the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第2章 研究方法及び資料

第3節 対象地域及び対象期間

ソメイヨシノの開花日の資料については,気象庁による生物季節観測データをもとに日本気象協会が作成した「生物季節観測フロッピー」の資料を用いる.経年変化の特徴による区分を行うため,できるだけ長期間の資料を用いる必要がある.生物季節観測指針の制定により,全国で統―した種目・基準で観測が行われるようになったのは1953年からである.また,当時から現在に至るまで,ソメイヨシノの開花日 の観測基準は変わっていない.よって,対象期間は1953年から1994年までとする.

多変量データとして扱うこと,また結果の信頼性を考慮すると欠測値は好ましくない.生物季節観測は全国102気象官署において行われているが,1953年から1994年までの期間に欠測値が存在しない気象官署は,第5図に示した67官署となる.この67宮署を対象地点とする.対象地点は本州付近ではほぼ均等に分布しているものの,北海道では2地点しか得られなかった.また,南西諸島からは1地点もとることができず,これで日本の気候区分とするには多少問題が残る.高知や宇和島,潮岬などが対象から外れているのも,南岸沿いの気候を区分する際には問題となることが予想される.道北・道東ではチシマザクラとエゾヤマザクラ,南西諸島ではヒカンザクラが代替種目に選定されているように,両地域はソメイヨシノの南北の植生限界から外れている.