、女性の全裸が多数あり退屈ではなかった。
石やら渦やら、そこかしこに宇宙をイメージしたと思われる背景や風景があった。セリフでは輪廻を言っていた。
たぶん、宇宙の始まりから運命づけられた「相方」を見つけられた者は、人生が充実すると言っていると思われる。



△「ロスト・メモリー」(2012/独) ◆50点
◆原題「Du hast es versprochen」 ◆読み:ろすとめもりー ◆鑑賞日2013/12/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/08/23
◆ある島で少女2人が仲良く遊ぶ。一人の服が血に染まる。25年後、女性は医師になり幼い娘がいた。睡眠薬を飲んだ急患が当時の遊び友達だと気付くが…
◆出演ミナ・タンデル/ラウラ・デ・ブーア/カタリナ・タールバッハ ◆監督アレックス・シュミット
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV23198D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qB13H0pfxYI

子供の無邪気な悪意を題材にした、復讐の連鎖を描くサスペンス。
終盤まで島でダラダラ過ごすだけで超退屈。全体の雰囲気が一昔前な感じ。
終盤であることが判明してから、やっと面白くなったが遅すぎた。



○「デッドガール」(2008/米) ◆80点
◆原題「Deadgirl」 ◆読み:でっどがーる ◆鑑賞日2013/12/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/08/02
◆好きな女の子がいる高校生の男は、親友と閉鎖された精神病院に侵入。地下の錆びた扉の奥で、縛られた裸の女を発見する。男は通報しようとするが…
◆出演シャイロ・フェルナンデス/ノア・セガン/ジェニー・スペイン ◆監督マルセル・サーミエント/ガディ・ハレル
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=2761
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=-2SSL6Ipnvw

善悪の狭間でもがく高校生を描く新感覚の青春+監禁ホラー。
「七つの大罪」あり。不死身の女性はゾンビじゃなく堕天使。
永遠に続く行苦も描いていました。役者達の顔つきも良かった。



○「アンナ・カレーニナ」(2012/英) ◆80点
◆原題「Anna Karenina」 ◆読み:あんなかれーにな ◆鑑賞日2013/12/08 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/07
◆19世紀末ロシア。政府高官の夫と幼い息子を持つ女性は、浮気がばれた兄夫婦の仲を取り持つためモスクワへ向かう。駅で貴族軍人の青年に心奪われるが…
◆出演キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョンソン ◆監督ジョー・ライト
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1043631
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=rPGLRO3fZnQ

イデオロギーとアイデンティティーの関係を描く正真正銘のメロドラマ。
罪悪感、幸福感、不安感、不信感、孤独感などの全ての感情表現が秀逸だった。
舞台の場面転換みたいな手法もユニークだった。もう一方の物語がやや希薄で残念。



△「ビトレイヤー」(2013/英=米) ◆30点
◆原題「Welcome to the Punch」 ◆読み:びとれいやー ◆鑑賞日2013/12/08 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/11
◆銀行強盗をしてバイクで逃げる4人組を追いかける刑事。バイクから落ちた犯人のひとりは刑事の足を撃って逃げる。3年後、犯人の息子が空港で捕まる
◆出演ジェームズ・マカヴォイ/マーク・ストロング/アンドレア・ライズブロー ◆監督エラン・クリーヴィー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14295&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=z8VLeJbekKk

「昨日の敵は今日の友」を描く刑事ドラマ。世の中の関係は変り易く、正義も不義も無いって話。
青を強調した都会の無機質なおしゃれ風映像と、どろどろした人間関係が全く噛み合っていない。
主役2人の関係が、親と子のような感じでもなく、ルパンと銭形のような感じでもなく中途半端。



○「ランズエンド −闇の孤島−」(2012/英) ◆60点
◆原題「Blood」 ◆読み:らんずえんどやみのことう ◆鑑賞日2013/12/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/09/06
◆少女の刺殺死体が発見され、刑事の兄弟は捜査を開始。犯罪歴がある男を尋問するため、元署長の父親がやっていた近くの島へ連れて行くが、殺してしまう
◆出演ポール・ベタニー/ブライアン・コックス/マーク・ストロング ◆監督ニック・マーフィー
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail.php?product_id=2117
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Dyty8O26DhU

人は家族を愛するが故に罪を犯し、何度も苦悩することを描く刑事ドラマ。
親から子へと受け継がれる罪の連鎖を断ち切るラストの父親の行動がすごく良かった。
人が罪を犯すのは、その当事者を救うための神の差し金だとも言っていました。



△「3デイズ」(2012/米) ◆50点
◆原題「The Daughter」 ◆読み:3でいず ◆鑑賞日2013/12/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/09/04
◆父親の市長選挙を手伝う娘。誕生日に彼氏にフラられ友達とともに自宅で過ごしていると何者かが押し入り拘束。犯人たちは身代金を父親に要求するが…
◆出演マリアン・ソレンセン/マイケル デイ/ケヴィン・マッコークル ◆監督ジョナサン・M・レヴィン
◆公式:http://www.twanet.jp/#/13083d-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=voYzcmb2Bu0

貧乏人と金持ちの人格の違いとは何かを描く立て籠もり低予算サスペンス。
アメリカのテレビドラマ丸出しな雰囲気。ヒロインが年増。つっこみどころも多数。
が、悪い奴らを成敗する日本の時代劇みたいな感じが何となくあって、やや面白かった。



△「アイアンマン3」(2013/米) ◆30点
◆原題「Iron Man 3」 ◆読み:あいあんまん3 ◆鑑賞日2013/12/01 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/04
◆「アベンジャーズ」で心身共に追い詰められたヒーローは遠隔操作のできるパワードスーツを開発していた。ある日、高熱の爆弾テロで親友が危篤になる
◆出演ロバート・ダウニーJr/ガイ・ピアース/グウィネス・パルトロウ ◆監督シェーン・ブラック
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1192&pid=30000000003658
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2CzoSeClcw0

9・11テロでトラウマになり様々な仮面に頼る男が、愛する人が強くなり、守る物が無くなったので吹っ切れるアクション。
9・11テロと「アベンジャーズ」の侵略を同一視させていた。テロは(アメリカが)自分で蒔いた種だとも言っていました。
ゴチャゴチャしているだけのアクションの連続が辛く、内容の無さを強調させ、途中で飽き飽きしてきた。



△「キング・オブ・マンハッタン −危険な賭け−」(2012/米) ◆40点
◆原題「Arbitrage」 ◆読み:きんぐおぶまんはったんきけんなかけ ◆鑑賞日2013/12/01 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/03
◆「世界はMONEYの5文字で回っている」と語る投資会社で成功した初老の男は、若い浮気相手とドライブ中に事故り女が死ぬ。男はその場から逃げるが…
◆出演リチャード・ギア/スーザン・サランドン/ブリット・マーリング ◆監督ニコラス・ジャレッキー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/bbxf-2048
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UmJSV9ePx7c

おまえらの人生は粉飾で、その浮き沈みに何の意味もないことを描くドラマ。
家族すらも見栄のために作った、実態のない糞の人生だとも言っていました。
テーマは良かったが、人生の絶望感と逆転に落差が無く単調で面白くなかった。



△「ゼロ・ダーク・サーティ」(2012/米) ◆40点
◆原題「Zero Dark Thirty」 ◆読み:ぜろだーくさーてぃ ◆鑑賞日2013/11/30 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/03
◆9・11テロの首謀者とされるビンラディンを探すCIAチームに抜擢された女性は、組織の者と金のやり取りをしていた人物の拷問に立ち会う
◆出演ジェシカ・チャスティン/ジェイソン・クラーク/レダ・カテブ ◆監督キャスリン・ビグロー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2047
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YxC_JNz5Vbg

仕事を最後までやり遂げる女性の姿を描くドキュメント風ドラマ。話がいちいち異常に長く辛い。
女性の焦りとか苛立ちが一切伝わってこない。意地は伝わったが、全て自分のためって感じ。
アメリカのテロに対するやる気の無さ、どうでもいいって描き方が正直で笑える。ラディンの引きこもりがすごすぎる。



×「KEY(キー)/死体の中の遺留品」(2012/米) ◆20点
◆原題「Key」 ◆読み:きーしたいのなかのいりゅうひん ◆鑑賞日2013/11/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/09/03
◆検屍官の男の妻が何者かに殺される。捜査は難航し迷宮入りする。2年後、自殺者の検屍中に体から謎の鍵を発見する。鍵を報告せずに単独で調べるが…
◆出演ネイサン・サスフォード/ジェシカ・ニコル・ウェブ/アーサー・リチャードソン ◆監督ロブ・ハミルトン
◆公式:http://www.comma.jp/php/dvd-main.php?title_no=COMT-011
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GzQ8DKgxBTM

奈落へと通じる扉を開ける鍵を入手した者が不幸になるB級サスペンス。
最初にヨハネの黙示録のアバドンの所を引用していたから、背教者の末路を描いていると思われる。
犯人捜しも、オカルトも中途半端で面白くなかった。顔のドアップばかりも駄目。



△「キャビン」(2012/米) ◆40点
◆原題「The Cabin in the Woods」 ◆読み:きゃびん ◆鑑賞日2013/11/17 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/03
◆山奥の別荘にきた大学生5人。地下で見つけた日記のラテン語を読んだ時にゾンビが目覚め大学生を襲う。一方、それを隠しカメラや衛星で監視する者がいた
◆出演クリステン・コノリー/クリス・ヘムズワース/フラン・クランツ ◆監督ドリュー・ゴダード
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0081
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TzoSSEl7-4Y

ゾンビに襲われる若者と、それを監視する者を描くホラー。「CUBE ZERO」とかのホラーの寄せ集め。
終盤まで超ダラダラ。狙っているのだろうが、頻繁に監視員のシーンに切り替わりイライラ。
ラストのボスも微妙。お姉ちゃんがユマ・サーマン似なので、辛いながらも、なんとか最後まで見られた。



○「トランス・ワールド」(2011/米) ◆60点
◆原題「Enter Nowhere」 ◆読み:とらんすわーるど ◆鑑賞日2013/11/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/09/04
◆コンビニで強盗をする男女。一方、森の中をさ迷う女は、壊れた無線機がある小屋を発見し中に入るが、斧を持った男が現れベッドの下に隠れる
◆出演キャサリン・ウォーターストーン/スコット・イーストウッド/サラ・パクストン ◆監督ジャック・ヘラー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201309/dvd06.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GHqLD0AgfsA

どんな人間に育とうとも、親は我が子を愛し幸せを願っていることを描く負の連鎖断ち切りサスペンス。
また、子供は親を恨んでいる一面があるが、内心は愛していることも描いていました。
祖先を敬い、自分の今があることを感謝しましょうって話。クリント・イーストウッドの息子が出演。



△「L.A.ギャングストーリー」(2012/米) ◆30点
◆原題「Gangster Squad」 ◆読み:えるえーぎゃんぐすとーりー ◆鑑賞日2013/11/16 ◆レンタルBD ◆発売日2013/09/04
◆1949年。ロサンゼルスを牛耳る元ボクサーのユダヤ系ギャングのボスは売春宿で失態した仲間を殺す。警察はギャングを壊滅させるチームを極秘に結成する
◆出演ジョシュ・ブローリン/ショーン・ペン/ライアン・ゴズリング ◆監督ルーベン・フライシャー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14263&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qilrVR0miPU

アメリカにのさばる害虫共は、法を無視してでも駆逐しまくれと訴えるドラマ。
ユダヤ人や中国人、スペイン人は醜態をさらして死ねと言っていました。
警察側の全キャラに魅力がない。話もメリハリが無い。カーチェイスや銃撃戦もいまいち。



△「モンスターズ・フォレスト」(2011/米) ◆40点
◆原題「The Millennium Bug」 ◆読み:もんすたーずふぉれすと ◆鑑賞日2013/11/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/09/04
◆1999年12月31日。人の気配のない山奥にキャンプをしにきた家族は何者かに襲われ拉致される。一方、動物学者はUMAを探しカメラをまわしていた
◆出演ジョン・チャールズ・メイヤー/ジェシカ・シモンズ/ジョン・ブリデル ◆監督ケネス・クラン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/4710
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=D3fdzbA7dME

巨大モンスター糞B級アクション・ホラー。糞B級として見ると及第点。
近親相姦家族に襲われる「クライモリ」系の前半はダラダラ展開。
演技やカメラワークが学芸会レベル。モンスターの造形や合成は○。



△「パーフェクト・トラップ」(2012/米) ◆30点
◆原題「The Collection」 ◆読み:ぱーふぇくととらっぷ ◆鑑賞日2013/11/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/07
◆友人に誘われディスコに行った金持ちの女。女は箱を見つけ開けると男が出てきて、殺人鬼の罠が発動。踊っていた百人ぐらいの人間が一気に死亡する
◆出演ジョシュ・スチュワート/エマ・フィッツパトリック/リー・ターゲセン ◆監督マーカス・ダンスタン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail.php?product_id=2093
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=n08aIH-Bhcc

トラップを仕掛けて楽しむ殺人鬼を描くB級ホラー「ワナオトコ」の続編(設定が微妙に違う)。
「ゴーストシップ」には及ばないが、冒頭の大量惨殺シーンは良かった。
その後が何故か違う方向にいって全てが糞に。罠の発動の面白さが一切無くなっていた。



△「野蛮なやつら/SAVAGES」(2012/米) ◆50点
◆原題「Savages」 ◆読み:やばんなやつら ◆鑑賞日2013/11/10 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/28
◆大麻栽培ビジネスの成功で優雅な生活を送っている男2人と、その両方の恋人の女1人。ある日、首切り動画と共に、ある組織が提携を持ちかけてきた
◆出演ブレイク・ライブリー/ベニチオ・デル・トロ/サルマ・ハエック ◆監督オリバー・ストーン
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=20757
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=KC2zbOwbeEs

神は陰と陽どちらの人間も愛してくださると言っている群像劇風ドラマ。
仏教、イスラム教、キリスト教の神を同一視していました。「七つの大罪」あり。
雰囲気がスタイリッシュっぽく、主役以外のキャラも立っているが、話に面白みがない。



△「ザ・コールデスト」(2008/ノルウェー) ◆40点
◆原題「Fritt vilt II(Cold Prey 2)」 ◆読み:ざこーるですと ◆鑑賞日2013/11/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/03/05
◆雪山で車が放置されているとの通報があり調べる男は、道端で立ちつくしていた女性を保護。閉鎖間際の病院で治療を受け、殺人鬼に襲われたと告白するが…
◆出演イングリッド・ボルゾ・ベルダル/マルト・スノーレスダッター・ロビック/ヨハンナ・モールク ◆監督マッツ・ステンバーグ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/coldest/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=MQPR1kx3oBY

雪山ホテル殺人鬼ホラー「コールドプレイ」続編。監督は別人。
ヒロインが女医と助かった人で分散していたのが駄目だった。
前作にあった定番的な怖さや構図、展開が無くなり、つっこみどころが急増。



○「世界にひとつのプレイブック」(2012/米) ◆80点
◆原題「Silver Linings Playbook」 ◆読み:せかいにひとつのぷれいぶっく ◆鑑賞日2013/11/09 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/09
◆妻の浮気を知り相手を殴り、鬱病になった男は精神病院を退院する。親友の夕食に招かれ、未亡人の親友の妹に出会い、セックスしようと誘われるが…
◆出演ブラッドリー・クーパー/ジェニファー・ローレンス/ロバート・デ・ニーロ ◆監督デヴィッド・O・ラッセル
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV23230D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Lj5_FhLaaQQ

同じようなキャラの男女が惹かれ合う、ややドタバタコメディのクリスマス・ラブストーリー。
愛は共同作業で確信し、それは嫌な過去を克服し、家族や友の信頼をも取り戻すと言っていました。
ヤリマン役の女優ローレンスさんの化粧が濃すぎて、すっぴん同様、表情がすごく怖いのも見所。



△「帰らない日々」(2007/米=独) ◆50点
◆原題「Reservation Road」 ◆読み:かえらないひび ◆鑑賞日2013/11/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/01/21
◆野球観戦の帰り、息子を元妻に返すため急いでいた男は、音楽会の帰りにガソリンスタンドに寄った家族の息子を車でひき殺し、怖くなって逃げる
◆出演ホアキン・フェニックス/マーク・ラファロ/ジェニファー・コネリー ◆監督テリー・ジョージ
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe53217/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0lIBEO_CTgc

息子をひき逃げされた父親と、我が息子を愛する犯人の心境を描くドラマ。
両方を描いていたためか、双方の心理描写が中途半端になっていた。
家族崩壊寸前とか、犯人を殺したい気持ち、犯人の苦悩など、どれもがインパクトに欠ける。



○「アンダーカヴァー」(2007/米) ◆70点
◆原題「We Own the Night」 ◆読み:あんだーかう゛ぁー ◆鑑賞日2013/11/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2009/04/24
◆1988年NY。ナイトクラブを経営する男の父親は警察署長、兄はエリート警察官だった。ナイトクラブにがさ入れがあり麻薬取引をするロシア人が逮捕される
◆出演ホアキン・フェニックス/エヴァ・メンデス/マーク・ウォールバーグ ◆監督ジェームズ・グレイ
◆公式:http://www.undercover-movie.jp/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6ugjb0wQ7DY

家族の絆をメインに「蛙の子は蛙」を描く警察ドラマ。
危険を承知で正義を貫く警察の意地みたいなものが伝わってきて良かった。
車の移動中に襲われる雨のカーアクションシーンもかなり良かった。



○「コールドプレイ」(2006/ノルウェー) ◆70点
◆原題「Fritt vilt (Cold Prey)」 ◆読み:こーるどぷれい ◆鑑賞日2013/11/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/12/05
◆人のいない雪山でスノーボードを楽しむ5人の男女。男が転倒し足を骨折したため、近くにあった閉鎖ホテルで休憩するが…
◆出演イングリッド・ボルゾ・ベルダル/ロルフ・クリスチャン・ラーセン/ヴィクトリア・ヴィンゲ ◆監督ローアル・ユートハウグ
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=lBWRHD_i6nE

雪山の閉鎖ホテルで、謎の殺人鬼に男女が襲われる閉鎖空間ホラー。
スプラッタとか、殺人鬼の奇抜なメイクとかに一切頼らない正当派。
カメラアングルとか、ビックリさせるシーンとかホラーの教科書みたいな作り。



○「ルックアウト/見張り」(2007/米) ◆60点
◆原題「The Lookout」 ◆読み:るっくあうとみはり ◆鑑賞日2013/11/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/04/23
◆多数の蛍がいる夜道をライトを消して走る車が事故り、運転していた青年が助かり友人は死ぬ。4年後、青年は記憶を保てない等の障害を負うも毎日を生きていた
◆出演ジョセフ・ゴードン=レビット/ジェフ・ダニエルズ/マシュー・グード ◆監督スコット・フランク
◆公式:http://disney-studio.jp/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=pYZi3u7jM7M

同じ事の繰り返しの日々(生きること)が、人の罪を徐々に浄化していると言うドラマ。
人は過去の様々な記憶が薄れる中で、失敗などの悔やむことだけを死ぬまで引きずっている。
感謝祭なので、今日があるのも人々の絆のおかげだってお話。展開が淡々としていて逆に良かったよ。



△「ジャンゴ 繋がれざる者」(2012/米) ◆50点
◆原題「Django Unchained」 ◆読み:じゃんごつながれざるもの ◆鑑賞日2013/10/27 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/07
◆南北戦争の2年前。元歯科医と言う賞金稼ぎの男は、ターゲットの顔を知っている奴隷ジャンゴを強制的に買う。賞金稼ぎは、ある街で保安官を撃ち殺す
◆出演ジェイミー・フォックス/クリストフ・ヴァルツ/レオナルド・ディカプリオ ◆監督クエンティン・タランティーノ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80279
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eUdM9vrCbow

南北戦争(奴隷問題)が流行っているので急遽作った感じの単純な復讐劇。
奴隷制をある意味楽しんでいた白人と黒人の両方を描いていました。
肉片飛び散る銃撃戦があるが、もはや独創的ではない。上映時間も異常なほど長く途中で飽きた。



△「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」(2011/英=米=アラブ首長国連邦) ◆30点
◆原題「The Best Exotic Marigold Hotel」 ◆読み:まりーごーるどほてるであいましょう ◆鑑賞日2013/10/27 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/02
◆インドの高級リゾートホテルで余生を過ごそうとイギリスからやって来た老人7人。しかし、そこはパンフレットとは見た目が違うボロホテルだった
◆出演デヴ・パテル/ジュディ・デンチ/マギー・スミス ◆監督ジョン・マッデン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13565
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=dDY89LYxK0w

現状を否定せずに素直に受け入れた者だけの人生を称えるコメディ風ドラマ。
メインは老人たちの群像劇じゃなく、無理矢理こじつけた感じの青年の恋愛とホテルの再建だった。
人混みしか描いておらず舞台をインドにした理由がいまいち伝わってこない。外人の大好きなゲイネタあり。



○「ジャックと天空の巨人」(2013/米) ◆60点
◆原題「Jack the Giant Slayer」 ◆読み:じゃっくとてんくうのきょじん ◆鑑賞日2013/10/26 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/07
◆親に昔話を読み聞かせられ育ったお姫様と農家の青年。馬を売りに街まできた青年は芝居小屋でお姫様と出会う。僧侶が盗んだ魔法の豆を青年に託すが…
◆出演ニコラス・ホルト/エレノア・トムリンソン/ユアン・マクレガー ◆監督ブライアン・シンガー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14004&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ng9rjC8MOgU

貧民の青年が、漁夫の利でお姫様をゲットする中世ファンタジーアクション。
序盤は木登り、中盤は軽いホラー、終盤は籠城戦で全く飽きずに楽しく見られました。
敵の大将のやっつけ方も良かった。ただ、多数の映画の一部シーンの寄せ集めな感じは否めない。



○「UFO−侵略−」(2011/米) ◆60点
◆原題「U.F.O.(Alien Uprising)」 ◆読み:ゆーえふおーしんりゃく ◆鑑賞日2013/10/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/08/07
◆ディスコでナンパをする男と、車の上で彼女にプロポーズをする男らは翌朝に停電で携帯電話も繋がらないことに気付く。そんな折り、巨大UFOが登場する
◆出演ショーン・ブロスナン/マヤ・グラント/ビアンカ・ブリー ◆監督ドミニク・バーンズ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1019313
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=gU6XUD8tEOc

B級黙示録SFドラマ。「七つの大罪」あり。最初の40分ぐらいは男女数人の普通の行動を垂れ流しているだけの糞で辛かった。
それを過ぎれば、黙示録好きならばそれなりに見られる。小型機は天使でミカエル軍団とサタン軍団の戦い(ハルマゲドン)を表現していると思われる。
スーパーでの10分ぐらいのワンカットシーンや、薬局での格闘シーンはちょっと良かった。ヴァン・ダムが実の娘ビアンカ・ブリーと共演。



○「マーサ、あるいはマーシー・メイ」(2011/米) ◆60点
◆原題「Martha Marcy May Marlene」 ◆読み:まーさ、あるいはまーしーめい ◆鑑賞日2013/10/20 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/02
◆山奥で自給自足の生活を目指すグループから脱走した両親のいない女性は、疎遠になっていた姉に電話して迎えに来てもらい、居候することになるが…
◆出演エリザベス・オルセン/サラ・ポールソン/ヒュー・ダンシー ◆監督ショーン・ダーキン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13561
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0_k3wCsOgqk

更生の場のような集団生活グループから抜け出した女性の苦悩を描く、ややホラー風ドラマ。「七つの大罪」あり。
普通に見ていると異常なグループの洗脳の怖さなんだが、グループのトップの男が本当の神で、主人公が現代人だとすると感じ方が一変する。
神の人への愛や、神が常に見守っている安堵感、神が人に与えた知識など、神を拒むことで再認識していた。死ぬと涅槃にいたるってのが疑問。



×「ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い」(2011/米) ◆20点
◆原題「Fire with Fire」 ◆読み:ふぁいやーうぃずふぁいやーほのおのちかい ◆鑑賞日2013/10/19 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/02
◆彼女を作らない消防士がコンビニ立ち寄るとギャングが入ってきて店員を撃ち殺す。逃げた消防士は犯人を見たため、証人保護プログラムが発動される
◆出演ジョシュ・デュアメル/ロザリオ・ドーソン/ブルース・ウィリス ◆監督デヴィッド・バレット
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/32600.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=j9Auh9MI-Kw

やられる前にやるアクション。ド素人がギャングと全面対決するのに、痛快さ無し。
ギャングのボスへの面通しまではかなり良かったが、女が出てきてからグダグダに。
消防服一式を何故か用意していたとか、銃の弾を何故かガス管に当てるとかラストが予定調和で糞。



△「スモーク」(2012/米) ◆50点
◆原題「After」 ◆読み:すもーく ◆鑑賞日2013/10/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/08/02
◆乗客が2人だけの深夜バス。看護師の女性にちょっかいを出す漫画家の男。バスが事故る。女性はいつものように目覚め、勤務先の病院へと行くが…
◆出演スティーヴン・ストレイト/カロリーナ・ヴィドラ/マディソン・リンツ ◆監督ライアン・スミス
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/4202
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Bz4jVO27bhM

地獄の第一圏「辺獄」から抜け出そうと奮闘する男女を描くホラーサスペンス。「七つの大罪」も微妙に入っていた。
地獄の門や、地獄の層(地図の円)、アケロン川(三途の川)とか「地獄」の概念を上手く表現していました。
悪いことはするな、親の言うことを聞かないと怪物がいる地獄に堕ちるとさとす、子供への「地獄」教本な感じ。



△「クリーンスキン 許されざる敵」(2012/英) ◆30点
◆原題「Cleanskin」 ◆読み:くりーんすきんゆるされざるてき ◆鑑賞日2013/10/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/08/02
◆太った男の護衛をする元軍人の男は、何者かに襲われ銃撃戦になり、プラスチック爆弾の入ったケースを奪われる。その爆弾が自爆テロに使用される
◆出演アビン・ガレヤ/ショーン・ビーン/シャーロット・ランプリング ◆監督ハディ・ハジェイグ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201308/dvd10.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HvLl7BKPfbg

テロは皆殺しと考える男と、テロの青年、テロを利用して活動をする団体の罪は同じだと言っているアクション。
青年がテロ実行犯へとなる過程を描いているが、心情が全く伝わってこない。展開がダラダラ。顔のドアップだらけの構図。
イスラム教徒の青年がお祈りの最中に彼女に電話するって凄いな。青年が死ぬシーンだけは救われた感じで良かった。



○「フライト」(2012/米) ◆60点
◆原題「Flight」 ◆読み:ふらいと ◆鑑賞日2013/10/13 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/19
◆女性乗務員と一晩過ごした機長は酒を飲み、コカインをやり仕事に向かう。嵐の中、旅客機は飛び立つが機体の故障で急降下。緊急着陸に成功するが…
◆出演デンゼル・ワシントン/ケリー・ライリー/タマラ・チュニー ◆監督ロバート・ゼメキス
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8513
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=MlFMZ5D8FNc

人として堕落した男が、信仰心を取り戻し救われる宗教ドラマ。事故シーンは緊迫感があり良かった。
公聴会は告解室。冒頭に素っ裸を見せた女性乗務員(=天使=神)が見つめていたのが良かった。
大惨事や出会い、些細な偶然は「神が人を試している」ってのが駄目。展開にひねりが無いのも難点。



○「テッド」(2012/米) ◆60点
◆原題「Ted」 ◆読み:てっど ◆鑑賞日2013/10/13 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/24
◆1985年のクリスマス。友達のいない8歳の男の子は両親から熊のぬいぐるみをプレゼントされる。喋ってと願うと命が宿り世間で話題となる。27年後…
◆出演マーク・ウォールバーグ/ミラ・クニス/Tedの声:セス・マクファーレン ◆監督セス・マクファーレン
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=20256
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VxKfC77XAp8

キリスト教がテーマのコメディ。宗教に無関心っぽい人々へ向けた信仰と人生の在り方の啓発な感じ。
テッドはクリスマスに生まれたキリストと同義であり「信仰心」そのもの。よって、人々の信仰への反応が笑いの肝。
おっさんが大喜びする映画パロディが満載。下ネタも満載。ノリ的には、よくあるアメリカのコメディなので疲れる。



△「オズ はじまりの戦い」(2013/米) ◆40点
◆原題「Oz: The Great and Powerful」 ◆読み:おずはじまりのたたかい ◆鑑賞日2013/10/12 ◆レンタルBD ◆発売日2013/08/02
◆すけこましの手品師オズは、浮気相手の旦那に追い掛けられ気球で逃げるが、竜巻に巻き込まれる。改心すると神に誓うと別世界にたどり着く
◆出演ジェームズ・フランコ/ミシェル・ウィリアムズ/ミラ・クニス ◆監督サム・ライミ
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1179&pid=30000000003565
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=DylgNj4YQVc

無能が他人のふんどしでいい気になった夢を見るドタバタ・コメディ。
展開は完全に毎度お馴染みのディズニー映画(ワンパターン)でサム・ライミの意味無し。
3D立体視をアホみたいに意識した浮き上がったケバイ映像が特徴。



△「ヒプノティスト―催眠―」(2012/スウェーデン) ◆30点
◆原題「hypnotisoren」 ◆読み:ひぷのてぃすとさいみん ◆鑑賞日2013/10/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/07/26
◆体育教師がメッタ刺しで殺され、家では家族も皆殺しにされる。唯一生き残った少年は昏睡状態。刑事は少年に犯人の特徴を聞くため催眠療法の医師を呼ぶ
◆出演ミカエル・パーシュブラント/レナ・オリン/トビアス・ジリアクス ◆監督ラッセ・ハルストレム
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail.php?product_id=2085
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7nhtBjp0T1A

神の御心に委ねると救われる(=催眠)、「七つの大罪」がテーマの犯人捜しドラマ。
血=人の罪だと思われる。一度の浮気で2年間もグダグダ言い続けているヒステリーばばあにイライラ。
クリスマスなのに女性医師の安否を描かず、相棒の家族の所に邪魔をしに行くラストが糞。



△「サイレント・ハウス」(2011/米=仏) ◆40点
◆原題「Silent House」 ◆読み:さいれんとはうす ◆鑑賞日2013/10/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/07/02
◆昔に住んでいた家を売却するため、真っ暗な中、父親と叔父と共に私物の処分をする娘。物音がして親子は2階を調べる。ウルグアイ映画のリメイク
◆出演エリザベス・オルセン/アダム・トレーズ/エリック・シェファー・スティーヴンズ ◆監督:クリス・ケンティス/ローラ・ロウ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBBF-8842
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6yLD4km_d1I

家で謎の男に襲われるサスペンス。ヒロインの顔や後ろ姿を中心にもってきた全編ワンカットシーン風が特徴。
その特徴が最大の難点になっていた。観客は急に出てくる犯人に備えるため、役者の顔をほとんど見ないからだ。
ほぼ真っ暗なシーンや、現場に舞い戻るお約束がイライラする。犯人をやっつける人は本人じゃなきゃ駄目だろ。



○「ラブ・レクイエム」(2009/加) ◆50点
◆原題「Cadavres」 ◆読み:らぶれくいえむ ◆鑑賞日2013/10/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/07/03
◆ハロウィンの夜。酒場で泥酔した母と息子。帰りの車中で自殺を図った母の願いで息子が引き金を引き射殺する。用水路に母を捨て、姉に電話するが…
◆出演パトリック・ユアール/ジュリー・ルブレトン/クリスチャン・ベガン ◆監督エリック・カニュエル
◆公式:http://www.twanet.jp/1305lr-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=30QnmICKMCc

姉弟愛と心のよりどころを描くコメディドラマ。近親相姦あり。
雰囲気が昔のジャン・ピエール・ジュネの作風をやや抑えた感じ。
女優ジュリー・ルブレトンさんの美乳があり最後まで見られました。



○「彼女はパートタイムトラベラー」(2012/米) ◆60点
◆原題「Safety Not Guaranteed」 ◆読み:かのじょはぱーとたいむとらべらー ◆鑑賞日2013/10/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/07/03
◆出版社でインターンとして働く女性は、先輩記者らと3人で「一緒に過去に行く人を募集します」という新聞広告の真相を探るため、広告主に潜入取材する
◆出演オーブリー・プラザ/マーク・デュプラス/ジェイク・ジョンソン ◆監督コリン・トレボロウ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/576
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=73jSnAs7mq8

出会いから結婚までを描くコメディ風ドラマ。結婚をタイムトラベルの開始で表現。
同じ感じの男女が、ちょっと変なところや過去を受け入れ、お互い信じ合う過程のお話。
ラストの「これからの人生を手を取り合って一緒に行こう」にうるっときた。かなり地味なのが難点。



△「逃走車」(2012/米) ◆40点
◆原題「Vehicle 19」 ◆読み:とうそうしゃ ◆鑑賞日2013/10/05 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/03
◆アメリカ人受刑者は元妻に会うためにヨハネスブルグに降り立つ。レンタカーでセダンをたのんだが手違いでミニバンになっていた。急いでいたので出発する
◆出演ポール・ウォーカー/ナイマ・マクリーン/ジス・デ・ヴィリアーズ ◆監督ムクンダ・マイケル・デュウィル
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13947&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=DJusN7qAlu0

上辺だけ違う色に塗り替えた男が死にそうになって改心する、事件巻き込まれ型サスペンス。
カメラを車内から一切出さない手法を使用。そのせいで理不尽な行動ばかりになっていた。
映画ではしんみり感を雨で表現するんだが、それを洗車シーンで表現していたのは良かった。



△「クラウド アトラス」(2011/独=米=香=シンガポール) ◆50点
◆原題「Cloud Atlas」 ◆読み:くらうどあとらす ◆鑑賞日2013/09/29 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/10
◆作家は酷評した評論家をビルの最上階から投げ落とす。同性愛の音楽家の青年は銃で自殺を図る。記者の女性と物理学者がエレベーターに閉じこめられる
◆出演トム・ハンクス/ハル・ベリー/ペ・ドゥナ ◆監督ラナ・ウォシャウスキー/アンディー・ウォシャウスキー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13944&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=hWnAqFyaQ5s

どの時代にも人の内に悪は存在し、どこへ逃れようとも消えないことを描くオムニバス細切れドラマ。
悪に対抗できる唯一の手段は「愛」であり、それが未来への原動力となっているとも言っていました。
クローンは人間だとか、報道は正義だとか古くさい題材が多い。韓国女優ペ・ドゥナさんのおっぱいあり。



△「LOOPER/ルーパー」(2012/米=中) ◆30点
◆原題「Looper」 ◆読み:るーぱー ◆鑑賞日2013/09/29 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/10
◆近未来。使用禁止のタイムマシンは犯罪組織のみが利用していた。殺人の証拠を残さないため、標的を過去に転送し、その場で即座に撃ち殺し焼却していた
◆出演ジョセフ・ゴードン=レビット/ブルース・ウィリス/ピアース・ガニォン ◆監督ライアン・ジョンソン
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp53046/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2iQuhsmtfHw

現実から逃げれば、悪循環を断ち切ることができることを描くアホSFサスペンス。ルーパー自体が滅茶苦茶で不要な設定で苦笑。
適当シナリオに突っ込みまくり。犯罪王を殺したりすれば、人生が変わって最愛の女性とも出会えなくなるのに、大人の主人公は馬鹿か。
ラストのタイムパラドックスもすごすぎる。大人の主人公が過去に来なくなったら、農場にも行っていないし、銀塊もそこにないだろ。



△「アウトロー」(2012/米) ◆50点
◆原題「Jack Reacher」 ◆読み:あうとろー ◆鑑賞日2013/09/29 ◆レンタルBD ◆発売日2013/06/21
◆川辺の公園で狙撃銃での無差別殺人事件が起き、元米軍スナイパーの男が逮捕される。男は黙秘を続け、「ジャック・リーチャーを呼べ」と紙に書く
◆出演トム・クルーズ/ロザムンド・パイク/デヴィッド・オイェロウォ ◆監督クリストファー・マッカリー
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8354
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=kK7y8Ou0VvM

米軍に所属した者は、誰でも人間味あふれる人になれる事を描く犯人捜しドラマ。
洞察力と記憶力に優れた男が主人公なんだが、他人をいつも試している感じで魅力無し。
ストーリー的にはありふれた感じ。悪役など何もかもが地味すぎるのも難点。アメ車は良かったよ。



○「ジャッジ・ドレッド」(2012/英=南アフリカ=米=印) ◆80点
◆原題「Dredd」 ◆読み:じゃっじどれっど ◆鑑賞日2013/09/28 ◆レンタルBD ◆発売日2013/05/22
◆核戦争で荒廃した近未来アメリカ。唯一の都市の秩序を守る法の番人「ジャッジ」。その頂点に立つ男ドレッドは、超能力を有する新人の適性テストを任される
◆出演カール・アーバン/オリヴィア・サールビー/レナ・ヘディ ◆監督ピート・トラヴィス
◆公式:http://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?cont_id=3174
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=PifvRiHVSCY

近未来バディムービー。閉鎖空間のタワー攻略要素あり。相棒のヒロインがキムタク顔。
一切顔を見せないドレッドの人を裁く心情を、相棒にうっすらと投影させていて良かった。
近年多用されているスローモーションシーンに納得のいく必然性をつけた初めての作品かもしれん。



×「ダイ・ハード/ラスト・デイ」(2012/米) ◆20点
◆原題「A Good Day to Die Hard」 ◆読み:だいはーどらすとでい ◆鑑賞日2013/09/28 ◆レンタルBD ◆発売日2013/07/03
◆刑事マクレーンは疎遠だった息子の消息を調べると、ロシアで投獄されていたことを知る。息子は大物を有罪にする司法取引をする。裁判所が爆破される
◆出演ブルース・ウィリス/ジェイ・コートニー/ユーリヤ・スニギル ◆監督ジョン・ムーア
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13519
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=wVkzZD92cMQ

原発推進のプロパガンダ臭いバディムービー第5弾。「1」のオマージュ的なシーンが多数あったが、逆に不快になる。
今回の相棒は息子ってバディムービーじゃ一番やっちゃいかんだろ。その親子の関係の描き方は薄っぺら。敵に魅力がない。
冒頭のカーアクションは追突ばかりで面白くない。美人のお姉ちゃんの顔だけが唯一の見所ってシリーズを愚弄する最悪の出来。



×「エイリアン2013」(2013/米=独) ◆10点
◆原題「Gemini Rising」 ◆読み:えいりあん2013 ◆鑑賞日2013/09/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/07/03
◆宇宙空間でエイリアンの宇宙船が発見される。生命体を遠隔操作するエイリアンの技術を研究する軍は、双子の片割れが亡くなった女性を施設に連れてくる
◆出演エイミー・ハサウェイ/ランス・ヘンリクセン/ジョン・サベージ ◆監督ダーナ・シュロダー
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201307/dvd03.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=u48IHO056k0

女の人が主人公の超B級サバイバルアクション。何をしているか全く把握できない編集。
CG合成が劣悪。捕らわれたエイリアンは出てくるが、SFがメインじゃなかった。
こんな糞映画にランス・ヘンリクセンが準主役で出ているって終わったんだな。



△「レ・ミゼラブル」(2012/英) ◆30点
◆原題「Les Miserables」 ◆読み:れみぜらぶる ◆鑑賞日2013/09/23 ◆レンタルBD ◆発売日2013/05/10
◆パンを盗んだ罪で19年間服役した男は仮出獄をするが、再び盗みを働いてしまう。罪を赦してくれた司教の教えに感銘し、生まれ変わろうと決意する
◆出演ヒュー・ジャックマン/ラッセル・クロウ/サマンサ・バークス ◆監督トム・フーパー
◆公式:http://www.geneonuniversal.jp/movie/sp/lesmiserables_movie/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=IuEFm84s4oI

生きる目的があると幸せに死ねることを描くオペラ風ドラマ。映画じゃない、ほぼオペラ風。
ほぼ歌っている人のドアップシーンだけで構成。終始歌だけなので疲労困憊。
正直、歌は一切いらなかった。むしろ、無声・無音の方が全人物の心情が伝わったのでは。



○「ブランデッド」(2012/露) ◆60点
◆原題「Branded」 ◆読み:ぶらんでっど ◆鑑賞日2013/09/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/21
◆近未来のモスクワ。ファーストフードの売上が低迷しているハンバーガー企業は、法律無視の起死回生策をマーケティングのプロに依頼するが…
◆出演エド・ストッパード/リーリー・ソビエースキー/マックス・フォン・シドー ◆監督ジェイミー・ブラッドショー/アレキサンドル・デュレライン
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail.php?product_id=2051
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HInOg12jMiY

ステルスマーケティングで文明が崩壊する風刺ドラマ。中盤まで超退屈。主人公を人類の救世主風に描いていたのは良かった。
例えば、マスコミなどがスマートフォンを気持ち悪いほど持ち上げているけど、これが企業の戦略だって早く気付けと言っています。
ハンバーガー食いまくりの肥満の人が多数登場し、もしかしたらアメリカをあざ笑っているのかも。何故かヒロインだけ太らないし。



○「レッド・ライト」(2011/西=米) ◆70点
◆原題「Red Lights」 ◆読み:れっどらいと ◆鑑賞日2013/09/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/06/12
◆超能力や霊能力を自称するペテン師の正体を暴いてきた女博士と男博士。かつて苦汁を飲まされた伝説の超能力者が、30年の沈黙を破り公演を再開する
◆出演キリアン・マーフィー/シガニー・ウィーバー/ロバート・デ・ニーロ ◆監督ロドリゴ・コルテス
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13906&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=vatOw6FquzU

自分を偽り続けていた男が、探し求めていた答えを見つける、どんでん返し系サスペンス。
大切な人が亡くなって初めて気付く「後悔先に立たず」を描いていました(自分だけが彼女の苦悩を取り除けた)。
他人のあらを探すだけの人生(たぶん大多数の人が対象)のむなしさも描いています。



○「エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者」(2012/ノルウェー) ◆70点
◆原題「Flukt」 ◆読み:えすけーぷあんこくのかりゅうどととうぼうしゃ ◆鑑賞日2013/09/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/05/10
◆14世紀のノルウェー。ペストが蔓延し旅に出た一家は盗賊に襲われ殺される。盗賊は子作りのために生かした長女をアジトへと連れてくるが…
◆出演イサベル・クリスティーネ・アンドレアセン/イングリッド・ボルゾ・ベルダル/ミッラ・オリン ◆監督ローアル・ユートハウグ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_267.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4ozf407ofbY

安住の地は「家族」と一緒にいられるところだと訴える拉致アクションドラマ。ややロードムービー風。
女盗賊役の女優・イングリッドさんの顔力が凄すぎる。怒りと優しさと悲しさが同時に表れている。
女盗賊が我が子を殺された時に本当の悪魔に変わった、哀れさを感じさせる川の顔シーンも良かった



○「クリーチャーズ 異次元からの侵略者」(2012/米) ◆80点
◆原題「John Dies at the End」 ◆読み:くりーちゃーずいじげんからのしんりゃくしゃ ◆鑑賞日2013/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/07
◆手斧で大男の首を切断する青年。特殊な能力をもった青年と親友は、家の地下で肉の塊の怪物を退治する。中華料理店で記者に事の成り行きを話すが…
◆出演チェイス・ウィリアムソン/ロブ・メイズ/ポール・ジアマッティ ◆監督ドン・コスカレッリ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_266.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=my9Pr-W92SM

クトゥルフ神話が題材のコメディ風世界を救う学生ヒーローもの。
主要な異形のものが、ほぼ登場するクトゥルフ全部入りの贅沢な作り。
テンポもかなり良く、クトゥルフ好きは間違いなく楽しめる。



○「ヒトラーコード39」(2009/英) ◆70点
◆原題「Glorious 39」 ◆読み:ひとらーこーど39 ◆鑑賞日2013/09/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/07
◆1939年イギリス。第二次世界大戦直前。裕福な家庭の3人兄妹の姉は養子だった。ある日、家族総出でピクニックに行くが、赤ん坊が行方不明になる
◆出演ロモーラ・ガライ/ビル・ナイ/ジェレミー・ノーザム ◆監督スティーヴン・ポリアコフ
◆公式:http://www.bbc.co.uk/bbcfilms/film/glorious_39
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Bre0cZbEGgM

娘を常に監視し守る親の愛情を描くドラマ。ヒトラーは一切関係なしだが、戦争勃発を人の狂気とリンクさせていました。
異常なほど分かりにくいが、ヒロインは精神病の殺人鬼。劇中の死人は全てヒロインに殺されている。
現実にかなり近いが、ヒロインの精神世界にいる不思議な感覚は後からじわじわ来る。ラストの分岐点も○。



△「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2012/米=台湾) ◆50点
◆原題「Life of Pi」 ◆読み:らいふおぶぱいとらとひょうりゅうしたにひゃくにじゅうにち ◆鑑賞日2013/09/16 ◆レンタルBD ◆発売日2013/06/05
◆少年は様々な宗教に興味を持つ。ある日、動物園を経営する父はカナダに移住することを決める。家族と動物が乗った貨物船は、嵐に見舞われ沈没するが…
◆出演スラージ・シャルマ/イルファン・カーン/レイフ・スポール ◆監督アン・リー
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13478
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mZEZ35Fhvuc

全ての事象が神の愛だと思い込んだとき、人は救われることを描く、人肉喰い漂流ドラマ。
ボート上の動物は実際は人で、虎は自分の狂気であるとラストで真実を語る青年。ビスケットは人肉(母親含む)。
「七つの大罪」と「十の災い」を全て盛り込んでありました。生きることを神聖化しすぎの映像美が逆に微妙。



×「ゾンビ・アルカトラズ」(2012/米) ◆20点
◆原題「Rise of the Zombie」 ◆読み:ぞんびあるかとらず ◆鑑賞日2013/09/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/05
◆ゾンビが大量発生。妊婦らは逃げるが車が横転する。一方、ゾンビ研究者など数人がいるアルカトラズ島の刑務所に、ゾンビが泳いでやってきた
◆出演マリエル・ヘミングウェイ/ダニー・トレホ/ヘザー・ヘメンズ ◆監督ニック・リオン
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/670
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ctkin5z_EHs

ゾンビアクション。ゾンビが大量に出てきて逃げるの繰り返しで内容無し。
冒頭のゾンビひき殺しなどのテンポの良さが、すごく良かったので期待した。
が、直ぐにぐだぐだ、ダラダラになった。綺麗事ばかりのセリフの羅列が眠気を誘う。



△「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館」(2012/英=加=スウェーデン) ◆40点
◆原題「The Woman in Black」 ◆読み:うーまんいんぶらっくぼうれいのやかた ◆鑑賞日2013/09/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/06/04
◆19世紀末。若き弁護士は妻を亡くして以来、失敗続きだった。ラストチャンスとして、ある田舎町で他界した夫人の遺言書を見つける仕事を与えられる
◆出演ダニエル・ラドクリフ/キアラン・ハインズ/ジャネット・マクティア ◆監督ジェームズ・ワトキンス
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0071
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7lReemWmO5o

死ねば糞な世間から解放され幸せになれることを描くゴシックホラー。
ウォーリーを探せみたいな、幽霊っぽいのが背景に紛れ込んでいるシーンを多用。
何の罪もない子供が死にまくるのが最悪。主人公が行き当たりばったりなのも面白くない。



×「TOWER タワー」(2012/英) ◆20点
◆原題「Comedown」 ◆読み:たわー ◆鑑賞日2013/09/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/05
◆刑務所帰りのチンピラは彼女が妊娠しドラッグをやめる。仲間と共に、廃墟マンションの最上階にラジオ放送の中継用アンテナをつける仕事にとりかかる
◆出演アダム・ディーコン/ジェシカ・バーデン/カラム・マクナブ ◆監督ミンハジ・フダ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/653
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=RiPyu8bXAws

廃墟ビルの閉鎖空間で子供が謎の殺人鬼に襲われるホラー。音楽だけは無駄におどろおどろしい。
はじめから終わりまで、チンピラ風の子供数人がギャーギャー無駄に騒いでいるだけでイライラ。
終盤まで何もなく、小学生向けの軽いホラーかと思ったが、その後に人が死にまくり一貫性がない。



×「ストーム・シェルター」(2010/オーストラリア) ◆10点
◆原題「Savages Crossing」 ◆読み:すとーむしぇるたー ◆鑑賞日2013/09/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/05
◆夫を殺す依頼をした女は息子と急遽出かける。夫はPCで多額の金が引き出されたことを知る。女と息子は、嵐で孤立した場末のダイナーで待つが…
◆出演ジョン・ジャレット/サシャ・ホーラー/ジェシカ・ナピア ◆監督ケヴィン・ジェームズ・ドブソン
◆公式:http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=217
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ojLqkGJWD1I

登場人物全員がありえない行動をしまくりイライラする糞B級サスペンス。
主役の夫(すごい大根役者)が、犯罪者でも異常者でも無いってのが最悪。
「シャイニング」風な感じを狙っていたのかも。小太り女のキャラが一定じゃないのが謎。



○「エンド・オブ・ザ・ワールド」(2012/米=シンガポール=マレーシア=インドネシア) ◆70点
◆原題「Seeking a Friend for the End of the World」 ◆読み:えんどおぶざわーるど ◆鑑賞日2013/09/14 ◆レンタルBD ◆発売日2013/06/05
◆地球に衝突する小惑星の破壊作戦が失敗。人類滅亡まであと21日。保険の営業の中年男は妻に逃げられる。隣人の若い女性が両親に会えなくなったと泣く
◆出演スティーヴ・カレル/キーラ・ナイトレイ/トニータ・カストロ ◆監督ローリーン・スカファリア
◆公式:http://www.tc-ent.co.jp/products/detail.php?product_id=2060
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=T43InzvBm-k

夫婦が出会い共に歩んだ半生を描く、ややコメディ風ロードムービー。SF映像一切なし。
二人が歳をとって死ぬ時(寿命)を、隕石衝突の人類滅亡の時に置き換えていました。
昔はこんな恋をしていたけど、今現在おまえと一緒なのが幸せだってのが泣ける。



△「バイオハザード ダムネーション」(2012/日) ◆40点
◆原題「Resident Evil: Damnation」 ◆読み:ばいおはざーどだむねーしょん ◆鑑賞日2013/09/08 ◆レンタルBD ◆発売日2013/05/22
◆旧ソビエト崩壊後、独立した国では政府側と貧困層とで内戦が勃発。「戦場でモンスターを見た」という噂が流れる。米国はレオンを現地に単独潜入させるが…
◆出演マシュー・マーサー/コートニー・テイラー/ヴァル・タッソー ◆監督神谷誠
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BJSL-80252
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=E_ZPb_Qf7JY

ゲームの「バイオハザード」シリーズファンのため(だけ)のアクションCGアニメ第2弾。
リアルじゃないアニメ的なCGを見せる事だけに重点を置いていて話に内容無し。ワンカットがいちいち長い。
CGは女の人の表情のアニメーションが格段に進歩していた。男性の体の動きがおざなり。



△「ビジター」(2012/米) ◆30点
◆原題「Static」 ◆読み:びじたー ◆鑑賞日2013/09/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/06/05
◆森の一軒家に住む幼い息子を不注意で亡くした小説家の男と妻。ガスマスクを付けた集団に負われていると、深夜に若い女性が助けを求めてきたので家に入れる
◆出演マイロ・ヴィンティミリア/サラ・パクストン/サラ・シャヒ ◆監督トッド・レヴィン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201306/dvd07.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fncPWZzjSCw

謎の集団に襲われる夫婦を描くサスペンス。再生、救い無し。
集団の正体など、またこのオチかと、落胆すること請け合い。
展開が超ダラダラでイライラ。終始真っ暗なシーンで見づらい。



△「7 DAYS リベンジ」(2009/加) ◆50点
◆原題「Les 7 jours du talion(7 Days)」 ◆読み:せぶんでいずりべんじ ◆鑑賞日2013/09/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/05/03
◆幸せに暮らす家族。医者の父親は手術を終えて帰宅。誕生日会の招待状を配りに出掛ける幼い娘を見送る。疲れて寝たが目覚めると娘が行方不明となっていた
◆出演クロード・ルゴー/レミー・ジラール/マーチン・デュブレイユ ◆監督ダニエル・グルー
◆公式:http://www.twanet.jp/13007d-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mohfhoicHjI

父親が娘を殺した男を拉致監禁し体罰を与える復讐サスペンス。テーマは「七つの大罪」。
もっとえげつない目を背けたくなるような体罰だったら佳作になっていたかも。惜しい。
鹿の死体が自分の朽ちた状態を表現していて良かった。少女のリアル死体シーンあり注意。



○「ルーム205」(2011/独) ◆60点
◆原題「205 - Zimmer der Angst」 ◆読み:るーむにまるご ◆鑑賞日2013/09/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/05/02
◆向精神薬を服用する女子大生は、かつて女性が失踪した学生寮の205号室に引っ越す。女子大生は、その部屋で先輩とセックス中に赤い服の女の幻覚を見るが…
◆出演ジェニファー・ウルリッヒ/アンドレ・ヘンニック/ダヌエル・レーズナー ◆監督ライナー・マツタニ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201305/dvd01.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=JN6Qqy3NF68

幽霊の復讐ホラー。ホラーの王道を行くつくりで、可もなく不可もない感じ。
「ファイナル・デスティネーション」の要素あり。ヒロインのおっぱいあり。
ヒロインの母親の死の理由や、幽霊の生い立ちが描かれていないのが難点。



○「360」(2011/英=オーストラリア=仏=ブラジル) ◆70点
◆原題「360」 ◆読み:さんびゃくろくじゅう ◆鑑賞日2013/09/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/05/02
◆いつも妹と一緒にいる女はインターネットの娼婦に登録する。娼婦と待ち合わせをする会社役員の男。キャリアウーマンは写真家と不倫。失踪した娘を探す老人
◆出演アンソニー・ホプキンス/ジュード・ロウ/レイチェル・ワイズ ◆監督フェルナンド・メイレレス
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201200002103&DSP_SKHKETSEQ=002
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ElLF2VgeYxg

愛を求めることで人生の転換点が自ずと訪れることを描く群像劇。他者との関わりは仏教っぽい感じ。
見ている者が年配だと、自分の人生の転換点を思い出して悔やむ、もしくは懐かしむことになる。
ホプキンスの出会った女性と娘とを重ねた話から、かなり心に響くものが連発した。



△「ロストID」(2012/オランダ) ◆40点
◆原題「Bellicher: Cel」 ◆読み:ろすとあいでぃ ◆鑑賞日2013/09/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/05/02
◆男は元妻と暮らす息子の誕生日会に行った帰りに知り合いの車が川で横転しているのを発見。警察が来て事情聴取をするが、少女ひき逃げ犯として拘束される
◆出演ダーン・スフーアマンス/ティム・ミュルク/アニーク・フェイファー ◆監督ピーター・ド・バーン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201305/dvd06.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5_irdpHkWjo

一般人が、何故か知らんが警察には頼らず犯人を捜すサスペンスアクション。
政府が一般人の個人情報をテロリストに売って、使用したら捕まえていたって話。
実在しない個人情報じゃ駄目なのか謎。派手なカーアクションとか格闘とかが無しで地味。



△「96時間/リベンジ」(2012/仏) ◆50点
◆原題「Taken 2」 ◆読み:きゅうじゅうろくじかんりべんじ ◆鑑賞日2013/09/01 ◆レンタルBD ◆発売日2013/05/02
◆元CIAの男は元妻とよりを戻すため、親子3人でのイスタンブールでの休暇を提案。一方、かつて娘が誘拐された時に殺した犯人の親が、復讐計画を実行する
◆出演リーアム・ニーソン/マギー・グレイス/ラデ・シェルベッジア ◆監督オリヴィエ・メガトン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13619
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VpaT8NzkLgE

復讐の連鎖を描くアクション。前作と監督が違う。父親のキャラが前作と違う。今回も単純に娘を助ける話で良かったのに残念。
この父親が危険なのに娘を利用するって絶対にやらないだろ。ド素人の娘が運転する運転教習繋がりのカーアクションが無茶苦茶すぎる。
終盤の最強対決は、途中で敵の強さを描いていないため盛り上がらない。ラストの敵の首謀者への問い掛けが、とってつけた感じで最悪。



△「バッド・ガンズ」(2012/米=オーストラリア) ◆30点
◆原題「Bad Karma」 ◆読み:ばっどがんず ◆鑑賞日2013/09/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/05/02
◆薬中の男は相棒とコカイン取引の現場を襲撃する計画をたてるが、車で向かう途中に心臓発作で倒れ九死に一生を得る。相棒は単独で襲撃し警察に捕まる
◆出演レイ・リオッタ/ドミニク・パーセル/ヴァネッサ・グレイ ◆監督スリ・クリシュナーマ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201305/dvd02.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=oZobX0MJQxo

男が男にストーカーする感じのサスペンス。話がなかなか進展しない。
レイ・リオッタが改心した良い人を最後まで演じているのが駄目。
相方の狂気も弱く怖くない。全てが駄目なおかげか、ラストの恋愛にやや心打たれる。



○「ワナオトコ」(2009/米) ◆70点
◆原題「The Collector」 ◆読み:わなおとこ ◆鑑賞日2013/08/31 ◆レンタルDVD ◆発売日2010/09/23
◆金庫破りの前科がある男は借金を返すため、内装業者を装い宝石ブローカーの家の下調べをしていた。その家族が旅行に行く夜に家に忍び込むが、先客がいた
◆出演ジョシュ・スチュワート/ファン・フェルナンデス/カーリー・スコット・コリンズ ◆監督マーカス・ダンスタン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=413635
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=EE1sL7QWL5c

多数の罠が仕掛けられた家から人々を救って脱出するホラーサスペンス。罠の発動が快感。
家庭失敗の自分を救うために、他人の家族を救うことに必死になるのが良かった。
大人はすでに監禁済みなのに罠を大量に仕掛けた理由が謎。犬猫好きは不快になるので注意。



○「ホビット 思いがけない冒険」(2012/米=ニュージーランド) ◆70点
◆原題「The Hobbit: An Unexpected Journey」 ◆読み:ほびっとおもいがけないぼうけん ◆鑑賞日2013/08/31 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/17
◆金の財宝を大量に集めたドワーフはドラゴンに襲われ国を捨てる。時は経ち、ドワーフたちは故郷を取り戻すため、魔法使いとともにホビット族の家に押しかける
◆出演マーティン・フリーマン/イアン・マッケラン/リチャード・アーミティッジ ◆監督ピーター・ジャクソン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13839&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=T90Holdcrps

「ロード・オブ・ザ・リング」の前日譚で3部作の第1弾。「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を見ていないと面白さ90%減。
軽いホラーに、遊園地のアトラクションみたいなアクションを挿入した感じ。ピンチになったら助けが入るの繰り返しが難点。
主人公がクイズのルールを急に変更して更に指輪を泥棒するって、やっちゃいかんだろ。あと、最初から大鷲に乗って目的地まで行け。



△「ザ・ワーズ 盗まれた人生」(2012/米) ◆30点
◆原題「The Words」 ◆読み:ざわーすぬすまれたじんせい ◆鑑賞日2013/08/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/10
◆恋人に甘え、小説家の道を選んだ男は、出版社に作品を送るもなしのつぶて。新婚旅行先で古いカバンを買うが、すばらしい内容の小説原稿が入っていた
◆出演ブラッドリー・クーパー/ゾーイ・ザルダナ/デニス・クエイド ◆監督ブライアン・クラグマン/リー・スターンサール
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV23194D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=gjmrDDD9o_k

物語の中で、更に物語が展開するが、人物が全く相関していない、ちんぷんかんぷんなドラマ。雰囲気は高水準だった。
調べたら、クーパーとクエイドが演じる男(作家)は同一人物だった。これを劇中で一切言わないって監督はアホだろ。
同一人物だと、ちんぷんかんぷんじゃなくなる。劇中の物語も虚構じゃなく意味のあるものになる。クエイドに近寄る女が謎。



○「狼たちの激闘」(2007/米) ◆60点
◆原題「Good Time Max」 ◆読み:おおかみたちのげきとう ◆鑑賞日2013/08/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/05
◆IQが高い二人の兄弟。兄は真面目で勤勉な性格。弟は気の向くままに生きる性格。ドラックディーラーとなった弟は客を騙すが、ばれて殺されそうになる
◆出演ジェームズ・フランコ/マット・ベル/ヴィンス・ジョリヴェット ◆監督ジェームズ・フランコ
◆公式:http://shop.epcott.co.jp/i-shop/product.asp?cm_id=280646
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=oaaqJJxj3sU

兄弟愛を描くドラマ。兄弟がいれば孤独を恐れることはないと言っていました。
兄弟とは、お互いを分かり合える唯一の存在だとも言っていました。
おまえが兄弟で最高だって感じの、人生を二人で謳歌するラストが良かった。



×「アパリション −悪霊−」(2012/米) ◆10点
◆原題「The Apparition」 ◆読み:あぱりしょんあくりょう ◆鑑賞日2013/08/24 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/17
◆学生が心霊実験中に女性が壁の向こうへと連れ去られ消える。数年後、新居に移り住んだカップルは、ロックしたドアが開く、タンスが動くなどの現象を体験する
◆出演アシュリー・グリーン/セバスチャン・スタン/トム・フェルトン ◆監督トッド・リンカーン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13963&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mkmzXVwLtH0

ポルターガイストっぽい現象に悩むカップルを描くホラー。スプラッタ、おっぱい無し。
唯一のホラーシーンは、ドラム式洗濯機から貞子みたいなのが出てくるだけ。
風景や部屋、普通の行動、一度見たビデオ映像などの必要のないカットが半分以上を占めていた。



△「最終目的地」(2008/米) ◆40点
◆原題「The City of Your Final Destination」 ◆読み:さいしゅうもくてきち ◆鑑賞日2013/08/24 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/12
◆大学教員の男は、自殺した作家の伝記を執筆するため、遺族から公認を得ようとしたが断られる。恋人の助言で、遺族の住む南米へと押しかけるが…
◆出演アンソニー・ホプキンス/ローラ・リニー/シャルロット・ゲンズブール/真田広之 ◆監督ジェームズ・アイヴォリー
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8249
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=LQf86qx3sMI

人との出会いが切っ掛けとなって、人生は分岐していることを描くドラマ。運命の恋愛はあるが描き方が微妙。
その運命的な出会いに導いたのが作家の自殺なんだが、自殺は自分と妻らを解放する最良の手段ともとれます。
愛人をつくったり、少年を金で買うなど、ユダヤ系金持ちと洗脳された取り巻きの人生観なので、次元が違い面白くない。



○「ロックアウト」(2012/仏) ◆60点
◆原題「Lockout」 ◆読み:ろっくあうと ◆鑑賞日2013/08/18 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/08
◆2079年近未来。CIAの男は殺された職員が持つケースを友人に託す。一方、大統領の娘は、凶悪犯を実験的に収容した宇宙に浮かぶ刑務所を視察する
◆出演ガイ・ピアース/マギー・グレイス/ジョセフ・ギルガン ◆監督スティーヴン・セイント・レジャー/ジェームズ・マザー
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=947316
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=zLTOzu8N1Pg

ガイ・ピアース版「ダイ・ハード」。雰囲気が全く同じでデジャブ感が痛いが、それなりに面白かった。
全てのキャラの立ち具合も良かった。いくらSFとは言え、大気圏を突入できる宇宙服には面食らった。
序盤の話が複雑で、バイクシーンも超CG臭く、つかみに失敗していた。終盤の「スター・ウォーズ」に苦笑。



○「デス・レース3 インフェルノ」(2012/米) ◆80点
◆原題「Death Race: Inferno」 ◆読み:ですれーす3いんふぇるの ◆鑑賞日2013/08/18 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/05
◆レースの会社が敵対的買収をされ、世界の刑務所でのイベントへと拡大。あと1勝すれば自由の身になれるフランケンらは、南アフリカの砂漠でのレースに挑む
◆出演ルーク・ゴス/ダニー・トレホ/フレッド・コーラー ◆監督ロエル・レイネ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=19223
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=FFMUtD_FZZM

囚人によるバイオレンス・カーレースアクション第3弾。ビデオ映画。今回は「ラリーレイド」風で某映画を彷彿させ良かった。
カーアクションも満載で、女ドライバーの車外シーンがだらけていた以外は及第点。ダニー・トレホのサービスショットあり。
ラストのスッキリは良かったが、全員犯罪者ってのがひっかかる。どこぞで聞いたような音楽ばかりなのが残念。



△「007/スカイフォール」(2012/英=米) ◆40点
◆原題「Skyfall」 ◆読み:だぶるおーせぶんすかいふぉーる ◆鑑賞日2013/08/17 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/03
◆ボンドはNATO潜入捜査官の情報を記録したハードドライブの奪還に失敗。列車の上で格闘中に仲間が敵の狙撃に失敗。ボンドに弾が当たり川底に沈む
◆出演ダニエル・クレイグ/ジュディ・デンチ/ハビエル・バルデム ◆監督サム・メンデス
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13550
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6kw1UVovByw

色即是空っぽいテーマのスパイアクション。テロ色強すぎ。アクションは低調で必然性もかなり薄い。中国のビルのシーンは○。
若造のQが、スペシャリストじゃない口だけの本当のド素人の若造で、何かを行動する度に不用意さをつっこみまくり。
Mが全く頭に入らない何かの引用を長々と喋ったことで、更にどうでもいい存在となったことも手伝って、何もかもがしらけた。



△「時の重なる女」(2009/伊) ◆40点
◆原題「La doppia ora」 ◆読み:ときのかさなるおんな ◆鑑賞日2013/08/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/03
◆ホテルの客室係として働く女は出会い系パーティで会った男と付き合う。男は元刑事で金持ちの家の警備をしていた。男が女を仕事場につれこむと強盗に襲われる
◆出演クセニア・ラパポルト/フィリッポ・ティーミ/アントニア・トゥルッポ ◆監督ジュゼッペ・カポトンディ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201304/dvd13.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QCHKpb4BTfI

運命の男性と出会った女性が、自分の過去を恥じて逃げ、罰を受け入れるドラマ。
自分が実は危篤で、意識の中で過去の愚行を恥じる、よくあるお話なのが難点。
男性との関係の描き方が希薄。強盗シーンがあからさまに怪しいのも駄目。



△「噂のギャンブラー」(2012/米=英=仏) ◆50点
◆原題「Lay the Favorite」 ◆読み:うわさのぎゃんぶらー ◆鑑賞日2013/08/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/02
◆個人客専門のストリップダンサーをしていた女性は心機一転、ラスベガスに行く。スポーツブックを生業とするギャンブラーのアシスタントをするが…
◆出演レベッカ・ホール/ブルース・ウィリス/ローラ・プリポン ◆監督スティーヴン・フリアーズ
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=2625
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0vXIL8uQt5k

今まで冴えなかった女性が、何故か魅力を発揮する、よくある「プリティ・ウーマン」系ドラマ。
前へ踏み出すと、それなりにお金も入手し、恋に花が咲き、人生が充実すると言っていました。
おまえらの人生は「他力本願」のクズだから馬鹿になって楽しめってのは良かった。ヒロインに華がないのが致命的。



○「モスキートマン」(2012/米) ◆60点
◆原題「Sucker」 ◆読み:もすきーとまん ◆鑑賞日2013/08/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/03
◆蚊による媒介性ウイルスが蔓延。一方、原子力発電所で研究員の男は解雇され自殺を図る。昆虫学者に酒を飲まされ拉致されワクチンの人体実験をされるが…
◆出演マイケル・マナッセリ/ジョーダン・トロヴィリォン/モンティ・ベイン ◆監督マイケル・マナッセリ
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/805
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=SnuBfZzpzeA

ヒーロー物じゃないけど、定番的なダーク系アメリカヒーローコミック風の復讐アクション。
昔懐かしいB級ヒーロー物に「シン・シティ」要素を加味した感じ。下ネタなどコメディ要素あり。
フレディみたいな容姿の主人公や、美人なヒロインもかなり魅力的。ただ、ラストは投げやりだった。



○「コリドー」(2010/加) ◆80点
◆原題「The Corridor」 ◆読み:こりどー ◆鑑賞日2013/08/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/03
◆母親が倒れクローゼットに隠れていた男子高校生は来た親友を包丁で傷つける。時は経ち、精神病院から抜け出した男は、その親友らと雪山の小屋で落ち合う
◆出演スティーブン・チェンバース/デヴィッド・パトリック・フレミング/ジェームズ・ギルバート ◆監督エヴァン・ケリー
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2013/post-127.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Nl9sggT80qY

クトゥルフ神話が題材のホラーサスペンス。門とか鍵とか言っていたから、たぶんヨグ=ソトース。
「物体X」のような怪物は一切出てこないが、人の内に秘めた狂気と恐怖を見事に描いていました。
友情はもとより、息子を守るため精神病にした母親の愛や、息子の母親への愛も描いており良かった。



△「ザ・リミット」(2013/米) ◆50点
◆原題「Red Line」 ◆読み:ざりみっと ◆鑑賞日2013/08/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/04/02
◆爆弾テロが頻発するアメリカ。父親と喧嘩中の女性は地下鉄に乗る。地下鉄が横転する。生存者数名は車内を捜索し救急箱を発見するが、時限爆弾だった
◆出演ニコル・ゲイル・アンダーソン/ケヴィン・サイズモア/クナル・シャーマ ◆監督ロバート・カービーソン
◆公式:http://finefilms.co.jp/?p=2637
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=jq04GuFxHWY

テロは平和ボケした人間どもを覚醒させる「必要悪」だと訴える密室ドラマ。
役者の雰囲気など全編が超B級。グダグダで意味不明な行動も多々あり。
が、テロに対する多様な思想(ほぼセリフで説明していたが)の描き方が良かった。



○「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(2007/米) ◆60点
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13743&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=f99Ep0koG84
◆原題「Gone Baby Gone」 ◆読み:ごーんべいびーごーん ◆鑑賞日2013/08/04 ◆レンタルBD ◆発売日2008/09/17
◆ボストンのある街で子供の失踪事件が発生。警察は我が子を殺された警部が指揮をし捜査を開始する。一方、子供のいない姉夫婦が、地元の私立探偵を雇う
◆出演ケイシー・アフレック/ミシェル・モナハン/エド・ハリス ◆監督ベン・アフレック

子育て論を描くドラマ。お世辞にも良い環境とは言えない街で生まれ育った人々って、誰もが不幸せなのかって話。
母親の素行が悪いと言うだけで、幼子を無理矢理引き離してもいいのかを問うております。そりゃ虐待は完全に駄目だろう。
が、親は各々の倫理観で子供を見守っている。どの倫理観が子供にとって正しいとか悪いとか、他人が決めつける事が一番怖い。



△「イリュージョン・ホテル」(2006/米) ◆30点
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2011/post-70.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Ekbc9SuUwmg
◆原題「Pray for Morning」 ◆読み:いりゅーじょんほてる ◆鑑賞日2013/08/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/04/04 ◆数年前に男女5人が惨殺され犯人が捕まっていない廃墟のホテルで、高校卒業記念の肝試しをする若者。殺人現場の部屋の壁から焼け焦げた手を発見するが…
◆出演ジョナソン・トレント/ウド・キア/ブランドン・ノヴィッスキイ ◆監督カートニー・ウェーン

若者たちが廃墟のホテルで、近づく恐怖を克服しようとするB級ホラー。
エロもグロもビックリもほぼ無し。終始まじめな作りで笑いもなく面白みなし。
主人公と殺人者の関係が支離滅裂。かわいい女の子と個性的な男の子は居ました。



△「ノンフィクション」(2003/加) ◆40点
◆原題「Sur le seuil」 ◆読み:のんふぃくしょん ◆鑑賞日2013/08/03 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2007/05/03
◆警官が銃を乱射し子供が11人死ぬ事件が起きる。一方、世界的なホラー作家の男が指を切断し自殺未遂をはかる。初老の精神科医はホラー作家の担当医になるが…
◆出演ミシェル・コテ/パトリック・ユアール/カトリーヌ・フロラン ◆監督エリック・テシエ
◆公式:http://www.albatros-film.com/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=-oomf2H4_Ss

悪魔崇拝サスペンス。序盤はまとまりが無く人物設定が把握しづらい。終盤まで役者がただ喋っているだけで退屈。
主人公は予言者なのか、悪魔なのかって考えさせられるシーンが無く残念。途中ではいるイメージがうざい。
ただ、ラストの病院では、これから何が起きるのだろうという期待感が凄くて、ここだけはかなり良かった。



△「狼の死刑宣告」(2007/米) ◆50点
◆原題「Death Sentence」 ◆読み:おおかみのしけいせんこく ◆鑑賞日2013/08/03 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2010/03/19
◆家族と幸せに暮らす富裕層のサラリーマン。急なガス欠で寄ったガソリンスタンドがチンピラに襲撃され長男が死ぬ。犯人の刑が軽くなることを知り復讐をするが…
◆出演ケヴィン・ベーコン/ギャレット・ヘドランド/ジョン・グッドマン ◆監督ジェームズ・ワン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIBF-7799
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=R7kb-kUrYro

社会に蔓延する不公平が不満なら、法を無視すればスッキリして自己解決することを描く復讐アクション。
全員がすごい体力とか、偶然が多すぎるとか、妻子を逃がさないとか、警察のマヌケさとか粗が多い。
同じ穴の狢を言いたかったのだろうが、ベーコンが家族想いの生真面目なリーマン役ってのが受け入れられない。



△「推理作家ポー 最期の5日間」(2012/米) ◆50点
◆原題「The Raven」 ◆読み:すいりさっかぽーさいごのいつかかん ◆鑑賞日2013/07/28 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/20
◆1849年米国。小説を書かず評論でしのいでいた金欠の作家は酒場を追い出される。一方、警察が踏み込んだアパートでは女性と子供が密室で殺されていた
◆出演ジョン・キューザック/ルーク・エヴァンス/アリス・イヴ ◆監督ジェームズ・マクティーグ
◆公式:http://www.disneystore.co.jp/shop/ProductDetail.aspx?sku=VWBS1424&CD=&WKCD=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qeLrtwniqM4

小説家エドガー・アラン・ポー自身の罪と罰を描く犯人捜しサスペンス。
謎解き要素なし。雰囲気が何となく「シャーロック・ホームズ」と同じ感じ。
鏡をみているような感じの犯人との対峙が良かった。警部のキャラも良かった。



○「SUSHI GIRL」(2012/米) ◆70点
◆原題「Sushi Girl」 ◆読み:すしがーる ◆鑑賞日2013/07/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/22
◆刑務所で6年間服役し出所した男は、仲間4人が集まる部屋へと案内される。そこには裸の女性の身体の上に寿司を並べた女体盛りが用意されていた
◆出演トニー・トッド/コートニー・パーム/マーク・ハミル/千葉真一 ◆監督カーンサクストン
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV23062D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=wAibJlPP5fo

人は体罰によって大金よりも大きい快楽を得られることを描くサスペンス。
日本風だが題材はキリストな感じ。能面などのお面が人の倫理観そのもので良かった。
女優コートニー・パームさんの素っ裸女体盛りはかなり良い。名優勢揃いなのも良い。



△「ゲットバック」(2012/米) ◆30点
◆原題「Stolen」 ◆読み:げっとばっく ◆鑑賞日2013/07/27 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/02
◆深夜に銀行の金庫から大金を盗む男女4人。主犯の男は仲間と一悶着あり銃が仲間の足に暴発。更にFBIに逮捕される。8年後に刑務所を出所し娘に会うが…
◆出演ニコラス・ケイジ/ジョシュ・ルーカス/サミ・ゲイル ◆監督サイモン・ウェスト
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXN-1119
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eDZFQKYiSJA

最近よくある、ただ移動しているだけの内容無しアクション。
女性陣に華がない。ルパンと銭形な感じのFBIとの関係も中途半端。
苦笑のラストは、もう全身機械のターミネーターってことにしとけよ。



△「ドリームハウス」(2011/米) ◆50点
◆原題「Dream House」 ◆読み:どりーむはうす ◆鑑賞日2013/07/27 ◆レンタルBD ◆発売日2013/04/02
◆中古の家を購入した男は会社を辞める。妻と二人の娘と幸せな日々をおくるが、ある日、地下室に侵入した少年少女から、この家で殺人事件があったことを知る
◆出演ダニエル・クレイグ/レイチェル・ワイズ/ナオミ・ワッツ ◆監督ジム・シェリダン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0066
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=nIeMYPfnST0

家族を愛している男の自我を描くサスペンス。中盤まで何もなく退屈。俳優陣の豪華さが救い。
ラストがグダグダ。隣人を助けるのと妻子を助けるのがオーバーラップしないってのがモヤモヤする。
本がベストセラーになることに何の意義があるのかもよく分からない。男の苦悩の演技は良かった。



△「ネイビーシールズ」(2012/米) ◆50点
◆原題「Act of Valor」 ◆読み:ねいびーしーるず ◆鑑賞日2013/07/21 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/02
◆テロを調査するCIAの女性エージェントが拉致され拷問される。救出のためアメリカ海軍の特殊部隊「Navy SEALs」が出動。大尉の妻は第一子を妊娠していた
◆出演ローク・デンバー/ジェイソン・コットル/アレックス・ヴィードフ ◆監督マイク・"マウス"・マッコイ/スコット・ワウ
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54180/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cUkKuImX_ok

アメリカ海軍アクション。現役隊員とか、本物の潜水艦とか戦艦とかヘリとか出てくるのが見所。
国を愛し守ることが、家族を愛し守ることに繋がると言っていると思うが、描き方が弱い。
アクションは、アメリカにあふれているゲームっぽいが、その域すら到達していない中途半端な出来。



△「コンフィデンスマン/ある詐欺師の男」(2011/米) ◆30点
◆原題「The Samaritan」 ◆読み:こんふぃでんすまんあるさぎしのおとこ ◆鑑賞日2013/07/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/22
◆親友を殺した罪で服役していた詐欺師の男は25年の刑期を終えて出所した。親友の息子が待ち構え、バーに案内し女をあてがうが詐欺師の男は断り帰る
◆出演サミュエル・L・ジャクソン/ルース・ネッガ/ルーク・カービー ◆監督デヴィッド・ウィーヴァー
◆公式:http://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?__z=2.1.1&_ACTION[search_detail]=1&cont_id=3113
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=bFZ8EzNVkOE

孤独な男と女のドラマ。終盤は投げやりな展開で最悪。
男女の関係が「オールド・ボーイ」の完全なパクリ。
心情はもとより、女優の雰囲気すらパクリ。



△「ザ・ハンター バトル・ウィズ・ヴァンパイア」(2007/米) ◆30点
◆原題「Southern Gothic」 ◆読み:ざはんたーばとるうぃずう゛ぁんぱいあ ◆鑑賞日2013/07/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/02
◆殺人者が女性を刺し殺すが、女性はヴァンパイアで殺人者を逆にかみ殺す。一方、ストリップバーで用心棒をしている男は新人の女性に触れた客の牧師を追い出す
◆出演ユル・ヴァスケス/ウィリアム・フォーサイス/ニコール・デュポート ◆監督マーク・ヤング
◆公式:http://www.twanet.jp/1297hu-shosai.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=kP1oyeev4wo

糞B級ヴァンパイアもの。超がつくほどの糞ダラダラ展開。スプラッタは終盤に少しだけある。
自らの飲酒運転で愛する娘を亡くした男が、他人の娘を結果的に横取りする無茶苦茶なお話。
糞すぎるが、つっこみどころが満載なので、逆に声を出してつっこむとややスッキリする可能性あり。



○「スノータウン」(2011/オーストラリア) ◆70点
◆原題「Snowtown(The Snowtown Murders)」 ◆読み:すのーたうん ◆鑑賞日2013/07/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/22
◆オーストラリアの田舎街。母親の彼氏が子供に性的虐待をする。母親は通報するが直ぐに釈放される。母親の新しい彼氏が、前の彼氏に嫌がらせをして街から追い出す
◆出演ルーカス・ピッタウェイ/ダニエル・ヘンシュオール/ルイーズ・ハリス ◆監督ジャスティン・カーゼル
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV23061D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fvu_tBQgZyI

カリスマのある外道な男から離れなられなくなる少年の心境を描く村八分ドラマ。
雰囲気が淡々としていて良かった。役者の演技も良かった。実話だからかラストが地味。
殺人はもとより、カンガルーを斧で切断したり、犬を撃ち殺すシーンあり注意。



△「アルゴ」(2012/米) ◆50点
◆原題「Argo」 ◆読み:あるご ◆鑑賞日2013/07/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/13
◆1979年。イランのアメリカ大使館が学生らに占拠され人質をとられる事件が発生。脱出した6人をカナダ大使館がかくまう。CIAは出国作戦を練るが…
◆出演ベン・アフレック/クレア・デュヴァル/アラン・アーキン ◆監督ベン・アフレック
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=14371&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=w918Eh3fij0

実話CIAサスペンス。終盤の空港シーンはハラハラするが、面白いのはそこだけ。
アメリカとイランの関係が悪いのはどうしてか、調べる切っ掛けにはなる映画。
映画制作が題材の映画って、何故か知らんが評論家の評価が高くなる傾向にあるのが謎。



○「リンカーン/秘密の書」(2012/米) ◆60点
◆原題「Abraham Lincoln: Vampire Hunter」 ◆読み:りんかーんひみつのしょ ◆鑑賞日2013/07/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/22
◆幼少時にリンカーンは、奴隷商人から親友の黒人を守ったがために母がヴァンパイアに殺される。その後、リンカーンは復讐のためヴァンパイアハンターになる
◆出演ベンジャミン・ウォーカー/メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ルーファス・シーウェル ◆監督ティムール・ベクマンベトフ
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13552
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=34x6m-ahGIo

リンカーン大統領を異常なほど英雄視するヴァンパイアハンターアクション。スローを多用したアクションに新味なし。
奴隷制度を吸血鬼と人間の関係に置き換えているんだけど、奴隷制度って単純に力の支配じゃない気がする。
南北戦争の大義名分も「守る」から「侵す」へとすり替わっている気がする。内容はいまいちだが、キャラ的には良かった。



○「恐怖ノ黒電話」(2011/英) ◆70点
◆原題「The Caller」 ◆読み:きょうふのくろでんわ ◆鑑賞日2013/07/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/08
◆古い黒電話があるアパートに引っ越してきた女性は、最低の夫と離婚したばかりだった。ある日、面識のない女性が「男を出せ」と間違い電話をかけてきたが…
◆出演ラシェル・ルフェーブル/スティーブン・モイヤー/ルイス・ガズマン ◆監督マシュー・パークヒル
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=914624
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GBO-H9EZW5c

ストーカー系ホラーサスペンス。「オーロラの彼方へ」の亜流だが、ホラーと相性が良く面白かった。
ストーカーから逃げられない、どうすることもできないサスペンス感が一級だった。
その反面、オチが非常に残念。最初に引っ越さずにすめば万事解決したのに。



△「夜明けのゾンビ」(2011/加) ◆30点
◆原題「Exit Humanity」 ◆読み:よあけのぞんび ◆鑑賞日2013/07/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/08
◆南北戦争の時に突如ゾンビが出現。男はゾンビ化した妻を殺し行方不明の息子を捜すが息子もゾンビ化していて殺す。遺灰を思い出の滝に流すため旅に出るが…
◆出演マーク・ギブソン/アダム・セイボールド/スティーヴン・マクハティ ◆監督ジョン・ゲデス
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=914602
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_DExlXcU20U

たぶん南北戦争による心の後遺症を描いていると思われる、のんびり進行のゾンビドラマ。
生きる目的がどうとか自然がどうとかのナレーションが、とってつけた感じで頭に残らない。
ゾンビの定説をわざわざ説明したり、何故かアニメを挿入したりしているのも糞。



○「ザ・ウーマン 飼育された女」(2011/米) ◆80点
◆原題「The Woman」 ◆読み:ざうーまんしいくされたおんな ◆鑑賞日2013/07/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/08
◆野犬に育てられた女。一方、弁護士の男は家族と平凡に暮らしていた。ある日、男はハンティング中に野生の女を発見し捕まえる。家族に飼育すると宣言するが…
◆出演ポリアンナ・マッキントッシュ/ショーン・ブリジャース/アンジェラ・ベティス ◆監督ラッキー・マッキー
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/thewoman_shiiku/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UsUxrMyWXeI

男は鬼畜で最低のクズだと訴える拉致・監禁・飼育系ホラー。
女性がキリストみたいな存在で良かった。ラストもスッキリする。
残虐シーンは子役と別撮りしているな、と意識してしまう編集が難点。



○「最強のふたり」(2011/仏) ◆80点
◆原題「Intouchables」 ◆読み:さいきょうのふたり ◆鑑賞日2013/07/07 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/22
◆黒人が運転する車が街中を暴走。警察に止められるが、助手席の障害者が発作の演技をして逮捕を逃れる。時は戻り、黒人が大富豪の障害者の介護の面接をうける
◆出演フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ ◆監督エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
◆公式:http://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?__z=2.0.0&_ACTION[search_detail]=1&cont_id=3131
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=34WIbmXkewU

「人間万事塞翁が馬」をコメディをふんだんに取り入れて描くハートフル実話ドラマ。映画的にかなり面白い。
黒人の性格が小気味よい。が、よくよく考えると冒頭の車の暴走シーンって他者を危険にさらして滅茶苦茶だな。
根底にあるのは差別問題なんだが、結局は「障害者も健常者を差別している」ってことになっているのもひかっかる。



×「シャドー・チェイサー」(2012/米=西) ◆20点
◆原題「The Cold Light of Day」 ◆読み:しゃどーちぇいさー ◆鑑賞日2013/07/06 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/06
◆バカンスで集まった家族。長男は自分の会社が倒産したと父に告げる。長男はヨットの操作をさぼり弟の彼女が怪我をする。薬を買って戻るとヨットが消えていた
◆出演ヘンリー・カヴィル/シガニー・ウィーバー/ブルース・ウィリス ◆監督マブルク・エル・メクリ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=935173
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CYWzd1melMU

糞アクション。妹と逃げるシナリオが最悪。恋の予感を排除って馬鹿か。人物の表情を見せないなど最悪な構図多数。
妹が出てきた時から糞ダラダラな展開が延々と続く。父親が共犯なのか騙されたのかが分かりづらい。
ド素人のあり得ないアクション。追いかけていたと思ったら急に逃げる支離滅裂なカーチェイス。等々全編糞。



○「ヒットマン レクイエム」(2012/英) ◆60点
◆原題「The Liability」 ◆読み:ひっとまんれくいえむ ◆鑑賞日2013/07/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/07
◆青年は怪しい仕事をしている義父の車をお釈迦にする。義父のタブレットに女性を殴る動画を発見する。車の弁償のため義父が青年に運転手の仕事を与える
◆出演ジャック・オコンネル/ティム・ロス/タルラ・ライリー ◆監督クレイグ・ヴィヴェイロス
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/dvd/201303/dvd01.php
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=t_jk3MBoQ-Y

ロードムービー風クライムコメディドラマ。コメディって言ってもちょっとした笑いが少しだけある感じ。
だらけた19歳の若造に、全ての登場人物が救われる人生観も良かった。すごい地味なのが難点。
安室奈美恵と板野友美の中間ぐらいの女の人が、何故か着エロで迫ってくるのも良かったよ。



○「白雪姫と鏡の女王」(2012/米=加) ◆60点
◆原題「Mirror Mirror」 ◆読み:しらゆきひめとかがみのじょうおう ◆鑑賞日2013/06/30 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/02
◆栄華を誇る国の王妃は白雪姫を生んで亡くなる。国王は再婚するが森で死に継母が国を支配する。白雪姫は城から出ずに育ったが、ある日、街の様子を見に行く
◆出演リリー・コリンズ/ジュリア・ロバーツ/アーミー・ハマー ◆監督ターセム・シン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0064
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YgbH05rQx1s

童話がモチーフの恋愛が入ったドタバタコメディ。怪物のデザインが良かった。
展開的に某社の定番的な作品と同じなので、それなりに楽しく見られる。
歌と踊りがラストだけだからか、代わり映えしない映像やシーンの連続で中盤には疲れてくる。



△「ストレンジャー」(2010/米) ◆50点
◆原題「Main Street」 ◆読み:すとれんじゃー ◆鑑賞日2013/06/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/02
◆かつてタバコ産業で潤い、今は廃れた田舎町に住む老婆は、自宅を売る決意をし、空き倉庫はある企業に貸す契約をする。老婆は急に寂しくなり姪に電話する
◆出演エレン・バースティン/コリン・ファース/パトリシア・クラークソン ◆監督ジョン・ドイル
◆公式:http://mid-ship.co.jp/dvd/suspense/post_1/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eYbE3J8ba8o

人は、いつかは己の傲慢さに気付き、自責の念に駆られながら死んでゆくことを描くヒューマンドラマ。
最後には単なるタバコや核の批判になってたのが残念。ただ、それも「必要悪だ」とも言ってたのが良かったけど。
おばーちゃん役のエレン・バースティンさんの魅力が全開で、ファンでなくとも、その魅力に引き込まれる。



○「エクスペンダブルズ2」(2012/米) ◆60点
◆原題「The Expendables 2」 ◆読み:えくすぺんだぶるず2 ◆鑑賞日2013/06/28 ◆レンタルBD ◆発売日2013/03/02
◆最強無敵の傭兵軍団エクスペンダブルズは中国人の救出に成功。次の仕事は墜落した輸送機にあるボックスの回収。回収直後に謎の軍団が現れ仲間が殺される
◆出演シルベスター・スタローン/ジャン=クロード・ヴァン・ダム/ユー・ナン ◆監督サイモン・ウェスト
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54188/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TgEqVYcryWc

お馬鹿筋肉アクション第2弾。序盤が誰もが求めるアクションの連続で良かった。
ヴァン・ダムの悪役ぶりがかなり良かった。が、一時的に仲間になった女がすごい邪魔。
アクションの展開が作り物臭く感じられ、銃乱射とか飛行機のミサイルとかもくどすぎた。



○「デビルズ・フォレスト 悪魔の棲む森」(2012/米=加) ◆70点
◆原題「The Barrens」 ◆読み:でびるずふぉれすとあくまのすむもり ◆鑑賞日2013/06/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/03/02
◆ある森で何かの死体を発見した男女が襲われる。一方、飼い犬が行方不明の家族はその森へとキャンプに行く。義母を避ける思春期の娘は嫌々ながらもついてきた
◆出演スティーブン・モイヤー/ミア・カーシュナー/アリー・マクドナルド ◆監督ダーレン・リン・バウズマン
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_260.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=yAZe_fDNkxs

心が離ればなれになっていた家族の再生を描く悪魔系ホラー。ややロードムービー風。
家族の絆が戻るラストが地味に良かった。エンドロール後の映像は必要なかったな。
父親の感情の落差が、もっと大きければ傑作になっていたかも。実に惜しかった。



○「ヒドゥン・フェイス」(2011/コロンビア=西) ◆70点
◆原題「La Cara Oculta(The Hidden Face)」 ◆読み:ひどぅんふぇいす ◆鑑賞日2013/06/23 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2013/02/08
◆恋人がビデオレターを残して失踪し悲しみに暮れるオーケストラ指揮者の男は、居酒屋で酔っぱらい女性店員の家に泊まる。その女性店員と付き合うことになるが…
◆出演マルチナ・ガルシア/クララ・ラゴ/キム・グティエレス ◆監督アンドレ・バイズ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8176
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=FbdV5n-Ull0

「オープン・ウォーター」のアホ要素を取り入れた自業自得メロドラマ。おばちゃん必見な内容。
前半はつまらん恋愛。後半からがメロドラマの本領を発揮してかなり盛り上がった。
ハイレベルな可愛い系の女優さんが超ぺったんこのおっぱいを惜しげもなく披露。



×「エージェント・マロリー」(2011/米=アイルランド) ◆10点
◆原題「Haywire」 ◆読み:えーじぇんとまろりー ◆鑑賞日2013/06/23 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2013/02/08
◆ダイナーで人を待つ女は、やってきた男と格闘になり倒す。その場に居合わせた客の男とともに車で逃走する。話はさかのぼり、女は人質救出作戦を決行する
◆出演ジーナ・カラーノ/ユアン・マクレガー/マイケル・ダグラス ◆監督スティーブン・ソダーバーグ
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TBR/TBR23059D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=OpffbDjWlog

最初から最後まで何をやっているのか全く理解できないアクション。豪華俳優陣が無駄に登場。
オシャレ風アングルを多用しすぎ。何の意味もなくただ歩く、ただ走るだけのシーンも多すぎる。
女優(格闘家)のプロモな感じが強いが、帽子で顔を見せない、真っ暗で表情が分からないなど意図が不明。



○「アイアン・スカイ」(2012/フィンランド=独=オーストラリア) ◆60点
◆原題「Iron Sky」 ◆読み:あいあんすかい ◆鑑賞日2013/06/22 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/08
◆2018年。再選を目指すアメリカ大統領の選挙PRのために月面着陸をする黒人モデルは、月の裏側にナチスの基地があることを発見するが捕まる
◆出演ユリア・ディーツェ/ゲッツ・オットー/ペータ・サージェント ◆監督ティモ・ヴオレンソラ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=1019352
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=He_PWsJqsVY

現代社会はナチスと変わらないことを描くブラックジョークSFアクション。
とにかく、ナチス側の基地やら戦艦やらのメカニックデザインだけは良かった。
地球攻撃シーンや宇宙艦隊戦シーンは中途半端な迫力で残念。核爆弾も普通の爆発で残念。



○「そして友よ、静かに死ね」(2011/仏) ◆70点
◆原題「Les Lyonnais(A Gang Story)」 ◆読み:そしてともよしずかにしね ◆鑑賞日2013/06/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/08
◆伝説のギャングだった男は還暦を迎え穏やかに暮らしていた。男は親友とサクランボを盗み服役した時からギャングの道へと進んでいた。その親友が逮捕されるが…
◆出演ジェラール・ランヴァン/チェッキー・カリョ/ディミトリ・ストロージュ ◆監督オリヴィエ・マルシャル
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8192
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HEwDeWqLROA

因果応報を描く実話ギャング・ドラマ。雰囲気が良かった。囚人奪還などテンポも良かった。
仲間のために、やられたらやり返すの繰り返しの人生に終止符を打つ方法も描いていました。
裏切り者が誰か全く気付かないってのは、根が素直なのか、馬鹿なのかって話で、ややカリスマ性に欠ける。



×「ダーケストアワー 消滅」(2011/米) ◆10点
◆原題「The Darkest Hour」 ◆読み:だーけすとあわーしょうめつ ◆鑑賞日2013/06/16 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/06
◆モスクワでSNSソフトを売り込む青年2人は、別の仲間に先を越される。その夜、ナイトクラブで突然の停電になり、外に出ると空にはオーロラがあった
◆出演エミール・ハーシュ/マックス・ミンゲラ/オリヴィア・サルビー ◆監督クリス・ゴラック
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13482
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VUznviXV-U8

透明宇宙人による地球侵略アホSF。恋愛とか感傷とか団結とかあるが全てが糞。
全編ダラダラ。宇宙人が透明で映像的に面白くない。電球が点灯してもハラハラしない。
普通の武器で市民が宇宙人を傷つけ撃退できるのなら、軍隊は何をしているんだよ。



◎「キック・オーバー」(2012/英) ◆90点
◆原題「Get the Gringo」 ◆読み:きっくおーばー ◆鑑賞日2013/06/16 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/06
◆大金を強奪した男は車で逃走。警察に追われメキシコの国境を突き破り車が大破。メキシコの刑務所に収監されるが、そこは何でもありの世界だった
◆出演メル・ギブソン/ケヴィン・ヘルナンデス/ドロレス・エレディア ◆監督エイドリアン・グランバーグ
◆公式:http://www.klockworx.com/movies/movie_400.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CGKfF6d8TH8

犯罪者なのにすごい小気味よい男を描く特殊刑務所脱出ドラマ。
全てのキャラが立ちまくり。銃撃戦などのアクションもあり全く飽きない構成。
往年のメル・ギブソンが戻ってきた感じも相まって、すごく面白かった。



○「ザ・グレイ」(2011/米) ◆60点
◆原題「The Grey」 ◆読み:ざぐれい ◆鑑賞日2013/06/15 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/06
◆アラスカの石油採掘現場にやってくる狼を仕留める仕事に従事していた男は自殺を考えていた。そんな折り、嵐がくるため従業員らが飛行機で避難するが墜落する
◆出演リーアム・ニーソン/ジョー・アンダーソン/ダーモット・マロニー ◆監督ジョー・カーナハン
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18920
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Hfb0-U0ydj8

神は人の死に際に、必ず願いを叶えてくださると言っているロードムービー。
人の醜さよりも、人の美しさをメインに描いていました。崖の綱渡りシーンがしっくりこない。
狼は餓鬼で、三途の川もあるなど、もしかしたら全員最初に死んでいる可能性あり。



△「リヴィッド」(2011/仏) ◆40点
◆原題「Livide」 ◆読み:りう゛ぃっど ◆鑑賞日2013/06/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/09
◆訪問介護の仕事をはじめた女性は指導役の女性とともに大きな屋敷へと向かう。そこには昏睡状態で輸血中の老婆がいた。指導役からこの家のお宝の話を聞くが…
◆出演クロエ・クールー/カトリーヌ・ジャコブ/マリ=クロード・ピエトラガラ ◆監督ジュリアン・モーリー/アレクサンドル・バスティロ
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-113/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Q8LAG5Ass9E

今の生活(や呪縛)から逃れたい若者を描くヴァンパイア・ホラー。
薄暗い屋敷を探索するだけで怖さなし。若者が死体にキックするのが唐突すぎる。
ヒロインが可愛くて、おっぱいが大きいので、最後まで見られた。



○「インブレッド」(2011/英) ◆60点
◆原題「Inbred」 ◆読み:いんぶれっど ◆鑑賞日2013/06/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/02
◆保護観察官2人と少年犯罪者4人は、連帯感を得るため田舎街にある建物を清掃し寝泊まりすることになる。清掃が終わり全員でパブに行きレモネードを飲むが…
◆出演ジョー・ハートリー/シーマス・オニール/クリス・ウォーラー ◆監督アレックス・シャンドン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/bixf-0063
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=3lvUCAHRa6I

サーカスをパロった愉快なクライモリ系スプラッタ・ホラー。
冒頭と、首を切り落とすスプラッタが秀逸。各キャラも立っていて良かった。
雰囲気的に昔懐かしいカルトホラー風な感じで良かったが、終盤には食傷気味になる。



△「ボディ・ハント」(2012/米) ◆50点
◆原題「House at the End of the Street」 ◆読み:ぼでぃはんと ◆鑑賞日2013/06/09 ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/16
◆少女が両親を殺害し行方不明になる。一方、その家の隣に引っ越した女子高校生と母は、その家に息子が住んでいることを契約後に知り、保安官に素行を訪ねる
◆出演ジェニファー・ローレンス/マックス・シエリオット/エリザベス・シュー ◆監督マーク・トンデライ
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52368/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=3Xd2ceHDd-g

青春サスペンス。若手俳優紹介の側面もあり。前半は超ダラダラ青春展開でげんなり。
後半は妹のネタと、定番的な展開と、おっぱいを強調した服でかなり盛り返した。
ジェニファー・ローレンスさんの凄いぷっくりな顔が、女優としてどうなのか気になってしようがない。



△「11:11:11」(2011/米=西) ◆40点
◆原題「11-11-11」 ◆読み:いれぶんいれぶんいれぶん ◆鑑賞日2013/06/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/02
◆妻と息子を放火で失い信仰心を失った男はグループセラピーの女性に日記帳をもらう。直後に交通事故にあうが無傷だった。父が危篤と知りスペインへと向かう
◆出演ティモシー・ギブス/マイケル・ランデス/ウェンディ・グレン ◆監督ダーレン・リン・バウズマン
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/cont/11-11-11/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=48GZxq6RO-c

宗教を布教する理由の根本は、終末思想を植え付けるためだと訴えるオカルトサスペンス。
人などが急に出てきてビックリさせる手法を多用。弟登場でラストが容易に予想できるのは残念。
映像や展開はすごく地味。女性が何者か、燃やした写真に何が写っていたのか分からないなども難点。



△「388」(2011/加) ◆30点
◆原題「388 Arletta Avenue」 ◆読み:388 ◆鑑賞日2013/06/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/02/02
◆388番地の一軒家で暮らす夫婦。何者かが車中でその家を観察中。ある日、夫が車に乗ると大音量で歌が再生される。夫は妻の仕業だと思い訪ねるが…
◆出演ニック・スタール/ミア・カーシュナー/デヴォン・サワ ◆監督ランドール・コール
◆公式:http://www.albatros-film.com/archives/948
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=o_UOHrQNTwE

ストーカー風の人間観察POVサスペンス。主人公に切羽詰まった感が微塵も感じられないのが駄目。
妻の姉を何故か追い払ったり、猫の死体で警察を直ぐに呼ばないなどシナリオに多数の難あり。
家と会社に仕掛けられた監視カメラの映像を延々垂れ流しているだけなので映像の面白みも無い。



△「メモリー〜殺戮のビジョン〜」(2006/加=米) ◆30点
◆原題「Memory」 ◆読み:めもりーさつりくのびじょん ◆鑑賞日2013/06/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/04/04
◆秘境で赤い肌の部族に襲われた患者のMRI画像をみるアルツハイマーを研究する男。患者の持ち物で指を怪我した時から、森と黒装束の幻覚を見るようになるが…
◆出演ビリー・ゼイン/トリシア・ヘルファー/デニス・ホッパー ◆監督ベネット・ダヴリン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/KBBBF-8522
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=AnZboieqSm0

親の記憶が子供のDNAに組み込まれているアイディアで急ごしらえしたサスペンス。
全ての出演者が、演技をやらされている感じがしてしまう下手くそな演出や編集。
犯人が何故に少女を誘拐するのかが理解できないなど、肝心な部分もおざなり。



△「ANOTHER アナザー」(2006/英=米) ◆50点
◆原題「Dark Corners」 ◆読み:あなざー ◆鑑賞日2013/06/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2007/11/23
◆教会で目覚めた女性は何者かに殺される。一方、目隠しをされた女性は夫に車で連れられ、素敵な結婚記念日を送る。夫婦は幸せだが、不妊に悩んでいた
◆出演ソーラ・バーチ/クリスチャン・アンホルト/トビー・スティーヴンス ◆監督レイ・ガウワー
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2012/another.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qLGsEF78GOI

犯罪者は無間地獄に陥ることを描くホラーサスペンス。雰囲気はかなり良い。
が、2つの世界を交互に見せているだけで、なかなか話が進展せず辛かった。
そのほとんどがオチと全く関係ないってどうかと思う。女優さんが微妙に可愛かった。



△「レイクサイド」(2006/米) ◆40点
◆原題「The Marsh」 ◆読み:れいくさいど ◆鑑賞日2013/06/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2007/09/26
◆人気絵本作家の女性は、少女が出てくる悪夢に悩まされていた。ある日、悪夢に出てくる家が実在することをテレビで知り、その家に滞在することにするが…
◆出演ガブリエル・アンウォー/フォレスト・ウィテカー/ルイス・フェレイラ ◆監督ジョーダン・バーカー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-47281
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QZ5c1hMVZ7w

トラウマを解消するには過去を知るのが一番だと言っているポルターガイスト現象サスペンス。
全く罪を犯していない3人が何故に死体遺棄をするのか、それが殺されるほどの罪なのかが理解できない。
真の悪人を哀れな人な感じに描いているのも難点。ちょっと「ファイナル・デスティネーション」の要素あり。



△「31km」(2006/西=メキシコ) ◆40点
◆原題「KM 31: Kilometro 31」 ◆読み:31きろめーとる ◆鑑賞日2013/06/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/03/07
◆車を運転中の女性が少年を轢き殺す。死んでいたはずの少年が動き、驚いた女性は別の車に轢かれる。双子の妹が、姉の危機を感じて現場へ駆けつけるが…
◆出演イリアナ・フォックス/ラウル・メンデス/アドリア・コラド ◆監督リゴベルト・カスタニーダ
◆公式:http://www.albatros-film.com/dvd/km31
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=hLUQ0MVpg8k

メキシコのラ・ジョローナ(泣き女)が題材のホラーサスペンス。
双子の設定などが全く活かされていないなどシナリオが面白くない。
何故か「呪怨」の俊雄くんが出てきます。モノクロっぽい映像は悪くない。



○「ボーン・レガシー」(2012/米) ◆60点
◆原題「The Bourne Legacy」 ◆読み:ばーんれがしー ◆鑑賞日2013/05/26 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/20
◆雪山で訓練をする男は時折、錠剤を飲んでいた。一方、ボーン逃亡の影響で他の極秘計画も暴かれようとしていた。組織は関係者全ての抹殺を開始するが…
◆出演ジェレミー・レナー/レイチェル・ワイズ/エドワード・ノートン ◆監督トニー・ギルロイ
◆公式:http://www.geneonuniversal.jp/movie/sp/bourne-legacy/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=jSzy9qQ3mDE

内容無しのアクション。自分の居場所探しのロードムービーでも無し、恋愛ものとしても弱い。
アクションは「ボーン・アイデンティティー」と比べ現実味に欠けるが、テンポがいいので、それなりに楽しめる。
しかし、展開的には、どうみても「ターミネーター」の最新作なんだが、これって笑えばいいのか?



△「コロンビアーナ」(2011/仏=米) ◆40点
◆原題「Colombiana」 ◆読み:ころんびあーな ◆鑑賞日2013/05/26 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/02
◆コロンビアでマフィアと取引をしている男は妻と共に殺される直前に、娘にあるメモリーカードを託す。娘はマフィアへの復讐を誓い叔父を頼る。15年後…
◆出演ゾーイ・ザルダナ/クリフ・カーティス/ジョルディ・モリャ ◆監督オリヴィエ・メガトン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0062
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HCxPLlFWdFo

人間の屑を描く殺し屋アクション。クズの世界に生きる者は、何も学ばない屑だと言っています。
家族を殺されることが分かっているのに、忠告されてもやめない自業自得の屑。
善人の家族を殺すと脅す屑。犬を人殺しの道具として使う屑。まさかのガン=カタで苦笑。



△「キラー・スナイパー」(2011/米) ◆30点
◆原題「Killer Joe」 ◆読み:きらーすないぱー ◆鑑賞日2013/05/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/11
◆多額の借金を抱える男は、実の父と義母に保険金目当ての実母殺害計画を打ち明ける。刑事で殺し屋の男を雇うが、金がないので担保として妹を差し出す
◆出演マシュー・マコノヒー/ジュノー・テンプル/エミール・ハーシュ ◆監督ウィリアム・フリードキン
◆公式:http://avexmovie.jp/wk/000421.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cxpvzmvFHTM

ロリコン変態殺し屋おっさんと、シスコン兄含む家族の一悶着を描くドタバタ半コメディ・サスペンス。
処女の少女(全裸あり)との着セックスなどのエロシーン以外はオマケでどうでもいい感じ。
フライドチキンにフェラチオして逝くシーンでは、俳優さんが頑張ってるなとしか言いようがない。



△「レッド・ステイト」(2011/米) ◆50点
◆原題「Red State」 ◆読み:れっどすていと ◆鑑賞日2013/05/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/12
◆男子高校生3人は童貞を捨てるため、ネットでやれる女を検索し、近くに住む女を見つける。夜中に車で女の家へと行くが、途中で停車中の車にぶつかる
◆出演マイケル・パークス/ロニー・コネル/ジョン・グッドマン ◆監督ケヴィン・スミス
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=891579
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=uJ1v6oFHefc

前半は拉致監禁サスペンスと、聖書盲信じじいの糞長い話、後半は警察との銃撃戦で構成。
宗教とは犬の餌と同じであり、それで犬が争いもするし、おとなしくもなると言っていました。
拉致された青年が「時計じかけのオレンジ」の主人公にちょっとそっくりでした。



×「ハンガー・ゲーム」(2012/米) ◆10点
◆原題「The Hunger Games」 ◆読み:はんがーげーむ ◆鑑賞日2013/05/19 ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/16
◆民衆が反乱し政府が勝った近未来。政府は民衆をコントロールするため、12の地区から少年少女をクジで選び、殺し合いをさせる番組を放映していた
◆出演ジェニファー・ローレンス/ジョシュ・ハッチャーソン/ウディ・ハレルソン ◆監督ゲイリー・ロス
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/hungergames/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=SMGRhAEn6K0

子供同士が殺し合うダラダラ糞アクション。小便臭い恋愛あり。前置きが異常に長い。
蜂などのマヌケシーンの連続に唖然。都会の大衆が大喜びするシーンが一切無いって馬鹿か。
主人公が英雄気取りで終了ってのもクズすぎる。一緒になって大衆を洗脳してどうする。



○「EVA<エヴァ>」(2011/西) ◆60点
◆原題「EVA」 ◆読み:えう゛ぁ ◆鑑賞日2013/05/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/12
◆近未来。ロボット学者の男は、昔に自身が放棄した自律型ロボットを完成させるために大学に戻る。思考回路の参考にする人間の子供を街中で見つけるが…
◆出演ダニエル・ブリュール/マルタ・エトゥラ/クラウディア・ヴェガ ◆監督キケ・マイロ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=891596
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0JnhYX8IB8g

あの時、君と一緒になっていたならば、どんなに幸せだったんだろうと想いをはせるSFラブストーリー。
些細なことが大事になり別れた両想いの男女の心境を、少女との交流に投影させ描いていました。
もう二度と取り戻せないってのが切ない。ロボットの人格プログラムの映像がユニークでした。



○「少年は残酷な弓を射る」(2011/英) ◆60点
◆原題「We Need to Talk About Kevin」 ◆読み:しょうねんはざんこくなゆみをいる ◆鑑賞日2013/05/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/07
◆夫と幸せに暮らしていた作家の女性は妊娠し、長男をもうける。赤ちゃんの時、母親だけになつかず泣いてばかりで疲弊する。幼児になっても反抗を繰り返す
◆出演ティルダ・スウィントン/エズラ・ミラー/ジョン・C・ライリー ◆監督リン・ラムジー
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV22396D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ZLRgAe2jLaw

高校などでの銃乱射事件の犯人とその母親の心境を描くオーメンホラー風ドラマ。母親の忍耐強さってすごいな。
少年の狂気は、生前悪でも、母親の愛情不足でもなく、人間社会が糞すぎるからだと言っていました。
その糞の世界で唯一信用できる存在が、母親のことをずっと見ていて、側にいた我が子だったってのが良い。



△「ブラック・ブレッド」(2010/西=仏) ◆30点
◆原題「Pa negre(Black Bread)」 ◆読み:ぶらっくぶれっど ◆鑑賞日2013/05/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/08
◆1940年代スペイン。ある人物は馬車の男を襲い、乗っていた子供と共に馬車ごと崖に落とし殺す。発見者の少年とその父親が警察で事情聴取をうけるが…
◆出演フランセスク・クルメ/マリナ・コマス/ルジェ・カザマジョ ◆監督アグスティー・ビジャロンガ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=873653
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mn_gJ5Aly6c

内戦後の敗者家族の行く末を描くドラマ。主役の少年の演技が微妙。名前をセリフで連発していて誰が誰なのか把握できない。
おまけの父親が絡む殺人事件の真相が意外性無く面白くない。子供を含む登場人物がすごい汚い言葉を連呼し苦笑い。
この時代で生きていくための子供の悟りがメインなんだが、大人の性の対象としてどうぞって悟っている節がある。



×「Virginia/ヴァージニア」(2011/米) ◆10点
◆原題「Twixt」 ◆読み:う゛ぁーじにあ ◆鑑賞日2013/0512/ ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/11
◆それぞれ別の時間を示している7面時計塔がある街で、胸に杭を打たれた少女が発見された。そんな折り、街を訪れた小説家に保安官が小説の共著をもちかける
◆出演ヴァル・キルマー/ブルース・ダーン/エル・ファニング ◆監督フランシス・フォード・コッポラ
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TBR/TBR23051D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=xP7cQnOcU7I

事故死した娘を救えなかったことを悔やむ父親の逃避を描くドラマ(と思われる)。
ストーリーが支離滅裂で、後悔と小説、女の子などの関連が全く理解できなかった。
エドガー・アラン・ポーに妄想の中で出会うのだが、何の意味があるのかも理解できない。



◎「ザ・レイド」(2011/インドネシア=米) ◆90点
◆原題「The Raid: Redemption」 ◆読み:ざれいど ◆鑑賞日2013/05/12 ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/11
◆麻薬王の男を逮捕するため、一味が住む荒れ果てた高層ビルへと突入する20人のSWATチーム。その隊員のひとりに妊娠中の妻がいる新人警官がいた
◆出演イコ・ウワイス/ドニー・アラムシャー/ヤヤン・ルヒアン ◆監督ギャレス・エヴァンス
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/theraid/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6f6f_kfp1Z8

「死亡遊戯」「スパルタンX」系のタワー攻略格闘アクション。暴力表現を超強化。コメディは一切無し。
息をもつかせぬ格闘の応酬が素晴らしい。最強の敵は「スパルタンX」のそれに肉薄するかも。
白髪の人の小芝居が必要なかったのと、窓を突き破って落下し偶然助かるシーンだけが難点だった。



×「ザ・ミッシング 五百年の呪い」(2007/米) ◆20点
◆原題「The Cry」 ◆読み:ざみっしんぐごひゃくねんののろい ◆鑑賞日2013/05/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/09
◆ニューヨークでは連続児童失踪事件が発生していた。元証券マンで子供を妻に殺された刑事が捜査。ある子持ち女性は予知で失踪する児童の絵を描く
◆出演クリスティアン・カマーゴ/アドリアーナ・ドミンゲス/カルロス・レオン ◆監督バーナディン・サンティステヴァン
◆公式:http://www.eclipse-movie.co.jp/title/thecry.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=gp6agDmRw60

夫に裏切られ、子供も殺されたメキシコのラ・ジョローナ(泣き女)の呪いが現代に蘇るホラー。
怖さ、ビックリ無し。話が異常に分かりづらい、全編ダラダラ展開。同じようなシーンを何度も繰り返すのも駄目。
家庭をないがしろにしていたと気付いた男の長年の苦悩の解消が無いのも面白くない。



△「テリトリーズ」(2010/仏=加) ◆50点
◆原題「Territories」 ◆読み:てりとりーず ◆鑑賞日2013/05/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/09
◆友人の結婚式の帰り、男女5人が乗った車はアメリカの国境線の山中で国境警備局の男2人の検問に合う。陰湿な職務質問後、車内から麻薬が見つかる
◆出演マイケル・マンド/クリスティーナ・ロサート/ロック・ラフォーチュン ◆監督オリヴィエ・アブー
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/13/IA12_0656/IA12_0656.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=dTjNytHQFtQ

理不尽暴力監禁サスペンス(序盤)。序盤と中盤と終盤で視点(主人公)が切り替わるユニークな手法。
テーマはたぶん、他国の法を適当に理由をつけて侵害する「自由を履き違えた国アメリカ」の批判。
女優さんが素っ裸になるなど、すごい頑張っていた。虫歯で顔が腫れるメイクも自然で良かった。



○「プレイ−獲物−」(2010/仏) ◆60点
◆原題「La Proie(The Prey)」 ◆読み:ぷれいえもの ◆鑑賞日2013/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/08
◆愛する妻と娘がいる服役中の銀行強盗犯は、冤罪との主張が通り釈放された同房者の男に妻への伝言を頼む。同房者は少女ばかりを襲う連続性犯罪者だった
◆出演アルベール・デュポンテル/アリス・タグリオーニ/ステファーヌ・デバク ◆監督エリック・ヴァレット
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIBF-8226
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=NFyiWwi3UD8

家族が狙われると知った強盗犯が、脱獄して殺人犯を探すサスペンス・アクション。
シナリオや映像、編集など全てが昔懐かしい雰囲気。逆に言えば古くさい。
が、地味に楽しめた。全てのキャラの立ち具合も良かった。アクションがいまいち。



×「スクワッド 荒野に棲む悪夢」(2011/コロンビア=アルゼンチン=スペイン) ◆20点
◆原題「El paramo(The Squad)」 ◆読み:すくわっどこうやにすむあくむ ◆鑑賞日2013/05/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/11
◆連絡が途絶えた山岳の軍事基地に向かった9名の兵士たち。手前で待機せよとの命令を無視してひとりの兵士が階段を上がる。追いかけた兵士が地雷を踏む
◆出演ファン・パブロ・バラカン/アレハンドロ・アギラール/フアン・ダビド・レストレポ ◆監督ハイメ・オソリオ・マルケス
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8163
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=FyBDnNcChRA

一般人を殺した兵士たちが罪の意識にさいなまれるホラー風ミリタリードラマ。説明的セリフ多し。
悪魔を匂わせる女の人が出てくるが、そっち方面へは行かず残念。たぶん監督の脳内では地獄へと行っていると思われる。
兵士たちの行動が、普通なら女の人が出てきて一変しなきゃならんのに、最初からおかしいのが最悪。



△「ジ・エクスペリメント」(2011/英) ◆40点
◆原題「Stormhouse」 ◆読み:じえくすぺりめんと ◆鑑賞日2013/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/26
◆イギリス軍のある施設に派遣された女霊媒師は、霊体が捕獲されていると言う地下9階に行く。大佐らと共にフェンスに近づくと、大佐が急に歌を歌い出す
◆出演ケイティ・フリン/グラン・マスターズ/ムニール・カーディン ◆監督ダン・ターナー
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/12/IF12_0691/IF12_0691.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=9O_D7z4vQkI

軍が捕獲した霊体に、取り憑かれたり襲われたりする超B級閉鎖空間ホラー。
「捕獲したエイリアンが逃げ出した」のエイリアンを霊体に置き換えただけ。
霊体の生い立ちが明かされずモヤモヤ。歌は定番的な手法だが、印象に残る。



△「ロスト・フューチャー」(2010/米) ◆30点
◆原題「The Lost Future」 ◆読み:ろすとふゅーちゃー ◆鑑賞日2013/05/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/09
◆疫病に侵され人類がミュータントに変異し文明が滅んだ未来の世界。生き残ったわずかな人類は原始時代に戻った生活を送っていたがミュータントに襲われる
◆出演サム・クラフリン/アナベル・ウォーリス/ショーン・ビーン ◆監督ミカエル・サロモン
◆公式:http://www.albatros-film.com/?dvd=lostfuture
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=tOI0wVp1j-o

ジャングルを船で進む遊園地のアトラクションよりも安っぽいロードムービー風ゾンビアクション。テレビ映画。
シナリオが粗悪すぎる。本を読める奴がいたのに何で文明が無くなったのか謎。顕微鏡なしにどうやって薬を開発したのか謎。
免疫のある奴らが大勢いるんだから、何でそいつらがゾンビを倒さないのか謎。女優さんが可愛いのだけが取り柄。



○「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(2012/日) ◆60点
◆原題「Evangelion: 3.0 You Can (Not) Redo」 ◆読み:えばんげりおんしんげきじょうばんきゅー ◆鑑賞日2013/04/29 ◆BD ◆発売日2013/04/24
◆ミサトらの指示でアスカとマリは衛星軌道上にネルフが封印していた初号機を強奪する。初号機から回収したシンジに、エヴァに乗ると死ぬ首輪がつけられる
◆出演緒方恵美/宮村優子/石田彰/林原めぐみ/三石琴乃 ◆監督庵野秀明/摩砂雪/鶴巻和哉/前田真宏
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXA-290/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mlnAYQ1R_5k

人ひとりの行動エネルギーが、やがては大きな事象へと広がる事を描く聖書アニメ第3弾。カヲル=キリスト。首輪=茨の冠。蛇、リンゴもある。
今作で「2001年宇宙の旅」と「AKIRA」等のパクリ度合いを更に強化し、パクリの完全体へと移行していました。
展開は前2作と全く同じで「最初に戻る」を強調。次も「双子の神(神と悪魔)」「自己犠牲の連続」「全ては神の意志」「最初に戻る」だと予想。



○「リンカーン弁護士」(2011/米) ◆80点
◆原題「The Lincoln Lawyer」 ◆読み:りんかーんべんごし ◆鑑賞日2013/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2013/01/08
◆敏腕弁護士で離婚中の男は、なじみの保証金立替業者の男から金になる弁護の情報を聞く。資産家の御曹司が、娼婦への殺人未遂容疑で告発されていた
◆出演マシュー・マコノヒー/ライアン・フィリップ/ウィリアム・H・メイシー ◆監督ブラッド・ファーマン
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/1672.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=xU4ReVEemN0

小悪を武器に大悪と戦う弁護士を描く法廷サスペンス。
弱点もあるし、助手もいるし、自分の行動への葛藤もあるなど、ある意味ヒーローもの。
違法に入手した銃を使う必要があったのかが疑問。



○「ハッキング・アイ」(2012/仏) ◆70点
◆原題「Aux yeux de tous(Paris Under Watch)」 ◆読み:はっきんぐあい ◆鑑賞日2013/04/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/28
◆大統領選挙を間近に控えたフランス。駅で爆破テロ事件が発生。監視カメラの映像を入手したハッカーが、爆破に関与した犯人を監視カメラを駆使して追跡する
◆出演メラニー・ドゥーテ/フランシス・ルノー/オリヴィエ・バルテレミ ◆監督セドリック・ヒメネス/アルノー・デュプレイ
◆公式:http://www.klockworx.com/dvd/dvd_1312.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=gmqKX1lpPdc

犯罪者を追い込んで楽しむ人の人間性を描くサスペンス。80%が監視カメラの映像。
その映像を頻繁に切り替える手法がハラハラ感を助長していて良かった。
監視カメラや個人のPCが簡単にハッキングされすぎってのと、無難なラストだけが残念。



△「アタック・ザ・ブロック」(2011/英) ◆40点
◆原題「Attack the Block」 ◆読み:あたっくざぶろっく ◆鑑賞日2013/04/27 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/21
◆不良少年グループが女性から金品を奪う。直後に隕石らしきものが落ちて車を直撃。少年らは車を物色するとエイリアンが飛び出してきたので追いかけて殺す
◆出演ジョン・ボヤーガ/ジョディ・ウィッテカー/ニック・フロスト ◆監督ジョー・コーニッシュ
◆公式:http://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?__z=2.0.0&_ACTION[search_detail]=1&cont_id=3090
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cD0gm7dHKKc

カツアゲやバイク、爆竹など、若者がやってることはコメディだと訴える子供向けSFアクションコメディ。エイリアンの解剖なし。
少年たちがまじで死ぬって面白くもなんともない。で、ラストのイギリスのヒーロー誕生大合唱がキチガイすぎる。
主人公の少年がデンゼル・ワシントンにそっくり。海外の子供を助ける活動家に対し、自国の子供を何故助けないのかってのが良かった。



○「ディスコード」(2012/米) ◆60点
◆原題「The Pact」 ◆読み:でぃすこーど ◆鑑賞日2013/04/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/05
◆母の葬儀のため実家に戻った姉。姉は子供とビデオチャットで話すが後ろに誰か居ると言われ回線が切れる。翌朝、妹が実家を訪ねると姉の姿は消えていた
◆出演ケイティ・ロッツ/キャスパー・ヴァン・ディーン/ヘイリー・ハドソン ◆監督ニコラス・マッカーシー
◆公式:http://www.klockworx.com/dvd/dvd_1304.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UjBT7z3lhf8

幽霊ホラー。日本ホラー的な怖さが少しある。こっくりさんもあるよ。
最初のテーマだった母親の虐待の呪縛からの解放が微塵もないってのが難点。
糞大きい隠し部屋に長年気付かないってのも流石にアホすぎる。でもまあまあの出来。



△「アウェイクニング」(2011/英) ◆50点
◆原題「The Awakening」 ◆読み:あうぇいくにんぐ ◆鑑賞日2013/04/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/28
◆1921年、第一次大戦後のイギリス。死者を呼び出す偽霊媒師の嘘を暴く女。ある日、寄宿学校の先生が訪ねてきて少年の幽霊を調査してほしいと依頼される
◆出演レベッカ・ホール/ドミニク・ウエスト/イメルダ・スタウントン ◆監督ニック・マーフィー
◆公式:http://www.toho-a-park.com/dvd/item/html/TDV/TDV23026D.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=iB8UAuGBJGM

戦争を極度に正当化する英ゴシックホラー。徴兵を逃れた奴は人間の屑と言っていました。雰囲気は一級。
メインテーマのトラウマ解消法は悪くないんだが、親友じゃなく親子の関係にすり替わっているのが難点。
写真現像中に急に涙してセックスしたのが理解不能。妊娠(親友の生まれ変わり)無しも残念。



△「バイオハザード・アイランド」(2012/米) ◆40点
◆原題「Dead Season」 ◆読み:ばいおはざーどあいらんど ◆鑑賞日2013/04/21 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/07
◆救急隊員の男は、ある人の蘇生に失敗するが生き返る。それからゾンビがあふれ街は廃墟となる。男は女性と少年と合流し、ゾンビがいないとされる島を目指す
◆出演スコット・ピート/メリッサ・メリル/ジェームズ・C・バーンズ  ◆監督アダム・デヨー
◆公式:http://www.odessa-e.co.jp/cont/deadseason/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=H176VsPJ5wM

正義面の馬鹿女が社会をぶち壊していると訴えるゾンビホラー。
自分が助かるためにやむを得ず他人に危害を加える「緊急避難」がテーマ。
「28週後...」の逃げまくるシーンの完全なパクリ。音楽も全く同じ。



△「クライモリ デッド・パーティ」(2012/米) ◆30点
◆原題「Wrong Turn 5: Bloodlines」 ◆読み:くらいもりでっどぱーてぃ ◆鑑賞日2013/04/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/05
◆小さな町のハロウィーン・パーティに訪れた5人の若者たち。一方、テレビ取材班の女性タレントは森をジョギング中に襲われる
◆出演ダグ・ブラッドレイ/カミラ・アーフウェドソン/サイモン・ギンティ ◆監督デクラン・オブライエン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13495
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=aeFylL3lLoU

奇形に襲われるB級スプラッターホラー第5弾。今回は保安官事務所が舞台。しょぼいおっぱいあり。
レクター博士のパチモンみたいな殺人犯が主人公で、もう完全に「クライモリ」じゃなくなった。反撃も無し。
全体は何となく「フィースト」っぽい感じ。手首を切り落とす最初のタイトルコールだけが良かった。



△「モンスターズ・ゾーン」(2012/米) ◆40点
◆原題「Nailbiter」 ◆読み:もんすたーずぞーん ◆鑑賞日2013/04/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/05
◆アルコール依存症の母親とその娘3人は、父親を空港に迎えに行く途中に巨大な竜巻が発生。車を捨てて田舎の民家の地下に逃げ込むが、閉じこめられる
◆出演メグ・サリックス/エリン・マグレーン/エミリー・ボアソウ ◆監督パトリック・リー
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/12/ECLR_0042/ECLR_0042.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=6Uixdzyue-A

人型モンスターに終盤になって襲われる閉鎖空間B級ホラー。何をしているのか把握しづらい編集。
他の出口をすぐに探さない、火炎瓶を投げるときなど、行動につっこみまくりたい人は逆に面白いかも。
スプラッターはほぼ無し。低予算なためか子供向けなのか、極力見せないようにしていた。ラストの父親は○。



△「ウルフマン/狼男伝説」(2012/米) ◆50点
◆原題「Werewolf: The Beast Among Us」 ◆読み:うるふまんおおかみおとこでんせつ ◆鑑賞日2013/04/14 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/05
◆人狼に両親を殺された少年は成長し人狼ハンターとなる。人狼に襲われ続けている村は賞金をかける。一方、医者志望の青年は金持ちの家の女性と恋に落ちていた
◆出演ガイ・ウィルソン/アダム・クローズデル/スティーブン・レイ ◆監督ルイス・モーノウ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18653
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7qyIZN-43NM

人狼探し中世ホラードラマ。ビデオ映画。終盤までほぼ登場人物紹介なので辛かった。
人狼ハンターの主役がどうでもいい存在なのが駄目。バンパイアのキャラだけは良かった。
漫画「犬夜叉」(高橋留美子)のような“しつけ”につっこみ笑い。人の死体を解体するシーンあり注意。



○「95:TIME」(2012/米) ◆70点
◆原題「95ers: Echoes」 ◆読み:95たいむ ◆鑑賞日2013/04/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/02
◆少女が見つめると降り注ぐ雪が逆に上がりだす。粒子加速器を研究する男は、飲食店の外で聖歌隊の女性に一目惚れし付き合って結婚するが、実験の事故で消える
◆出演アレサンドラ・ダラム/ジョエル・ビショップ/テレンス・グッドマン ◆監督トーマス・ゴメス・ダラム
◆公式:http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=4
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_gyZrrF-7Z0

個々の人生の素晴らしさを、夫婦のすれ違いや愛情の有無を軸に描くタイムスリップSFサスペンス。クリスマス映画。
古くさい映像、中盤まで諸処の設定が全く理解できない、謎の細切れカット、説明的セリフが異常に多いなど筋金入りの超B級。
が、終盤には何故か知らないが感慨深いと感じるようになった。人生には他者の力添えがあるって描いていることもその一因かも。



×「ハングリー・ラビット」(2011/米) ◆10点
◆原題「Seeking Justice」 ◆読み:はんぐりーらびっと ◆鑑賞日2013/04/13 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/04
◆高校教師の男は音楽家の妻と幸せな日々を送っていた。ある夜、妻がレイプされ病院に運ばれる。病院で途方に暮れる夫に、謎の男が犯人を始末すると言う
◆出演ニコラス・ケイジ/ガイ・ピアース/ジャニュアリー・ジョーンズ ◆監督ロジャー・ドナルドソン
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0059
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7OXDHZ3BiXA

誰も信用するなと訴える糞サスペンスアクション。
延々と移動しているだけで内容無し。全体の90%が移動シーン。
女性は護身用催涙スプレーが必須だってことは伝わった。



○「リベンジャー」(2010/米) ◆60点
◆原題「Boy Wonder」 ◆読み:りべんじゃー ◆鑑賞日2013/04/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/12/05
◆高校生の青年は成績優秀だが幼い時のトラウマがあった。強盗に目の前で母親を殺されていたのだ。ある日、青年はフードをかぶり夜中に薬の売人を銃で撃ち殺す
◆出演ケイレブ・ステインマイヤー/ズライ・エナオ/ビル・セイジ ◆監督マイケル・モリッシー
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2012/post-114.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=yVXLPs8pczg

殻に閉じこもる青年の復讐劇+思春期ドラマ。必殺仕事人のようなヒーロー物では無く良い意味で地味。
女刑事は母親との関係と同じであり、女刑事との出会いから青年が急速に立ち直っています。
オチもすっきりして良かった。刑事同士など、間延びした会話シーンが多く損をしていた。



△「それでも、愛してる」(2009/米) ◆40点
◆原題「The Beaver」 ◆読み:それでもあいしてる ◆鑑賞日2013/04/06 ◆レンタルBD ◆発売日2012/11/09
◆うつ病の玩具会社社長の男はゴミ捨て場からビーバーのパペットぬいぐるみを拾う。その日から肌身離さず左手に付け、何でもビーバーが代弁するようになる
◆出演メル・ギブソン/アントン・イェルチン/ジェニファー・ローレンス ◆監督ジョディ・フォスター
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7986
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ttv-gvOzaPw

父親と息子の関係を描くドラマ。鬱の要因は思春期の息子に人格を否定されていると感じたためでした。
父親のDNAを受け継いでいることを息子が容認する時期が必ず来ると言っていました。
父親と息子は何も交流しておらず、息子自身が鬱になってやっと鬱の父親を理解したってのは微妙。



△「ミッドナイト・イン・パリ」(2011/西=米) ◆30点
◆原題「Midnight in Paris」 ◆読み:みっどないといんぱり ◆鑑賞日2013/04/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/16
◆ハリウッドの脚本家の男は小説を書くため、婚約者とその両親と共にパリに滞在中。男は夜のパリをさ迷っていると1920年代にいることに気付く
◆出演オーウェン・ウィルソン/マリオン・コティヤール/レイチェル・マクアダムズ ◆監督ウディ・アレン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/midnightinparis/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=atLg2wQQxvU

意見の不一致があるのならば、その恋人は運命の人ではない。すぐに難癖をつけて別れろと訴えるドラマ。
タイムスリップして有名な画家などと次々に会うけど、ただ出てくるだけ。その偉人たちからは何も学ばない。
パリの街並みは素晴らしいが、カレンダーや絵はがきと同じものを映画で延々と見せられても面白くない。



△「キル・ザ・ギャング 36回の爆破でも死ななかった男」(2011/米) ◆50点
◆原題「Kill the Irishman」 ◆読み:きるざぎゃんぐ36かいのばくはでもしななかったおとこ ◆鑑賞日2013/04/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/02
◆熱中症になる劣悪な環境で働く男は労働組合のトップになる。汚職で逮捕される。司法取引をし釈放される。イタリア系マフィアの貸し金取り立て屋として働く
◆出演レイ・スティーブンソン/ヴァル・キルマー/クリストファー・ウォーケン ◆監督ジョナサン・ヘンズリー
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2012/-36.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=x2zN53Vwnz0

自分を貫く男を描くギャングドラマ。昔懐かしい俳優が勢揃いしているのが良いところ。
主人公のカリスマが凄いってことになっているが、その凄さがいまいち伝わってこないのが難点。
すごい古くさいフィルターをかけた映像から、徐々にちゃんとした映像になる手法も微妙。



○「ディヴァイド」(2011/独=米=カナダ) ◆80点
◆原題「The Divide」 ◆読み:でぃう゛ぁいど ◆鑑賞日2013/04/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/07
◆ニューヨークに何かが落ちて大爆発が起こる。アパートの住民はパニックになり、9人の男女が管理人の住む地下シェルターに逃げ込むことに成功する
◆出演ローレン・ジャーマン/マイケル・ビーン/マイロ・ヴィンティミリア ◆監督ザヴィエ・ジャン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=0&item_id=863179
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=iaLpieSNIfk

七つの大罪をメインに描く閉鎖空間+黙示録サスペンス。冒頭にラッパあり。
暴力表現多数。容姿的にも内面的にも、人が徐々に人じゃなくなっているのが秀逸。
地獄の業火とか、「真・女神転生」そのままの姿のエンジェルが登場するとかが良かった。



×「5フィンガーズ」(2006/米) ◆10点
◆原題「Five Fingers」 ◆読み:ふぁいぶふぃんがーず ◆鑑賞日2013/03/31 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2008/08/20
◆彼女と幸せに暮らす銀行員でジャズピアニストの男は、食糧計画のためモロッコに向かう。現地のバスの中で襲われ拉致され、同行したガイドは殺される
◆出演ライアン・フィリップ/ローレンス・フィッシュバーン/トゥリア・ハーウト ◆監督ローレンス・マルキン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=RDD-47272
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UtpA4CcJdUI

女にたぶらかされたのかは謎だが、白人でもテロになることを描くドラマ。
テロをしようとした背景などは一切描かれておらず内容がなかった。
延々と殺風景な一室で尋問しているだけなので見るのが辛かった。



△「ラストタイム 欲望が果てるとき」(2006/米) ◆30点
◆原題「The Last Time」 ◆読み:らすとたいむよくぼうがはてるとき ◆鑑賞日2013/03/31 ◆レンタルDVDBD ◆発売日2008/04/23
◆田舎でトップだった営業職の男は都会の会社に転職。その会社の営業成績トップで高飛車な態度の先輩と同行し、商品を売り込むが次々と失敗する
◆出演マイケル・キートン/ブレンダン・フレイザー/アンバー・ヴァレッタ ◆監督マイケル・カレオ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-47273
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=pzR0yGTv6Kw

営業サラリーマンは糞職業ってことを描くややコメディ風メロドラマ。
終始、会社訪問して、その合間に浮気するだけで面白くありませんでした。
序盤でオチが予見できるのも難点。奥さんの心境の変化の過程が描かれていない。



○「スリーピングタイト 白肌の美女の異常な夜」(2011/西) ◆60点
◆原題「Mientras duermes」 ◆読み:すりーぴんぐたいとしらはだのびじょのいじょうなよる ◆鑑賞日2013/03/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/02
◆マンションの住人の部屋。女性と一緒に寝ていた男が早朝に目覚め管理人の仕事にとりかかる。男は毎夜、ベッド下に潜み彼女が寝静まった時に薬を嗅がせていた
◆出演ルイス・トサル/マルタ・エトゥラ/アルベルト・サン・フアン ◆監督ジャウマ・バラゲロ
◆公式:http://www.albatros-film.com/dvd/sleeptight
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=pJFXlyd9JwM

ストーカーサスペンス。純愛じゃなく「嫌がらせ」が目的。大量ゴキブリシーンで悶絶。
「トーク・トゥ・ハー」のテーマを真逆にしたパチモン。女優さんの笑顔が素敵。
少女が唯一の救いの天使だったんだが、鑑賞後は気分最悪。子供にインターネットはやらせるなってのは伝わった。



○「マーガレット」(2011/米) ◆70点
◆原題「Margaret」 ◆読み:まーがれっと ◆鑑賞日2013/03/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/02
◆女子高校生は他人の答えをテストに書き先生に注意される。その後、欲しかったカウボーイハットをかぶるバスの運転手の気を引いたためにバスが歩行者を轢き殺す
◆出演アンナ・パキン/J・スミス・キャメロン/ジーニー・バーリン ◆監督ケネス・ロナーガン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13458
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=POPLzI40Uiw

世の中は自分中心に回っていると思い込む女子高校生が、人生初めての敗北を経験し社会に足を踏み入れるドラマ。
社会は多種多様な思想で構成されており、自分本位などが悪いのか、正しいのかは断言できない。
思春期の若者は、知り得た事象全てを正当化し、自分の独創とする傾向にあるとも言っていました。



×「裏切りのサーカス」(2011/英=仏=独) ◆10点
◆原題「Tinker Tailor Soldier Spy」 ◆読み:うらぎりのさーかす ◆鑑賞日2013/03/24 ◆レンタルBD ◆発売日2012/11/02
◆東西冷戦下。イギリスのMI6の幹部に、ソ連のKGBが送り込んだ二重スパイがいる。元MI6幹部の男はそれが誰なのか、調査を依頼される
◆出演ゲイリー・オールドマン/トム・ハーディ/ベネディクト・カンバーバッチ ◆監督トーマス・アルフレッドソン
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/682
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Aco15ScXCwA

頭が悪いと何が何だか分からなくなり、途中でどうでもよくなるドラマ。
誰が何の目的で動いているのか分からない。名前を言われても誰が誰なのか全く分からない。
結局、何が言いたいのかテーマがさっぱり分からない。捜し当てられて良かったってだけの話か?



△「フローズン・ライター」(2011/加) ◆30点
◆原題「Below Zero」 ◆読み:ふろーずんらいたー ◆鑑賞日2013/03/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/02
◆ホラー映画の脚本家の男は脚本を仕上げるために田舎の精肉工場の冷凍庫を借りる。管理人の女性とその子供と共に車で現地に向かうが…
◆出演エドワード・ファーロング/クリスティン・ブース/マイケル・ベリーマン ◆監督ジャスティン・トーマス・オステンセン
◆公式:http://www.klockworx.com/dvd/dvd_1286.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TWnNEsR7pOE

仕事ができない能無しは、勝手に自分だけ助かる妄想をしながら死ねと言っているサスペンス。
主人公が考える作り話のホラーを終始映像化しているだけで、一切現実が無く面白くなかった。
最初に死んでいたオチも酷い。「ターミネーター2」で子役だった男優が主役。女優の演技が微妙に良かった。



○「ファミリー・ツリー」(2011/米) ◆70点
◆原題「The Descendants」 ◆読み:ふぁみりーつりー ◆鑑賞日2013/03/23 ◆レンタルBD ◆発売日2012/10/05
◆ハワイ。地元の夫婦は家庭内別居中。ある日、妻がボート事故で昏睡状態に陥ってしまう。夫は長女から妻が浮気をしていたと告げられる
◆出演ジョージ・クルーニー/シェイリーン・ウッドリー/ニック・クラウス ◆監督アレクサンダー・ペイン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13453
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CWHNXJ1K4yA

長年一緒に暮らしてきた夫婦と人生の関係を描くロードムービー風ドラマ。
夫婦の片割れが衰弱し老いて死ぬのを、脳死に置き換えて表現していました。
若造に教えられるなど、ややコメディも入っています。先人を尊ぶ要素もあり。



△「エージェント ID:A」(2011/デンマーク) ◆40点
◆原題「ID:A」 ◆読み:えーじぇんといーだ ◆鑑賞日2013/03/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/10/06
◆頭に怪我をした女性はフランスのある川岸で目覚める。病院にも警察にも行かずに近くの街の宿屋に泊まる。バックには大金と拳銃が入っていた
◆出演ツヴァ・ノヴォトニー/フレミン・イーネヴォル/アルノー・ビナール ◆監督クリスチアン E.クリスチャンセン
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=849468
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HtnuhrbuygM

普通の女性がDV夫から逃げるドラマ。スパイ無し。アクション、サスペンスもほぼ無し。
女性が記憶喪失で、見ている方も中盤まで何がなにやらさっぱり分かりません。
女優の軽い七変化が入っていて、どアップも多く、彼女のプロモーションな感じが強かった。



△「コナン・ザ・バーバリアン」(2011/米) ◆30点
◆原題「Conan the Barbarian」 ◆読み:こなんざばーばりあん ◆鑑賞日2013/03/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/11/02
◆母の死と引き替えに戦場でコナンが生まれる。11年後、妖術使いの妻を蘇らせ世界の王となるために仮面の破片と純血を探す男は、コナンの村を襲う
◆出演ジェイソン・モモア/レイチェル・ニコルズ/ローズ・マッゴーワン ◆監督マーカス・ニスペル
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/1662.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=o1iJZIMddpM

復讐アクション。背景デザインは良い。アクションはジャッキー・チェンっぽい。
仮面をかぶっても直ぐに何も起こらないなど、シナリオの悪さが多々ある。
編集も悪く、何もかもが唐突に進む。ヒロインの悲鳴がうるさくてイライラ。



○「幸福の罪」(2011/チェコ) ◆70点
◆原題「Nevinnost」 ◆読み:こうふくのつみ ◆鑑賞日2013/03/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/10/05
◆リハビリ医の男は卑猥なメールが来たのを妻に見られる。男は患者の少女が送り主だと気付き注意する。その後、少女の性的虐待容疑で逮捕される
◆出演アナ・ガイスレロヴァ/ヒネク・チェルマク/オンドジェイ・ヴェトヒー ◆監督ヤン・フジェベイク
◆公式:http://www.onlyhearts.co.jp/source/movies/nevinnost.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=U2X2AfcEprE

キチガイ女の恋愛観を描くドラマ。ある意味ホラーで怖かった。
痴漢でっち上げ女子高生の更に上を行く自己中心的な女にむかつく。
まあ、男の方も最低だけど。テーマソングの音色が独特で良かった。



△「ゴーストメイカー」(2011/米) ◆30点
◆原題「The Ghostmaker(Box of Shadows)」 ◆読み:ごーすとめいかー ◆鑑賞日2013/03/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/10/03
◆清掃のアルバイトをしている大学生の男は、老女から家の地下室にある棺を捨ててくれと頼まれる。棺を持ち帰り調べると精巧な機械が現れる
◆出演アーロン・ディーン・アイゼンバーグ/J・ウォルター・ホランド/リズ・フェニング ◆監督マウロ・ボレッリ
◆公式:http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=40
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=EbhWyYDgPko

幽体離脱B級青春ホラー。スプラッタ無し。愛の力で死を乗り越えるとかすら無し。
透明人間になって女性を襲う「インビジブル」っぽい内容をダラダラ展開。
ヒロインが可愛くもなく、綺麗でもなく、巨乳でもないのが最大の欠点。



×「キラー・エリート」(2011/オーストラリア=米) ◆20点
◆原題「Killer Elite」 ◆読み:きらーえりーと ◆鑑賞日2013/03/17 ◆レンタルBD ◆発売日2012/10/03
◆殺し屋の男はリムジン内の標的を射殺したが、少年が同乗していて躊躇し撃たれ引退する。ある日、相棒が仕事に失敗し拉致されたことを知る
◆出演ジェイソン・ステイサム/クライヴ・オーウェン/ロバート・デ・ニーロ ◆監督ゲイリー・マッケンドリー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13175
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_-Z6gp1_1aI

引退した殺し屋が友人を助けるために復讐を肩代わりするドラマ色が強いアクション。
殺しの負の連鎖を断ち切ろうと奮闘する内容だと思われるが、まとまりがなかった。
上映時間が異常に長く退屈。女性との関係が後から付け足したような感じ。



△「フェイシズ」(2011/米=仏=加) ◆30点
◆原題「Faces in the Crowd」 ◆読み:ふぇいしず ◆鑑賞日2013/03/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/10/02
◆女性の首をカミソリで切り泣く連続殺人が発生。女性教師は殺害現場を目撃。犯人に追いかけられ川に落ちて、人の顔が見る度に変わる病気になる
◆出演ミラ・ジョヴォヴィッチ/ジュリアン・マクマホン/デヴィッド・アトラッキ ◆監督ジュリアン・マニャ
◆公式:http://www.nikkatsu.com/package/1659.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eqU6xlD6fbA

現代人は個性がないことと、表情では内面が理解できないことを描く犯人捜しドラマ。
顔(役者)が変わっているのかいないのか、話のキモなのに異常に分かりにくい。
すごいダラダラ展開で退屈。犯人に意外性が無い。刑事が唐突に髭を剃ったのが謎。



○「ブレイクアウト」(2011/米) ◆60点
◆原題「Trespass」 ◆読み:ぶれいくあうと ◆鑑賞日2013/03/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/10/03
◆豪邸に住むダイヤモンドディーラーの男。妻とはよそよそしいムード。娘はパーティで家を抜け出る。保安官が訪れ警報を解除するが覆面強盗だった
◆出演ニコラス・ケイジ/ニコール・キッドマン/カム・ジガンデイ ◆監督ジョエル・シューマカー
◆公式:http://www.klockworx.com/dvd/dvd_826.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=1rolBdc_mjs

家族の信頼がテーマのサスペンス。適度なハラハラ感あり。ちょっと告解や自己犠牲入ってます。
大男が何故倒れたのか分からないなど見せ方が悪いシーンがあり、それが目立っていた。
本当の悪人(利己欲の亡者)にくだるラストの罰が、結構好きなパターンで良かった。



○「HELL」(2011/独=スイス) ◆60点
◆原題「Hell」 ◆読み:へる ◆鑑賞日2013/03/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/09/05
◆2016年地球。太陽の異常で温度が上昇し文明は崩壊。男と若い姉妹は車で希望を求め走っていた。ガソリンが無いため荒廃したスタンドに寄るが…
◆出演ハンナ・ヘルツシュプルング/ラース・アイディンガー/スタイプ・エルツェッグ ◆監督ティム・フェールバウム
◆公式:http://www.albatros-film.com/dvd/hell
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HE4iomYHF7c

妹を守る姉の奮闘を描くサバイバルに重点を置いたホラー。
スプラッタは無し。それとなく描いているけど人肉喰いあり。
まともな作りだが、「クライモリ」や「テキサス・チェーンソー」と展開的に同じ。



△「アナザーワールド VERBO」(2011/西) ◆40点
◆原題「Verbo」 ◆読み:あなざーわーるどべるぼ ◆鑑賞日2013/03/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆街中の至る所に描かれた「リリコ」の文字とスプレーアート。女の子は作者を捜していた。学校では先生に宿題の本を読んでいないことを注意される
◆出演アルバ・ガルシア/ピーター・ペラルタ/ミゲル・アンヘル・シルヴェストレ ◆監督エドゥアルド・チャペロ・ジャクソン
◆公式:http://www.ayapro.co.jp/products/detail.php?product_id=31
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cn00V8d39dA

何もかもが無意味に感じている思春期の女の子の妄想+青春ドラマ。
アニメのキャラに励まされ、自分自身で勝手に納得し自殺を思いとどまるお話。
自殺まで追い込まれている理由が不可解。SFではありませんでした。



◎「おおかみこどもの雨と雪」(2012/日) ◆100点
◆原題「The Wolf Children Ame and Yuki」 ◆読み:おおかみこどものあめとゆき ◆鑑賞日2013/03/09 ◆レンタルBD ◆発売日2013/02/20
◆大学生の女性は父子家庭に育つが、高校生の時に父親を亡くしアパートで一人住まい。一目惚れした男性が狼男と知るも結ばれ二人の子供を授かる
◆出演宮崎あおい/大沢たかお/黒木華/大野百花/西井幸人/加部亜門 ◆監督細田守
◆公式:http://www.vap.co.jp/ookamikodomo/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=vTj1-Bu4PWE

環境に感化され成長する子供を通じて人生の意義を知るアニメ。
とーちゃん、かーちゃん、ありがとうと心底思える感動作。
我が子が自ら選択した道を歩いていくことの誇らしさも得られます。



△「ヴァルハラ・ライジング」(2009/英=デンマーク) ◆40点
◆原題「Valhalla Rising」 ◆読み:う゛ぁるはららいじんぐ ◆鑑賞日2013/03/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/09/14
◆殺風景な岩山の地で、独眼の奴隷戦士は賭け格闘させられていた。ある日、川での行水中に矢尻を見つけ縄を解き脱出。世話係の少年と旅をするが…
◆出演マッツ・ミケルセン/マールテン・スティーヴンソン/ユアン・スチュワート ◆監督ニコラス・ウィンディング・レフン
◆公式:http://comstockgroup.jp/archives/sakuhin02.html#valhalla
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=dQgoGccHJD4

ヴァルハラとニヴルヘイムの狭間をさ迷う死者たちのロードムービー。北欧神話が題材。
戦いに明け暮れる者に名誉などは無い。家で家族と過ごすことが救いとなると言っていました。
山やら水やら森やらの風景を映し長い間を取る手法で清閑さを表現。それが途中から飽きてくる。



○「ドライヴ」(2011/米) ◆80点
◆原題「Drive」 ◆読み:どらいう゛ ◆鑑賞日2013/03/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/09/19
◆車で強盗の逃走を請け負う男は、車の修理工場で働き、カーアクションのスタントマンのバイトもしていた。ある日、子連れの女性と知り合う
◆出演ライアン・ゴズリング/キャリー・マリガン/ブライアン・クランストン ◆監督ニコラス・ウィンディング・レフン
◆公式:http://www.vap.co.jp/goods/1361936193823/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=CWX34ShfcsE

純愛クライムサスペンス。車の運転シーンで感情が伝わってくるのがすごい。
彼女のそばに居るだけで幸せとか、彼女の幸せを一番に願うってのが良い。
鑑賞直後に車を運転すると主人公になりきれるのでお勧め。挿入歌が微妙。



△「アニマル・キングダム」(2010/オーストラリア) ◆30点
◆原題「Animal Kingdom」 ◆読み:あにまるきんぐだむ ◆鑑賞日2013/03/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/09/07
◆17歳の男子は母が麻薬の過剰摂取で死亡。疎遠だった祖母の所に行く。そこは警察にマークされている犯罪者の叔父3人が出入りしていた
◆出演ジェームズ・フレッシュヴィル/ジャッキー・ウィーヴァー/ガイ・ピアース ◆監督デヴィッド・ミショッド
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_246.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YNszOl14AWg

異常なまでに警察に怯える犯罪者一家を描くドラマ。終始メリハリの無い展開で退屈。
もしかしたら小心者の犯罪者一家の滑稽さをまじめに描くコメディだったのかも。
主人公の無気力を極度に描いてたのに、彼女が死んだぐらいで感情が高ぶるってのが嘘くさい。



△「シンクロ」(2011/米) ◆30点
◆原題「Recreator」 ◆読み:しんくろ ◆鑑賞日2013/03/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/09/07
◆汚水溜めから生まれた何かに襲われる夫婦。ある日、男女3人は島のキャンプ場にやってきた。女が用を足すために近くの家を訪ねるが誰もいない
◆出演ステラ・メイヴ/アレクサンダー・ナイフォン/ジャマル・マロリー=マックリー ◆監督グレゴリー・オア
◆公式:http://comstockgroup.jp/archives/mo_shinkuro.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=AHf4ww8OGdk

ややホラーなB級青春サスペンス。おまえらはうんこ以下の存在だと言っていました。
スプラッタやビックリ無し。ドッペルゲンガーのお話かと思ってたらクローンでした。
展開的にも映像的にも面白くなかった。切れ長の目の女優ステラ・メイヴがいい感じ。



△「マンク 破戒僧」(2011/仏=西) ◆40点
◆原題「Le moine(The Monk)」 ◆読み:まんくはかいそう ◆鑑賞日2013/03/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/09/07
◆17世紀スペイン。修道院の前に捨てられた肩にアザのある赤ん坊は優秀な僧に成長。ある日、火傷で仮面をかぶった者が修道士になりたいと訪れる
◆出演ヴァンサン・カッセル/デボラ・フランソワ/ジョセフィーヌ・ジャピ ◆監督ドミニク・モル
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/lemoine/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=JyYJICRK6Ps

神官の愛慾を描くペルソナドラマ。悪魔と契約して悪の限りを尽くす神官ではありませんでした。
全体的に変なオシャレ感をかもし出していて、せっかくの題材を殺していました。
ストーリーの組み立ても悪く、近親相姦が容易に予見できたのも難点でした。自己犠牲で完結も残念。



×「アイ・ソウ・ザ・デビル〜目撃者〜」(2011/米) ◆20点
◆原題「Beneath the Darkness」 ◆読み:あいそうざでびるもくげきしゃ ◆鑑賞日2013/02/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/24
◆夜中に犬の散歩をしている男を銃で脅し、墓地で墓を掘らせ生き埋めにする葬儀屋の男。数年後、若者たちは真夜中に葬儀屋の男の家を除くが…
◆出演トニー・オーラー/エイミー・ティーガーデン/デニス・クエイド ◆監督:マーティン・グイギー
◆公式:http://www.earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262281703
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=39BP5sQDQnA

軽い青春要素に、隣人が殺人者ってよくある話をとってつけたB級ホラー。
ホラー色が超薄い。デニス・クエイドが演じる殺人者が全く怖くなく失敗。
死んだ姉関係が意味不明。警察から逃げるシーンなど、しょぼい演出の連続。



○「ブレーキ」(2012/米) ◆70点
◆原題「Brake」 ◆読み:ぶれーき ◆鑑賞日2013/02/24 ◆レンタルBD ◆発売日2012/09/05
◆男が意識を戻すと強化プラスチックの箱の中に監禁されていた。目の前のデジタル時計がカウントダウン。その時、中にあった無線機から声がする
◆出演スティーヴン・ドーフカイラー・リー/トム・ベレンジャー ◆監督ゲイブ・トーレス
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2012/post-109.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VmJL8YX0TYU

国を愛する男の顛末を描く一人芝居サスペンス。音が重要なファクターだった。
こんなに聞き耳を立てて見た映画って久しぶりで良かった。警察車両なのに職務質問が謎。
途中で予想できるオチなんだが、キスの後は必要なかったな。もったいない。



△「ヒューゴの不思議な発明」(2011/米) ◆40点
◆原題「Hugo」 ◆読み:ひゅーごのふしぎなはつめい ◆鑑賞日2013/02/23 ◆レンタルBD ◆発売日2012/08/24
◆父を火事で亡くした少年は駅の時計台に隠れ住み、パンなどを盗み暮らしていた。ある日、ネズミの玩具を盗もうとして店員のお爺さんに捕まる
◆出演クロエ・グレース・モレッツ/エイサ・バターフィールド/ベン・キングズレー ◆監督マーティン・スコセッシ
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=8277
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=hR-kP-olcpM

映画製作者を褒め称える自画自賛ドラマ。映画が題材の映画はつまらない法則が発動。間が仏映画風。
父親の死が運命の出会いに導くなど、この世の事象には必ず意味があるってことも言っていました。
クロエちゃんが少年を完全に食っていて、少年のことなどどうでもよくなるのが最大の欠点。



×「キリング・ショット」(2011/米) ◆10点
◆原題「Catch .44」 ◆読み:きりんぐしょっと ◆鑑賞日2013/02/23 ◆レンタルBD ◆発売日2012/09/05
◆場末のダイナーで世間話をする若い女3人は、急に銃を取り出し店員や客に怒鳴りつける。が、女の一人が店員にショットガンで撃たれ死ぬ
◆出演マリン・アッカーマン/フォレスト・ウィテカー/ブルース・ウィリス ◆監督アーロン・ハーヴィー
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13815&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GE2CV47Hc7c

犯罪者たちが三すくみになる内容無しドラマ。アクションなし。
オチを最初に見せるという馬鹿しかやらないことをやってた。
5分で完結する話を無駄なカットで長くしましたって感じ。



×「ザ・スクリーミング 連・鎖・絶・叫」(2010/米) ◆20点
◆原題「Forget Me Not」 ◆読み:ざすくりーみんぐれんさぜっきょう ◆鑑賞日2013/02/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆高校卒業を間近に控えた男女7人の幼なじみの親友たち。夜のパーティで子供の頃に墓場で遊んだ鬼ごっこの話になり、刺激を求めてやってみるが…
◆出演カーリー・シュローダー/コディ・リンリー/ザカリー・エイベル ◆監督タイラー・オリバー
◆公式:http://www.eclipse-movie.co.jp/title/forgetmenot.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Sfj7a5GfyoY

友達を裏切ると必ず報いを受けることを描くB級青春ホラー。
くだらない若者の情事が90%を占めていてイライラ。
ホラー部分はアゴが外れたゾンビがカクカク動くだけで全く怖くない。



○「ディア・ブラザー」(2010/米) ◆70点
◆原題「Conviction」 ◆読み:でぃあぶらざー ◆鑑賞日2013/02/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/17
◆殺人の罪で終身刑を言い渡された兄の無実をただひとり信じる妹は、有能な弁護士を雇い上告する金もないため、自らが弁護士資格を取る決意をする
◆出演ヒラリー・スワンク/サム・ロックウェル/ミニー・ドライバー ◆監督トニー・ゴールドウィン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13279
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=NrPtr0aQx3s

冤罪は許せないと実感できる実話兄妹愛ドラマ。素晴らしい人生観をメインに描いていました。
他人の人生を利己益で奪う警察、検察、裁判官などは人間のクズって言っていました。
18年間(!)を足早に描いているので、やや消化不良なところがある。娘との再会は泣けた。



△「NITRO ニトロ」(2010/アルゼンチン) ◆30点
◆原題「Sudor Frio (Cold Sweat) 」 ◆読み:にとろ ◆鑑賞日2013/02/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆チャットで知り合った金髪の男に会うと言う元恋人を追って、金髪の男の家を訪ねる男と女友達。老人がニトログリセリンで女性を拷問していた
◆出演ファンクンド・エスピノーサ/マリーナ・グレセル/カミラ・ベラスコ ◆監督アドリアン・ガルシア・ボグリアーノ
◆公式:http://www.albatros-film.com/dvd/nitr
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=KJYaERKowzg

グダグダ昔のことを未だに言っている年寄りは死ねと訴えるB級アホホラーサスペンス。おっぱいあり。
ジェルを塗りまくった女のエロ描写をやりたかっただけの駄作。しかも、その女性が一番のぶさいく。
最初の美人の女性が、なんで爆発したかもきちんと描けていないお粗末さ。全員の行動につっこみまくり。



○「デビル・ストレンジャー」(2012/米) ◆60点
◆原題「Meeting Evil」 ◆読み:でびるすとれんじゃー ◆鑑賞日2013/02/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/08
◆ほぼ無一文になった妻子ある男の家に、エンストした車を押してくれと謎の男が現れる。マフラーがバーストし足に怪我をして病院に向かう
◆出演ルーク・ウィルソン/サミュエル・L・ジャクソン/ペイトン・リスト ◆監督クリス・フィッシャー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=OPL-80230
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=C3zbfAafQ40

リーマンの内に秘めたうっぷんを描くロードムービー風犯罪者同行サスペンス。
中途半端に二重人格っぽい感じで展開するのがもったいなかった。
登場人物が全て糞な奴らなためか、浮気相手の女性が天使に見え胸きゅんです。



△「崖っぷちの男」(2012/米) ◆40点
◆原題「Man on a Ledge」 ◆読み:がっけぷちのおとこ ◆鑑賞日2013/02/11 ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/23
◆警官は懲役25年の刑を受ける。父が亡くなり埋葬に立ち合えた時に逃げる。そしてNYのホテルの21階から飛び降り自殺をしようとするが…
◆出演サム・ワーシントン/エリザベス・バンクス/エド・ハリス ◆監督アスガー・レス
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1153&pid=30000000003327
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YWSdm4K-9_0

悪いお金持ちに復讐する泥棒サスペンス。
何もかも都合良く事が運ぶ展開に苦笑。
ド素人一家が計画犯罪するって無理がありすぎる。



○「デンジャラス・ラン」(2012/米) ◆60点
◆原題「Safe House」 ◆読み:でんじゃらすらん ◆鑑賞日2013/02/11 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/19
◆南アフリカにあるCIAの極秘施設の管理を任された新米職員は退屈な仕事に不満を募らせていた。ある日、CIAを裏切った男が連れてこられる
◆出演ライアン・レイノルズ/デンゼル・ワシントン/ブレンダン・グリーソン ◆監督ダニエル・エスピノーサ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18723
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=1IfQY4fNcnw

腐ったミカンがあるとみんな腐っていくことを描くCIAサスペンス・アクション。
途中まで後輩が、先輩から人生を学ぶロードムービー風で良かった。
その後は展開が定番すぎて新味がなかった。黒幕が主人公を殺さないのが謎。



△「テイク・シェルター」(2011/米) ◆30点
◆原題「Take Shelter」 ◆読み:ていくしぇるたー ◆鑑賞日2013/02/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/02
◆妻と耳の不自由な娘と幸せに暮らす男は、巨大な嵐の悪夢を見て目覚める。その日から毎日悪夢を見るようになった男は妻には内緒で医者に行く
◆出演マイケル・シャノン/ジェシカ・チャステイン/シェー・ウィガム ◆監督ジェフ・ニコルズ
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=812797
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=I5U4TtYpKIc

悪夢を見る男と、その家族の絆と救いを描くドラマ色が強いホラー。
男の娘を守る気持ちと、妻の夫への愛を地味に描いていました。
夢は予言か、病気かってことを、延々とあやふやにしていて面白み無し。



×「キリング・フィールズ 失踪地帯」(2011/米) ◆20点
◆原題「Texas Killing Fields」 ◆読み:きりんぐふぃーるずしっそうちたい ◆鑑賞日2013/02/10 ◆レンタルBD ◆発売日2012/08/03
◆NYから転属してきた刑事と地元の相棒は街中で少女の死体が発見され駆けつける。一方、刑事で相棒の元妻が違う事件を手助けしてくれと電話する
◆出演サム・ワーシントン/ジェフリー・ディーン・モーガン/クロエ・グレース・モレッツ ◆監督アミ・カナーン・マン
◆公式:http://mid-ship.co.jp/dvd/suspense/Killing%20Fields/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=sfM4AeFi2xw

少女殺人事件の犯人を捜す刑事のドラマ。アクション、サスペンス無しで退屈。
刑事の犯人を許せない正義感や、苦悩の描き方がすごい弱い。犯人にひねりもない。
刑事があの少女だけを特別扱いする理由が謎。刑事が母親を危険にするってあり得ない。



△「インキーパーズ」(2011/米) ◆50点
◆原題「The Innkeepers」 ◆読み:いんきーばーず ◆鑑賞日2013/02/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆一週間後に閉館するホテルでは従業員の男女二人だけが働いていた。客は二組。従業員は、大昔にホテルで殺された女の声を録音しようとするが…
◆出演サラ・パクストン/パット・ヒーリー/ケリー・マクギリス ◆監督タイ・ウエスト
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_245.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=endLt6cX0fk

B級コメディ+ホラー。軽いコントが90%を占めていて、ある意味新鮮だった。
ヒロインが天然系の元気な女の人って感じなのが良かった。が、中盤には飽きてきた。
ラスト5分だけはちょっとビックリ怖かった。おばさんが仏教を説いていたけど無関係だな。



△「7デイズ」(2010/米) ◆40点
◆原題「Inhale」 ◆読み:せぶんでいず ◆鑑賞日2013/02/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆検事の娘は肺の病気で余命幾ばくもなく移植手術が必要だった。検事は政治家から違法に臓器移植の手術をした話を聞き、メキシコでその医者を探す
◆出演ダーモット・マロニー/ダイアン・クルーガー/クリスティアン・フェレール ◆監督バルタザール・コルマウクル
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2012/post-107.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=PMzJx3Pl2Fs

人としての尊厳を描く臓器売買ドラマ。ラストで娘を救ったのが良かった。
アクションもなく、娘の容体描写と医者を捜すことだけを延々とやっているので退屈。
中盤で何が起こるか予想できるのも難点。親しくなった子供が臓器提供者じゃないってのがしっくりこない。



×「ザ・トーナメント」(2009/英) ◆10点
◆原題「The Tournament」 ◆読み:ざとーなめんと ◆鑑賞日2013/02/03 ◆レンタルBD ◆発売日2012/07/06
◆世界中の殺し屋たちを集結させ戦わせ、最後に生き残った者に多額の賞金を出す、お金持ちのための賭け事イベントが7年ぶりに開催された
◆出演ケリー・フー/ロバート・カーライル/ヴィング・レイムス ◆監督スコット・マン
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/12/IS12_0673/IS12_0673.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=i8NDAxGsfK8

殺し屋たちが市街地で殺し合う内容無しアクション。
格闘、銃撃戦、カーアクションはどれも特徴無し。
女のくだらない言い訳とか、グダグダなラストとか最悪。



△「預言者」(2009/仏=伊) ◆30点
◆原題「A Prophet」 ◆読み:よげんしゃ ◆鑑賞日2013/02/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/07/06
◆アラブ系青年が禁固6年の判決を受け中央刑務所に収監される。ある日、青年は刑務所内の最大勢力のボスから囚人の1人を殺すよう依頼される
◆出演タハール・ラヒム/ニエル・アレストリュプ/ヒシャーム・ヤクビ ◆監督ジャック・オディアール
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_242.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=yxbOnIbQfYc

無学の青年が大人から見て学び成長する刑務所ドラマ。
地味なサクセスストーリーで、上映時間が無駄に長く疲れた。
青年のカリスマ性の描き方が弱いので、惚れ惚れできない。



△「おとなのけんか」(2011/仏=独=ポーランド=西) ◆50点
◆原題「Carnage」 ◆読み:おとなけんか ◆鑑賞日2013/02/02 ◆レンタルBD ◆発売日2012/07/11
◆11歳の子供が友達を木の棒で殴り歯を折った事件で、話し合いのため被害者の家に集まった2組の夫婦。残り物のデザートを振る舞うが…
◆出演ジョディ・フォスター/ケイト・ウィンスレット/クリストフ・ヴァルツ/ジョン・C・ライリー ◆監督ロマン・ポランスキー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80228
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ZPX6-4Bo7XU

人生最良の日を描く、2組の夫婦の言い争いコメディ・ドラマ。
何もかもぶちまけて日頃のうっぷんを晴らすとスッキリするってお話。
笑いの部分は「うんこ」と言っただけで大喜びする子供のそれと同レベル。



△「END エンド」(2011/独) ◆30点
◆原題「Extinction: The G.M.O. Chronicles」 ◆読み:えんど ◆鑑賞日2013/02/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/07/27
◆人間たちが突然ゾンビ化した世界。自分が唯一の生き残りだと言い、銃を自分に突きつけ、ためらう男はパソコンでメッセージを録画していた
◆出演ダニエル・ブーダー/ルイーザ・バー/トビアス・カイ ◆監督ニキ・ドロズドフスキ
◆公式:http://mid-ship.co.jp/dvd/action/end/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GNmBtN_9G0M

家族は安らぎを与えてくれることを描くB級ゾンビドラマ。大根役者がチラホラ居てイライラ。
全てが使い古された題材で構成。他人が家族になる中盤あたりの雰囲気だけがマシだった。
ゾンビのシーンより、どうでもいい人間の会話シーンが大半を占め、最後まで見るのが辛かった。



△「グッド・ドクター 禁断のカルテ」(2010/米) ◆50点
◆原題「The Good Doctor」 ◆読み:ぐっどどくたーきんだんのかるて ◆鑑賞日2013/01/27 ◆レンタルBD ◆発売日2012/07/04
◆新人の研修医の指示で看護師が男性患者に注射するとアレルギー反応がでる。そんな折り、研修医は感染症の若い女性を担当することになるが…
◆出演オーランド・ブルーム/タラジ・P・ヘンソン/マイケル・ペーニャ ◆監督ランス・デイリー
◆公式:http://avexnet.jp/id/goodd/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=z18YwOhnpyw

頼れる人が誰もいない新境地で不安になった青年が悪ふざけをするドラマ。ややサスペンスあり。
「トーク・トゥ・ハー」のような愛情ものじゃなくて、かまってちゃんのお話でした。
寂しい年寄りの万引きの感情に近い感じか。オーランド・ブルームの無表情さが作風に合っていた。



△「顔のないスパイ」(2011/米) ◆40点
◆原題「The Double」 ◆読み:かおのないすぱい ◆鑑賞日2013/01/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/07/04
◆FBIに監視されていた上院議員が首を切られ殺害される。CIAが事件を担当。その手口は既に死んだロシアのスパイ“カシウス”のものだった
◆出演リチャード・ギア/トファー・グレイス/マーティン・シーン ◆監督マイケル・ブラント
◆公式:http://www.klockworx.com/dvd/dvd_823.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=pKRKoZIjiFk

愛する家族の存在により、考え方や行動などが何もかも変わることを描くアクション。
テーマは悪くなかった。が、序盤で“あること”が判明した所が面白さの頂点でした。
その後は終盤まで主人公の人物像を曖昧にして無駄に引っ張っていたのがもったいなかった。



×「トータル・リコール」(2012/米) ◆10点
◆原題「Total Recall」 ◆読み:とーたるりこーる ◆鑑賞日2013/01/26 ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/09
◆大気汚染で地球の両端にしか住めなくなった近未来。男は妻とは別の女性の夢を見る。そんな折り、脳内で様々な事を体験できるリコール社を訪れる
◆出演コリン・ファレル/ケイト・ベッキンセイル/ジェシカ・ビール ◆監督レン・ワイズマン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRLL-80248
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=sWMhADqlPYg

ひたすら移動するだけの糞SFアクション。最後まで目的があやふやなのが駄目。特権階級の支配感や、ラストの解放感がみじんも無い。
火星とエイリアンと言う一番面白い要素を無くしてどうする。街が中国風+多言語氾濫や、キューブ、道路、無重力など全編が他映画のパクリ。
同僚の説得シーンの確信感とか、偉い人がプロの主人公と格闘する必然性とか、元妻が主人公をさっさと殺さないとか、もう最悪の連続。



△「カージャック」(2011/米) ◆30点
◆原題「Carjacked」 ◆読み:かーじゃっく ◆鑑賞日2013/01/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/06/22
◆自己啓発サークルでシングルマザーは「ドジっ娘」だと告白する。8歳の息子とガソリンスタンドに寄るが、車に戻ると見知らぬ男が乗っていた
◆出演マリア・ベロ/スティーヴン・ドーフ/コナー・ヒル ◆監督ジョン・ボニート
◆公式:http://www.earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262281604
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VOQqmHzVOPs

虐待されて育った女性の本性が現れるB級サスペンス。
中盤まで男と女のロードムービー風。その後がつっこみどころ満載。
女が金のために殺人鬼になる終盤の支離滅裂なアクション展開に苦笑。



△「ルルドの泉で」(2009/オーストリア=仏=独) ◆50点
◆原題「Lourdes」 ◆読み:るるどのいずみで ◆鑑賞日2013/01/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆首から下が不随で長年車椅子生活を送ってきた女性は、「奇蹟の水が湧き出る」ことで有名な聖地ルルドへのツアーに参加する
◆出演シルビー・テステュー/レア・セドゥ/ジレット・バルビエ ◆監督ジェシカ・ハウスナー
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/lourdes/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ejWAPUlRmWo

人間のいやらしさを描く障害者聖地巡礼ドラマ。七つの大罪がテーマ。
主人公も愚かな人間のひとりであり、同じことを心の中でしていて、長期間、罪を犯し続けていた。
神は、主人公の体を動けるようにして、その愚かな行為を一身に受けさせ、罰を与えたと言っていました。



△「LOFT〜完全なる嘘(トリック)〜」(2010/オランダ) ◆30点
◆原題「Loft」 ◆読み:ろふとかんぜんなるとりっく ◆鑑賞日2013/01/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/06/08
◆高級マンションの最上階にあるロフトルームを5人の男たちが秘密の情事部屋として共有。ある日、ベッドに手錠をかけられた女の死体を発見する
◆出演バリー・アトゥスマ/フェジャ・ファン・フェット/イェルーン・ファン・コーニングスブリュッヘ ◆監督アントワネッテ・ベウメル
◆公式:http://www.amuse-s-e.co.jp/movie/release/i.php?__z=2.0.0&_ACTION[search_detail]=1&cont_id=3043
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=DFVC7VMoucw

浮気をした男たちが罰を受けるサスペンスドラマ。主婦が大好きな題材だと思われる。
終盤まで、ひたすら浮気をしたってことを言っているだけなので面白くなかった。
美人な人と、可愛い系の人のおっぱいあり。可愛い系の人と男の妹の容姿が似ていて区別がつかない。



×「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(2011/米) ◆10点
◆原題「The Thing」 ◆読み:ゆうせいからのぶったいえっくすふぁーすとこんたくと ◆鑑賞日2013/01/19 ◆レンタルBD ◆発売日2013/01/09
◆南極のノルウェー観測隊は謎の信号を受信しながら発信地へ行くと地割れがおきる。考古生物学者の女性らが緊急招集され南極へと向かうが…
◆出演メアリー・エリザベス・ウィンステッド/ウルリク・トムセン/エリック・クリスチャン・オルセン ◆監督マティス・ヴァン・ヘイニンゲンJr.
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52829/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=UKjErC2JLQc

怪物が襲ってくるから、逃げたり退治しようと必死になる単なる糞B級モンスターパニックに成り下がった。
カーペンター版のテーマは「生存」であり、今作とは真逆。静と動が皆無なのもの嘆かわしい。
怪物は動きも質感も造形も見せ方も最悪。無理矢理感がある強い女性像と、とってつけた宇宙船内部も難点。



○「イントルーダーズ」(2011/米) ◆70点
◆原題「Intruders」 ◆読み:いんとるーだーず ◆鑑賞日2013/01/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆工事中のアパートで何者かに襲われる男の子は母親に助けられたところで目覚める。一方、女の子は父の実家の木の穴から古い手記を見つける
◆出演クライヴ・オーウェン/カリス・ファン・ハウテン/エラ・パーネル ◆監督ファン・カルロス・フレスナディージョ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=19131
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=VAE9OApjBYc

親と子の愛と信頼こそが、自分自身の心の奥底に眠る恐怖から救えることを描くホラーサスペンス。
クトゥルフ神話が題材。襲ってくるのはナイアーラトテップの化身だと思われる。ラストに触手あり。
男の子と女の子の話が同時進行する構成が上手い。カリス・ファン・ハウテンのおっぱいあり。



×「デビル・インサイド」(2012/米) ◆20点
◆原題「The Devil Inside」 ◆読み:でびるいんさいど ◆鑑賞日2013/01/13 ◆レンタルBD ◆発売日2012/07/13
◆女性から「3人を殺害した」との通報が入る。女性は逮捕されるが精神病と診断され入院。20年後、娘が真実を求めドキュメント映画を撮影する
◆出演フェルナンダ・アンドラーデ/サイモン・クォーターマン/エヴァン・ヘルムス ◆監督ウィリアム・ブレント・ベル
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7745
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=OyT7xMPurgw

非公認のエクソシストに同行するだけの内容無しドキュメント風POVホラー。
見所は最初の無数の死体だけ。悪魔払いのホラー性やサスペンス性はほとんどなし。
カメラが異常にぶれすぎる。全員が悪魔に憑依される過程やオチの見せ方も悪い。



△「ペイド・バック」(2010/米) ◆50点
◆原題「The Debt」 ◆読み:ぺいどばっく ◆鑑賞日2013/01/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/03
◆イスラエル諜報部員の3人はナチスで人体実験をしていた産婦人科医を拉致する任務でミスをし射殺。帰国し英雄となる。娘はその本を出版するが…
◆出演ヘレン・ミレン/ジェシカ・チャステイン/サム・ワーシントン ◆監督ジョン・マッデン
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=19129
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=RFp28r9sqUw

罪を告白することで、人生と言う収容所から出られることを描くサスペンスドラマ。
大義名分と称して利己益を求め続ける人間には、必ず天罰が下ると言っていました。
ユダヤ人は子孫も収容所に入りっぱなしの人たちだと、うがった見方もできるので注意。



○「ハンター」(2011/オーストラリア) ◆60点
◆原題「The Hunter」 ◆読み:はんたー ◆鑑賞日2013/01/12 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/08/02
◆ある企業から絶滅種のタスマニアタイガーの血肉採取の依頼をされた男は、研究者として現地へと向かう。滞在先には子供2人と母親が住んでいた
◆出演ウィレム・デフォー/フランシス・オコナー/サム・ニール ◆監督ダニエル・ネットハイム
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54104/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=KgfB9kebFNI

滞在先で自分が孤独だったと悟った男の心境の変化を描く、ある意味ロードムービーなドラマ。
地元民や子供とのコミュニケーション等々が、すごい地味で終盤まで見ているのが辛かった。
が、絶滅種のタスマニアタイガーを仕留める「孤独からの解放」シーンがすごい秀逸だった。



○「プロメテウス」(2012/米) ◆80点
◆原題「Prometheus」 ◆読み:ぷろめてうす ◆鑑賞日2013/01/12 ◆BD ◆発売日2013/01/09
◆ある星で白い人が何かを飲み水に溶け込み生命が誕生する。一転、地球で壁画に描かれた星が発見される。巨大企業が出資し、その星へと向かう
◆出演ノオミ・ラパス/マイケル・ファスベンダー/ローガン・マーシャル=グリーン ◆監督リドリー・スコット
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=13192
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=sftuxbvGwiU

信仰心を描くSFホラーアクション第1弾。全員が白い人を神とは認めていなかったのがミソ。シリーズのいいとこ取りは◎。他映画のオマージュ入りすぎ。
クトゥルフ神話、色即是空・諸行無常の仏教、父と子と聖霊のキリスト教、思惑渦巻くギリシア神話、エジプト神話のデザイン等々全て入っていました。
白い人の創造主は誰か、壁画にあの星が描かれていた理由などを考えると面白い。アンドロイドのデヴィッドが天使的存在なのがカギだと思われる。

監督や脚本家が解説していたこと:
・「エイリアン1」と同じ星か→別の星。「エイリアン1」はLV-426、「プロメテウス」はLV-223
・最初の白い人が溶けた星は→地球かもしれないし、地球じゃないかもしれない
・何故、不用意にヘルメットを外したのか→学者とは誰かが冒険しないと前進しないことを知っている人達だ
・急に別行動し不用意に未知の生命体に接触する二人→エイリアン1の整備士二人を彷彿させた。ホラーのお約束
・容器に入っていたものは何か→人類を滅ぼすためのウィルス。なお、エリザベスの父はエボラウィルスで亡くなっている
・何故、人類を滅ぼそうとしているのか→謎。破壊して再生しようとしているって言ってた
・アンドロイドのデヴィッドが白い人の言語を知っている→旅路で地球上の多数の文明を勉強し理解できるようになった
・デヴィッドが白い人の宇宙船の操作を知っている→白い人のホログラム映像をみて理解した
・デヴィッドが人間にウィルスを飲ませる奇行→冷凍睡眠中のウェイランドと話ができる装置で命令され、人体実験をした
・デヴィッドが人間にウィルスを飲ませ危害をあたえた→巧みに会話で「何でもする」ってことを言わせ、当人に了解させた
・ヴィッカーズ(シャーリーズ・セロン)はアンドロイドか→ワザとあやふやにした。船に潰されたが・・・
・何故、医療装置は男性専用か→ウェイランド専用だから
・何故、ウェイランド役(ガイ・ピアース)に本当の年寄りを使わなかったのか→冷凍睡眠中に若い時の映像を出す予定だったが、撮影されなかった。なお、特典に若いときのスピーチ映像あり
・ホッチキスで縫合って馬鹿か→スコットの実体験。医療用ホッチキスが現実にある。なお、設定では癌もほぼ完治できる世の中になっているので何でもありだと思われる
・子宮内にあったタコみたいなのは何か→最初のフェイスハガー(エイリアン1で顔にへばりついた生物の元祖)
・何故、白い人はデヴィッドを引きちぎったのか→寝起きなのに人間じゃないモノが喋ってきて怒った。寝起きに知らない猿が喋ってきたらって言ってた
・ラストで白い人がヒロインの所にきた理由→宇宙船を壊されたため激怒して生存している人間を探しに来た



×「ダーク・フェアリー」(2011/米=オーストラリア=メキシコ) ◆10点
◆原題「Don't Be Afraid of the Dark」 ◆読み:だーくふぇありー ◆鑑賞日2013/01/12 ◆レンタルBD ◆発売日2012/07/03
◆大昔、屋敷。こびとにさらわれた我が子を助けるため、男は自分と使用人の歯を差し出す。現代、女の子と父と恋人が、その屋敷に越してきた
◆出演ベイリー・マディソン/ケイト・ホームズ/ガイ・ピアース ◆監督トロイ・ニクシー
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52590/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=S0eabwL1Sxg

こびとに子供が襲われるホラー。小規模版「グレムリン」。なんのひねりも無い糞シナリオ。
展開が一本調子。ぶっちゃけて言うと、子役がゴリラ系ですごい不細工なのが駄目。
女の人の過去を描いていないので、なんで子供のために必死になるのか、しっくりこない。



△「幻影師アイゼンハイム」(2006/米=チェコ) ◆30点
◆原題「The Illusionist」 ◆読み:げんえいしあいぜんはいむ ◆鑑賞日2013/01/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/11/07
◆19世紀末。警部は手品師に対し公共秩序妨害で逮捕だと叫ぶ。手品師は子供の頃に公爵令嬢と出会い恋に落ちたが、身分の違いから引き離されていた
◆出演エドワード・ノートン/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル ◆監督ニール・バーガー
◆公式:http://www.geneishi.com/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=SpIK6eqop18

純愛ドラマ。最初に木の所で出合った手品師は天使で、男に魔法を授けた。
最初からモロバレなオチが、さもバレてないかのごとく描いているのが難点。
映画内で手品を披露し、映画内の観客が驚くシーンが大半なのも面白くない。



△「ラスト・ホリデイ」(2006/米) ◆40点
◆原題「Last Holiday」 ◆読み:らすとほりでい ◆鑑賞日2013/01/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2007/09/07
◆デパートで働く黒人の女性は、密かに想っている男性と話をしているときに頭を打って医者に行く。脳内に腫瘍があり余命3週間と診断される
◆出演クイーン・ラティファ/LL・クール・J/ティモシー・ハットン ◆監督ウェイン・ワン
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=2397
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fBUcxMNInL8

お金を使えば使うほど幸せになることを描くハートフル風経済コメディ。
要するに「宝くじは買わないと当たらない」ってことを言っていました。
急に何もかもが好調になるのが馬鹿らしい。笑いも低調。女優がでかい。



△「ステイ」(2005/米) ◆30点
◆原題「Stay」 ◆読み:すてい ◆鑑賞日20 ◆レンタルDVD ◆発売日2006/09/02
◆炎上する自動車をバックに歩く男。画家の彼女がいる精神科医は、その男の代診をすることになり話をする。男は「雹」が降ると言うが…
◆出演ユアン・マクレガー/ライアン・ゴズリング/ナオミ・ワッツ ◆監督マーク・フォースター
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=9980
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=L6GGsl6XUNU

自分自身を救うため妄想で奔走する走馬灯ドラマ。映像がややオシャレっぽい感じがする。
母親から許しを得たり、父を治して得意気になったり都合よすぎな妄想の羅列で意味不明。
仏教の諸行無常をセリフで言ってたけど「あれこれやってもみんな死ぬ」って言いたいだけかも。



○「アメリカン・ホーンティング」(2005/英=加=ルーマニア=米) ◆70点
◆原題「An American Haunting」 ◆読み:あめりかんほーんてぃんぐ ◆鑑賞日2013/01/05 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/07/04
◆1817年。高利貸しの男は裁判で負ける。被害者は魔女との噂がある女性だった。その時から、男の娘の近辺でポルターガイスト現象が起こる
◆出演レイチェル・ハード=ウッド/ドナルド・サザーランド/シシー・スペイセク ◆監督コートニー・ソロモン
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/08/IA08-0492/IA08-0492.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=WxcfXDBqpUQ

悪魔は何食わぬ顔をして身近にいることを描くオカルトホラー。
少女が取り憑かれる系では及第点な出来。オチで不愉快になるので注意。
首が回転するとかの奇抜な派手さは無いが、サスペンス色が強い。



△「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(2011/米) ◆50点
◆原題「Extremely Loud & Incredibly Close」 ◆読み:ものすごくうるさくてありえないほどちかい ◆鑑賞日2012/12/29 ◆レンタルBD ◆発売日2012/06/16
◆9歳の少年は宝石商を営む父を9・11テロで亡くした。ある日、父のクローゼットで花瓶の中から金のカギと「ブラック」の文字を見つけるが…
◆出演トーマス・ホーン/サンドラ・ブロック/マックス・フォン・シドー ◆監督スティーヴン・ダルドリー
◆公式:http://wwws.warnerbros.co.jp/extremelyloudandincrediblyclose/index.html#/home
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Z_quK9SEGYE

9・11テロの被害者家族は他者を敬うことを忘れ、自分を責め続けていると訴えるドラマ。
塞ぎ込まずに誰かに思いの丈をぶちまけろ、そして許しを請えと言ってます(告解しろってこと)。
子供の言動が余りにも直球でキツすぎる。子供だからしようがないってことを利用している。



○「TEST10」(2011/米=加) ◆60点
◆原題「Bloodwork」 ◆読み:てすとてん ◆鑑賞日2012/12/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/07/04
◆大学生の男二人は製薬会社が研究する新薬の被験者として高額アルバイトに応募する。女性研究者は集まった10人に点滴で薬を注入するが…
◆出演トラヴィス・ヴァン・ウィンクル/トリシア・ヘルファー/マーセラ・モンロー ◆監督エリック・ワーセンバーグ
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2012/test10-10.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=QvqxpKDY120

人の本性とは何かを描く、新手のゾンビホラー。
終盤にやっとゾンビ映画って気付く構成が新しい。
ゴキブリ嫌いの人は悶絶するシーンあり。



△「アベンジャーズ」(2012/米) ◆50点
◆原題「The Avengers」 ◆読み:あべんじゃーず ◆鑑賞日2012/12/29 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/19
◆ロキが悪の軍団と地球侵略を企てる。地球では研究施設で四次元キューブが暴走。ワームホールが開きロキが降臨。ホークアイを洗脳しキューブを奪う
◆出演マーク・ラファロ/ロバート・ダウニーJr/スカーレット・ヨハンソン ◆監督ジョス・ウェドン
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1148&pid=30000000003373
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=1hPpG4s3-O4

ヒーローとは、核の抑止力と同義だとのたまうマーベルヒーロー勢揃いアホアクション。
終盤の門が開くまでが、異常にダラダラして退屈。敵が大きいだけの弱いでくの坊で絶望感がない。
各ヒーローの紹介や言い争いなど不必要だから、最初から敵の軍団と戦いまくれよ。



○「ハウス」(2008/米) ◆60点
◆原題「House」 ◆読み:はうす ◆鑑賞日2012/12/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/07/04
◆車中の夫婦は事故車を処理する警察に煽られる。引き返すが地図に載っていない道で鉄の器具を踏みパンクし、助けを求める宿屋へとたどり着く
◆出演レイナルド・ロサレス/ハイディ・ディポルド/マイケル・マドセン ◆監督ロビー・ヘンソン
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/movie/horror/aac-2019.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=7fUf3wyWBWY

娘を亡くした悲しみを乗り越え、夫婦の絆を取り戻すホラー。幽霊系じゃなくて悪魔系。
中盤からの展開がスリリング。ラストも天使効果と「娘は心の中に生き続けている」って感じで良かった。
洋館とかセットが綺麗なんだが、むやみやたらと小道具のカットがあるのがイラっとくる。



○「コクリコ坂から」(2011/日) ◆60点
◆原題「From Up On Poppy Hill」 ◆読み:こくりこざかから ◆鑑賞日2012/12/23 ◆レンタルBD ◆発売日2012/06/20
◆1963年横浜。下宿屋を切り盛りする少女。高校では文化部部室が密集する建物の取り壊し反対運動が起こっていた。1980年漫画の映画化
◆出演長澤まさみ/岡田准一/竹下景子/石田ゆり子/風吹ジュン/内藤剛志 ◆監督宮崎吾朗
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1133&pid=30000000003129
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=c2hBnA-R4uw

現代社会の礎を築いた先人たちを敬うアニメ。メインテーマは人間同士の「絆」。
あなた方の出合いはどれも運命的出会いである。先人たちの絆がその運命へと導いていると言っています。
前面にある「好きな人と一緒になれない」が切なく苦しいが、我々が経験するそれとは異質である。



○「フライトナイト/恐怖の夜」(2011/米) ◆60点
◆原題「Fright Night」 ◆読み:ふらいとないときょうふのよる ◆鑑賞日2012/12/23 ◆レンタルBD ◆発売日2012/06/06
◆母と暮らす学生の家の隣に男が引っ越してきた。イケてる彼女がいる学生はオタク時代の友人が消息不明だと知る。同名映画(1985)のアレンジ
◆出演アントン・イェルチン/コリン・ファレル/イモージェン・プーツ ◆監督クレイグ・ギレスピー
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1130&pid=30000000003068
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=txgGhyjPZGg

ヴァンパイア退治アクションコメディ。青春物だが青春色は薄い。おっぱい無し。オリジナル版は忘却。
カメラアングルが総じてうまい。ラストの対決が良かった。昇天シーンもCG臭いが良かった。
ヴァンパイアが筋肉もりもりのコリン・ファレルってのが一番笑う所なのかも。地下が殺風景で残念。



×「バイオハザード5 リトリビューション」(2012/米) ◆10点
◆原題「Resident Evil: Retribution」 ◆読み:ばいおはざーど5りとりびゅーしょん ◆鑑賞日2012/12/22 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/19
◆船を攻撃されアリスは海に落ちる。難聴の娘、夫と共に幸せに暮らすアリスをゾンビが襲う。アリスはアンブレラ社の施設で半裸状態で目覚める
◆出演ミラ・ジョヴォヴィッチ/シエンナ・ギロリー/ミシェル・ロドリゲス ◆監督ポール・W・S・アンダーソン
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRLL-80249
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fetL5JuKGv4

格闘して、ドンパチやって、格闘するだけの真性の糞。次作のためか、AIの目的すら描かれていない屑の脚本。当然、内容無し。
前作のキャラが総登場するが全てゴミ扱い。パクリの常習犯だが、あからさまに「エイリアン2」をパクるとは思いもしなかった。
原作ゲームはおろか、カプコンブランドをもおとしめ、バイオファンすらも侮辱する存在。カプコンはもうこいつらに作らせるな。



×「ペントハウス」(2011/米) ◆20点
◆原題「Tower Heist」 ◆読み:ぺんとはうす ◆鑑賞日2012/12/22 ◆レンタルBD ◆発売日2012/06/20
◆高級マンションでは多数の従業員が働いている。証券詐欺の容疑で大富豪の男が逮捕される。管理マネージャーは男に全従業員の年金運用を託していた
◆出演ベン・スティラー/エディ・マーフィ/マシュー・ブロデリック ◆監督ブレット・ラトナー
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18785
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Z4KXF7NWFRE

貧乏人たちが結託して、お金持ちから隠し金を盗むコメディ。たぶん「正直者は馬鹿」って言っていると思う。
全キャラに特徴無し、笑い無し、恋愛ほぼ無し、しんみりやハートフル無し、お金持ちを懲らしめる痛快感なし。
万引きを正当化したり、人混みに車で突っ込んだり、笑えない行動が謎。ラストではせめてデブとエディをくっつけさせろよ。



×「キル・リスト」(2011/英) ◆10点
◆原題「Kill List」 ◆読み:きるりすと ◆鑑賞日2012/12/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/06/02
◆8ヶ月も無職の男は生活費が底をつき、妻にやじられる。そんな折り、親友が彼女と会食にやってきて、殺し屋の仕事を復活させる話を持ちかける
◆出演ニール・マスケル/マイケル・スマイリー/マイアンナ・バーリング ◆監督ベン・ウィートリー
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_240.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=aqkqF--v1tg

カルト教団が裏で何かをしているB級殺し屋アクション(アクションはほぼ無しだけど)。
カルト教団の目的や主人公との関係が全く分からない構成。カメラワークなども最悪。
友情と家族の大切さを無理矢理メインにしようとしたため、肝心の話の筋がおろそかになった感じ。



○「ザ・レッジ−12時の死刑台−」(2011/米) ◆80点
◆原題「The Ledge」 ◆読み:ざれっじじゅうにじのしけいだい ◆鑑賞日2012/12/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/06/02
◆ビルの屋上から身を投げ出そうとしている男。自分が子供を授かれない体だと知った刑事が説得を開始。男はある女性との出会いを話しはじめる
◆出演チャーリー・ハナム/リブ・タイラー/テレンス・ハワード ◆監督マシュー・チャップマン
◆公式:http://www.albatros-film.com/?dvd=tleg
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=yezosLR6zLU

今の宗教はペテンであり、政争の具であり、差別をも助長していると訴えるドラマ。やや泣けるシーンあり。
神への祈りなど形式にすぎず何の意味もない。神を愛するのではなく、人を愛することが人としての在り方の根本だ。
主人公を現代のキリストとして描いてました。ラストで全ての人を救っていました。リブ・タイラーのおっぱいあり。



○「ダークナイト ライジング」(2012/米) ◆70点
◆原題「The Dark Knight Rises」 ◆読み:だーくないとらいじんぐ ◆鑑賞日2012/12/15 ◆レンタルBD ◆発売日2012/12/05
◆バットマンが地方検事殺害を偽ってから8年後。大男が飛行機内の核融合科学者を拉致。一方、引きこもるバットマンの屋敷で女がネックレスを盗む
◆出演クリスチャン・ベール/アン・ハサウェイ/ジョセフ・ゴードン=レビット ◆監督クリストファー・ノーラン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13415&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=g8evyE9TuYk

街のために全てを捧げる男を描くヒーローアクション第3弾。今回は聖書色が濃い感じ。
上映時間の長さが気にならない展開。原作主要キャラが総登場するのが良かった。
パターンが前作とほぼ同じで、先が予測しやすいのが難点。ラストにも新味が無い。



×「幸せの行方...」(2010/米) ◆20点
◆原題「All Good Things」 ◆読み:しあわせのゆくえ ◆鑑賞日2012/12/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆ある男の裁判がはじまる。家業を継ぐ気がないNYの不動産王の長男は、配水管修理をするため訪れたアパートの住人の女性と仲良くなる
◆出演ライアン・ゴズリング/キルスティン・ダンスト/フランク・ランジェラ ◆監督アンドリュー・ジャレッキー
◆公式:http://www.nikkatsu.com/movie/detail.html?mid=32373
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=B7_VwoZKPRM

父親をいくら憎んでも、血は受け継いでいることを描くドラマ。男の老人の時のメイクと演技が老人じゃない。
男の心理描写が浅い。憎い父親と同じ事を自分の妻や子供にしてしまう不安感や恐れが伝わってこない。
それが現実になる恐怖が弱い。キルスティン・ダンスト(おっぱいあり)が中盤で居なくなってから、急激につまらなくなった。



○「わらの犬」(2011/米) ◆70点
◆原題「Straw Dogs」 ◆読み:わらのいぬ ◆鑑賞日2012/12/09 ◆レンタルBD ◆発売日2012/04/11
◆脚本家の男は執筆のため妻の故郷の家に二人で滞在する。納屋の修繕を彼女の元彼に頼むが…。サム・ペキンパー監督の同名映画(1971)のリメイク
◆出演ジェームズ・マースデン/ケイト・ボスワース/アレキサンダー・スカルスガルド ◆監督ロッド・ルーリー
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80215
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TCrwSCHC6n8

自業自得を描く暴力ドラマ。ややアクションあり。今のヒーロー映画っぽいアホ要素あり。オリジナルは未見。
終盤までちょっと退屈だが、ラストのアレが思いも寄らないことだったので、すっきりして良かった。
ケイト・ボスワースの乳首出しレイプあり。レイプを誘発した露出は、夫の目の前でしないと無意味だろ。



△「ロンドン・ブルバード ラスト・ボディガード」(2010/英) ◆50点
◆原題「London Boulevard」 ◆読み:ろんどんぶるばーどらすとぼでぃがーど ◆鑑賞日2012/12/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/11
◆刑期を終えて出所した男は、医者から押収した家に住むよう仲間のチンピラに案内される。そんな折り、親友の浮浪者が若者二人に殺される
◆出演コリン・ファレル/キーラ・ナイトレイ/デヴィッド・シューリス ◆監督ウィリアム・モナハン
◆公式:http://avexnet.jp/id/lobou/discography/product/AVXF-49501.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Jil22M_EISU

己の信念を頑なに貫く男の顛末を描くギャングドラマ。死語のパパラッチあり。
人生と言う牢獄から抜けだしたい者達の群像劇でもありました。全体に地味。
シナリオ的に目新しさ無し。ベン・チャップリンが演じる小物ぶりが良かった。



△「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」(2012/米=日) ◆30点
◆原題「Starship Troopers: Invasion」 ◆読み:すたーしっぷとぅるーぱーずいんべいじょん ◆鑑賞日2012/12/08 ◆レンタルBD ◆発売日2012/11/21
◆バグに襲撃された基地から戦略大臣カールが機密とともに戦艦で脱出。女性艦長カルメンは退艦。その後、戦艦は消息を絶ち、将軍リコが探索を命じる
◆出演ルーシー・クリスチャン/デヴィッド・マトランガ/ジャスティン・ドラン ◆監督荒牧伸志
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRS-80240
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=P3823VO9gG8

対エイリアン戦争SFアクションをGCアニメ化。糞の主因はスタッフがほぼ日本人。CGの質はゲームムービー以下。
女の人は全員ゲームのヒロイン顔でリアルじゃない。中高生向けなのか序盤に執拗にCGおっぱいを露出(乳揺れ無し)。
ストーリーはオリジナリティ無し。展開はダラダラ。虫を殺す+人間が死ぬ爽快感なし。地球の防衛機能が皆無で苦笑。



△「クライモリ デッド・ビギニング」(2011/米) ◆40点
◆原題「Wrong Turn 4: Bloody Beginnings」 ◆読み:くらいもりでっどびぎにんぐ ◆鑑賞日2012/12/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆人里離れた山奥にある施設に、近親相姦で生まれた人食いの兄弟3人が監禁されていた。ある日、脱出に成功した彼らが施設内の人々を襲う
◆出演ジェニー・パダヴィック/テニカ・デイヴィス/ケイトリン・ウォン ◆監督デクラン・オブライエン
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12371
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=fulKeIZM2-s

奇形に襲われるB級スプラッターホラー第4弾。今回は病院風隔離施設内が舞台。序盤におっぱいはあるが形式臭い。
映像つーか施設内が中途半端に小綺麗なのがしっくりこない。スプラッターは首が切れるのばかりでいまいち。
奇形に嫌悪感が沸かないのが最大の難点。ドリルをケツの穴につっこむなど性的な悪ふざけが無いのも何か違う感じ。



○「マウス・オブ・マッドネス」(1994/米) ◆80点
◆原題「In the Mouth of Madness」 ◆読み:まうすおぶまっどねす ◆鑑賞日2012/12/02 ◆LD ◆発売日1999/04/25
◆保険詐欺を見抜くフリーの保険調査員の男は、カフェで気が狂った男に襲われる。その後、ある出版社の巨額の保険金請求を調査するが…
◆出演サム・ニール/ジュリー・カーメン/ユルゲン・プロホノフ ◆監督ジョン・カーペンター
◆公式:http://movie.goo.ne.jp/movies/p10942/index.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_PFcOeM_Usk

クトゥルフ神話が題材のホラー・サスペンス。小説は「ネクロノミコン」っぽい。
自分の人生が虚像だと気付かずに価値を見いだそうと躍起になっている人間の滑稽さ。
ジョン・カーペンターのクトゥルフ作品で「遊星からの物体X」に次ぐ秀作。



○「リセット」(2011/米) ◆60点
◆原題「Bringing Up Bobby」 ◆読み:りせっと ◆鑑賞日2012/12/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/18
◆中古車を盗んだ詐欺師の母親と息子は、田舎町の一軒家に引っ越してきた。ある日、スケボーで遊ぶ息子が不動産会社の社長が運転する車にひかれる
◆出演ミラ・ジョヴォヴィッチ/スペンサー・リスト/ビル・プルマン ◆監督ファムケ・ヤンセン
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbe54061/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=w1MfReTtHew

親の愛情は無意味で、親の品行が子供の将来を決定付けることを描くハートフル風ドラマ。
前半はコメディで後半しんみり。ある意味、自己犠牲なんだが、母親にも子供にも救いにはなっていない。
失踪した父親と何が違うのかと言いたいのかも。結局、大人は身勝手だと言っているのかも。



○「デビルズ・ロック ナチス極秘実験」(2011/ニュージーランド) ◆70点
◆原題「The Devil's Rock」 ◆読み:でびるずろっくなちすごくひじっけん ◆鑑賞日2012/12/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆1944年ノルマンディー上陸作戦前夜。ある島の砲台を爆破する任務を遂行する連合軍の兵士2名は、施設で拷問されている声を聞き助けに入る
◆出演ジーナ・ヴァレラ/クレイグ・ホール/マシュー・サンダーランド ◆監督ポール・カンピオン
◆公式:http://www.albatros-film.com/?dvd=dvls
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=XexqijOPUPE

ナチス・ドイツが悪魔(シェイプシフター)を呼び出していたホラー。外観が女版「ヘルボーイ」の悪魔に誘惑されるお話。
はらわたをぶちまけた死体や脳みそとかはあるが動きがなく、スプラッター描写はワンシーンだけで物足りない。
が、悪魔役の美人なおねーちゃんの魅力が半端無くすごい。おっぱいはほぼ無しなのに、すごい妖艶。エロじゃなく妖艶。



△「アメイジング・スパイダーマン」(2012/米) ◆30点
◆原題「The Amazing Spider-Man」 ◆読み:あめいじんぐすぱいだーまん ◆鑑賞日2012/12/01 ◆レンタルBD ◆発売日2012/11/21
◆写真好きの男子高校生。失踪した両親が残したカバンにオズコープ社の極秘書類が残されていた。潜入したオズコープ社で蜘蛛に噛まれるが…
◆出演アンドリュー・ガーフィールド/エマ・ストーン/リス・アイファンズ ◆監督マーク・ウェブ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRL-80246
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=-tnxzJ0SSOw

蜘蛛に噛まれ超人になった青年の青春アクション。サム・ライミ版の足下にも及ばない糞。
怪獣との格闘アクションがメインで大味。恋愛とか、若き故の過ちとか、葛藤に深みがない。
主役とヒロインの俳優自体に魅力が無く致命的。都合良くクレーン工事が多数あって苦笑。



△「スペースシャトル2025」(2010/米) ◆50点
◆原題「Atlantis Down」 ◆読み:すぺーすしゃとる2025 ◆鑑賞日2012/12/01 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆謎の光が宇宙のスペースシャトルに追突。電源が切れ復旧するが異状はない。その直後、乗組員は一人を残して見知らぬ地上へと瞬間移動する
◆出演トラヴィス・クエンティン・ヤング/ケラ・オブライオン/マイケル・ルーカー ◆監督マックス・バルトーリ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/movie/action/adx-1027.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=vFAoniB0kTE

トラウマに打ち勝っても、人生と言う地獄が続くことを描くB級SFサスペンス。
SFによくある定番的な人間のいざこざや、精神論の描き方は悪くなかった。
序盤だけ出るスペースシャトルがすごいCG臭いので、リアリティに欠け損をしていた。



○「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」(2011/独=仏=英) ◆70点
◆原題「The Three Musketeers」 ◆読み:さんじゅうしおうひのくびかざりとだう゛ぃんちのひこうせん ◆鑑賞日2012/11/24 ◆レンタルBD ◆発売日2012/04/20
◆田舎からパリに上京する青年は、馬を侮辱した片目の男に決闘を申し込み銃で撃たれる。トドメを刺されるのを通りかかった女性が制止して助かる
◆出演ローガン・ラーマン/ミラ・ジョヴォヴィッチ/オーランド・ブルーム ◆監督ポール・W・S・アンダーソン
◆公式:http://www.gaga.co.jp/cinemas/detail/639
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=mQd3MwT2fAM

泥棒アクション。展開や映像はウィットに富み、キャラもかなり立っていた。
飛行船対決は「キャプテンハーロック」のアクションを彷彿させ良かった。
面白いんだが、三銃士がモチーフの「ルパン三世」とついつい比較して素直に楽しめない自分。



○「すべてはその朝始まった」(2005/米) ◆60点
◆原題「Derailed」 ◆読み:すべてはそのあさはじまった ◆鑑賞日2012/11/24 ◆レンタルDVD ◆発売日2006/09/21
◆妻と糖尿病の娘と幸せな日々を過ごしていた男は、ある朝、見知らぬ女に電車賃を立て替えてもらう。その女と安ホテルに入るが強盗に襲われる
◆出演クライヴ・オーウェン/ジェニファー・アニストン/ヴァンサン・カッセル ◆監督ミカエル・ハフストローム
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=726&pid=30000000001886
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=RS3sZ6tqx0Y

犯罪者から逃れるためには、自分も犯罪者になるのが近道だと訴えるサスペンス。
ラストがスッキリして良かった。「唇に触れずにキスをする」ってのはキャバクラで使えそうだな。
序盤の出会いの雰囲気からなんとなく展開が読めるのが難点。セットも何となく安っぽい。



×「シャーク・ナイト」(2011/米) ◆20点
◆原題「Shark Night 3D」 ◆読み:じゃーくないと ◆鑑賞日2012/11/23 ◆レンタルBD ◆発売日2012/11/02
◆大学生6人はバカンスで湖畔の島の別荘に来る。水上スキーを楽しむアメフト奨学生の男がサメに襲われ腕が食いちぎられる
◆出演サラ・パクストン/ダスティン・ミリガン/クリス・カーマック ◆監督デヴィッド・R・エリス
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52696/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ULybKyCjhnA

殺人鬼がサメを使って若者を殺すB級ホラー。おっぱい無し。
サメに襲われる恐怖がメインじゃありませんでした。
登場人物紹介やどうでもいい過去話が異常なほど長い



△「ブラッディ・パーティ」(2010/独) ◆40点
◆原題「Wir Sind Die Nacht (We Are The Night)」 ◆読み:ぶらっでぃぱーてぃ ◆鑑賞日2012/11/23 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/03
◆ATMを利用した男の財布をスる保護観察中の女は、警察に追いかけられるが逃げ切る。ある晩、ナイトクラブで鏡に映らない女に首筋を噛まれる
◆出演カロリーネ・ヘルフルト/ニーナ・ホス/マックス・リーメルト ◆監督デニス・ガンセル
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIBF-8129
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=bh7AFPoXvA8

孤独を知っている女性2人が他人に癒しを求めるヴァンパイアドラマ。恋愛はあるが中途半端。
B級感は無く、むしろ映像的にはしっかりしている。が、見せ場等の編集が悪く把握しづらい。
主役の女の人が怖い骸骨猿から可愛いへ変貌するのは良かった。小太りのキャラは必要なし。



×「パニック・フライト」(2005/米) ◆20点
◆原題「Red Eye」 ◆読み:ぱにっくふらいと ◆鑑賞日2012/11/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2006/06/23
◆一流ホテルで働く女性は、葬式の帰りの飛行機が欠航し、空港である男性と知り合う。臨時便に乗ると隣の席にその男性がいた
◆出演レイチェル・マクアダムズ/キリアン・マーフィ/ブライアン・コックス  ◆監督ウェス・クレイブン
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=5830
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=GMMGg_idxqE

ドリームワークスが贈る糞B級低予算サスペンス。VFXなし。
飛行機内なのに閉鎖空間の緊迫感無し。全ての登場人物が終始、マヌケな行動しかしない。
お姉ちゃんの中途半端なお色気で誤魔化すしかないほどの糞シナリオ。



△「ウィンターズ・ボーン」(2010/米) ◆30点
◆原題「Winter's Bone」 ◆読み:うぃんたーずぼーん ◆鑑賞日2012/11/18 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/03
◆幼い弟と妹、心の病んだ母親の世話をする17歳の女性は、麻薬がらみで逮捕され自宅と土地を保釈金の担保にして失踪した父親を探すが…
◆出演ジェニファー・ローレンス/ジョン・ホークス/ローレン・スウィートサー ◆監督デブラ・グラニック
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0048
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=5O8F8JtSVmI

信頼できるのは兄弟だけってことを描くドラッグで生計している身内の貧乏村ドラマ。
糞な世界にも希望はあると言っています。その世界がすごい狭く面白くなかった。
お姉ちゃんの態度が悪すぎる。上から目線でお願いして、相手が折れるの繰り返しが謎。



△「REC/レック3 ジェネシス」(2012/スペイン) ◆30点
◆原題「[REC]3 Genesis」 ◆読み:れっく3じぇねしす ◆鑑賞日2012/11/17 ◆レンタルBD ◆発売日2012/11/02
◆ある教会での結婚式。犬に手を噛まれていた叔父が嘔吐し2階から落ちて女性を噛み会場はパニックになる。厨房に逃げた新郎は新婦を捜すが…
◆出演レティシア・ドレラ/ディエゴ・マルティン/イスマエル・マルティネス ◆監督パコ・プラサ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0057
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=LlzGK2uy7Es

B級ラブロマンスゾンビホラー。「REC」じゃない完全な別物。POVは序盤だけ。
怖さ、笑い、スプラッターは低レベル。序盤の人物紹介が異常に長く退屈。
全シーンがダラダラ。新郎新婦が退場するバージンロードだけが良かった。



○「アンチクライスト」(2009/デンマーク=独=仏=スウェーデン=伊=ポーランド) ◆60点
◆原題「Antichrist」 ◆読み:あんちくらいすと ◆鑑賞日2012/11/17 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/09/07
◆夫婦がセックスをしているときに、幼い息子がマンションから転落死する。深い悲しみで苦しむセラピストの夫は妻のカウンセリングをはじめるが…
◆出演ウィレム・デフォー/シャルロット・ゲンズブール/ストルム・アヘシェ・サルストロ ◆監督ラース・フォン・トリアー
◆公式:http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKIXF-24/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eBdDcQONmkM

女性の深層心理の恐ろしさを描くホラー。「シャイニング」と「ミザリー」にそっくり。
終盤にオカルトホラーへと急に切り替わって、意表をつかれたのが一番面白い要素。
女優シャルロット・ゲンズブールの全裸オナニーなど(観客に対しての)性的虐待が多数ある。



△「ラスト・エクソシズム」(2010/米) ◆50点
◆原題「The Last Exorcism」 ◆読み:らすとえくそしずむ ◆鑑賞日2012/11/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/03/09
◆悪魔祓いを信じないカリスマ牧師は、その犠牲者を無くすため、トリックを暴露する番組を撮影していた。手紙の依頼である農家を訪れるが…
◆出演アシュリー・ベル/パトリック・ファビアン/ルイス・ハーサム ◆監督:ダニエル・スタム
◆公式:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7565
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=9NcYXzZCQsE

POV(手持ちカメラ視点)ホラーサスペンス。ビックリ、怖さは無し。
「REC」と全く同じ瓜二つの構成で、題材もほぼ同じの完全なパクリ。
悪魔の名は「アバラム」。ルシファーの側近の魔神「パイモン」の部下。



△「バリア」(2005/カナダ=チェコ=伊=英) ◆30点
◆原題「Within」 ◆読み:ばりあ ◆鑑賞日2012/11/11 ◆レンタルDVD ◆発売日2007/04/04
◆400年前に城が襲撃され逃げた者が忽然と消える。現代、旅行中の男女4人はバッグを盗られるが奪い返す。バッグには見知らぬ地図が入っていた
◆出演フィオナ・グラスコット/エイミー・パーフェクト/ボヤン・ヴケリッチ ◆監督ジョン・A・カーティス/マーリン・ワード
◆公式:http://www.twanet.jp/shousai/52_bar.htm
◆予告:?

唯一信頼できるのは男同士の友情であると訴える超B級低予算サスペンス。
女は信用できない存在だと言っていました。女優2人は素人ぽっくて良かったけど。
古いAV並の解像度。おっさんを拷問したり、最後におっさんを裏切らないのが謎。



×「メン・イン・ブラック3」(2012/米) ◆20点
◆原題「Men in Black 3」 ◆読み:めんいんぶらっく3 ◆鑑賞日2012/11/10 ◆レンタルBD ◆発売日2012/10/26
◆エージェントKに腕を撃たれ逮捕された凶悪な宇宙人が月の刑務所から脱走し過去のKを消す。JはKを助けるため40年前に行くが…
◆出演ウィル・スミス/トミー・リー・ジョーンズ/ジョシュ・ブローリン ◆監督バリー・ソネンフェルド
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/mib3/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=IyaFEBI_L24

悪い宇宙人を退治するバディムービー第3弾。若き日のKを無理矢理やってる俳優が魅力なく最悪。本人がやってCGで若くしろ。
ストーリー、コメディ、アクション、映像、全てが見所無し。高いところで3Dを強調することだけに心血を注いだだけの駄作。
ラストは、また過去に戻って助けちゃ駄目なのか?。前2作にはあったお遊びの数々が一切無い(地球はちっぽけな存在等々)。



○「デビル 孤高の暗殺者」(2011/コロンビア=メキシコ=米) ◆60点
◆原題「Saluda al diablo de mi parte」 ◆読み:でびるここうのあんさつしゃ ◆鑑賞日2012/11/10 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/27
◆元ゲリラの男は何者かに娘ともども拉致される。車椅子のボスは娘の命と引き換えに、男の昔のゲリラ仲間3人を72時間以内に殺せと要求する
◆出演エドガー・ラミレス/リカルド・ベレス/サルバドール・デル・ソラール ◆監督フアン・フェリペ・オロスコ
◆公式:http://www.amazing-dc.jp/movie/action/adp-8028.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=Yhf8g88q-KA

因果応報を描くアクション。暗殺じゃなくて復讐ものだな。女優さんたちが綺麗。
警察が土の穴に人を放り込んでからの銃撃戦が、まさに地獄絵図って感じで秀逸。
元ゲリラとか言ってたが、主人公が過去に何をしたのか、あまり理解できないのが難点。



△「マッチポイント」(2005/英) ◆40点
◆原題「Match Point」 ◆読み:まっちぽいんと ◆鑑賞日2012/11/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2007/02/02
◆元プロテニスプレイヤーの男はテニススクールで大金持ちの息子と親しくなり、その妹と付き合う。ある日、息子の婚約者と屋敷で出会い惹かれる
◆出演ジョナサン・リース・マイヤーズ/スカーレット・ヨハンソン/エミリー・モーティマー ◆監督ウディ・アレン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/match_point/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=YY-vstEVfCQ

男性の本性である「自分本位」を描くメロドラマ。毎日毎日子作りの話ってのが一番の罰だな。
わざとなのか、監督の個性なのか、カメラワークが70年代で、役者の表情が撮れていない。
オチがない。せめて奥さんも浮気していて実子じゃないってことにして罰が続けよ。



△「レミング」(2005/仏) ◆40点
◆原題「Lemming」 ◆読み:れみんぐ ◆鑑賞日2012/11/04 ◆レンタルDVD ◆発売日2008/03/07
◆結婚3年目で幸せな日々を送る技術者の男性は、ある企業から引き抜かれカメラ付きラジコンヘリを開発中。技術者は社長夫妻を夕食に招待するが…
◆出演ローラン・リュカ/シャルロット・ゲンズブール/シャーロット・ランプリング ◆監督ドミニク・モル
◆公式:http://www.takeshobo.co.jp/index
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cB4lf0huKfU

浮気性の夫への怨念を描くホラー。「悪魔の棲む家」の怖さを100倍に薄めた感じ。
夫が死ぬのを見たいと言っていたのに、何で夫を殺さずに自殺する必要があるのかが不明。
ネズミのレミングが大量に出てくるシーンがあり、レミング好きは必見。可愛いよ。死ぬけど。



△「ザ・プロジェクト」(2011/米) ◆50点
◆原題「Seconds Apart」 ◆読み:ざぷろじぇくと ◆鑑賞日2012/11/03 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/06
◆女を食った話で談笑する高校生4人は双子の男を見ると急にロシアンルーレットをはじめ自殺する。妻を亡くして間もない刑事が捜査するが…
◆出演エドモンド・エンティン/ゲイリー・エンティン/サマンサ・ドゥローク ◆監督アントニオ・ネグレ
◆公式:http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_229.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ZiaWVE1PVX0

若い年頃の怖さの知らなさを描く新手の青春ホラー。双子の役者がハンサム。
スプラッタはほぼ無し。映像はどちらかと言えばオシャレ系。
出生の秘密とか能力とかインパクトに欠ける。ラストの救いは良かった。



×「スノーホワイト」(2012/米) ◆10点
◆原題「Snow White and the Huntsman」 ◆読み:すのーほわいと ◆鑑賞日2012/11/03 ◆レンタルBD ◆発売日2012/10/17
◆雪景色に映える赤い薔薇のように美しく強い子がほしいと願う王妃が女の子を産み数年後に死ぬ。その直後に謎の軍隊が王国に攻め込んでくる
◆出演シャーリーズ・セロン/クリステン・スチュワート/クリス・ヘムズワース ◆監督ルパート・サンダーズ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18355
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2-UMNSVX7_I

近年まれに見る糞映画。ヒロインの美しさを描いておらず魅力がない。恋愛が拙い。
「ジャンヌ・ダルク」「もののけ姫」「スター・ウォーズ」等々の糞ごった煮。
唯一の救いは魔女役のシャーリーズ・セロンの美貌だけ(演技は大声で微妙)。



△「DATSUGOKU −脱獄−」(2008/英) ◆50点
◆原題「The Escapist」 ◆読み:だつごく ◆鑑賞日2012/10/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/06
◆終身刑の初老の男に家族からの手紙が14年ぶりに届く。娘が麻薬の過剰摂取で危篤状態だと言う。男は娘に会うため脱獄を企てるが…
◆出演ブライアン・コックス/ダミアン・ルイス/リーアム・カニンガム ◆監督ルパート・ワイアット
◆公式:http://www.interfilm.co.jp/Detail/12/IZ12_0662/IZ12_0662.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=atpCdYUwroY

自己犠牲で救われることを描く脱獄ドラマ。ラストがやや感動的で良かった。
むさい男共が、終盤までただうろうろしているだけで、面白みが少ない。
ダイヤモンドの入手方法が強引すぎる。新人が罪を償っていないのが残念。



△「美しき運命の傷痕」(2005/仏=伊=ベルギー=日) ◆40点
◆原題「L'enfer(Hell)」 ◆読み:うつくしきうんめいのきずあと ◆鑑賞日2012/10/28 ◆レンタルDVD ◆発売日2006/09/08
◆カッコウの雛が他の鳥の卵を巣の外に放り出すが雛も落ちる。出所した男が雛を巣に戻す。一方、車椅子の母親の所へ定期的に電車で通う娘がいた
◆出演エマニュエル・ベアール/カリン・ヴィアール/マリー・ジラン ◆監督ダニス・タノヴィッチ
◆公式:http://www.bitters.co.jp/unmei/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=PTp2slGsS8E

女性の本性である「自分本位」を描くドラマ。
話が前後しまくりでごちゃごちゃしていて理解しづらい。
独特の顔立ちのエマニュエル・ベアールの全裸あり。



○「Black&White/ブラック&ホワイト」(2012/米) ◆60点
◆原題「This Means War」 ◆読み:ぶらっくあんどほわいと ◆鑑賞日2012/10/27 ◆レンタルBD ◆発売日2012/09/14
◆CAIの男二人はビルの最上階での犯罪取引を阻止しようとして、死人を出してしまい内勤になる。一方、男に飢えた分析女が友達に相談する
◆出演リース・ウイザースプーン/クリス・パイン/トム・ハーディ ◆監督McG(マックジー)
◆公式:http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12789
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=eZqHhN4hVmg

恋愛お馬鹿コメディ。楽しいが何故か疲れる。ヒロインがぶさいくなのが最大の難点。
イケメン男二人が奪い合うのに、ヒロインの魅力が全く描かれていないのも難点。
どっちを選ぶかや、ラストの展開が途中で予想できるのが、逆に定番的で良かった。



◎「灼熱の魂」(2010/加=仏) ◆100点
◆原題「Incendies」 ◆読み:しゃくねつのたましい ◆鑑賞日2012/10/27 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆キリスト教徒の女性はイスラム教徒の男を愛し一子をもうける。時は経ち、双子の姉弟は母の遺言「あなた達の父親と兄を探して手紙を渡す」を聞く
◆出演ルブナ・アザバル/メリッサ・デゾルモー=プーラン/マキシム・ゴーデット ◆監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ
◆公式:http://www.albatros-film.com/?dvd=snnt
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0nycksytL1A

神が人を愛していることを知り、人が人を愛することで、人生が癒されることを描くドラマ。
見た後は放心状態になる。人の罪の重さに滅入ることになると同時に、神の御心を知ることになる。
双子って設定が重要で、ヤーウェとダビデ(神と悪魔)を象徴していると思われる。



△「パーフェクト・センス」(2011/英) ◆50点
◆原題「Perfect Sense」 ◆読み:ぱーふぇくとせんす ◆鑑賞日2012/10/ ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/02
◆人と一緒に眠れない料理人の男は女を振る。一方、感染症が専門の女性学者は、国中で増えている、急に泣き崩れ嗅覚がなくなる奇病の患者を診るが…
◆出演エヴァ・グリーン/ユアン・マクレガー/ユエン・ブレムナー ◆監督デビッド・マッケンジー
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0049
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=iexMJrBzZtA

「七つの大罪」がテーマのドラマ。おまえらの人生は罪の繰り返しだから、肝に銘じて生きろと言っています。
五感が人の感情(人生)を左右しているって、そんな当たり前のことを長々と言われても面白くない。
五感のうち触覚だけが失われないのが意味不明(=死を描いていない)。エヴァ・グリーンのおっぱいあり。



○「ロックダウン」(2000/米) ◆60点
◆原題「Lockdown」 ◆読み:ろっくだうん ◆鑑賞日2012/10/ ◆レンタルDVD ◆発売日2003/07/25
◆ハンバーガー屋の店員を撃ち殺したチンピラは銃を他車に移し逃げる。一方、妻子ある将来有望な水泳選手は、親友と車で移動中に警察に止められる
◆出演リチャード・T.ジョーンズ/デオウンドレ・ボンズ/クリフトン・パウエル ◆監督ジョン・ラッセンホッブ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=TSDD-34998
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_mizL9G5CeQ

最悪な環境にいると、全てが最悪(糞味噌)になることを描く刑務所ドラマ。
セリフで言ってたのが残念だけど、カス人間には一切関わるなってこと。
刑務所内の出来事の数々が生々しい。どんな人間でも贖罪を願っていることも描いていました。



○「ダーク・シャドウ」(2012/米) ◆60点
◆原題「Dark Shadows」 ◆読み:だーくしゃどう ◆鑑賞日2012/10/20 ◆レンタルBD ◆発売日2012/10/03
◆1752年。漁業で巨富を築いた一家。青年は使用人と関係するが他の女性を愛す。使用人は呪いで青年を吸血鬼にする。200年後に棺桶が見つかるが…
◆出演ジョニー・デップ/エヴァ・グリーン/ヘレナ・ボナム・カーター ◆監督ティム・バートン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13130&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ePV8WGngJRQ

愛憎の念を描くダーク・コメディ。性的表現が多々あり小さな子供は見ては駄目。
ティム・バートンとジョニー・デップのコンビ映画で一番マシ(原作が良いのかも)。
ラストが惜しい。娘が唐突すぎる。崖でのセリフはいらない。男の子は天使にしとけ。



○「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」(2010/加) ◆80点
◆原題「Tucker and Dale vs Evil」 ◆読み:たっかーとでいるしじょうさいあくについてないやつら ◆鑑賞日2012/10/20 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/20
◆親友同士の男二人は森の湖畔にある別荘にやってきた。途中の小売店でキャンプにきた若者たち出会い、可愛い女性に声をかけるが不審に思われる
◆出演タイラー・ラビーン/アラン・テュディック/カトリーナ・ボウデン ◆監督イーライ・クレイグ
◆公式:http://earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262281499
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=vQOZHEYhVtU

学生達が普通のおっさん二人を殺人鬼と思い込むホラーオマージュ・アホコメディ。
スプラッタあり。おっぱいなし。とにかく設定がユニーク。過去にこんな映画ってなかったかも。
男同士の友情や恋愛もあるが、とってつけたお約束なのが良い。ビールって何でも治るんだな。



△「ラビット・ホール」(2010/米) ◆40点
◆原題「Rabbit Hole」 ◆読み:らびっとほーる ◆鑑賞日2012/10/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/06
◆ガーデニングをしている女性は隣人の夕食の招待を断る。夫が帰宅するがよそよそしい。4歳の息子が交通事故で亡くなったからだった
◆出演ニコール・キッドマン/アーロン・エッカート/ダイアン・ウィースト ◆監督ジョン・キャメロン・ミッチェル
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/rabbithole/video.shtml
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=8V5904uauqg

不幸があっても自分の苦しさを隠し、他人と同調して生活しろとのたまうドラマ。ニコール・キッドマンがえらい老けていた。
もしも幸せが続く自分がいるとしたら、もっと不幸な自分がいるとしたら等々、妄想すると苦しさが和らぐのか?。
学生に会ったのも、学生の苦しみの程度を探ろうとしている感じなんだよな。そんな外道な行為の数々に救いがあるのか疑問。



△「フェイク・クライム」(2010/米) ◆30点
◆原題「Henry's Crime」 ◆読み:ふぇいくくらいむ ◆鑑賞日2012/10/14 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/07
◆高速道路の料金所で働く男は、悪友から野球の試合に誘われるが、知らないうちに銀行強盗の運転手にさせられて捕まる。懲役3年の刑に服すが…
◆出演キアヌ・リーブス/ベラ・ファーミガ/ジェームズ・カーン ◆監督マルコム・ベンビル
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=742234
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=4rceVFIrLCg

人生は目標を設定すると他人を巻き込んで輝くことを描くドラマ。全体的に古くさい雰囲気。
愛に飢えた役者の女性との恋愛がメイン。キアヌのオーラを無くしてまで、喜劇っぽくしようとしたが失敗。
銀行強盗の痛快さなし。劇場が舞台だからか、全編(=人生自体)が演劇に見えてしまうのが、かなりの難点。



○「ミケランジェロの暗号」(2010/オーストリア) ◆60点
◆原題「My Best Enemy」 ◆読み:みけらんじぇろのあんごう ◆鑑賞日2012/10/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/02/24
◆ユダヤ人画商が密かに所有するミケランジェロの絵。息子は親友に絵画の隠し部屋を教える。親友はナチスの一員になるため密告するが…
◆出演モーリッツ・ブライプトロイ/ゲオルク・フリードリヒ/ウルズラ・シュトラウス ◆監督ウォルフガング・ムルンベルガー
◆公式:http://www.albatros-film.com/?dvd=mkrj
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=aLgzWEZgmF8

オーストリア人は友人を裏切り、ユダヤ人は寛大な心を持っていることを描く、差別思想おちょくりドラマ。
金持ちと貧乏人(ユダヤ人とオーストリア人)がすり替わる要素に、人種を越えた愛をさらっと加えた感じ。
ミケランジェロの絵の所在を探しているが、観客的には序盤にモロバレ。なのに最後まで引っ張るのが難点。



△「ロボット」(2010/インド) ◆50点
◆原題「The Robot(Endhiran)」 ◆読み:ろぼっと ◆鑑賞日2012/10/13 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/10/03
◆天才博士は人型ロボットを完成させ軍に売り込む。軍は善悪を区別する能力がないとして採用を見送る。ある日、雷が直撃し感情が芽生える
◆出演ラジニカーント/アイシュワリヤー・ラーイ・バッチャン/ダニー・デンゾンパ ◆監督シャンカール
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/endhirantherobot/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=hNXHveyzUvY

愛は人生を狂わせることを描くコメディSFアクション。ジャッキー・チェンの映画と「アイ,ロボット」を足した感じ。CG臭いシーン多数。
ロボット(=人)が禁断の果実を食べ云々と何故か旧約聖書なお話。多数のロボットが結合する様は悪霊の群(レギオン)そのもので良かった。
素っ裸の女性を轢き殺すシーンは流石に駄目。インド映画特有の歌う踊りは、西洋の音楽プロモーション風に成り下がっていて最悪だった。



×「新トレマーズ モンゴリアン・デス・ワームの巣窟」(2010/米) ◆20点
◆原題「Mongolian Death Worm」 ◆読み:しんとれまーずもんごりあんですわーむのそうくつ ◆鑑賞日2012/10/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/10/05
◆モンゴルの小さな村では伝染病が蔓延していた。一方、チンギスハンの墓に眠る秘宝を探し続ける男は、車で追いかけられながら発砲される
◆出演ショーン・パトリック・フラナリー/ビクトリア・プラット/ジョージ・チェン ◆監督ティーヴン・R・モンロー
◆公式:http://www.at-e.co.jp/2011/post-45.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qoZYD8E--7Q

巨大な芋虫が出てくる超B級アクション。TVもの。
全体の95%が人間同士が喋っているだけ。
芋虫CGもしょぼい。爆発させずに政府に言えよ。



◎「テイカーズ」(2010/米) ◆90点
◆原題「Takers」 ◆読み:ていかーず ◆鑑賞日2012/10/07 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/04/03
◆銀行強盗を成功させた男たち。そんな折り、出所したばかりの元仲間がロシア人から聞いた2000万ドル強奪の大仕事を持ちかけるが…
◆出演マット・ディロン/チップ“TI”ハリス/ヘイデン・クリステンセン ◆監督ジョン・ラッセンホッブ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXN-1077
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=SicGk3-bP58

犯罪者たちと刑事の群像劇。裏切りと信頼の両方を濃密に描いていました。編集が完璧すぎ。
現金輸送車襲撃や、体操選手もビックリの逃走などのアクションで全く飽きさせない構成。
ラストの落としどころがやや残念だが、変などんでん返しとかじゃなくて逆に良かったかも。



△「マンイーター」(2006/米=豪) ◆40点
◆原題「Rogue」 ◆読み:まんいーたー ◆鑑賞日2012/10/06 ◆レンタルBD ◆発売日2012/09/04
◆オーストラリアの世界遺産・カカドゥ国立公園。観光客を乗せた船が救難信号を発見。現場に着くとワニに追突され浸水。小島に逃げるが…
◆出演ラダ・ミッチェル/マイケル・ヴァルタン/サム・ワーシントン ◆監督グレッグ・マクリーン
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52609/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=iInDq8bn81g

巨大ワニに人間が襲われる動物パニックアクション。死ぬ人間が少なすぎる。
薄っぺらな人間模様がメインでダラダラ。顔の超ドアップばかりでイライラ。
あれだけ煽って、ワニがジャンプして人間を喰わないって、あり得ないだろ。



○「リピーターズ」(2010/加) ◆70点
◆原題「Repeaters」 ◆読み:りぴーたーず ◆鑑賞日2012/10/06 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/10/26
◆更正施設の若者3人は1日限りの外出を許され家族に会いに行くが門前払いされる。その夜に停電になり感電し気絶。目覚めると同じ日の朝だった
◆出演ダスティン・ミリガン/リチャード・デ・クラーク/アマンダ・クルー ◆監督カール・ベッサイ
◆公式:http://earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262281208
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=2CvYWPYdOWA

誰でもそうだが、同じ毎日の繰り返しの人生に救いがあるかどうかを描くドラマ。
テーマは仏教の六道(輪廻)。人は精神の持ちようで、苦しみや楽しみの度合いが変化する。
が、結局は、恋愛の程度などが違うだけで「恋はデジャ・ブ」の亜流ってのがひっかかる。



△「ドライブ・アングリー」(2010/米) ◆50点
◆原題「Drive Angry」 ◆読み:どらいぶあんぐりー ◆鑑賞日2012/09/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/12/02
◆車で逃げる3人に男はショットガンをぶっ放し、ある男の居場所を聞き出す。クビになったウエイトレスに目をつけ、車で送ってもらうが…
◆出演ニコラス・ケイジ/アンバー・ハード/ウィリアム・フィクトナー ◆監督パトリック・ルシエ
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXN-1059
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=O2-hiHUh4UQ

死者のお爺ちゃんが孫を救うため、地獄から脱走して現実世界で奔走するB級アクション。
わざと狙ったグラインドハウス系の作り。ヒロインや捜査官が主役を食っているのが難点。
メインのカーアクションは定番のひき殺しとかはあるが、重厚さが無く物足りない。



○「シャッター ラビリンス」(2009/西) ◆80点
◆原題「Hierro」 ◆読み:しゃったーらびりんす ◆鑑賞日2012/09/30 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/11/11
◆ある島で交通事故が起き助手席の子供が消える。一方、水族館で働く女性は幼い息子とフェリーでその島へと向かうが、息子が船内で行方不明になる
◆出演エレナ・アナヤ/アンドレス・エレーラ/カイエト・トドリゲス ◆監督ゲイブ・イバネス
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=649300
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=ozSB8EHIkL4

母親が、最愛の息子がいなくなった現実(序盤で知ってしまう)を受け入れる過程を描く、悲しいドラマ。
とにかく映像が美しい。その自然美や裸体美で母親の心境を反映している。ラストの水中が秀逸だった。
冒頭の人より大きい魚のアロワナ?などで、これから起きる事件の不安感を煽っているのも良かった。



○「宇宙人ポール」(2011/英=米) ◆70点
◆原題「Paul」 ◆読み:うちゅうじんぽーる ◆鑑賞日2012/09/29 ◆レンタルBD ◆発売日2012/07/04
◆米コミックイベント「コミコン」にきたSFオタクの英国男2人。キャンピングカーでUFOの名所を巡るが、他車の事故と本物の宇宙人に遭遇する
◆出演サイモン・ペッグ/ニック・フロスト/クリステン・ウィグ ◆監督グレッグ・モットーラ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=17597
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=cXG3yNw1R2w

人同士が信じ合うって素晴らしいことだと訴える映画パロディ+ロードムービー。恋愛もあり。
キリスト教の隣人愛がテーマ。神をナンセンス扱いはしているが、ポールを神そのものとして描いていました。
外人の大好きなゲイネタ(やや多用)は、やっぱ笑えないな。女ボスのキャストにサプライズあり。



×「ロスト・アイズ」(2010/西) ◆10点
◆原題「Los ojos de Julia (Julia's Eyes)」 ◆読み:ろすとあいず ◆鑑賞日2012/09/29 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/11/11
◆何者かに怯える盲目の女性は自宅の地下室でロープに首をかけ自殺をすると言う。一方、女性の双子の妹は姉に何かがあったことを感じ夫と家を訪ねる
◆出演ベレン・ルエダ/ルイス・オマール/パブロ・デルキ ◆監督ギリェム・モラレス
◆公式:http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=649295
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=wK7NY4h4zyc

ストーカーサスペンス。それにホラーと犯人探し要素を強引にごちゃ混ぜにして収拾がつかなくなった糞。
盲目の人を化け物扱いしているキチガイ。わざとらしく犯人の顔を見せないのが糞。何故か宇宙で困惑。
白目に注射針を刺すシーンだけが見所。面白くないのが理由で、むかつくってのは久しぶりだな。



△「メカニック」(2011/米) ◆40点
◆原題「The Mechanic」 ◆読み:めかにっく ◆鑑賞日2012/09/23 ◆レンタルBD ◆発売日2011/11/02
◆豪邸のプールで男を溺れさせ殺害する殺し屋。次のターゲットは自分を殺し屋に育ててくれた車椅子の老人だった。同名作(1972)のリメイク
◆出演ジェイソン・ステイサム/ベン・フォスター/ドナルド・サザーランド ◆監督サイモン・ウェスト
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12582&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=TlZXatxdaCQ

殺し屋アクション。友人を殺害した罪滅ぼしの話なのに償わず、逆に友人を再度裏切っているのが駄目。
事故に見せかけた殺人がモットーの殺し屋なのに、白昼堂々ドンパチしまっくって意味無し。
弟子はもっと好青年っぽくしたら良かったのに。ゴロゴロ転がるラストの間抜けな映像は必要無し。



△「ロシアン・ルーレット」(2010/米) ◆40点
◆原題「13」 ◆読み:ろしあんるーれっと ◆鑑賞日2012/09/23 ◆レンタルBD ◆発売日2011/11/09
◆父が入院しお金に困っている電気工の青年は仕事先の家で金儲けの話を盗み聞きする。その家の男が薬で死に、青年は密かに金儲けの話を実行する
◆出演サム・ライリー/ミッキー・ローク/ジェイソン・ステイサム ◆監督ゲラ・バブルアニ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12584&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=o503E1Lnyjk

ビギナーズラックを描くドラマ。内容無し。
延々とロシアン・ルーレットをしているだけ。
その後も平凡な展開。主人公が無表情で一般人とは思えない。



○「バトルシップ」(2012/米) ◆70点
◆原題「Battleship」 ◆読み:ばとるしっぷ ◆鑑賞日2012/09/22 ◆レンタルBD ◆発売日2012/09/05
◆地球に似た惑星を発見し強力な電波を発射するとエイリアンが地球に飛来。一方、酒場で女性を引っかける男は閉店後のコンビニに進入し捕まる
◆出演テイラー・キッチュ/浅野忠信/リアーナ/ブルックリン・デッカー ◆監督ピーター・バーグ
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18176
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qDMXkPfxjOc

エイリアン地球飛来SF海上アクション。エイリアンの船とスーツのデザイン、動きがメカメカしく凄い。ゾイドっぽいけど。
登場人物のキャラの立ち具合や、今の暮らしの礎を築いた先人への敬意が良い。同盟国の日米がハワイで協力するのも良い。
ただ、エイリアンがすごいアホ。最初に勝手に通信手段を失う、虐殺しない平和主義、戦闘経験が浅い等々あり得ないことだらけ。



△「REC:レック/ザ・クアランティン2 ターミナルの惨劇」(2011/米) ◆40点
◆原題「Quarantine 2: Terminal」 ◆読み:れっくざくあらんてぃん2たーみなるのさんげき ◆鑑賞日2012/09/22 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/10/26
◆小型旅客機がロサンゼルス国際空港を飛び立った。ハムスターに噛まれた太った男性客が嘔吐し暴れ出す。機長は着陸の許可をとるが…
◆出演メルセデス・マソーン/ジョシュ・クック/マッティ・リプタク ◆監督ジョン・ポーグ
◆公式:http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=TSDD-80176
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=0_QXWQHHr7c

「REC」の米版の同時刻に起こっていたもう一つの出来事を描くB級閉鎖空間ゾンビホラー。ビックリなし。
飛行機が着陸して数分までは良かったんだが、その後がグダグダ。人類淘汰とか説明し輪をかけて安っぽくなった。
薄明かりで見えてるのに暗視スコープ。それで俳優の表情が長時間、隠れて読み取れないってやっちゃいかんだろ。



◎「赤ずきん」(2011/米=加) ◆90点
◆原題「Red Riding Hood」 ◆読み:あかずきん ◆鑑賞日2012/09/16 ◆レンタルBD ◆発売日2011/10/19
◆幼少時の男女は兔を捕らえナイフをあてがう。成長した男女は相思相愛だが、女性には親が決めた婚約者がいた。ある日、姉が人狼に襲われ死ぬ
◆出演アマンダ・サイフリッド/シャイロー・フェルナンデス/ゲイリー・オールドマン ◆監督キャサリン・ハードウィック
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12580&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=PM8V3cHdSC4

人狼探しサスペンス。ややホラーあり。救いようのないエゴの塊が社会を形成していることを描いていました。
その糞な世界から助け出してくれるのが、真実の愛ってのが良かった。映像が超綺麗。音楽も良かった。
人狼は教会に入れないのならば、なぜ住民全員を教会に集めないのか謎。人の時は入れるってことか?。



○「CA$H」(2010/米) ◆70点
◆原題「Ca$h」 ◆読み:きゃっしゅ ◆鑑賞日2012/09/16 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/10/05
◆刑務所に面会にきた男は強盗で手に入れた大金を見つけてくれと言われ承諾する。逃走中に大金の入ったケースをある車の上に落としたと言うが…
◆出演ショーン・ビーン/クリス・ヘムズワース/ヴィクトリア・プロフェッタ ◆監督スティーヴン・ミルバーン・アンダーソン
◆公式:http://www.primewav.com/movie/1110a.html
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HZE5n_eIqdo

お金は人の性格を変えることを描く犯罪ドラマ。人生を束縛するが、解放もすると言っています。
お金って喜怒哀楽に直結しているんだなと改めて思った。自分にも大金が降ってこないかな。
犯罪者が怖くなく逆に微笑ましいなど、全編が独特のノリで展開するのが良かった。ただ、地味なのが難点。



△「ジョン・カーター」(2012/米) ◆50点
◆原題「John Carter」 ◆読み:じょんかーたー ◆鑑賞日2012/09/15 ◆レンタルBD ◆発売日2012/08/22
◆火星で何者かに武器を授かる指導者。1881年地球のNYで、何者かにつけられている大富豪のジョン・カーターは電報を打ち、その後死ぬ
◆出演テイラー・キッチュ/リン・コリンズ/ドミニク・ウェスト ◆監督アンドリュー・スタントン
◆公式:http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1146&pid=30000000003205
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=yPBEBrAng34

恋愛メインのSFアクション。どうでもいい恋愛なんだから最後に花火でも打ち上げてごまかせよ。
人間と容姿が違い、かつ違う文化の腕が4本ある火星人は殺しても罪悪感はないってのは駄目だろ。
ややクトゥルフ入ってるけど、つい最近まで火星に文明があったって設定はリアリティがなく駄目。



○「チェックメイト」(2009/仏) ◆80点
◆原題「5150 Rue des Ormes(5150 Elm's Way)」 ◆読み:ちぇっくめいと ◆鑑賞日2012/09/15 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/08/26
◆映画学校への進学が決まった青年は撮影のため自転車で見知らぬ土地にくる。転倒し自転車が壊れたため、近くの住民にタクシーを呼んでもらうが…
◆出演アルク=アンドレ・グロンダン/ノーマン・ダモア/ソニア・ヴァション ◆監督エリック・テシエ
◆公式:http://earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262281109
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=iAFrrKGI4Hk

監禁サスペンス(死体や殺人はある)。監禁後の普通の家族もようから、他にはないユニークな感覚が続く。
登場人物全てのキャラが立っているのが秀逸。特に救いを求め続けるおばさんのキャラが良かった。
ラストが実に惜しい。途中で誰もが予想する「後継者になって娘を殺す」をやってれば更に+10点だった。



×「ヒア アフター」(2010/米) ◆20点
◆原題「Hereafter」 ◆読み:ひああふたー ◆鑑賞日2012/09/09 ◆レンタルBD ◆発売日2011/10/05
◆津波に襲われ九死に一生を得た仏人女性ジャーナリストは仕事を休み執筆活動をする。一方、手を触れると死者の声が聞こえる霊能者の男がいた
◆出演マット・デイモン/セシル・ドゥ・フランス/フランキー・マクラレン ◆監督クリント・イーストウッド
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12578&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=xDnHfQtH0zU

同じ境遇の男女が運命的にめぐり逢う過程を描く恋愛ドラマ。感動なし。「この人だ!」ってのが弱い。
津波や交通事故やリストラなど全ての出来事は、その運命へと導くためのものだと言っていました。
男の子は死んで恋のキューピットになりました。死ぬと人間界を自由に操れるらしい。事故は死人が引き起こしているのかよ。



△「ペイン〜PAIN〜」(2007/米) ◆40点
◆原題「Scar」 ◆読み:ぺいん ◆鑑賞日2012/09/09 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/07/22
◆葬儀屋の男が地下で女子高校生2人を監禁し殺害する事件があった。被害者の女性は16年たった今も忘れられずに幻覚に悩んでいた
◆出演アンジェラ・ベティス/ベン・コットン/デヴォン・グレイ ◆監督ジェド・ワイントローブ
◆公式:http://www.earthstar.jp/detail.php?media=dvd&item_id=4562262281048
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_u7QjFGKE28

青春+犯人捜しB級ホラー。犯人も展開もオーソドックスで特徴なし。
スプラッタはしょぼい。割れた瓶で自分の親指を切り落とすってのは無理がある。
なぜか映像全体にグレーっぽいフィルタをかけてあり見にくい。ラストでオレンジになるけど。



○「ラルゴ・ウィンチ 宿命と逆襲」(2008/仏=ベルギー)/「ラルゴ・ウィンチ 裏切りと陰謀」(2011/仏=ベルギー=独) ◆70点
◆原題「Largo Winch」「Largo Winch II(The Burma Conspiracy)」 ◆読み:らるごうぃんちしゅくめいとぎゃくしゅう/うらぎりといんぼう ◆鑑賞日2012/09/08 ◆レンタルDVD ◆発売日2012/05/11/2012/04/13
◆巨大財閥の創始者が船から海に落とされ殺される。取締役らは会社の危機だと騒ぐが、相続人の養子がいることが判明する。ベルギーの漫画の実写映画化
◆出演トメル・シスレー/ミキ・マノイロヴィッチ/ニコラ・ヴォード/シャロン・ストーン ◆監督ジェローム・サル
◆公式1:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7669
◆公式2:http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7608
◆予告1:http://www.youtube.com/watch?v=w_A9ElMg-Ac
◆予告2:http://www.youtube.com/watch?v=5L9WMDcuB-Q

父親から子へと受け継ぐ財産(お金ではない)を描くアクションドラマ。2タイトル続けて鑑賞。「宿命と逆襲」が1、「裏切りと陰謀」が2です。
1で生い立ちを描き、全てのキャラを確立させ、2で財産を明確化していました。2で傷の男が最初に死ぬのがあり得ないと思うほどキャラが確立されていた。
1の方が面白い。2は序盤の恋愛がだらけてた。入れ墨に目が入るシーンとか、もうちょっと衝撃的に描いても良かったと思う。登場人物が死にすぎるのが安易。



△「タイタンの逆襲」(2012/米) ◆50点
◆原題「Wrath of the Titans」 ◆読み:たいたんのぎゃくしゅう ◆鑑賞日2012/09/02 ◆レンタルBD ◆発売日2012/08/16
◆息子と漁師として暮らすペルセウスの元に父のゼウスが助けを求めてきた。人間の信仰の薄れにより、幽閉したゼウスの父クロノスが復活すると言う
◆出演サム・ワーシントン/リーアム・ニーソン/ジョン・ベル ◆監督ジョナサン・リーベスマン
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=13026
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=FConqoC6uFI

ギリシア神話のペルセウスが主人公のアクション第2弾。親子三代が受け継ぐ絆と血筋の誇りを描く。
ラスボスのクロノスの血筋は完全無視で苦笑。どの神も弱々しく残念。映像は煙の表現がすごい良かったです。
息子のヘレイオスって王女アンドロメダとの子だったはず?。何か他人行儀な感じなんだが。まさかイオとの子?。



○「スプライス」(2009/加=仏=米) ◆60点
◆原題「Splice」 ◆読み:すぷらいす ◆鑑賞日2012/09/02 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/04/22
◆とある企業で難病治療のタンパク質を研究する夫婦は、複数の生物のDNAで新種生命体を誕生させる。更に禁断の人間のDNAを掛け合わせるが…
◆出演エイドリアン・ブロディ/サラ・ポーリー/デルフィーヌ・シャネアック ◆監督ヴィンチェンゾ・ナタリ
◆公式:http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201000002908&DSP_SKHKETSEQ=001
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=8pIeSYhipUs

我が子を虐待する母親を描くDNA生命体ホラー。クリーチャーのデザインや動きなどの出来は高水準。
クリーチャーは女性研究者と同義であり、女性研究者は幼少の時に両親から同じことをやられていた。
虐待行為は遺伝からくるものだと言っています。また、子供はその行為を愛情と受け止めているとも言っています。



△「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」(2011/米=ニュージーランド) ◆40点
◆原題「The Adventures of Tintin: The Secret of the Unicorn」 ◆読み:たんたんのぼうけんゆにこーんごうのひみつ ◆鑑賞日2012/09/01 ◆レンタルBD ◆発売日2012/04/20
◆少年記者タンタンは青空市場で船の模型を購入するが、その模型を言い値で買い取ると言う男が現れるが断る。ある日、家に飾った模型が消える
◆出演ジェイミー・ベル/アンディ・サーキス/ダニエル・クレイグ ◆監督スティーブン・スピルバーグ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/tintinsecretoftheunicorn/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=D38EsaX_QTY

アクションCGアニメ。展開がややスローで一本調子、映像も特徴なし。
たいした謎もなし、いろいろな国に行って見聞を広めるでもなし。
酔っぱらいが教訓を言うんだが説得力なし。故に上映時間が長く感じられた。



○「デビル」(2010/米) ◆60点
◆原題「Devil」 ◆読み:でびる ◆鑑賞日2012/09/01 ◆レンタルBD ◆発売日2011/11/23
◆車の上の死体は高層オフィスビルから飛び降り自殺したと判断する刑事。一方、そのビルのエレベーターが故障し5人の男女が閉じ込められるが…
◆出演クリス・メッシーナ/ボキーム・ウッドバイン/ボヤナ・ノバコビッチ ◆監督ジョン・エリック・ドゥードル
◆公式:http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=17832
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=C7l3nzjHYTg

密室ホラーサスペンス。スプラッターほぼ無しは○。悪魔じゃなく神の使者が悪人を裁いていました。
エレベーター内は告解室でした。告解で赦しを得ること(=信仰)で救われることを描いていました。
なので、ラストの刑事のセリフが予想と一字一句、完全に一致でガッカリ。「犯人はやっぱりこいつか」は悪くない。



△「デビルクエスト」(2011/米) ◆40点
◆原題「Season of the Witch」 ◆読み:でびるくえすと ◆鑑賞日2012/08/26 ◆レンタルBD ◆発売日2011/12/02
◆十字軍の騎士2名は神の名のもとに戦争に明け暮れていたが、単なる人殺しだと気付き十字軍を去る。ペストが蔓延している町で逮捕されるが…
◆出演ニコラス・ケイジ/ロン・パールマン/クレア・フォイ ◆監督ドミニク・セナ
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/seasonofthewitch/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=qLoKm_vUsFY

惨殺を繰り返していたことに気付いた聖騎士が、娘を救うことで免罪を得ようとする中世アクション。
旅に出たのにロードムービーじゃありませんでした。旅路で人生のことを何も描いていませんでした。
ラストの怪物対決が、子供にうけるようにしたためか大味だった。別エンディングの方が良かった。



×「狂気の行方」(2009/米=独) ◆10点
◆原題「My Son, My Son, What Have Ye Done」 ◆読み:きょうきのゆくえ ◆鑑賞日2012/08/26 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/11/03
◆男が実の母親を殺し、更に人質をとり立てこもったという知らせを受けた刑事は現場に向かう。男がいた劇団の監督と、男の婚約者が駆け付けるが…
◆出演マイケル・シャノン/ウィレム・デフォー/クロエ・セヴィニー ◆監督ヴェルナー・ヘルツォーク
◆公式:http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBBF-8713
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=W5PJrYN8lUU

雰囲気が超古くさい刑事と犯人のドラマ。とにかくわけが分からない。
息子が母親を殺す理由やフラミンゴなど、全てがわけ分からん。
どこかで見たちょい有名な脇役の俳優たちが勢揃いってだけが取り柄か。



◎「アンノウン」(2011/米=独) ◆90点
◆原題「Unknown」 ◆読み:あんのうん ◆鑑賞日2012/08/25 ◆レンタルBD ◆発売日2011/09/21
◆植物学者の男は講演のため、妻とベルリンに降り立つ。ホテルに着くが、パスポートの入った鞄を忘れたことに気付き、男だけタクシーで空港に戻るが…
◆出演リーアム・ニーソン/ダイアン・クルーガー/スティペ・エルツェッグ ◆監督ジャウマ・コレット=セラ
◆公式:http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12576&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=uakoUpfoWfA

他人の身になって考えることにより、現在の自分の行動が重要な事を知る再生サスペンス。
運転テクニックでこれからの定番的な展開を匂わせているのが上手い手法だった。
悪人が全て死ぬってのも良い(一番の悪人はタクシー内で一番最初に死んでいます)。



○「メタルヘッド」(2010/米) ◆60点
◆原題「Hesher」 ◆読み:めたるへっど ◆鑑賞日2012/08/25 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/09/21
◆自動車事故で母を失った少年と、妻の死から立ち直れないその父親。ある日、長髪の浮浪者の男が家に押しかけてきて洗濯をし、少年を脅すが…
◆出演ジョセフ・ゴードン=レビット/デヴィン・ブロシュー/ナタリー・ポートマン ◆監督スペンサー・サッサー
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbg51870/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=HXKRKpvv3SU

大切な人が側にいっぱいいるって気付けと訴えるドラマ。とにかくばーちゃんありがとうって思えるのが○。
少年の成長を描く青春ものでもあった。うんことかチンコとかガキの落書き風エンドロールが良かった。
突然押しかける神の使者っぽいメタル魂風なお兄ちゃんは、もっとトンでもキャラにして欲しかった。



△「ラスト・ターゲット」(2010/米) ◆50点
◆原題「The American」 ◆読み:らすとたーげっと ◆鑑賞日2012/08/19 ◆レンタルDVD ◆発売日2011/11/04
◆暗殺者の男は彼女と雪原を歩いていると狙撃され返り討ちにするが、彼女も撃ち殺す。男は組織に連絡し、依頼を待つため山奥の街へと向かうが…
◆出演ジョージ・クルーニー/ヴィオランテ・プラシド/テクラ・ルーテン ◆監督アントン・コービン
◆公式:http://www.kadokawa-pictures.jp/official/the_american/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=wPYgPvWgld8

仕事に束縛され、誰も信じられなくなった孤独な初老の男が、女性に安息を求めるドラマ。
同じ自由を求めている者同士が、必然的に一緒になる様を淡々と描いていました。
シナリオがありがち。スローテンポはいいんだが、バイクのシーンはいらなかった。全裸あり。



△「復讐捜査線」(2010/米=英) ◆40点
◆原題「Edge of Darkness」 ◆読み:ふくしゅうそうさせん ◆鑑賞日2012/08/19 ◆レンタルBD ◆発売日2011/12/02
◆娘が久々に帰郷し迎えにきた刑事の父親。娘が嘔吐し心配するが妊娠を否定。自宅の玄関に出たとき、父親の目の前で娘が散弾銃で撃たれ死ぬ
◆出演メル・ギブソン/ボヤナ・ノヴァコヴィッチ/レイ・ウィンストン ◆監督マーティン・キャンベル
◆公式:http://visual.ponycanyon.co.jp/pickup/movie/pcbp52398/
◆予告:http://www.youtube.com/watch?v=_RyU8uovor0

娘を殺した犯人を捜す父親を描く刑事ドラマ。父親が娘をすごく愛していたことを描くのがメイン。
非合法で核兵器を製造するアメリカを批判し、黒幕の悪代官と企業を成敗するんだが、スッキリ度は弱い。
メル・ギブソンは歳をとっても演技は変わらず。頭部が禿げてた(宗教で?)。幼い女の子役の仕草がかわいく和む。



△「メランコリア」(2011/デンマーク=スウェーデン=仏=独) ◆30点
◆原題「Melancholia」 ◆読み:めらんこりあ ◆2012/08/18 ◆レンタルBD
◆巨大惑星が地球に衝突。姉夫婦の豪邸での結婚パーティーへと向かう新郎新婦は、大きなリムジンできたため狭い道を通るのに時間がかかっていた…
◆出演キルスティン・ダンスト/シャルロット・ゲンズブール/キーファー・サザーランド ◆監督ラース・フォン・トリアー
http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=17991

なまじ知恵をつけたがためにメランコリア(うつ病)となった人類を神が救う終末ドラマ。
人の罪の数々を結婚式で説明しているんだが、これが異常なほど長く退屈だった。
「十の災い」っぽいものも描かれています。キルスティン・ダンストの全裸あり。



△「エスケイプ」(2010/米=加) ◆40点
◆原題「Wrecked」 ◆読み:えすけいぷ ◆2012/08/18 ◆レンタルDVD
◆男は目覚めると大破した車の中だった。脚を挟まれて身動きが取れない。後部座席には男の死体。運転していた男は前方に投げ出され死んでいた
◆出演エイドリアン・ブロディ/カロリン・ダヴァーナス/エイドリアン・ホルムス ◆監督マイケル・グリーンスパン
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_211.html

記憶喪失の男が、生きるために森を長時間さ迷うドラマ。ややロードムービー風。
ほぼ一人芝居。この男にとっての天使が二人でてきます。女性とワンコです。
愛犬といるときが一番楽しい。様々な勇気も与えてくれると言っていました。



△「アジャストメント」(2011/米) ◆50点
◆原題「The Adjustment Bureau」 ◆読み:あじゃすとめんと ◆2012/08/11 ◆レンタルBD
◆局部露出の不祥事で上院議員選挙の落選が確定した青年は、トイレに潜んでいた女性に一目惚れ。その後、バスで女性と再会し電話番号を聞くが…
◆出演マット・デイモン/エミリー・ブラント/マイケル・ケリー ◆監督ジョージ・ノルフィー
http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=17511

神(=議長)を信じることで自由意志が与えられることを描くSF恋愛サスペンス。自由意志とは神の御心である。
運命の扉は人が自ら開けることはできないが、信仰(神の御心を知ろうとすること)により開けることができるようになる。
要するに信仰心のない人はロボットって言っている。背広姿の天使がユニーク。ヒロインが女性としてもダンサーとしても魅力的じゃない。



○「スピーシー・オブ・コブラ」(2010/米=インド) ◆70点
◆原題「Hisss」 ◆読み:すぴーしーおぶこぶら ◆2012/08/11 ◆レンタルDVD
◆癌に冒された男は不老不死の霊石を手に入れるため、交尾中のコブラのオスを捕まえる。メスコブラは人間の女性に変身しオスを探すが…
◆出演マリカ・シェラワット/イルファン・カーン/ディヴィヤ・ダッタ ◆監督ジェニファー・リンチ
http://www.takeshobo.co.jp/book_d/shohin/A306801

女性を大事にしないとえらい目に遭う“B級”蛇女アクション。ドラマ部分がダラダラだが、家族の描き方は○。
蛇女の変身シーンが良い。狼男の変身シーンをワクワクして見ていた頃と同じような感覚が蘇った。
追いかけるシーンの映像切り替えも秀逸だった。インド映画特有の踊りも、短かったが気持ちが良かった。



◎「127時間」(2010/米=英) ◆90点
◆原題「127 Hours」 ◆読み:127じかん ◆2012/08/05 ◆レンタルBD
◆週末にブルー・ジョン・キャニオンでロッククライミングを楽しむ男は迷子の女性二人を案内する。女性と別れた男は落石で右腕を挟まれ動けなくなる
◆出演ジェームズ・フランコ/クレマンス・ポエジー/トリート・ウィリアムズ ◆監督ダニー・ボイル
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12487

死の淵に立った人間が「生きることとは何か」「自分の存在意義とは何か」を考える実話サスペンス。
見終わった後は、今を生きていることの素晴らしさを実感できる。通勤ラッシュでさえ感じ方が違うようになる。
家族などのありがたみはもちろん、世の中には人々の善意が満ちあふれていることも思い出させてくれる。



△「アンダーグラウンド」(2011/米) ◆30点
◆原題「Undergound」 ◆読み:あんだーぐらうんど ◆2012/08/05 ◆レンタルDVD
◆軍は地下施設で怪物掃討に失敗する。2年後、ディスコパーティで集まった若者たちは、喧嘩相手から逃げ、施設に閉じこめられるが…
◆出演ロス・トーマス/エイドリアン・ルマンテ/クリスティーン・エヴァンジェリスタ ◆監督ラファエル・エイゼンマン
http://mid-ship.co.jp/dvd/horror/underground/

地下施設で謎の人型怪物に襲われるB級ホラー。演出が生真面目すぎる。
どうでもいい怪物の正体の説明や、お涙頂戴シーンが長時間すぎる。
怪物が出てくるシーンや、やられるシーンなど見せ方が悪すぎる。



○「アウェイク」(2007/米) ◆70点
◆原題「Awake」 ◆読み:あうぇいく ◆2012/08/04 ◆レンタルBD
◆亡き父から大会社を受け継いだ青年は心臓病で移植手術が必要だった。ある日、友人医師の助言もあり、厳しい母親に黙っていた恋人との結婚を告げる
◆出演ヘイデン・クリステンセン/ジェシカ・アルバ/テレンス・ハワード ◆監督ジョビー・ハロルド
http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12574&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=

母親の愛情を知るサスペンス。いつも見守ってくれている自分の母親に感謝。
世の中の事を何も見ていなかった青年の成長も描いていました。
手術中の患者が幽体離脱して奔走するって設定がユニーク。



○「フェイク シティ2」(2011/米) ◆70点
◆原題「Street Kings 2: Motor City」 ◆読み:ふぇいくしてぃ2 ◆2012/08/04 ◆レンタルBD
◆デトロイトで潜入捜査をする刑事は足を銃で撃たれる。数年後、かつての相棒キンタナが何者かに殺される。警官殺しとして若手刑事と捜査するが…
◆出演ショーン・ハトシー/レイ・リオッタ/インバー・ラヴィ ◆監督クリス・フィッシャー
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=11907

刑事ドラマ(Vシネマ)。前作のテーマ「自分の正義を貫くための悪」を完全無視したストーリーが残念。
が、刑事ドラマとしてのオーソドックスな展開は前作同様悪くない。レイ・リオッタが悪役ってのも定番で良い。
若手刑事役のショーン・ハトシーが、ラッセル・クロウの若いときみたいな表情をかもし出していて良かった。



△「アンダーワールド 覚醒」(2012/米) ◆40点
◆原題「Underworld: Awakening」 ◆読み:あんだーわーるどかくせい ◆2012/07/29 ◆レンタルBD
◆ヴァンパイアとライカンの存在が人間に知れ渡り、駆除が開始される。セリーンは捕らえられて、12年後に冷凍から目覚めるが…
◆出演ケイト・ベッキンセール/マイケル・イーリー/インディア・アイズリー ◆監督モンス・モーリンド/ビヨーン・ステイン
http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRS-80227

吸血鬼と狼男の対立を描くアクションシリーズ第2弾の続き。全編が単調なアクションだけなので退屈だった。
娘を必死で守る強い母親を描くでもなし、娘の成長を描くでもなし。娘が存在していましたって報告だけじゃ面白くない。
2作目で魅せたベッキンセールの色っぽさが無くなって残念。序盤の「人間にばれた」って煽りだけが良かった。



×「悪霊の餌食 ブラッディ・アイランド」(2009/加) ◆10点
◆原題「The Seamstress」 ◆読み:あくりょうのえじきぶらっでぃあいらんど ◆2012/07/29 ◆レンタルDVD
◆行方不明になった記者の父親を探す女子大生は、手がかりのメモに書かれた人物を訪ねる。女子大生とその友達は船で孤島に向かうが…
◆出演ララ・ギルクリスト/デヴィッド・コップ/ランス・ヘンリクセン ◆監督ジェシー・ジェイムズ・ミラー
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/theseamstress/

森で人の幽霊に襲われるB級ホラー。ヒロインが大声大根でイライラ。画面は終始真っ暗。スプラッタなし。
幽霊が存在する理由とか、過去に何があったのかとか、犯人が判明した理由とか、全く理解できない編集。
ビショップ役でお馴染みのランス・ヘンリクセンが出ていたんだが、角が取れたのか顔つきが変わったな。



×「TIME/タイム」(2011/米) ◆20点
◆原題「In Time」 ◆読み:たいむ ◆2012/07/28 ◆レンタルBD
◆全人類の成長が25歳で止まり、腕のデジタルで余命がカウントダウンされる世界。ある日、余命が100年以上もある男がスラム街のバーに現れる
◆出演ジャスティン・ティンバーレイク/アマンダ・セイフライド/ヴィンセント・カーシーザー ◆監督アンドリュー・ニコル
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12527

世の中は金が全てだと訴えるアクション。展開が超ダラダラの駄作。酷すぎる。
俺たちが貧乏なのは、裕福な奴らが俺たちをこき使い、金を稼いでいるからだ。
犯罪を犯してでも、裕福な奴らから金を奪え。それが正義だ!ってアホ丸出し。



△「わたしを離さないで」(2010/英=米) ◆50点
◆原題「Never Let Me Go」 ◆読み:わたしをはなさないで ◆2012/07/28 ◆レンタルBD
◆寄宿学校の男の子は仲間外れにされ叫ぶ。声をかけてくれた女の子と恋が芽生える。その学校は臓器提供のためのクローン人間を養育する施設だった
◆出演キャリー・マリガン/アンドリュー・ガーフィールド/キーラ・ナイトレイ ◆監督マーク・ロマネク
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12474

普通の人生そのものを描くドラマ。老いを臓器摘出の衰弱で表現。人生の単調さを腕のタイムカードで表現。
人は誰しも歳をとるにつれ、人生を振り返り、過去の行いを反省し、悔やむものだと言っています。
人は物心ついた時から死を受け入れているってのは間違っていると思うぞ。愛は免罪符とはならないってのは良い。



○「サンクタム」(2010/米) ◆70点
◆原題「Sanctum」 ◆読み:さんくたむ ◆2012/07/22 ◆レンタルBD
◆巨大洞窟を調査する実業家は巨大な空洞を新発見するが、事故で女性探索員を亡くす。そんな折り、サイクロンが発生し大量の水がなだれ込む
◆出演リチャード・ロクスバーグ/リース・ウェイクフィールド/ヨアン・グリフィズ ◆監督アリスター・グリアソン
http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=18032

父と子の絆を描くロードムービー。なんだかんだ言っても信頼し合っているってことだな。
雰囲気が「ポセイドン・アドベンチャー」とかの大昔のスペクタクルのそれ。逆に言えば古くさい。
洞窟内部が作り物っぽい。頭のライトだけなのに異常に明るいなどリアリティはやや薄い。



○「ダークワールド」(2010/露) ◆70点
◆原題「Dark World」 ◆読み:だーくわーるど ◆2012/07/22 ◆レンタルDVD
◆ゴシック系の女学生は映画館で会う約束をした男が女を連れてきて落胆する。そんな折り、学生たちは課題のため教授と山奥の森へと向かうが…
◆出演シェトラナ・イワノワ/イヴァン・ジトコフ/セルゲイ・ウグリュモフ ◆監督アントン・メゲルディチェフ
http://www.new-select.jp/dvd/2011_12_1.html

学生たちが謎の悪魔集団に捕らわれる青春SFファンタジーアクション。ラストが残念。
映像が美しく、恋愛あり、中国映画風の飛び回る剣術アクションありで良かった。
ヒロインのお姉ちゃんが端正な顔立ちでかなり良いので+10点。おっぱいポロリもあるよ。



△「シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム」(2011/米) ◆50点
◆原題「Sherlock Holmes: A Game of Shadows」 ◆読み:じゃーろっくほーむずしゃどうげーむ ◆2012/07/21 ◆レンタルBD
◆各地で連続爆破事件が発生。ある小包を運ぶ女性に警告するホームズだが、男4人に取り囲まれる。女性はオークション会場で小包を男に渡すが…
◆出演ロバート・ダウニーJr/ジュード・ロウ/ジャレッド・ハリス ◆監督ガイ・リッチー
http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12881

新探偵キャラとその助手のベストコンビ度合いを描くアクション第2弾。推理要素はほぼ無し。自己犠牲飽きた。
スローモーション多用で内容の無さを誤魔化していました。殺し屋が失敗した犯人を殺すが、殺し屋が要人を殺しちゃ駄目なのか。
「東京大学物語」風の未来予測シーンはいいんだが、0.00001秒って表示希望。裸のおっさんなどコメディ部分は面白くない。



×「デスドール」(2010/米) ◆20点
◆原題「Needle」 ◆読み:ですどーる ◆2012/07/21 ◆レンタルDVD
◆10年前にある家族の父が胸がら血を出して死亡。現在。大学生の男は、古い箱を亡き父から相続する。そんなある日、友人が次々と死ぬ
◆出演マイケル・ドーマン/タイーナ・トッツィ/トラヴィス・フィメル ◆監督ジョン・V・ソト
http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=580057

展開が異常にノロノロしてイライラするブードゥーホラー。スプラッタは低水準。犯人捜しも面白くない。
ある館に行くんだが、何故行ったのか理由が思い出せないほどの糞編集。主人公のへたれっぷりに苦笑。
ラストに犯人がどこに行こうとしていたのか謎で苦笑。おっぱい無し。ゲームのFFキャラ風な容姿の女優に+10点。



△「4デイズ」(2010/米) ◆40点
◆原題「Unthinkable」 ◆読み:ふぉーでいず ◆2012/07/16 ◆レンタルBD
◆アメリカに仕掛けた3つの核爆弾が4日後に爆発するとイスラム系アメリカ人が予告。犯人は捕まり、FBIのテロ対策班、謎の男などが招集される
◆出演キャリー=アン・モス/サミュエル・L・ジャクソン/マイケル・シーン ◆監督グレゴール・ジョーダン
http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BLU-80089

アメリカ人もテロリストも宗教関係なく人は全て同じ穴のムジナなことを描く拷問サスペンス。テンポも良く、展開もスリリング。
が、制作者が異常。観客に子供が拷問されるのを期待させることによって、ハラハラさせる手法を採用したキチガイ。
テロリストがわざと捕まった理由も異常。拷問でイエスを連想させようとしている。つまり、テロは神の意志だと映画の根底で訴えている。



△「キリング・ゲーム」(2011/米) ◆30点
◆原題「Arena」 ◆読み:きりんぐげーむ ◆2012/07/16 ◆レンタルDVD
◆ネットで殺人格闘を見せて金を稼ぐ組織があった。一方、妊娠中の妻を交通事故で亡くして自暴自棄になった青年は、酒場で女に誘われるが…
◆出演ケラン・ラッツ/カティア・ウィンター/サミュエル・L・ジャクソン ◆監督ジョナ・ループ
http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=TSDD-80211

妻子を亡くした男が、止められるのに止めずにうっぷんを晴らす殺人強制B級アクション。
全てのシーンが間延びしていました。特に最初の事故シーンがひどかった。
化粧しまくりのおねーちゃん(全裸もあり)がいっぱい出てくるのだけが救い。



○「キラー・インサイド・ミー」(2010/米=スウェーデン=英=加) ◆80点
◆原題「The Killer Inside Me」 ◆読み:きらーいんさいどみー ◆2012/07/15 ◆レンタルDVD
◆米の田舎町。好青年と評判の保安官助手は売春婦に退去を命じるが、売春婦は怒り保安官助手を殴る。保安官助手も怒り売春婦を犯してしまうが…
◆出演ケイシー・アフレック/ケイト・ハドソン/ジェシカ・アルバ ◆監督マイケル・ウィンターボトム
http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXN-1054

悪魔が人間刈りを楽しむ冷酷殺人鬼ドラマ風スリラー。労組の男が別の悪魔なのか、神の使いなのかを考えると面白い。
昔から(義兄など)何人も殺し続けている「人の姿をした悪魔」を通して、神(と信仰する人)を嘲笑していました。
車内で告解したが、赦しを拒むとかユニークなシーン多数。悪魔に魅了された人々の末路も良かった。業火が合成臭く残念。



△「フェーズ7」(2008/仏) ◆50点
◆原題「Mutants」 ◆読み:ふぇーずせぶん ◆2012/07/15 ◆レンタルDVD
◆人が怪物に変貌するウィルスが蔓延する世界。救急車で安全な軍事基地に向かう一行。女軍人は停車させ感染が判明した男を銃で殺害する
◆出演エレーヌ・ド・フジュロール/フランシス・ルノー/ディダ・ディアファ ◆監督デイヴィッド・モーレイ
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/mutants/

愛する人を苦痛から解放させる(殺す)ことの是非を問うB級ゾンビアクション。
その悲しさ、葛藤など両者の心境の描き方が弱いので、ラストの溜めが微妙だった。
人間が化け物に変貌していく過程が売りだが、途中でゾンビ襲撃中心になって残念。



○「インシディアス」(2010/米) ◆70点
◆原題「Insidious」 ◆読み:いんしでぃあす ◆2012/07/08 ◆レンタルDVD
◆新居に引っ越しして間もない夫婦と3人の子供。屋根裏部屋へ行くと無くなった荷物が置いてあった。赤ちゃん用モニターから謎の声がするが…
◆出演ローズ・バーン/パトリック・ウィルソン/バーバラ・ハーシー ◆監督ジェームズ・ワン
http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0042

オカルトホラー。ウォークスルーのお化け屋敷っぽいシーンが良かった。
アヒャ顔の女の幽霊もインパクト抜群で良かった。見た後はアヒャごっごが楽しい。
中盤までのパターンがありきたり。ローズ・バーンが3児の母親役ってのがしっくりこない。



△「ゴーストライター」(2010/仏=独=英) ◆30点
◆原題「The Ghost Writer」 ◆読み:ごーすとらいたー ◆2012/07/08 ◆レンタルDVD
◆元英国首相ラングの自叙伝執筆のゴーストライターである前任者が死亡したため、その仕事を引き継いだ男は、ラングが滞在する孤島へと向かう
◆出演ユアン・マクレガー/ピアース・ブロスナン/キム・キャトラル ◆監督ロマン・ポランスキー
http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXN-1074

権力者を影で操っている者が必ずいることを描くドラマ。
そいつらの目的は売国だ。おまえらも早く気付けと言っていました。
展開も雰囲気も古くさい。80年代のイギリスの探偵映画な感じ。



○「ドラゴン・タトゥーの女」(2011/米=スウェーデン) ◆60点
◆原題「The Girl with the Dragon Tattoo」 ◆読み:どらごんたとぅーのおんな ◆2012/07/07 ◆レンタルBD
◆ジャーナリストの男は実業家の名誉毀損裁判で敗訴し窮地に陥る。そんな折り、ある財閥から40年前に姪を殺した犯人を捜す依頼を受ける
◆出演ルーニー・マーラ/ダニエル・クレイグ/クリストファー・プラマー ◆監督デビッド・フィンチャー
http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=BRS-80224

素行を調べた男を勝手に好きになった女による片思いラブストーリー。レイプシーンあり。
大昔の失踪事件の推理は前面にあるけどオマケでした。オマケを長時間見せられても困る。
奇抜な女性キャラだけで押し切るのはいいんだけど、ちょっと制作者の自己満足臭い。



○「ザ・ライト エクソシストの真実」(2011/米) ◆60点
◆原題「The Rite」 ◆読み:ざらいとえくそしすとのしんじつ ◆2012/07/07 ◆レンタルBD
◆幼い頃に母を亡くし神を信じなくなった葬儀屋の青年は、家業から逃れるため神学校に入学。4年後、エクソシストを勧められバチカンへ向かう
◆出演コリン・オドナヒュー/アンソニー・ホプキンス/ルトガー・ハウアー ◆監督ミカエル・ハフストローム
http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12572&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=

全てを創りたもうた全知全能の唯一神が、何故に悪魔の存在を許すのかを描く、人の救いのドラマ。
そのことを悟らせる(=救う)ために神は人生と言うシナリオを与える。母親の死さえもシナリオの一部なのだ。
悪魔の名は「バール」=ローマを侵攻したハンニバル将軍。密かに「ハンニバル」繋がりでした。



○「24時間」(2011/加) ◆70点
◆原題「Skeleton Lake (Battleground)」 ◆読み:にじゅうよじかん ◆2012/07/01 ◆レンタルDVD
◆警官を殺し銀行から320万ドルを強奪した男達は、急遽変更になった逃走用ルートの確定を待つため、人里離れた森の古家へと潜伏するが…
◆出演ブライアン・ラーキン/ボブ・シンバルスキー/リー・サンフォード ◆監督ニール・マッケイ
http://www.primewav.com/movie/1202a.html

森を舞台にした銀行強盗団VS殺人鬼のB級アクション。「プレデター」の人間版っぽい雰囲気。
頭蓋骨取り出しあり。普通のおっさん風の殺人鬼だが、キャラを確立させるシーンがポツポツあり良かった。
全体に単純明快で面白かった。マイクっぽいのが映っているシーンがあり、もったいなかった。



△「トゥモロー 僕たちの国が侵略されたら…」(2010/濠) ◆30点
◆原題「Tomorrow, When the War Began」 ◆読み:とぅもろーぼくたちのくにがしんりゃくされたら… ◆2012/07/01 ◆レンタルDVD
◆18歳間近の女性は仲間と遠くの山へキャンプへ行く。水辺で無数の戦闘機を見る。数日後に帰宅すると、犬が死んでいて、両親は消えていた
◆出演ケイトリン・ステイシー/デニス・アクデニス/アシュリー・カミングス ◆監督スチュアート・ビーティー
http://www.amazing-dc.jp/movie/action/adf-9007.html

謎の軍隊に街を占拠され、偶然助かった子供達が奔走するドラマの序章。アクションも青春色も薄く、成長も描いていない駄作。
長期間占拠され続け、国連は無能って事を言いたいのかも。お姉ちゃんが急にたいまつを作り爆発させるシーンでリアリティゼロに。
子供達の言い争いとか意見とか、いかにも大人が考えた綺麗事って感じで、全く耳に入ってこない。リーの肉体的若さがまぶしい。



△「インターセプター」(2009/露) ◆40点
◆原題「Zapreshchennaya realnost/Interceptor」 ◆読み:いんたーせぷたー ◆2012/06/30 ◆レンタルDVD
◆飛行中の無人の輸送機の中で目覚める諜報部員の男は爆発から間一髪逃れる。3年後、元同僚で政界の実力者が新開発の大量殺人兵器を入手するが…
◆出演イゴール・ペトレンコ/アレクサンダー・バルエフ/アンドレイ・チャブチェンコ ◆監督コンスタンティン・マキシモフ
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_209.html

ロシア製クトゥルフ神話SFアクション。ニャルラトテップのお話を直球で描いています。
ハイパーボリアと思われる都市や人も登場。ラスボス戦はクトゥルフしまくってました。
カーチェイスや格闘アクションなど全てがダラダラで全体に退屈。見所は新兵器使用の映像だけ。



△「エレクトリック・ミスト 霧の捜査線」(2009/米=仏) ◆40点
◆原題「In the Electric Mist」 ◆読み:えれくとりっくみすときりのそうさせん ◆2012/06/30 ◆レンタルDVD
◆若い女性の惨殺死体が発見される。刑事は、南北戦争の映画の撮影で街に来ていた俳優から、湿地帯で黒人男性の白骨死体を発見したと聞くが…
◆出演トミー・リー・ジョーンズ/メアリー・スティーンバージェン/ピーター・サースガード ◆監督ベルトラン・タベルニエ
http://www.amazing-dc.jp/movie/suspense/adf-9001.html

南北戦争の問題は今でも根強くアメリカ人の心に残っている事を描く刑事ドラマ。
犯人が分かりづらい、女性を惨殺した動機が不明、ラストの写真の必要性など難点多数。
妻役のメアリー・スティーンバージェンは、お年を召して魅力度が大幅に増したな。



△「コンテイジョン」(2011/米) ◆30点
◆原題「Contagion」 ◆読み:こんていじょん ◆2012/06/24 ◆レンタルBD
◆香港から米に帰国した女性が口から泡を吹いて死ぬ。香港で青年が、ロンドンでモデル、東京でビジネスマンが倒れる。新型のウイルス感染だった
◆出演マット・デイモン/ジュード・ロウ/ジェニファー・イーリー ◆監督スティーブン・ソダーバーグ
http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=12276&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=

ウィルス感染拡大ドラマ。サスペンスは一切無し。ドラマ性も薄い。登場人物が感染した、しなかったを淡々と描くだけの駄作。
インターネットはデマだが、テレビは何があっても平常営業で、かつ真実を暴露するから素晴らしいと言っている気持ち悪い映画。
暴動+食料不足+街が廃墟+交通マヒなのに、父親の危機感の無さは異常。食べるものがないから並んでたんだろ、娘が飢え死にするぞ。



○「ソロモン・ケーン」(2009/英=チェコ=仏) ◆60点
◆原題「Solomon Kane」 ◆読み:そろもんけーん ◆2012/06/24 ◆レンタルDVD
◆冷酷無比なソロモンは城に攻め込むが、悪魔と対峙し逃げる。人殺しをすれば悪魔がくると怯え清教徒になる。司祭はソロモンに故郷へ行けと命じる
◆出演ジェームズ・ピュアフォイ/レイチェル・ハード=ウッド/ジェイソン・フレミング ◆監督マイケル・J・バセット
http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7501

自分を救うためのロードムービー+キリスト+自己犠牲+中世ダーク・ファンタジー。
世界観やストーリーがしっかりしていて、映像も作風にマッチ。定番の大男の正体も良かった。
が、「他愛」が足りない。自分を救うことしか考えていない主人公なので、魅力的じゃなかった。



△「トゥルー・グリット」(2010/米) ◆50点
◆原題「True Grit」 ◆読み:とぅるーぐりっど ◆2012/06/23 ◆レンタルBD
◆父を殺された少女は犯人への制裁を誓い、保安官とテキサス・レンジャーの3人で追跡するが…。1969年「勇気ある追跡」のリメイク
◆出演ジェフ・ブリッジズ/ヘイリー・スタインフェルド/マット・デイモン ◆監督ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7614

人は何をしようが誰でも必ず死に、元に戻ることを描くロードムービー風の西部劇。
初老の男が可愛い孫に自慢話とかして、一緒にウキウキ楽しく過ごすだけのお話。
孫側もじーちゃんと一緒にいて楽しいありがとうって感じ。ジェフ・ブリッジズのファン向け。



△「ゴースト・オブ・チャイルド」(2009/西) ◆40点
◆原題「The Haunting(No-Do)」 ◆読み:ごーすとおぶちゃいるど ◆2012/06/23 ◆レンタルDVD
◆病院で赤ちゃんが死ぬ。小児科医の女性は、その影響もあってか、実子の育児のため仕事を辞めて、夫と郊外の大きな屋敷を借りて暮らすが…
◆出演アナ・トレント/フランシスコ・ボイラ/エクトール・コロメー ◆監督エリオ・キロガ
http://www.kadokawa-pictures.jp/official/ghost_of_child/

母親の精神がいかれているのかどうか、あやふやにしようとして失敗したオカルトホラー。
娘の存在の見せ方が下手くそで損をしている。館の過去とかCGラスボスなど陳腐。
赤ちゃんと一緒の部屋に居たら駄目って、嘘か本当か外人の謎の文化に疑問。音がしたら直ぐに調べろ。



○「アナザー プラネット」(2011/米) ◆70点
◆原題「Another Earth」 ◆読み:あなざーぷらねっと ◆2012/06/16 ◆レンタルBD
◆宇宙を夢見る女はマサチューセッツ工科大学に入学し浮かれていた。飲酒運転中にラジオで新星が発見されたと聞き見上げると対向車に追突する
◆出演ブリット・マーリング/ウィリアム・メイポーザー/クマール・パラーナ ◆監督マイク・ケイヒル
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12344

罪の意識にさいなみ、みじめな自分から逃げるドラマ。もうひとつの地球は、違う人生の自分を妄想し現実逃避をするための天国的存在でした。
人を殺した女が同時に自分も死に無限地獄に落ちる。男を救い罪から逃れたと妄想した矢先に、成功した自分(宇宙飛行士)が現れ苦悩が続く。
淡々とした雰囲気を必要のない説明ナレーションとセリフでぶちこわしていた。テレビで人生が変わるってのはブラックジョークか。



△「ホステル3」(2011/米) ◆30点
◆原題「Hostel: Part III」 ◆読み:ほすてる3 ◆2012/06/16 ◆レンタルDVD
◆結婚前の独身パーティのため男4人がラスベガスで落ち合う。ギャンブルを楽しんでいるとセクシーな女性2人に誘われ、路地裏の建物へと入るが…
◆出演ブライアン・ハリセイ/キップ・パルデュー/ズライ・エナオ ◆監督スコット・スピーゲル
http://bd-dvd.sonypictures.jp/fr/fr/displayGoodsDetail.do?goodsCode=TSDD-80213

お金持ちのために人殺しの場を提供する拷問ホラー第3弾。Vシネマ。
前2作とは全く違う作風。拷問シーンは少なく、見せ方も悪い。
ゴキブリのシーンで映画の観客を拷問するって間違ってるだろ。



△「BUNRAKU ブンラク」(2010/米) ◆40点
◆原題「Bunraku」 ◆読み:ぶんらく ◆2012/06/10 ◆レンタルDVD
◆全ての銃が破棄され、剣が銃の代わりとなった世界。ある街では決闘で組織内の順位を決めていた。よそ者のギャンブラーと侍が街にきたが…
◆出演ジョシュ・ハートネット/GACKT/ウディ・ハレルソン ◆監督ガイ・モシェ
http://www.shochiku-home-enta.com/shop/item_detail?category_id=30739&item_id=719335

日本かぶれが強い亜流「シン・シティ」なアクション。某殺し屋ランキングゲームも入ってます。
戦いはアクション的に弱い。特徴は俳優陣の魅力だけって感じ。デミ・ムーアはまだまだいけるな。
モデルの海保エミリが、ジョシュ・ハートネットやGACKTを食っていたのが一番印象に残った。



△「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011/米) ◆20点
◆原題「Captain America: The First Avenger」 ◆読み:きゃぷてんあめりかざふぁーすとあべんじゃー ◆2012/06/10 ◆レンタルBD
◆1942年。兵士に5回も志願するが貧弱なため不適格とされた青年は、軍の実験に同意し強靱な肉体を入手。軍は広告として見せ物にするが…
◆出演クリス・エヴァンス/ヘイリー・アトウェル/トミー・リー・ジョーンズ ◆監督ジョー・ジョンストン
http://dvd.paramount.jp/search/detail.php?id=7553

戦争ヒーローアクション。筋肉男になるまでのどうでもいい素質紹介が異常に長く退屈。
盛り上がるところとか、面白いところとか一切無し。顔真っ赤の敵との一騎打ちも何故か無し。
古い時代にハイテク兵器がミスマッチってのが唯一の売りなのかも。円盤が戻ってくるのが謎。



○「リアル・スティール」(2011/米) ◆60点
◆原題「Real Steel」 ◆読み:りあるすてぃーる ◆2012/06/09 ◆レンタルBD
◆人間同士のボクシングに代わりロボットボクシングになった時代。借金まみれで一発屋の元ボクサーは、養育権を放棄した息子を一時的に預かるが…
◆出演ヒュー・ジャックマン/ダコタ・ゴヨ/ケヴィン・デュランド ◆監督ショーン・レヴィ
http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1111&pid=30000000003075

ロボットボクシングアクション。最後の試合はかなり盛り上がった。そう言えば昔の漫画やゲームに「ロボレス」とかあったな。
子供が、家族を見捨てた最低の父親のボクシング姿に騙されて、尊敬するにいたるまでの不条理な過程を描いていました。
日本が頻繁に出てきて、かつての栄華と現在の衰退を連想させるが、無理矢理好意的に受け止めれば日本頑張れってメッセージかもしれん。



○「ステイク・ランド 戦いの旅路」(2010/米) ◆70点
◆原題「Stake Land」 ◆読み:すていくらんどたたかいのたびじ ◆2012/06/09 ◆レンタルDVD
◆ヴァンパイアが蔓延る世界。夜に車庫で家族がヴァンパイアに襲われる。少年は中年の男に助けられる。安住の地を求めて一緒に北へ旅をするが…
◆出演コナー・パオロ/ニック・ダミチ/ケリー・マクギリス ◆監督ジム・マイケル
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_210.html

家族との安らぎを描くB級ゾンビ風ヴァンパイア・ロードムービー。他人同士がいつの間にか家族になっている構成が良い。
派手さは無いが、定番的な父と子や、母(妊婦)、祖母(シスター)との関係、少年の成長など、ロードムービーとして一定水準をクリア。
ヴァンパイアをヘリから落とし町を襲わせるとかも良かった。再会や終盤の妊婦さんのシーンなど分かりづらい所がありもったいなかった。



△「ザ・ウォード 監禁病棟」(2010/米) ◆40点
◆原題「The Ward」 ◆読み:ざうぉーどかんきんびょうとう ◆2012/06/03 ◆レンタルDVD
◆精神疾患のある女性は、とある田舎の家に放火し、呆然とたたずんでいるところを逮捕され、精神病院の監禁病棟に収容されるが…
◆出演アンバー・ハード/ジャレッド・ハリス/ダニエル・パナベイカー ◆監督ジョン・カーペンター
http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BIXF-0045

精神病棟で謎の幽霊に襲われるホラー。怖さ無し。
スプラッタシーンほぼ無し。オチにひねりがない。
俳優に魅力無し。特筆することが全く無い凡作。



△「夏の終止符」(2010/露) ◆30点
◆原題「Kak ya provel etim letom(How I Ended This Summer)」 ◆読み:なつのしゅうしふ ◆2012/06/03 ◆レンタルDVD
◆ロシアの北極気象観測所で働く男二人。ある日、年配者は魚を捕りにボートで出かける。その時に本部から年配者の家族が亡くなったと無線が入る…
◆出演グレゴリー・ドブリギン/セルゲイ・プスケパリス ◆監督アレクセイ・ポポグレブスキー
http://amazing-dc.jp/movie/drama/adm-4003.html

さっぱり意味不明なドラマ。親子みたいな関係を描いているかと思ってたけど、終盤に急転し理解不能な展開へ。
なんでそこまで殺意が湧くのか???。何の関係があるのか分からない放射能が???。とにかく???。
赤の他人の男二人が長期間一緒にいると密かに気が狂っているってことを言いたいのかも。間を取りすぎる編集が古くさい。



○「塔の上のラプンツェル」(2010/米) ◆60点
◆原題「Tangled」 ◆読み:とうのうえのらぷんつぇる ◆2012/06/02 ◆レンタルBD
◆若返りの花を見つけた老婆。国王はその花を根こそぎ奪い、病気の王妃に与えると助かり出産。老婆は若返りの能力をもつ赤子をさらうが…
◆出演マンディ・ムーア/ザカリー・レヴィ/ドナ・マーフィ ◆監督ネイサン・グレノ/バイロン・ハワード
http://disney-studio.jp/product/index.jsp?cid=1090&pid=30000000002740

恋愛ミュージカルアニメ。馬キャラがユニークで秀逸。ヒロインが可愛い。特に赤ちゃんの時が可愛い。
ヒロインがよい子に育ったのがホラー的で怖い。微妙に「アラジン」っぽいんだが、比べると雲泥の差。
タイのコムローイ風シーンは幻想さがいまいち。全体に強引だが、自分の正体に気付くのが特に強引で残念。



○「リセット」(2010/米) ◆60点
◆原題「Vanishing on 7th Street」 ◆読み:りせっと ◆2012/06/02 ◆レンタルBD
◆映画技師の男は突然の停電で映写部屋から出ると無数の服が落ちていて誰もいなくなっていた。ニュースリポーターの男は目覚めると…
◆出演ヘイデン・クリステンセン/タンディ・ニュートン/ジョン・レグイザモ ◆監督ブラッド・アンダーソン
http://avexnet.jp/id/reset/discography/product/AVXF-29982.html

自分の存在意義を忘れ、堕落した人類を再生する信仰ホラーサスペンス。
一筋の光明(=神)を求め必死になることが、人を救うと言っていました。
光の強さは信仰心の強さを表現。アダムとイヴ、リンゴも出てくるよ。



○「スリーデイズ」(2010/米=仏) ◆60点
◆原題「The Next Three Days」 ◆読み:すりーでいず ◆2012/05/28 ◆レンタルBD
◆大学教授の男の妻は夜の食事会で相手の女性と険悪になる。翌朝に妻が上司の殺人容疑で逮捕される。仏映画「すべて彼女のために」のリメイク
◆出演ラッセル・クロウ/エリザベス・バンクス/タイ・シンプキンス ◆監督ポール・ハギス
http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0002/list.php?CNo=2&AgentProCon=16691

司法の欠陥を嘆く脱獄ドラマ。妻を頑なに信じる夫の描き方が直球で良かった。その反面、妻の心境の描写が弱すぎる。
終盤は逃げ切れるかどうかの瀬戸際な展開でハラハラして面白かった。車のクルクルアクションは毛色が違い苦笑。
普通は真犯人を捜すとかなんだけど、脱獄をさせることに執念を燃やすってのが、どうにも受け入れられない。



×「ザ・フィールド」(2011/米) ◆10点
◆原題「Husk」 ◆読み:ざふぃーるど ◆2012/05/28 ◆レンタルDVD
◆ドライブ中の5人の男女の車が大量のカラスの追突で事故を起こしトウモロコシ畑の脇で停車。助手席にいた男は消え、トウモロコシ畑を探すが…
◆出演C・J・トマソン/ウェス・チャサム/デヴォン・グレイ ◆監督ブレット・シモンズ
http://www.transformer.co.jp/products/TMSS_225.html

トウモロコシ畑で「かかし」に襲われるだけの超B級ホラー。
ストーリー、スプラッタほぼ無し。怖さ、不気味さ無し。
俳優に魅力無し。低予算B級でも、これは流石にむごい。



○「狼たちの処刑台」(2009/英) ◆60点
◆原題「Harry Brown」 ◆読み:おおかみたちのしょけいだい ◆2012/05/26 ◆レンタルDVD
◆犯罪集団の若者による射殺事件が発生。一方、年老いた男は入院中の妻を見舞い、親友とパブでチェスをする静かな毎日を送っていた…
◆出演マイケル・ケイン/ショーン・ハリス/エミリー・モーティマー ◆監督ダニエル・バーバー
http://amazing-dc.jp/movie/adx-1013.html

老人による若者成敗ドラマ。大麻栽培所のシーンで終わっていれば良かったんだが、その後がグダグダ。
警察が登場するたびに話の腰が折られてげんなりした。主人公も老人じゃなく若者に変わっていた。
とにかく大麻栽培所の裸の男(ショーン・ハリス)のキャラが超魅力的ですごい。このキャラだけは必見。



○「英国王のスピーチ」(2010/英=豪) ◆60点
◆原題「The King's Speech」 ◆読み:えいこくおうのすぴーち ◆2012/05/26 ◆レンタルDVD
◆英国王ジョージ5世の次男は吃音障害だった。公務のスピーチがうまくできずに悩んでいた。妻は最後の望みとして平民の専門家に相談するが…
◆出演コリン・ファース/ヘレナ・ボナム・カーター/ジェフリー・ラッシュ ◆監督トム・フーパー
http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBXF-2021

対人緊張症の男が嫁の支えに加え、真の友を得て自信を取り戻すドラマ。ややコメディあり。
不満や怒り、悩みなどを抱えている人は、何でも話せる人がいるとスッキリするよって話。
密かに人種の差別と批判の両方が入っています。また、第二次世界大戦を正当化する映画でもありました。



×「ガリバー旅行記」(2010/米) ◆10点
◆原題「Gulliver's Travels」 ◆読み:がりばーりょこうき ◆2012/05/19 ◆レンタルBD
◆新聞社で郵便物を配る仕事をする冴えない男は、盗作の旅行記事を片思いの女性記者に見せると認められ、バミューダへの取材を頼まれるが…
◆出演ジャック・ブラック/クリス・オダウド/アマンダ・ピート ◆監督ロブ・レターマン
http://video.foxjapan.com/search/detail.php?id=12085

デブ男が外に出るだけで人生バラ色になる恋愛コメディ。笑い低レベル。
とにかく何もしていないのに、全てが丸く収まるのがひどすぎる。
特に恋愛部分は怒りすら覚えた。ロボット変形シーンだけが見所。



△「デスティニー 未来を知ってしまった男」(2006/米=独) ◆40点
◆原題「First Snow」 ◆読み:ですてぃにーみらいをしってしまったおとこ ◆2012/05/19 ◆レンタルDVD
◆ジュークボックスを売って一山当てようともくろむセールスマンは車が故障し、場末のダイナーに立ち寄る。そこの露店で占ってもらうが…
◆出演ガイ・ピアース/パイパー・ペラーボ/ウィリアム・フィクトナー ◆監督マーク・ファーガス
http://www.albatros-film.com/title.phtml?route=&titleid=1155

自分の死期が近いことを知った男が、助かる道を探して奔走するドラマ。SF要素なし。
過去の行いを恥じて、人を訪ねて謝罪する「フラットライナーズ」っぽい感じ。
悪あがきとか、悟りとかのシーンは一応あるんだが、地味で気付かないぐらい弱い。



○「CAGED 監禁」(2010/仏) ◆60点
◆原題「Caged(Caged)」 ◆