the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係

第1節 気圧配置型出現日数

1981年から1994年までの1月から4月の気任配置型を,Yoshino and Kai(1974)による気圧配置型の定義 (第3表)に基づき,雑誌「気象」に連載されている「天気図日記」の午前9時の天気図により区分した.第29図と第30図に本研究で使用した気圧配置型についてのみ,その典型的な例を示す.

このようにして得られたのが第14〜第17表の気圧配置型カレンダーである.これを見れば分かるが,ある―日の気圧配置が一つの気圧配置型によって表現されるということは少なく,半数以上は複数の気圧配置型の組み合わせによるものである.そこで Yoshino and Yamakawa(1985)の示した,気圧配置型を組み合せる新しい定義 (第18表)を用いて集計を行った.なお,1953年〜1970年はYoshino and Kai(1974),1971年〜1980年は Yoshino and Yamakawa(1985),そして1981年〜1994年は筆者により区分された気圧配置型カレンダーを用いた.

研究者の主観が気圧配置型の決定に影響するため,例えば単にT型と見るか,それともT+UbのTb型と見るかは,個人の基準の違いによって微妙に結果が異なる.従って,気圧配置型のうち特徴が類似していると思われるものは―つにまとめることで,期間による誤差を少なくした.それぞれの出現頻度も考応して,以下のようにまとめた.

Ta・Tb・Tc→T
Ud・Ue→Ud+e
Vb・Vc・Vd・Ve→Vb-e
Wa・Wb→W
(その他は個々のまま用いる)
V型のうち,Va型だけ別の分類にしたのは, 他の移動性高気圧の時とは違って北日本を通過するため,本州の中南部においては晴れ上がることが少ないからである.

気温がソメイヨシノの開花に影響する時期は,北海道・東北地方北部では1月上・中旬以降,東北地方南部・長野県・新潟県では1月中旬以降,それ以南で2月中・下旬以降であることが青野・小本(1990a)によって明らかにされている.従って,1月〜4月の期間を,第1〜第8半旬(1月〜2月上旬),第9〜第18半句(2月中旬〜3月下旬),第19〜24半旬(4月)の3つの期間に分けて,各地域との関係を考察した.

以上の手順で,1953年から1994年にかけての気圧配置型出現日数を期間別に合計したものが第19〜第21表である.なお,Z・[型については記入していないので,年毎に合計しても同じ日数とはならない.これを気圧配置型を区分した研究者による基準の違いと,期間別の気圧配置型の出現日数の違いを見るために,T型・U型(Ua〜Ud+e)・V型(VaとVb-e)・V型の4つについての経年変化を図示したものが第31図である.第1〜第8半旬にかけては,ほほT型の出現日数が最も多く,次にU型,そしてV型となる.第9〜第18半旬は,1960年代まではU型かV型が最も出現日数が多くなることが多いが,1980年代以降にはT型の出現日数が多数を占めることが多くなっている.これは,あるいは研究者の違いが原因で生じた変動であるかも知れない.W型の出現日数が第1〜第8半旬に比べると多くなっている.第18〜第24半旬にかけては,V型とU型の出現頻度が高くなり,T型はもうほとんど現れない.