自己紹介プロフィール

エンジェル・スペースの淳と藤子は1998年の4月に結婚しました。
いろんな問題がありましたが、自分を大事にしながらも、お互いを尊重すること、
そして気持ちをちゃんとシェアすることで、まったく次元の違う関係が可能であることを学びました。
まさに、気づきの旅を共にしてきたという感じでした。
2000年8月には長男、慧が生まれ、また新しい関係性の中で学び中です!
(う〜ん、子育てって、思っていたよりはるかにむずかしい!)
もともと二人とも治療家でしたが、肉体へのアプローチには限界を感じ、
心の問題を扱うようになっていきました。
そうして出会ったのがスリーインワンなど、潜在意識にはたらきかけるワークでした。
その素晴らしさを多くの人にもシェアしたいと思い、やがて、これが仕事になっていきました。
今から思えば、
僕たちがエンジェル・スペースを始める時に勇気を与えてくれたのは
アリゾナの大地でした。
新婚旅行とスリーインワンの勉強を兼ねて、
98年の夏、アメリカ40日間の旅をしてきました。
最初の2週間は、アリゾナの砂漠をドライブしました。
それまで、僕は完全なペーパードライバーだったので、
アメリカに行く直前にペーパードライバー教習を5回受けました。
フェニックスの空港でレンタカーを借りて、おっかなびっくり町に乗り出しました。
初めてレンタカーを借り、しかも初めての左ハンドル、右側通行!
しかも一人ではなく、助手席には藤子を乗せていました。
すこしなれたら、フリーウェイに乗って、最初の目的地フラッグスタッフに向かいました。
最初はとても緊張して、ぐったりと疲れました。
一日中走って、モーテルを探して、夜はぐったり・・・、そんな日が続きました。
しかし、グランドキャニオン、モニュメントバレー、セドナ、など、
毎日毎日アメリカのすごい風景のなかを、車で疾走しているうちに、
運転が楽しくて楽しくてたまらなくなっていきました。
地平線に向かって、60マイル以上のスピードで突っ走っていても、
いつまでもいつまでも地平線が続いていました。
あまりに広く、大きな土地、ひたすらつづく草原を、まっすぐの道が突っ切り、
赤くて巨大な岩がゴロゴロ転がっている道や
電信柱のようなサボテンがいっぱいはえている道、
そんなところを突っ走っているうちに、僕の中の何かがはじけたように思いました。


その後、カリフォルニア州のLA近郊のBurbankに移動して、
スリーインワンの上級コースに参加し、
ふたりとも無事にファシリテーターの資格をもらうことができました。
そして、日本に帰国してすぐ、
1998年9月から、エンジェル・スペースという名前で、活動を始めました。
日本に帰ってきて、すぐに仕事として始められたのには、いろんな縁がありました。
偶然が重なって、すぐにスリーインワンのトレーニングコースを開くことになりました。
どこからか「もうやりなさい」といわれているように思いました。
でもその時、一歩踏み出してやり始められたのは、
アリゾナの大地を車で走り回ったことで得た何か
(自信とでもいえばいいでしょうか)が、一番、大きかったと思います。
そんなわけで、エンジェル・スペースは今も活動中です。これからもよろしくお願いします。

エンジェルスペースのコンセプト
わかちあいたいもの

  「生き生き、わきあがる喜び、そして、感動!」

     身体の細胞ひとつひとつが生き生きと輝き、

     今日もワクワクと、一日をすごす感じ!

   問題は次へのステップを踏み出すためのメッセージ!

   それに気づくことから生まれる、人間、生への感謝、喜び!

   そしてそこから生まれる信頼、本当の豊かさ! 


大西 淳(じゅん)の紹介(藤子が書きました)
1960年8月13日生まれ。兵庫県姫路市出身。北大在学中に行ったインド旅行で、それまでの人生をがらりと変える経験をする。帰国後運命的にバリダンスに出逢い、大学を中退し上京する。踊りを通して人間の身体に宇宙のような神秘があることを感じ、その秘密を解き明かしたい一心で東洋医学を志す。その後1990年代半ばにクイックマッサージの火付け役となったコリとれーるの初代院長として活躍する。しかし、心の問題が身体や治癒力にかなりの影響を与えていることを感じ、治療家として認められ名声も高くなっていた頃に辞職し、ビジョン心理学を学ぶ。その後「心」、「身体」、「魂」を1つのものとして捉え、この3面からアプローチしてゆくスリーインワンに出会い、現在アドバンスドインストラクターとして活躍している。誠実に聞いてもらえる安心感、分かりやすくポイントを押さえたコース内容に人気がある。右の写真、もちろん真ん中がJunです。(笑)スリーインワン創始者のゴードンとダニエルとの記念写真でした。
特徴 穏やか。子供のようにいろんな興味があり、子供のように笑う。
    音がかかると踊りだす。
趣味 休みの日のごろ寝、散歩。瞑想でイメージを膨らませていくことが好き。
大事にしていること 問題が起こった時、逃げずにしっかり直面し次につなげる。
好きな食べ物 柑橘類、おろしぽんず。酸っぱいものが好き。
北海道大学理学部中退、
あん摩マッサージ指圧師、
スリーインワン・コンサルタント・ファシリテーター
アドバンスド・インストラクター
ショートプログラムT、Uインストラクター
Jun 

大西藤子(ふじこ)の紹介(淳が書きました。)
197X年9月23日生まれ。青森県平賀町出身。コンピューターの会社に就職のため上京したが、やがて治療家を志し、自力で鍼灸学校に入学。生活費を切り詰め、苦学する。(その当時のおかずは雑草らしい!)やがて、鍼灸治療家として活動を始めたが、身体の痛みが、心の解放によって消えてしまうことに衝撃を受け、ヒプノセラピーやスリーインワンを始める。2000年8月に長男慧(さとし)誕生!ただいま、子育て奮闘中!その体験の中から、健康、家族のあり方、教育について、スリーインワンの有効性を確認中。
ひとことで言って、ワイルド!大胆に藤子ワールドを突き進みます。こだわりだしたらものすごい粘りとエネルギーで、実現に向けてすすんでいきます。この行動力はすごいものがあります。鍼灸学校時代は無遅刻、無欠勤、超優等生だったようです。そして経穴、東洋医学についてはすばらしい知識を持ち合わせています。時にあやしい占い師、時にすばらしい治療家の顔も持ちます。今は、一児の母として、いろんな経験をつんでいます。やがて、この子育て経験が、彼女のこれからの仕事にどう影響していくのか、楽しみにしています。踊りもやっています。とても素直で真っ直ぐな人なので、彼女の踊りは見ていてとても気持ちが良いです。
特徴 控えめながら、内側にとても強い意志を持つ。
    ときにちょっとがんこ!
    ノリがよく、僕が踊りだすと、藤子も踊りだす。
趣味 とにかく何かを作ること(父親ゆずり!?)
    研究するのが大好き!
大事にしていること 歯みがき
好きな食べ物 野菜(肉類は食べられない)
鍼灸あん摩マッサージ指圧師
全米催眠療法協会公認ヒプノセラピスト
スリーインワン・コンサルタント・ファシリテーター
ベーシック・インストラクター
fujiko

大西 慧(さとし)の紹介(藤子と淳が書きました)
2000年8月20日生まれ。川崎市多摩区の助産院で生まれる。慎重派で甘えん坊。でも、とにかく身体が丈夫。生まれた瞬間、腕、足、指までを思いっきりのばしていた。生まれたぞ〜って感じではじけながら出てきた感じ!
1ヶ月間バリの大家族の家にホームステイしてから、誰とでも遊べるようになった。調子がいいと冗談をバンバン飛ばす。ときどき一人でお気に入りの曲をかけて踊っている。最近、たくさん野菜を食べられるようになった。
特徴 「おとなしいね〜!」とよくいわれる
    けっこう人を見て、観察している
    子供にしては大人
    人を笑わせるのが好き
趣味 料理、掃除などママのお手伝い
    おどり
    塗り絵、お絵かき
    電車
大事にしていること 読書の時間、食事の時間、ゲームの時間、寝る時間
好きな食べ物 イチゴ 甘いもの アメ アイスクリームなど
 (最近虫歯がひどくなり、もう食べないと宣言したので、親がびっくり!)
satosi

ホーム スリーインワン 3in1Q&A 3in1トレーニングコース できること プロフィール A・S通信 スケジュール 前世療法 MISTY紹介記事 アクセス リンク バリ島の踊り 旅行記 ヨモギ茶 手作り石鹸 奇跡のお水 サンキャッチャー Junのひとりごと Fujiko's room Satoshiの遊び場