アノネ留学体験記ホーム

家を出るとき。ぎりぎりまで準備に追われてようやく出発。


 

成田空港で。母と弟と別れる前。とうとう二ヶ月間日本を離れることになります。


ディズニーの映画にも出てきた、ノートルダム寺院の左後方から。隣の川はセーヌ川です。


ホームステイ先の僕の部屋で

インスタントカメラで写真を撮りまくるカタール人の子供のアリ。

右下の赤ちゃんもまねしてとりたがる。


ムバラクさんの娘のハリマが撮りました。


学校の隣の公園で

 モンゴルフィエ(熱気球)に乗せてもらう催し物で
日本人のカズオさんが記念に撮ってくれました。
一番左のおじさんと一緒に毎日学校へ通いました。
頭に何かかぶっているおばさんがナジヤさん。
子供は右からサラ、アリ、ハリマ、です。

部屋から

木のあいだから見えるところはすでに耕されて、
新しい草が生えるのを待っています。
そのため昨日までそこにいた山羊たちは隣の牧草地へ移動しました。


部屋から

小さくポツンポツンとしているのが山羊です。
この農地は木が少ないので見た目はあまり広くありませんが、
実際はそうではなく、歩くと大変です。


所有地の一番はじっこから

ジャンにどこまでの土地が所有地なのか聞いて、
そこを散歩してみました。彼によると、
学校の隣の公園より広いという。その公園が右の写真です。


学校から帰るとき

1997年12月18日で閉校するCIAF。
こんないい環境は是非フランス語を学ぶ人たちのために残しておきたいのですが。


9月19日(最後の授業の日)

 アヤの誕生日でもあり、僕とカルロスのCIAF最後の日でもある日。
休み時間みんなが集まる部屋で小さなパーティーが行われました。
上段左から、アキコさん、カトリーヌ(先生)、リリオ(メキシコ)、
カルロス(エクアドル)、僕、ホンクァン(韓国)
下段左から、ピエール(先生)、アツコさん、ヴェロニク(事務員)、アヤ、ユカさん。

庭から

庭にある石像はどれも三百年以上も前からあるものです。
家の壁もところどころはがれていますが、まだまだ住めます。
さすが石でできた家ですよね。窓の開いてる部屋が僕の部屋です。


カズオさんにもらった写真。

アノネは街を少し離れるとこんな景色がずーっと続くんです。
ときどき、朝や夕方、空を見上げるとモンゴルフィエ(気球)が
遠い空に浮かんでるのが見えるんですよ。