the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第2章 研究方法及び資料

第2節 資料の選定について

本研究では,植物季節現象の中でもソメイヨシノの開花日を指標として用いる.その理由は過去に研究例が数多く,気候との関係,特に開花以前の気温との密接な関係については既に立証されていると考えても差し支えなく,植物季節観測種目の中では最も優れた気候の指標であると考えられるためである.従って気候区分の結果の検証も比較的容易に行うことが可能である.

また,他の観測種目は欠側値があまりに多く,時系列データとして多数の地点間で比較を行うことは困難である.欠測値が多数存在すると,手法として多変量解析を用いる上で結果の有意性を判断する必要がでてくる.筆者は本研究に際し,他の数種目についても本研究と同様の手法を用いて区分を試みている.欠測値が3分の1未満の地点までを有効ケースとして解析を行ったのであるが,結果の有意性を判断することができなかった.ソメイヨシノ開花については欠測値を含む気象宮署を除いても,多くの地点をとることが可能である.

第3図

ソメイヨシノの観測項日には,開花日の他に満開日がある.筆者は愛媛県内14地点(第2図)を対象に,1995年のソメイヨシノの開花日と満開日について,県内の中・高等学校関係者に観測を依頼し,第3図と第4図の結果を得た. 満開日の方が開花日よりも変動幅が狭いこと, 開花日の方が標高の高さによる遅れが顕著であることなどが明らかになった.

第4図

気温を表す指標としては開花日の方がより適切といえる.満開日は,開花日後数日の天候の推移の影響を強く受けるために, 開花日よりもその精度が劣るのであろう.以上のような理由で,ソメイヨシノ開花日を指標として選んだ.

気圧配置型の定義は Yoshino and Kai (1974)の定義を用いる (第3表).しかしこの定義のみでは,Z型(移行型・中間型),[型(結合型)が多くなり,経年変化型との関係を考察するに当たって非常に不都合となる.そこで,Yoshino and Yamakawa(1985)の示した新しい型の組み合わせの定義により,気圧配置型を集計する.さらにその後,他の気圧配置型と同様の特徴を持つと思われる気圧配置型については統合を行い(後述),その結果により考察を行う.

気圧配置型の資料は,1953年〜1970年は Yoshino and Kai(1974)の気圧配置型カレンダーを,1971年〜1980年は Yoshino and Yamakawa(1985)の気圧配置型カレンダーを使用し,1981年以降は雑誌「気象」に毎号掲載されている午前9時の天気図より, 筆者が気圧配置型を決定する.