the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

参考文献




  1. 青野靖之 (1993)
    温度変換日数法によるソメイヨシノの開花に関する気候学的研究.大阪府立大学紀要, 45, 155-192.

  2. 青野靖之・山元敬男 (1989)
    速度論的手法によるソメイヨシノの開花日の推定. 農業気象, 45 25-31.

  3. 青野靖之・小元敬男 (1990a)
    チルユニッ トを用いた温度変換日数法によるソメイヨシノの開花日の推定. 農業気象, 45, 243-249.

  4. 青野靖之・小元敬男 (1990b)
    温度変換日数法を用いたサクラの開花日の簡便推定法. 農業気象, 46, 147-151.

  5. 青野靖之・小元敬男 (1990c)
    都市温度のサクラの開花に及ぼす影響について. 農業気象, 46, 123-129.

  6. 青野靖之・小元敬男 (1992)
    ヤマツツジ・フジ・アジサイの開花日の推定. 農業気象, 47, 233-240.

  7. 青野靖之・小元敬男 (1994)
    サクラの開花史料による 11世紀以降の京都の気温の推定. 農業気象, 49, 263-272.

  8. 岡村敏夫 (1989)
    生物季節と気象<サクラ開花>. 気象, 384号, 30-34.

  9. 小倉 裕 (1942)
    東京市内に於ける染井吉野桜の開花予想. 産業気象調査報告, 10, 127-130.

  10. 亀山裕己・深石一夫 (1990)
    日本の冬季降水の地域性・経年変化に関する統計的考察.「社会科」学研究, 19号, 12-22.

  11. 河村 武 (1970)
    中規模の気候区分. 地理, 15, (7),18-24.

  12. 河村 武 (1982)
    季節現象の観測と気候の解明への応用. 天気, 29, 559-574.

  13. 河村 武 (1993)
    サクラの開花資料による小氷期の気候復元の試み.地学雑誌, 102, 125-130.

  14. 菊地原英和 (1981)
    日本の気候区分とその技法. 気象研究ノー ト,143, 39-65.

  15. 気象庁 (1964)
    生物季節観測指針 (追録その5 1981),85ページ.

  16. 気象庁 (1988)
    生物観測30年報. 気象庁技術報告, 11O号, 233ページ.

  17. 気象庁観測部 (1989)
    生物季節に関する解説資料−地域別に見た植物季節−. 解説資料, 第16号, 77ページ.

  18. 倉島 厚 (1969)
    季節論. 関口武編 「現代気候学論説」 東京堂出版, 73-98.

  19. 金野隆光 (1991)
    気候資源評価への温度変換日数法の利用. 気象研究ノート, 171, 109-118.

  20. 坂井恭正・河原律子 (1952)
    東京における桜 (ソメイヨシノ)の開花予想.産業気象調査報告, 16, 65-69.

  21. 篠原久男 (1951)
    気温がソメイヨシノの開花日に影響する時期.農業気象, 7, 19-20.

  22. 篠原久男 (1952)
    朝鮮の桜開花日に影響する気温. 農業気象, 8, 23-24.

  23. 関口 武 (1964)
    日本の雨の長期変動の地域性.地理学評論, 37, 217-225.

  24. 田坂郁夫 (1988)
    冬季降水量変動の地域性について. 地理学評論,61, 485-495.

  25. 大後美保 (1961)
    「季節の辞典」 東京堂出版.

  26. 中原孫吉 (1940)
    桜の開花期の地理的分布に就いて. 気象集誌, 第二輯, 18, 236-238.

  27. 中原孫吉 (1944)
    植物季節線の推移状態に就いて. 本邦植物季節の研究 (其の2). 農業気象, 1, 153-158.

  28. 小山距隆 (1989)
    サクラの開花予想. 気象, 383号, 40-42.

  29. 日本生気象学会 (1968)
    「生気象学」 紀伊国屋書店, 623-650.

  30. 野本眞一・千葉長・矢島栄三 (1983)
    気象要素の地域区分への主成分分析法の応用 (降水量によるわが国の地域区分). 天気, 30, 385-392.

  31. 平野貴嗣 (1994)
    1994年−桜の開花−速報.気象, 445号, 38-40.

  32. 深石一夫 (1992)
    「愛媛の気候」 愛媛県文化振興財団.

  33. 深谷禎二郎 (1978)
    九州地方の生物季節について.天気, 25, 649-655.

  34. 伏木測候所 (1953)
    伏木に於ける桜の花期の気象分析. 研究時報, 5, 147-158.

  35. 前島郁雄 (1969)
    気候区分に関する諸問題. 関口武編 「現代気候学論説」 東京堂出版, 51-71.

  36. 三上岳彦 (1975)
    主成分分析による日本の夏季気温分布型の表現とその動気候学的考察. 地理学評論, 48, 784-797.

  37. 矢澤大二 (1948)
    本邦各地の気候的示表性について. 地理学評論,21, 225-232.

  38. 吉野正敏 (1967)
    「気候学」 大明党, 350ページ.

  39. 吉野正敏・甲斐啓子 (1977)
    日本の季節区分と各季節の特徴. 地理学評論, 50, 635-651.

  40. Kai,K.,Kainuma,M.,Murakoshi,N.and Omasa,K. (1993)
    Potential effects on the phenological observation of plants by global Warming in japan. J.Agr.Met., 48, 771-774.

  41. Shigehara,K. (1991)
    Phenological Observation Data in Japan to be utilized as an indicator of climatic variation. Proc.International Conference on the Enviroment and Society, C1-6.

  42. Yoshino,M.M. and Kai,K. (1974)
    Pressure pattern calendar of East Asia,941-1970, and its climatological summary. Climatological Notes, 16, 71p.

  43. Yoshino,M. and Yamakawa,S. (1985)
    Pressure Pattern calendar of East Asia, 1971-1980, and some climatological discussion. Climatological Notes, 34, 37p.