the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第1章 研究目的と従来の研究

第3節 気候区分に関する従来の研究

第2項 日本における従来の気候区分

河村(1970)及ぴ吉野(1978)が行った日本の気候区分についての解説をもとに,日本の代表的な3つの気候区分の特徴を以下に述べる.

静気候学的区分である福井の気候区分は,月平均気温と年平均気温を用いて大区分を行い,降水量とその季節配分とに着目して中区分を行ったものである.小区分は降水,気温・霜・雪などを適宜用いて行った.やや主観的に気候要素がとりあげられ,気候区の境界が引かれている点はあるが,大気候・中気候・小気候と論理的に一貫しており,気候の分布を表現するのに有効な気候区の設定が行われている.

同じく静気候学的気候区分である関口の気候区分は,各地の気候要素の1年間の総量または平均値だけでなく,その各季節の状態,つまり年変化型を指標とし,区分に主観が入ることを極力避けるために,地点間の相関係数により区分したものである.とり上げられた気候要素は,

  1. 熱的状態の指標として気温の日較差の年変化と年平均値
  2. 水分状態を表す指標として降水日数の年変化と年降水量
  3. 天気状態の指標として日照率
  4. 乾湿の指標としてソーンスウェイトの月別過剰水分量の年変化と年総量
河村は,このような方法で日本の気候区分を行うとすれば,観測地点のとり方や気候要素の種類を変えても大勢に影響はないとしている.

動気候学的気候区分である鈴木の気候区分は,まず大区分の指標として寒帯前線の移動に着目し,寒帯気候区と中緯度気候区に区分した.次に,問題の中区分として,西高東低の冬型気圧配置時の降水の及ぶ範囲から表日本と裏日本に区分した.さらに小区分としては,日本における一般的な降水原因である前線と低気圧による降水量分布における多雨帯に注目して多雨区と寡雨区に分け,最終的には9気候区に区分した.吉野は,この区分は論理的に区分されているので理解しやすいが,―例を挙げれば,富士山頂と東京と熊本が同―の気候区となっているなど,細区分の方法には問題が残されていると指摘している.