the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第5章 結論


本研究は植物季節現象を指標とした日本の気候区分の初めての試みである.植物季節現象のなかでも,開花日以前数十日の気温の影響を強く受ける「ソメイヨシノ開花日」を指標とし1953年から1994年までの経年変化の特徴により日本の気候区分を行った.地域区分の手法としては主成分分析とクラスター分析を用いた.

まず,開花日の平年偏差に対して主成分分析を行い,全体で変動の約80%を説明できる基本的な経年変化型を10個抽出した.西南日本と東北日本では逆符号で現れ,北暖西冷型か北冷西暖型かを表すと思われる経年変化型1,ほほ全国的に開花日の早まり(あるいは遅れ)を説明する経年変化型2,都市昇温などの近年の温暖化との関係が推測される経年変化3などの存在が明らかとなった.次いで10個の主成分得点に対し てクラスター分析を行い,最終的には13の地域に区分した(第23図).
以下に本研究による区分を記す.

G1-1 東北地方北西部から新潟県,関東地方北部にかけての地域
G1-2 信州・北陸の豪雪地帯
G2-1 東海地方から近畿地方東部に至る地域
G2-2 近畿地方西部から四国瀬戸内側・大分と浜松・彦根
G2-3 尾鷲・福江
G3-1 関東・近機・四国の太平洋沿岸と浜田
G3-2 東京・横浜
G4 北陛から山陰にかけての日本海沿岸と中国地方
G5 九州北部を主とする地域
G6-1 九州南部
G6-2 八丈島
G7 東北地方北東部
G8 道南地方
各地域に対する経年変化型の相対的な寄与率では,経年変化型2の寄与率が最も高い地域が本州の中心部に,そうではない地域が九州南部や北海通・東北北部に分布し,両者の違いが明瞭に表れた.この経年変化の違いは気候が成因的に異なっていることによるものと推測される.

そして,各地域のソメイヨシノ開花に影響する総観的気候条件を対象期間中の1月から4月にかけての気圧配置型との関係により探った(結果は第32図).ほぼ全国的に見て,冬型の気圧配置が多く出現することにより開花が運れることが明らかとなり,本研究における日本海側と太平洋側との境界は,降水を指標とした気候区分による気候境界とは性質が異なるものであることが明らかとなった.また,停滞前線の出現や気圧の谷の頻繁な通過は季節の進行の早まりを示し,従って開花が早まっていること,さらに九州地方南部は気温に関しては総観的な気候条件の影響を受けにくく,温暖な地域であることが明らかとなった.

本研究はソメイヨシノ開花の経年変化の特徴により気候区分を行ったが,この結果は今後のソメイヨシノ開花についての研究に用いられるぺきであろう.また,その他の植物季節現象を指標として同様の研究が行われる必要もあるであろう.方法論的には,指標を気候要素に置き換えることで,静気候学的気候区分に必要とされる年々の変動を考応した気候区分の可能性を示すこともできたと考える.気候要素を指標に同様の手法で気候区分を行うことで,本研究ではあまり明瞭に示すことができなかった気候の成因による小区分が可能かどうかも,より明らかとなるのではないだろうか.