the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第1章 研究目的と従来の研究

第3節 気候区分に関する従来の研究

第1項 気候区分の方法

近代科学のレべルで気候区分が行われるようになったのは19世紀の終わりころからである.それ以来,地理学及び気象学の両分野からこの問題に関して提出された論文の数はおびただしい数にのぼっている.なぜなら気候の概念が,多数の気候要素とそれらの時間変化を総合した極めて複雑な,ある意味では漠然としたものであるため,基準となる気候の特徴のどのような面を重視するか,何に着眼するかによって気候区分の方法も結果も全く違ったものになる(菊地原,1981)からである.

第2表

また,区分する気候のスケールによっても,区分の方法,結果は違ったものになる.対象とする地域のスケールによって,それに応じた気候のスケールがある(第2表)が,スケールに応じて気候要素の分布に影響を与える気候因子は変わってくる.例えば,スケールが小さくなると植生や地面の状態が大きな影響を持つようになる.小気候や微気候では,畑であるか,草地であるか,あるいは砂地であるかなどは大きな問題であるが,大気候では問題ではない.逆に大気候では届も重要な因子である緯度の差などは,小気候や微気候では狭い地域内の問題であるから無視して差し支えない(吉野,1978).従って,大気候や中気候といった区分する気候のスケールによっても,気候区分に用いる方法は異なる.

気候学の方法論的な方向は静気候学的なものと動気候学的なものの2つに大別され,その違いは気候の概念の定義の違いに起因している.気候区分の方法論もまた,この2つの方法論と,さらに経験論的な方法論の3つに分類される.中気候の気候区分に関して,方法論的な差異による分類は河村(1970)によりなされている.その方法と日本における代表的な区分は以下の通りである.

1)静気候学的区分:
気候を気候要素に分け,各気候要素について地域区分を行い,次にこれを重ね合わせて気候区分を行う方法.日本においては福井英―郎と関口武による気候区分が,実用的で最もよく用いられる代表的な気候区分である.

2)動気候学的区分:
フロ―ン(Flohn)やアリソフ(Alissow)の気候区分のように,気候区分の指標として気候の成因を表す気団や前線の分布や季節的移動を用い,気候区分を行う方法.これらの指標は大気候的区分には便利でも,中気候以下の細分が困難な点が欠点である.日本においては鈴木による区分が代表的.

3)経験論的区分:
ケッぺンやソーンスウェイト(Thornthwaite)に代表される気候区分.元来はヨーロッパ・アメリカなどの大陸の気候分類を植生分布を指標に行った区分で,大気候を対象としている.従って,例えばケッぺンの気候区分を中気候に適用した場合には,結局は植生分布図となってしまうとの問題点がある.日本においては関口が試みたが,中気候では当然区分されてよいと思われる裏日本,表日本といった地域が同―地域に区分されるなど,適合性がよいとは言えない.

上記したような各区分法の特徴により,中気候の区分においては,静気候学的方法が用いられることが多い.