the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第3章 気候区分の結果

第1節 データ行列の作成

過去の主成分分析を用いた研究(三上,1975;亀山・探石,1990)においては,サンプル(行)に年,変数(列)に地点をとりデータ行列を作成している.これは気象現象が多くの地点(次元)で関係を持ちながら経年変化しているものだとする,多次元時系列的な考え方による(三上,1975).この(年×地点)の形式でデータ行列を作成すると,多変量データの中から固有べクトルによって空間的分布パターンが抽出され,主成分得点によって出現状況が経年変化として表わされる.しかし,本研究は「ソメイヨシノ開花日の経年変化が類似した地域を同―気候区とする」との考えのもとに行うため,多変量データの中から抽出すべきは経年変化のパターンである.したがって,本研究では(地点×年)のデータ行列を作成し,多変量解析を行う.

気象庁発表の平均開花日は1961年から1990年までの30年間の平年値である.本研究の対象期間は1953年から1994年の42年間であり,気象庁が平年値を算定している期間よりも12年間長い.そこで気象庁発表の平年値は用いず,1953年から1994年までの平年値を算出した.平年値の算出は開花日を1月1日からの通日で表し,算術平均により行った.なお閏年については考慮せず,例えば閏年の4月1日もそれ以外の年と同じく91とした.少数点以下は四捨五入し,再ぴ月日の形式で表した(第4表).ソメイヨシノの開花が2月中・下旬以降の気温の影響を受けることなどを考えると多少の誤差が想定されるが,大勢に影響を与えるほどのものではないと考える.また気象庁が発表している平均開花日との違いについては,飯田において気象庁発表の平年値よりも2日早いのが最大であり,あとは全て1日以内の違いであった.

第6図

第6図にソメイヨシノ開花日の平年値を等期日線で表した.しかし67官署の値でのみ線を引いたため,実際の「サクラ前線」とは異なる.この図において最も早く開花するのは九州南部であり,1月1日からの通日で85日(3月26日)以前に開花を迎える.3月中に開花するのは本州の太平洋岸と四国,九州地方及び山口県である.中部の山岳地帯を除いて,あとはほほ緯度方向に平行に,季節の進行とともに「サクラ前線」は北上を続ける.中原(1940,1944)による計算式の通り,ソメイヨシノ開花日の平年値は緯度,高度との関係によりほほ求まるようである.

次に,各年の開花日から開花日の平年値を引き開花日平年偏差とした.ある地点の平年偏差が負の場合は,その日数だけ平年値よりも早く開花したことを表し,2月中旬以降のその地点の天候が平年よりも温暖に推移した可能性を示唆する.第5〜7表に算定した開花日平年偏差の値を示す.この67行(地点)x42列(年)のデータ行列に対して主成分分析を行った.