the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第1章 研究目的と従来の研究

第3節 気候区分に関する従来の研究

第3項 従来の気候区分の課題

中気候の気候区分では,静気候学的な方法がよく用いられ,日本の気候区分では福井と関口の区分が代表的なものとされている.前島(1969)が指摘しているこの区分法の問題点は,気候要素の平均値や季節的配分,年変化にのみ着目し,その原因については考慮していないことである.また,気候の表現に平年値を用いることが慣習化していることも問題であるとしている.動気候学的な立場からすれば,平年値のみでは把握できない気候特性も存在する.少なくとも,年々の変動が表現されるような手段を講ずることにより,月平均を指標としてもかなりの気候特性の違いを表現できるとしている.しかし気候の年々の変動を考応した日本の気候区分はまだ行われていない.

動気候学的な区分の欠点は,中区分以下において地域性を把握することが困難であることであり,まだ末完成の状態にあるといえる.河村(1970)は日本の動気候誌の知識をもう―度整理して,系統的な気候区細分の指標を見いだす努カがなされなければならないとしている.

経験的気候区分については,前述したように,中気候の区分に適用することについての問題と,さらに前島(1969)が指摘したように,植生型と気候型を対応させることが,気候学的立場から見て正しくないという問題がある.気候と植生が密接な関係にあるということは経験的に知られており,そこに疑問の余地はない,しかし,植生型に影響する気候条件がどのようなものであるかが学問的に明らかにされない以上は,この気候条件はあくまでも植生上での気候条件であり,気候学的にみた気 候条件ではない.従って,植生上に意味のある境界として引かれた気候区界が気候学的にも意味があるという保証はない.

以上をまとめて,方法諭別に中気候での気候区分の今後の主な課題を挙げてみると,

  1. 静気候学的区分
    平年値を用いるだけではなく,年々の変動を考慮する必要性
  2. 動気候学的区分
    小区分において地域性を把握できる指標・方法を用いること
  3. 経験論的区分
    影響する気候条件が明らかにされた植生を指標とすること
の3つとなる.

本研究は,気候要素を用いずに気候区分を行うので手法的には経験論的区分である.しかし,中気候の気候区分には適さない植生分布ではなく,植物の季節現象を指標として気候区分を行う.なかでも「ソメイヨシノの開花日」を指標として用いる.地域によってその時期は異なるとはいえ,影響する気候条件がほほ2月中・下旬以降の気温である(青野・小元,1990a) ことが明らかにされており,開花日から期間の平均気温を推定することも行われている(河村,1993;青野・小元,1994).こ のようにソメイヨシノの開花と気候との密接な関係が明らかなことや,植物季節現象を指標とした区分がなされていないことを考えると,気候学的にも本研究の価値は存在する.

また,静気候学的区分と動気候学的区分における課題を踏まえ,気候の経年変化が類似した地域を同―気候区とするとの考えにより気候区分を行う.各地城の気候の年々の変動には,それぞれ気候の成因の変動が現れるはずであるから,気候の年々の変動を考応すれば,方法識的には成因的ではないにしても,成因の異なる地域を区分することが可能である.