「久遠の絆」知識の章
神話、伝承編







  三種の神器

歴代の天皇が皇位の璽(しるし)として受け継いだという三つの宝物。
草薙剣(くさなぎのつるぎ)(旧、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ))、
八咫鏡(やたのかがみ)、八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)の三つを指す。
天孫降臨の際、天照大御神から瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けられた宝物。
この、瓊瓊杵尊の子孫が天皇になるわけである。
それ以前はというと、天照が天の岩戸にこもった際、困った高天原の神々が、
伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)に命じて”八咫鏡”をつくらせ、
玉祖命(たまおやのみこと)がつくった”八坂瓊勾玉”とともに、
賢木にかけて祈りごとを行い、天照大御神を岩戸から誘い出した、とある。
草薙剣はスサノオがヤマタノオロチの尻尾から取り出したもの。



  草薙剣(くさなぎのつるぎ)

須佐之男命が八岐大蛇を倒して切り裂いた尻尾から出てきたのが天叢雲剣で、天照大御神に捧げられた。
後に、ヤマトタケルが火にまかれた時に、この剣で草を薙いで危機を脱したことから草薙剣と呼ばれるようになる。
何故八岐大蛇の尻尾にあったのかは謎。(説はいろいろあるが)
三種の神器として天皇家に伝えられてきたものや、壇ノ浦で安徳天皇と共に沈んだものは、どちらもレプリカなんだろう。きっと。
現在は熱田神宮にあるということになっている。

螢が自分の体を切り開いて体内から取り出すという荒業を見せる。
天野先輩の正体。最強の存在。(ラスボスを一撃!)
異界への扉を意図的に閉じたり開いたりできる模様(たぶん)。
魂を浄化し、転生の呪縛を断ち切る力があるらしい。元禄編でこの剣にトドメを刺された鵺が以降登場しなくなったのもその為。
幕末に、信吾を守るために折られ、人間、天野聡子に転生するが、最後は天に返されてしまう。



  八坂瓊勾玉(やさかにのまがたま)

三種の神器の一つ。
現在は皇居にあるということになっている。

元々は螢の護身用のアイテムで、聖なる結界のような力を持つものだったらしい。
何故螢の時に使わなかった?
元禄編で綾から真之介に手渡され、鵺の攻撃から真之介を守って砕け散った。
残念ながら人間に転生したりはしなかった模様。



  八咫鏡(やたのかがみ)

三種の神器の一つ。
現在は伊勢神宮にあるということになっている。

まつろわぬ神の封印を突破する破魔の力を持つ。
設定では、螢が地上に降りる際に使用し、行方不明になっていたらしい。
物語には直接関わってこなかったが、幕末編で神社に意味有りげに置かれていた鏡がこれ。
元々幕末編は鏡にまつわる話だったらしいが、大人の事情で没になったらしい。
残念だ。信吾を守って割れて欲しかった。






  大獄丸(おおたけまる)

出典は「御伽草子」。
日本の中世における三大妖怪の一体ともされる大獄丸だが、知名度の点ではイマイチな気がします。
っていうか、知らない人多いです。
他の二体は酒呑童子と玉藻前、なので、やっぱり知名度負けてるような。
伊勢国の鈴鹿山に住んでいた鬼で、天女鈴鹿御前の力を借りた将軍藤原俊宗によって頸を落とされる。
ところが宝剣の力によって再び蘇り、俊宗を襲う。
結局最後はやっつけられてしまうわけだが、このしぶとさとしつこさが、三大妖怪たる理由でしょうか。
確かに、一度倒したやつが蘇って再び襲ってくるというのは怖いものがあると思うが。
実は私もよく知らないのよ。
幹久の正体で、自称最強の。でも誰も知らなかったら寂しいかも。



  (ぬえ)

頭は猿で、尻尾は蛇、手足は虎という、和製キメラ。得体の知れないものの代名詞。
怪異なる声で鳴いたというが、この正体はトラツグミの鳴声だったという。
森林の暗いところにいて、夕方から明け方まで、口笛のような鳴き声で鳴く。
正体を知らないと、確かに不気味と思えるだろう。鵺が夜の鳥と書く所以かもしれない。
平家全盛の時代、源頼政が、時の天皇近衛(このえ)の屋敷上空を毎夜徘徊し、
帝に災いをもたらしていたという鵺を退治したという話が残っている。
道満の正体(なのか、変化した姿なのか)として登場するが、猿顔の白虎といった姿である。
それでも一目で鵺だと思ったのだから、デザインは成功してると思う。



  土蜘蛛

一般的には大蜘蛛の妖怪とされる。
天皇に帰順しない地方の土着民に対する卑称。
土着信仰(国津神への信仰ということになるか)を捨てなかった為、朝廷に従わぬもの達として貶められた姿。
体が短く手足が長いなどの記述もあるが、土蜘蛛の名から後付された特性という可能性が高いと思われる。
作中では、不思議な力を持つ国津神(まつろわぬ神)の末裔といった感じで描かれていた。
幹久の正体が鬼であるのも同様だろう。



  伊邪那美命(いざなみのみこと)

イザナギと夫婦神で共に日本を造った神様。日本そのものの母と言える存在。
多くの神を生んだ後、火之迦具土(ほのかぐつち)を生んだ時にその炎に焼かれて死ぬ。
イザナギがイザナミを呼び戻そうと黄泉の国に赴くが、見るなと言われたのに見てしまったイザナミの姿は、肉は腐り、爛れて膿が涌き、蛆がたかっているという凄まじい姿だったため、怖くなって逃げ帰ったという。
イザナミは怒って追手を差し向けるが何とかこれを振りきって地上に帰る。
ちょっとかわいそうな話である。
この後、黄泉の穢れを祓う為にイザナギが禊をすると、様々な神が生まれ、最後に左目から、天照大御神、右目から月読命、鼻から須佐之男命が生まれたという。

作中で黄泉の国にいた御方。
黄泉でのイザナミの姿は八つの雷光を纏った姿という説もあり、武が見たのはこちらのようだ。
桁違いだと直感したのは当然といえる。
当然、そんなのがゴロゴロいるわけではない。

ラストの万葉を迎えに行くエピソードが、この話をモチーフにしているのは明白である。
「我等も成し得なかったこと」とはそういう意味。
たぶんイザナミ様もそれを期待していたのだろう。



  天照大御神(あまてらすおおみかみ)

日本神話における主神。太陽神でもある。
世界的にみても、主神や太陽神が女神というのは珍しいのではないだろうか。
ちなみに月神は月読命だが、こちらが男神というのも珍しい。
イザナギが禊をした時に左目からうまれたという。
高天原を治める立場であり、スサノオの暴虐ぶりに怒り(あるいは怖れ)、天岩戸にこもってしまうお話は有名だろう。

「我が事なれリ」はこの御方だったらしい。
ちょっと考えてみれば他に該当者はいないことに気付く。
天叢雲剣は天照により地上にもたらされ、最後にまた戻っていくことになるわけだ。



  

オニの名の由来は、隠れるの「隠(オン)」がなまったものだというのが一般的だ。
元々は山の神として崇められていたものが、天津神に征服されていき、それに反抗したものが鬼にされたともいう。
また、朝廷によって山中に追われた人々や、山中生活者(木こり、修験者、製鉄に関わる人)等も鬼の形成に一役かっているのではないかともいわれている。
山の神(土着の神、すなわち国津神)、天津神の制圧に反抗、貶められた姿。
これは、作中のまつろわぬ神にかさなる存在ともいえる。
そういえば、主人公が闇の力に飲まれた時のシルエットも鬼っぽく見えないこともない。

鬼というのは、赤鬼、青鬼とかしか知らないと結構情けない感じもするが、実はモンスターレベルは非常に高い(何せ元は神だ)。
その姿も、古くは角がなかったり、1つ目だったり、ちゃんと服を着ていたりと実は様々。
その能力も怪力、頑強な肉体の他に、意外な様だが、変身能力や飛行能力を持つという話も伝えられている。
「神」という字に「角」を付けたら「鬼」になる、という言葉がその本質を示しているのかもしれない。



  絡新婦(じょろうぐも、女郎蜘蛛とも)

要は大蜘蛛の妖怪。
妖異な絶世の美女に変身したりする。
幻星戦隊編で土蜘蛛の観樹が召喚した物の怪。
本編でも観樹と泰子様が大蜘蛛を使っていたが、これが絡新婦かどうかは定かでない。
蜘蛛の方が本性で、人に変身してるんだったりしたら・・・、ちょっと嫌かも・・・。

ちなみに、「じょろうぐも」という名のクモはちゃんといる。
コガネグモ科のクモで、雌の方はかなり大きくて、交尾の時に雄が群がってたりすることがある。時々食われるマヌケな雄もいる。
でっかい巣を張り巡らしてくれるので、油断してると頭から突っ込むこともある。




  玉藻前(たまものまえ)

螢の本来の役割。
平安編はかぐや姫をモチーフにしているが、大人の事情で没になった元の設定では、玉藻前の役で朝廷転覆を狙う稀代の悪女ヒロインだったとか。
是非見てみたかったものである。

鳥羽上皇の時、御所に現れた齢800才という白面金毛九尾(はくめんきんもうきゅうび)の狐。
中国で美女に変身して皇帝をとりこにし、国を傾けさせていたが正体を見破られて日本に逃げてきたという。
日本でも、美貌の才媛玉藻前に化け、上皇の寵愛を得ていたが、安部泰親(やすちか、安部清明の子孫である)に正体を見破られ、下野国(しもつけのくに)那須野原に逃れるが、そこで討たれる。
しかし玉藻前の怨霊は、殺生石と化して毒を撒き散らし、触れるものの命を奪い続ける。
後に玄翁和尚(げんのうおしょう)が供養し、怨霊を成仏させてようやくその悪念が消えたという。
この時、石をたたき割ったとこから白気が西へ散ったというから、もしかしたらまだ本体は生きていりのかもしれない。
殺生石と呼ばれる石は今も残っていてるが、その辺りは硫黄が噴出し、人間が近寄っても気分が悪くなることもあり、実はこれが呪いの正体だったと言われている。



  建速須佐之男命(タケハヤノスサノオノミコト)

古事記では「須佐之男命」、日本書紀では「素戔嗚尊」。
伊邪那岐が黄泉から戻って禊をした時に、鼻から生まれたらしい。考えてみると結構笑える。
海原を治めるように言われたのに母に会いたいと泣き喚いたり、(母って、あんた父親の禊から生まれたんでしょう・・・)
高天原で狼藉の限りを尽くして(本人はいたずら程度のつもりだったのかもしれないが)天照を天岩戸にこもらせ、地上に追放されたり、(要するに厄介払い。地上に追放するなよ・・・)
出雲に降りては、生贄にされる櫛名田比売を助けて、ヤマタノオロチを倒したり、
と、支離滅裂な神様。メガテンでは破壊神に分類されることが多いが、要するにガキなんじゃ・・・
国津神の、ひいては土蜘蛛の祖ともいえる。



  八岐大蛇(ヤマタノオロチ)

頭が八つ、尾が八つ、眼は赤かがち(赤いほおずき)のようで腹はいつも血でただれ、
背中に松や柏が生え、その大きさは八つの丘、八つの谷にわたるという、とてつもない大蛇。
高天原から追放されたスサノオが、生贄にされる櫛名田比売を助ける為にヤマタノオロチを倒したというのは有名な話。
八つの瓶(かめ)に酒を造らせ、それを飲んで酔いつぶれて寝てしまったところを切り刻んだのですが、そのとき尻尾から出てきたのが天叢雲剣というわけです。
なんかだまし討ちみたいで情けないぞ神様。それだけ強いってことなのかもしれないけど。
いずれにしろ、日本で最強クラスのモンスターといえるでしょう。
分類学的にヒドラの亜種とされることが多いが、それにしても大きすぎる。
この大きさでどうやってかめから酒を飲んだのかは謎。

余談ですが、実はこのヤマタノオロチ、製鉄と深い関わりのあるモンスターではないかとも言われています。
オロチの姿の描写は、実は山で行われていた製鉄の火明かりを形容したものでないかという説。
尻尾から天叢雲剣が出て来たのは、当時すでに奥出雲に製鉄が行われていたことを示すのではないかとする説。
ヤマタノオロチはその地域に住んでいた古代製鉄民族であり、渡来人である須佐之男命がそれを滅ぼし、新しい製鉄技術を伝えたのだとする解釈。
実際いつ頃から製鉄が行われたのかは、定かでありません。
草薙剣が鉄製だったのか銅製だったのかも、実はわかっていなかったりします。
オリジナルが失われた今、それを確かめる術も残念ながらありません。

本編における太祖は、実体が無いっぽいが多頭の蛇の姿をしており、
ヤマタノオロチを連想させる。






  戻る