the soul of geography→TOP PAGE
第1章 研究目的と従来の研究
第1節 研究目的
第2節 植物季節現象に関する従来の研究
第1項 生物季節観測の概要
第2項 ソメイヨシノ開花に関する従来の研究
第3節 気候区分に関する従来の研究
第1項 気候区分の方法
第2項 日本における従来の気候区分
第3項 従来の気候区分の課題

第2章 研究方法及び資料
第1節 研究方法
第2節 資料の選定について
第3節 対象地域及び対象期間

第3章 気候区分の結果
第1節 データ行列の作成
第2節 主成分分析の結果
第3節 クラスター分析の結果

第4章 ソメイヨシノ開花と気圧配置型との関係
第1節 気圧配置型出現日数
第2節 気圧配置型がソメイヨシノ開花に及ぼす影響度

第5章 結論

謝辞 参考文献

第1章 研究目的と従来の研究

第1節 研究目的

気象観測によって得られる気候要素は、観測地点数だけの点的な資料でしかない。しかし、実際の気候はそれぞれの地点間で何らかの関係を持ちながら、水平および垂直方向にある程度の等質的な拡がりをもって空間に分布している。人間はその空間の中で活動するので、観測地点で得られた気候特性がどの程度の空間的拡がりを持っているのかを認識しておく必要がある。そこで行うのが気候区分である。つまり気候区分とは、気候をある基準に従って類型に分け、その空間的拡がりに注目して等質な地域に区分することである。

気候区分の結果は、ある地域の気候を明らかにする際に非常に有効な資料となる。どの地域と同じ気候区に区分されるのか、何故そのような空間的分布になったのかなどを考察することで、その地域の気候の特徴を明らかにできる。また、気候区分の結果やその作業過程を通じて、新たな局地的気候現象の発見やその現象を解明することも可能となる(深石,1982)。従って、気候学における気候区分の意義は非常に大きい。

また気候区分の結果は、気候区分の目的に応じて異なることが当然であり、一枚で万能の気候区分図はあり得ない。裏返せば、明確な目的を持たない気候区分図の利用価値は低いものである。

各地域の気候特性を表す指標のひとつとして、生物と気候の関係は古くから経験的に用いられている。植生を指標としたW.ケッペンの気候区分などはその代表的なものである。観測機器の存在しない地点における気候特性を把握する手段として、生物は現在でも有効であると考えられている。

そのような、生物と気候との関係を表す指標として「生物季節現象」がある。生物季節現象とは動植物の初見、初鳴、終見、発芽、開花、満開、紅葉など、植物および動物の状態が季節によって変化する現象のことである。生物の状態の変化から季節の変化を知ることは古くから行われ、農時暦、季節暦、歳時記、詩歌や故事・俚諺などに見られる。これらは、四季の変化に富んだ日本の季節、日本人の季節感の中で培われて、季節の指標として多く利用されてきた(気象庁,1988)。

生物季節現象は気象庁によって観測されている。観測の対象となる生物の違いにより、植物季節現象と動物季節現象に分けられる。植物季節現象は、地域間の気候の違いとそれが生態系に与える影響の有効な指標となる(Shigehara,1991)

本研究の目的は、日本の気候区分を植物季節現象を指標に行い、植物季節現象研究における基礎資料として有効なものを作成することである。理由は後述するが、植物季節現象の中でもソメイヨシノの開花日を指標として用いる。従って本研究の気候区分図の利用目的は、ソメイヨシノの開花日についての研究に用いることである。なお、植物季節現象を指標とした地域区分は現在まで行われていない。本研究はその初の試みである。また、気候の経年変化が類似した地域を同一気候区とみなして気候区分を行うが、このような視点による気候区分も現在まで行われていない。